2018年4月16日は「はじまりのエネルギー」が発動する新月です。 | ❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

❝月と共に生きる❞を伝える 片岡航也の喜積の道のり

歓喜、喜びのエネルギーは最も光り輝くエネルギ-。そんな喜びの積み重ねから「奇跡」は生まれます。このブログは、片岡航也の魂の喜びをわかちあうブログです♪





2018年4月16日は新月。



新月の固有のエネルギー情報は「はじまり」。



お月さまは姿を通して、現在の時期、固有の情報を私たちに教えてくれています。その時期と固有の情報を理解し、その通りに行動していくことが天地自然と共鳴して生きる一つのコツです。



お月さまは私たち「ヒト」という生命体にとって、羅針盤の役割を果たしてくれているのです。




(お月さまの満ち欠けのサイクルの詳細はこちらをご覧ください。)



+++++    +++++    +++++



2018年のテーマは「二極化の極みと共創造」。



大枠の特徴は、



・それぞれの生きる領域場が増々明確になる。
・別れや出逢いの体験が少なくない。
・自分自身の特徴を活かし自立することが求められる。
・同胞とも言える本質からつながっている者との共創造が本格的に始まる。




そして、4月の時のエネルギーのキーワードは「つながり」。



つながりは広がりを見せ、そして、生きる領域場を明確にしていきます。



違う視点から言うと、



●気持ちの切り替わりが起きる
●旧領域場との切り離しが起きる




ということが少なくないタイムラインです。



+++++    +++++    +++++



そのようなタイムラインの中、3月21日の春分の日(宇宙元旦)から始まった2018年の動きに更なるエネルギーが入り、活発に流れるようになるのがこの4月16日の新月からです。



2018年の全体の動きから見ると、この4月16日から活発に流れる動きは7月で一旦完結し、8月から新たなるウネリが生まれる(新しい流れが生まれる)とお月さまからメッセージが届いています。
(※詳細はこちらの冊子をご覧ください。)



2018年は自分自身の本当の想いをより具体的に形にし、歓喜を味わいながら自立をしていくための大切な一年です。



よって、この4月16日の新月は、自分自身が本当に形にしていきたいことをより明確にする、どのような世界で生きていきたいのかより明確にするという意志を発動させ、宣言していくことがポイントになります。



この明確にした意志と宣言が、大きな種蒔きとなります。



+++++    +++++    +++++



新月の固有の情報は「はじまり」です。



はじまりと言うことは、新月はゼロということです。



このどちらでもない、何ものでもない、ゼロ地点のときに種を蒔くと大きく成長するのが宇宙の法則。



お月さまからいただいている形にしていくコツは、



決める
宣言する
行動する




この順番が物事を形づくっていく流れです。



決める(意志エネルギー)
宣言(言語エネルギー)
行動(情・体エネルギー)




とも言えるので、周波数、振動数の階層の違いとも言え、上から降りてくる天のエネルギーを受け取り、動くことによって、形になるということを言い表しています。



+++++    +++++    +++++



「決める」とは意志という私たちの中で一番強いエネルギーを発する行為のことです。



そして、決めるとは種を蒔くことを指します。



新月のゼロのときに、意志エネルギーを発動させ(決める、覚悟する)、宣言することが、具現化させていく最大のポイントです。



そして、宣言は「書く」ことを通してエネルギーが発動します。



この「書く」という方法は、



言(こと)と事(こと)を結びやすくする働きがあります。



言(こと)とは、音・周波数。目に見えない原因の世界のこと。
事(こと)とは、現象、結果の世界のこと。




書く、言語化するとは、天とつながる意志エネルギーと地とつながる情・体エネルギーを強く結ぶ働きがあるものなのです。



+++++    +++++    +++++



以下、【意志が実現する新月の言語化のポイント】となります。



宝石赤月のテンポ®CD(「ZetteZ(ゼッテン)116-AS」を流すと更に効果的)を20分以上流してから書きはじめましょう。脳波を整えると、本来の願望が言語化されやすくなります。また、環境(場)を整えることにより「つながり」やすくなります。


宝石赤悩みの解決ではなく望む姿を書く。(本当の望みは何なのかを明確にする。)

(例)病気が治りますように。
→使命を全うするための最適な健康状態になった。

(例)いい仕事が見つかりますように。
→生きがいとつながる表現方法が見つかり没頭する状態となった。

(例)金銭的な不安がなくなりますように。
→お金に対する観念が最適に処理され、必要なお金が必要な時に必要な分だけいつでも使える状態となった。



宝石赤自分自身が誰かを明確にする。(生年月日、氏名、住所を書く。)


宝石赤「最適」という言語を使う。


宝石赤大好きなペン、大好きな色で書く。


宝石赤箇条書きにする。(2個~10個以内が形作られやすいのでおススメです。)



数霊セラピーウォーター~月のエネルギーサイクルver.2,0~を書いた紙の上に置いてから飲むとより言(こと)と事(こと)が結ばれ形となりやすくなりますのでおススメです。(置く時間は1~2分で結構です。)





新月の宣言の言語化は、新月当日でなくても新月のサイクル内であれば通常より発動します。今回の新月のサイクルは4月16日~4月22日。(一番よいタイミングは新月当日です。)



どうぞ、豊かな「新月のサイクル」をお過ごしください。




今までの時代と新時代の違いから近未来のタイムライン、また、天地自然の法則性や物事を形にしていく秘訣までお月さまからいただいたメッセージを余すことなく書かせていただいています。

著書「お月さまからのメッセージ-いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密-」のご注文はこちらからお願いいたします。



2018年全体のメッセージ、そして、毎月のメッセージを細かく書かせていただいた冊子「お月さまからいただいた2018年のメッセージ」の詳細はこちらをご覧ください。



お月さまからのメッセージをお伝えする片岡航也の講演会のご依頼に関してはこちら



月のテンポCD代理店ムーンメイト」に関してはこちら



使命を言語化した書「縁筆メッセージ」の詳細はこちら


読者登録してね
どうぞよろしくお願いいたします。

ペタしてね
いつもペタをありがとうございます。

片岡航也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス