今日は昼間は晴れて来るって言う予報を信じて、霧雨が降る中山へ向かいました。
息子っち、目覚めが悪かったのか「こんな天気の時にわざわざ山へなんか来なくても良いんだよぉ」とご機嫌斜め。
まあね、いつも喜んで山へ行ってる訳では無いですけどね。爆  笑

   

現在地の左側の黄色い○の所が駐車場です。
現在位置から緑色の所を左へ進んで、左端の金剛山まで行きます。
そこから真ん中辺の『杉峠』まで戻ってから、黒い線の所を歩いて車に戻りました。

  

10:01
登山道の入り口は、こんなに草がモサモサしてて人が歩いた形跡があまり無いところでした。

   

でも奥へ入ると、道がしっかり判るようになりました。

歩きやすい所だね・・・なんて言ってた矢先に虎ロープが。。。。

まずは主人が登ります。

   

それを見てたビビりの息子は、「馬鹿じゃないの!?馬鹿じゃ無いの!?こんな所、登る所じゃ無いでしょう!!」を連呼。爆  笑

  

足を滑らせながら、ロープをしっかり握って登ります。
その間も女の子みたいにギャーギャー叫びまくり。爆  笑

これを登たら終わりじゃ無いからです。
右に曲がって、更に急登が続きました。

  

私と主人が「あ~楽しかったぁ」って言うと、「どこが楽しいだよぉ」と黄色い声で息子。爆  笑

その後も、意外と急な登りです。
何とかアルプスって名前が付くような所は、登山と言うよりハイキングタイプかと思ってたけど、アップダウンがあって中々楽しませてくれる登山道でした。

今日の息子くん最初から機嫌が悪くて、30分も歩かない内に「もういいよぉビックリマーク。帰ろうよぉビックリマーク」を連発。
就職するには体力も必要だから頑張ろうとかetc説得するように話をしていると、
挙句には主人に向かって「○○さん1人で行けばいいじゃんムキー」とまで言い出す始末。

今戻ったら、さっきのロープの所を降りるんだよぉ」って言うと、「それはヤダ!怖いもん」と言ってから静かになりました。( *´艸`)

日連山では、私が写真1枚撮っただけでサッサと先へ行っちゃったし。

   

途中で1回座りこんだし、「まだ~、どこまで行くの早く歩いて早く帰りたいムカムカ」と半ギレは続く。

じゃあ、炭酸5本で手を打つわ」ってことでギャーピー言うのを辞めたのでした。爆  笑

先週は雨で山へ行かれなかったし、その辺りから息子は背中や腰や肩が痛いと言いだしていました。
体がキツイのは判りますけどね。
動けないほどでは無いのは見て判ります。
何とか話を逸らせて、気を紛らせて、やっと金剛山に着いたのは11:35でした。
車からだと1時間40分くらいでしょうか。

   

   

息子は奥にあるテーブルへ直行して座り込みました。

今日も息子用には山菜蕎麦を用意しました。

麺つゆを前回と違う物を買ったら、味が薄くて量が少なかったので、蕎麦を2袋持って行ったのに1袋しか作れ無ったんだけど、それでも「美味しい音譜」って途端に機嫌が直った息子くんでした。ウインク
お握りも2個食べて、「まだ物足りない」とまで。
更に「何にも見えないなぁ」だって。ラブ
いままでどんなに眺めが良い山頂に立っても、「景色なんてどうでもいいワ」なんて言ってたのに、今日はお蕎麦を食べながら「何にも見えないのもなぁ」だって。
こんなちょっとの変化が嬉しい母でした。おねがい

35分ほど居て下山開始。
杉峠まで戻ります。

お蕎麦を食べた息子君の足取りは軽く、来るときの半ギレはシャリバテもあった事は明確なんだけど、ここは大人だから無理やり食べさせる事も出来ず「要らない」の一点張りだから困るのよねぇ。
普段から間食をしないから、抵抗があるのかも知れ無いけど、飲んだり食べたりはこまめにして欲しいんですけどねぇ。
いくら「登山ではねぇ・・・」って説明しても、それでも「要らない」だもん。

機嫌が良くなった息子は「家で食べるより山で食べた方が美味しいんだよなぁ」って。
私達が山頂での眺めを楽しみに頑張ってるのと同じく、息子は山頂での楽しみがお蕎麦なんですね。
お蕎麦を食べて、その美味しさに達成感を感じてるんですね。

何でも良いんです。
心が動くようなことがあるのは。
何でもかんでも「めんどくさい」の一言で片づけて、ろう人形みたいに無表情だった息子が、ここまで感動できるようになったんだから。
やっぱり、無理にでも山へ連れて来るようにして良かったって、改めて思いました。

さて、12:29に杉峠まで戻ってきました。
帰りは早いです。

   

ここからは駅って方へ向かって下山します。

こちらの道は、こんな感じの緩やかな道です。

   


12:41車道に出ました。

   

しばらくは車道歩きになります。
いつもなら、車道歩きが大嫌いな息子は、ほぼ無言で歩くんだけど「紫陽花が綺麗だねぇ」とか「ナスの花の紫も綺麗だね」とか言うと、「だねぇ」とか返事をしていました。

