くさまです。

 

横浜市、7日発表の陽性者は33(全て軽症無症状)累計21566。感染経路不明23。

 

1人の死亡が確認され、死者累計349。

 

さて、コロナ対策をしながら開催したのこの春の学生インターンで、僕的に特筆したい点がいくつかありましたが、その中の1つとして、初めて保育士や幼稚園教諭を目指す鎌倉女子大学の学生2人を引き受けたことがあります。

 

議員インターンに参加する学生の参加理由の代表的なものは、政治家を通じて世界を広げるというものが多いのですが、参加する学生も文系の民間希望者が多い中、今回初めて、幼児教育志望の学生2人が参加してくれました。

 

神奈川の歴史を再勉強しろというオーダーで、小田原城に。

 

2人のインターンを終えた感想も紹介させていただきます。

 

<インターン全体を通じての感想>

このインターンを通して、多くの議員さんと関われたり、市役所でどのような活動をしているのかを見れたり、勉強会を開いて頂いたり、事務所での活動や、寄席や漆器の文化や伝統に触れたり、国会を見学させて頂けたりと、自分が知らなかった世界を少しでも知ることができました。 

 

議員の方々と関わる前は、テレビでしか見ることがなかったので、怖いとか、いつもピリピリしてる印象がありました。しかし、実際はそんなことはなく、とても温厚な方ばかりでした。

 

このように、何に対しても、決めつけや思い込みは良くないなと強く感じた2ヶ月間でした。 

 

<特に記憶に残っていること>

予算委員会(教育委員会)での質疑応答がとても興味深く、記憶に残っています。 

 

現在のコロナ禍における教育機関の現状から今後どう改善していくかや、gigaスクール構想が実現した際に懸念されること、中学校生徒の髪型についてなど、日本の現代のことだけでなく、未来のこともしっかりと考えられていることがわかりました。

 

また、質問内容には市民の声をきちんと織り交ぜながら話されていたのがとても印象的です。 

 

日本に新しい政策を普及するまでに、何度も質疑応答を繰り返して、やっと実現する。

 

この過程は非常に長い道のりであり、日本の政治を動かす立場の方たちの苦難も感じ取れた気がします。 

 

<草間に対する感想>

最初に述べたように、議員のイメージはニュースなどで見る限りでは、悪い印象を持っていましたし、堅く真面目な方ばかりだと思ってました。

 

しかし草間さんのように気さくで面白い人や、優しい人が多く、市をどうにかして良くしたいという熱意が伝わり、最初に抱いたイメージを払拭できました。 

 

また、市役所のホームページや議員のブログには載っていないことも知ることができ、政治に対しての興味もより持てたり、メディアの情報だけでは分からない現場の様子を体験できたのも、草間さんが色々な場所へ参加できる場を設けてくれたからです。

 

本当にありがとうございました。

 

温暖化対策について意見を求められる保育士志望女子大生。

 

<インターン全体を通じた感想>

私にとってこのインターンは、今の自分に足りないものがなんなのかを探す期間だったように思います。

 

また、自分を見失っていた私にとって、必要な時間だったなと二ヶ月間を振り返ってみて感じます。

 

今まで、人と話すことや関わることから逃げていた私でしたが、協力することや気持ちを通わせること、また何よりも主体的に行動できるようにこの二ヶ月を通して変わることができ、このインターンに参加して本当によかったなと感じています。                                                               

 

<特に記憶に残っていること>

私は、最終日に行った街頭演説が1番印象に残りました。

 

それまでの活動では、緊急事態宣言が発令中ということもあり、なかなか市民の方と交流されている場面を拝見することができませんでした。

 

しかし、解除されてから行われたこの街頭演説では、支持してくださる多くの市民の方と関わられている姿を間近で拝見し、議員という職業は市民の声の代弁者なのだと改めて感じさせられ、非常に印象深く感じました。                                                                                  

 

<草間に対する感想>

自分とは対照的な先生の性質に最初は戸惑う部分もありました。

 

しかし、先生特有の話術やその社交的な姿勢のお力をお借りしながらではありますが、次第に先生自身の本質に触れることができ、物の本質を見失うことなく目で見て感じ考えることが重要だと気づくことができました。

 

また、先生の外部と接触できる道を作ってくださったことで、より幅広い分野を学ぶことができ、以前の自分とは比べ物にならないほどの成長を遂げることができました。

 

本当にありがとうございました。

 

 

くさまです。

 

横浜市、4日発表の陽性者は66(中等症2)累計21474。医療機関、高齢者施設のクラスターで21名の陽性、感染経路不明は21。

 

