暮らしの今と昔と~マクロビューティーライフ~
  • 31Dec
    • 年末詣の画像

      年末詣

      年末年始にお休みなのは、今までになく・・・しかも、休みが欲しくても取れなかった時にやりたかったような事も、このコロナで外出や人の集りもなく。静かな年越しとなりそうです。12月は仕事に追われ、新しいことや来年のことも考えないといけないことが多く。気持ちにゆとりもなかったので、やっと落ち着いてきました。仕事で近くに行ったので、今年一年なんだかんだ無事に過ごせたお礼に立ち寄りました。千代田区・平河天満宮太田道灌による創建、皇居に1番近い神社です。茅の輪くぐりで、一年の厄も落とせたかな?清い新たな気持ちで、新年を迎えたいです。撫で牛も、コロナ対策で撫でてはいけないそう。イメージで撫で撫でして、家族の健康を願いました。皇居のお散歩もしたかったけど、年明けにでもまた行ってみたいです。歌舞伎座の下、木挽町広場でお正月飾りを見つけてきました。知ってる人も偶然色々会えたりして、ビックリ。来年も当たり前のことに慢心せず、人とのご縁や自然の恵みに感謝して過ごせるようにしたいです。

  • 05Dec
    • おふじゃかの画像

      おふじゃか

      副菜やデザートは作りおきすることもありますが、その日に食べたいものをその時に作りたい。買い物で、美味しそうな野菜が買って、それをどう料理しようかな~?と、数日間の献立は決めますが・・・作る時に、自分や家族の状況を見て、インスピレーション?でご飯は作ることが多いです。ハレの日の料理と違って、毎日食べるご飯は無理せずとも良いと思います。働く女性も多い中、完璧を目指すと続かない。シンプルでも、体への影響を意識した食事を。とりあえず、ストックしてあるのは、車麩や高野豆腐、切干大根や海藻類、豆類。特に車麩や高野豆腐、豆類はメイン料理としてボリュームのあるものが作れるので、家族の満足度を考えると、とても便利です。車麩を使った肉じゃがならぬ、お麩じゃが。車麩に出汁が染み込んで、美味しいです。大豆ハムと青菜の炒めもの。お肉や魚は簡単で見た目もボリュームも華やかな料理が作りやすく、食卓に並びやすいですが。ストックでき、すぐに戻して使える乾物も上手に利用して欲しいです。車麩や高野豆腐、豆類だってたんぱく質も取れるし、干した野菜は栄養が凝縮しています。今は大豆を使った大豆ミートやハムなどの商品も随分増えました。しかし、これらも加工の段階で添加物や化学処理されたものも増えています。上手に選べはとっても便利。そして昔ながらのシンプルで、手間暇かかった保存食ものは、やはり安心で美味しいです。

  • 04Dec
    • 豆乳マヨネーズを使っての画像

      豆乳マヨネーズを使って

      寒くなってきたので、コトコト煮たりオープンで焼いた料理が美味しい季節になってきました。同じ食材でも生で食べるのか、焼くのか、煮るのか、蒸すのか。電子レンジを使うのか、ガスかIHなのか、使う調理器具でも食べた時のエネルギーが変わっていきます。煮たり焼いたりは、手間暇かかりそうですが、準備をしてしまえば、あとは火にお任せて、気を配りながらも他の料理が平行してできるので、実は便利だと思っています。ある日の普段ごはん。高野豆腐とナスを揚げてからキノコ類とインゲンと一緒に煮ました。しいたけの出汁は旨味もあるし、体に溜まった油を排出してくれるので油料理と組み合わせるのがオススメ。そのまま具としても食べられるし一石二鳥!ジャガイモとコーンに余っていたブロッコリーの芯を味つけして炒めてから・・・時短のために、ホワイトソースの代わりに豆乳マヨネーズを。マヨネーズは卵に油で、もちろん適宜取り入れるのは美味しいし良いと思いますが、市販のものは、どんな油を使っているのか?というものもあります。豆乳も取りすぎは良くないですが、卵アレルギーの人もいますし、豆乳のほうがヘルシーでオススメです。パン粉は先にオリーブオイルとニンニクで炒めておくと、焼き色がつくし、ニンニクの風味も効いて。チーズやバター、ホワイトソースがなくてもコクがでて満足します。揚げたり焼いたり油を使った料理に合わせてサラダは大根サラダを。大根を塩揉みしてコショウに豆乳マヨネーズをすこし。白ゴマをすってのせると、香ばしいし塩揉みしてるのでマヨネーズは少しでも大丈夫です。油の消化を助ける大根や、生野菜。調理法を変えたメニューを組み合わせるのは全体のバランスも良くなります。

  • 01Dec
    • 紅葉の画像

      紅葉

      久しぶりのお散歩。臨済宗のお寺、平林寺。精進料理で有名な先生のお教室に初めて伺ったとき、旦那様が実はこちらで昔修行なされたと聞き、それ以来より親しみやすさを感じています。何度か紅葉の時期に来ていますが、観光客は思ったよりはいましたが、静かに境内を散策できるちょうど良い感じでした。燃えるような紅葉ではありませんでしたが・・・色々な色が楽しめて、時々緑の隙間から真っ赤な色が飛び出すとあ、紅葉してる!とワクワクしました。途中から修行のお経が聞こえはじめて・・・寺の奥で日々行われている修行を想いました。変わるけど、変わらない自然の営み。すこしづつ、また自分を取り戻しています。

    • 紅葉2の画像

      紅葉2

      平林寺向いにあるのは、睡足森(すいそくけんのもり)お茶室とお庭があり、入場は無料です。一時期、園内整備のため見学できずにいましたが、綺麗になって再度見学できるようになりました。もう何年も前にお茶会で入らせいただいた事があるお茶室。普段は中には入れませんが、部屋を覗くことはできます。脇からお中庭も少し眺めて・・・こじんまりと静かに、でも手入れがされていました。お茶会がなくても、訪れる人を迎えてる感じが・・・ピカピカにひかる床。円窓。中に座って窓越しに眺めたお庭の風景を思い出します。今年は様々な風物詩も開催を控えたりして。これから歳末に向けて、どうなるでしょうか?自分の身のまわりを整えて、自分で季節を感じる生活を考えはじめている人も多いようです。

  • 25Nov
    • 次への準備の画像

      次への準備

      久しぶりの投稿です。来年に向けて、これからに向けて様々な事を整理していくような今年でした。コロナもあり、せっかくなので、自分の生活の基盤を改めて見なおし、次のステップへと、あまり外には発信しない日々でした。実際仕事以外はほとんど外出もせず、人と会うとか、イベント、教室というのも減らしました。なんだか日々に追われましたが、目に見えない内面的な変化は大きいようなこの頃です。久しぶりの小石川後楽園自分としては穴場的な場所がどんどん観光地化していて、ゆっくり自然の風情を味わうような雰囲気ではなくなっている気がします。でも、まだまだ、人が少ない場所もあってタイミング良ければ静かに過ごせます。これまた久しぶりの仙太郎の和菓子。季節の亥の子餅と栗蒸し羊羹今年も残りあとひと月ほど。来年はこちらにも、色々な情報を載せていけるようにと思います。

