みんななかよく

みんななかよく

ヘイトコメントを哂え!
(http://haughtycomment.blogspot.com/)
のサポート・ブログです。

  ご存知、靖国神社。

 

  

 

  昨日、コロナ感染収束を祈願にいきました。

  「オリンピックを機会に感染爆発なんかしませんように」とお願い。

  「あんまり世の中が浮かれないように、日本選手の活躍はほどほどに」とまで具体的には祈念しなかったけど。

  そうじゃなくても、スポーツの試合って、「ケガがなければだれが勝ってもいい」としか、普段から思わない。

    

   世の中、オリンピックでの主要関心事は自国のメダルの獲得数らしい。

 わたしなどには理解できない感覚です。

 世界新とか五輪新とかの記録のほうが値打ちがありそうに感じます。金、銀、銅のメダルを渡して表彰するって、演出の範囲のことでしょ。それがメインの指標になるのかなあ。

 でも、「国の予算を使って、メダルの数が少ないのは無駄」みたいな言い方をする人はいるようで、自分の身近でも二例ぐらい聞いたことがある。

 

 競技者本人や関係者などが喜ぶのはもっともですが、日本選手がメダルをとったからといって、自分が誇らしく思うって心理がよくわからない。科学技術上の業績を上げている人や、途上国援助に献身している人や、立派な日本人ってたくさんいると思うけど、そういう人に普段から思いをはせて、自分も誇らしいと思う人っているのかな。ノーベル賞ぐらいになると受賞者の母校や出身地などゆかりの人が「誇りに思う」って言うかもしれないけど。

 

  サッカーなど団体競技では、どこそこの国のチームを応援するというのはわかるんだけど、国別メダル数レースというのを設定して、そこで争うとなると大国のほうが有利に決まっている。

 そんなことより自分の好みの種目の成果を気にかけるほうが、通っぽいような。

 メダルの数なんて1年たったら忘れてるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

目についた記事をいくつか紹介。

 

FEM-NEWS 2021年7月24日

 

”おやじクラブ”に怒るノルウェー大臣(ビーチ・ハンドボール女性ウエア) : FEM-NEWS (exblog.jp)

 

ビーチハンドボールの規則だと、女性のユニフォームは露出してなきゃいけないんですってさ。

それについてノルウェーの文化・平等大臣が怒っているって話です。

へー、と思いました。 是非読みにいってください。

 

シートン俗物記 2021年7月24日

 

オリンピックは絶対に観ない - シートン俗物記 (hatenablog.com)

 

 (引用)

「まあ、いくら反対しても実際に競技も始まったし、仕方ないから観戦して応援するか。」という意見の人も多いとは思います。しかし、私はそれを受け入れません。

その考えを受け入れる、というのは、政権の「強引に押し切ってしまえば、どうとでもなるし、そのうちに忘れる」という考えを助長するものだからです。断固としてオリンピックには反対し、人を舐めきった政権にNOを突き付けるつもりです。

(まで)

 

なんか、日本選手がメダルをとったってばかり騒いでいるから、決意しないでもわたしは見る気がしませんけどね。日本選手たって親戚でも知り合いでもないし。

 

このブログ記事、後半は「華氏451度」ってSFに言及しています。わたしは疎いけど、りくにすさんの分野だな。

 

クミコさんのブログ  2021年7月26日

 

朝から「黒革の手帖」だ。 | クミコ オフィシャルブログ ~だって人生は片道切符~ powered by Ameba (ameblo.jp)

 

(引用)

いやあ。まいった。

まさか、こんなにオリンピックだらけになるとは。
NHKなど、朝から晩まで。

ふだんからスポーツ好きな人にとっては天国だろう。
でも、まったく興味のない人間には、ただ苦痛。
(まで)

 

 

23日は出かけたのでオリンピックの開会式の中継は見ませんでした。

五輪観戦にもともと熱意がないので、再放送やニュースでも見ていません。

これだけ騒ぎになったのだから、どんなだろうと野次馬で見る人もいたでしょうけど。

 

無観客なんて、もう見られないかもしれない開会式だから稀少ではあります。

記録映画の監督さんはどう撮るのかなあ。

 

