浄鼓音太鼓 (KIYONE TAIKO)


浄鼓音とは「世界を浄める太鼓の音」


神を降ろし、(浄化・魔除け・感謝)

人を鼓舞し、(励まし・元気に)

人を結びつける(祭り、平和・調和をもたらす





  • 24May
    • 4コマ漫画 その34

      『 寅さん 』照 天尋です実はわたくし、寅さんの隠れファンなんです『男はつらいよ』全巻48作、去年の秋からコツコツと借りてみています。※途中でバーフバリに暴走してしまいましたが(笑)何がいいのって、寅さんが全国を旅しているその当時の背景(田舎や街並み)や現在年齢を重ねておられる俳優さん達の初々しさや昭和時代ならではの人柄に触れる事が出来、懐かしいやら癒されるのですおいちゃんや周りの人から「ばかだねぇ~」といつもバカにされる寅さんの人情身溢れるシーンに毎回大笑いしたり泣いたりしています。そして何より大好きなのが、寅さんが縁日でリズミカルに元気に発する啖呵売(タンカバイ)→「けっこう毛だらけ猫灰だらけ・・・」などなど毎回見ているうちにいっぱい覚えてしまいました←占いの勉強はなかなか覚えられないのに(笑)面白くて、姉と会うたび寅さんの啖呵売のものまねしたら、「あんたええかげんにうざいねんっ」て言われました(~_~;)あ~あ~、こんなにも楽しいのにねぇ~~そうだ今度から占い教室、寅さんの啖呵売口調でやってみようかな←え~~~~!!!そこぉ~~~!!!冗談ですよぉ~~~ってもうすでにそれに近い事やってますが(笑)いやぁ~~実に面白いんですわ~~~笑えるのがいいんですわ~~~あ~~~でもあと数巻で終わってしまう~~~悲しいぃ~~~~Amazonで男はつらいよDVD全巻シリーズ購入しようか迷っている今日この頃です

      NEW!

      テーマ:
  • 22May
    • 命の葛藤(生きづらい世の中)

      照 天尋です先日、ある新聞記事に目が留まりました。今年3月から10~20歳代の女性を対象に自殺防止の為のSNS相談窓口が設けられ、一か月間で700人以上からの相談があったらしいです。10~20代女性だけでこれだけの人数が自殺したいと思っている・・・10~20代男性や、中高年男女を対象としたならいったいどれだけの人数になるんだろうと考えただけで途方にくれてしまいます。「私は社会のお荷物なんだ」「私は必要とされていない」「私は誰からも認めてもらえない」「私は親から愛されていない」「息をするだけでも苦しい」それぞれの悩み、それぞれの思い・・・鑑定に来られるお客様の中で、「もう死んでしまいたい」と口にする方も少なからずおられます。人間として生まれ視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚と言う素晴らしい五感を授かっているにも関わらずそれらは苦しみを味わう為だけの器官になってしまう・・・なんと悲しい事でしょうか。私も19才の時に自殺を考えた事がありました。親からの期待&プレッシャー。社会に対して順応出来ない自分。将来に対しての不安。それぞれの思いが交差して八方塞りになりそんな自分を責め、遺書を書いた事もありました。しかし、そんな自分を救ってくれたのがドラムだったのです。ドラムを叩いている時だけが、唯一無になれ、叩き終わった後は悪いものが取れたというのでしょうか、とても気持ちが落ち着きました。ドラムが生きがいでそれを続けて来れたから今があると思います。私は自分の人生から、そしてたくさんの方々との出会いから大切な事を学ばせて頂きました。それは、『人間は決して悲しみ嘆く為に生まれて来た訳ではなく、困難や苦しみを乗り越えた先の幸せを味わう為に生まれてきている。この世に陰陽があるように、苦しみがあるから必ず幸せが訪れる。』子供の頃、「自分はいったい何の為に生まれてきたのか?」とよく考えていました。今はそれがはっきりと解ります。『 自分の人生を生ききる為 』死が訪れるその瞬間まで自分の人生を生ききる!これに尽きると思います。若い人達の人生を無駄にしない為にも彼らの生きる手本となれるよう、私達大人がもっと頑張らねばと改めて痛感致しました。

