これ、いいな♪

これ、いいな♪

縁があってわたしが出会ったものたちを書いています。最近は、自分の忘備録にしています。


   音譜 ご訪問、ありがとうございます 音譜

       

  

  チョコボ テーマをいくつか分けていますので、

       興味のあるとこ、チェックしてみてくださいね。 チョコボ


ブログ上部の『記事一覧』をクリックして、

      次に『テーマ別記事一覧』で、探しやすいと思います。


 

 




ブックオフオンライン

テーマ:

来年のカレンダーを買いました。

おそ松さんです松

すごくかわいくい絵柄です。ラブ

小ネタがいっぱいで、ファンはうれしくなっちゃいますね。

 


 

持っている飲み物が、それぞれ好きなものです。

他にも、

おそ松がトッティクイズのステッカー持ってたり、

カラ松がバレンタインの時チョロ松に渡したチョコ持ってたり、

チョロ松が、「キャンペーン発動!」の時の本持ってたり、

13日の金曜日には、一松のジェイソンが描かれていたり、

十四松が、クリスマスのプレゼント交換(しねしねしねしね・・の時の)のプレゼント持ってたり、

トッティの衣装は、富士山のぼった時の(トド松のライン)でしょうか。

 

 

2月には、6つ子がバレンタインにつけてたお面が描かれていたり、

6つ子の誕生日にはケーキが描かれています。

・・・他にも、小ネタが色々入っていて、見ていて楽しくなります。

 

これ見ながら、来年もがんばろニコニコ

 

 

blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ

 

 

 

 


テーマ:

おそ松さんのことじゃないですよてへぺろ

相変わらず大好きですけどね。

 

気づいたら、たくさんの観葉植物を育てていました。

現在、30以上あります。

ちょっと多過ぎ。。あせる

 

中でもお気に入りのかわいい子を。

ミニ盆栽のクロマツです。

 

 

blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ


テーマ:

2018年3月13日 KADOKAWA発行

5編の短編集(1編は書下ろし)

2015発行「ラプラスの魔女」前日譚

 

個人的な感想 ★★☆☆☆2.5

「ラプラスの魔女」の前日譚という小説なのですが、

「ラプラスの魔女」の内容をすっかり忘れてしまっていました。

もしかしたら読んでないかも、とも思ったのですが、

知っている設定の話があったので、読んでいる気もします。

 

「魔女の胎動』の感想は、

おそらく1年後にはほとんど覚えていないだろうくらいの、

薄い感想です。

 

登場人物の羽原円華に、全く魅力を感じなくて、

天才少女なんだけど、その良さが伝わってこなくて、

もうこの子の話は読まなくていいや、って気持ちになっていました。

 

東野圭吾氏の作品は、

私のとっての傑作と普通の作品の差が結構あるので、

他作品に期待しています。

 

blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ

 


テーマ:

テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル

Aではない君と

視聴しました。

 

しんどそうなドラマだなとは思ったのですが、

観て良かったです。

 

原作が薬丸岳氏です。

デビューされてしばらくは、よく読んでいた作家さんです。

以前のレビューはこちら。

天使のナイフ

闇の底

虚夢

10年も前の、当時新人作家である氏の作品とその感想なので、

ナマイキですが、ご容赦を。ぺこり

他にも読んでいる本はありますが、

あらすじや本の紹介がめんどくなってレビューを書いていませんねガクリ

 

さて。ドラマの感想です。

佐藤浩市主演

天海祐希・中村トオル・安田顕・戸田菜穂・杉田雷麟(新人)他

 

物語は、佐藤浩市さん演じる主人公の、離婚して別居している中2の息子が同級生殺害容疑で逮捕されます。

逮捕された息子と、どう向き合っていくか。

事件の真相、犯した罪、被害者への贖罪は・・・。という内容。

 

豪華俳優陣の、ぜいたくな、見ごたえのあるドラマでした。

特に、被害者の父親役の中村トオルさんの演技に感動しました。

そして、冷静な家庭裁判所調査官役の安田顕さんの演技も良かったです。クセの強い個性が光ってました。

佐藤浩市さん、戸田菜穂さん・・も、もちろん安定の素晴らしさ。

 

例えば、何かの事件が起きたとき、

深い事情がある事件だと、

時に犯人側の事情に同情したりすることがあります。

でも、この物語は、犯罪を起こした側も被害者も、

誰が悪いとか、そんなジャッジはできません。

本当に様々な考え方とらえ方があって、きっと正解もないでしょう。

 

生きていると、実際こんな事件に巻き込まれることはなくても、

白黒つけられない、複雑な感情を残す出来事に出会ったりします。

このドラマも、そんな気持ちにさせられたのだけれど、

自分の考え方を広げることができたような気がして、

視聴して良かったなぁと思いました。

 

ミステリー小説はとても好きなのですが、

最近はあまり時間が取れなくて読めていません悲しみうさたん

ドラマを見て、原作も読んでみたくなりました。

おもしろい本に出会った時の感動を、

また味わいたいなぁ。と思わせてくれたドラマでした。

 

 

blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ


テーマ:

おそ松さんのことを書いているブログを

読ませていただくと、うれしくなってニマニマしています。

それで感じるのですが、

カラ松」推し「一松」推しの方々の愛情が、とにかく深いこと。

 

人気が高いのはモチロンなのですが、

この二人は、支えてあげないとダメな気がしちゃうのかな、

すごく気にかけてるのかなと思ったりします。

 

そういう私の推しは、誰かっていうと・・・

 

もともと、6つ子全員が好きで、誰っていうのはありませんでした。

結構長いこと、いわゆる「箱推し」だったと思います。

 

けれど、おそ松さんのグッズは

6つ子それぞれに分かれているのが多くて、

ひとりひとりを個別に見たら、

持っていたいと思ったのが、十四松でした。

 

マイペースなようで、すごく兄弟の事を見ているし、

兄弟がケンカしてワイワイやっていると、うれしそうに参加しちゃう。

そんなところが本当にかわいくて。

私を癒し続けてくれる存在です。

                

 

私は、おそ松さんを、

1000回では済まないくらい視聴しています。

              病気だと思います。自覚はあるんです。。ハイ照れ

 

アニメを見ていて、一番気になるのがおそ松でした。

いつの間にか。 あぁ、私、コイツのこと好きだなぁと。

なので、どこが好きなのかよくわからないんですけど、

ばかでクズ(どっちもほめ言葉)なところとか、

たまに見せる長男らしさとか、

いつも楽しそうにしてるところとか、素直なところとか、そんな感じ。

 

兄弟が大好きなところも好きです。

「お前は変わらなくていいよ、カラ松」

          (1期10話 イタいって何だ?) 

「俺は別にいいの、それで。

 だって兄弟だし。エロくても変態でも平気。」

         (1期13話 事故?)

おそ松は、特に深くも考えないでこう思ってる気がします。

最強のセリフです。まいっちゃいます。

 

私は、リアルでおそ松さん好き!って人に出会えていません。

ネットではたくさん見かけるんですけどね。

先日、某掲示板でトッティ愛を語ってる方を見かけました。

かわいいかわいいって書かれていて、うれしかったなぁラブラブ

 

チョロ松とか十四松とかトッティの激推しの方は、

あんまり見かけないので、ぜひ読みたいです。

ブログ読んでもいいよ、って方、いいねしてくれたらうれしいです。

(私はマメなタイプじゃなくて

 後々のお付き合いができないかもなので、

 そっとおじゃましています。。スミマセン)

 


blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ


テーマ:

パソコンで動画を観ていたら、

突然画面が真っ暗になりました。

一瞬何が起きたかわからなくて、確認したら電源が落ちていました。

コードなどを確認して、しばらく置いてから電源を入れましたが、

復活しません。

 

・・・あせりました。あせるあせる

まず思ったのは、なくなって困るデータはなかったか。

 

つい最近、同僚が、

朝突然、スマホの電源が入らなくなったそうです。

住所録とか、どうしても欲しいデータがあったので、

修理に出すことにしたのだそうです。

 

私も、スマホのアップデートがあったとき、

使っていたスケジュールアプリのデータが飛んでしまって、

とっても困ったことがありました。

 

それ以来、スケジュールは手帳に書いています。

 

何かが急になくなっても対処できるように、

例えばカギを失くしたとか乾電池が切れたとか、

少し考えてみようと思います。

 

blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ


テーマ:

私は、毎年夏の終わりに、ひどい肌荒れになります。

髪のパサつきもひどくなるので、

肌荒れは紫外線ダメージだと思っています。

 

肌荒れすると、水で顔を洗ってもしみて痛いので、対策をしています。

・・・が、効果があったと思えるものに出会えずにいました。

 

ところが、今年、肌荒れしていないんです。

まさかです。毎年あんなにつらかったのに。。

でも、あんまり対策しすぎていて、

いったいどれが効果があったのか、わかりません。

 

夏の肌荒れ対策

10年以上続けている

 サプリ:ビタミンC

      さぼりつつ、ビタミンB。

      コラーゲン。プラセンタ。ポリフェノール。アスタキサンチン。

      ・・・など美容成分。

 

5年くらい続けている

 ヨクイニンのサプリ

 

3年くらい続けている

 ココナツミルク

 

1年くらい続けている

 プラセンタ注射。生芋こんにゃく。

 乳酸菌(サプリ。納豆。キムチ。乳酸菌飲料)

 

続けられず挫折したもの

 アーモンド。レモン水。早寝(睡眠時間)

 

もちろん、日焼け止めは使っています。

・・・さて。どれの効果でしょう??