アメリカの放送局が、直前の総合プロデューサー解任をどう伝えていたのかも気になります。

ニュースでは報じても、中継放送の原稿には入れなかったのかな。

 

64年のオリンピックの開会式は、テレビで見ていました。世の中にカラーテレビが普及していなかったと思うから、うちは白黒テレビだったかな。

 

前日まで雨模様で、その日は快晴になったというので、10月10日は晴れの特異日なんだと喜んでいたと思いますが、特異日という単語はまだ使われていなかったはず。

当時のIOCの会長、ブランデージさんがスピーチして、昭和天皇に開会宣言をお願いしたい、とかなんとか言って、それが意外みたいな中継をしていたような覚えがあるんですが、このへん不確かです。

昭和天皇は原稿を読み上げたわけだから、式次第は決まっていたわけで、ブランデージさんのアドリブなんてあり得ないと思うけど、スピーチの予定稿にはなかったということか。

ともかく、それを受けて、我が昭和の天皇は、「だいじゅーはちかい、オリン ピアードをきねんし、

ここに とうきょうオリンピックの かいかいをせんげんする」 と、あの(たって想起できる人は少なくなったでしょうが)、独特の口跡でメモを読み上げました。

今の若い女子なら、「キャー、カッワイイー」って言うところです。

あの後、この時の天皇の真似をする人が増えたと思う。って、真似してたのはわたしだけか。

 

選手の入場行進では、ギリシャを先頭に、いろんな国の選手団が行進し、小学生には世界の国の国名を知る機会になりました。順番は英語表記のアルファベット順だったかな。アメリカもソ連も後ろの方だった。

日本選手団は赤のブレザーで、わたしはブレザーって言葉を初めて知ったのだと思います。当時、芸人さんでもなければ赤い上着なんて着る人はいなかったと思うから、かなり衝撃的でした。

日本選手団は整然と隊列を揃えて行進していました。もっと後から行進したアメリカ選手団が、あんまりしゃちほこ張らず、もっと楽し気だったので、それと比較して「日本人は真面目すぎる」みたいなことを、新聞は言っていたと思います。

今では、昔日の感がありますが、昭和40年代ぐらいまでは、日本をネガティブにいうのが世の中の人は好きでした。新聞の好きな語呂合わせは、「日本人はテンション民族」というもので、子どもだから「天孫」という言葉を知らなかったので、何のことかと思った覚えがあります。

 

当時の東京は、建築工事、道路工事の現場だらけで、歩道のいたるところに鉄板が敷いてあったので、外国から来た人が「日本の道は鉄でできているのか」と感心した、なんて話も、聞いたか読んだかした記憶があります。

 

オリンピックにやってきた外国人に笑われないように、とも、マスコミは説教していたんじゃないかなあ。その時に観念される「外国」というのは、欧米先進国のことですけどね。

64年のオリンピックを懐かしがるなら、当時の日本の先進国に対する劣等感や気後れも、思い出してほしい気がしますね。

東京での思い出は?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
東京の日、去年も一昨年も、アメブロはそういうんですね。
10月1日、都民の日は、学校が休みになるし、都営の施設が無料になったりするので知っていますが、東京の日なんて日常では意識しません。
東京新聞には載っていますが、あんまり聞かない記念日です。
記念日協会も知らん顔。
 
今日は何の日 の7月17日、「歴史」って部分にこうあります。
1868年詔勅により江戸を東亰[とうけい]に改称。(新暦9月3日)
 
むかし NHKブックスで、「東亰時代 江戸と東京の間で」 って本を読んだ記憶があるけど、内容は覚えていません。
その頃は、東京を「とうきょう」とは読まずに、「とうけい」と読んでたらしいのですが、京都は「きょうと」と読むからか、「とうきょう」の音のほうが定着したんですね。
大名屋敷だったところが公共施設になっていくような時代だったんでしょう。
見てみたかったなあ。
 
 
 

オリンピックが、「コロナ、大丈夫か」と心配のなか1週間後に開かれます。

開幕1週間前記念の昔話。

 

