佐伯恵太オフィシャルブログ「俳優 佐伯恵太の研究日誌」Powered by Ameba
俳優・佐伯恵太の研究日誌

ブログをご覧くださりありがとうございます!お気軽にコメントなどいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!

---
【映画】
『現代怪奇百物語 壱之章』『ふたりの空』『いつくしみふかき』
【ドラマ】
NHK BS時代劇『大富豪同心』『大富豪同心2』
【MV】
當山みれい『君のとなり』
ほか多数

YouTube番組『らぶラボきゅ~』演出・プロデュース
---

[お問い合わせ]
keita.saiki2@gmail.com
  • 11May
    • 【出演告知】「のうかがくしゃといっしょ」大人も子供もたのしい!!脳・記憶のおはなしの画像

      【出演告知】「のうかがくしゃといっしょ」大人も子供もたのしい!!脳・記憶のおはなし

      皆さん、こんにちは。佐伯恵太です。5月16日(日)14時からのオンライン(Zoom)無料イベント「 のうかがくしゃといっしょ 」大人も子供もたのしい!!脳・記憶のおはなしに出演いたします!このイベントは、記憶の研究をされているデンマーク・オーフス大学の竹内倫徳先生と、サイエンスコミュニケーションに関わっているメンバーでお届けする科学バラエティです!デンマーク在住の竹内先生と日本に住んでいる出演者でイベントができるのはオンラインならではですね!竹内先生は脳科学の分野で科学ジャーナルの最高峰「nature」にも論文が掲載されている研究者でありながら、とっても気さくなお方です。また、MCの黒ラブ教授は現役の大学の先生で「芸人さん」という激レアなキャリアで活動されています。ゆるふわな雰囲気が素敵なのです。【出演者】研究者・竹内倫徳先生大学の先生芸人・黒ラブ教授学術系Vtuber・犯罪学教室のかなえ先生  サイエンスコミュニケーター&科学実験教室・くもMクラブサイエンス(Clubhouse)・穂積賢司らぶラボきゅ〜(YouTube番組)・佐伯恵太KagaQ. (市民サークル)代表・酒井裕介対象年齢は中学生以上、脳や記憶について詳しくない方でもお楽しみいただけるイベントです。お話だけでなく、質問コーナーや視聴者参加型企画、お絵描き対決など、様々な内容でお届けします。今回僕は出演とともに、全体構成(台本)も担当しておりますので、皆さんにお楽しみいただける内容を考えております!科学や勉強がどちらかと言えば苦手・・・という方も、好きになっちゃいますよ!>>お申し込みはこちらから<<科学イベントなのにゲラゲラ笑える、ただただ楽しんで、気づいたら学んでいる。そんなイベントにしたいです!ご都合宜しければぜひ、遊びにいらしてください。

  • 08May
    • 記憶の大研究の動画を公開!この動画に込めた想いもお話しますの画像

      記憶の大研究の動画を公開!この動画に込めた想いもお話します

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。土曜日の朝と言えば・・・「らぶラボきゅ〜」の新動画公開日です!!本日公開の動画はこちらです!!先週は、デンマーク・オーフス大学の竹内倫徳先生から、脳や記憶についてたくさんのことを教わりました。その中で「新規の体験をすると記憶力が上がる」正確には「新規の体験をすると、その前後にしていたことの記憶の定着率が上がる」というお話がありました。今回は、実際に子供達が実験を行い、記憶力が上がるかどうかを確かめるという内容です。具体的には、4品目(デザート・飲み物含む)のご飯を食べた後に、新しい体験としてのダンスをするチームとしないチームにわけてそれぞれ別々のことをします。その後、4日間過ごした後に最集合をして、食べたご飯を覚えているかの確認をする、という実験です。今回が実験編、次回が結果発表編になっています。今回、この動画を作ったのには理由があります。いわゆる「実験動画」というものはYouTube上にたくさんあります。しかしそれは「あっと驚く見た目」を楽しむための実験動画であったり「実験的手法」を学ぶための実験動画であったりします。※それはそれで意義があり素晴らしいです一方、研究者が日々実験をするのは、世界中で誰も知らないことを解き明かすためです。そんな実験の本質や難しさ、楽しさを子供達に体感してもらいたくて、この動画を作りました。発見することの喜びを知ったり、論理的に物事を考える力を身につけてもらえれば嬉しいです。この動画一本でその力が身につくとは考えておりませんので、引き続きいろいろな動画をお届けしていく中で、子供達にそういった感覚や力を身につけてもらえればと思います。また、エンタメ番組の中での実験なので、実験手法として適切でない(正確さに欠ける)部分もありますが、そこも含めて、出た結果を楽しんでみようの精神です。こんな動画が世の中に受け入れらられるのか、楽しんでいただけるのか。そこもまさに実験です!是非、ご覧いただけましたら嬉しいです!そして宜しければ是非、皆さんにも実験に挑戦していただければ嬉しいです。番組をたくさんの子供達に届けるためのクラウドファンディングプロジェクトもまだまだ継続中です!是非一度、プロジェクトページも覗いていただけましたら幸いです。それでは皆さん、良い週末をお過ごしください✨

  • 01May
    • 「らぶラボきゅ〜」クラウドファンディングと、新動画公開について。の画像

      「らぶラボきゅ〜」クラウドファンディングと、新動画公開について。

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。まずは先日ブログでもお知らせいたしました「らぶラボきゅ〜」のクラウドファンディングプロジェクトの進捗をご報告します。4月29日の公開から5月1日(土)朝の現在までで、目標金額の28%を達成しました!!本当にたくさんのご支援、ありがとうございます。想像を超えるスピードでたくさんの方に応援いただけていることに驚きと嬉しさが込み上げてきておりますが、気を緩めず、プロジェクト終了の6月27日(日)まで、全力で取り組んでまいります!そして、本日は「らぶラボきゅ〜」の新動画公開の日です!【脳と記憶】新しい体験をしたら、記憶力は上がる?下がる?みんなで考えてみた!【らぶラボきゅ〜】先月は「色彩と多様性」というテーマでお届けしてまいりましたが、今月は「脳と記憶」です。ゲストの先生はデンマーク・オーフス大学の准教授の竹内倫徳先生です。先生と一緒に一ヶ月間、脳と記憶のフシギに迫ります!全4回の撮影は昨日で全て終了しておりますが、毎回とても楽しい撮影でした!先生には初回である今回と、4週目の回にご出演いただきます。クラウドファンディングの目的が「番組をたくさんの方に届けるため」ですので、肝心の番組が実際にたくさんの方にお届けできれければ意味がありません。そこで、今回、このクラウドファンディングのタイミングで公開しましたこの動画を、プロジェクト期間中に再生回数1万回突破を目指します!!番組を作るのがゴールではなくて、たくさんの方に届けることがゴールだと思っています。もっと言えば、たくさんの方に楽しんでいただき、何かを感じ、考え、受け取っていただくことがゴールです。そのために、クラウドファンディングと共に、実際に番組を届けるためのアクションもたくさん仕掛けてまいります!来週以降の番組も本当に他のYouTubeでも観たことがないような面白い内容となっておりますので、ご期待ください!

