Love is Like a Rainbow ☆ 

Love is Like a Rainbow ☆ 

レインボーフィールドから、愛を込めて
地上の女神として ミラクルでマジカルな日々を過ごす方法を
シェアしています♡





ご訪問ありがとうございます。

このご縁に感謝します。



虹 ☆LUNA RAINBOW☆では、


ワンネスの共同創造 「トリニティ♡プロジェクト」として、



「アクセス コンシャスネス」各セッション&講座


無限の可能性を開く 多次元変容

「レインボーエナジェティックス」



女神のトリニティエナジーを加えた「SS健康法伝授会」




女神性の開花 「ヴィーナス・プロジェクト」


母なる地球と私たちを蘇生する

「地球環境蘇生プロジェクト」


Beingの
「聖なる旅 RAINBOW TOUR」を通して、



みなさんが 自分らしく

キラキラ輝きながら 夢を叶える、


お手伝いをさせて頂いています。



レインボーフィールドから、愛を込めて・・・キラきゅんっ









宝石赤 お問い合わせ・メッセージ全般は、

こちらのフォーム から お送りください。

登録されたアドレスに、メール返信させて頂きます。













テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

ベル     お知らせ&ご報告で〜す。

 

 

 

 

 

レポートも始まったばかりなのですが、

 

コスタリカからの流れで、

 

 

 

 

早くも 第二弾の旅が差し出されて、

 

出発することになりました〜。クラッカー

 

 

 

 

 

 

場所は    フランス・パリ〜!!

 

 

愛の都には いろいろありまして・・・ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新生地球のポータルを開くという、

 

ミカエルからのコールで

 

初フランスに   旅立ったのは  2015年。

 

 

 

 

※「888 OPEN & ミカエルの誘い」

 

 

 

 

 

 

出発時から ハプニング&マジック連続だった

 

旅レポートは、こちらから。

 

 

 

※「新生地球フランスの旅 Page 1」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセスのことを知ったのは、

 

その3ヶ月前で 陰陽和合の日(69)。

 

 

 

 

初バーズは 夏至明けで、

 

今とほとんど同じ時期。晴れ

 

 

 

 

 

旅のプランが すでに決まっていたところで、

 

デーンのクラスが パリで開催されることを知って、

 

 

 

 

それもクラスが終わった翌日に  モンサンミッシェルという、

 

見事なタイミングだったので、

 

そのまま応じて受けたのが「Being You」クラス。


 

 

 

 

 

Being You

 

Changing the World.....

 

 

あなたが 本当のあなた自身でいることで、

 

世界が 変わっていく・・・

 

 

 

 

 

 

 

私のライフワーク  そのままだったことから、

 

宇宙のプランだったこともわかって、

 

そこから 怒涛の流れ セカンドステージに。流れ星

 

 

 

 

 

クラスレポートは こちらから。



※「コンシャスネスな世界へ Part 5」

 

 

 

 

 

> 最前列  かぶりつき状態のひとコマ。 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虹   翌日のモンサンミッシェルでは、

 

虹のラッシュから  秋分の御来光、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカエルの熱烈送迎と 盛りだくさんで、

 

 

> それも トランジションの予告だったけど。

 

 

 

 

※「2015 新生地球 フランスの旅 Page 19」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虹    二度目のフランスは、1年後の去年で

 

6年振りのRAINBOW TOURとして。

 

 

 

 

 

 

111オープニング講座受講のメンバーが集まって、

 

開かれたポータルで、Beingの実践プレイをする・・・

 

だけに終わらなくて、

 

 

 

 

 

 

マサシのトランジションが直前に起こり、

 

非物質化して、

 

正真正銘の無限の存在になった彼を、

 

 

 

 

ミカエルの聖地である

 

モンサンミッシェルで新生させて、

 

 

ツインフレームとして 統合することになって、

 

 

 

全ては「宇宙の壮大な計画」だったことも

 

わかったり。

 

 

 

 

※「新生ミカエルのメッセージ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことから、

 

またフランスに行くことになるのは感じていたけど、

 

 

こんなに早く、しかも突然決まるのは、

 

これまた予想外。

 

 

 

 

 

そのきっかけになったのが、コスタリカの旅。

 

 

 

 