      1
      テーマ:
  • 20May
    • 4コマ漫画 その33

      『 よっしゃが入院!!』『 新それいけテンちゃん 』を応援してくださっている皆様へよっしゃさんが明日から入院する事になりました。復帰まで数ヶ月かかりそうですが、元気になってまた戻って参りますのでその時まで楽しみに待っていてくださいね※いくつかストックがあるので紹介させて頂きます。彼女に応援メールをくださる方は↓  ↓  ↓sho-tenjin@kha.biglobe.ne.jpへご連絡くださいませ。よっしゃさんに転送させて頂きます。彼女の1日も早い復帰を待ち望んでいます

      1
      テーマ:
  • 19May
    • ダンディルーシーダットン『男性向けタイ式ヨガ教室ご案内』

      照 天尋です前回和太鼓瞑想の時にコラボしましたルーシーダットンの鈴木佳世子先生が6月23日(土)10時から高津宮で男性限定タイ式ヨガ教室を行います。私も是非参加したいんですが、男性限定なんで・・・・えっ?男性みたいなもんやろって?だれがおっさんやっ和太鼓瞑想の時は殆んど女性で、参加者の方々から『レッスン後は身体が軽く、そして何よりも呼吸がしやすくなった』と喜びのご意見を沢山頂戴しましたそういった訳で、今回は男性限定タイ式ヨガ教室 是非体験してみてくださいねテンちゃんおすすめです

      1
      テーマ:
  • 16May
    • 後日談

      照 天尋です『十三市』当日はキャンセルとなり残念でした・・・お昼前後はもの凄い雨でしたね---その後、「 ザ・淀川 」 編集部関係者の方からご連絡を頂き、当日、浄鼓音の演奏を見たかった。写真を撮りたかったと雨にも関わらずお越し頂いた方々がおられた事を知りました。お足元がお悪い中、お越し頂きました方々には心よりお詫び申し上げます。さてさてただ今、浄鼓音は新しい作品に取り組んでおります。私達は作品を作るにあたり、毎回『テーマ』を決めています。例えば、『般若』は恨み、妬み嫉み嫉妬、貪欲など、人の心の裏側に潜む儚くも悲しい想いをテーマに作り上げました。(哀)※最後はお坊様のお経によって浄化され般若の面が取れてハッピーエンドになります。『おかめちゃんとひょっとこ』は名前のとおり面白可笑しい恋愛ストーリー。2人のやり取りをリズムを通してコミカルに描いてみました。(楽)『こんにゃく八兵衛』は象慧の唄うオリジナル曲に合わせてエアー太鼓と天尋の踊りで繰り広げるキツネとたぬきの夫婦愛の物語(喜)『業火』は自然破壊を行い続ける愚かな人間に神が怒りを覚え地上に降りて業火の火で人間を焼き尽くす。(怒)そして、現在手掛けている作品は、昔の戦(いくさ)であったり、職場での闘い、病気との闘い、ライバルとの闘い、自分との闘い・・・そういった『闘い 』をテーマにしています。打楽器と言うのはメロディーやコードがない分、作品としては表現に限界があると私自身もそう言った固定観念を抱いておりました。しかし、浄鼓音を通して実際に和太鼓に触れてみると、あらゆる可能性を感じずにはいられず、何もないキャンバスに自由に表現できる喜びを実感出来るようになりました。そして、何よりも嬉しく思いますのは、その作品を披露出来る場があり、また見て頂けるお客様がいてくださる。この事に尽きます。月日と共に、自然も社会も人々も変化していくように浄鼓音の作品もどんどん変化し続けて行きます。大いに楽しみながらこれからも浄鼓音は精進して参ります。

      4
      テーマ:
  • 13May
    • 中止になりました(^^ゞ

      照 天尋です朝方から雲行きが怪しく、8時過ぎにはポツリポツリと雨が降り出しわたくし、完璧に用意しておりましたが、中止の連絡が入り一気にテンションが衣装スタッフの光さんはとっくに家を出てこちらに向かっていて連絡がつかないので取りあえず集合場所まで行き、二人でモーニングを食べましたせっかく準備してたのにぃ~~~ウエ~~ン人生もこんな感じでございます・・・こうなるだろうと胸を躍らせていたら、いきなり大どんでん返しが起こるものでございますまぁ仕方無いですわーーーーと言う事でさっそく頭を切り替え、浄鼓音はさて置き、八十島和太鼓チームの衣装の打ち合わせをあ~でもないったら、こうでもないとミーティングをしました。光さんは今日の為に2日間、ほとんど徹夜で衣装を作ってくれたので眠い眠いとあくびの連発  ホント申し訳ないです・・・・・今晩はゆっくり寝てくださいね~ZZZzzz・・・・スヤスヤスヤ・・・おやすみなさいっと思いきや今さっき光さんから電話があって、あれから解散して帰りに八十島メンバーの衣装の生地を買いに行ったらしく、帰ってさっそく製作に取り組むらしいです(~_~;)いや、いや・・・・お願いだから寝てちょうだいーーーー!!!!

      3
      テーマ:
  • 12May
    • 『十三市』衣装リニューアルで頑張ります!!

      照 天尋です初めてアロマキャンドルと言うものを使ってみました。私の大好きなベルガモットの香りこれってキャンドルだから夜にするものなのかな??香りを楽しむんだから、まぁ昼でも関係ないかう~~ん楽しみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全く香りがしないではないか(何でやろぉ~?)顔を近づけても香りがしないさらに顔を近づけて匂いを嗅ごうとしたらあじぃぃいい~~m(。≧Д≦。)m火傷するっちゅうねんっアロマキャンドルの意味がないえっ!?こんなものなんでしょうか?全くよう解らんですわ(((^^;)さて、明日は十三市のイベントがあり神津神社にて浄鼓音で演奏を行います。光さんに一番最初に作成して頂いた紫の衣装、洗濯失敗して色がまだらになってしまい、新しくリニューアルをお願いして昨晩ギリギリセーフで間に合わせてくれました。(光さんありがとうーーー!!!)今回の衣装は前回のものと色は同じてすがデザインが少し異なります。とっても素敵に仕上がってます演奏が楽しみです他の出しものや、お店も出ますので宜しければ是非遊びに来てくださいね浄鼓音は10時30分からです。雨天中止で今のところ明日は曇りのち雨と天候が微妙ですが・・・(((^^;)

      3
      テーマ:
  • 09May
  • 03May
    • 象慧は太鼓奏者

      象慧が崖っぷち占い(崖縁占)でお客さまにお話するのは、今どんな目標をお持ちですか?ということ。あなたが願い、思ってることが現実化します。今思ってて、やり続けてることしか実現しません・・と言いいます。この宇宙だって同じです。私たちだって何らかの意識によってカタチ造られている。*ジョニ・ミッチェルはウッドストックの中で「私たちは星屑」と歌っています。宇宙のカケラである私たちは宇宙の願い、強烈な意志(意識)があることによって人間という存在を形成している。だから、私の思いは私が考えたものではなく、宇宙にある意識の一部。私の想いもまた、宇宙の思いであり願いなのです。その願いがさまざまなカタチで現れている。***象慧は今、色々なカタチで太鼓を教えているけど、大きな力に動かされてやってるに違いない。太鼓奏者はシャーマンだ。心と身体を治す人。彼は神の言葉を伝えてきた。太鼓で神を呼び(降ろし)恵みをもたらす・・天と地をつなぐ役割をになってきた。浄鼓音(きよね)は練習したことを叩いているのではない。その場に必要なエネルギーを感じ取って必要なビート(鼓動)を演奏している。リズムは振動で言葉で、人を元気に、調和に導くもの。太鼓一つで世界が変わる・・*象慧、最近のパフォーマンスから・・従姉妹の心理学の仕事のセミナー&協会発足祝賀会(社団法人トランザクショナル・アナリシス協会)懇親パーティーでのオープニング。1.「あたらしい門出を祝う太鼓です」2.「海をこえて」(オリジナル) ステージが思ってたようにうまくできた。、なんて、ないです。原稿や台本を書いて話す内容を決めてもそのようには行かない。必要なのは「今、太鼓で処方すること。」だから、どうするか・・太鼓に耳を傾けて聴いてみる。太鼓を叩きはじめ、即興すればそこからはじまる。太鼓から始めれば何をやってもOK!出た音からつないで、ひとりで叩いて、歌って、場を作る。自分で責任をとる・・この修行はいつまでも続きます。田島春男(タジマハルオ)で共演しました。伊藤ひろし(伊藤象慧)です。田島春男は自身のテーマソングとしてステージの入場にジョルジ・ベン(ブラジル)の「タジマハール」(CD アフリカ・ブラジル)を流した。*この曲はロッドスチュワートの「アイムセクシー」と同じメロディーで、ロッドスチュアート(1979年作)は「盗作された!」と訴えた。ところがタジマハールは1976年作で自分が盗作者になってしまう事態に・・・タジマハールというシンガーソングライター(黒人さん)もいてそれをじって田島春男という、この世はイミテーションだらけだというイミテーションシンガー?田島春男、イイネ田島春男 「傷だらけのヒーロー」  atナッシュビルウエスト 2018.04シンプルな歌とギターだと、ジャンベがメロディーの役割を果たす。***