  • 29Apr
    • 【失敗したら芸能活動引退】「らぶラボきゅ〜」クラウドファンディングプロジェクトが始まりました!の画像

      【失敗したら芸能活動引退】「らぶラボきゅ〜」クラウドファンディングプロジェクトが始まりました!

      皆さん、こんにちは。佐伯恵太です。さて、本日。とつげき!ちきゅうの研究室「らぶラボきゅ〜」のクラウドファンディングが始まりました!>>「らぶラボきゅ〜」クラウドファンディングプロジェクト<<「らぶラボきゅ〜」は僕がプロデューサー・監督・出演者の立場で作っている番組で、今年4月に番組本編の第一弾を公開し、目下全力で番組制作に取り組んでいます。今回のクラウドファンディングは、この番組を存続・発展させ、たくさんの方々にお届けするためのプロジェクトです。ご支援いただいた方へのリターンとして、お礼のお手紙や応援ボイス、キャラクターグッズなど様々なリターンをご用意させていただきました。また、番組にかける想いについてもプロジェクトページにて語っておりますので、是非クラウドファンディングのページをご覧いただけましたら嬉しいです。そして、このプロジェクトのお知らせと同時に、あることを発表しました。それは、このプロジェクトが失敗したら、芸能活動を潔く引退するということ。必死になりすぎて冷静さを欠いているわけでも、やけくそになっているわけでもありません。芸能活動への情熱を失いつつあるわけでもありません。ではなぜ、こんなことを宣言しているのか。そのことについて少し、書かせていただきます。この番組を始めた理由はいくつかあります。クラウドファンディングのプロジェクトページに書いている、研究者や科学に対する想いや、子供たちへの想い、社会に対して貢献したいという気持ち。そしてもう一つ。今までエンターテイメントの世界で15年間過ごしてきた自分が、一番の強みを活かして勝負できることに、人生をかけて挑戦してみたいと思ったということ。それを考え続けた結果誕生したのがこの「らぶラボきゅ〜」という番組です。エンターテイメントの世界での経験、そして、理系で10年間学び、4年間研究してきた経験を融合させて、自分の強みが一番活きる形の番組を自ら生み出しました。子供たちと関わるという意味では、大学時代に水泳インストラクターとして2年間、子供たちと全力で向き合った経験も活かしています。2年といっても多い時は月29日出勤という異常な日数出勤し、200人を超える生徒の皆さんと真剣に向き合ってきました。そんな中で、子供と接したり子供に指導するノウハウが身についただけでなく、気づけば子供たちが大好きになっていました。とにかくそんな、自分が持っている全てを、この番組に詰め込んだのです。この番組でダメなら仕方がない。今はそう思っています。エンターテイメントの世界で今現在、これより自分を活かせる術を知らないからです。そう考えた末、プロジェクトが失敗したら芸能活動を引退します!の宣言に至ります。もし仮に芸能活動を引退したとしても、別のお仕事をしながら番組プロデューサーとしてこの番組に携わる方法もあります。ですので、クラウドファンディングが失敗したから番組も全て辞めます!ということではありません。スタッフ・キャスト、そして番組を観てくださっている皆さんに対してそんな無責任なことはできません。しかし、けじめとして、プレイヤーとしての自分には見切りをつけようということです。こんなことを書いておきながら、引退する気は一ミリもありませんが。タレント活動が大好きだし、何よりお芝居が大好きです。こんなところで引退している場合ではありません。それこそ、一生後悔しそうです。だから、今回のプロジェクトを成功させるより他に方法はありません。兎にも角にも、プロジェクト終了の6月27日(日)まで、このプロジェクトに全てをかけて臨みたいと思います。このプロジェクトに共感いただけましたら、僕の覚悟が届きましたら、是非プロジェクトを応援いただけましたら幸いです。まだまだ始まったばかり、改善すべきところもたくさんある番組ですが、日本中の皆さんに楽しんでいただけるようになる番組だと信じています。自分の一番大切なものをかけて、子供たちの未来のために挑戦してまいります。最後までご覧いただき、ありがとうございました。勝負はこれからです!!佐伯恵太

  • 24Apr
    • 【カバー】「にじ」×「自分だけの色」みんなで歌ってみた 【らぶラボきゅ〜】の画像

      【カバー】「にじ」×「自分だけの色」みんなで歌ってみた 【らぶラボきゅ〜】

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。土曜日の朝と言えば「らぶラボきゅ〜」番組本編の公開日です!今回の動画こちらです🔻🔻【カバー】「にじ」×「自分だけの色」みんなで歌ってみた 【らぶラボきゅ〜】長年愛されている名曲で、最近では「にじいろカルテ」の挿入歌としても話題になった「にじ」をみんなで歌ってみました。「らぶラボきゅ〜」は一ヶ月間同じテーマとじっくり向き合う教育番組で、今月のテーマは「色彩と多様性」でした。1〜3週目の動画から連続して観ていただけると、より一層お楽しみいただけます来月は、デンマークのオーフス大学の准教授、竹内倫徳先生をゲストにお招きして「記憶」について学んでいきます。今日は来月の3週目に公開する動画の撮影日なのですが、来月もとってもワクワクする内容です!今回「にじ」の動画やこのブログで番組を知ってくださった方もいらっしゃるかと思いますが、是非これからも、番組をお楽しみいただけたら嬉しいです。しかし「にじ」は本当に素敵な曲ですね。番組を作る上で何度も聴いていますが、全く飽きないどころか、いつ聴いても穏やかな気持ちになれます。大変なことも多い世の中ですが「きっと明日はいい天気」って思えるだけで、頑張れたりしますよね。そんな風に思えない、思うことさえ辛い時もありますが、そんな時でも音楽ならスッと入ってきたりもするから不思議です。いつでも、何度でも、聴いてください

  • 17Apr
    • 【新動画公開】「自分だけの色」をテーマにした作品を作って発表会をしました!!【らぶラボきゅ〜】の画像

      【新動画公開】「自分だけの色」をテーマにした作品を作って発表会をしました!!【らぶラボきゅ〜】

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。土曜日の朝と言えば・・・「らぶラボきゅ〜」の新動画公開日です!!その動画がこちら!!今回は「自分だけの色」をテーマにした作品をそれぞれ作り、その作品をみんなで見せ合いました!番組を観て、ぜひ皆さんも「自分だけの色」の作品を作ってみてください。いろんな捉え方ができると思いますが「自分を象徴する色」を使っても良いし「自分だけが発見した色」や「自分が好きな色」を使ったり「自分ならではの感性で世界を描く」のも良いと思います。子供たちはもちろん、大人の方にも是非観ていただきたいです。実際、僕も番組を作る立場でありながら「自分だけの色」の作品というのは絵や写真などのイメージで考えていました。ところが、俳句で表現します!ダンスで表現します!という子供達が現れて、このテーマの奥深さを感じました。色の表現方法は無数にあるのですね。番組は、一ヶ月間同じテーマで進んでいくのですが今回のテーマは「色彩と多様性」です。1週目、2週目も合わせてご覧いただくと、より一層お楽しみいただけます。そして、来週がいよいよ今月のテーマの最終回です。みんなで「にじ」という歌を歌いながら、番組宛にお送りいただきました「自分だけの色」の作品を紹介し、一ヶ月を振り返る回になる予定です。そして来月はまた、素敵な研究室の先生にご登場いただき、とっても面白い内容でお届けします!まだまだ番組は始まったばかりです。是非、応援いただけましたら幸いです。こちらの画像、YouTubeのサムネイル画像を作ってくださったのは、飴三屋かんろさんです。飴三屋さんには次回以降のサムネイル画像も制作していただく予定です。とてもワクワクする感じになっていて、お気に入りです。たくさんの方に番組をお届けできるよう、色々な仕掛けをしていきたいと思います!

  • 10Apr
    • 【新動画公開】色を使った連想ゲーム「イロイッチゲーム」に大挑戦!!【らぶラボきゅ〜】の画像

      【新動画公開】色を使った連想ゲーム「イロイッチゲーム」に大挑戦!!【らぶラボきゅ〜】

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。土曜日の朝と言えば・・・「らぶラボきゅ〜」の新動画公開日です!!その動画がこちら!!今回の動画では、色を使った連想ゲーム「イロイッチゲーム」に挑戦しています2人以上で簡単にできるゲームです。是非皆さん、番組を観ながら一緒に楽しんだり、お友達や家族でも挑戦してみてください小さいお子さんでも楽しめる回になっております!今回のゲストは、SUPER FANTASY Jr. のメンバーKAITOくん、SEIくん、AOIくんです。なんと6月20日にデビューするメンズアイドルユニットのメンバーなのです!!🔻🔻ステージデビューイベント🔻🔻「FANTASY Fes.2021」日程:6月20日(日)時間:OPEN 15:30 / START 16:00 ※予定会場:ランドマークホール出演:SUPER FANTASY / Eleven Eleven / SFB FUKUOKA / SUPER FANTASY Jr.そんな彼らのデビュー日にちなんで、チャレンジ企画が進行中です!今回の動画の再生回数が6月20日までに「620回」を突破すれば、番組にSUPER FANTASY Jr.の皆さんがまたまた登場!そして「6,200回」を突破すれば、とっておきの企画が始まります!!それはまだ秘密なのですが、6,200回が現実味を帯びてきたら明かされることになると思います!動画をたくさん観ていただき、応援いただければ嬉しいです!今回の動画から観てくださった方は、先週公開の動画も是非ご覧ください!「らぶラボきゅ〜」は1ヶ月同じテーマでお届けしておりまして、連続で観るとさらに楽しく、より一層学びが深まる形になっています。今月のテーマは「色彩と多様性」です。そして来週は「自分だけの色」をテーマにした作品の発表会✨「自分だけの色」をテーマにした作品の募集も開始しました!!応募方法はこちら🔻🔻・応募アドレス:love.labo.q@gmail.com・件名:「自分だけの色」作品応募・本文:お名前(作者)・作品タイトル・作品の簡単な説明・添付:「作品のみの写真」「作品と作者が写った写真」   ※写真は原則横長での撮影をお願いいたします・締切:4月18日(日)12時まで   ※採用された方はメールでお知らせいたします   ※4月24日(土)公開の動画内もしくは番組公式twitterにてご紹介させていただきますたくさんのご応募、お待ちしております!まだまだ始まったばかりの「らぶラボきゅ〜」ですが、毎週土曜日朝7時に楽しく学べる動画を公開します。ぜひ、チャンネル登録をしていただき、お楽しみいただけましたら幸いです。それではまた次回お会いしましょう!まったね〜バイバ〜イ

  • 09Apr
    • 【出演情報】しなロケPV動画「LOVE編【1ミリリットルの涙~恋する品川~】」に出演しました!の画像

      【出演情報】しなロケPV動画「LOVE編【1ミリリットルの涙~恋する品川~】」に出演しました!

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。しなロケPV動画「LOVE編【1ミリリットルの涙~恋する品川~】」が公開されました!僕は新郎役として出演しています。中学生時代から新郎に至るまで一人で演じております!こちらは高校生時代。新婦役の森崎みのりさんは元事務所の後輩です。品川の素敵なロケ地に甘酸っぱい恋愛シチュエーション、まずは是非動画をご覧ください!18歳と28歳を演じた映画「君の向かい側に立つ」であったり、天才プログラマー登大遊さん役として大学生から30代までを演じた「マゼランの羅針盤」であったり、年齢幅を演じられるのは楽しいです。中学生役を演じることはさすがにもう二度とないかもしれませんので、そう考えるとあのオシャレな品川を青ジャージにリュックで歩いたことも、良い思い出です。笑(ものすごく周囲の視線を感じました)撮影現場は寒かったですが、とてもあたたかい現場で、素敵なスタッフ、キャストの方々とお仕事ご一緒できて幸せでした。この撮影でも巡った品川のロケ地や、ロケ地の中間にある色々なスポットなど、本当に素敵な場所がたくさんあります。またブログでもご紹介していければと思います。しなロケPV海外編も面白いですよ!撮影秘話的なことは、オンラインサロン「佐伯恵太のエンタメ科学ラボ」で語っております。役作りに絡むことだったり、現場で起きたあれこれについて。このオンラインサロンでは、俳優活動の他、僕が番組プロデューサーとして進めているYouTube教育番組「らぶラボきゅ〜」のプロジェクトもサロンメンバーの皆さんと共有しながら進めています。気になる!という方は是非、ご参加お待ちしております!佐伯恵太のエンタメ科学ラボ京大院卒(理学修士)で俳優・タレントとして活動する佐伯恵太のオンラインサロンです。エンタメを科学し、科学をエンタメにする。エンタメ・科学・教育に興味のある方大歓迎!プロジェクトリーダーを務める教育番組『らぶラボきゅ〜』をサロンメンバーの皆さんと一緒に作ってまいります!よろしくお願いします!community.camp-fire.jpこれからまたたくさんの作品と出会えるよう、精進してまいります!

  • 05Apr
    • 子供に勉強が好きになってもらいたいお母さん、お父さんへ。

      みなさん、こんばんは。佐伯恵太です。一つ前のブログを「芸能トピックス」で取り上げていただき、アクセス数がグーンと伸びております!嬉しいです。>>「とつげき!ちきゅうの研究室『らぶラボきゅ〜』」番組第一回が公開!〜番組に込めた想い〜<<そのブログで紹介しました動画がこちら🔻🔻僕はこの番組のプロデューサー&監督&出演者として番組を作っております。今回のブログはタイトルの通り、子供に勉強が好きになってもらいたいお母さん、お父さんへ向けて書いています。お一人でも「まさに私がそう!」という方に届いたら嬉しいです。というのも、この番組は、勉強好きの、放っておいても勉強したり辞典や図鑑を読んでいるような子供たちだけでなく、どちらかといえば勉強が嫌いな子供達にも観てもらいたいからです。音楽やキャラクターも、そういう子供達をイメージして作りました。遊びのつもりでYouTubeを観ていたら、関連動画か何かでたまたま出てきて、気づいたら最後まで観ていて、来週も観てみたいと思う。そんな流れを作れたらいいなあと思っていて、ライバルは教育番組ではなく、エンタメ番組がライバルと思って作っている節すらあります。しかし、始まりたての番組ですので、残念ながら関連動画などで表示されることは、まだまだ殆どないようです。そこで!!このブログを読んでくださっている全国のお母さん、お父さん。是非お子さんにこの番組を観せてあげていただけないでしょうか!?できる限り自然な流れで・・・子供達がこれを勉強と認識しながらも楽しんでくれればしめたものです。勉強って楽しいんだ!こんな気持ちになってもらえたら最高です!遊ぶようにして学べる、学ぶようにして遊べる動画を、毎週土曜日朝7時に公開します。来週はさらに「遊び要素が強めの動画」をご用意しています。その中で、しっかり学びがある作りにもなっています。学ぶことが好きになっちゃったら、最高です!Q王国のみんなと一緒に、学びの大冒険に出かけましょう!!

  • 03Apr
    • 「とつげき!ちきゅうの研究室『らぶラボきゅ〜』」番組第一回が公開!〜番組に込めた想い〜の画像

      「とつげき!ちきゅうの研究室『らぶラボきゅ〜』」番組第一回が公開!〜番組に込めた想い〜

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。いよいよこの日がやってまいりました。【新感覚!教育バラエティ】とつげき!ちきゅうの研究室「らぶラボきゅ〜」記念すべき番組の第一回が本日公開されました!【遊び=勉強?!】色ってフシギ!!色彩・コミュニケーションデザイン研究室に、とつげき!【らぶラボきゅ〜】ゲストの先生は、芝浦工業大学 色彩・コミュニケーションデザイン研究室の日髙杏子先生です。「色彩と多様性」というテーマでお話いただきました。虹の色の見方や捉え方が色々あって面白いよね〜!という話から、LGBTや人種といった人間の多様性のお話まで、幅広くもしっかり繋がりのあるお話でした。当初「子供向けの科学番組」と言って作っていましたが、今僕が感じる印象としては「大人も楽しめる教育番組」になったな、という感じ。親子で観ていただけたら最高ですし、もちろん老若男女問わず、お一人で観ていただくのも大歓迎です!改めて番組を観て、色々と考えさせられました。グローバル化が進んで人種や多様な価値観が混ざり合う時代ですが、そんな中で、多様性を認め合ったり、尊重し合える人の心がきっと今まで以上に大切になってきます。今求められているものは「違いを素敵だと思ったり、面白いと感じる心」と言えるかもしれません。それは特に、第一回において「色彩と多様性」というテーマも相まって色濃く出た部分ではありますが、この番組を通してずっと大切にしていきたい要素です。その意味で、第一回はこの番組を象徴する回になったと思います。番組の形が見えない中で、快く引き受けてくださった日髙先生には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。実はこの素敵なサムネイルも、日髙研究室の学生さん、佐々木将利さん、鳥取幸矢さん、都竹隼輔さん、小河原泰介さんで協力して作ってくださいました。「らぶラボきゅ〜」は毎週土曜日に動画を公開していくのですが、今月の残り3回は「色彩と多様性」のテーマは引き継ぎつつ、研究室の先生は登場しません。その代わり、子供達が主体性を発揮して、大活躍する回になります!翌月以降も同じ形で、一ヶ月間は同じテーマで探求していくのがこの番組の特徴です。短いコンテンツが増えている世の中で、それはそれで楽しめて良いのですが、やはりじっくり向き合ったものこそ深い学びが得られますし、それは必ず後の財産になる。そう信じていて「らぶラボきゅ〜」はそんな番組でありたいと思っています。たくさんの方に愛される番組になるよう、プロデューサー・監督、そして出演者の立場から、全力で番組づくりに励んでまいります。YouTubeのコメント欄やブログ、メールなどで是非、ご意見・ご感想などいただけましたら幸いです。理系歴10年、研究歴4年、エンターテイメント活動15年の自分の全てを注ぎ込んだつもりですが、それだけでは絶対になし得なくて、イラスト担当のいまいゆかさん、オープニング・エンディング曲を担当してくださった淺井千貴さん、動画編集を担ってくださっている映像クリエイターの遠藤さんのクリエイティブチームや、番組を裏で支えてくださっているスタッフチーム、そして、僕の新たな挑戦をいつも応援してくださる皆さんのおかげで、番組をつくることができました。まだまだこれからですが、ここまで来れたことが僕にとって感動的な出来事であり、本当に嬉しく思います。京都大学大学院で最終的に特別研究員(DC1)という身分もいただいておきながらも退学してエンタメの世界にきました。紆余曲折あり悩みや不安、葛藤だらけの人生でしたが、今日という日を迎えられた僕は幸せなのかなと思います。でも、まだまだこれから!科学や教育、多方面への想いはありますが、それはまた追い追い綴っていきます。番組を観て、良いなと思ってくださった皆さん、是非周りの方に番組をご紹介いただけたら嬉しいです!お一人お一人の発信が力になります。とつげき!ちきゅうの研究室「らぶラボきゅ〜」これからよろしくお願いいたします!!番組をご覧いただき「いいね!」と思っていただけました「チャンネル登録」「グッドボタン」もいただけると嬉しいです!!皆さまの応援が、番組の、僕たちの力になります!

  • 29Mar
    • 「らぶラボきゅ〜」の予告編公開と、今の心境。の画像

      「らぶラボきゅ〜」の予告編公開と、今の心境。

      皆さん、こんばんは。佐伯恵太です。今年1月に番組を本気で作ることを決意して、無我夢中で進めてきたYouTube番組の記念すべき第一回の公開まであと5日になりました!【新感覚!教育バラエティ】とつげき!ちきゅうの研究室「らぶラボきゅ〜」そして、本日その第一回の情報解禁&予告編を公開しました!2年以上前に考えていた番組の構想があったものの、それはいつかテレビ番組としてこういう番組を実現できたら・・・という妄想でしたし、実際に作ることも考えていなければ、YouTubeという媒体での想像も、また、新型コロナウイルスがやってくることも勿論、想像していませんでした。そんな中で、こんな時だからこそこの番組を作りたいと思い、最初は一人だったので、ただただ番組の構想を、そして想いを発信し続けていました。その結果、研究室の先生をご紹介してくださる方、イラストや音楽、動画編集を担ってくださるクリエイターの方々などが集まってくださり、自分も想像できていなかった世界観が今ここに実現しています。形が見えず、形になるかもわからない中で、集まってくださった皆さんには感謝しても感謝しきれない想いです。キャラクターも最高にかわいいですし、過去に自分が書いた企画書のイラストを再び見るのが恥ずかしい。笑でもその企画書があったから走り出すことができたのですが。語り出すと止まらなくなってしまいますが、まずは是非この予告編をご覧ください!番組本編は25分弱くらいになりそうです。予告編ではわからないですが、基本的に研究室の先生とQ星人のメンバーがリモートでお喋りしているシーンがメインで進行していきます。惑星Qと地球はとおく離れていて、惑星Qの現在の科学技術ではまだ地球にたどり着くことができないのですが、いつかきっとたどり着けるようになります!それがみんなの目標でもあり、番組を観てくださる皆さんにも、そんなQ星人たちの夢を応援していただけたら嬉しいです。物語のあらすじについてはこの動画で語られています。4月3日(土)の朝7時本編公開となりますので、是非皆さま、公開直後に動画をお楽しみいただき、動画の拡散などご協力いただけましたら幸いです。会社や大きな団体でやっている活動ではなく、いち俳優の個人活動です。皆さんお一人お一人の情報拡散などが大きな力になります!!第一回のゲストのせんせいは、芝浦工業大学、色彩・コミュニケーションデザイン研究室の日髙杏子先生です。「色彩と多様性」というテーマでとても貴重なお話をしてくださり、第一回にふさわしく、また、番組のコンセプトにも凄く合致した内容でお話してくださいました。そんな日髙先生のお姿を少しでも多くの方にお届けするため、4月3日(土)の番組本編の公開前までに、YouTubeのチャンネル登録者数300人を目指して進めてまいりました。現在211人。あと89人で達成です。日髙先生だけでなく、クリエイターチームの皆さん、スタッフの皆さん、声優さんや子供たちにも「こんなにたくさんの方に観ていただけるんだ!」と感動してもらいたいですし、それが僕がまず出来る恩返しの形なのかなと思っています。登録者数が全てではないですし、あくまでも番組本編の中身で評価されて伸びていくのが本来の形であることもわかっています。ですが、それでもこの数字にこだわっているのは、こういう想いからでした。老若男女問わず楽しめる番組にしてまいりますので、まだご登録いただいていない方は是非、チャンネル登録をお願いいたします!情報共有の場として、LINEのオープンチャットも作ってみました!オープンチャット「「らぶラボきゅ〜」オープンチャット」こちらは皆さんのLINEの個人アカウントや本名を晒すことなくご登録いただけますので、LINEを普段使われている方は是非ご参加ください!まもなく、番組公開まであと4日になります。やれることは、全部やります!!