駐車場がある日連神社へ戻ったのは、13:03でした。
あれ?車道歩きが20分くらいだったんですね。
なんかもっと早く戻って来れた気がしました。

今日の私は全く疲れて無いから、嫌いな車道歩きも何とも無かったんでしょうね。

車に向かいながら神社の方を見ると、何か変な物が見えました。

車に戻ってから、上から見降ろすと・・・・

   

   

こんなものがありました。

後で友人から聞いた話ですが、これは三梨さんという作家のアート作品だそうです。

トゲトゲで、大きさもかなり大きかったので、何!?!?って感じでした。



息子は疲れた~って言ってたけど、私は丁度良い運動をしたって感じの心地良さが残りました。
落ち葉がすっごく多かったので、秋から初冬に行けば木の葉が落ちて枝の間から相模湖とか、もっと良く見れると思います。
その頃に、また来てみたいなぁって思いました。


さてさて、梅雨空は続きます。
台風も連ちゃんで発生してるし、来週の天気予報は曇りくもりだけど、どうなるかなぁ。
















今年の夏休みは?

テーマ:

まだ主人の休みがいつになるか判らないから、私の休み予定も入れられないんだけど、今年はテント泊が出来るかどうか?って言う私の状態なんですよね。

1泊でも2泊3日でも、テント泊の時のザックの重量は変わらない私。
食料などは主人が持ってくれるからなんだけど。
1.5ℓは飲み物を持って行くので、それを入れて9キロくらいの重さになります。

今の肩の痛みで、その重さに耐えられるかどうかが自分でも判らないんです。

だから、1泊の山旅にしてあとはどこかへ普通の旅行でもしてみたいなぁとか思ったりしてるんだけど、主人にとっては何泊も出来る夏休み。
1泊だけなんてあり得ないでしょうね。

そうなると、別行動って事になっちゃうかなぁ。
私は息子と2人で何処かへいこうかなぁ?なんて思っちゃったりして。

私、ECナビって言うポイントサイトを使ってるんだけど、これが中々良いのですよ。
いつも使ってる楽天市場で買い物をする時も、ECナビ経由で買うと楽天のポイントはもちろんのこと、ECナビでもポイントが溜まるから結果お得な買い物が出来るって訳。

ECナビでは、旅行の予約もとれるのですよ。
ちなみに、ECナビ旅行予約ページはここ。( http://ecnavi.jp/travel/
そしてポイントも貯まるの。
だから結果的に旅費が安くなるって訳。

見てるだけでも楽しくて、今日は仕事が休みだから色々見てました。
でも息子は温泉が嫌いなのよねぇ。

日帰りバスツアーなんかもあるから良いかなぁって見てたんだけど、息子は人が多い所が苦手でした。^^;
知らない人と、バスの中で・・・・あ~無理だわぁ。爆  笑

ちなみに、この記事の左サイトでちょっと下に、ECナビのバナーが貼ってあります。
そこから登録できますよぉ・・・なんて宣伝も入れちゃったりして。爆  笑

ん~~~、夏休み、どうしようかなぁ。












体中に骨の変形が有る私。
心は、鬱とパニック。
更に自律神経失調症までくっ付いてる。

天気の変化、晴れ晴れ雨は良く聞く話だけど、雨雨晴れでも具合が悪くなる私。

だから、雨が降ったり止んだり強くなったり小雨になったり、不安定な時は最悪状態。

昨日も体中の痛みに加えて、気力が無くなってしまって、何も考えられず何もする気に慣れなかったんですよね。

どこへも行きたく無かったんだけど、「体の痛みが少しは楽になるだろうから」って主人に言われて、近くのスパへ行って来ました。
1年ぶりくらいかなぁはてなマーク
息子が温泉嫌いだから、息子が一緒に山へ行ってる今は帰りに温泉に寄らずに帰って来てるから。

慣れ親しんだスパだけど、具合が悪い時なので頓服を飲んで行きました。
頓服を飲むとすごく眠くなるんだけど、お風呂でゆったり寝ころんでいても、イマイチ眠れ無い。

5分も温まってるとのぼせそうになるので水風呂へ入るけど、さほど体は温まって無いので水が冷たくてサッと水を浴びる程度で出ちゃう。

そしてまたお風呂へ。

何度か繰り返してたら、めまいがしてきたので1時間ちょっとしか入って居なかったけど出てしまいました。

私、精神的に具合が悪くなると声が出なくなるんですよ。
昨日はほとんど声が出ず、擦れた音くらいだったので、スパの帰りにお弁当を買って帰ってきました。

帰ってからアメブロのピグで遊んでても、全く面白さを感じず時々記憶が飛んで居眠りをしてたみたい。

私が寝る時に飲んでる睡眠薬は5時間しか効かないので、いつも0時に寝る事にしてるんだけど、昨日は21時には眠ってしまいました。

今朝目覚めたのは4時半。
7時間半も寝ちゃいました。

今日は、午前中に歯医者だし仕事は開店時間前の16時半から予約が入ってるし。
出来れば休みたい気分なんだけど、頑張って行かなきゃならない状況が辛い。

体も心も一進一退。

あ~、すっごくスッキリ気分が良いわぁ」って言って見たいなぁ。

















今日は主人が1人で山へ行きたいと言うので、私が息子を連れて2人で行かれる山ってことで、昨年の11月に行った事がある柏木山にしました。

9:05ここに車を停めて出発です。

   


