町田 熟睡リフレクソロジー 女性専用訪問施術

町田 熟睡リフレクソロジー 女性専用訪問施術

施術を受けた日の夜は熟睡できると評判の訪問リフレクソロジーです。
冷え性・むくみ・頭痛・腰痛・なんとなく不調・アンチエイジング
横浜市・相模原市・座間市などへ訪問施術を行っています。

腸がかたいと、〇〇〇もかたい!?

 

こんにちは、野瀬春実です。

 

ちょっと今、ご自分の下腹部を触ってみてください。

 

カタイですか?柔らかいですか?

 

 

もし下腹部がかたい方は。。。

頭がカタイ方かも知れません。

 

実は腸と脳は、密接につながっています。

 

「腸は第二の脳」という言葉をご存じですか?

 

 

腸は脳からの命令がなくても機能出来る、唯一の臓器です。

 

アタマがかたい人は、腸にぎっしり詰まっている人です。

 

腸の問題は、全身の問題です。

腸に宿る免疫細胞が、病気から守ってくれます。

 

腸が喜ぶ生活をしましょう。

 

腸を柔らかくするためには、

 

・しっかり水分を摂取する

・腸内細菌(善玉菌)が喜ぶような食事をする

・腸を動かす運動をする

 

これらが大事です。

 

足もみの重点反射区をお伝えします。

 

《大腸と小腸の反射区》

 

土踏まずのあたりです。

 

手をグーにして流すようにもむと良いでしょう。

 

大腸・小腸の反射区

 

《大脳を含む頭部の反射区》

 

頭部の反射区

 

腸はメンタルに影響を及ぼします。

こんな素晴らしい機能を持った腸に働きかけることで、心と体をみがくことが出来ます。

 

人は脳がダメになっても、生きていけますが、腸がダメになっては生きていけません。

 

脳と腸の関係は、東洋医学では2千年以上前から分かっていました。

 

これを知ったら、セルフケアしたくなりますよね。

 

 

 

 


町田市、多摩市、稲城市、八王子市、世田谷区、新宿区、大田区、国分寺市、横浜市(瀬谷区、青葉区、都筑区、泉区、港北区、港南区)、川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区)、大和市、相模原市、座間市、海老名市、厚木市、藤沢市に訪問施術させていただいています。

● マスク熱中症に注意!

 

こんにちは、野瀬春実です。

コロナの件で、花粉症が終わっても、マスクが外せませんね。

気温が上がってマスクをしていると、注意が必要です。

 

それは、マスク熱中症です。

 

 

夏場もマスクを使い続けているという方は少ないのではないでしょうか。

 

夏場のマスクの使用は熱中症のリスクを高めることが考えられています。

肺は自動車のラジエーターと同じ働きをしています。

 



人は夏になって気温が高くなり体内に熱がこもるようになると汗をかいたり、呼吸をして冷えた空気を体内に取り込んだりすることで熱を発散していき、体温調節を行います。

 

ですが、マスクをしていると自分の呼吸によって温かい空気しか入ってこないため、呼吸で身体を冷やすことが難しく、むしろ体温を上昇させてしまいます。

 

また、顔の半分ほどがマスクで覆われることによって熱がこもりやすくなります。

 



このように熱がこもりやすく発散しにくくなっているのに加えて、マスクによる加湿で口の渇きを感じにくくなります。

 

そうすると熱中症に気づくのが遅くなり、マスクなしで過ごしていた時よりも熱中症になるリスクは高まると考えられています。

 

基本的な熱中症対策はマスクの着用の有無によって変わりはありません。

 

まず最も大切なのがこまめに水分を摂ることです。

 

水分を摂る時間がないからと言って一気飲みをしても、水分はしっかりと体内に吸収されていきません。

 

また、のどが渇いたときに水分を摂ってはもうすでに熱中症になっている可能性があります。

 

水分はこまめにゆっくりと摂ることが必要です。

 

足にある肺の反射区はこちら。

 

肺・気管支の反射区

 

いつもお伝えしていますが、ここだけもむのでなく、足全体をもんでから、気になる反射区をもむようにしましょう。

 

ちょっとしたセルフケアで、体は楽になります。

 

実践してみてくださいね。

 

 

 

 


町田市、多摩市、稲城市、八王子市、世田谷区、新宿区、大田区、国分寺市、横浜市(瀬谷区、青葉区、都筑区、泉区、港北区、港南区)、川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区)、大和市、相模原市、座間市、海老名市、厚木市、藤沢市に訪問施術させていただいています。

● 朝方に目を覚ます事なく眠れました。(Nさま)

 

こんにちは、野瀬春実です。

 

先日、ZOOMで足もみフォローアップを行いました。

 

新潟県にお住まいのNさんです。

 

 

Nさんは私のブログを読んでくださっていて、新潟県で若石の初級プロの資格をとり、その後、私と同じ若石の認定プロの資格まで取られました。

 

ご感想を紹介します。

 

参加してみようと思ったのは、野瀬さんからお声を掛けていただいて、嬉しかったんです。

 

東京と新潟でなかなかお会いする機会もなかったのですが、

「オンラインでお顔を見ながら足揉みできるなんて、いい機会。」

だと思いました。

夜、寝付きが悪いのと、朝方に目が覚める、という悩みがありました。

野瀬さんと一緒に復習してみて、1人だと適当に揉んでたり、サボっていたりしたので、自分の足の状態を(固い、痛い)感じる事ができました。

一緒にセルフケアしてみて、終わって少し経ったらお通じがありました。

 

朝もあったので、また出るとは思っていなかったんです。

朝方に目を覚ます事なく眠れました。

わかりやすい説明と資料で、受講でしました。


直接お会いして受けられない人も受けられるので良いと思います。


ZOOM自体が初めてだったのですが、安心して受講できました。


ありがとうございました。

 

新潟県 Nさま

 

Nさん、ありがとうございます。
 

ZOOM後は、朝までぐっすり眠れることが出来たんですね!

お通じも一日に複数回あったなんて、素晴らしいです。

一人だとセルフケアを簡単に済ませてしまったり、自己流になっていたり。

やらなくなってしまうこともあります。

でも、一緒にやれば、足もみの良さを再確認し、効果を実感することが出来ます。

施術に伺えるまで、もう少しかかりそうです。

セルフケアしておいてくださいね。

 

 

 

 


町田市、多摩市、稲城市、八王子市、世田谷区、新宿区、大田区、国分寺市、横浜市(瀬谷区、青葉区、都筑区、泉区、港北区、港南区)、川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区)、大和市、相模原市、座間市、海老名市、厚木市、藤沢市に訪問施術させていただいています。

● 暑さに慣れない体は注意が必要です。

 

こんにちは、野瀬春実です。

 

急に暑くなって、体が気温についていけない・・・。

 

なんだか疲れるし、だるい・・・。

 

そんな風になっていませんか?

 

 

暑さに慣れない体は注意が必要です。

 

注意しなければならないのは、この「急な暑さ」です。


気温が高くなると、人は体温の急な上昇を避けようと自律神経が働きます。

 

汗をかいて熱を放射し、体温を下げるように調節するのです。

 

暑くなり始めると自律神経が少しずつ動くようになるので、体温の上昇をうまく防ぐことができるようになっていきます。

 


ところが、急に気温が上がって暑くなると、自律神経がスムーズに働くことができません。

 

体が暑さに慣れていないので、上手に汗をかくことができないのです。

 

すると、体内に熱が蓄積され、熱中症になりやすくなってしまうことに。

 

体温調節を司るのは「自律神経」なので、スムーズに働けるようにしてあげることがポイントです。

 

《小脳・脳幹を含む頭部の反射区》

 

体の司令塔は脳なので、頭部の反射区である親指全体を、まんべんなくもんでみましょう。

 

頭部の反射区

 

《首の反射区》

 

首は直接自律神経が通っているところです。

 

自律神経が弱っている人の9割は、首が凝っていると言われています。

 

首の反射区

 

自律神経を整えるよう心掛ければ、体調不良も改善できるのです。

 

小さな不調の段階で放置しておくと、症状が悪化します。

 

不調の芽を摘み、早めに自律神経を整える方法を取り入れていきましょう。

 

 

 

 


町田市、多摩市、稲城市、八王子市、世田谷区、新宿区、大田区、国分寺市、横浜市(瀬谷区、青葉区、都筑区、泉区、港北区、港南区)、川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区)、大和市、相模原市、座間市、海老名市、厚木市、藤沢市に訪問施術させていただいています。

● ZOOMでもわかりやすくフォローアップを受けることができました。(Rさま)

 

こんにちは、野瀬春実です。

 

以前、足もみ簡単セルフケア講座に参加されたRさんの、オンラインフォローアップを開催しました。

 

ご感想を紹介します。

 

 

フォローアップの日に施術の予約をお願いしていました。
 

が、新型コロナウイルスの関係で施術ができなくなってしまったため、フォローアップのお声掛けをいただきました。
 

悩みとしては、

◆セルフケアに関して
→ひとりでセルフケアだけ続けていると自己流の部分が多くなってしまうと常々思っていたこと。

◆症状の悩みとして
→目の疲れ、ストレスとメンタルバランス、免疫力アップ、
季節がらのアレルギー(鼻・喉)、肩こりがありました。

復習してみて、一緒に一通りの流れを行なうことで自己流になりがちだった部分に気づき修正できました。

野瀬さんと一緒にセルフケアしてみて、サボりがちでしたが、続けてやろうと改めて思いました。


実際にGW中にもセルフケアをすることができました。

野瀬さんの話はとてもわかりやすかったです。


特にふくらはぎの部分の説明では、実際に足を上げてふくらはぎを見せてフォローしてくださったので、とてもわかりやすかったです。



事前に送っていただいた資料は、わかりやすい上に、お話を聞きたい!と興味津々でした。

お声掛けを頂いた時は正直なところ、「ZOOMで足つぼセルフケアのフォローアップができるのかな?」と、思いましたが、


1)セルフケア講座の時にしっかりと教えていただいたこと。

 

2)春実さんから直接施術を受けた経験。

 

3)自分でセルフケアを実際にやりすすめていたこと。

 

これら3つが揃っていたので、ZOOMでもわかりやすくフォローアップを受けることができました。

それと、セルフケアを続けていくなかで、ふわっと浮かんだ疑問点をセルフケアしながら質問でき、すぐに教えていただけたのが良かったです。


それまでは今度お会いした時にでも聞こうと思っていましたが、実際は忘れて聞きそびれてしまうので助かりました。

また、困っている症状や気になる症状に関しても、すぐに反射区やもみ方を教えてくださってケアできたのもとても良かったです。

今回フォローアップのお声掛けをいただきましてありがとうございました。

フォローアップを受けたことでサボりがちだったセルフケアも、改めて、「やろう!」というスイッチが入り、GWもセルフケアをすることができました。


フォローアップを受けることはセルフケアを続ける力になると思います。

新型コロナウイルスによる自粛期間においてマッサージにもなかなか行けないなか、自宅でセルフケアができるって強みだなと思いました。
 

でも新型コロナウイルスが収束したら是非また施術をお願いしたいです。
 

それまではセルフケアでつなげます♪

 

Rさま


Rさん、ありがとうございます。

 

ZOOMとは、テレビ電話システムです。

 

お顔や手つきを見ながらを、説明していきます。

 

ZOOMのアプリダウンロードは、無料で出来ます。

 

 

対面でのフォローアップですと、おひとりおひとりの足を触って、反射区を確認していきます。

 

今回はこのご時世で、対面でのフォローアップは不可。

 

テレビ電話なので、それは難しいと思っていましたが、足もみ簡単セルフケア講座の時に、しっかりお伝えしているので、その心配は不要でした。

 

 

一緒セルフケアを実践すると、自己流になっていることに気付きます。

 

一緒にやると、やる気も起こります。

 

ZOOMフォローアップは随時開催しています。

 

お問い合わせからリクエスト、送ってくださいね。

 

 

 

 


町田市、多摩市、稲城市、八王子市、世田谷区、新宿区、大田区、国分寺市、横浜市(瀬谷区、青葉区、都筑区、泉区、港北区、港南区)、川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区)、大和市、相模原市、座間市、海老名市、厚木市、藤沢市に訪問施術させていただいています。