  • 24Mar
    • 【公開まであと10日】とつげき!ちきゅうの研究室「らぶラボきゅ〜」【新感覚!教育バラエティ】の画像

      【公開まであと10日】とつげき!ちきゅうの研究室「らぶラボきゅ〜」【新感覚!教育バラエティ】

      皆さん、こんにちは。佐伯恵太です。【新感覚!教育バラエティ】とつげき!ちきゅうの研究室「らぶラボきゅ〜」番組の記念すべき第一回の公開まで、いよいよあと10日となりました!4月3日(土)に公開です!今年1月16日(土)に事務所を離れてフリーで活動していくことが決定して、その翌日から「YouTubeで子供向けの科学番組を作りたい!」と発信し始め、たくさんの方にお力添えいただく中で、番組を作っていくことができました。本当に、スタッフ、出演者、チームメンバーのようにして関わってくださっている皆様、そして、番組を見守り応援してくださっている皆様には、ただただ感謝するばかりです。第一回の番組はすでに収録を終えておりますが、番組が少しでも楽しく、そして学びがある番組となるように、編集を重ねている段階です。しかし、現時点で、自分が思い描いていたより何倍も、自分自身が良いと思える番組になっています。まだYouTubeチャンネルをご覧になっていない皆様は、是非こちらの動画をご覧ください。番組内容や想いを語っております。また、こちらの動画では、物語のあらすじをナレーションでお届けしております。胸を張っておすすめできる番組になったからこそ、今はとにかくお一人でも多くの方に届けたいという思いが強いです。4月3日(土)までに「チャンネル登録者数が300人を突破する」ことを目標に掲げておりまして、あと123人で達成です!「らぶラボきゅ〜、最初から観てたんだよ!」って自慢が出来るような番組にしますので、是非、チャンネル登録をお願いいたします!当初は子供向けと思って作っておりましたが、今では大人の方でも楽しめる番組だと思っていますし、家族で一緒に観ていただけたり、家族のコミュニケーションのきっかけにしていただけたりしたらもう最高です!!第1回公開まで、もう10日しかありませんが、まだ10日あります!YouTubeチャンネルにも、まだまだ期間限定動画をアップしていく予定です。皆様の周りに、興味を持っていただけそうな個人・団体さんがいらっしゃいましたら、その方々に対して僕がオンラインで番組について熱く語ったり出来る限りのことはさせていただきたいと思っています。ピンとくる方がいらっしゃいましたら是非、下記の問い合わせ先までご連絡ください!!---------------------------------佐伯恵太keita.saiki2@gmail.com---------------------------------番組を観たら未来は明るいと思える、そんな番組にしたいと思います。研究者の先生や子供たちが輝いている姿を、是非観に来てください!

  • 17Mar
    • 自然体な野崎さん。の画像

      自然体な野崎さん。

      皆さん、こんばんは。佐伯恵太です。今、MeseMoa. の野崎弁当さんのツイキャスを聴きながらブログを書いています。佐伯恵太@Keita_Saiki_ 聴いてます! https://t.co/dzjmLhw8up2021年03月17日 22:19野崎さんと舞台「ベースボールファイターズ」で共演したのは2017年の夏。もう随分時が経ったんですね。野崎さんの話を聞き流せなくてブログが捗りません。もう野崎さんのツイキャスの感想を書くブログに切り替えようかと思っています。というわけで野崎さんの話。僕が野崎さんが素敵だなと思うのは、いわゆる「メンズアイドル」っていうイメージに自分を寄せに行っていないところ。今こうやってツイキャスをしていても「社会人として働くこととは」ということを真面目に語ったり、賞味期限切れのめかぶの話をしたり。笑野崎さんから放たれる言葉の一つ一つも「アイドルの辞書」には載っていなさそうな、いかにも野崎さんなフレーズが多かったりします。そんなところも含めて、アイドルってこういう感じ、ということをやっていないし、ファンの方もそんな自然体の野崎さんのことを応援していて、その関係性も含めてとっても素敵です。それでいてライブでしっかりアイドルなところが素晴らしいんですけどね。僕も今までいろんな活動をしてきましたが、振り返ると「今はこういう活動をしているからこういう風に振る舞おう」みたいに考えていることがけっこう多かったように思います。でも、それを継続するのは自分自身も疲れてしまうし、活動内容が変わる度に人格が変わったようになるので、応援してくださる方にとってもついていけなくなることだと思います。なので、どんな活動をするにしても、結局自然体の自分でいることが出来るのが健全だし、そうあれれば、活動内容が変わったとしても、軸もブレずに進んでいけるのではないかと思います。僕も最近は自分がやりたいことに打ちこめていますが、今日の野崎さんの配信を聴いていて改めて「自然体でいよう」って思えました。野崎さんに感謝!

  • 14Mar
    • 準備は準備でしかない!の画像

      準備は準備でしかない!

      皆さん、こんばんは。佐伯恵太です。昨日は4月3日(土)公開予定の「らぶラボきゅ〜」の第一回の撮影の日でした!昨日まではとにかくこの撮影に向けての準備に必死の毎日でした。そして今日、この番組に出てくるかわいいキャラクターたちの声を担当していただく声優チームの収録がありました。そんなバタバタした日々でも、毎日充実の内容で記事を更新している場所があるんですよ。「佐伯恵太のエンタメ科学ラボ」っていうんですけどね。二つの収録が終わって少し落ち着いております。この撮影に向けて入念に準備してきたつもりでしたが、想定外のこともあったり、マイナスの意味じゃなくて撮影をしたからこそ気づくこともあったり。お仕事に挑む前には最大限準備していくことが重要だけど、本番が、現場が、お仕事が気づきを与えてくれるっていうところはやっっぱり大きいなと今回の撮影を通してよくわかりました。特にこれは自分で作っているYouTube番組なので公開時期をもっと先にすることも出来たのですが、とにかく始めようということで「やるしかない!」の状況を作った判断は間違えていなかったと思います。これは僕の性格というか、僕だから、という部分もあるかもしれませんが、準備段階では「あれが出来ていない!」「これもまだ出来ていない!」とマイナスの面に目を向けますが、本番を迎えると「やるしかない!」「楽しもう!」となるので、物事の捉え方が変わる部分が大きいと感じます。その本番を経て再びこの番組と向き合って見たとき、見えてくるものがありました。「自分の信念を貫き通す」「子供を子供扱いしない」このことが特に、本番を経て確かな想いとして持てた部分でした。YouTubeチャンネルの登録者数もありがたいことに、現在140人!あと10人で次の動画を公開します。もうすぐ「大富豪同心2」の僕の撮影も始まります!ノンストップでまいります!!

  • 10Mar
    • 【本日(3月10日)12時〜】Clubhouseをやってみます!の画像

      【本日(3月10日)12時〜】Clubhouseをやってみます!

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。先日のホテルで撮っておいた写真を小出しにしていくスタイル(もうありません)一大旋風を巻き起こして、現在は少し落ち着いた感のあるClubhouseですが、皆さんは使っていますか?僕は登録だけ済ませておいて、閉じた会議をする用に使ったり、いくつかのルームを覗いたりしていました。先日は『マゼランの羅針盤』という番組の再現ドラマに出演したご縁で、なんと僕が演じた役のご本人、"天才プログラマー" 登大遊さんとClubhouseでの交流が実現するなど思いがけない展開もありましたが、その後は使っておりませんでした。めちゃくちゃ盛り上がっていた時期に手を出さなかったのは、今自分がやるべき番組づくりや日々の活動に集中するためでしたが、少し落ち着いてきた今だからこそ、番組のことをたくさんの方に知っていただいたり、番組について議論してより良い番組にしていくためにも、Clubhouseを活用していけないかと考えています。まずは突然ですが、本日3月10日(木)の12時から12時半くらいまで、ゆるくお喋りをしてみる予定です。お時間ある方は是非こちらから遊びに来てください!>>テスト配信ゆるくお喋り<<さて、僕はClubhouseを使い倒すことになるのでしょうか!?Clubhouse気になってたけど出遅れた〜という方は、僕と一緒に始めてみませんか??