あれは党首討論の時だったっけ。

オリンピックが論題になったとき、菅総理が1964年の東京オリンピックの思い出話をしました。

菅さんはその頃、高校生と言ってたっけな。

わたしは小学生でした。

そういやあ、印象に残っている選手や競技ってなにがあったっけと思い出してみました。

検索で確かめずに、うろ覚えもそのままで書いてみます。

(後で答え合わせしようかな)

 

まず、マラソンで優勝したエチオピアのアベベ。

タイムは2時間12分か10分か。たしかオリンピックレコードだったと思うけど、ゴールしてから柔軟体操をして、インタビューでも「この後、2時間ぐらい走れる」といったっけ。

 

女子体操ではチェコのチャスラフスカが個人総合優勝しました。金髪の長身の選手。

それまでの第一人者はソ連のラチニナって人だったけど、その人を抜いた。

 

ソ連の選手といえば、タマラ・プレスという女子砲丸投げの太った選手がいた。

重量挙げでもソ連は強くて、一番、体重の重いクラスで優勝したのが、ジャボチンスキーという人。もう一人の年上のソ連選手を抑えて優勝した。その人はソクロフといったかな。

 

陸上短距離ではアメリカ選手が強く、100メートルはヘイズって人が金メダル。

アメリカは水泳でも強くて、100メートルをはじめメダルを何個も取ったのは、えーとショランダーという名の選手だと思う。

 

一番、印象に残った競技は棒高跳びですね。アメリカの選手と西ドイツの選手が、1位争いをして、延々と日が暮れるまで勝負がつかなかった。結局、アメリカの選手が優勝したんだけど、名前が出てこないや。西ドイツの選手はラインハルトといったはず。

 

柔道ではオランダのヘーシンクが神永という日本の選手を押さえ込んで買って優勝したんだけど、金メダルが決まったときに、喜んだチームメート(かな?)が飛び出してこようとしたのを、ヘーシンクが止めたというので、感心されていました。

 

やっぱり、今でも覚えているのは陸上や水泳などの人気種目で、フェンシングやヨットなどは関心の外ですね。

 

 

 

 

 

 

 この記事の冒頭に西村康稔経済再生担当相の画像があるので、、まずご覧ください。

 

「自公以外に投票」がトレンド入り 西村氏の発言で不満噴出か | 毎日新聞 (mainichi.jp)

 

 転がっている画像を持ってきて貼るのは控えて、というかスキル無いからURLだけ掲示。

 

 前から、西村さんって誰かに似てるなと思っていたんですけど、スネ夫に似てますよね。西村さんのほうは、背が高いけどね。

 

 

 

 

 

なんか手じかで使っているカレンダーが違っているみたい。

 

7月19日って休みじゃなくなったの?

 

 

 

 

 

 要するに、7月19日⇒7月22日で、10月の体育の日が7月23日になって、8月8日が、例年は8月11日の山の日に、今年だけはなるのね。

 

 そんな面倒なことしないで、今年はオリンピックの開会の日と閉会の日は祝日にします、という法律を作るんじゃだめなのか。

 

 祝日、休日って、なんか最近は、安直に決まりますねえ。

 でも、11月3日と11月23日は、移動休日にしないんだよねえ、根が神権近代国家のニッポンは。

 

 

 

   2009年

 

第二回東京オリンピックに想ふ  2009-02-25 11:17:16
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10214321794.html

リオデジャネイロ五輪のシンボルマーク  2009-02-27 01:25:00
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10215280483.html

リオデジャネイロ五輪関係のまとめエントリー 2009-10-01 23:19:03
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10354642041.html
 この記事の中身は以下
 演説は大事 オリンピックはどこに決まるか 09年10月1日
  http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10354667623.html
 ロンドン五輪のプロモ  09年3月1日
  http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10216498096.html
  rio2016 のマーク    09年2月27日
  http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10215665663.html
  リオデジャネイロ五輪のシンボルマーク  09年2月27日
  http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10215280483.html

新しい画像、ないかな 2009-10-03 10:43:09
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10356072382.html