 

最終日のクラスが終わった後で、

 

6月にまた パリで「Being You」クラスがあると聞いて、

 

何気に誘われたときは、

 

 

 

あまりに早すぎて、旅の途中だったこともあって、

 

そこまで 考えられなかったけど

 

 

 

 

しかも Being You ファシリテーターの

 

トレーニングクラスだったし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

日程をみると ちょうど4週間後で、

 

 

 

満月が明けた翌日から クラスが始まって、

 

そのまた翌日は、マイ誕生日だったりして・・・バースデーケーキ

 

 

初マエストロと、ほとんど同じパターンだったことから、

 

 

 

ハートには すでに矢が刺さっていた感じで、恋の矢

 

 

> エロスの仕業かっ!  ^^

 

 

 

 

 

 


ソルトスプリングや バンクーバーで過ごして、

旅を終えて帰ったときには、

体も意識も大きくシフトしていて、

 

 

 

 

 

コスタリカの最終日に「鍵」が現れていたところ、

 

 

レポートが始まった朝、

 

マサシから 夢の中で鍵を渡されていて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのときのレポートのテーマが、

 

思いっきりフランスで 「乾杯」ラッシュだったので、

 

ドキッとしていて・・・ドキドキ

 

 

 

※「白光の旅 出発編」

 

 

 

 

 

 

 

先月のOne Day講座のリーディングで、

 

ノートルダム寺院が出たときのことも思い出して、

 

 

 

 

 

※「宇宙の壮大なイベント幕開け」

 

 

 

 

 


パリの心臓と言われ、聖母マリアを称える寺院。ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソルトスプリングでお宅訪問した

 

ご主人の実家が モンサンミッシェルの近く

 

なんてこともあったり。

 

 

 

 

 

現実的に考えたら、

 

とても選択できるような状態ではなかったけど、

 

 

 

 

 

コスタリカ出発前に、

 

繰り返し伝えられた「宇宙の壮大なイベント」は、

 

まだ始まったばかりで、

 

 

 

 

そのために 時間を掛けて、

 

準備してきたことを 自覚させられた上に、

 

 

 

 

 

開かれた扉を 閉じるなんてことが

 

できるわけもなく・・・・・ドア

 

 

 

 

 

 

他にも フォローアップセッションを

 

オファーしているときに、フィールドがシフトして、

 

 

 

宇宙連合からの後押しサインも あったり、流れ星

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして 今回の旅が 確定したのが 昨日で、

 

 

その前日には、メンバーから 三日月の近くに金星が

 

映っている写真が届いて、

 

 

 

 

月も金星も 獅子座(ライオン)入り

 

していたりして、しし座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出発日が、3日後の夏至の日に。晴れ

 

 

 

 

・・・5日前に決まったコスタリカの記録を、

 

早くも超えちゃった。笑

 

 

 

 

 

 

寸前なので、

 

宿泊先もフライトも限られていた中で、

 

思ったより いい感じの予約ができて、

 

 

 

 

今回は、滞在日が限られているので、

 

 

その中で何をするか、

 

何ができるかは、これからという感じだけど、

 

 

 

 

体も 生まれ変わったばかりなので、

 

過去2回の旅とは また違った感じで、

 

統合することになりそう〜。合格

 

 

 

 

 

 

一つ 決まっているのは、

 

満月を迎える日に モンサンミッシェルに滞在すること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスタリカで迎えた「ウエサク祭」続きとして、

 

何かすることが あるみたいで、

 

 

 

 

 

「光の柱」になることを選択したメンバー達には、

REシンフォニーチューニングも  あって、
いて座

 

 

 

 

 

 

今回は、こんなにギリギリなのに、

 

島内にある修道院麓のホテルに

 

宿泊できることに なったのです〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それも 予約を入れようとした昨日は

 

限定特別セールで 半額で泊まれるという・・・

 

 

 

ミカエル・・・心使いありがとう〜。キラきゅんっ

 

 

 

 

 

 

昨日、出かけた先では、

 

ライオンズゲートの「888」に、

 

 

 

 

 

81(光)41(神)」のゴールデンナンバーまで、

 

目の前に飛び出していて、

 

 

 

 

明け方の今朝は、大地が揺らっとゆれていたり、台風

 