さて、この春も大学生たちの2か月間の春休みを活用し、緊急事態宣言下で様々な制約や努力をさせていただきながら、学生インターンを受け入れました。

 

緊急事態宣言明けの街頭活動。結局街頭はこの1回。

 

海外にも、国内旅行にも行けず、サークルなども制限される中で、毎日の検温や消毒はもちろん、風邪の症状などが出たら平熱でもすぐ待機、飲み会はもちろん、会食は無しなど、今までのインターンの中で一番制約を受けた学生たちでした。

 

ただ、こうした制約の中でも議会は動いていましたので、今回は主に議会活動をメインに参加してもらいました。

 

まず、営業職志望の男子学生20歳の感想です↓

 

<インターン全体を通じて>

初めに、インターンの目的としていた、たくさんの人に会うという目標を達成できました。

 

草間さんと鈴木仁さんを始め、議員の方々、役所に勤める公務員の方々、警察、中華街の人や聴覚障害をお持ちの方、伝統技能を受け継いできた人、たくさんの普段生活していたら会うことがない人と会い、会話し、考えを聞くことで自分の世界が広がりました。

 

また、このインターンの経験を通して少しではありますが、最初に言われて意識してきた、街づくりの観点から物事を見るということを少しはできるようになったのではないかと思います。 

 

<一番記憶に残っていること>

一番記憶に残ったのは草間さんが出ていた予算委員会です。

 

国際局関係では、役所に関して、彼らの考えを聞いていたのが印象的でした。

 

批判ばかりをするのはよく聞くのですが、公務員としての立場や活動の改善方法や活用方法を質問していて、意義のある予算審査とはこのようなものだと思いました。

 

教育委員会関係では、草間さんが建前ではなく、私たち学生の立場に立って話してくれているのがわかりました。

 

卒業式をどうするのか、校則違反の理由は何故かなど、何も考えずに過ごしていては考えないことを質問していて、教育委員会に対してだけで無く、お前はそれでいいのかと自分にも問い質されているような気になりました。 

 

<一番記憶に残っていること>

今、草間さんのインターンをやってよかったと心から感じています。

 

実のところ私はインターンを始める前、議員さんに対してあまりいいイメージを持っていませんでしたが、草間さんが国民のことを考え、市民の声を代弁し、さまざまな事にチャレンジされている姿を見て、その印象は全く変わり、自分が何も知らなかっただけだとわかりました。

 

また、自分も少しでも草間さんの手助けをできたらと考えるようになりました。

 

もし自分が都筑区に住んでいたら草間さんに投票していると思います。二ヶ月間本当にありがとうございました。 

 

この経験を糧にしてこれからさまざまな事にチャレンジして頑張って行こうと思います。ありがとうございました!

 

<<<<

 

ニューヨーク事務所長に就任する赤岡国際局長とも意見交換。

 

次は、一昨年、第7回アフリカ開発会議のボランティアも経験し、くさま事務所を希望したという横浜市立女子大生20歳です↓

 

<インターン全体を通じて>

2ヶ月を終えて、率直な感想は本当にあっという間でした、、。

 

始まる前は割と長めの期間と思っていたのですが、実際やってみるとそんな事は全くなく、初めてお会いしたのが昨日のことのように感じる濃い2ヶ月間でした。

 

また、世の中のことをよく知れた2ヶ月間でもありました。

 

私は元々あまり政治に興味がなく、このままではダメだと参加したのですが、たくさんの政治に触れたおかげで政治に対するハードルが下がり考えやすいものになったと思います。

 

生まれて初めて体験することだらけで、本当に良い機会をいただけたと思います。 

 

<一番記憶に残っていること>

一番はやはり横浜市会での活動です。

 

条例に関する勉強会、予算委員会、本会議など私が想像していた以上の"議会活動"を見ることができました。

 

こんなに多くの議員の方と近く接することは初めてだったので、オーラも感じて終始圧倒されていたのですが、みなさん市民のことを考えていただいて毎日多忙なスケジュールをこなしていることが分かりました。

 

勉強会や条例の話し合いに関しても、物事を即座に理解して議論するスピード感に驚きました。自分たちの生活をつくってくれている話し合いや議員さんの活動を見ることができた市庁舎での活動が一番記憶に残っています。 

 

<一番記憶に残っていること>

最初からとってもとってもフランクに和やかに接してくださいました。

 

議員さんの元でインターンをさせていただく、ということでガッチガチだった私ですが、少しお話ししてから緊張が解けこれから楽しみになっていました。

 

活動を通していても、私たちのことを考えていただけていることがとても伝わってきました。たくさんの場所に連れて行っていただいたり、経験をさせていただいたり、お忙しい合間を縫って時間を作っていただいて本当に感謝しかありません、、、。