本命と穴の争いで・・・ 2009-10-03 
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10355900456.html

祝 リオデジャネイロオリンピック 2009-10-03 
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10355910638.html

妄想 リオ五輪 2009-10-03
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10356054087.html

だめだ、こりゃ  五輪東京誘致の未報道情報 2009-10-08 
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10359114597.html

   2013年

五輪応援演説  2013-02-09 10:49:42
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11466790263.html
 

オリンピック、東京に決まったら(短) 2013-09-04 14:46:27
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11606575159.html

東京五輪九条の会 (長)  2013-09-13 14:52:58
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11612851593.html

オリンピックの時、何歳? (短) 2013-09-19 10:31:50
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11616952923.html

「みんな祝え」ってか 2013-09-25 
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11621434672.html

    2016年
  
東京そしてリオ オリンピック開会式   2016-08-07 22:49:02
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-12188115929.html
 
   2020年
呪われたオリンピック  聞くほうも聞くほう 2020-03-19 10:12:53
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-12583150071.html
 

オリンピック、無理そう 2020-09-04 23:58:15
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-12622586062.html

北京に負けたくない?  2020-12-13 17:33:28
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-12643798832.html

 2021年
東京五輪 本当のレガシー  2021-02-22 17:40:17
https://ameblo.jp/kandanoumare/entry-12658312565.html

 旅行の楽しい思い出、なんぞという気の利いた記事は出ません。2020年の6月、7月、8月の記事を振り返ってみましょう。

 

 6月、7月にかけて目立つのは東京都知事選の記事。

 いっぱいあるけどまとめエントリーはあげたので、別のものを探そう。

 

リブログ記事で

2020-07-16

”新四字熟語誤解謝罪” 西村康稔さんのツイート 

 

2018年の災害時に、赤坂自民亭をしていてひんしゅくを買った話ですから、去年の思い出とは違うか。

今も、世の中をもませていますね。この方。

 

そういえば、去年の夏から、アメブロにコメントするとき注意書きが出たり、コメントにタイトルがつけられなくなりました。

このブログに関連することでいえば、昨年の夏の思い出といえば、このことですかね。

大災厄じゃ。

 

2020-08-17

アメブロ利用者に聞き合わせ

 

2020-08-04

すぐに出てくるよ アメブロの注意喚起

 

 「おうちでオリンピック」とか「巣ごもり五輪とか」か言っていたら、なんだか本当になってきました。

 

2021-05-11

ネガティブ・レガシー (東京五輪開催支持論)

 

>感染症流行下でのオリンピックって歴史的じゃない? 平和の祭典と言いながら、戦争が起こっている最中のオリンピックなんていくらもあったけど。

 

2021-06-06

安心安全なオリンピックの方法 あるかな

 

>オリンピックを強行しても、できる人はテレワークして、遊びに行くのは自粛して、みんなが家を出ずに引きこもればいいんでしょ。

 

>オリンピック中、東京をロックダウンするっていうのはどうかな。かつてないオリンピックで「レガシー」になりまっせ。

 

 

オリンピックを開くぐらいだから、感染ももう山を越えたと思う人はそんなに多くないと思うけど、観客を入れてにぎやかにやるより、無観客にして粛粛とするほうが、人の行動は変わるような……。

 

 ところで、#巣ごもり五輪 で検索したけど、誰も記事を書いていなかった。他にも#ステイホーム応援とか、#がんばるなニッポン とかをハッシュタグにしたんだけど、よろしかったらお使いください。

 

 

追記 7月10日17時30分

 ハッシュタグをピコピコとクリックしてみました。

 #巣ごもり五輪 2件  #ステイホーム応援 17件

 #がんばるな日本 5件 #パンデミック下の五輪 2件

 #無言応援 2件

 

 「巣ごもり応援」の記事は、このブログだけ。「がんばるな日本」は当方以外にサイボウズのCMを話題にしたブログ記事が見つかりました。 「ステイホーム応援」は、ステイホーム生活を応援するって趣旨のサービスなどの話題がいくつも。「無言応援」は、このブログの他にもう一件。4年前の野球応援の話題。