 

 

 

 

この旅のことで マサシに話し掛けていたら、

 

目の前で 白い光がキラキラ。キラキラ

 

 

 

 

 

> 先に行って、スタンバイしているみたい。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・ということで、

 

 

具体的な準備は、まだまだこれからなので、

 

ここでは、一足先に旅立ちのご挨拶。

 

 

 

 

ちなみに今日は「一粒万倍日」でもあって、

 

この日に動いたことは 拡大することになるので、

 

 

 

 

夏至のシフトに向けて、

 

みなさんも やりたいことは遠慮しないで、

 

ド〜ンと やっちゃってくださいね〜。音譜

 

 

 

 

帰国報告も お楽しみに・・・。ラブラブ

 

 

 

 

第二弾 白光の旅 行ってきま〜す !!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 2     からの続き〜。

 

 

 

 

 

 

晴れ      5月 29日(満月)

 

 

 

 

 

 

クラス1日目・・・の前に、

 

ホースライディング。馬

 

 

 

 

 

 

アフリカ7Days では、

 

オプションのサファリツアーを楽しんでいて、

 

・・・実は そっちがメインだったり。^^

 

 

 

 

コスタリカでは、

 

ホースライディングがあると 聞いたものの、

 

 

乗馬は 牧場の親子乗りで 一周歩いたぐらいで(笑)、

 

まともに乗ったことがないので、

 

 

 

どんな感じかもわからなくて、

 

事前には 予約していなかったけど、

 

 

 

 

もしまだ空いていたら、

 

GO-GO- サインなのを感じて、

 

 

 

チェックイン時に聞いてみると、

 

1日目の朝だけ  あと1人 入れるということで決定!

 

 

 

 

 

 

集合場所に居合わせた人(マヤ)が、

 

イスラエルから バンクーバーに移り住んだ人だったので、

 

 

 

あれこれ会話が 弾んで、

 

そこから 次の縁が繋がることに。いて座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日の中で、私たちが乗る馬が並んでいて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で 1頭だけ今にも駆け出しそうなほど、

 

元気に動いている馬がいて、

 

 

 

一番最初に 引っ張って来られて、

 

指名されたのが私。目

 

 

 

 

え〜っ!?

 

全くの初心者って、最初に伝えたにも関わらず。

 

 

 

 

しかも 何の説明もなく、

 

乗せてもらった後に、手綱の持ち方だけ教えながら、

 

 

 

 

 

こんな感じで 一人ずつ乗せてくれていて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなが乗り終える前に、

 

すでに 歩き始めてしまって焦っていたら、

 

 

「止めるときは引っ張って〜。」と、

 

やっと 教えてもらうという 状況。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは 手綱や体の倒し方で、

 

馬をコントロールするようにというぐらいで、

 

 

何のリハーサルもないまま、早速スタート!

 

 

 

 

笑っているけど 内心はかなりドキドキ ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラクダで シナイ山を登ったときは、

 

一人ずつ引っ張ってくれる人が付いていたので、

 

お任せで 乗っている感じで、

 

 

 

真っ暗だったので、崖っぷちを登っていても、

 

何も見えなかったことも幸いだったりして、

 

 

 

 

 

ここでは10人のグループで 

 

現地のリーダーと 後ろに 一人いたくらいで、

 

その間に 乗っていた私は・・・汗

 

 

 

 

 

しかも 私のホースちゃん(ラトンくん)は、

 

途中で茂みに入って、草を食べようとしたり、

 

わが道を行く」という感じで、かなりマイペース。

 

 

 

だから 私の馬になったのかも・・・笑

 

 

 

 

 

まともな道は、ほんの最初だけで、

 

 

小川のぬかるみに、アップダウンの道まであって、

 

すぐに 小走りしそうになったりと、ショック!

