こんにちは。

ミュージックライフクリエイター
小山麻里です。
 
{B7272668-2421-4C20-A604-474BFC767FAA}

赤や黄色の季節になりましたね。
 
 
この季節、
なぜか寂しくなるのは
私だけでしょうか?
 
 
しっとりとした、
「自律神経を整える洋楽」
というプレイリストで
お散歩中です。
 
最近の音楽アプリは
選曲までしてくれるから
すごいな〜
 
 
この風景に
この音楽があるか無いかで
気持ちが全然違います。
 
音楽の力、無限♡
 
さて、最近、音楽家の方のお話を聞く中で
とても多いお悩みが
この切ない音楽と共に
今私の頭の中で
グルグルと回っています。
 
 
それは、
「技術をつけただけでは、勝てない」。
 
 
幼い頃からレッスンを積み
時間もお金も費やしてきたのに
まわりに認めてもらえない。
仕事がつづかない。
オーディションに受からない。
 
 
こんな声が、本当に多いんです。
 
そして、この辛い気持ち
私も経験したからこそ
痛いほどわかります。
 
 
コンクールやオーディションでも、
「なんであの子が選ばれる?」
 
と思ってしまう経験は
誰しもあると思います。
 
 
そして、
 
今回は自分に向かない演目だったんだ
 
きっとコネが関わっているんだ
 
 
と、
自分に言い聞かせては
落ち込みながらも
また練習に戻る。
 
 
いつか実るはず。
いつか自分の魅力に気づいてもらえるはず。
いつか私だって…!
 
 
 
 
そうやって、何年も悩んでいませんか?
 
 
そして、そのいつかは
いつ来るのですか?
 
 
その解決方法は
とても単純です。
 
 
現状を変えたいのであれば、
自分が変わるしかないのです。
 
 
練習方法や
練習場所
 
服装や普段行かない場所に行ってみることでも
構いません。
 
 
現状叶わないことがあるのなら
そのまま同じ毎日を過ごしていても
何も変わらないのです。
 
 
でも、変化って
とても怖いですよね。
 
失敗への恐怖や不安が
絶対あなたを引き戻します。
 
じゃあ、そのまま同じ悩みを抱えたまま
また来年を迎えるのですか?
 
 
私は、全国に4万人いると言われている音楽家の
一人でも多くの人が
心から音楽を愛し
人生を楽しみ
豊かに生きて欲しいのです。
 
そうすることで、
もっと日本の芸術レベルも上がり
劇場に足を運ぶ人が増え
人々の心の豊かさに繋がると思うのです。
 
 
 
こんな事を考えながら、
今日はお勉強の為とあるセミナー行ってきます。
 
自分もアップデートして
クライアントさんに
還元していきます!
 
音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜
 
ただいま、音楽家のお悩み相談を受け付けています♪
 
 
音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜
 
ミュージックライフクリエイター
小山麻里
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんにちは。
ミュージックライフクリエイターの
小山麻里です。

ブログの更新がなかなか出来ないでいましたが、
実は引越しました。

我が家は、実は転勤族。
今までいた大分県はわずか1年での異動となりました。

それも、プロジェクト終了前日に
次の配属先が決まり
2週間後には
新たな土地での仕事がスタート。

大慌てで、新居探しに走りました笑い泣き

今回、今までよりも都会への配属だった為
我が家にとっての家探しは
予想通り困難なものになりました。

なぜかと言うと …


我が家の長男は
けっこう大きなワンコなのです♡


{96D57F78-DBD4-4028-AA60-9AAB426B3050}

小型犬ブームの近頃は
都心に行けば行くほど
大型犬NGの物件ばかりなのです。


今回は
不動産やさんまでお手上げまで状態で
このままでは、
犬と離れ離れに暮らすことにガーン


当初は

駅から徒歩圏内で
会社には自転車圏内で
築10年以内で
陽当たりが良くて
お風呂は広くて
ウォークインクローゼットがあって
出来ればオール電化で
近くに大きな公園があって
犬の足洗い場があって…etc

たくさん夢を描いていたのですが、
条件をバッサリ捨てることにしました!


そして残した条件は

家族みんなが一緒に暮らせる
陽当たりの良い家!