10台近く停められる駐車場の直ぐ横から登って行くと、直ぐに茜台自然広場があってココには木で作った杖が置いてあります。
前回は手ぶらで来たので、ここの杖をお借りしました。

このハイキングコースは、とっても手入れがされてて歩きやすい道になっています。

今日は朝から凄く暑かったので、この広場を抜ける頃にはもう汗ばんでしまいました。
でも日陰に入ると、風がとっても気持ち良くて、『新緑』もそろそろ終わりだねぇって空を見上げたりして、気持ち良く歩く事が出来ました。

息子くん、今朝は8時まで寝かせていたのでいつもみたいにボーッとしてなくてスタスタと歩いてましたが、前々回に先を歩かせた時の事を思い出したのか、私と並んで歩いてたんだけど、自分が先に出ちゃうと歩幅を狭めて私に合わせて歩いたりしてました。(^^)

ゆっくり歩いたのに、40分掛からないで頂上に着いてしまいました。
   
    

ココからの眺めは素晴らしいですよ。
180度に近い展望で、どこが見えてるのか判らないけど遠~くまで見渡せるんです。

そしてここを管理してるのは、このブログを作ってる方かしら?

   

5か所くらいに、手作りの素敵なベンチがあるんですよ。
その内2か所はテーブル付。

   


息子くん、陣馬山に初めて登った時に食べた山菜そばの味が忘れられず、それからは「山へ行くよ」って言うと「山菜そば食べれる?食べれないなら行きたくない」って言うようになっていました。

そこで今回は、頂上までの時間が短くて保冷バックが無くても大丈夫と判断したので、スーパーで蕎麦の茹で麺とチルドパックの蕎麦つゆと山菜の水煮を持って行って、山頂で作って食べさせることにしました。

    

山小屋の蕎麦の方がおいしいよぉ」って言うかと思ったら、「家で食べるより美味しい」だって。爆  笑

私が仕事で夕飯の時間に家に居ないので、夕飯は息子くんが自分でうどんやスパゲティを茹でて、パウチのソースと絡めて食べたりしてるんですよ。
この麺つゆも家で食べた事があるんですよぉ。

私達が山頂に着くと、眺めの良さと達成感に感動するけど、息子くんは「眺めはどうでもいい」っていうんですけど、たまには「こんなの眺めながらウイスキーでも飲んだら旨そうだな」なんても言います。

息子くんにとっては、山頂で食べる山菜そばで達成感を感じてるんでしょうね。爆  笑

たった40分しか歩いて無くて、時間も10時前だって言うのに、「満足した」って。( *´艸`)
良かった良かった。爆  笑


下山は35分でした。

今日歩いたのは1時間ちょっと。あし
主人じゃ無いけど、「もう1山登れそう」なくらいに元気でした。爆  笑


そうそう!
山頂にあったブログ、検索してみたんだけど『該当なし』でした。
止めちゃったのかなぁ?














天気が良さそうだったので、眺めが良い山って事で行って来ました。
ここは以前も行ったことがあるのですが、コースタイムが短い割に岩場もあったり360度の展望の良さなんかで、とってもお得感がある山なんですよ。

駐車場は、池の平湿原の所(¥500)もあるのですが、高峰温泉の所なら無料で停められるので家は高峰温泉に停めました。

    

歩くコースは、黒い線の所です。
そうなんですビックリマーク
下山口から駐車場までは、黄色い線の車道を歩かなければなりません。ハートブレイク
これだけがこのコースを歩く上での問題なんですよね。

    


この車道は歩くと1時間くらい掛かっちゃうんですよ。
湿原の所に車を停めて、先にこの車道を歩くか、下山してから歩くか・・・・
前回は、下山してから湿原の方まで歩いたので、私の足が攣っちゃって主人に車を取りに行ってもらったんですよね。
今回は、息子に歩かせるのは無理だから私と主人で車まで歩く予定にしました。


登山口は高峰温泉の目の前です。
トイレも高峰温泉の建物の横にあります。

10:10
まずは『水の塔山』を目指します。

     

登り初めから、岩がゴツゴツした道です。
でも15分も歩くとこんなに開けたところに出ます。

    

左側の山が『東篭ノ塔山』です。
そこまでは、馬の背みたいな所をず~と歩くんですよ。
所々で、岩の裏側とか木々の中に入っちゃうけど、ほぼずっと自分の歩いて来た所を見ながら歩けるって言う楽しい道です。

ここから先は、大きな岩がゴロゴロしてて、岩を登って進むような所も出てきます。
ここまでの岩登り、息子は初めてなのでかなりバテたようで、座れそうな岩があると「休憩」って言って座り込んでいました。10:54




ここから先は、本当に岩登り。
足が届かなくて膝を着いて登った所も何か所もありました。
このコースで、1番の難所だと思います。

11:06 水の塔山に着きました。
休みながらだったのに、1時間で来ちゃいました。

    

