ひと月ぶりの更新になってしまいました。

 コロナがいよいよ先が見えなくなって来ましたが、みんなが無事で終息することを願うしかありません。

 

 さて、今回は、『宍粟総合病院の現状と建て替え問題』について、この間調べたことを百人一歩通信にまとめました。

 その記事を転載させてもらいます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

1.   今の宍粟総合病院の経営状況

 ① 2019年度は黒字になるかも~
 「毎年赤字がふくらんで経営が大変なのではないか~」そんなウワサをよく聞きますが、実際はそうでもありません。
 2018年度の決算は、収益37.0億円、経費38.4億円。計1.4億円の赤字でしたが、減価償却費を除くとほとんどトントン。

 この3月の2019年度決算では、どうやら黒字決算になりそうということです。
 もちろん、国・県・市から6.3億円補填してもらっての話です。

 でも、それは、公立病院としてやっていくために認められているもの(救急医療、高度医療、小児科や産科等をするならば採算は難しいだろうから一般会計から補填しなさいというもの)や医師確保対策費、それに、建物等の長期負債返済のための国からの交付金分等です。実際、県下30ある公立病院の中で、この補填がなくても黒字なのは1つだけで、あとは、どんな都市部の病院でも皆補填をもらっています。

 ② 借金総額は?
 2019年3月での負債は、一時借入で5.2億円。長期の負債で、建物の返済残高が約17億円、建物改良費や器械備品の更新費残高が約6.7億円、計約24億円。負債合計は約29億円です。
 この一時借入5.2億円が、今年の黒字決算で3億円に減額できるのではないか、来年3月には2億円に…といわれています。
 また、長期借入は、毎年3億円余りの支払をきちっとしており、2028年には支払がだいたい終わります。

 ③ 改善して来た理由
 ここ数年の取り組みの成果が出てきたのではといわれています。

  地域包括ケア病棟のキャパを増やした(回復期の入院患者を多く診れるようになった)
  医師の数が増えた(県・大学病院との連携がうまくいっている)
  ●夜間、救急体制を充実させ多く診れるようになった。
  午後診察を始めた。
  訪問診療も始めた。

 

 他にもあるでしょうが、この結果、市民の皆様がより多く利用されるようになったということでしょう。医師・看護師・技師・事務方、また市長・行政当局等の大いなる努力と市民の皆様のご理解の賜だと思います。

 

 

(中央の更地が東亜林業跡地・新病院建設予定地 山崎・国見の森展望台から

 右上の山の向こうに薄く見えるのは家島です。)


2.  新病院建設に関して
 さて、現総合病院に関しては、このような状況ですが、いよいよ、それでは新病院について検討してみます。

 

 昨年一月の臨時議会で、山崎町中比地の東亜林業跡地が新病院建設候補地として6.6億円で購入決定されました。その後、解体・整地され、3.9haの広大な敷地が広がっているのは皆さんご存じのことと思います。その後、有識者等による検討委員会が開かれ、現在、新病院の基本構想について検討されている段階です。

 

 本当に、今、病院建設が必要なのか? あの土地でいいのか?財政は?等々、私なりに疑問があったので、その後、様々に検討してみました。その結果としては、『新病院建設は今の候補地で今から進めるのがベター』と今は考えています。その理由の概要を以下に書いてみます。

① なぜ今、病院建設にかからないといけないのか?
 ㋐ 国・県との関係
 市立病院は各市が勝手に建てることはできません。県の許可が必要。

 県は、共倒れにならないよう、地域の患者数を予測して、どこにどのような病院・診療科が必要かの計画を立てます。

 今、2025年を目標にした計画を立てている時で、今なら、その計画にちょうど乗れ、国・県の医師派遣等の協力がスムーズに得られます。

 

 ㋑ 現病院の老朽化
 現病院の建築は、大きいところで、南館は1984年(築36年)、北館は1998年(築22年)です。
 雨漏り、ひび割れ等、かなりありますが、建物自体は補修すればまだ使えるようです。