すると、運命の様に
たった1件だけ
心優しい大家さんの計らいで
大型犬OKをいただけたのですキラキラ



家って人によって大きく価値観が別れると思います。

寝るだけに帰るから
あまり気にしない人や

自分のパワースポットだから
素敵なインテリアで埋める人


通勤、通学の、利便性だけで良い人。


私にとっての家は
「家族が安心出来る場所」。

家に帰るとホッとする

そんな場所であってほしいのです。

転勤族だからって、
家族がバラバラで寂しい思いをするぐらいなら
古さや狭さは我慢できます!


これって、自分の仕事や人生の選択にも
同じことが言えるなと思いました。


あれも、これもと欲張りになって
前に進めない時、
今の自分に一番大切な軸をしっかりみつめて
それをしっかり守る為の選択をすること。

その為に
諦めなくてはいけないことが
たくさんあったとしても
結果、あなたの幸せはそこからまた
動き出すと思うのです。


私は、自分の夢を諦めて
転勤族の夫との結婚を決意した後
正直とても後悔しました。

環境の変化から
自分らしく生きることが難しく
ただ流れに身を任せることしか出来ない自分が
とても不甲斐なくて…

そんな時に出会った本



「置かれた場所で咲きなさい」


これは、私が学生の時に買ったものですが、
その時改めて読んで

どんな状況でも、
夢を描いて良いんだ。

今この場所が、
私の咲く場所なんだ。


と思うことができました。



世の中の女性は特に
結婚したり、子供が出来たりすると
自分の理想と現実が
程遠い様な気がして
途方にくれることがありますよね。

でも、その状況だからこそ
見える世界があって
その状況だからこそ出来る
あなたの咲き方があると思うのです。

だから、本当に大切にしたい1つの事だけを守って、あなたらしく生きましょう♪


結婚して、今回で4度目の引越し。

引越しの度に、強くなる私は
新たな土地での出会いがとても楽しみです♡
{8B96A722-91E2-499E-B83C-5A52093C6D10}



最後までお読み頂き
ありがとうございます♡


いいね!やコメントを頂けると
とても嬉しいです(^^)♪











こんにちは。

ミュージックライフクリエイターの小山麻里です。

 

前編の思いもよらない告白に

たくさんの方にメッセージをいただき

ありがとうございました。

 

軽蔑されるかな?

 

と怖かったけれど

 

同じように苦しんでいる方の

何かのヒントになるかもしれないし

 

あの時の感情があるからこそ

今の私がいるので

告白してよかった♪

 

 

さて、今日はその続き。

 

嫉妬するほど憧れが消えなかった音楽界。

久しぶりに、まだ活動している友人達に会いに行ったんです。

 

 

どんな夢のような世界を見せてくれるんだろう

 

どんなきらきらした毎日を見せてくれるんだろう

 

 

こんな気持ちで、

まぶしい彼らを全身で受け止める覚悟をして

飛行機に乗りました。

 

 

しかし、どうしたことでしょう?

 

会った瞬間、疲れ切った表情のみんなゲッソリ

 

忙しすぎて、体調をずっと壊している

時間が取れなくて、彼氏に振られた

気持ちのむらがあって、実力が日によって変わってしまう

上下関係の派閥に悩んでいる

お金がないから深夜に働いている

親からの結婚しろプレッシャーがすごい

チケットノルマが怖い

媚び売る子ばかり主役になる

女を武器に使うべき?

 

 

・・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)

 

私の想像していた輝かしい世界とは程遠い

彼女たちの悲惨な現状を

目の当たりにしてしまったのです。

 

 

こんなに努力している子がなんで?

こんなに実力がある子がなんで?

 

 

幼い頃から、時間もお金も費やして

自分の欲求を我慢して

全てをこの世界に注いできた姿を知っているからこそ

 

とても悲しくて、空しくて、

怒りのようなものさえ浮かんできました。

 

 

 

私がずっと憧れていた世界。

 

愛や夢を人に届ける世界。

 

 

眩しくて、エネルギッシュで

誰もが憧れるこの世界にいる彼らが

 

なんでこんなに暗い顔をしているの?

 

 

こんなのだめだ!!!

 

私の分まで、

彼らには輝いてほしい!

 

どうにかしなくちゃ!!!!!

 

 

この出来事から、

今の私にできることを必死に考えました。

 

日本の芸術に進む誰しもが

楽しみながら、夢も、愛も、お金も手に入れる方法はないか。

 

技術だけじゃダメなんだ!!!