息子は、「もうここでいいよぉ。帰ろう」って言うから「今登って来た所を降りるって言うの!?」って聞くと、「それは無理だワ」って。( *´艸`)

息子はバテバテだって言うんだけど、私にはいつものバテた顔には見えなくて、目はキラキラしてるし顔つきもスッキリして楽しんでるように見えました。

   


楽しいかった?」って聞くと、「馬鹿言ってんじゃないよ。こんな所のぼらされたのに」だって。( *´艸`)

でもそう言う声も、活き活きしてましたね。
自分では気づいて無いのかも知れ無いけど、男の子の本来の姿だと思う『冒険大好き』って心がちょっとだけ覗いたんじゃないかなぁ。ルンルン

ここで食事をして休んでた男性が、どこから来てどこまで?って聞くので答えると、「え~スゴイですねぇ」って驚かれたけど、その人は池の平から歩いて来て、ここからまた戻るとの事。
その方が、距離は長いと思うんですけどね。( *´艸`)

もう11時を過ぎてるし、食事はどうする?て話になったんだけど、まだ誰もお腹が空いて無いって言う事で先へ進む事にしました。

岩の裏側を回りこむように歩くと、下から見た時に茶色く崩れたようになってる所に出ました。
あの青い屋根の所から、ず~とここを通って歩いて来たんだよ」って息子に言うと、「あんな所から歩いて来たのかぁ」としみじみ。

息子、言葉では表現しないけど、どんな風に思ってるのかなぁ。
自分を褒めてあげな。こんな所まであんな岩も登って来たんだからね」って言ってあげました。

『赤ゾレ』って最初の地図に書いてあった所でしょうか。
11:30頃だったし、座れる岩もあったので「ここでご飯にする?」って聞くと、「あそこの頂上まで行っちゃうよ」って息子。キラキラ

いつも頂上まであと30分とか10分とか言っても、「もういいよぉ、帰ろう」って言うのに、今日は自分から頂上まで行っちゃおう・・・なんて言ってる。ルンルン

やっぱり今日の息子はいつもと違う。
それだけで、すっごく嬉しい母でした。笑い泣き

ここから頂上までは木々の中を歩くのですが、20分くらいで東篭ノ塔山頂に着きました。

   

本当は、もっと下の方へカメラを向けて、自分の歩いて来た所も入れたかったんだけど、ここにマナーの悪い夫婦が居たから、入り込まないようにカメラを上に向けました。

山頂表記や、山頂にある地図とか色々な物って、皆さん記念に写真を撮りたいじゃないですか。
だから、そういった物のところに留まっているのはマナー違反です。

人が多くてそこしか場所が空いて無かったならまだしも、それでも他人が写真を撮ろうとしたら避けるのがマナーですよ。

今回、広~~い山頂には6人位しか居なかったんですよ。
写真撮るからどいてくれます?」なんて言い難いじゃないですか。
皆さん、撮影ポイントでくつろぐのは止めましょうね。!!

スカっと晴れてる訳じゃ無かったけど、眺めが良くて息子がポツリ。
こういう所でウイスキー飲んだら美味しいだろうなぁ」って。拍手

この言葉、2回目です。ルンルン
1回目は、棒の峰へ行った時のこと。
良い眺めだとか綺麗だとかは全く言わない息子だけど、何か感じるものがあるんでしょうね。

30分位ゆっくりしたかなぁ。

下山の道も岩がゴロゴロしてますが、登り程大きな岩はありません。

30分掛からずに下山出来ました。

   

ここには東屋があったり、その周りにもベンチがいっぱいあります。
インフォメーションセンターらしき建物もありましたが、カギが掛かってて中に入ることはできませんでした。

息子は、「蕎麦食べる所ないんか」と残念そう。( *´艸`)

駐車場管理の建物とトイレとこの建物と、立派なのが建ってるけど食料は売ってません。
売店くらいあれば良いのにねぇ。

さて、家の車は遥か遠くにあります。
息子を東屋に残して、私はザックやストックを息子の所に置いて、主人と車を取りに車道歩きです。

   

岩登りで股関節に若干の痛みが出てた私は、車まで歩けるか不安はあったのですが、身軽なら大丈夫でしょうって思って歩きだしましたが、しばらくするとやっぱり股関節が痛くなって来ました。
そして、高峰温泉が遥か遠くに見えた時、心が折れてしまいました。ダウン

主人が「俺はまだ1山登る位の余力があるから、俺1人で行っても良いよ」って言ってくれたので、私は息子の所へ引き返すことにしました。

やっぱり私、車道歩きはダメですねぇ。
特にオールレザーの靴を履いてる時は、靴底が硬すぎて直ぐに足の裏がヒリヒリして来ちゃうんです。

息子と待ってると、40分位で主人が車で戻って来ました。

息子はお腹が空いたって言うし、お蕎麦が食べれる所が湯の丸山の駐車場の所にあるかも知れ無いって思って行ったんだけど、何の行事なのかジャージを着た学生で、店の周りは占領されてたのでそのまま帰途につきました。