 

 

この状態で 1時間も持つかしらん・・・と思っていたら、

 

 

 

悲鳴を上げて パニックになりそうな人がいて、

 

私がしっかりしなくっちゃと 思い直して・・・

 

 

 

 

 

その後からは、周囲にも白光を振りまいていて、キラキラ

 

 

 

アレナル山にも  見守られながら、

 

何とか坂も登れて、丘の上でひと息する頃には、

 

少しずつ 慣れて、

 

景色を眺める余裕も  出てきた。


 

 

 

ここで 果実を取って、

 

みんなに 食べさせてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、アマゾンで食べたものと同じだったので、

 

また懐かしくて・・・ラブラブ

 

 

 

 

 

※「2003 聖なるペルーの旅 Page 4」  より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中で アクセスチームと、

 

ギャリー&デーン達が 軽快に走りながら、

 

前からやってきて、

 

 

私たちが 一回りする間に、2回すれ違ったり。馬

 

 

 

 

 

 

 


アフリカ7Days オプションで、

馬にSOPしながら、コミュニオンするという、

オプションに 参加していたときも、





馬が すぐに反応して応えてくれていたのも

思い出して、
恋の矢













こうして 馬と対話しながら乗るのは、

 



大自然とコミュニオンすることでもあったのよねと

実感しながら、



 

 

 

何とか 最後まで一人で乗ることができて、

 

初乗馬は コスタリカという、

 

またまた 貴重な体験が できたのでした〜。クラッカー

 

 

 

 

> 乗っている間、ボディプロセスもランしてたよ〜。

 

 

 

 

 

ラトンくんも お疲れさま〜。キスマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋に戻って、シャワー&ひと息。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着替えて レストランに行くと、

 

ギャリーが すぐ後ろにいて、

 

馬に乗っていたときの勇姿を 思い出して、

 

 

 

 

全身筋トレにもなっているので、

 

軽やかに 馬を乗りこなす人たちに、

 

 

改めて  尊敬のまなざし。ラブラブ!

 

 

 

 

 

 

その後で  コスタリカの大自然の中で

 

乗馬するのは超スペシャルな ことなんだと

 

ギャリーが 言っているのを聞いて、

 

 

 

 

 

これも コスタリカミッションの一つだったのねと、

 

思い切って チャレンジしたことに

 

満足度もアップ。アップ

 

 

 

 

 

 

 

ひと汗かいた後の朝食は またおいし〜い。ぺこ

 

 

 

 

フルーツたっぷりに、

 

オーダーメイドのオムレツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日目は、まだまだこれからということで、

 

Advanced Body Class(ABC)へ。

 

 

 

 

広い敷地なので シャトルで移動している人もいるけど、

 

私たちの部屋は クラス会場のすぐ裏という、

 

また ラッキーなことになっていて、

 

 

グラッサと一緒に、早めに会場へ。

 

 

 

 

 

150人ぐらい 参加していて、

 

お部屋には マッサージベッドぎっしり。

 

 

 

 

 

その中で 空いていた前方のベッドで、

 

始まるまでに、二人でフェイスリフトを。

 

 

乗馬のあとは、これまた最適。^^

 

 

 

 

 

ほとんど  かぶり付き状態で、

 

クラスが 始まったとき、

 

白光が 外から入ってきていることに気付いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのために   ウエサク祭が明けたタイミングで、

 

クラスが 始まる前に  乗馬することに

 

なったのも・・・・流れ星

 

 

 

 

 

> 肉眼では くっきり見えている背景も、

 

光に包まれると、こんな感じに。

 

 

 

ここでまた リアルタイム「11:11」(!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

アドバンスのボディクラスが好きなのは、

 

1日中 クラスで  ペアワークが出来ること。

 

 

 

 

そのパートナーは、

 

ギャリーが エナジーで選ぶことになっていて、

 

 

 

 

 

2年前のときは ジュリアで、

 

その後に いろいろリンクしていたDr.Aと

 

結婚することに。ウエディングケーキ

 

 

 

 

 

※「2016 カナダ・アメリカ編 Page 9」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて 今回はというと・・・・

 

何と グラッサになったのです〜!!

 

 

 

 

 

私たちが 手を取り合っているのをみて、

 

「もう お互いに出来上がってるみたいだね。」

 

と ギャリー。

 

 

 

 

ルームメイトとパートナーが 同じなのは、

 

私たちだけで、

 

 

 

この仕組まれた宇宙のプランに、脱帽の連続。

 

 

 

 

このクラスのために、

 

新しく生まれたという最新のボディプロセスが

 

公開されて、

 

 

 

 

その中には 今の私にピッタリのプロセスもあって、

 

白光のバイブレーションに包まれた中で   

 

ラン&ラン&ラン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナイフとフォーク    ランチタイム〜!!

 

ボディ活性化で、お腹もペコペコ。

 

 

 

ビュッフェなので、野菜がたっぷり食べられるのも

 

うれしい。チョキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレナル山の上に 乗っかっているのは ・・・・

 

 

かなりの迫力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その予告どおり、

 

午後のクラスが始まって、しばらくしてから

 

 

雷雨の洗礼 スタート。雷

 

 

 

 

待ってました〜!!

 

この激しさ、伝わるかな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイブレーションが どんどん上がる中で、

 

クリアリングしながら、

 

 

プロセスを ランし続ける〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラスが終わった後も、

 

残ってランする私たち・・・まじめかっ!

 

 

 

 

やれる時は、とことん やっちゃおう〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その翌朝、待っていたのは・・・・ 恋の矢

 

 

 

 

続きは Page 4 へ。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 1    からの続き〜。

 

 

 

 

 

 

 

晴れ      5月 28日

 

 

 

 

 

 

Uber で 空港に戻って、

 

シャトルの待ち合わせ。

 

 

 

 

 

ごった返しの到着エリアで、

 

別の場所にいながら、目に留まった人たちが、

 

全員アクセスメンバーで、

 

 

 

その人たちからも、

 

すぐにわかったと言われたりして   計6人で 移動。

 

 

 

 

 

その内の4人は、コスタリカ経験済みなので、

 

あれこれ情報も聞きつつ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に 大型スーパーマーケットに寄って、

 

移動用に あれこれ調達。

 

 

 

 

コスタリカと言えば、チョコレートということで、

 

探してみたところ、

 

ペルーで買っていた「Britt」を発見。

 

 

 

懐かし〜い。ラブラブ

 

 

 

 

種類がいろいろあるので、

 

全部試したいときやお土産には ミニパックがオススメ。

 

 

手前は 砂糖0%のチョコ。

 

 

 

> 帰りの空港では  お高めだったので、

 

ここで買っていて 正解だったみたい。グッド!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのとき「444」が登場していて、

 

リアルタイムの新月にも  ・・・いて座

 

 

 

 

 

 

 

お土産屋さんで 休憩タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレ休憩だけかと思ったら、

 

隣のレストランで 食事していた人もいて、

 

みんなマイペース。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのおかげで、まったり出来たりして、

 

ついでに スーパーで買った プランテンバナナを

生のまま 食べてみる。





普通のバナナに比べて、色も濃くて、

食べごたえがあって、



プロテイン約6倍ということで、

ワイルドな筋トレ女子には うれしい。
おとめ座
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内には ブルーバタフライもたくさんいて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンを思わせるグッズも いっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

前日の夜に着いてから、

 

そのまま移動する選択が あったものの、

 

 

それだと真っ暗な道で、ひたすら走るだけだったので、

 

一泊して 良かったみたい。

 

 

 

 

 

約4時間の移動で 蛇行する道もあることから、

 

車酔い注意と言われたけど、

 

 

 

ワイルドな道は、

 

ペルーやエジプト砂漠で 慣れていたこともあって、

 

全然普通に 感じつつ・・・笑

 

 

 

 

 

 

午後には スコールが降り始め、

 

近づいた頃から  アレナル火山が 目の前に・・・。

 

 

 

 

ワクワク度 マックス!

 

もうすぐ着くから、待っててね〜。キスマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

La Fortuna  (幸運・宿命・財運)到着〜!!

 

 

 

 

 

Arenal Manoa & Hot Springs resort

 

 

 

アフリカ編と 同じ感じで、

 

広い敷地内に 各お部屋が点在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人 一部屋なので 事前にリクエストがない限り、

 

アクセスチームが ルームメイトを

 

選んでくれることになっている。

 

 

 

 

 

 

アフリカ7Daysでは、

 

 

すでに部屋割りが決まっていたにも関わらず、

 

現地に着いてから、移動中に一緒だった人と

 

無理を言って変えてもらったことがあって、

 

 

 

それもハートのガイダンスに応じたからだったけど、

 

 

 

部屋に入ったところで、

 

