植物の不思議

テーマ:

 私は少し前から植物にとても関心が高くなった。

ちょうど、でこぽん(うさぎ)を飼い始めたくらいからだろうか・・


植物はとっても可愛いし、部屋にちょっと置いてあるだけで、なんかとても癒されるのが分かる。


だから私の部屋にも10種類くらいの観葉植物が置いてあり、家に帰ってくる私をいつも迎えてくれるラブラブ


植物のもつ癒しの力や、部屋の浄化作用は色々な本に書いてあることではあるが、


         植物には人間の感情を読み取る力がある!?


というところに植物の不思議を感じぜずにはいられない。


これは専門的には

                        バクスター効果


と呼ばれている。


バクスター博士が発見したことに命名される。


あるとき博士は植物が根で水を吸収してから葉に届くまでどれくらいの

時間がかかるかという実験を行っていた。


葉には電極がつけられ、実験は開始された。

しかし、思うような結果がでず、ついイライラした博士は植物(ドラセナ)に、


                 「このやろう!葉を燃やしてしまうぞ」


と心の中で思ったらしい。

すると、その瞬間!!


             葉につけられた電極の針が大きく振れたという。


 その後もこの事実を検証するため、何種類もの植物を使って実験が行われた。

これにより博士はひとつの仮説をたてる。


植物には生物間の通信(感情や思いといったテレパシー)ができるのではないか

と・・・

こんな実験でこれは検証された。


 まず、誰もいない部屋に電極をつけた植物を用意し、隣の部屋で生きたロブスターを煮えたぎった

鍋の中にいれる。対象実験はロブスターのような生命体、ではないものを鍋にいれることである。


その結果、ロブスターが鍋に入れられたとき、つまりそれはロブスターの死を意味するが、

電極の針は大きく振れたという。


つまり、植物には動物の命にも反応することが明らかとなったのである。


この発見はとっても興味深い・

我々人間が五感では感じ得ない何かを植物は感じ取っていたりするわけである。

人間よりはるかに高等なのだろうアップ


そんな話をみてから、なお一層自分の周りにいる植物に愛着がわくと同時に


自分のことも見守ってくれているのかなと思い、感謝の気持ちが溢れた。




女子モーグル

テーマ:

女子モーグルすごかったアップ
僕は感動しましたよ音譜

あんまりスポーツで興奮することないんだけど、久しぶりに興奮したメラメラ
里谷の復活劇も感動した、結果は可愛そうだっが、『挑戦』する姿に胸をうたれた。

あとはなんといっても愛子ちゃん恋の矢
本当にいい顔してた。可愛いし、格好いい〓いままでのストーリーをみるとなおさら素晴らしいレースだったと思う。


かける思いが強い人間の顔は人々を圧倒し、魅力的である


しかし、モーグルはわずか30秒の競技だが、なんか人生の縮図をみているようで、とても面白かった。

山あり谷ありで、欲を出せばこける…


メダルをとるにはリスクを背負って限界に挑戦しなければいけない
愛子ちゃんの母への愛情も特別だね、お母様も愛で包み込んでしょぼんドキドキ人類へのメッセージだね


今回は色々な思いでレースを見ていた。

ところで
ハンナカーニ選手ってバーニャカウダー好きかな~〓(笑)
ただのいいたがり


今回の写真はモーグルではないけど、アスリートとの出会い


ヒデのブログ

感謝感動ノート

テーマ:

 うちのクリニックの待合室には私の思いつきで作成された「感謝感動ノート」なるものがある音譜


若輩者の私が言うのはいささか恐縮ではあるが、人生を歩んでいるとまあ大変なことはたくさんある。あせる


自分より人生経験豊富な患者さんには多くの苦労などをされているかたもいると思っている。


 必ずしも『ツライ』わけではないにしろ『大変だな~』なんてつくづく思ってしまうこともあるのではないだろうか・・


そんなときはついつい「あれが嫌だ、これが嫌だ」などと悪態をつき、周囲の責任にしてみたり、そういうやり場の


ない思いを負のエネルギーとして溜め込んでしまうのではないだろうか??



                負のエネルギーは我々の心を腐らせ、病気にもなりやすくする。



どうせ同じ『大変』な思いをするのなら、この負のエネルギーをプラスに昇華させられたらなんていいことか!!


                    

                     でも一人では難しいこともあるかもしれない。


そんなとき、感謝感動ノートを手にとって欲しいなという思いから、ノートを作成するにあたった。


ノートには患者さんの生の感謝、感動がつづってある。


ノートを開くと、絵本にでてくる宝石箱のようにピカーを光を放つイメージ・・キラキラ


福を呼び、皆様の感謝感動の言葉を栄養に自分で育っていくようなノートになってくれればと願っている。





プロバイオティクス

テーマ:
プロバイオティクスとは、アンチバイオティクスの反対語にあたる言葉である。
バイオ(bio)は「生物、菌」という意味で、アンチ(anti-)は「対、逆」という意味である。
つまりプロバイオティクスを簡潔に言うと

