インスタントジョンソン じゃいオフィシャルブログ『マルいアタマをぐちゃぐちゃにする』powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

メトロンズ

メトロンズ


『副担任会議』


という舞台を観に行ってきた。


クラブハウスで、出演者であるしずるの村上から誘われて、4月21日赤坂レッドシアターへ足を運んだ。


出演者はしずる、ライス、サルゴリラの6人。


約90分の舞台。


客演で芸人が劇団の舞台に出ることはよくあるが、芸人だけで作り上げる舞台というのは意外とない。


結論から言えば、非常に良かった。


ストーリー、台詞回し、キャラクター、笑いどころ泣かせどころ、メッセージ性。


全てがバランス良く織り込まれていて、観ていて心地よかった。


期待はしていたが、期待以上のものを見せてもらった。



たまに誘われて観に行く劇団の舞台なんかだと、チープな笑いというか、笑わせようとしている感が強くて笑えないことが多々あるのだが、


流石になかった。


加工アプリで盛ってる女子と、食事から美しさを保っている女子の違いといったところだろうか。


後半になると、笑い声が出やすい身体になってたように思う。


他のお客さんのことを考慮して、笑い声を噛み殺したところまであった。


脚本もそれぞれのキャラクター設定がしっかりしていて、


そのキャラクターを各芸人達が見事に演じていた。


そして、副担任というなんだか主役になれない存在(俺は副担任という存在に出会ったことはない...はず)


を上手に使っていて、世の中の主役になれない人、地味な存在、自分なんか居ても居なくても変わらないんじゃないかな?なんて思っている人へのメッセージ性もあって、


全体的に深みがあった作品だった。


今週までやってるらしいので、観てない方は是非。


リモート配信もしているとのことです。


回し者ではないが、単純にお薦めします。








M-1グランプリ

『あれは漫才なのか?』

なんて論争が行われている。

なんで素直に優勝おめでとうと言えないのかね?

そんなこと言うヤツは、漫才か漫才じゃないかの答えが知りたいんじゃない。

ケチを付けたいだけ。

もしくは、ケチを付けずにはいられない体になってしまったか。

今の時代を象徴している。

そして、こんなことを書くと、

これにもケチを付けてくるヤツがいるから面白い。

病だね。


まあ兎にも角にも、マジカルラブリー優勝おめでとう!

ネタのジャンルなんてどうでもいい。

ただただ面白かった!


お大事に!

ヒーロー

今も昔もヒーロー物の漫画や、ドラマ、映画は根強く人気だ。

ウルトラマン、仮面ライダー、スパイダーマン・・

世界中でヒーローは人気だ!

弱き者を助け、悪者を退治する。

途中苦戦したって、最終的には悪者をやっつける。

見ていて気持ちがいい。

最後はスッキリした気持ちで終わる。

誰もがヒーローに憧れる。


だが現実はどうだろう?

多分悪者の方が強い。

正義の味方はたくさん悪者に葬り去られているだろう。

ヒーローに憧れていたって、ヒーローになんかなれやしない。

他人を守るどころか、自分を守るのに精一杯だ。

自分を犠牲にしてまで戦える人なんてそうそういやしない。

アクション映画のように、1人で何十人もやっつけるなんて到底出来やしない。

ビームもロケットパンチも出やしない。

悪者に出会っても、機嫌を損ねないように従うだけ。

しかも、明確な悪者という存在も難しい。

自分にとっては悪者でも、他の人にとっては善人かもしれない。

悪そうなマスクも被ってないし、ピエロみたいなメイクもしていない。

仮に明らかな悪者だとしても、戦い、相手を傷付けてしまったら、今度は自分が悪者にされてしまうかもしれない。


ヒーローなんて夢物語にすぎないんだ。



でも、ヒーローに憧れる気持ち。

ヒーローになりたいという気持ち。

悪者をやっつけるという気持ちがいっぱい集まったとき、

みんなで悪者を倒せるかもしれない。

そして、大切な人が悪者にやられそうな時はヒーローにならなきゃいけない。


それがハッピーエンドじゃなくたって。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>