私がジジ、彼女がトトロを持ってきていて、

 

大正解だったこともわかったり。

 

 

 

 

※「黄金の7Days アフリカ編 #2」

 

 

 

 

 

その彼女とは マエストロで再会して、

 

その後 集中SOP交換をすることにも。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 完全お任せ状態でいたら、

 

すでに 二日前から入っていたらしく、

 

お部屋でリラックスしていた。

 

 

 

 

ブラジルから来た人で、

 

その名前が Graca(グラッサ)。

 

 

 

 

英語では「Grace(グレース)」と

 

同じ意味だと聞いて・・・目

 

 

 

 

 

ライフテーマを元に

 

4つのキーワードで トリニティバングルを創っていて、

 

家を出るときから 着けていたのが「Grace」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Graceには「優美・気品」という意味もあるけれど、

 

ここでは「神の恩寵」として。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その意味を  意識するようになったのは、

 

ME(マトリックス・エナジェティックス)で、

 

プレイしていたとき。

 

 

 

 

ハートフィールドに いつもいることを・・・

 

グレースそのものであることを 忘れないでと

 

伝えられたとき、

 

 

 

 

Being のホームは、「Grace」のハートフィールドで、

 

 

宇宙(神)の「恩寵」と共に働くために、

 

地球にやってきたことも 思い出していた。流れ星

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・だけでなく、ファミリーネームが

 

LUNA」と聞いて お手上げバンザイ。ラブラブ

 

 

 

 

 

 

グラッサも 生まれたときから、

 

マリアさまへの信仰心が 深く、

 

強い繋がりがあることもわかり、

 

 

 

 

この旅を決める前に「マリアの愛」を

 

手にしていたのも・・・・。恋の矢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

> リアルタイムで「11:11」(!)

 

 

 

 

 

 

お庭のバルコニーに座って、

 

そんな話で 盛り上がっていたとき、

 

 

 

ハミングバードが 飛び交っていて、

 

部屋の中には、蝶々も入ってきた。音譜

 

 

 

 

 

もちろん アレナル山も・・・

 

 

 

 

良くみると、雲と「鏡写し」状態で、

 

私たちのように 

 

一つのラインで繋がっている象徴に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋は、こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各部屋によって、テーマカラーがあるみたいで、

 

ここで 気付いたのは、

 

 

 

帰国直後のOne Day講座で、

 

それぞれが持参したお菓子に 着ていた服が、

 

同じ色で 見事に揃っていたこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日に 満月を迎えることもあって、

 

全員 コスタリカから  チューニングを 受けていたので、

 

 

わかりやすく 表してくれたのね。流れ星

 

 

 

 

 

> REシンフォニーチューニングは、

 

ワンネスの共同創造をテーマに、

 

毎月の新月&満月に 受講するようになってます。キラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスルームが広いのも、うれしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速 バーズ交換もしたりして、

 

クラス受付を終えて、ディナータイム。

 

 

 

 

 

この写真では わかりにくいけど、

 

すぐ後ろには アレナル山がド〜ン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の全景は こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでも あれこれ話していたら、

 

グラッサは ヨガも学んでいて、

 

 

シヴァ神 や ラクシュミーとも繋がっていたり、

 

 

 

 

アクセスを紹介した ヨガの先生も参加していたので、

 

一緒に話していたら、

 

 

 

彼女たちのヨガグループのシンボルが、

 

ブルーバタフライだったこともわかったり。

 

 

 

それも、アマゾンで遭遇した、

 

奇跡のブルーモルフォ版。

 

 

 

 

 

グラッサの初海外は アマゾンで、

 

そのためのプロジェクトにも参加していたり、

 

 

 

前日は アレナル山の麓まで

 

トレッキング していたなんてことも。あし

 

 

 

 

 

 

鏡写しの山は、地球の裏側で繋がっていた

 

二つの魂を 表してくれていたのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 


天界と地上をつなぐゲートが開かれ、

 

ブッダをはじめ、キリストなど天界のマスターたちが降臨し、

地球と地球上の生きもの全てに対し、

 

パワフルな慈愛と無限の祝福が降り注ぐと言われる、

 

 

スペシャルなウエサク祭の満月を 迎えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは Page 3 へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。