近くにあった雷伝道の駅へも寄ってみましたが、食堂は無かったので野菜だけ買って、コンビニへ行って息子はラーメン、私達はアイスを買って食べました。



軽井沢までは順調に走っていたのですが、碓氷峠へ入って直ぐからブレーキがすっごい音を立てるようになりました。
まるで恐竜が鳴いてるような音です。
これは尋常じゃ無いって事で、峠を抜けて直ぐにホンダを探したら、30分掛からない所にあったので、入って見てもらいました。

ブレーキパッドがすり減って全く無い状態で、金属むき出しになったものがブレーキディスクに当たってたから、ディスクの方が酷く削られちゃっていました。
あの恐竜のような音は、そのせいだったんですね。

パットは在庫があったので取換えてもらいましたが、ディスクの方は無かったので、地元に帰ったら早急にホンダへ行くように言われました。

あのまま高速に乗らなくて良かったです。
事故にもならなくて良かったです。

でも今までの車で、こんな事って経験ありません。
今年の7月が3年目で車検なんだけど、3年でこんなになっちゃうんですね。
急な山道をしょっちゅう走ってるからでしょうか。
皆さんも、ブレーキから異音がしたら、早めに点検してくださいね。


さ~て、来週はもう6月ですね。
梅雨入り宣言が出るかどうか・・・ってTVで言ってる時期になりました。
平日は雨が降っても良いから、日曜は晴れて欲しいなぁ。














金時山へ行くのは2回目です。
前回は・・・・3年前だったかなぁ?
紅葉の時期に行ったんですよねぇ。
その時の記憶がほとんど無くて、ブログを読み直すと岩がゴロゴロの道や段差が大きい所が多いって書いてあったので、9か月ぶり位にモンベルのオールレザーの靴を履いて登る事にしました。

低山用の靴はミドルカットなので、足首が悪い私が足場の悪い道を歩くには不安が大きいからなんです。
オールレザーの靴は、ハイカットが良いだけでは無く私の足を包み込むようにピッタリマッチした靴なんです。
大事な私の相棒です。ウインク

8:00頃に駐車場に着いた時には、奥のトイレの所の無料駐車場は既に満車。
ゴルフ場の方も、あと数台で満車って位に混んでました。

8:09出発~

   

前回は丸岳の方まで足を伸ばしたけど、往復で1時間はかかってしまうので、今日は寄り道しないで乙女峠から下山する周回コースを歩きました。

   

今日は、お友達からのアドバイスで、息子を先頭にして歩きだしました。
その方が、息子の達成感が大きくなるんじゃないかって。
ところが・・・・
ゆっくり小幅で歩くんだよ」と私と主人が何度も言ってるのにも関わらず、息子はドンドン先へ行ってしまいます。あせる

このままじゃヤバイし、私は追いつくことが出来ないからと主人に追いかけてもらって息子を停めました。
そして主人に後ろに着いてもらって、アドバイスを受けながら歩かせたんだけど、それでもどうしても歩幅が大きくスピードも街中を歩くのと同じ感じのまま。

   

案の定、しばらく行くと「疲れたから、もう帰ろう」なんて言い出して座りこむ始末。

だから言ってるでしょうビックリマーク。早すぎるの。歩幅も大きすぎるんだよ。

本人は、ゆっくり歩いてるつもりだって言うんだけど。
若いから、健康な体ならそのスピードでも何も問題ないと思うけど、ヒッキーしてる体では57歳の私より体力は落ちてますからね。

前に行かせたり間に挟んだりしながら、歩いて行きました。


8:33『金時宿り石』に着きました。

    


今じゃ色々な所でこの光景は見てるから慣れっこになってるけど、初めて見た時は爆笑爆  笑でしたねぇ。
息子も「なんだよぉ、コレ」と飽きれていました。爆  笑
初めにやりだした人は誰なんでしょうねぇ。
こんな事、思いつくなんて素晴らしい発想ですよね。爆  笑


ここの道は、こんな感じの歩き難い道です。

    

   

これが私や主人には、楽しくてしょうがないんだけど、息子には『ただ単に歩き難くて疲れるから嫌』な道だそうな。ニコニコ

あと20分の道標を見て座りこむ息子。9:10

   

ここまでコースタイムでは55分。
歩いてる時は、も~と時間が掛かってるように感じたんだけど、5分遅れなだけでしたね。
しかもたったの1時間。
2時間くらい歩いたかのような疲れ具合でした。
私は身体はさほど疲れて無かったけど、気持ちが疲れちゃってましたね。
なぜか、ほんと長~く感じたんだもの。

ここから山頂までが、また更に段差が大きい歩くのが大変な道でした。
でも山頂に着いたのは9:35。
やはりコースタイムプラス5分でした。

   

空は真っ青ビックリマーク
富士山も、雲が掛かってはいるものの綺麗に見えてます。キラキラ

富士山の見え方としては、竜が岳か金時山かって感じに素晴らしいですね。

ここに来たらやっぱりコレですよね。爆  笑

   

息子くんにも声を掛けたけど、「景色とかどうでも良いしぃ」って言う息子君は疲れて座りこんでいました。

それよりも「山菜そば喰いたい」って。
そのためにこんな所まで来たんだから」だそうな。爆  笑

   