  • 07Mar
    • ゆるい日記。の画像

      ゆるい日記。

      皆さん、こんばんは。佐伯恵太です。今日はドラマの撮影現場に「衛生班」として入っておりました。先日はスタジオでしたが今回はロケだったので、広大な敷地に広がる景色に感動しました。コロナ対策で出来た役割で現場に入らせていただくということで、単純に喜ぶことも出来ず複雑な気持ちではありますが、現場を守るお仕事ですし、しっかり全うしたいと思います!久しぶりにホテルに泊まっておりますが、久しぶり過ぎてなんだかソワソワしてしまいます。今は、部屋のお風呂に入るか、大浴場に入るかで迷っているところです。たぶん、部屋のお風呂で済ませて翌日後悔するパターンだと思います。笑明日も一日現場ですので、疲れを癒やしてまた明日頑張りたいと思います!皆さんも、今日一日お疲れ様でした!

  • 06Mar
    • 「ボーイズシンクロ」と「マウスを使った長期記憶の研究」が「アイデンティティ」で繋がった日。

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。昨夜、デンマーク・オーフス大学で、「長期的な記憶はどのようにして形成されるのか?」を研究されている竹内倫徳(たけうちとものり)先生とzoomでお話していました。そのお話の詳しい内容は僕のオンラインサロン「佐伯恵太のエンタメ科学ラボ」に書きました。「ボーイズシンクロ」と「マウスを使った長期記憶の研究」が「アイデンティティ」で繋がった日。というわけのわからないブログタイトルをつけているので早速その本題に入ります。僕は高校生の頃に映画やドラマで大流行していた「ウォーターボーイズ」を観たのをきっかけにエンターテイメントとしてのシンクロを始め、徐々にのめり込んでいきました。そして大学に入ると「ボーイズシンクロエンターテイメント」のチームの立ち上げメンバーとしてチームを作り、その後約8年間チームで活動しました。競技のシンクロとエンターテイメント(ショー・ライブ)としてやっていた僕たちのシンクロは似て非なるもので、動きがシンクロ(同調)する、というのを全面に打ち出してはいなくて、むしろ泳ぎが得意なら水泳で、ダンスが得意ならダンスで、喋るのが得意なら間に挟むMCで、それぞれの得意分野で輝こう!と気持ちが強かったのです。小柄な身体を活かしてジャンプで空高く舞うとか、見た目や身体的特徴も活かして。そんな個性豊かなメンバーたちが一つのチームで、一つのライブを作り上げていくというのが醍醐味でした。そういう形でやっていたので、ある時から「アイデンティティ」ということを強く打ち出すようになりました。技術的に見せられる水泳やダンスだけではなくて「自分はこういう人間なんだ!」というような内面も含めて出していこう、そして、いろんな人間がそれぞれの姿で輝いているところを観ていただくことで、観てくださった方々にも自分のアイデンティティについて考えたり、何かを感じていただこうと。発案者は僕ではないですが、アイデンティティを記す「iカード」なるものを作って、ライブのあとでみんなで「iカード」に自分のアイデンティティを書こう!ということをやっていた時期もあるくらいです。エンタメの世界でこれだけアイデンティティについて向き合い、そして強く発信しているチームもなかなかないだろうというくらい、アイデンティティと向き合い、考えてきました。そのシンクロチームが解散して俳優に転身して、長年「アイデンティティ」という言葉に触れる機会もなくなっていたのですが、先日、twitterのタイムラインに流れてきた「マウスを使った長期記憶の研究」をされている竹内先生のツイートに「アイデンティティ」という言葉が書かれていて、その文章に釘付けになりました。先生曰く"「その人のアイデンティティーは、その人がそれまでに経験してきたことや学んだ知識に基づいている」、すなわち「長期的な記憶がその人のアイデンティティーを形成している」"とのこと。僕たちが水着で全国のプールを駆け巡って「アイデンティティ」を探求していた頃、先生は海の向こう(イギリス・現在はデンマーク)でネズミの長期記憶の研究で「アイデンティティ」の探求をされていたのかと思うと、とてもワクワクするような、高揚感に包まれました。仕事の内容、日々の生き方は全然違っていても、同じものを追いかけていることがある。先生の目には「アイデンティティ」の正体がどのように映っているのか。たくさんお話を伺いたいと思います。そして、それは僕だけに止めず皆さんにもシェアしたいということで、先生にYouTubeにご出演いただけることになりました!子供も楽しめる『らぶラボきゅ〜』と、大人向けの僕の個人チャンネル(これから動画を投稿していきます)の2つのチャンネルにご出演いただきます!!動画の公開日など、追って発表いたします!皆さんは、自分ってどういう人間だと思いますか?