  • 16Oct
    • 白きくらげの画像

      白きくらげ

      すっかり秋になり、雨も多く、寒くなってきました。秋はもっとも乾燥の影響を受ける時期です。皮膚や鼻などの粘膜をはじめ、肺や大腸にトラブルが多くなる季節。今のうちに、肺を潤して、冬の風邪~肺炎などを予防したいものです。白きくらげ欲しい時にはなかなか売っていないことが多い、白きくらげ自然食品などで、時々入荷するので見かけたら必ず買うようにしています。あの「楊貴妃」が食していたことでも知られている食材で薬膳の世界でも、白きくらげ・クコの実・なつめを煮るレシピが多いです。わたしは8月から9月に採れる、みずみずしい梨が好きなのですが、ちょうど白きくらげも店頭に並ぶことが多いので、一緒に煮て食べることが多いです。梨も水分が多く、白い食材なので、秋に向けた食材としても効果もぴったり。あとは、リンゴジュースで煮て、クコの実を入れ、寒天で固めてゼリーにしたり。すこし涼しくなってきた、今の時期なんかは、梨と白きくらげ・クコの実をリンゴジュースと葛を入れて煮たりしています。果物は生でそのままだと、体を冷やすので、火をかけてあげるのもいいし、葛を入れて体を温め、胃腸の働きを補ってくれるので夏に冷えすぎた体をいたわり、すこしづつ秋~冬に向けた状態に変えていけます。葛のとろみ感は、冷やして食べても、温かいうちに食べても美味しいです。簡単に作れるので、日々のデザートとしても作りやすく、アレンジも色々できます。もちろん、白きくらげは、野菜炒めなんかに入れたり、メインのおかずに加えた料理でも美味しく食べられます。同じような、食材やメニューでも、季節で少しづつ調理を変えて楽しみながら、体調を整えていける。体にとって必要なものは、自然と美味しく感じます。

  • 28Sep
    • 雨の畑の画像

      雨の畑

      台風は来ませんでしたが、雨が続いていた先週。なんとか小雨だから、大丈夫かな?とみんなで畑へ!小雨かと思ったら、ひどく降ったり。でも、次までは待てない。作業もあるので、朝から、種まきしている人達も。私達は、以前植えた、白菜やブロッコリーやほうれん草・小松菜・水菜などをチェック。小さい芽があちこちから、出てきていました。追いまきした、人参も、少しづつにょきにょき。踏まないように、間違えないように、雑草をとったりしながら。可愛い小さな芽に癒されて、雨でぬれるのも忘れて作業です。モロヘイヤを収穫。種には毒があるので注意。摘みながら、花やガクや種は取ってしまい後で作業しやすいようにしました。秋の実り。栗も沢山落ちていて・・・緑の中に、鮮やかな赤が引き立つ唐辛子。さつま芋は収穫にはまだちょっと早いので次回のお楽しみ。沢山伸びてるさつま芋の蔓の若いものを採って食べます!落花生もいい感じに、大収穫!作業場に移動して、皆で収穫物を分けていきます。夏野菜のキュウリやオクラ・ピーマンもまた少しありました。小さな西瓜もあったので、お昼ご飯に水分補給しました!8月は、暑すぎて作業していたら熱中症なりそうで、皆で雑木林で休憩して、西瓜を食べたのに。この日は、雨のせいか、午後は寒くて外で雨に濡れての作業は断念。DVDを見たり本をシェアして、野菜だけでなく、日本の里山の昔ながらの暮しから色々と学んだり話をしたりしました。便利な世の中で、失われた技術があるのも忘れてはいけないなあと思います。何故そういうものや行事があったのか?というのも、自然とともに生きる知恵や理由があって、とても理にかなっていたり。しかし、その本質がわからなくなって上辺だけが残っていたり。色々ある世の中ですが、自分達の食べるものや使うものを自分達の力でどう生み出すのか?自然やものつくりをもっと大切にしたいと改めて思いました。

  • 22Sep
    • 復食の画像

      復食

      食べすぎたなあ~という時や何となく必要と感じた時は食事を減らしたりしますが・・・今回は、半断食~塩気をとらない野菜果物中心で三日間ほど過ごしていました。今は特に免疫を上げる。というのが話題になることが多いですが、実は免疫を上げるというのは、なかなか大変だそうで。日常生活では、免疫を下げない生活のことを考えたほうが早いそうです。断食をすると、免疫が上がるとは言われています。断食中に体を動かしていくのも大切。修行僧のイメージ!?一時的に塩分を取らないと、体に必要な塩分をまかなうために、体の奥に溜め込んだ古塩を出してバランスを取ろうとします。化学調味料や動物性のナトリウム・タンパク質・油とともに溜まったものは体でなかなか消化できずにいます。それらが、溜まりすぎると、様々な病気につながることも。一時的に断食することで、それらを輩出していきます。しかし、断食は、人によって向き不向きがあるのと、断食明けの体に、何から入れるか?で、せっかくの努力も水の泡に・・・食べるのを我慢する以上に、何を食べるか?のほうが、案外難しかったりします。断食中に、体に起こる変化も人それぞれ。体のどこに、どんな症状が出ているか?普通の食事に戻してから、変化が現れる人も。それに応じて的確な飲み物や食べ物を入れていくと、さらに効果はアップしていきます。私の回復食。先生が作ってくれたご飯ー。少しづつご飯・穀物を入れていきます。塩や味噌・醤油など薄味で少しづつ塩分に慣らしていきます。人によっても濃さの感じかたは違うので、話をしながら、他の飲み物や野菜果物のお代わりで、自分に必要なものをたべながら感じていきます。散歩や買い物で、新鮮な野菜を沢山お土産に買ってきて。三日間半断食~塩抜きしたので回復食も同じだけ日にちをかけます。大好きなコーヒーも少しづつ、お土産に買った美味しい天然酵母パンやお菓子類も少しづつ様子をみながら。いくら、ヘルシーな材料のものでも、なるべく我慢することで、今後につながる。パンやお菓子は塩分もけっこう入っていますし、固く焼きしめた食べ物はせっかく軟らかくキレイになった腸に負担がかかってしまうのです。家での回復食。甘くて美味しいトウモロコシ。ほくほく甘い南瓜。蒸し器にいれれば、楽々調理です。ナスとトマトは少なめのオリーブオイルにニンニク・生姜・コショウ・パセリで。レタスもなるべく沢山食べました。通常生活の家族にも体の負担を軽くして欲しいので、普通のご飯とメインにプラス同じ野菜を食べてもらいました。翌日からは、少しづつ普通にしていきました。ご飯も通常の量にもどして。トウモロコシごはん。南瓜とジャガイモ・クコの実のサラダレタスもモリモリで。オクラとトマトのペペロンチーノ風塩は入れましたが、なるべく少なく。でも、ニンニクや辛みで塩気は十分足ります。外食や今までの食事は塩分は濃かったんだなあと、改めて実感。お味噌汁も、舞茸出汁を濃いめにとって、味噌は少なめに。野菜が美味しかったり、旨味を上手に引き出せれば、素材の味で十分美味しいです。キノコたっぷりの小松菜奈と厚揚げ煮物南瓜サラダは豆乳マヨネーズで。ナスとトマト炒め塩コショウに出汁と醤油、ゴマで和風な味に。見ためも飽きないように?ナスは普通のナスにみどりナスや種類を変えてミックスして買ってきて良かったです。塩分や調味料、油も増やしていきました。いつものぬか漬がまだ味が濃く感じたので、他の味つけは気持ち薄味にしました。ズッキーニのフライ車麩のフライ揚物なので、野菜はシンプルに生で。消化を助ける大根も味噌汁とサラダで取ります。ポテトサラダ。塩気よりも、果物の甘味やいも類を欲していた私です。リンゴや梨、山梨の美味しい巨峰も普段より多目に食べてしまっています。なかなか辞められなかったスイーツ類は欲しくないこの頃。普段と変わらない野菜を使ったものでも、今までよりさらに、味や調理のバランスと自分の体調とを感覚的に掴めてきたように思います。自分で家でやるよりも一度でもきちんと体調管理をしながら自然の中でリフレッシュしつつ・・・というのは、心身ともに定期的にやるのが良いなと実感しました。しかし、やはり欲には勝てず・・・次に小淵沢に行くときは、美味しいものを、普通に食べられる時に行こうと話すのでした。