 

妥当なセンで、プラセンタ注射の効果でしょうか。

生芋こんにゃくや乳酸菌もがんばって摂取しているので、

そんな地道な努力も良かったのかな。

 

 

 

 

 


テーマ:

おそ松さん2期再放送が決定しました。

10月からスタートなので、ちょうど去年と同じですね。

映画化記念です。放送が終わる頃、映画公開ですね。

 

最近もですが、

仕事がしんどくて、余裕がありません。

私、身の回りにおそ松さんを置いていて、

例えばPCの壁紙やスマホの着せ替え。

スマホ見るたびに、ふっと笑顔になれます。

相変わらず、おそ松さんに支えてもらっています。

 

週末にでも、2期の感想書いてみようかな。

たくさんの人に放送を観てもらって、

映画観てもらいたい。

 

blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ


テーマ:

人気の高いおそ松さん1期9話Bパート

『恋する十四松』 ですが、私はこのお話が嫌いです。

 1期第三松収録

ちょっとしたきっかけがあって、

久しぶりに観てみたのですが、やっぱり好きになれない。

 

私は、6つ子が大好きです。

だから、架空のお話だとしても、幸せになってほしい。

でもこの彼女では、幸せになれないでしょ。

 

彼女、手首を切って自殺未遂をして、

その後飛び降りしようとしている重い女の子です。

そんな子、十四松が支えきれるとは思えない。

 

彼女にとって十四松は、

自殺未遂直後に出会って、

傷ついた自分を笑わせてくれて、気を紛らわせてくれる。

ありがたい存在で、いい人だなぁって思ったでしょうね。

 

でもね、利用しただけの結果になってる。

十四松の気持ちにだって、ふつう気づいてるでしょ。

向き合う事ができないなら、何で会ったりするかなぁ。

ずるい。

 

女の子慣れしていない十四松が、健気で、切なくなります。

 

おそ松さんのお話の中で、

彼女ができたのは、多分3人です。(本物ってわけじゃないですけど)

カラ松とドブス

チョロ松とダヨーン族の娘

 

カラ松は、っぽいので置いといて、

(まぁ、これはギャグだからね、その後逃げられるでしょ、ってことで)

チョロちゃんは、いい人選んだなぁって、

うれしい気持ちになれました。

 

『恋する十四松』も、せめて彼女が誠実に向き合ってくれたら・・

立ち直ったら東京に戻るって約束をしてくれるとか、

そんな終わり方なら良かったかな。

ま、それじゃ、6つ子全員彼女いない設定にならないから

ムリかもだけど。

 

大好きなおそ松さんに、嫌いなお話があるのは寂しいので、

いつか違う感想が持てるようになったらと、

色々思いを巡らせてみるのでした。 まるちゃん風

 

 

blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ


テーマ:

2017年の実写映画 『君の膵臓をたべたい』

話題にはなっていましたが、

最初から泣かせるつもりの設定、「若い人の死」をネタにしていて、

それがとっても白々しく思えて、

当時は観る気持ちになりませんでした。

 

地上波で放送されたこと、

知人とその友人から「泣けた」「なかなか良かった」と聞いたことから、

観てみました。

主題歌がミスチルだったしね。

 

今回このブログに書こうと思ったのは、

私が、この情報が欲しかったからです。

 

全くの、個人的な感想です。

 

「15分見てつまらなかったら、
 続きは見なくて大丈夫!」
 
余命宣告された女子高校生が、不自然なほど明るくふるまう。
もうすぐ死ぬからと、わがままいっぱいで同級生の男子を振り回して、
気のあるような誘うような言葉や態度
黙って旅行に連れ出したり、一緒のベッドで寝ようと誘ったり、
入浴中に浴室に来させたり、両親がいない家に呼んだり、
ハグしたり・・・・・・・・・・超ハラ立ちました!
 
セリフが、昔の青春映画みたい。
そう。薬師丸ひろ子や原田知世の角川映画のような、
絶対口に出して言わないような、芝居がかったセリフ。
 
刺激的なタイトルで引き寄せて、
簡単に泣ける設定「余命わずかな女子高生」、
お手軽な泣ける映画です。
泣いてストレス解消したいなら、まぁいいかも。
 
 
blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ           blog うさぎ   blog うさぎ   blog うさぎ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス