・全ての初めから読む→『こちら』

 

・第二部〈突然死_葬儀まで〉の初めから読む→『こちら』

 

前回↓

警察署でまーくんとの対面を待つ間

別室へ呼ばれて『死亡届』を書きました。

 

担当刑事と比べ

別室で死亡届の手続きをした警察官の方には

配慮とか気遣いの様なものが見えました。

 

特に特別なことをされたわけではないけど

言葉の端々とか、物腰に感じました。

本当アイツとはえらい違い(あ、言葉が悪く…つい。)

 

この時一人で行ったのか

母がついてきたのか

義母がついてきたのか

覚えていません。

 

思考回路はずっと停止状態。

 

 

警察署での検視の結果

事件性はなく、通っていた病院での調査も何も問題なく

預けていた診察券やら何やらを返してもらって

 

簡単な死因を聞きました。

 

心臓が肥大していて

ある瞬間をもってプッと止まったのだろうと。

「あっ」と思うま間も無く

死んだだろうと。

 

私は遺体発見時に顔をチラリと見たので

「あっ」と思ったであろう表情だったと思いつつも

「苦しまないで逝った」その一言が救いでした。

 

 

何も分からないまま

心臓が原因で死んだ事、苦しまなかった事が分かって

ただひたすらに泣いていました。

 

 

その中で差し出された『死亡届』

 

 

パンチ力半端ない。

 

 

認めたくない。

信じられない。

 

気持ちの整理がつかないまま

 

「まーくんは死にました」と

この手で書かされる。

 

愛する人の死を自分で書くキツさ。

 

誰よりも認めたくなくて

誰よりも信じたくなくて

それなのに

私自らまーくんの存在を抹殺する届けを書く地獄。

 

 

嗚咽を繰り返し

震えながら

鉛筆を手に取り

 

一文字一文字必死に

ガタガタ震える手で書きました。

 

 

まーくんの名前を書き込むところが一番辛かった。

「いやだ…いやだ」と言って

泣きながら書きました。

あなたは死んだんだと私が書き込むことなんて出来ない。

 

 

生年月日を間違えたり

自分の名前を書くところにまーくんの名前を書いたり

二重線だらけの汚ったない死亡届

 

頭が回らず

どこに何を書いたらいいか

全く分からなくて

 

視界がぼやけて

ずっと濃い霧の中にいる様で

クラクラする頭で

自分の名前を書くことすら出来なかった。

 

考えることができずに

文字が頭に入ってこなくて

ここに何を書いたらいいか

教えられたままに書きました。

 

 

えらく時間がかかったと思います。

 

いや

もしかしたら、ほんの少しの時間だったかもしれません。

私には永遠に感じた時間。

 

もう一人の自分が

自分を見ている様で

それくらい訳が分からず心と体が悲鳴をあげて書きました。

 

 

『まーくんは死んだんだ』

 

 

これで社会的にもまーくんの死亡が確定した。

夢ではない。

 

冗談でも

奇跡の回復もない

 

 

 

『まーくんは死んだ』

 

 

 

その事実だけが残った。

その人生に残された。

 

 

 

 

続きます。

 

 

 

↓暴言からの仲違い。どうして今なんだろう。

『初めから読む』

 

↓そんな人生、2年経ってやっと墓参りに行く。

そこで奇跡を見る。

『旦那の墓へ初参り』

 

↓こちらの本ブログで死んでからの日常や心情をずっと綴っています。

きみといっしょに。

 

※コメントについて!

ちょいと手が回らなくて、アメブロでのコメント返信やめます!ごめんなさい!(今の所)

でも全部ありがたく読んでいます!ありがとうございます。本当に。

本ブログのコメントは全返信を心がけてますので

私なんかの返信欲しいという方は、

記事、時系列関係なく本ブログでコメントくださればお返しさせていただきます!

 

 

  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ

 

・全ての初めから読む→『こちら』

 

・第二部〈突然死_葬儀まで〉の初めから読む→『こちら』

 

前回↓

まーくんが死んだ火曜の翌日の午後

警察署へ会いに行きました。

 

警察で検視を終えたまーくんが

遺体解剖にまわされる施設へ行く

その間に会うことができると言われ

 

まだ顔を見ていない家族と

一緒に警察署へ行きました。

 

時間が見えないから、連絡したら来てくれと言われていて

連絡が来たから

私と私の両親

まーくんの両親と兄

従兄弟と姪ちゃんと行きました。

(多分このメンバー)

 

みんなまーくんを大切に想っている

近い間柄の人たちです。

 

 

 

警察に事情があるのも分かります。

でも本当に腹が立つ。

 

 

行った先で、署に入ったすぐの受付の椅子で

何の説明もなく数時間待たされ

 

だいぶ経ってから来た、

あの現場に立ち会った嫌な警察官が

私たちを見て発した言葉。

 

「多いな(ちっ。←こう感じた)」

 

は!?

多い!?

確かに一人や二人じゃないよ。

けど、昨日死んだって知らせを受けた

大切な家族が死んだ人たち

一刻も会いたいと思うのが心情というものではないだろうか!?

 

それもこの後、解剖に連れて行かれ

しばらくは会えないと言われているのに

会いたい人は来てって言ったよね!?

 

待合にこんな人数居られないから(迷惑だから)

どこかで待ってください。と放り出されました。

 

どこかってどこだよ!

そんな急に言われても待つところなんてないし

いつ呼ばれるかも分からないから、すぐ来れる距離にいろと言われるし

近くにある大きな病院の待合に散り散りになって待ちました。

 

「もうすぐらから戻ってこい」と言われ(雰囲気こんな)

また、署に戻るとあの入り口の待合で永遠と待たされる。

 

 

どうやら検視をする先生が遅れていたり

何体か検視する遺体があり

時間がえらくかかったようです。

 

 

…知らんがな。

 

 

事情があるのは分かる。待つこともあるでしょう。

 

でも説明らしい説明は何もなく

あとどれくらいも、今こんな状況も何も話されず

“家族が死んだ”という訳も分からない状態で

皆ただ待ちました。

 

ゆうに3時間以上。

何も分からず、永遠と思える時間を待つ苦痛。

 

 

もっと色々説明とか、手回しとか、言葉かけとかできるよね!?

何なら最初のタイミングで電話してきたの目論見誤りまくりだよね!?

 

 

そんだけ待って会えたのは数分。

 

それも霊安室の様なところではなく

完全に運び出す、車に乗せこむ一歩手前の

ただの駐車場の一角。

色々な車がひしめく中の、何でもない狭いところに棺があって

そこで顔を見ることになりました。

 

THE・追いやられている感。

 

 

そんな状況よりも

『まーくんが死んだ』という状況の方がとてつもなくて

来た人各々、棺を覗いては涙を流していました。

 

私も、家では怖くて見られなかった顔。

 

お義母様が「寝ている様だ。」「けーくんの寝顔に似ている。」と言うから

そっと私も棺を覗き

 

穏やかに寝ているその顔を

死んでから、いや、仲違いをしてから初めて真正面に見ました。

 

涙が止まらない。

悲しくて仕方ない。

 

 

そんな中発したあの警察官の言葉

 

 

 

「もういいですか?」

 

 

 

は!?

もういいか?

よくないだろ。

 

分かるよ。

邪魔なんだよね。

もう一刻も早くどっか行って欲しいよね。

 

こんだけ待ったのに

そんなことどうでもいいんだよね。

 

私たちの人生なんて

まーくんの人生なんてどうでもいいんだよね。

そんなもんだよね。

 

 

そんな冷たい警察署で

私は『死亡届』なるものを書くことになるのです。

 

 

 

続きます。

 

 

 

↓暴言からの仲違い。どうして今なんだろう。

『初めから読む』

 

↓警察は警察でも『相棒』は好きだったな。

担当警察官、右京さんだったら良かったのに。

『相棒との思い出』

 

↓こちらの本ブログで死んでからの日常や心情をずっと綴っています。

きみといっしょに。

 

※コメントについて!

ちょいと手が回らなくて、アメブロでのコメント返信やめます!ごめんなさい!(今の所)

でも全部ありがたく読んでいます!ありがとうございます。本当に。

本ブログのコメントは全返信を心がけてますので

私なんかの返信欲しいという方は、

記事、時系列関係なく本ブログでコメントくださればお返しさせていただきます!

 

 

  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ

 

・全ての初めから読む→『こちら』

 

・第二部〈突然死_葬儀まで〉の初めから読む→『こちら』

 

前回↓

私が保育園の先生に会いに言ってる間

母が近所の葬儀社へ話を聞きに行ってくれてました。

 

母が話を聞きに行った葬儀社は

評判も規模も

何も分からない

通りすがりで知っていただけの場所

 

私の家へ来る人へ

道しるべにいつも使っていた場所

(「そこの葬儀社を曲がって…」というように。)

 

 

保育園から帰ってきて

母も葬儀社から帰ってきて

 

葬儀社の神対応を聞きます。

 

 

ぶっちゃけ葬儀社なんてどこがいいか分からない。

でも棺がいる。

 

葬儀社を決められなくても

葬式会場を押さえないといけない。

 

火曜に死んだまーくんは

突然死だったこともあり

知らせる時間

来る人のことも考えて

通夜を土曜、葬式を日曜に設定しました。(両親の提案)

 

みんな週末がいい(結婚式同様)

でも

誰がいつ死ぬか、どれだけ死ぬかなんて

未知でしかない。

 

その時、その状況で早い者勝ち。

 

 

何も決まってないのに

急いで決めねばならぬ状況にあるのです。

 

 

そんな状況を察してくれてか

棺は用意してくれるとのこと

会場探しも手伝うとのこと

 

お手伝いできるところまでして

最終的に他社と契約しても構わないと。

 

 

なんたる有難いお話!