「細菌ウイルスなどとの共生」という意味であると捉えていただきたい。
今回は、人間と細菌ウイルスとの不思議な関係をお話したい。

人間は多くの知能を得てしまったばかりについ忘れがちであるが、我々も他の生物と同じ大自然の一部である。
そして、常にあらゆる生物と共生をしている。このコンセプトは東洋思想の原点であり、私の目指す医療の根幹でもある。
東洋医学的には「全ての病気の根本原因は於 血(おけつ=汚れた血)である」という
体は、於血を浄化しようと様々な反応を起こす。
一番手っ取り早く汚れを外に排出しようとする機構が「発疹」である。あらゆる発疹系はデトックス(排毒)の現れなのだ。
発疹でデトックスしきれない場合は今度は「炎症」という形で現われてくる。
炎症に伴い、発熱、食欲不振を引き起こし、

熱による毒素の燃焼、
血液の汚れを作る最大要因の食べ過ぎをストップさせる。
私達の体は、炎症を起こすのにバイ菌の力をお借りする。ここが今回最高に伝えたい、プロバイオティクスの理論だ。

いままで西洋医学では、バイ菌はたたくもの、故に抗生物質などを開発してきたが、本来バイ菌の役割は地球上の老廃物を分解して、元に戻す働きを持った救世主(?)ともいえる。

彼らの力を借りて我々は元の姿に戻ろうとする。
感謝せずにはいられないでしょう?(笑)


これこそ共生の原理、

大魚の体の苔を食べる小さなエビ

ワニの歯垢をついばむ鳥

イソギンチャクと仲良しのクマノミ

これが理解できて、人間と菌との不思議な関係が理解できないわけがない
絶妙なコンビネーションで自然界は成り立っているのだ
すると、発疹や炎症を、そして細菌の扱い(異常なまでの抗菌ブーム)、いま流行りのウイルス感染症も違った角度から見れるようになるのではないか…

そう私は考える

明るい顔

テーマ:



うちのクリニックに入らしてるある書道家さんのお言葉です

自分のものでありながら
同時に人のものでもあるこの顔
人様のためにも大切にしよう
明るい顔が周囲を明るくし
暗い顔が周囲を暗くする
自分の顔だからどんな顔をしていても平気だというのでは周囲の人々がたまらない
顔は心の門札であり、出張所だ
だから一喜一憂がすぐに顔にあらわれる
苦しみや悲しみの中にも喜びを発見し、お互いに明るい顔でこの世の中を
少しずつでも明るくしてゆこう


私はこの言葉が心に染み渡りました


ヒデのブログ

「BTN!」

テーマ:

 題名のBTNとはなんでしょう? 実は私の作った造語。いまの携帯のメアドにもくみこまれているのだが…



人生は山登りのようである


こんな唐突な出だしであるが、日々学ぶべきことは本当にたくさんある。


大きな成功をつかむためには、(成功は人それぞれ定義が違うとは思うが…)

毎日を成功させる必要がある。


1日1日階段を上ることが、自分の目指すゴールにたどり着ける。

そこが山登りによく似ているところだ。

いまの自分に響く言葉は、小樽でも常に言われていた日々向上である




BTNはBetter than Now の略

次はいまよりもっとという自分の思いがこめられている。





新居

テーマ:

京都に来て約2ヶ月がたとうとしている


はじめ、とりあえず職場にも近い駅前に住んでいたのだが、駅前はなにもない(´□`。)

びっくりするくらいなにもない。

生活するにはとても不便というわけだ。


というわけで、先日もう少し北に引っ越すことにした。


引越しも含め、部屋の雰囲気をどういう風にしようとかを妄想するのは非常に楽しい音譜


まだ、何もない部屋で寝泊りするのは孤独であるが、こんな本を買っては研究している。


ヒデのブログ


再生医療

テーマ:

5/23~5/24とソウルに海外出張行ってきました。

うちのBossのMission 指令を受けて行くこととなったわけですが、

とても勉強になりました。


そのMission はというと、ソウルにある再生医療センターの視察です。

実際に私自身の目で再生医療の症例を見てきましたが、

未分化間葉系幹細胞を使った最新の再生医療は本当にすごい!叫びビックリマーク



幹細胞(Stem Cell)の言葉は皆さん聞いたことがあると思います。ヒツジ

要は、これからどんな細胞にもなれる万能細胞です。

・皮膚の細胞にしたければ、皮膚細胞にもなる

・骨の細胞にしたければ、骨になるし、

・神経細胞にしたければ、神経細胞にもなる

あげたらキリがないが、とにかくどんな細胞にもなるので、疾患がある場所にStem cellをうちこめば

そこで、欲しい細胞になってくれるというもの。


例えば、火傷を20年前にうけ、組織がぐちゃぐちゃになったままの顔の皮膚。そこにStem Cell をうちこみ、

下から新しい皮膚が文字通り再生してくれるのを待つ。


実はこの万能細胞、身体の脂肪組織に大量に存在する。

私の見てきた会社は脂肪組織からStem Cell を分離培養する技術を持っている会社。

韓国でもいま注目のベンチャー企業だ。


将来的には、歯科領域でも歯槽骨(歯を支える骨)の再生や、

重度の顎関節症で顎関節の骨や関節円板がつぶれてしまっている患者さん

に対して夢のような治療になるだろう。



ただ、現地ではひたすらニンニクの聞いた料理を食べさせられ(笑)

帰ってきたら、


「竹内先生キムチくさいですあせる


といわれるはめに。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ブレスケアで完全武装していたのにも関わらず、もはや体臭がにんにく臭になっているのか~~


とまあ、色々初めての体験を初めてのソウルでしてきたわけですが、勉強になりました。