 

このことは、草間さんのスタイルにも通じていると感じていて、市民の声を大切にしていただけてると感じました。

 

特に予算委員会の際は、草間さんの質問のターンはまさに領域展開をして質問を行い、身近な問題を取り上げてくださって、局の人に声が届けやすくなっている、と感じました。

 

自分の訴えを確実に届ける大切さを学びました。

 

わたしも今回学んだことを活かして次に必ず繋げていきたいと思います。 短い間でしたがでしたが本当にありがとうございました。

 

>>>>

 

ちなみにこの女子大生が一番記憶に残っているという予算委員会の時の感想も、ご紹介します↓

 

 

 

 

予算特別委員会局別審査を傍聴して 教育委員会における予算特別委員会を傍聴しました。

 

各党で質問時間が決まっておりその中で交代しながら各局に質問をしていく形でした。その中で、全体の議論を通してGIGAスクール事業に対しての質問が多かったように感じました。

 

議論を聞いている最中、義務教育の教育現場にICTを導入するということはとても画期的だと感じましたが、小中学生だからこそ気をつけなければならないことも多いと考えていました。

 

私の通っていた高校では、一人一台ipadが支給されロイロノートで授業が展開されていました。しかし、授業展開が円滑になる一方、授業中の不正使用や他のWebページへのアクセス等、問題点は様々ありました。

 

まだ子供だからこそ、そこの防止策は徹底していくべきだと感じました。 

 

また、草間さんがされていた中学生の髪型についての質問はとても興味深く、素晴らしいものでした。

 

以前から、個性とルールの線引きは問題となっていましたが、個性を殺すのではなく、なぜルールが必要なのか意義を義務教育で教えていく必要性を感じました。

 

私が中学生の時にこんな議員さんがこんな発言をしてくれたらもっとみんなの個性を尊重できるようになっていたな、と羨ましく思いました。 

 

今回、時代に合った、さらに、それより先に行く考え方をもつ大切さや、それを必要としている人たちのために動いてる姿を見ることができました。

 

また、未来を担う子供達のことを考える教育の場だからこそ、先駆的な行政の行動が鍵となってくると感じました。

 

 

くさまです。

 

横浜市、31日発表の陽性者は54人(すべて軽症、無症状、調査中)。1名の死亡が確認され、死者累計347人。

 

さて、今日で令和2年度が終わり、明日から新たな令和3年度が始まります。

 

横浜市役所・そして都筑区役所でも人事異動があり、都筑区では3年務めていただいた中野区長が定年退職、中澤土木事務所長が道路局の河川部長に、佐々木消防署長が消防局警防部長に異動され、金指総務課長が市民局のスポーツ部長に昇任されます。

 

それぞれ都筑区では大変お世話になり、本庁に異動される皆さんはまた明日から引き続きよろしくお願いします。

 

中野区長につきましては、横浜市職員として勤めあげていただき、本当にお疲れ様でございました。特に、2017年の都市緑化フェア横浜を担当部長として成功に導かれたことは今でも本当によく覚えています。

 

あの緑化フェアを基軸に、2026年予定の横浜花博を絶対に成功させるため、努力していきたいと思います。

 

都筑区に都内などから引っ越してきた方は分からないかもしれませんが、横浜市18区の区長は選挙ではなく人事異動で決まります。

 

次の区長は元都筑区役所にも在籍し、磯子区の副区長だった佐藤さんが就任します。

 

土木事務所長は道路局建設課長、消防署長は消防局司令課長だった方々が就任します。

 

また、課長、係長でお世話になった皆さんも明日から異動になる方が多くいらっしゃいます。

 

また、退職される方々は本当にお疲れさまでございました。

 

特別自治市を目指す中で、また、行政区の権限強化を図る中で、こうした人事異動をどうするか、区長をどうするかということも議論していく必要があります。

 

中野区長をはじめ、60歳の皆さん、本当にまだまだお元気で、また力ももっていらっしゃいます。公共心が強く、また最強のジェネラリストである市役所職員OBを、外郭団体だけでなく、民間でどう活用していただくかということも、100歳時代に向けてそろそろ本気で議論していかなければなりません。

 

正直、非常にもったいないです。

 

建設系の幹部職員だった方が建設会社に行くのが許されているのであれば、コンプラ守りながらもっとどんどん他の分野でもご活躍いただきたいと思います。

 

そういう議論を国際局の予算委員会で行いました(答弁いただいた赤岡局長が実際にニューヨーク事務所に行くという)。水道局のOBなどは、横浜ウォーターも含め、支援している世界各都市の担当副市長とかになって、逆パーマーさんになって然るべきだと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くさまです。