いや、通常の葬儀社がどんなかは知りませんよ?

 

 

結局こちらの葬儀社さんへお願いしました。

 

だって

他に思い当たる葬儀社なんて知らない

相見積もりなんて

 

取ってる場合じゃない

状況じゃない

心境じゃない

 

 

葬儀が始まる

この3日間。(水木金)

 

正直あんまり覚えていません。

全部断片的な記憶。

 

覚えていることの前後が分からないし

その時に他の人はどうしてたか?なんて分からない。

 

 

だから

どの段階でこの葬儀社へ決定したのかは覚えてません。というか知りません。

勝手に決まった気がします。

 

けれど

なる早で決めなくてはいけない葬儀場が難航してたのは知っていました。

 

 

私の希望は

まーくんの作品を飾れること。

生前の姿を映像で流せること。

好きだった音楽で会場を包むこと。

 

まーくんのことを知って欲しかった。

生きていた姿を忘れないで欲しかった。

 

それだけ伝え、後は何も考えませんでした。考えられなかった。

 

 

どこでやるのか、何人来るのか

 連絡手配その他諸々。

 

何人来るのか誰も分からない。

一番分かるであろう私は頭ショート中。

 

 

午前中に義父母様と義兄ちゃん、姪ちゃん、従兄弟華族が来た気がします。

 

いつ来たのか、何て話したのか

何も覚えていません。

 

義母様は空港からおぼつかない足を姪ちゃんに支えてもらって来たそうです。

 

誰も私の心や体に触れる人はいなかった。

死の知らせを受けたあの夜

第一発見者のMさんと手を繋いでいたのが最後です。

 

 

みんな来た時も誰にも挨拶することなく

リビングに隣接する寝室で

ずっと泣いていたと思います。

 

いえ、もしかしたら出迎えたかも

話をしたかも、誰かが肩に手を置いてくれていたかも。

何も覚えていません。

私の心は死んでしまった。

 

 

 

難儀した葬儀会場

100人は来るであろうと会場を考えても

駅から近くて(駅から近くないと絶対にダメだ!不便!と両親)

大人数入れて

音楽流せて

スクリーンがある会場。

 

見事にないです。

規模が大きいと細かな要望が叶え辛い。

 

 

結局

スクリーンではなくモニター。

音楽は他の葬儀会場に邪魔のない範囲。

という会場になりました。

 

100人は来ると進めたのは母ですが、

一体どこからその100人は割り出されたのでしょう。

 

義母様は本当にそんな人数来るのか!?

と驚いていました。

 

 

何も分からない。

でも決めなきゃいけない。

 

皆んな受け入れられない地獄の中

決めなくてはいけない事を

決めないといけないのです。

 

 

私は「お金は払う」とだけ言って

何も考えませんでした。

 

父と母、義父母、義兄が色々進めてくれました。

 

 

大事に育てた息子が

一緒に育った兄弟が死んだのに

私だけが辛い顔をして

他の人を思いやることができなかった。

 

 

 

そんな葬儀会場、葬儀社未定の中

警察にまーくんに会いに行く時間になりました。

 

遺体解剖に回されるまーくんは

この警察での検視を終えたタイミングじゃないと

しばらく会うことは出来ないと。

 

まだ顔を見ていないご両親。

「死んだ」という知らせだけ。

 

一刻も早く顔を見せてあげたい。

そうして警察に行ったのです。

 

そしてまた

心無い警察の対応に心砕かれるのです。

 

 

 

続きます。

 

 

 

↓暴言からの仲違い。どうして今なんだろう。

『初めから読む』

 

↓そんな葬儀社のことを本ブログで書いています。

『葬儀社ってやつぁ』

 

↓こちらの本ブログで死んでからの日常や心情をずっと綴っています。

きみといっしょに。

 

※コメントについて!

ちょいと手が回らなくて、アメブロでのコメント返信やめます!ごめんなさい!(今の所)

でも全部ありがたく読んでいます!ありがとうございます。本当に。

本ブログのコメントは全返信を心がけてますので

私なんかの返信欲しいという方は、

記事、時系列関係なく本ブログでコメントくださればお返しさせていただきます!

 

 

  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