 

 

 

そう思った私は、音楽教室運営のスキルをもう一度見直し

「音楽で食べていくためには?」

という観点から

音楽家が一人の起業家として活動できる方法を学びました。

 

マーケティング?

ペルソナ?

ブランディング?

 

音大では学ばなかった横文字を学ぶうちに

 

「これ、音楽家の人も絶対知ってほしい!!!」

 

という内容がたくさん溢れてきたのです。

 

そして、最終的にたどり着いたコーチングの世界。

 

コーチングとは・・・

対話によって人の自己実現や目標達成を効果的にサポートしていくコミュニケーション技術のこと

 

このコーチングによって、

人は自分では気づけない「別の視点」を得ることができ、

向上することが出来る。

 

 

これだーーーーー!!!!

 

音楽家が、本来の自分の夢をもう一度思い出し

今の自分が本当にしたいこと

今の自分が本当に叶えたい未来を明確にして

その為の行動プランを一緒に考えたい!

 

彼らを、これなら救える!

 

そう確信したのです。

 

 

芸術の世界は、どうしても狭い世界の為

視野も狭くなりがちです。

 

だからこそ、こうでなくてはいけない

という、暗黙のルールが

現在の音楽家を苦しめている気がします。

 

 

 

もっともっと自由に表現して良いんだ!

あなたがやりたいことを、

あなたにしかできないことを

 

音楽って、「音」を「楽しむ」って書くのに

不安・不満・苦しみ

でいっぱいになっているあなた。

 

もっともっと、あなたの夢に欲をもって

あなただけの人生を描いていきましょう!

 

 

 

こんな思いで今の仕事を始めましたドキドキ

 

 

大好きな世界だからこそ

応援したい人たちがいる。

 

この思いが

今、自分の夢を追いかけることにつかれてしまっている人に

届きますようにキラキラ

 

 

音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜

まずは、あなたの悩み、不安、叶えたい未来を聞かせてください。

一生もののミュージックライフを手に入れましょう♪

音楽で食べていきたい方は、今すぐクリック↓

 

音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

 

いいね!やメッセージをいただけると

とても嬉しいです♪

 

ミュージックライフクリエイター

小山麻里

こんにちは。

ミュージックライフクリエイターの小山麻里です。

 

今日はブログを読んで下さる皆さんに

勇気を出して、告白をします。

 

私は今、音楽家や舞台活動をしている方が

その人らしい夢の叶え方を見つけるサポートをしています。

 

なぜ、こんなことを始めたのか。

なぜ、音楽家や舞台活動をしている方を助けたいのか。

 

 

 

告白します!

 

 

 

それは、嫉妬が始まりでした笑い泣き

 

 

 

 

私は、長年の夢でもあったミュージカルという世界に入ったものの

途中で”結婚”という道を選びました。

 

それは、相手は転勤族ということもあり

事実上、自分の夢を諦める、ということになりました。

 

 

 

大好きな人と過ごす新しい生活が

幸せにあふれ、充実しているかのように感じたのは

正直最初の数カ月だけでした。

 

知り合いもいない孤独な土地で、

夢も目標もなくした私は

ただ途方に暮れてしまいました。

 

そして、今まで思い続けてきた夢にせっかく手が届くところまで行ったのに

それを投げ出してしまった自分への罪悪感、嫌悪感、失望感・・・。

 

 

こんな思いの時、

SNSで流れてくる友人達の「次回公演の稽古風景」。

 

「応援しているよ!」

 

とメッセージを送りながら

 

輝いている彼女たちの表情を見て

 

「なんで私はこんなところにいるんだろう」

「なんで私は、この道を選んだんだろう」

 

と自分の置かれている状況を嘆き

苦しくなるばかりでした。

 

自分で選んだ道なのに

こんなにも夢のない毎日が

苦しいなんて。


そしていつしか、

地方に住んでいるから・・・

仕事が忙しくなったから・・・

子供が出来たから・・・

 

こんな理由から、

友人たちの公演へ足を運ぶ機会が少なくなりました。

 

 

そして、

音楽教室の運営や

出産・子育てを通して

どうにか新たな価値観を見出せるようになった時

 

久々に帰省して

音楽仲間に会いにいきました。

 

 

この頃には、もう自分の後悔への整理がついていて

音楽を続けている友人たちを

心から応援できる自信があったのです。

 

 

 

しかし、ここで私は

思いもよらない

衝撃的な状況を目の当たりにすることになるのです。

 

 

 

長くなりそうなので

次回に続く。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜

いいね!やコメントをしていただけると

とても嬉しいです!

