千葉県議会議員 きょうの田中幸太郎
ホープページ開設しました https://kotaro-tanaka.net

ご連絡はこちらまで
田中幸太郎事務所 
〒272-0121 千葉県市川市末広1-10-4
Tel 047-701-5525 Fax 047-702-5454


プライベート記事はfacebookに載せています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

運転免許行政改革①(幕張免許センター視察編)

今週から関東地方の梅雨も明け、夏本番の気候となりました。
連日気温30度以上が続く予報です。熱中症にはどうぞお気を付けください。


午前中に千葉県幕張運転免許センターへ視察に行ってきました。

(事前資料)
千葉県民の運転免許所有者数は約400万人

年間運転免許を更新される件数は
幕張免許センター約69万人
流山免許センター約30万人
所管警察署は約17万人だそうです。

ことの発端は、6月下旬暑くなり始めた初夏のとある日。
運転免許センターへ更新へ訪れた友人から送られてきたラインの画像から。

センター内は密になるため施設外まで伸びるソーシャルディスタンス。
暑さ対策が取られていない炎天下での数時間におよぶ順番待ちは、
考えただけでも気が遠くなります。
(参考値として、通常の更新者が午前10時から最後尾に並び、
写真撮影終了時点までの時間は、110分( ゚Д゚))

休日などはさらに時間がかかるだろうと予測できます。

もしコロナウイルスの治療薬やワクチンが出始めたとしても
しばらくソーシャルディスタンス運動は続くでしょう。
梅雨、真夏、真冬……。抜本的な改善が必要だと感じておりました。

非公式に何度かセンターをコソコソ偵察しておりましたが本日は正式な視察。
免許センター課長と現状と改善に向けて意見交換。

妊婦や高齢者などの弱者支援、野外テントの増設、警察署更新の強化等

すぐ取り組んでいただけることは実施していただきたいと要望してきました。
また、「コロナの状況が続くのであれば免許制度のあり方も改革が必要ではないか」
と前向きな意見交換をすることが出来ました。
 

しかしながら、千葉県だけでは変えることが出来ないこともあります。

たとえばオンラインでの申請や整理券の配布などが挙げられます。

個人的には、運転自動車教習所の活用も有効なのではないかと考えています。


近隣都道府県での状況も鑑みながら問題提起してまいりたいと思います。

 

オンライン○○が叫ばれている昨今、残念ながら行政手続きの改革は
民間より一歩遅れてしまっていることもしばしばあります。
並ばなくてもよい状態を目標とし、既存の施設も視野に入れながら
運転免許行政の改善提案を務めてまいります。

近いうちに流山運転免許センターにも視察へ行く予定です。

オンライン〇〇

 
オンライン会議、オンライン教育、オンラインレッスン、オンライン法事、
オンライン○○etc..
皆さんも数ヶ月で新しい取り組みをされたことかと思います。
私もこの期間オンラインで開催される催しに複数参加しました。
 
先日の記事で見たのは「オンラインマラソン大会」
期間内に決められた距離を走ってタイムなどをアプリで計測、共有して大会開催されるというもの。

全国でもオンライン開催に切り替えるマラソン大会が相次いでいます。
密を避ける新しい生活様式の一つなのでしょうね。

ということで、私もウィズコロナ時代に合わせた改善運動をひとつ。
今までは事務所に来ていただき市民相談をお受けしておりましたが
ラインを用いた「オンライン市民相談」始めました。

https://lin.ee/1G97sut
文章はもちろんのこと、画像も簡単に送ることが出来るので
効率的に陳情を受けることが出来ます。
↑早速こんな感じで相談を受けました。
何かの機会で必要となったときはご利用してみてください。
 
 
千葉県議会議員
田中幸太郎

災害時における避難所の在り方(コロナ対応編)

九州地域の記録的豪雨をはじめ各地域で浸水被害や土砂災害が発生しております。
被災者にあわれた方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。
(コロナ禍で避難ってどうすればいいんだ。)多くの方々が頭によぎったことでしょう。
千葉県においても感染症流行期における避難所の体制をより一層考えなければなりません。
東京都では、災害時に避難所に人が密集して新型コロナウイルスの感染が拡大するのを防ぐため、ホテルや旅館の団体と協定を結び避難先として客室の提供を受ける体勢を敷いたそうです。
東京都がホテル等と協定(NHK)

 

 


千葉県においてどのような対応を考えているか担当部署に確認したところ、
6月の初旬に「災害時における避難所運営の手引き~新型コロナウイルス感染症への対応編~」が作成され各基礎自治体へ提供されておりました。

また、避難所として活用できそうな県保有施設のリストアップも進められているとの事でした。
今後とも県民の安全を守るため、想定を上回る事態にも柔軟に対応できるよう
公民連携の活用も視野に入れて応援してまいります。

千葉県議会議員
田中幸太郎
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>