踊る♪テキサスの不動産投資家

先週末のベリーダンスのイベントは

ダウンタウンの東側の Eado(East Downtown の略)

と呼ばれるエリアのシアターで開催されました。

 

 

 

 

 

ダウンタウンの西側は、バーやレストランが多く

ナイトライフが楽しめるMontroseと言う

賑やかなエリア、 

そして高級住宅街 River Oaks をかまえるのだけど、

 

 

ダウンタウンの東側は全く雰囲気が違っていて、

数年前までは何もなく

治安の悪そうなエリアでした。

 

 

でも近年開発が進み、久しぶりに行くと

すっかり生まれ変わっているではありませんか。びっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は車を停める所がないこと。

 

 

シアターの駐車場は有料で 

周りの道路もメーターが付いていて有料。

 

 

それなのに、

 

何とお財布を家に忘れてきてしまって

停められない。えーん

 

 

 

路駐できる場所を探したけれど、

どこもかしこもギュウギュウに路駐してあって

私が停められそうなスペースが無い。

 

 

 

以前の車は小回りがきいたので、

私でも縦列駐車が出来ましたが 

今は大きなSUVに乗っているので

相当スペースが空いていないと怖くて

縦列できなくて。恥。ニヤニヤ

 

 

 

もう待ち合わせ時間がとうに過ぎて

いると言うのに、あちこちグルグル走り回り 

ようやく私でも縦列駐車できそうな場所を

見つけました。

 

 

 

 

 

 

このオブジェの近く。

 

 

 

シアターまでほんの7分とはいえ、

 

まだ暑いヒューストンを

 

荷物を両手に持って、

 

衣装をつけたまま小走りしたので

 

メイクが落ちてしまって散々。滝汗

 

いえ、自分が悪いのだけど。

 

 

 

 

 

そんなわけで写真を撮る余裕など全くなく、

これはWebからお借りしました。

 

 

 

 

 

倉庫を改造したライブハウスなんかも多く、

夜遅くまで人がゾロゾロ歩いて賑わっていました。

 

 

 

 

 

 

Eado 今度時間のある時に

ゆっくり歩いてみようと思います。

 

 

嘘?あっと言う間に夏も終盤で、

もう9月半ば?びっくり

 

 

7月の初めは知人に紹介いただいたお仕事をしており、

 

8月初めは夫の実家近くの家にしばらく滞在していました。

 

 

その後は実にのんびりとした日々で、

 

楽しみと言えば

今週末から行く旅行と

先週末にあった

ベリーダンスのイベント。ラブラブ

 

 

最近めっきりベリーのイベントが

少なくなったヒューストンですが、

C Vというフュージョン中心のダンスのイベントは

7年前から毎年開催されています。

 

 

ただ、トライバル寄りだから私は今まで一度も

ワークショップもショーも参加したことがなかったのです。

 

 

でも今年ついに初参加しました。

 

 

マイナーなイベントだと思っていたらとんでもない。

テキサス内の有名ダンサーさんがいらしていて、

観客もほぼ満席。

 

 

こんな立派なイベントだったとは知らなかった。

もっと早くから参加するべきでした。

 

 

ただ、前半、後半、20曲くらい中

ベリーダンスの音楽は2曲だけだったのでは

ないかと思います。

 

 

 

あとは見事にフュージョン。

 

 

 

私もキャバレースタイルの

フュージョン(特にタンゴとフラメンコ)は

好きだけど、トライバルはうーん、、、、

やっぱりあまりノレないのよね。真顔

 

 


でも楽しかった。

行ってよかった。

とちったけど。💦


来年も参加しよう。



 

いざ出陣。

 

 

 

 

 

6月第3週目の週末はベリーダンスの、

第4週目の週末はフラメンコの

発表会がありました。

 

 

 

色々やって、最終的にベリーとフラメンコに

ハマった私ですが、

 

この2種類のダンス、

中身はもちろん、発表会にしても

雰囲気が随分違うなと毎回思います。

 

 

同じような記事を前にも書いたような気がしますが、

(話題が少ない私なので😅)

またしても書いてしまいます。

 

 

 

 

🌟 ベリーダンス発表会

 

約2カ月、8回のクラスで振り付け終了。

最後の2週はフォーメーションを決めて動く練習でした。

ドレスリハーサル等は無し。

 