 

横浜市、25日発表の陽性者は60(全て軽症無症状)累計20950。1人の死亡が確認され死者累計344。

 

週明け20人代だったのが、昨日は44人で今日は60人。緊急事態宣言明けの行動様式が数字に表れてくるのかもしれません。

 

さて、横浜市のコロナワクチン接種ですが、厳しいEUのワクチン輸出規制の中、6月末までに、市内の高齢者が2回接種できる分のワクチン確保のめどが立ったということで、高齢者接種のスケジュール案が発表されました。

 

 

 

横浜市、そして都筑区の65歳以上の高齢者接種は、まず、4月12日の週から老人ホームなどの施設接種を先行させ、5月17日の週から、都筑公会堂で集団接種を開始し、6月以降、地域の身近な医療機関での個別接種という流れになります。

 

現状、まだ、市内医療従事者にも十分なワクチン接種ができていません。

 

4月12日から施設接種が始まりますが、高齢者に接種する医師や看護師の皆さんがワクチン接種できてないという事態を回避するため、市としても県に働きかけています。

 

都筑公会堂の集団接種は最大でも1日450回ということですが、区内高齢者3万7000人の中の希望者に接種するには、いかに身近なかかりつけ医で接種できるかが鍵です。

 

皆さん既にテレビで、ワクチンの保管や移動がどれだけ難しいかご存知だと思いますが、都筑区の場合、医師会の先生の話では、北部病院に保管しているワクチンをいかにそれぞれの医療機関に運ぶかが重要で、そこをプロフェッショナルの運び屋さんに頑張っていただきます。

 

融通しあえるマネジメントもかなり重要で、今、多くの医療従者の接種が遅れている現状も、まさにこの融通しあうマネジメント不足です。

 

どうにか夏の終わりまでに高齢者の接種を終わらせ、年内に全ての希望者の接種を終わらせたいというレベル感だと個人的に感じています。

 

くさまです。

 

横浜市、20日発表の陽性者は37(全て軽症無症状)累計20756。1人の死亡が確認され、死者累計341。子供の陽性者動向が気になっています。

 

昨日はうちの2歳の娘も風邪を引き、私も花粉症なのか風邪なのか分からない倦怠感があったので、2人でかかりつけのお医者さんに。

 

かかりつけ医は普段の症状をよくわかっているので、娘もいつもの風邪の薬を処方され、だいぶよくなりました。コロナ禍で、かかりつけ医がいるといないとでは安心感が違います。

 

昨日は議会でしたが、緊急事態宣言中ということもあり、お医者さんと団長に相談し、念のため自宅待機をさせていただきました。

 

さて、同じく昨日は、横浜がオリンピックの事前キャンプ地にもなっている北アフリカ・チュニジア共和国の65回目の独立記念日で、式典が開催されました。

 

毎年、東京のホテルで、皇族や各国大使などを招き、盛大に、かつ厳かに行われるのですが、今年はコロナ禍で初のオンライン開催となりました。

 

 

 
駐日各国大使館は、毎年自国の独立記念日などにレセプションを開催します(日本の在外公館は天皇誕生日)。
 
僕も、アフリカ議連の事務局長になってから、アフリカ中心に様々な国のレセプションに参加させていただいていますが、大使館が大きな国は大使館で、そうでない国は東京のホテルで、招待状を持っている方(大使をはじめとする外交官や、国会議員や関係企業+パーティー好きな人など)だけ参加する、セレブ感があるものです。
 
ちなみにブルキナファソなど、一部の国は違う形でやっていますが、これを僕は横浜に誘致しました。

 

 
東京のホテルで開催するセレブ感漂うパーティーも各国の威信がかかっており、それを否定するものではありませんが、残念なことに、限られた人しか参加できないというのが、もったいないと感じていました。
 
今回、チュニジア共和国大使館は、各国に先んじてオンライン開催していただき、これを見て頂ければわかるように、大使のスピーチは勿論、チュニジアの景色の素晴らしさや音楽を楽しむことが、いつでも、どこでも、だれでも可能になり、東京のホテルには行けない横浜の子供たちも参加することができるようになりました
 
これは本当に素晴らしいことです。
 
一貫して、横浜市の国際交流においてデジタル化がもたらすメリットを主張してきましたが、チュニジア大使館が具現化していただきました。まさにこういうことです。
 
1校1国運動でチュニジアと関係する小中学校には必ずシェアしなければなりませんし、是非、こうした取り組みを他の大使館でも行っていただきたいと思います。