やっぱ、店で食べる蕎麦より美味しいなぁ。」って言って食べていました。

そうは言っても、『コースタイム4時間以内で山菜そばが食べれる山』なんて、陣馬山・景信山・金時山しか知らないしねぇ。
誰かご存知の方がいらしたら、教えて頂けませんか。? ほっこり

山頂には50分位いて、10:23下山開始。
乙女峠を目指します。

   

左側の茶色くなってる所は、大涌谷あたりでしょうか。
息子が唯一「ここ良いなぁ」って言った景色です。

前も、大菩薩へ行った時にこんな風に下界を見渡せるところで「良いなぁ~」って言ってたんですよね。
何かを感じてるんでしょうね。

こんな立札がありました。

   

この近くの道はこんな感じ。

   

こんな所でふざける馬鹿はいねぇだろう」とボソッと息子。( *´艸`)

下山の道は全く記憶に無かったんだけど、登った道よりもずっとデンジャラスでしたねぇ。

    

    


長尾山頂に着いたのは11:09
ここまで休憩無しで歩いて来たのに、50分掛かってます。

   

登りで35分は、どう考えても無理でしょう。
乙女峠までは10分って書いてありますが、私達は20分掛かりました。

   

前に、鍋割山へ行った時にもすごく感じた事だけど、神奈川県のコースタイムは他の地域よりキツくなってますね。
他の山では、体調が普通の時はコースタイム通りくらいに歩ける私ですから。

乙女峠からの下山道も、岩がゴロゴロですごく歩き難い道でした。
後半は、だだっ広い樹林帯の所でロープは張ってあるものの、どこをどう歩いたら良いか判らないほどに木の根っこが張り巡らされて段差も大きくて、苦労しました。


下山したのは12:16でした。
今日、登り初めは息が白く見えたんですよ。
だから暑がりな私も長袖を着たままで良かったんだけど、下界はやっぱり暑いですねぇ。

堅いソールの靴を履いてるから、駐車場までの車道歩きが何分くらいだったのかなぁ?見ておくの忘れちゃったけど、足の裏がヒリヒリしてきて辛かったですね。

歩いてた時間は3時間くらいだったけど、内容が濃い登山だったと思います。
疲れたけど、楽しい登山道だったから、ここはまた歩きたいと思える所ですね。

変化に富んだ道がお好みの人には、是非ってお勧めしたいです。ニコニコ


さ~て、来週はどこへ行こうかなぁ。


























今日はお昼頃から雨雨予報だったので、近くてコースタイムが短い所ってことで、主人が選んでくれました。

息子には、「朝早く目が覚めたら、2度寝しないで起きててね」と昨夜言っておいたので、7時には家を出る事が出来ました。

以前、今熊神社から刈寄山へ行った時は、陣馬山の方まで縦走したので五日市駅からバスに乗りましたが、今日はピストンだったので今熊神社の駐車場まで車で行ってしまいました。

7:40出発あし

登り始めが結構急なので、歩きだして10分もすると息子から「もう疲れた~」ってにひひ

    

早くから目覚めてたせいか、今日は登りから良く喋る息子。
頑張って歩くから、ご褒美に炭酸を10本買って~」って。(^o^)

炭酸の飲み物が大好きな息子なんだけど、今は傷病手当で生活している身なので、お金の管理は私がしてて自由に買い物ができない状態なんですよ。
なので、こんなことを言ってくるんですよ。
良く聞こえなかった主人は、『1本買って』と聞き間違えて「良いよぉ~買ってあげる」と返事。

\(^o^)/ 買ってくれるって、じゃあ頑張って歩くわぁ」と息子。

こんな感じで、ず~とお喋りをしてた息子と私。
なので私はどんな道を歩いたのか、ほとんど記憶が無いほどです。^^;

フッと思いました。
こんな風にお喋りに夢中になってると、道標を見落としたり道を間違ったりしても気が付かないだろうなぁって。
楽しくお喋りするのも良いけど、ちょっと怖いなとも思いました。

そんなこんなで、私は今回4枚しか写真を撮りませんでした。爆  笑
初めての山じゃ無いし、特にイベント的な場所も無いしね。

息子は疲れた~を連発して、座れそうな所があると直ぐに座って休んでいました。

1時間50分くらいだったかなぁはてなマーク
主人が「ほぼコースタイム通りに登れたな」って言ってました。

    



頂上に着いても時間が早いのでご飯は食べません。
息子は直ぐにベンチに横になりました。

    

歩き始める前にエネルギーゼリーを飲ませたのに、あまりにバテて居るのでブドウパンを1切れ食べさせました。
息子はパンが嫌いなんだけど、エネルギー補給し無いと下山出来ないよって言い聞かせて食べさせました。

息子くん、お菓子類はポテチしか食べないし、チョコレートも食べたくないって言うから、行動食が無いんですよね。
日の出山行った時みたいに、酷くバテてる時は嫌がっても強制的に食べさせるけど。
梅は好きだから梅干しは食べるんだけど、エネルギーになる物が食べれない。
ゼリー飲料を持って行くしか無いなぁって思いました。

でもあのゼリー飲料って、1時間半くらい経っただけでも飲んで良いものなのかなぁはてなマーク

歩き始める時と下山の時には、プロテインとBCAAの入ったサプリメントも飲んでるんですよねぇ。
ん~~我が息子のことだけど、難しいわぁ。

登りがキツかったから、下りもキツかったです。

   

息子くん、「膝と股関節が痛くなったよぉ」って。
今までも股関節の痛みはちょいちょい訴えていたんだけど、膝が痛いっていうのは初めてでした。

引きこもりで1年以上。
たまに山へ行くくらいじゃ、相当筋肉が落ちちゃってるんでしょうね。
家でも足を鍛える体操をやるように言ってるんだけど、例のごとく「めんどくさい~」って言って、自分で気にしてる腹の為に腹筋しかやって無いから。

下山も登り同様に、ず~~~~~とお喋りしてる息子くん。
1時間30分位で下山出来ました。

    

先週は山へ行って無いので、私もキツくて酷く疲れました。

これからは梅雨にも入ってくるだろうし、山へ行かれるときはドンドン行って歩かなきゃ、夏休みのテント泊も行かれない事になっちゃいそうです。あせる













連休ですが。

テーマ:
昨日は、息子が髪を切りたいって言うので実家へ行きました。

息子は、赤ちゃんの頃からず~~~と私の父に髪を切ってもらってます。
おじいちゃん以外の人に、頭を触られたくない」って言うのが理由。

父は理容師の免許など持って無いし、店で働いた事もありませんが、以前勤めていた会社内では、みんながみんなの髪を切り合っていたとの事で、プロ級の腕前なんです。

父は、今年93歳になりました。

    

もう疲れるから床屋へ行けよぉ」と言いつつ、「次はいつ来るんだ?」って言ってるくらいなので、月に1回の楽しみになってるようでもありますね。ニコニコ

その後はご飯を食べに行ったり、買い物に行ったり・・・・

家に帰って来たのは16時頃でした。
昨日は暑かったので疲れましたねぇ。

夜はパソコンで、アメーバピグをやってました。
私はゲームが好きなんですよ。
確実にハマることが判ってるから、今まで手を出さなかったんだけど、祝祭日はアンケート等のメールも少なくて時間を持て余してたので、手を出しちゃったんですよねぇ。爆  笑

深夜0:30で、「もう寝なきゃビックリマーク」って頑張って終わりにしました。爆  笑


今朝は、主人がテント泊で山へ行くので早起きして、その音で5:20には目覚めてしまいました。

いつも通り6時過ぎまで布団に入ってて、朝食後は掃除機かけて「連休中にやるビックリマーク」って決めてたワックスかけをしました。

息子の部屋、リビング、キッチン、玄関。
フロアモップに付けて拭くタイプの物だったんだけど、やって見るとムラになっちゃったので、手に持って膝ついて雑巾がけスタイルでやりました。

今朝は外の空気は涼しかったのに、汗ビッショリになってしまいました。
でも久々に、床はピッカピカキラキラになって満足です。




この後、お昼までは美容ブログの記事投稿をして、午後からはピグをやるつもりです。音譜

明日は、大掃除って位に丁寧な掃除をしようかなぁって思ってます。

お出かけも良いけど、普段の休みに出掛けてばかりだから、たまにはこういう休日も良いですねぇ。ニコニコ















高尾山⇔陣馬山の縦走路の中間にある景信山~城山を、小仏峠バス停の更に奥にある駐車場に車を停めて周回コースで歩いて来ました。

駐車場に着いたのは8:30頃だったので、約14台ほど停められる駐車場は満車でした。
でも、家の車は軽なので、トイレの横に停めることが出来ました。

   

この🚻、水洗で意外と綺麗だったしトイレットペーパーも予備まで備え付けられていましたよ。

この🚻の右側が登山口。
9時少し前にココからスタートしました。

   

緩やかに見えますけど、この先からは思ってたより急な登りでした。
でも新緑の奇麗さに癒されましたよぉ。ニコニコ

20分ほど登ると水場がありました。

  

水量が多いですねぇ。
登山道の右側には川があって、登山道も湿る程度ですが水が流れていたので、なんか河原を歩いてるような雰囲気の所でした。

   

この辺から、急な長い九十九折になりました。
私達でもキツイって思うような所を、真っ白な髪のおじいさんがヨチヨチって言うくらいうにゆっくりと登ってってビックリしました。

すれ違う時「ご苦労さんです。きついですねぇ」って声を掛けてくれたので「お気をつけて」と返事しました。
その後は、どこでも見なかったので途中で下山したのかなぁ。?

やっと樹林帯を抜けると、縦走路との分岐に出ました。

   

表示板の後ろにチラッと主人の足が写ってるんですけど、表示板に私達が来た道は記されていませんでした。

陣馬山や高尾山の方から来た人が、小仏峠バス停方面へ下る時にはこれでは判らないですね。
そう言う人は居ないのかなぁ?

