1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-23 08:53:31

スタッフに思いを『伝える』ことがキチンとできていますか?

テーマ:スタッフマネジメント
Youtubeチャンネル【人材育成情報ナビ】。

新しい動画をアップしましたので
ぜひ、ご覧ください。

今回のテーマは
『組織を上手く運営するための『伝え方』の鉄則』です。



カタカナ英語や専門用語
企業内だけで通じる隠語を使って
スタッフに指示や連絡事項を伝えていませんか?

ビジネス書を読んだり
セミナーを受講する機会が多い人
勉強熱心な人が

スタッフに何かを伝えようとするとき
やたらとカタカナ英語を多用したり
専門用語を並べて話をするケースが目立ちます。

カタカナ英語や難しいビジネス用語を使うと
なんとなくカッコいいように
思えるのかもしれませんが

学生や主婦に
それらを多用して指示をしたり
連絡事項を伝えるのは避けるべきです。

そういう言葉を使っても
聞いた方は意味が分からないので
指示や連絡を理解できません。

分からないからと言って
そのことを質問するスタッフは稀ですので

スルーして何もしないか
勝手に解釈をして行動することになります。

例えば高校生のアルバイトに
「業務の中でプライオリティーが
低いものは後に回しましょう」と伝えたり

「今日はチェコレート売場をマッサージしてね!」と
主婦のパートスタッフに
指示を出してはいけないということです。

今の言葉をそれぞれ
伝わる言い方に変えると

前者は「業務の中で優先順位が
低いものは後に回してください」。

後者は「今日はチョコレート売場の
陳列変更をしてください」となります。

ここでの『マッサージ』という言葉は
私がセブンイレブンのFC店を経営していた当時

FC本部の社員間で使われていた隠語で
“陳列変更”を意味します。

店内で使用されている隠語についても
その意味を教えないとスタッフには伝わりません。

伝える際の鉄則の一つは
『相手に伝わる言葉、表現を用いて伝える』ことになります。


それ以外の鉄則については
3分ほどの動画の中でお伝えしています。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-15 16:15:03

スタッフのやる気モードをオンにする仕事のまかせ方

テーマ:繁盛店のやる気の育て方
Youtubeチャンネル【人材育成情報ナビ】
本日、新しい動画をアップしましたので、ぜひ、ご覧ください。

今回のテーマは『スタッフのやる気モードをオンにする仕事のまかせ方』です。
「部下に仕事を上手く任せることができない…」と言う悩みをお持ちの方にはお薦めです!
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-01 12:00:00

アンケートを使ってスタッフのやる気をアップさせる方法

テーマ:スタッフマネジメント
新しい動画をアップしましたのでぜひ、ご覧ください。
今回は『アンケートを使ってスタッフのやる気をアップさせる方法』
について3分ほどの動画でご紹介しています。

『顧客の声を聞く』ことは業種を問わず大切です。

ですので、多くの企業では、事あるごとに顧客アンケートを実施して
消費者の内なる声に耳を傾けようとしています。

ただ、多くのアンケートにはどちらかと言えば、顧客からマイナス面についての意見が集まるような内容になっており、下手をすればスタッフのやる気を削ぐ結果になる場合もあります。これでは、せっかくコストと労力をかけてアンケートを行っても価値は半減してしまいますよね…

そこで、今回の動画では顧客アンケートを活用し、スタッフのやる気をアップさせる具体的な方法についてご紹介しています。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-25 11:06:10

パート、アルバイトと経営者との間に気持ちの温度差がありすぎます…

テーマ:スタッフマネジメント
本日、新しい動画をアップしましたので、ぜひ、ご覧ください。

今回は『パート、アルバイトと経営者との間に気持ちの温度差がありすぎます』

について3分ほどの動画でご紹介しています。


今回、セミナー会場で頂いた質問に対する回答です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ご質問】

店のパート、アルバイトと、私自身の店作りや売上作りに対する『思い入れ』や『熱さ』など気持ちの温度差がありすぎます。

パートアルバイトだから仕方ないのでしょか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現場で働くスタッフと自分(経営者)の間にある、店の運慶、経営に対する温度差のギャップに
悩まれている方は多くいらっしゃいます。