 しかし、配管関係が増築増築で天井裏に詰め込んであり、補修が難しい状況。

 冷暖房、電気、医療ガス、…等の配管にすでに穴が空き始めています。

 

 ㋒ 機能的耐用年数
 一般的に病院の「機能的耐用年数」は31年といわれています。つまり、建物はまだ使えても、機材や技術・状況の変化にともなう構造の作り替えが必要になってくるということです。
 例えば、現病院ならば、待合室が一箇所でプライバシーがない、診察室が増やせない(若い医師に魅力がなくなる)、等、新しいニーズに合った取り組みを考えても、建物に全く余裕がないので、魅力ある病院が作れない状況です。

② 土地は適しているのか?
 ㋐ 面積が広すぎ?
 おそらく新病院はヘリポートとかバスターミナルを作ったとしても、約半分くらいの土地を使うだけでしょう。

 ならば、3.9ha全部を使わなければできないようなことに使う方が有効なのでは? 

 とも思いますが、現実は、工場誘致、特に従業員を多く雇う企業の誘致は難しく、他に今すぐに当てがあるわけではありません。

 それで、県の計画に乗り遅れてしまうリスクは大きいです。

 また、3.9haといっても、変形していて、また、真ん中にナナメに水路が入っているので、それを考えるとそこまで広いとも言えません。

 

 ㋑ 場所が宍粟市の南の端
 確かに、特に北部の者にとっては「もっと北に作って欲しい」という思いは強いでしょう。

 私もそう思います。

 ただ、では今すぐ土地があるかといえば、なかなか難しい。

 少なくとも2haくらいは必要なので、それをもし、どこかの田んぼを買って・・となっても、地権者が20人くらいになれば、なかなか話が進むのは難しいのが現実でしょう。 

 また、宍粟市だけでなく近隣の医療の中核地と考えるならば、この場所でも意味があるかもしれません。

 

 ㋒ 災害は大丈夫?
 この場所はハザードマップで0.5~3mの浸水想定区域です。昨今の気象を考えると危険です。
 しかし、ならば他にどこがあるのか。

 実際、山崎中心部で建設可能と考えられる所はほとんどが浸水想定区域や、土砂災害警戒区域です。

 土砂災害に比べれば、浸水想定の方がまだ対応可能。

 (盛り土、重要機材は2階以上に、止水板で建物の中には水が入らないようにする、等)

 

 ㋓ 現在地や旧山崎役場跡地は? 
 現在地での建て替えは、面積や入院患者さんがいるので無理だと思います。

 旧山崎役場跡地も狭いし高層建築も難しいでしょう。


③ 財政的に大丈夫?
 ここが一番心配です。

 

 ㋐ 現総合病院の負債は終わっている
 まず、現総合病院に関しての負債は、新病院の返済が始まるときには概ね終わっています。

 新病院は早くて2026年開業。建物の返済開始は2031年です。

 

 ㋑ 仮に70億円で建てたら返済はどうなる?
 5年猶予であとは25年返済。

 今の決まりでは25%を国が見てくれるので、残り52.5億円を病院の営業(原則半額35億)と市の補填(17.5億)で支払うことになります。国の補填も含めて、毎年約2.8億円。

 今、それに当たる金額として、毎年約3.1億円支払っているので、機材更新費や建物改修費等で前後しますが、今と同じくらいか少し少なくなる計算です。

 

 ㋒ 人口減少なのに払っていけるのか?
 最大の問題はココです。
 まず、今後20年の予測として、高齢者人口はそんなに減りません。

 病院利用の多くは高齢者なので、その意味では最初の10年はなんとか大丈夫。

 その意味でも、建てるなら早く建てて、支払いをできるだけ早く始める方がいいです。
 問題はその後の15年。

 急激に人口減少が進みます。高齢者人口も減少します。

 今と同じだけの支払ができるのか。残った者に過度な負担を強いるのでは、と心配されます。


 ㋓ 20~30年後、他にどれだけの医療機関があるだろうか
 では、20~30年後、個人医院や民間病院も含めて、どれだけの医療機関が残っているでしょう。

 公立病院も経営難になりますが、民間はもっと厳しいかもしれません。

 周辺自治体も同じです。

 そう考えるならば、西播磨北部全域がカバーする対象の人口となっている可能性も大きいのではと思います。

 

 ㋔ 回復期病棟を慢性期病棟にかえる
 救急が終わったあとの入院病棟を「回復期病棟(地域包括ケア病棟)」といいます。

 もっと長期の入院の方の病棟を「慢性期病棟」といいます。

 今、救急(急性期病棟)と慢性期病棟は過剰で今以上は許可が出ません。

 しかし、その頃になると、また状況は変わっている可能性も大きく、そうなれば、慢性期病棟に変えれば、需要はまだあるかもしれません。

 

 ㋕ ならば、病院は要らないか?
 究極の選択です。

 今、厳しいのであれば、20年後はもっと厳しいでしょう。

 ということは、今の病院を使えるだけ使って、その後は宍粟市に公立病院はなし。

 これも選択肢の1つです。

④ 地方の中核の町に公立病院1つ維持できないような国が「先進国」といえるのか~
 私は、究極、そう思っています。地方を守り、農地や山を守り、国土を守ろうとする者に、自己責任で病院を建てろ。それがそもそも無理な話だと私は思っています。30年後、もし病院経営がダメになるならば、どのみち、北部は人が住んでない所になっています。
 国が、国民が、農地や国土を守ろうとしないならば、そこにおカネを入れようとしないならば、病院だけでなく、その地域自体が成り立たなくなっているでしょう。
 でも、そうなれば、日本は終わってしまうと私は思っています。食料はコメも含めてほとんど外国産、農薬・遺伝子組換まみれ。日本人は病人だらけ。主権は全くなし。外国の言いなり。… そんな国を子どもたちに残すのですか?
 人口は減るけど地域や農地・山はきちんと残さなければならないのです。何度も言いますが、おカネはあるところにはあるのです。回ってないだけ。あるとこからとってないだけ。


 そんな日本に作り変えなければという思いも含めて、私は、宍粟市に公立病院を残すのならば、建て替えるのは今がベストで、あの土地での建設がベターだと思います。
 播磨・姫路圏域の特定中核病院にも指定されているのですから、将来負担の少ない規模、運営形態を研究しながら、また、可能な限り夢のある機能をみんなで出していき、宍粟市民がみんな利用しようという気になる新病院を考えましょう。
 そして、残った土地の有効利用もみんなで知恵を出して考えていきましょう。いずれにしても、あの広大な土地は市民の大きな財産です。ムダにならないよう、有効利用を考えましょう。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 以上が、現時点での私の思いです。違うご意見ももちろんあるかと思います。まだまだ、私の知らないことも一杯あると思います。また、ご意見等いただければありがたいです。これも1つの意見として、また皆さんで議論を深めていただければと思います。

 

 

 私も自家用米の田んぼで、田植えの時に箱苗に「アドマイヤ−」という農薬を使っています。それって、ネオニコチノイド農薬。 でも、やっぱり怖いようです。

 以下、「食品と暮らしの安全基金」というところが出された冊子からいくつか紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

●島根県宍道湖の魚が激減 ネオニコ農薬が原因(産業技術総合研究所と東京大学などの研究チームが発表)
  水田にまかれたネオニコ農薬が宍道湖に流れ込み昆虫・動物ブランクトンを殺す。→ 収穫量激減・ウナギ(50~60t→10t)、ワカサギ(100t以上→ほぼゼロ)。
 使われ出してすぐに激減。→毒性の強さの裏付け

 

●ネオニコ農薬は1990年代から急速に普及 それに歩調を合わせるかのように 発達障がいや自閉症が増加。

 