  • 19Sep
    • デトックスの画像

      デトックス

      今回の小淵沢滞在は自然の中で過ごしながら、デトックスするのが目的でした。前日から食事を減らして、出掛ける朝からは食事を抜いていきました。お茶碗1杯の玄米粥。野菜が入って食べやすいお粥をゆっくり噛んで味わって食べたり。薄味で野菜の出汁や海苔の風味たっぷりなシンプルなうどんを食べたり。一日二食で、朝は体にあった飲み物を。その他は、朝から雑巾かけなど体をフルに使ってお掃除したり、山などあちこちお散歩したり、筋トレをして。温泉にゆっくりつかって、しっかり汗をかいて。途中、新鮮な野菜を買いに道の駅や自然食品なども揃えたスーパーに寄ったり、魅力的なパン屋さんやカフェも沢山あって。食べ物の誘惑が多すぎる町!美味しい野菜にちょうど果物も色々取れる時期。でも、半断食を終えた日からは、野菜や果物は食べたい分だけ食べられたので、全然辛くなかったです。自然に囲まれた環境ならではだから、気分も紛れて続けられたのだと思います。体に溜まった消化できない動物性のタンパク質や油、古い塩分などをデトックスしていきます。野菜は蒸したり焼いたり素材そのままで。味が欲しい人にはスパイス類やニンニク、生姜、お酢などはお好みで取り入れてOK!私は、塩がなくても全然大丈夫でもスパイス類もほとんど必要ないくらいでした。野菜が美味しいから、というのが一番かもしれません。食べても、体重が減っていくのも嬉しくて。なかなか取れなかった足などのむくみもスッキリ!リンゴジュースやリンゴ煮がとにかく甘くて私にはとてもおいしく感じました。シナモンとニンニク、コショウは必要としていました。体が何を欲して美味しく感じるか?で、自分の体の状態を判断するのも楽しく。お水も綺麗な町。名水百選の三分の一湧水もお散歩。こちらも、朝早くからお散歩の人や直売所の野菜や果物を買いに来てる方が沢山。澄んでるお水が勢いよく流れています。場所に寄って生えている植物が違うのを発見してあるくのも楽しみです。この美しい自然や資源が残るように、私達も生活を考えて、自然とともに歩みたいと思います。可愛い蕎麦の花もあちらこちらで。お水も綺麗だから、美味しい蕎麦もあります。今回はお蕎麦も食べなかったのですが。これから、蕎麦の実の収穫や稲かりが始まるねーという話をしていました。帰宅してから、仕事が始まっても食事に気を付けながらなるべく穏やかに過ごすように心がけています。

  • 18Sep
    • 小淵沢散歩2の画像

      小淵沢散歩2

      小淵沢散歩シリーズ?少し続きます。ミヨシ種苗さんの施設。宿根草を中心としたガーデンは無料で入れます。秋の花が咲いています。ガーデンショップもあり、色々とお買い物もできます。こんなお庭がある、家に住んでみたいな~と色々見ては思います。想像で満足・・・天然酵母&石窯焼きのパン屋さん、ペイザン。何度か散歩で通りましたが、今回は食事も制限していたので、残念ながら、パンもコーヒーも我慢😣とにかく汗をかいて体を動かすために、歩く日々でした・・・これまた散歩道で出会うヤギちゃん。疲れた頃に、癒されるスポット。曇~雨予報の多い時でしたが、滞在中は雨はほとんど降らずに助かりました。もう少し、晴れていたら山がきれいに見えたのですが・・・刻々と変わっていく、空の雲を眺めるのも良く、時間を忘れてゆっくりできました。

  • 16Sep
    • 小淵沢散歩の画像

      小淵沢散歩

      今回の小淵沢滞在中はとにかく体を動かすために、散歩です。筋トレと、経絡マッサージ、そして朝晩散歩。自然の中で、自分を取り戻していきます。何年かぶりの、身曾岐神社。ゆずの北川さんが結婚式を挙げたことでも有名です。朝早いので、境内はお掃除してました。参拝の人はまばらで、静かでした。能舞台はやはり厳かな雰囲気。水面に写る影・・・本殿へ行ってお参り。雨の予報を気にしながら、てくてく歩きます。続いては大滝神社へ。湧水があり、名水百選に選ばれている場所です。坂道が多いので、けっこう疲れるのですが、自然の中を歩いてると、心地よい疲労感です。公園を抜けて神社へ。ちょっと湿気があり木々も茂って日陰の場所です。お水を汲みにきてる地元の人がちらほら。本殿脇から湧き出すお水。冷たくて、澄んでいて、すっきりとしたお水。かなりの勢いで、流れていきます!当たり前のように、水道を捻ると出てくる水ですが、こうしてみると、自然からの恵みに本当に感謝です。キレイなお水には、やはり山葵。滝のしぶきのマイナスイオンを浴びて元気をもらいました。すこし、湧水を汲んでいただいてきました。澄んだお水の景色に、すこしは心も洗われたかしら?

  • 14Sep
    • 久しぶりの小淵沢の画像

      久しぶりの小淵沢

      久しぶりに電車でちょっとお出かけ。小淵沢駅新しい駅舎になってからは、初めて降りました。駅の上がちょとした展望台に・・・雲が多かったから、遠くの山は見えなかったけど、小淵沢にきたな~という実感。マスクなしでも、歩ける畑道・・・なんでもない草花たちにも、癒されます。コスモスもあちこちで咲き始めていて、ピンク色が綺麗です。小淵沢から荷物を置いて、ひとやすみしてから。夕方のお散歩は観音平へ・・・八ヶ岳の編笠山・権現岳への登山口です。時間的に駐車場も空いていて、歩いている人はほとんどいなかったです。森の中のひんやりとした空気。雨のあとで、少し足場は滑りました。お散歩コースじゃなくて、登山だよね・・・との言葉もありましたが。私は、久しぶりの山で嬉しい感じでした。時間がなかったので、ちょっと登ってから引き返して。展望台から夕方の、山並みを眺めました。晴れていたら、富士山や中央アルプスも見られたのですが、残念。しばらくすると、雲がすこしきれてきて、晴れ間がでました。ちょうど町のあたりに夕陽が差し込んで、なんだか幻想的でした。ススキもいっぱい。秋はどんどん深まっているなと感じました。東京にいると忘れてしまう感覚。刻々と変化する空を眺めながら・・・このあとは、温泉へ!!

  • 10Sep
    • 暑い日の軽いごはんの画像

      暑い日の軽いごはん

      まだまだ暑いので、夏野菜たっぷり、軽いお食事。動物性のものや添加物を小さい頃から食べている現代。無理に玄米や煮物などを食べると余計体に負担になることも。野菜を多目にして、タンパク質の消化を助けるものを取入れていくほうが、体が楽になる人が多いようです。夏野菜たっぷりのマカロニ。味つけはオリーブオイルに塩コショウにレモン汁など。つるむさきのお浸し。切干し大根と高野豆腐の煮物。トマト・ニンニク味のレンズ豆と野菜スープ。リンゴジュースで作る葛餅。きな粉付き。切干大根と高野豆腐は、戻しかたで仕上りが違う・・・軽く煮て薄味で仕上げる夏向けの味。レンズ豆は水に戻さず使えて便利。タンパク質や鉄分が豊富です。トマトとニンニクでガーリックスープに。腸にも優しい葛、自然でリラックスするリンゴジュースの甘味。きな粉にほんの少し塩を混ぜると、大豆の甘味も引き立ちます。砂糖がなくても、充分甘くて、葛餅のモチモチ感でお腹も満足。簡単で、たべごたえもあり満腹になりますが食べてももたれない食事です。

  • 06Sep
    • おいしい浮世絵の画像

      おいしい浮世絵

      ずっと気になっていた、森アーツセンターギャラリーでの『おいしい浮世絵』展。コロナの影響で、別の和食の展覧会も中止になってしまい。こちらは、開催されたので良かったです。先日、夕方が時間ができたので、出先から当日券で滑り込みました。最近、浮世絵からみる、江戸の食生活にスポットが当たるのが増えているように思います。学生時代から、浮世絵や江戸文化に関心のあった私には、そういう特集が増えるのは楽しいです。二八蕎麦の屋台を再現してありました。時代劇の世界に入り込みそうです。写真スポットなどがあるのも、最近の特色ですね。展示会内容とコラボした商品はもとよりカフェやレストランでの特別メニューもチェックするのが面白いです。ここでは、レストラン街もあるし、様々なメニューがありました!展示の中では、浮世絵の解説が分かりやすく料理の再現写真や映像もあり、見ていてお腹が空きそうです!江戸前の今も残る老舗の名前。蕎麦や天麩羅、うなぎなどから、街道沿いの各地の名物など。今も私達が普段目にして、食べているものの歴史を感じます。地域や季節やライフスタイルに合わせて発達してきた食文化。これからも受け継がれて欲しいです。久しぶりに行った六本木で、なんだか緊張です。行きたい飲食店なども色々ありましたが、また次の楽しみに・・・展望台には入りませんでしたが、景色は十分楽しめました。スカイツリーもいいけど、東京タワーもやはりいい。台風が近づいています。雨も多いこの頃。楽しく眺められる空そういう気持ちで過ごせる平穏な日々であって欲しいです。

  • 01Sep
    • 長月の画像

      長月

      今日から9月。昨日は立春から数えて210日目の二百十日・・・でした。ちょうど、稲の花が開花する大切に時期ですが、台風も発生し始めるので、農業にとっては要注意な時期です。早速、天気予報でも大きな台風の予報が出始めてきました。気温が高い近年、台風が発達して被害が出ないように願いたいです。晴れた昼間は、まだまだ日差しも強く暑いです。今年はなんだか、花を楽しむことも少なかったです。今年は人が集まってイベントや食事ができなかったので、残念です。野菜や果物も収穫が少なめ。季節の実りも、年々時期がずれてきたり・・・以前、友人との講座での、野草のごはん。去年の今頃は、今年のこの世界の状況をまったく想像していない・・・食べる分だけ、摘んで、色とりどりの華やかなご飯。山梨はちょっと固めの桃を食べているので、デザートというよりもお食事感覚の人が多い。果物はそのまま食べることが多い私は、桃をサラダやパスタに入れたりとか、いまだに自宅では作らないのですが。それは、新鮮なものを身近で収穫できるか、わざわざお店で買ってくるか、という感覚の相違もあるかもしれません。夏の名残を感じながらも、朝晩はすこし風も涼しくなってきたので、秋の気配も実感できるようになってきました。今年はとっても暑かったので、普段冷房を控えめにしている人も、使わずにはいられませんでした。夏の間はそれも必要でしたが・・・冷やした体に、冷たい飲み物と食べ物。そろそろ、冬を意識して、体を変えていかないとと思います。

  • 29Aug
    • 藍の葉むしりの画像

      藍の葉むしり

      畑作業と学びの日。別チームでは、藍と綿を栽培していて刈り取った、藍の葉むしりをしていました。乾燥させた藍茎と葉っぱにより分けて。沢山あるようでも、染めるとなると、まだまだ量が足りないよう。私は着物の藍染めの染めの行程は見たり、知識としては何となく分かってはいましたが、実際に栽培から葉の作業は初めてみます。これから先、色々やっていきたいことがあるみたいなので、楽しみです。私達は、作業を隣にして暑い直射日光の畑から雑木林で休憩。軽くお昼ごはんを済ませて・・・少し、お昼寝~💤~雑木林はとても涼しい。風が吹くといっそう涼しい。寝転んで、眺める木々と空。暑い労働の後に、天然のクーラー。体も元気になります。午後は畑で大切な土について、皆でお勉強しながら。落ち葉堆肥。本来はかき混ぜないのですが、落ち葉から堆肥になる様子を確認で見せてもらい。雑木林は鳥や虫もいっぱい。カブト虫やクワガタも!ちょうど良い場所にいたので、皆でシャッターチャンス。特別どこかにいかなくても、身近な自然には、楽しみや発見、学びが沢山。しかし、そういう場所が少なくなっているのも現状・・・興味を持つことで、自然環境を活用したり、保全する人が増えたらいいなあと思います。

