千葉県議会議員 きょうの田中幸太郎
ホープページ開設しました https://kotaro-tanaka.net

ご連絡はこちらまで
田中幸太郎事務所 
〒272-0121 千葉県市川市末広1-10-4
Tel 047-701-5525 Fax 047-702-5454


プライベート記事はfacebookに載せています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

一般質問(現場教員未配置の改善について)

9月29日㈭10時より

千葉県議会にて一般質問を行います。

議会中継/千葉県 (chiba.lg.jp)

 

現場教員未配置の改善について質問します。

半年前の2月議会で現場教員欠員による非常勤教員の活用についての一般質問を行いました。

年度の途中で妊娠や体の不調を訴え、年度途中で現場を休んでしまう教員が一定数居り授業する先生が居ないという

課題を解決し、子どもたちの教育環境の確保を支えていかなければなりません。

(中学校での出前授業をする田中幸太郎)

 

2月議会の答弁では現場教員の欠員には常勤教員が望ましいものの補充が追い付かない状況にあります。

今後は常勤教員だけではなく週複数日勤務する非常勤教員の活用を検討するとの事でした。

今年度もあと半年となりましたが進捗を確認します。

 

次に、学校現場の教員の未配置は例年問題となっています。

令和3年度新年度が始まる時点で124人、今年度は184人となり、現場の先生の負担がさらに増している状況です。

国家公務員法の定年引上げを踏まえ、令和5年度から、地方公務員の定年も65歳まで2年に1歳ずつ定年延長となります。

経験豊富な教員に引き続きご尽力いただきながら新規採用者を確保することで

未配置数の改善に大きく寄与されるのではと考えます。

そこで伺います。来年度以降の現場教員の不足改善について見解を求める予定です。

 

千葉県議会議員

田中幸太郎

探求型学習(自ら学び自ら考える力)

29日㈭10時~

千葉県議会議場にて一般質問を行います。

議会中継/千葉県 (chiba.lg.jp)

 

質問のひとつに教育について質問します。

その1として、探求型学習を取り上げます。

 

経済産業省は2022年5月に「未来人材ビジョン」を公表しました。

デジタル化の加速度的な進展や脱炭素社会の進展など世界的な潮流は、

今までの産業構造を抜本的に変革し、労働需要や人材政策の在り方にも大きく変化されると予想されています。

ビジョンにはこれからの時代に必要となる能力やスキルは基礎能力や高度な専門知識だけではないことが記されております。

今後産業構造の転換に対応できる子どもたちの教育を考えていくことが我々親の責任と考えています。

話を戻しますと「探求型学習」は、現代社会を生き抜くための必要な力を養うための探求授業として

学習指導要領に新たに盛り込まれ、令和4年度より本格実施となりました。

新しい時代に必要となる資質・能力の育成として、

小・中学校では「総合的な探求の時間」として 高等学校では「探究活動」を行っていきます。

そこで「探求型学習」の現在の取り組み状況と課題について伺う予定です。

 

千葉県議会議員

田中幸太郎

千葉県議会 令和4年9月定例会

おはようございます。田中幸太郎です。

非常に危険といわれている台風14号の進路が大変気になります。

大きな被害に見舞われた令和元年東日本台風以降、更に千葉県と各自治体が連携しながら

水防対策を布いているところではありますが、対策が取り越し苦労で終わることを願っております。

 

9月15日より千葉県議会が開会中です。

新型コロナの感染者数の急増などを受け、感染症対策に万全を期すほか、物価高騰により深刻な影響を受けている方々への支援や、6月補正予算編成後の状況変化を踏まえ、早期に取り組むべき事業を審議します。

 

また、29日10時より本会議場にて一般質問の機会を頂きました。

各部署執行部と協議中です。

内容は、

・学校現場教員未配置の改善について

・公立給食無償化の意義と支援策について

・観光政策立案について

・近隣トラブルの対応について

・現代産業科学館の在り方について

・市川地域の諸課題

などです。内容は順次お伝えしたいと思います。

 

未来を創る責任を持って職責を全うします。

田中幸太郎

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>