      1
      テーマ:
  • 25Apr
  • 23Apr
    • 十三市のステージで演奏します。

      5月13日(日)10:30~阪急十三駅東口1分の神津(かみつ)神社境内の十三(じゅうそう)市、フリーマーケットのステージで浄鼓音が演奏します。地元の名にちなんで13のつく日を十三市としてフリマ中心にやっているのですが、5月は日曜日ということもあって、音楽もやることになり、そのトップバッターで太鼓を鳴らします。久しぶりの遠征?でまた新しい出会いがあることを楽しみにしています。同じ曲を演奏しても場所が違うと、場の空気の違いで、太鼓の響きも振動も違っていて、また新しい作品になる・・のがとっても楽しみです。この出演は、ザ・淀川(タウン情報誌)でもきよねの出演が告知されます。神津(かみつ)神社参道。4月の十三市。人の少ない平日の十三市です。、この日は野菜や果物も売ってました。手前は乾物屋さん正面が本殿です。参道の右手に十三戎があり下記のような舞台があります。十三戎(じゅうそうえびす)神社がステージ。当日はこの神社の前の広場に椅子もでます。見て聴いて食べたりできそうです。私たちきよねのあとはフラダンスがあったりアコースティックな歌や演奏があるそうです。さて、この日はどっちの太鼓を持っていこうかな・・では十三市でお会いしましょう!

      2
      テーマ:
  • 21Apr
    • 和太鼓瞑想報告

      照 天尋です18日(水)に行われました和太鼓瞑想。ご参加頂きました皆様、有難うございました今回は講師の鈴木佳世子先生にお越し頂き、ルーシーダットン(タイ式ヨガ)を体験して頂きました。<まずは座り方の説明>この後、3種類のポーズを交えて呼吸の仕方を教わりました。呼吸をしながら片腕づつ伸ばしていくのですが、こんなにも長さが違うのか??と思うくらいストレッチで腕が伸びるのです(笑)<立位のポーズ>(お腹が引き締まります)<エクササイズその①>このポーズけっこうキツイ<エクササイズその②> 腰が伸びます<クールダウン>およそ50分間のエクササイズでしたがあっという間でしたね!終わった後は身体全体が伸びて、呼吸もしやすくなったと感じました。今回は初心者向けのプログラムで体験していただきましたが皆さんとても喜んで頂けましたので、また予定したいと思います。鈴木先生、どうも有難うございました。ルーシーダットンの後は、お茶とお菓子でしばしのブレイクタイム・・・次に和太鼓体験コーナー今回初めての方も、リピーターの方も皆さんで元気良く和太鼓を叩いて楽しんで頂きました。タノシイ~♪ラストは和太鼓瞑想・・・・・今回の始まりは今までと違ったアプローチで伊藤先生が素手で和太鼓を叩き始めました←(聞いてないよぉ~~~)そうなんです何が起こるか解らない和太鼓瞑想は打ち合わせ無しの、ぶつけ本番なので2度と同じ事は出来ないのです(~_~;)それだけに値打ちがあると言わせてください(笑)特に今回は最高にいい和太鼓瞑想が叩けたと思います。自分で言うのも何ですが(笑)いつもは20分くらいなんですが、今回は30分太鼓を叩き続けました。叩いている本人達も瞑想してるので、細かい事は気にしない(笑)30分間も太鼓叩き続けて疲れないの?とよく聞かれますが不思議と疲れないのです。むしろ元気になるのですこぉ~れが和太鼓瞑想の真骨頂だぜぃドドンドンッ