私自身もセブンイレブンを経営していた頃は、そのことについて、ジレンマを感じていた時期もありました。

ただ、ある事件をきっかけに、気持ちの上での温度差を生み出しているのはスタッフではなく、自分自身の考え方と行動だということに気づきました。


その事件が起こったのは、セブンイレブンのFC店を経営して4年が経過した頃のことです。

私の店から車で移動すれば30秒と掛からない場所に、自店の3倍以上の規模の駐車場を併設する
他チェーンのコンビニができたのです。


その店がオープンしてしばらくは、特に大きな変化はなったのですが

1~2ヶ月経ったくらいから徐々に情勢が変化してきました。

客数の減少、客単価の低下という具合に、徐々に業績が下降していくことになりました。


その数カ月後、もうこれ以上売上が下がると、経営が危うくなるという一歩手前まで来たときに、私は、スタッフ全員を集めミーティングを行いました。

当時の私は、スタッフのことは、大切には思っていましたし、マネジメントもそこそこ上手くやっていたつもりでした。


ただ、スタッフとの間にある、気持ちの上での経営に対する熱量のギャップがあることは感じていました。

そのことは、自分は経営者だし、相手は、パート、アルバイトの身なので仕方がないと諦めていました。

ただ、3つのことを伝えることで、そのギャップが徐々に薄れていくように感じる事ができました。


その時に伝えたことの1つ目は…

店が置かれている状況について、数字を含めて、すべて包み隠さず伝えることにしました。

多くの場合、売上については、スタッフに公開している場合は多いのですが、さらに突っ込んだ数字(利益、販管費、人件費など)まで伝えているケースは少数派です。


家族経営であっても、スタッフ(親族)に、改まって決算書を見せると言うケースは少なく、会社、店の経営がひっ迫していることを倒産する直前になるまで知らなかったというケースもあるようです。


現状を把握することで、今、自分たちがどういう状況に置かれているのか?を知ることができます。

そうすれば、そのときに、何をするべき名ことも自ずと明確になっていくのです。


その後、さらに2つのことについて、伝えていったのですが、それについては、ぜひ、以下をクリックして動画でご覧ください。

結果的に、私のかつての店が、どうなったのかについてもお伝えしています。


コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-19 11:48:25

やる気がグッと上がる朝礼の進め方

テーマ:小規模事業所の人材育成
Youtubeチャンネル【人材育成情報ナビ】。
新しい動画をアップしましたのでぜひ、ご覧ください。

今回は『やる気がグッと上がる朝礼の進め方』
について3分ほどの動画でご紹介しています。

あなたの職場では、朝礼を毎日実施していますか?

朝礼を行うことで、その日1日、各自が何を優先し、どう行動するべきなのかが明確になります。

やる気あふれる人材が揃う職場では、必ず朝礼が行われています。


ただ、私の講演先で朝礼を実施しているかどうかを尋ねると、「YES」と答える企業は3割程度しか存在しません。

そこで、今回の動画では、スタッフのやる気を上げる朝礼の実施するための3つのポイントをご紹介しています。


※ 下記をクリックした後、 YouTubeにログインをして動画の真下にある『チャンネル登録』ボタンを押して頂ければ、最新の動画がアップされたときや、まだ見ていない動画のチェックが楽になります。

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-12 16:06:12

採用面接のやり方が分かりません…

テーマ:人材の 募集 採用
本日、配信のYoutubeチャンネル
【人材育成情報ナビ】の最新動画では

『採用面接』を行う際のポイントについて
4分ほどの動画でご紹介していますので
ぜひ、ご覧ください。



※ご視聴の際、YouTubeにログインをして
 動画の真下にある
 『チャンネル登録』ボタンを押して頂ければ

 最新の動画がアップされたときや
 まだ見ていない動画のチェックが楽になります。

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-07 08:15:38

新連載が『「ここでずっと働きたい!」とスタッフに言わせる定着マネジメント』スタートします!

テーマ:メディア掲載

新連載がスタートします!
今、発売中の月刊・商業界9月号より、新連載『「ここでずっと働きたい!」とスタッフに言わせる定着マネジメント』がスタートしています。

読者や私のセミナーに参加された方々から寄せられた質問・お悩みにお応えするという内容で、私のYOUTUBEチャンネル『人材育成情報ナビ』とも連動しています。

https://www.youtube.com/watch?v=5sa80OW6Aug&feature=youtu.be&list=PL3b6OfAj1xqKgjjrJKfj3sJ6kpn30pztw

 

第1回のテーマは…「やる気が見えないスタッフの『やる気』を再点火するにはどうすればいいのか?」

 

今月号では、もう一つ特集記事も執筆させて頂いております。こちらのテーマは『ゲーム感覚で学ぶ 聞く技術 伝える技術』です。

ぜひ、書店でお手に取ってご覧になってみてください。

 


 

 |  リブログ(0)
2017-07-23 06:51:06

シフトに入りたがらない学生スタッフでお困りではないですか?

テーマ:スタッフマネジメント
本日、新しい動画をアップしましたのでぜひ、ご覧ください。

今回は『学生バイトがシフトに入ってくれません』というご相談への回答を4分ほどの動画でご紹介しています。


シフトに入りたがらない学生バイトが増えているという話をよくお聞きします。

その理由は、学校から出される課題をこなしたり、理系であれば研究のために時間を取られたり

また、所属している部活動の役員をしているのでバイトをする暇がない、というのが大半のようです。


私自身の学生時代のことを振り返ると今お伝えしたような理由は建前で、本当は友人たちと遊びにでも行っているのだろう…と考えてしまいます。


けれども、今の学生の多くは、以前に比べて真面目なので、どうやら、それらのことは本当のことのようなんです。


まあ、私にも大学生の子供がいるので、親の立場からすれば学業に勤しんでくれるというのは、とてもありがたいことではあります。


ただ、現場の経営者やマネージーの立場からすると、採用の時に予め決めたシフトについては、責任をもって出勤して欲しいと思うのは切実な願いです。


そこで、バイトよりプライベートを優先し、なかなかシフトに入ってくれないスタッフへの対処法を今回の動画でご紹介しています。


『学生バイトがシフトに入ってくれません』
 ↓↓↓
http://u0u1.net/ERaA


※ 上記をクリックした後
 YouTubeにログインをして
 動画の真下にある
 『チャンネル登録』ボタンを押して頂ければ

 最新の動画がアップされたときや
 まだ見ていない動画のチェックが楽になります。


コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-22 15:40:42

伝わる文章が書けないことで、人生の中で『損』をしていませんか?

テーマ:書籍紹介

文章の作成スキルが無いばかりに、多くの人が人生の中で、『損』をしている人はたくさんいます。

子供のときは、せっかくの夏休みだというのに、読書感想文の宿題をしなければならないということが頭の片隅に常にあり、それがゆえ、思いっきり楽しむことができない…ことになりがちです。

社会人になっても、企業に勤めれば、上司から報告書の提出が求められ、その出来が悪ければ成績が下がってしまいかねません。

また、経営者であれば、業種によりますが、売上を作るためにセールスレターを書く機会が多く、その出来が悪ければ売上下がってしまいます。

とにかく、現代の日本に生きている以上、文章を上手く書くことができないことで、『損』をしている人が多数存在しているのです。
また、相手に伝わる文章を書くことは必須スキルであると言えます。

著者仲間であり、文章指導の専門家である山口拓朗さんが、新しい著書『残念ながら、その文章では伝わりません』(大和書房)を出版されました。

山口さんの今回の本の中には、相手に伝わる文章が書くことができる実践的なノウハウが豊富に掲載されています。

例えば「1文を短くする」「言葉足らずに注意する」「適切な語尾を選ぶ」「専門用語、難しい言葉は使わない」「カッコ書きを使う」「くどい繰り返しを避ける」「テーマを絞る」「類語へ言い換える」「読点の打ち方」「接続詞の使い方」『が・の・こと・もの の使い方」「漢字とひらがなの比率」など、私が文章を書く際に意識していることが全て網羅されています。

また、文章を書く際の構成テンプレートも複数紹介されています。

テンプレートを意識して文章を構成していけば、相手に伝わる文章が楽に書けるようになります。

文章作成に自信が持てないという方は、ぜひお読みになることをお薦めします。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-15 17:14:30

外国人を採用するときの注意点

テーマ:スタッフマネジメント
本日、新しい動画をアップしましたのでぜひ、ご覧ください。

今回は『外国人を採用するときの注意点』について4分ほどの動画でご紹介しています。


人手不足が続く中、飲食、サービス、小売業では、外国人を雇用する店が都心部を中心に増加しています。

店によっては全員が外国人と言うケースも珍しくありません。

また、飲食や介護を含むサービス業では、人手不足が原因で倒産という事態にまで追い込まれているケースも散見されます。

そういう状況は今後、益々ヒートアップすると容易に予見できます。


そうした中、現場の労働力の維持のため、外国人を雇用する機会は今まで以上に増加します。

多くのメディアで報じられている通り、この十数年の間に労働人口は確実に減少します。

そうであれば、今のところ自店は、全員が日本人スタッフで賄えているので、関係がないという場合でも、将来的には、外国人労働者を雇用することになる可能性は否定できません。

そのとき、「外国人をどうやって雇用し、育成、マネジメントしていけばいいのか?」と言う問題が経営者や現場マネージャーにとって、新たな課題としてのしかかってくることになるわけです。

そこで、今回は外国人の採用、雇用する際のポイントについてご紹介していきます。


コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。