      (このグラフは私が作成)

 

●胎児、新生児は化学物質に脆弱、発達過程の大脳が影響を受け神経障害を起こす可能性がある。しかし、ほとんど研究されてこなかった。
●EUの専門機関・欧州食品安全機構は2013年に「アセタミプリド、イミダクロプリドは低濃度でも人間の脳や神経の発達に悪影響を及ぼす恐れがある」と発表


●ネオニコ農薬とは
 それを食べた動物の脳や中枢神経内にある神経伝達物質「アセチルコリン」の正常な働きを妨害し異常興奮を引き起こし死に至らしめるもの

 日本で主に使われているのは次の7種類

 ・イミダクロプリド(1992年)     (商品名) アドマイヤー・メリット
 ・アセタミプリド(1995年)         モスピラン・マツグリーン・イールダーSG・アベイル
 ・チアクロプリド(2001年)         ガリプソ・バリアード
 ・ニテンピラム(1995年)         ベストガード
 ・チアメトキサム(1997年)         アクタラ
 ・クロチアニジン(2002年)         ダントツ
 ・ジノテフラン(2002年)         スタークル


●「浸透移行性」 ネオニコ農薬は水溶性、水に溶けやすい。→ 植物の体内に染みこみ水分といっしょに植物全体に行き渡る。→ 植物の形をした農薬となる。どこを食べても昆虫が死ぬ。 → だから洗っても落ちない
●「残効性」何ヶ月にもわたって効果が持続。
 例 イネの育苗箱に噴霧すれば刈り入れまで殺虫効果が持続する。

 

ネオニコ農薬は「人やその他のほ乳類、鳥類、は虫類への影響が少ない」という触れ込みだったが、実際に使い始めたら人を含めあらゆる生物の生存を脅威にさらすという、想定外のことが起きた。


●市販の日本茶39検体とペットボトル茶9検体すべてからネオニコ農薬検出 (北海道大学などの研究チーム)
  (スリランカ茶は不検出)   
 長期間飲み続けたときの影響を誰も検証していない。

 

●各国のネオニコ農薬規制
 EU         2018年イミダクロプリド、チアメトキサム、クロチアニジンの屋外使用全面禁止
           チアクロプリド2020年4月農薬登録失効
           ジノテフラン、ニテンピラムはもともと承認されてない
 フランス     2018年 全てのネオニコ農薬全面禁止
 アメリカ     2015年イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサム、ジノテフランの使用規制、空中散布禁止
 韓国         3種類を使用禁止

●日本だけ逆行        基準を大幅にゆるくする
  例 2015年 クロチアニジン ほうれん草    40ppm (13倍ゆるくなる)
                     春菊          10ppm (50倍ゆるくなる)
                                  小松菜      10ppm (10倍ゆるくなる)
                                  三つ葉      20ppm (1000倍ゆるくなる) (1ppmは100万分の1)
        2016年 チアメトキサム
        2017年 イミダクロプリド ゆるくなる

●外国    「予防原則」 人や自然環境などへの影響が懸念される場合は確かな証拠がなくても念のため使用しない
 日本    悪影響を与える確かな証拠がないなら使用を容認する
      産業界に配慮した考え方。

 

●外国では有機が普通になりつつある
  アメリカ         食品全体の6%、(果物と野菜は15%)  全世帯の8割近くが有機食品を購入している
  デンマーク     10%
  オーストリア     全農地の1/4が有機か有機に転換中
  韓国         学校給食が続々と有機に切り替わっている(ソウル市2021年から全ての小中高校で無償の有機給食)

●有機食品は農薬がないだけでなく、ミネラル豊富 一石二鳥

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ネオニコチノイド農薬 危険だった!「減農薬」』 要旨

関心のおありな方はご一読を。

 申し込みは メール mail@tabemono.info でどうぞ。

前号から約半年経ってしまいましたが、ようやく、百人一歩通信第9号ができました。5日の新聞折込に入ると思います。

 また、文字が多くなってしまいましたが、よかったらご一読ください。

 内容は

1. 学校給食について

 これは、12月16日と22日にブログで書いたものをだいたい載せたもの、プラス、学校給食を有機食材化にです。

2. 宍粟市雇用創生協議会に関連して一言

3. 読者からの投稿

 デス。

 

 

 

 

 

 

 

 1月30日防災センターで熊本・阿蘇でTAO塾を主催されている『波多野毅さん』という方の講演会がありました。

 いや、なかなか面白かったので、少しだけ記録しておきます。

 

 まず、言われます。

「講演に先立って皆様にお断りしなければならないことがあります。実は私は原発推進派です」・・・(ええ〜〜、ちょっと聞いていた話と違うけど〜)と、とまどう。(このあとの昼食会でどう話をすればいいだろう〜)と半ば真剣に悩む。

 そして、続けて言われます

 「世の中にはいろんな考え方の人がいる。自分と違う考えの人に対して「排斥しろ、攻撃しろ〜」とよく言う。

 私は今、大学で「紛争解決学」の研究員をしてる。

 どんな人であっても丸ごとまずは受け入れる。どんな思いでそんなことを言っているのか虚心坦懐で聞いてみる。そしたら違う世界が見えてくる。」

 いよいよ、(う〜ん、どうやって話せばいいのかなあ〜)とマジで悩む。

 そしたら

 「ちなみに「原発」というのは略語ですね。なんの略語ですか〜。

 これは『原始力発酵所』の略なんですね〜」

 ちょっとこの冗談きつかった〜〜(笑)。

 

 風力発電、太陽光、地熱 自然エネルギー 無農薬自然農 漢方 東洋医学 ヨガ・・・そんな原始力が大事。

 味噌作り、甘酒造り・・・発酵所

ということだった。「皆さん、安心しましたね〜」だって・・・。

 そんな感じで、様々に笑いを交えながらの2時間でした。

 

思いつくままに書いてみますと。

 

●「教えない教育、治さない医療、救わない宗教」

  つまり、その力は自分の中にある。それを引き出すことが大事。

 

●子どもの教育の根本

 まちがってへっちゃら、うまくいったところは徹底的に褒める

 

●マッドセラピー 泥療法

 泥あそびをすれば自己肯定の強い子が育つ 「泥んこになってもいい」

  田んぼで泥あそびをさせる。楽しそう。合鴨農法ならぬ「幼児虐待農法(笑)」 全然虐待じゃない。

 

●『医食農同源』 (神奈川県が県政コンセプトに使わせて欲しい と言ってきた。)

 医療と食が関連していると考えている医者は多いが、医療と農が関連していると考えている医者はほとんどいない。

 医 (人)  腸の絨毛 ─ 腸内細菌

 農 (植物) 根の根毛 ─ 土壌細菌

同じ原理

 

●やまと言葉はおもしろい

 「」は「永続する、根源的なエネルギー」という意味

医療  生命  いの

食   血液    → 凝縮したもの「ちち(乳)」

農   大地  だい・つ

 「生命」の根本は「食」だけど、もっとその元にある「農業」こそが我々の生命の一番の基盤

 これが、やまと言葉に隠されている。

 

現代は

医療  薬

食   食品添加物 

(今一番使われている食品添加物「リン酸塩」身体に悪くない。食品をフワフワ、しっとりさせる。でも、ビタミン・ミネラルをひっつけて身体の外に出してしまう。)

農   農薬

 

●日本の死因

1.ガン 2.心疾患 3.肺炎 4.脳血管 5.医療事故 6.老衰 7.不慮の事故 8.自殺

 医療事故対策で「メディエーター」といわれる担当者がいる。

 今までは、謝ったら負けと言われていた。交通事故でも謝れば自分に責任があると認めたと言われていた。

 今は違う。

 医療事故で医者が「申し訳ない」と謝れば、一億の訴訟を取り下げることにつながることが分かってきた。

 真心を持って素直に「ごめんなさい」と謝罪したときにものすごい癒やしの効果が出てくる。

 

●アメリカの死因

1.医原病(医者に行ったために亡くなってしまった) 2.心疾患 3.ガン

 

●でも、本当は「食原病」ではないか。

「食」──人の下に良い と書く  

 もうすぐ食の字が変わる → 人の下に悪い と書くようになる(笑)

 料理の音─昔 トントン  今 チーン

    味─昔 お袋の味  今 袋の味

 

●ブラジルの熱帯雨林 毎年、フロリダ州と同じ面積の森がなくなる。大豆プランテーションに。

 一秒にサッカーコート1つがなくなるのと同じ。

 

●マドンナ・トムクルーズ 毎日高級ワインで豪華な食事をイメージするが、実は、食べているのは煮染め、きんぴらなど。 日本の伝統食が評価されている。

 

●アンドリュー・ワイル博士

 病気を治すのは医者じゃない、病気を治すのは病院ではない、

 病気を治すのは自然治癒力だ。

 

●「和食」 のぎへん 稲科を食べる  → 米を食べる ということ

 

●キクイモ をつくって町おこしをやっている

  天然のインシュリンと言われる「イヌリン」を豊富に含む

 

●3S Simple Slow Small

 

●困難に見えるものも見方1つでプラスに見える
 「難あり すなわち 有り難し」
 「人生は配られたカードで勝負すること」 無い物ねだり、比較をしない
 「ありがとう」の反対言葉 「当たり前」 感謝を忘れてはいけない
 →東洋哲学 老子 TAO
 「恵まれていない」 は実は 「恵まれている」
 
「病気」「紛争」などイヤなことが起こったときが一番チャンス  自分の内的な感触が全部現象界に届けられる。
「愛しむ」 何と読むか いつくしむ、
   「かなしむ」とも読む
   悲しむには大きなエネルギーがある。悲しむ を転化すれば 愛しむ となる。

 宍粟市に若手専業農家の集まりの会「つちのこクラブ」というのがある。

 私は全く若手ではないが、いつまでも会員の端っこにいさせてもらっている。

 昨日、久々に泊まりも含めて懇親会があった。

 若い20代、30代が多い (昨日来たのは8人、まだ来れなかった人もいる)。

 宍粟は農業地帯というにはまだまだ頑張らねばというところだが、

 それでも、こんなに若い人がいるのは非常にうれしかった。

 そして、みんな意欲を持ってさらにガンバロウとしている。

 まだ、独身の者も多いが、自分の人生を農業にかけると決めて、それに向かって動いている。

 本当にたいしたものだ。

 これだけ先行きの厳しい日本農業の中で、

 なかなか儲からないのが分かっていながら、

 休みもほとんどない、いわばブラック業界だと分かっていながら、

 それでもやっていこうとする若者たち。

 

 何がそうさせるのだろう。

 それは、

 まずはやっぱり農業の魅力だろうか。

 土の上で働く安らぎ、

 生き物を育てる喜び、

 誰に雇われるでもない自由さ、

 自分で考え、自分で努力すれば、必ず何かは応えてくれる手応え、

 体を動かし汗して働く気持ち良さ、

 良い物を作って人の健康に貢献し、人が喜んでくれること。・・・

 それらが、彼らを引きつけているのだろう。

 

 そして、それだけでなく、みんな、農業に使命感をもっているのを感じる。

 やっぱり、農業をつぶしてしまってはダメだという。

 口先だけで農業を守ると言って、

 実際は何もしない政治家たち、行政職員たち、JA、評論家、・・・。

 そんなんじゃない、

 たとえ小さくても、自分が汗して泥まみれになって、

 自分のできる範囲で農業を守りたい。

 そんな思いもしっかり感じる。

 

 彼らが、なんとか安定した暮らしができるように、

 そんな日本の農政にしていかなければ

 と思う。