      1
      テーマ:
  • 13Apr
  • 12Apr
    • 間の重要性

      照 天尋です間と言う字は門構えに日と書きますが、昔は日が月だったと言われています。その由来は、門を閉じても月の明かりがもれる、すなわち『 隙間 』の意味を表したものだそうです。先日、お世話になっている鍼灸院の先生がこの『 間 』の重要性について語っておられました。現代社会は飽食の時代になり、日常的に栄養過多な状態でそれが原因で様々な病気を引き起こしているとの事です。栄養不足の時は別ですが、普通に食べている場合は、『 間 』を取る→食事を抜いて内臓を休める方が早く回復する場合もあるそうです。なるほどなぁ~その話を聞いてふと、色んな事に置き換えてみました。例えば、ドラムやギターソロにおいて、激しく早いフレーズをドタバタと長く叩いたり、弾いたりしても何の魅力も感じない・・・ソロに『 間 』があってこそ激しいフレーズが引き立つ。例えば、人間関係において、愛する人と四六時中一緒に居ても、初めはいいけどだんだん息苦しくなる・・・2人に『 間 』があってこそ、長く愛情が続く。例えば、仕事において、毎日毎日、100%頑張って、休みの日さえ仕事に出かけたり、仕事の事を考えたり・・・・仕事に『 間 』があってこそ、また頑張れる。身体も同じ。例えば人生において、運の天気の勢いがある時ばかりではなく衰える時期があるからこそ、よく考えたり、知恵が生まれたり、人の優しさが身に染みたり、反省したり・・・人生に『 間 』があるからこそ、彩りのある人生を送れる。なるほどなぁ・・・と1人で納得してました(笑)『 間 』って大事なんですね~<仲のいい樹木も『 間 』をとってます>

      テーマ:
  • 11Apr
    • 太鼓の起源

      象慧です。先日、やそしま太鼓のメンバーから質問がありました。「太鼓はどれくらい前からあったのですか?」その時は、相当古くからあったよ、といい加減に返事してしまったのですが、「何を持って太鼓とするか・・・」という事にも関係していて、すぐに答えられなかったのです。今の人類(ホモサピエンス)の出現が確認されているのは40万年前と言われています。6万年前にはさまざまな道具の発明が確認されているようで、倒れた木の祠(ほこら)を叩いたら音が出た・・木と木をたたいて音を出す。というようなことが当たり前にあって、猛獣除け、魔除け、合図や楽しみとして、取り入れられていたのです。(今で言うとスリットドラム、ログドラム、木魚もスリットドラムの一種です。)(ログドラムを作ろう!講座から)これは象慧所有のスリットドラム(白樺)ポリネシアの音楽にはログドラムや下のようなクリンが使われています。(クリンもスリットドラムのひとつ)これはアフリカのギニア製ですがこれと同じカタチのものはタヒチアンダンスで使われています。3万年前にはクロマニヨン人が登場、女神信仰、シャーマニズム(古代祭祀)があり、今から1万年前、新石器時代と呼ばれその頃には皮を張った太鼓があったされています。これはジャンベですが、元は杵で穀物をついていた臼ですね。底が抜けたりしたものに皮を張ると太鼓になるわけです。その名残がこの形状には残っています。年代参照:ミッキーハート著書 「ドラムマジック」大切なことは太鼓は楽器以上に常に人間の生活の根源的なところにあったということです。人間はお腹の中にいた頃から、母の心臓の鼓動を太鼓のように聴いており、自分自身も自覚がないにもかかわらずその心臓の鼓動で血液を循環させて生きています。太鼓(リズム)に人の心臓は同調することはよく知られています。早いリズムだと鼓動が速くなり、ゆったりしたリズムだと鼓動も落ち着いてくる。だから、他の楽器にはない大きなパワーを秘めている。太鼓たたきは世界中でシャーマン、呪術師(まじない師)、メディスンマン(医者)として存在し、太鼓は人間関係を調和させるもの・・平和に導くものとされてきたのです。象慧・天尋もまた、太鼓の使命をはたすべくこれを伝え、練習成果の発表にとどまることなく、お互いに声をかけ合って、歌いながら、笑いながら・・励ましあっていきたいと思っています。ではまた!***