 

「衣装はこんな感じにしましょうか。

各自が好きな色でいいわよ。

ヘアは衣装にあった色の花を付けてね。」

 

とインストラクターに言われ、皆好きなようにバラバラでした。

 

 

 

 

 

ちなみに発表会はハフラ(スモールパーティ)を

兼ねているので、飲み物やちょっとした食べ物が

用意されていてとても気軽な雰囲気。

ショーの途中で出たり入ったりも可能。

 

 

生徒さんでソロで踊りたい人がいれば

経験年数やレベル関係なく自由に踊ることも可能。

 

 

ショーのほうは私達がラスト、トリでした。

アップテンポな曲なので観客も手拍子してくれ

大盛り上がりで成功でした。照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

🌟 フラメンコの発表会

 

去年の8月から振り付け開始。

ただ去年の8月、9月に習った箇所は

ボツになったり変更になった箇所もあるので

実際は10月半ばくらいから開始でしょうか。

 

それでも、練習期間が長い。

 

クラス中はミュージシャンがつかないので

コンパスを刻むカホンの音だけで練習をしています。

なので、何分くらいの、どんな曲になるのか

本番近くまで分からないまま。

 

 

衣装はインストラクターが決めて

全員分を採寸してオーダーメイド。

髪に飾るコームまで決められてしまいました。

なのでちょっと堅苦しい感じ。

 

 

シギリージャなので地味〜な衣装です。

 

 

 

 

 

 

いや、そんなことよりもストイック度が高い。

 

 

発表会前は通常のクラスが2時間に増えるのですが、

通常のクラスとは別に

生徒さん達だけでの練習が週に1回。

 

 

それ以外にミュージシャンとの

ミュージックリハーサルが確か4回くらい。

私は全部参加できなかったので、

何回だったか忘れてしまいましたが。あせる

 

 

実際に会場を借りてのドレスリハーサルが

全3時間くらい。

 

前々日はインストラクターが無料でみてくれて

トドメの追加のクラスが1時間。

 

 

こんな感じで練習量がとても多くて、

フラメンコの発表会がある月はフラメンコ三昧になるのです。

嬉しいけれど、他の予定が入れられなくなります。

 

 

当日も開演の3時間前に集合して

ステージで練習。

 

 

フラメンコの発表会って、

かなりの時間とエネルギーを費やすなあと毎回思います。

 

 

 

 

 

 

そして、ここまでしておいて、、、、、

 

失敗しました。滝汗

 

何故か全員がエスコビーヤに出遅れてしまい、

音楽と動きが合わなくなってしまった。

 

嘘?ポーン あれだけ練習したのに?ゲッソリ

 

 

フラメンコは生演奏が普通だから

こういうことはあり得るかもしれない。

でも、ショックでした。笑い泣き

 

 

 

夫には分からなかったみたいですが、

 

観に来てくれていたフラ友さんが、

 

「フラメンコは難しいダンスだから。」

 

なんて慰めてくれたからやっぱりバレていたのね。

 

 

 

 

 

とにかく終わってホッとしたし、

フラメンコの発表会が終わった後は、

それなりの上達を感じることができるのですが、、、、、、

 

 

しかし、フラメンコを自分で振り付けて、

ライブミュージックでソロで踊るって

今でも出来ないし全然自信ないです。

 

て言うか、無理して私がそんなことしたら

生卵が飛んできそう。

 

 

 

 

 

 

一方で、気軽に楽しめるベリーダンスがあるから

フラメンコのストイックさを楽しめるのでは、

という気がしてきた。

 

 

あんなに盛り上がってくれるベリーダンスのお客様達、

また、選曲、振り付けして

次のハフラで踊ろうかななんて思うようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本に一時帰国していたのですが、その間のペットシッターさん探しに時間がかかりました。

 


 

前の家でお願いしていたペットシッターさんは

リゲルがあまり懐かず、

触ることもできないし、

すぐに逃げてしまうと言っていたので、

ずっと別のシッターさんを雇いたいなと思っていたのですが、、、、、、

 

 

お隣もお向かいも同じシッターさんを使っているから、うちだけ変えると角が立つとか何とか夫が言い出して、結局8年間同じ人にお願いしていました。

 

 

8年たってもリゲルは懐かないまま。ショボーン

 

 

実際、私がちょっと留守にするとリゲルは毛玉だらけ、目やにだらけ、更にただでさえ細いのに痩せてしまっていました。ショボーン

 

 

 

 

なので今回は何人か面接して、実際に猫達に会ってもらって猫達が気にいった人に決めようと思っていたのです。

 

 

まずは、Nextdoor というアプリでシッターさんを募り、更に同じコミュニティの人が使っているシッターさんを2人紹介してもらいました。



猫好きの女性で、このコミュニティ内に頻繁に来ていること、連絡がつきやすい人を条件にしたところ、5人候補者が見つかりました。


 

 

中でも一番良さそうだと思った方は、

猫が大好きで、ご自身も猫を数匹飼っていて

猫専門でペットシッターをしているという割とご年配の女性。



 

実際に会ってもらったら人見知りのリゲルが逃げ出さなかったので、最終的に彼女に決めました。

 

 

彼女は1回の訪問25ドル、1日2回で50ドル、10日留守にすると500ドルと相場より高めなのですが、



この方に決めて本当によかったです。

 


 

毎日猫の様子を報告してくれたり写真を撮って送ってくれたり、


 

(まあ、これは普通だと思いますが、前のペットシッターさんはこちらから尋ねないと様子を知らせてくれなかったので)

 


毎日2回連絡をくれて、猫達が元気そうな様子が分かるので安心感がありました。


 

何より、リゲルに触れてブラッシングができて、最後には抱っこもできたと言うから驚きです。びっくり 私以外の人は誰も抱っこができなかったのに。

 

 


更に、毎日1回につき40分から1時間は滞在して、猫にマッサージまでしてくれていたそうで、私がいるより猫達はハッピーだったかも。

 


アルタイルなんて、シッターさんがドアを開けると走って飛んで来ていたそうだし。キョロキョロ

 




でも当分はどこにも行かないからね。


 お留守番ありがとう。
















やっぱり、リビング吹き抜けがいいなあ。

いつも猫を見上げて(猫に見下されて?)いられるから。ラブ














帰ってきたら2匹の距離が縮まって、近くで寝ています。



 

 


 

 

 

今の場所に引っ越して既に2ヶ月以上が経ちますが、

 

 

友達どころか知り合いも全くできません。💦

 

 

一度、お隣にご挨拶に行ったけど留守でした。

 

 

 

前のコミュニティは、

 

お隣さんと前の家の方が向こうからご挨拶に来てくれたし、引っ越してすぐに同じストリートの人達が集まるパーティに誘われて、1ヶ月以内に10人くらいのご近所さんと顔見知りになりました。

 

 

その後も何かことあるごとにパーティに誘われたりと、今まで住んだ場所の中で最もフレンドリーなご近所さんだったため、

 

 

テキサスの人って皆こうなの?びっくり

 

 

と夫と共に驚いていたものです。

 

 

でも、あれは、やはり、あのコミュニティ独特の文化だったようです。

 

 

 

 

前の家だったら、郵便物を取りに外に出ただけで、

 

あら?新しい人?名前は?

いつ引っ越して来たの?

どの家?今度うちに遊びに来ない?

 

となっていたのですが、

 

 

今の場所はもっとクールで都会的で、外に出て犬の散歩中の人に会っても Hi と挨拶して終わり。

 

 

お隣の人の名前も知らなかった

カリフォルニア時代と同じ雰囲気です。

 

 

まあ、私は本来、これくらい距離がある近所付き合いのほうが心地よく感じるのですが、

 

 

ペットシッターやお掃除のサービスを探していて、色々情報を得たかったので、知り合い程度は欲しいなと思っていたのです。

 

 

なので先月は、セントパトリックスデーのイベントに参加しました。

 

 

しかし、場所が分からずウロウロしている間に

イベントが終わってしまった。あせる

 

 

その後のランチには行ったのですが、知り合い同士で固まっていて、知らない人にむやみに話しかけられる雰囲気ではなかった。ダウン

 

 

 

先週末はイースターのイベントがあったので、

今度こそ!と早めに行きました。

 

 

プールサイドにテーブルがセッティングされて素敵ラブラブ

と思ったのですが、


 




 






私たちは、奥の奥のすみのほうの周りに誰もいないテーブルに案内され、笑い泣き

 


 

どちらにせよ、どのテーブルも大家族、または知り合い同士で和気あいあいとしていて、

 


 

うーん、、、、

ここで友達を作るのはちょっと難しいかもしれないチーン

と思ったのでした。

 

 

まあ、いいか。

 

 

エッグハントもしました。中身はキャンディ。


 

 


 

 

気がつくと、ベリーダンスを始めてから丸10年が経っていました。一つの趣味がこんなに長く続いたのって初めてだから、嬉しい反面、最近はこれ以上続けられるか分からなくてなってきています。キョロキョロ

 

 

 

最近、ヒューストンでは、ベリーの大きなイベントがほとんど無くなってしまっています。それでも、一年に一度春に開催される4日間に渡るイベントだけは毎年続いています。

 

 

今年はセイディとカナダのAzizaがメインのダンサーで、以前の私ならチケット発売日にチケットを買っていたと思います。 

 

 

ところが今回はすっかり忘れていて、

はっと気づいた時には既にソルドアウトでした。ガーン

 

 

 

 

最近忙しくてベリーに時間を取れなくなったから?

 

 

数年前から少し熱が冷めてきているから?

 

 

有名オーガナイザーだったGさんがベリーをやめてしまい、 イベントがグンと減って活気がなくなったから? 

 

 

イベントに行けば誰かしらいたベリ友さんも既にやめてしまって、知らない顔が増えたから?

 

 

 

 

 

 

これ全部当てはまるのですが、 それでもセイディが来るイベントをすっかり忘れていたとは自分でも驚きです。笑い泣き

 

 

 

まあ、セイディもAzizaもワークショップは何度か受けたことがあるし、もういいかなとすんなり諦め、代わりにまだ空きがあったシャービーのワークショップを受けました。 

 

 

 

インストラクターはメリッサという方で、私は彼女のことを知らなかったのですが、内容はすごくよかった。 

 

 

そうそう、こういうベリー独特の動き、やっぱり好きだなあ。 似てる部分があっても、ヒップホップやジャズダンスなんかでは表現できない女性らしくてチャーミングな動き。

 

 

一年に1〜2回のペースでも、ワークショップを受けると楽しくて、またやる気が出てくる。

 

 

でも、今後、どうしよう。真顔

 

 

 

ありがたいことに、小さいイベントなら未だにお声をかけてくれる知り合い達がいます。

 

 

ただ、選曲、振り付けを考える、衣装を考える、練習する、などの情熱が無くなってきているような、、、、、ショボーン

 

 

 

そして一昨日は、私の一番好きなダンサー Sさんの某レストランでの最後のパフォーマンスということで、多くのベリーダンサー達が集まり、私も行く予定だったのですが、、、、、、

 

 

ギリギリになってドタキャンしてしまいました。 汗

 

 

翌日に2軒のクロージングが控えていて、夜でも連絡が来る可能性があったので。 実際、来ましたし。

 

 

以前の私なら、それでも行って、出先からお客さんに電話したりメールしたりしていたと思います。

 

 

やっぱり情熱が無くなってきているのかな。

 

 

まあ、私はプロじゃないんだから、深く考えずに踊りたい時に気軽に踊ればいいのでしょうけれど。チュー

 

 

 

次にベリーをソロで踊る日は果たしてくるのかしら。

 

 

 

Opportunity Zone program について勉強中です。

 

 

Opportunity Zoneとは、

全米各地にある貧困層エリア、

経済的に困窮したエリアですが、

 

 

そういったエリアに、個人の投資を

促す目的で作られたプログラムだと思います。

 

 

何かの資産を売却した際の売却益を

Opportunity Zone に投資すれば、

投資家のほうも減税ができるということで

最近話題になっています。

 

 

確か、去年の12月にトランプ大統領がサインした

ばかりなので、周りではまだやっている人がおらず、

私たちも調査中です。

 

 

 

Opportunity Zone Fundへの投資でも、

不動産投資でも、ビジネスへの投資でも

何でもいいそうですが、

 

売却益で安いアパートを買ったとしても、

修繕費などを同額追加投資しなければならない等

ルールがあるので

詳しいことはまだまだ勉強中です。

 

 

ヒューストンにもかなりの

Opportunity Zoneがあって、

ダウンタウンから見て、北側、東側、

そして南側が特に多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は西側にもほんの少しある

Opportunity Zone を偵察に行ってきました。

 

 

 
 
 

 

 

今、夫は他州に行っているので

 私一人で運転しながらスマホで撮影。

なのでブレまくり & 斜め向きの酷い画像ですが。💦

 

 

 

 

 

 

Opportunity Zoneは

困窮したエリアではあるものの、

 

危険なエリアなのかと言うとそうでもなくて、

近くにごく普通のスーパーがあったり、

女性が一人で歩いていたりもします。

 

 

 

ただ、普段なら購入を避けていたような

ディストレスな家が結構あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そういう物件こそ投資家の助けが

必要なのですよね。

 

 

もっとリサーチをしたら、Opportunity Zone への投資を

したいと思っています。

 

 

今までに2回予約して、2回とも急用ができてキャンセルしたレストランがあるのですが、3回目の正直で私の誕生日にやっと行ってきました。


Capital Grill というレストランです。



ここのステーキが美味しいと聞いたので行ってみたかったのですが、さてお味のほうは、、、、、



夫が予約時に誕生日のお祝いと言ってあったせいか、テーブルにカードが。






最初にサービスのアミューズが出てきて、最後にサービスのデザートも出てきたのですが、、、、、

 





実は一人一つずつデザートを頼んでいたので、サプライズと言うより困惑。💦




既にお腹いっぱいで、二人でこのサービスのデザートだけで十分でした。



その後やってきた最初に頼んでいたデザートが、夫がアイスクリーム系で私がクリームブリュレだったので持ち帰ることもできず、残念。笑い泣き




ウェイターの方はすごく感じがよかったのですが、サービスのデザートがあることをオーダー時に言ってくれればもっとよかったです。




ちなみにメインのシーフードとサイドのお野菜は凄く美味しかったです。



ステーキのほうは、それほど私達の好みの味付けではないと言うか、ソースがたっぷりで素材の味がよくわからなかったかも。




私達は、レストランではフィレミニョンのステーキしか食べないので、他のお肉の部位は分かりませんが、フィレミニョンだと今のところやっぱりKillens が一番好みかも。





最近、初夏のような爽やかなお天気で嬉しい。晴れ




夫がくれたお花。赤い花瓶なのかと思ったら、中に本物のリンゴが5個入っていました。いい香り。ニコニコ
















今回の家の購入で妥協した点の一つは、

 

 


リビングが吹き抜けではないこと。

 




でも、ヒューストンの夏の長さと暑さを考えると

吹き抜けじゃないほうがいいかな、

 

家の中まで太陽サンサンで

わざわざシミをつくらなくても

 

と思い直しました。

 

 




 

もう一点は一階にゲストルームがないこと。


 

前のオーナーさんは、一階の書斎を

ゲストルームに使っていたそうで、

書斎用のフレンチドアを普通のドアに付け替えてしまっていました。

 

 

でも本来は書斎だから

バスルームが付いていないし、玄関の隣だし、

私たちはそこをゲストルームに

使うことはないと思います。





 


ゲストルームは二階になってしまうので

スーツケースを運ぶのが大変ですが、

 誰かがうちに泊まりに来てくれるのって、

1年に2回くらいのことだしと妥協しました。

 

 


 



 

 

ところが、引っ越し後1ヶ月たった頃


近所に、私達の予算内で、


リビング吹き抜け、

一階にゲストルームのある家が

マーケットに出たのです❗️




 


 

 

 

 

よく家探しと婚活は似ていると言われますが、

確かに、条件を付けて、探して、

妥協できる点は妥協して、


あとは運と縁とタイミングでしょうか。


 

なので家の購入後にもっと理想的な、

運命の家に出会ってしまうことも

あると思います。

 


 

 

 

私達も「ちょっと早まったねー。」

などと言いながら、念のためその家を見てみました。


 


 

すると、他の面でもっと妥協しなきゃいけないことが多く、

更に床やバスルームはリモデル要で



2人ともピンとこなかったのです。



婚活ならケミストリーが合わないとか、

フィーリングが合わないという感じでしょうか。

 




もし同時期にその家がマーケットに出ていたとしても

 


今の家の方を選んでいただろう

 


という結論に達しました。

 






 

 

でも、全てにおいてそっちの家の方が良くて

後悔するほどならどうしていたかな。

 


この家を早速売って、新しく買い替える?

 


それも有りだと思います。



ただエネルギーを使うし、無駄なお金も使ってしまいそう。

 

 






購入後しばらくはもう他の家を見ない、

今の家を出来るだけ住み易くすることのほうに

フォーカスしたほうがいいと思います。




 

 

 

 

 

 

 

気に入った場所にロット(土地)を買って

好きな家を新築で建てない限り、

100%理想通りの家は無理だと思います。

 

 

 

 

 

この家も全てが理想通りではないのですが、

でも気にいった点が多かったのです。ニコ

 

 

 

 

 

⭐️ 夫が重視する眺望、

バックヤードの向こうは

ゴルフコースのフェアウェイですが、、、、

 

 

 

 

 

 

 

私には牧場に見えなくもない。やぎ座

 

ただ、家畜はいません。

 

そして、ものすご〜く静かです。

 

 

 

 

今まではペリカンやカモメ、

時折ジャンプする魚🐟 

が窓から見えていたのですが、

今はリスと小鳥くらいしかいないので、

別の州に引っ越してきたような気がしています。

 

 

 

 

同じゴルフコース・コミュニティでも色々で、

今マーケットに出ている家のビューは

こんな感じです。(画像お借りしました。)

 

 

 

バンカーだったり、

 

 

 

 

 

人工池だったり、

 

 

 

 

 

 

ティーングエリアだったり、

 

 

 

 

 

 

⭐️ ここのコミュニティは

東か西向きの家が多いのですが、

うちは希望通り玄関が北向きで、

バックヤードが南向きでした。晴れ

 

 

バックヤードが南向きだと

プールの水が温まりやすいので、

電気代の節約にもなるのではないかと、、、、

 

 

 

 

 

⭐️ 近くに日系スーパーや

トレジョやWhole Foods、

お気に入りの中東系スーパー

フィニシアもあって買物至便。

 

 

 

 

 

⭐️ 歩いて行ける距離にコミュニティの

公園があるのも良かった。チューリップ赤

 

 

 

 

 

⭐️ 主寝室のクローゼットは

私の希望通り、バスルームを挟んで

夫婦別に分かれています。

 

 

 

 

 

⭐️ カーペットとカーテンがないのも

私の希望通り。

 

一階のフロアのほとんどが

夫の好きなトラヴァーティンで、

廊下と階段と寝室はダークブラウンの

ハードウッド(フローリング)で、

カーペットはありませんでした。

 

(家が片付いていないので、マーケットに出ていた時の写真をお借りしました。)


 

 

 

 

 

 

ダークブラウンのフローリングは

上品だけどホコリやペットの毛が目立つから、

本当はもう少し明るい色だと

更に良かったのですが、、、、真顔

贅沢言わずに当分はこのフロアでいくと思います。

 

 

 

 

窓はカーテンじゃなくて

私の希望のプランテーション・シャッター。

窓もアーチ型でかわいい。

唯一片付いているお部屋にアルさんが

毛を付けて出ていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

⭐️ ガレージも3台分あって、

ガレージが外から見えない作りなのも

気に入りました。

 

 

2人とも中身重視で

家の外観にはこだわらないほうですが、

ガレージが外から見えない家のほうが

スッキリしていていいなと思って。

 

 

不動産業界ではporte-cochère

て言うのだそうで、

フランス語をそのまま使っていて

仰々しいですが

日本語だと単なる車寄せ?

こういうやつです。

 

 

 

 

 

 

 

⭐️ そして、夫の希望だった

ゴルフレンジがあります。

 

 

 

 

 

思いきりボールを打っても

ぶ厚いスクリーンが受け止めてくれます。

 

床に人工のグリーンが敷いてあり

パットの練習もできます。

 

 

 

 

 

 

⭐️ 最後に、エクササイズルームがあること。

 

マシーンをどかせば私のダンススタジオ

にできるかなと思って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テキサスの家は

ゲームルーム(ビリヤードをする部屋)と

メディアルーム(映画鑑賞をする部屋)

が付いている家が多いです。

 

私達はどちらも要らないから

無駄だなあと思っていたのです。

 


でも、


 

ゲームルームの代わりにゴルフレンジ、

メディアルームの代わりにエクササイズルーム、

 

 

まるで私達のためにある家のよう。ウインク

 

 

 

これが一番の決め手だったと思います。