音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もうまく演奏できなかったな・・・

あんなに練習して

あんに準備をしたのに

また緊張してしまった

 

いつになったら私はこんな弱い自分に勝てるんだろう・・・

いつになったら、気持ちよく演奏できるようになるんだろう・・・

 

 

こんな風に途方に暮れたことはありませんか?

 

 

 

こんにちは。

ミュージックライフクリエイターの小山麻里です。

 

音楽家であれば誰でも戦うことになる「緊張」

 

みなさんは、この緊張とうまく付き合っていますか?

 

大切なオーデション

絶対に成功させたいコンサート

大好きな人が見に来ている本番

 

絶対に失敗したくないと思えば思うほど

手足は固まり

呼吸が浅くなり

今まで出したこともないような

とんちんかんな音を奏でてしまったけ経験が

みなさん1度はあるのではないでしょうか。

 

私の学生時代は、この緊張に負け続けた

苦い苦い思い出ばかりです。

 

大学4年間、実技試験という試験では

一度もきちんと歌えた覚えがありません。

 

と言うより、緊張のあまり

ほとんど記憶にありません。

 

声楽科専攻にも関わらず

破裂しそうな心臓のおかげで

始めのブレスをせずに歌い出したことも・・・照れあせる

 

いや~苦しくて死ぬかと思いました汗

 

審査員の先生方はすべて般若か鬼か

この世のものではない凄まじい怪物に見えたし

(先生方、ごめんなさい)

 

先輩や後輩が聴講に来ているなんて情報が入った日には

もう、逃げたくて仕方がありませんでした。

 

極めつけは、大学生活最後の卒業試験で

歌詞が真っ白になり

でたらめなイタリア語で歌い上げた時は、

しばらく恩師の先生の顔が見れませんでした。

 

緊張というより、今思うと、恐怖に近かったように思います。

 

「自分は劣等生なんだ」

という気持ちから

 

私は音楽なんてやってはいけないのかな。

顧問の先生のメンツをつぶして申しわけない。

 

そんなことを常に思い

苦しい苦しい学生生活でした。

 

大学を卒業後ミュージカルの世界に入った私は

稽古中に、ある音楽監督の方に

こんなことを言われました。

 

「君は、ここをそんな大きな声で歌って、自分の声を自慢したいのか?

君の声じゃなくて、役の声が聴きたいんだ」

 

当時の私は、学生時代の豆腐メンタルをどうにか克服しようと

「きちんと歌おう、上手に歌おう」

ということだけを考えていましたが

 

この監督の一言で

自分の大きな間違いに気が付いたのです。

 

 

なぜこの物語のここで歌があるのか

この歌よって、主人公は何を伝えたいのか

この歌詞をこのメロディーに乗せる意味は

どんなブレスで、どんな表情で

どんな心の叫びなのか・・・。

 

 

私が選んだ世界は

ただののど自慢ではなく

役になる必要がありました。

 

そしてその役を研究し

物語や音楽を追求すればするほど

自然と緊張という呪縛から

解放されていきました。

 

 

 

そして、その思いを

どんな人にどう伝えたいのか。

伝えることで、その人の人生にどう影響を与えたいのか。

 

”自分がどう演奏したいのか”

 

ということから

 

”聴衆にどんな影響を与えたいのか”

 

ということを考えるようになりました。

 

それまでの私は

聴衆への感謝や敬意、信頼が全く持てず

独り舞台のような気持ちで挑んでいたんですね。

 

 

もしあなたが今、緊張と戦って苦しんでいるのならば

音楽をただ心から愛して、

聴衆をただ心から愛してください。

 

すると自然と、周りの評価が気にならなくなり

自分の音楽が見えてきます♪

 

そして、あなたの音楽界での使命が明確になった時

この世界に進んだ自分のことが

今より何10倍も

愛しく思えるでしょうピンクハート

 


 

 

音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜

もっともっと音楽を愛して

自分らしく楽しんで活動していきたい方

 

たくさん頑張て来たあなたの

あと一歩をお手伝いします。

 

まずはお気軽に体験セッションにお越しください♪

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

ミュージックライフクリエイター

小山麻里