      テーマ:
  • 10Apr
  • 08Apr
    • 幸せについて

      照 天尋です先日、久しぶりに長谷寺へ行ってきました。1年振りくらいでしょうかね、長谷寺は私にとって思い出が多く、ご縁のあるお寺です。<駐車場から坂道を登って長谷寺へ>桜は散り始めてましたが、参拝者の方々はそれなりにおられました。1人でゆっくり出来るのは本当に久しぶりで草木の香りと、心地いい風の音、鳥のさえずりが私の心と身体を癒してくれました。私はこの景色が大好きですいつもここから四季折々の景色を楽しんでいます。しばらくぼーっとしながら、ふと、幸せについて考えていました。(ガラじゃないって!?)笑お金? 恋愛? 仕事? 家族? 健康?幸せの概念って色々あると思います。あくまでも私の考えですが、幸せとは・・・目的を持って楽しみながら自分事を行い、多かれ少なかれ、人や社会に何らかの貢献が出来れば幸を感じる事が出来るのではないでしょうか?そういう人は自立心を持ち、感謝の気持ちを持てる人で、けっして人を羨んだり、妬んだりする事無く人の成功を自分事のように喜ぶことが出来ると思います。鑑定をしておりますと、今の現状に愚痴や文句ばかり並べたてる人に限って自分事を全うしていないように思います。責任回避をしたり、人の事をとやかく言う人が多いように感じます。行動はその人の考えから生まれ、その行動が結果を生み出す。考えを左右するのは、その人の志や目的であってその考え(思い)は未来の自分を作ります。すなわち、幸せとは①感謝 の心を持ち②自分事 を続け③社会貢献 を行うこれがポイントとなると思います。皆さんは幸せについてどのように考えておられますか?

      テーマ:
  • 05Apr
  • 03Apr
    • 2018高津宮 桜まつり(写真・映像)

      象慧です。高津宮「桜まつり」はとても良いお天気で桜満開の1日となりました!高津宮・太鼓道場の生徒と象慧・天尋の浄鼓音(きよね・KIYONE)は写真と映像を撮ってもらいましたのでご報告します。「きよねパラダイス」と象慧(中央)70歳以上、80歳の女性4名がメンバーなのですが、お二人がお休みで2名だけで演奏しました。「はじまり太鼓」はシンプルですが、太鼓らしい力強い音をだすのが目標でした。高齢者でも太鼓が鳴ることを見ていただけたと思います。「きよねガールズ&レディース」太鼓をはじめて2年になるの女子たちとご婦人方の太鼓チームで今回は、全員がソロパートを叩くことを目標にしました。1曲目は宮唄(みやうた)、2曲目はきよね唄。太鼓チームなのに歌を歌う・・これが浄鼓音(きよね)の精神です。宮唄で「おこしやす」と歌い、きよね唄では太鼓の響きは生きる力、生まれる力であるとメッセージしています。そして、田楽太鼓で楽しく踊りだすようなリズムを叩くというスーリーです。「田楽太鼓」でのソロ「なんしかかんしか、ステテケテン!」(田楽太鼓)「いやさかー ホイサッサー!」 世界の太鼓を研究してわかったことは人を励まし、調和に導く太鼓は唄って踊って掛け声をかけながら叩くものだということです。太鼓は一方的なパフォーマンスをするだけでは片手落ちなのです。浄鼓音(KIYONE)が目指すのは「生きた太鼓」これからも人とのつながりを求めて、楽しい太鼓作品を創作していきます。*和太鼓教室参加ご希望の方は、神社までご連絡ください。最後は象慧*天尋の本家「浄鼓音」KIYONEです。そーれ! わっしょいワッショイ!(太鼓は掛け声が命!)「若々しく黄色い声で行こう!」としめし合わせたのですが2人の声はどら声でした。  トホホ (´;ω;`)この日は、やそしま太鼓のメンバーが見に来てくれており、みんなでやっている「天地創造」と「祝い太鼓」を見てもらう日になりました。3年前象慧・天尋が浄鼓音を結成した時のデビユー曲がこの「天地創造」でした。「きよね家族」太鼓たたきはお医者さん。太鼓はみんなを元気にし、みんな輝いていきます。みなさん幸せな時間をありがとう!

      3
      テーマ:
  • 01Apr

プロフィール

テンちゃん*先生

お住まいの地域:
大阪府
自己紹介:
浄鼓音(きよね KIYONE) 太鼓の音で払い浄める。 1台の和太鼓を男女2人で向かい合って叩く...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。