  • 05Mar
    • 京都大学の、自由で、多様性を尊重する文化。の画像

      京都大学の、自由で、多様性を尊重する文化。

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。手の主張が強めです。昨日は『らぶラボきゅ〜』のYouTubeチャンネルで、番組について語る動画を公開しました!(上の写真は、動画撮影のリハーサル中のものです)番組の内容や、番組に込めた想いについて語っております。番組本編は4月3日(土)から始まるのですが、それまでに最低1本、もしかしたら2本以上の動画を公開するかもしれません。動画内で、自分の大学院時代のことなんかをほんの少しですが話していて、その後もちょっと振り返っていて改めて思ったのですが、京都大学というところは本当に自由で、多様性を尊重する、個性を面白がる文化みたいなものがあったなあと感じます。僕は大学院時代にはキイロショウジョウバエというハエの研究をしていて、研究者としての総合力は決して高くなかったと自分では思うのですが、僕が本当に優秀だと思う同級生たちから「アイデアが面白い」「プレゼンが伝わりやすい」など色々褒めてもらう機会があり、自分の個性や自分の強みというものを自覚することができました。僕がやっていたのは主に「行動学的解析」というところで、分子や遺伝子、細胞といったミクロな領域をほとんど扱わなかったので、そういった分野で研究している人たちがどうしても優秀に見えていたように思いますが、生物の行動を解析するにも難しいところはたくさんあって、振り返れば自分のアイデアや諦めない思考で、実験がうまくいったということも色々ありました。僕にとっても居心地がよくて、大切なことを教えてくれた京都大学が、2022年で創立125周年を迎えます。こんな素敵なサイトを見つけました!京都大学 創立125周年記念事業特設サイトこちらのサイトでは、様々な業界で活躍されている、たくさんの卒業生の方々のインタビュー記事が掲載されているのですが、それらの記事からも、僕が感じていた「自由で、多様性を尊重する文化」を感じることができました。過去のことは忘れがちで、過去の出来事が自分を作ったということはあまり考える機会がないかもしれませんが、昨日動画を撮影したきっかけで振り返って色々考えることができました。本気で新しいことに向き合っている今、過去と向き合うことが増えた。なんだか不思議です。

  • 04Mar
    • 自分は何が起きた時にやる気になるんだろう?と考えてみると・・・の画像

      自分は何が起きた時にやる気になるんだろう?と考えてみると・・・

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。本日はオンラインサロン「佐伯恵太のエンタメ科学ラボ」で、芸能界の裏側の話を書きました。というとドロドロした話に聞こえるかもしれませんが、その逆で、全然ドロドロしていないよっていう話を書きました。前にブログで、人は行動することでやる気になる!みたいなことを書きましたが、さらに具体的には、行動した結果何かが起きて、やる気になるのだと思います。勉強をやる気になるという例で考えたら、問題に正解してやる気になる、新しいことが知れるのが楽しくてやる気になる、だんだん得意になってきてやる気になる、頑張ったのに全然できなくて悔しくてやる気になる、勉強している姿を褒められてやる気になる、勉強を教えてくれた先生に結果で恩返ししたくてやる気になる、勉強したらご褒美をあげると言われてやる気になる、なんてこともあるかと思います。皆さんは何かきっかけでやる気になることが多いですか?僕は好奇心で動くタイプなので、新しいことを知れるというのが特に嬉しいです。でも、責任感も強い方ではあるので、チーム活動の場合などは責任感も大きな原動力になることがあります。自分は何が起きた時にやる気になるんだろう?と考えてみると、効果的にやる気を引き出すことができますし、また、自分の性格を知ることもできそうです。ふとそんなことを思って今日はこのことをブログに書きました。でも、やる気って出ない時は出ないし、なかなか思い通りにはいかないですよね。やる気が出ない時はリフレッシュすることや、一度徹底的にダラダラするのも良いかもしれません。僕も適度にベランダに出てリフレッシュしながら、お仕事頑張りたいと思います!

  • 03Mar
    • リーダー1年生の歩み。

      皆さん、おはようございます。佐伯恵太です。3月1日に開設しましたオンラインサロン「佐伯恵太のエンタメ科学ラボ」のサロンメンバーが4人になりました!!本当にありがたいことです。今月いっぱいは無料ですので、是非皆さん、体験してみてください。今日は、今バリバリ進めているYouTube番組についてサロン内で語りましたよ。内容はこちらの3本立てです。①プロジェクトの進捗 ②出演者のビジュアル解禁(ちょい見せ) ③登場キャラクターの名前についてそんなこんなで今日も「らぶラボきゅ〜」プロジェクトは進んでいくわけですが、このプロジェクトで僕はリーダー的なポジションにいます。過去には、グリーンバードという町のおそうじをするNPO団体で京都のチームリーダーをしていたり、こどもたちと絵本をつくる活動をしていた時にもリーダーを務めていたことはありました。(今思えばこの子供達と絵本を作る活動というのはコンセプトが「らぶラボきゅ〜」とほぼ同じでした。それはまたの機会にお話します)しかし、目指している規模から考えると、今のプロジェクトのリーダーをやらせていただくのは、リーダー1年生と考えた方がよくて、日々勉強の連続です。まず何が違うかというと、今までは「自分にできることを他の人にお願いする」ことが多かったのに対して、このプロジェクトでは「自分にできないことをお願いする」ことが圧倒的に増えたということ。自分と比べ物にならないくらい絵が上手な方に対して立場上「ここの絵はこういう風にしてください」と指示をしなくてはいけません。これは会社の上の立場の方などもそうだと思うのですが、僕は今まであまりそういう経験がなかったので、本当に日々勉強です・・・今のところ、大事にしているのは3つです。①軸がブレないようにすること言っていることが毎回違ったりして一貫性がなくなると相手に不安を与えてしまうと思うので、軸だけはブレないように、また、自分の中で何が伝えたいのかはっきりさせておくようにしています。②自分でもやってみること絵が上手に描けないにしても、自分でも描いてみてその難しさや苦労を体感したり、下手な絵でも絵で描いて説明するようにしています。音楽でも、自分で下手な曲すら作れないのであれば「この曲のような感じで」と参考になる曲を探してきたり。自分でやってみると、出来ないなりに原理は理解できたりもするので良いなあと思います。③勉強し続けることやっぱりこれは絶対条件で、いかに言うことがブレないで、自分でやってみることを大切にしているリーダーでも「こいつ全然勉強してないな・・・」っていう人は話にならないじゃないですか。その道のスペシャリストにはおそらく一生追いつかないのですが、だからといって勉強を放棄しないで学び続ける姿勢が大事だと思っています。あと、決断力も大事ですよね!僕はよく言えば熟考型、悪く言えば優柔不断なところがあって、少ない情報、短い時間の中で決める!ということがどちらかといえば不得意です。でも不得意だなんて言ってられませんので、そのあたりもその立場をきちんと全うするために、変えていこうと思っています。「らぶラボきゅ〜」は明確なチームでやっているわけではなく、緩いつながりの中でなんとなくチームっぽくなってきた集まりのような感じではありますが、やがて大きなチームになっていくと思って活動していますので、今のうちからリーダーの歩み方をしっかり学んで、関わっていただけた皆さんに、一緒にやってよかったと思っていただけるプロジェクトにしたいです。日々、勉強です!また学んだことは自分のためにも、こうしてブログに書いていきたいと思います。今まさに同じような状況!という皆さんも、一緒に頑張りましょう!