  • 25Aug
    • 収穫の画像

      収穫

      畑作業の続きです。草むしり→種まきのあとは夏野菜の収穫。夏野菜ももう名残りになり種とり作業も始まっています。立派なネギを掘って。いんげん豆シマオクラミドリナスピーマンマクワウリなどなど。他にも、トマトやキュウリ、紫蘇など皆で分けて・・・どうやって食べる?種とりする?スイカはあとで、おやつにしよう~。ということで、あまりの猛暑に木陰へ移動、お昼休憩になりました。ちなみに、収穫後の野菜でシマオクラのペペロンチーノ風いんげん豆は浸水後茹でておきました。

  • 23Aug
    • 畑作業の画像

      畑作業

      埼玉にある自然栽培の畑です。スクールや色々なコミュニティーの場として沢山の人が関わっています。自粛期間中は家庭菜園をはじめようとホームセンターが混雑したとのニュースもありました。気候変動や環境破壊などで食糧難も実は世界で問題になっています。自分の健康のために、食べるものを見直す人や、仕事やライフスタイルの見なおし、都会の生活から移住を考える人まで。大きな変化はできなくても、ほんの小さな日々の意識や一歩が何かにつながるかもしれません。私は単に、土や自然に触れてないと、やはりバランスが取れないなあと思いながら、都会で仕事をしながら、どんなライフスタイルを保つのか?を考えています。人参の種まき泥団子を作ってキャベツとブロッコリーの種まき皆さんに色々と教えてもらいながら、情報交換をしながら、作業していきます。ワラを被せてきました。無事に芽が出ますように・・・しかし、その前に。ひたすら草むしり!をしました。猛暑の中で、水分補給に気を付けながら。声を掛け合って、日陰でやすんだり。時折くるそよ風が、とってもありがたく感じます。その達成感が何とも言えず、好きです。畑には雑草だけど、雑草じゃない。ものが沢山あります。山梨の野草屋の友人のとこに行くと採れる時は料理して食べていて。野草講座でも必ず紹介しているのでこちらのブログにも時々登場していますが・・・今回はスベリヒユです。キレイで立派なスベリヒユが沢山!!自然栽培の畑だから、安心して食べられます。世界各地でも食用されていて、漢方としても利用されています。抗酸化・抗炎症作用をはじめ、特に消化器官に良いと言われています。ビタミン・ミネラルも豊富でオメガ3も含んでいるので、血管系、心筋梗塞や動脈硬化、にも予防効果があるとされています。蚊に刺されたら、スベリヒユを塗るとかも。邪魔とか無駄とかこちらの都合で決めつけずに、存在している様々な自然の姿に耳を傾ける時間も大切にしたいです。

  • 21Aug
    • 豆腐サンドの画像

      豆腐サンド

      お世話になっているマクロビオティックの先生のクラス。玄米以外の主食メニューのクラスが続きます。以前はうどんに具沢山野菜をトッピング。からに、プレスサラダやひじき煮。きのこいっぱいのスープ小豆寒天焼かないマカロニグラタンカボチャのスープトウモロコシプリンそして、今回は・・・サンドイッチ!天然酵母パンにゴマペーストや生野菜豆腐ステーキにマスタードなどをサンド。これだけでも、モリモリな上にお皿に乗り切らないくらいの山梨から持ってきてくれたお野菜たっぷり作ったサラダ。ツルムサラキの和え物トマトや野菜たっぷりのニンニクスープスープや野菜は塩やニンニク、生姜、レモン汁などシンプルなもの。でも、素材の味がしっかり出ていてとっても美味しい!!動物性タンパク質や脂肪を沢山取って体に溜まってきた人にも、体が喜ぶメニュー。デザートはやはり山梨からの桃にスモモたっぷり。リンゴジュース寒天に豆腐クリームと小豆あん。手づくりだけど、贅沢なデザート。普段の私達の体調も考慮してくれてのメニュー。自分だけだと、どうしても片寄ってしまったり、家族や人に合わせて食事にもなったりするので。自分のための、時間をまた少しずつ取り戻せて楽しいです。新しい気づきや学びも、自分やまた誰かのためにもつながっていく。自分がハッピーじゃないと人は助けられないよ。と、良く私は色々な先生方から言われてきていて。自分を大切にするってことが、だんだん分かってきたような気がするこの頃です。

topbanner