ここからは、更に急登となって景信山に到着しました。9:21

   

ここの茶屋には、犬が4匹もいました。
とても人懐こくてしっぽを振ってたので撫ぜてあげると、寄りかかるようにくっ付いて来て可愛かったです。

  


息子がバテバテだったので、ラムネを買って一休み。
山の茶屋なのにラムネが200円。
安いですねぇ。
車で持って上がれるからなんでしょうね。

奥へ行くと縦走路の頂上表記がありました。

   

半パンデビューです。
もう20年も長ズボンしか履いて無かったので、タイツ履いてるのに足がスースーする感じでした。( *´艸`)
でも動きやすいし暑く無くて良いですね。

ここの三角点は、しっかり説明書きもあり囲われて大事にされています。
こんな三角点を見たのは初めてです。

   


   


こちらの茶屋の前を通ると、大きななめこを売っていました。
家でもなめこ汁が飲みたい」と言う息子のリクエストで1袋購入。

   

¥35ビックリマークはてなマーク・・・な訳無いですよね。にひひ ¥350です。

ここではまだ時間が早かったので、なめこ汁は飲まずに城山へ向かいます。
さっきの分岐まで戻って、そこから真っ直ぐに高尾方面へ。

縦走路に入ると、外人さんの団体トレランさんと遭遇。
20人くらいは居たかなぁ?
何かのツアーでしょうか。
GW期間は、高尾山のトレランは規制が掛かってるのでこちらへ来たのでしょうか?
他の登山客もかなり多かったですね。
普通の服装に普通の運動靴って感じの人も多かったです。

10:14 小仏峠に着きました。

   

以前はココに、峠の表示があったように記憶してるのですが、今回は無くなっていました。
名物たぬきの置物に交じって、兎さんが増えてましたよ。

    
   

道標どうりに階段を登ってしまいましたが、左側にも道があってそちら側からでも城山へ行かれます。
帰りは城山へ行った後ここまで戻りますが、階段を避けて横の道を降りてきました。

疲れた足にこの階段が大きくダメージを与えてくれました。
一気にバテてしまいました。

登り切ると広い所に出て、相模湖が見えました。
ベンチも新しいのが多く出来ていましたよ。
でも後500m。
休憩無しで城山へ向かいました。

10:44城山到着~。
この広い山頂が、人で埋め尽くされていました。
頂上表記が何処にあるかの記憶は無く、すこし探したんだけど見つからず。

   


端っこの空いてる場所のベンチに席を取ってお昼ごはんを食べました。おにぎり


息子はもつ煮(¥400)私はなめこ汁(¥250)を食べました。

   

息子はバテバテだからか、味が少し薄いって言ってました。
なめこ汁は、なめこより豆腐の方が多かったけど、汁になめこの味がすっごく出ててその汁を豆腐がしっかり吸い込んでて、豆腐嫌いの私でも全部食べる事ができました。
美味しかった~~。
家でなめこ汁を作る時も、少し長く煮込んでみようって思いました。

食後は、城山名物『メガ盛かき氷』を食べました。

  

大きいのにこれで¥400です。安ビックリマーク
しかもシロップは、容器ごと渡されてかけ放題ですよ。
シロップは、ほぼ使い切ってしまいました。にひひ

大きいけど氷はフワフワだったので、頭がキーンってすることも無く最後まで美味しく食べれました。

ゆっくりしたかったんだけど、あまりの人の多さと賑やかさで、発作が起きそうになったのでトイレに寄って出発しました。11:40

小仏峠まで戻ってから、来た道とは違う方へ下山です。

こちらもけっこう急な下りでした。
そして足元は河原のようなガレ場。

足首が悪い私は、こういう道は苦手ですね。
ハイカットの靴ならまだ足首が固定されてるから良いんだけど、低山用の靴はミドルカットだから足首のブレが辛いです。

そんな道を、幼稚園に行ってるのかなぁ?って感じの親子連れが登って来ました。
女の子はギャン泣き。えーん
お父さんに手を引かれてたんだけど、先を行くお母さんに「行っちゃダメ~~~」って泣いてました。
もう疲れちゃったんでしょうね。

そこから私達は下っていった訳ですが、良くあそこまで女の子は登ったねぇって思うような急でガレた道でした。
山嫌いにならないで欲しいなぁって思いました。ニコニコ

12:44 もう少しで登山口って辺りに水場がありました。

   

ここにも親切にコップが置かれてました。

ここからは10分位で駐車場に着きました。
登山口の横の川の中で、修行僧と他数人が滝行してました。
写真を撮ろうと思ったら止められたので残念です。
大きな声で何やら唱えていて、すごい気迫と迫力を感じましたよ。

先週は足の限界を感じて頂上へは行かれないほど疲れたけど、今回は若干疲れただけで気持ち良い山歩きが出来ました。

途中、2か所の茶屋でゆ~くり休んだのが良かったのかな。
息子は、4月1日以来なのでバテバテ。
車に乗り込むと、直ぐにグッスリ寝てしまいました。爆  笑

でも今回は、歩き始める前にエネルギーチャージのゼリードリンクを飲ませたからか、何度か座りこむ場面はあったものの、日の出山へ行った時のようなバテた顔はしてませんでしたね。

計算すると、歩いてた時間は3時間ほどだったようです。
今の私には、この位が丁度良いです。


巷は大型連休とか言ってるけど、我が家はカレンダー通り。
それでも4連休は有る訳なんだけど、私の体力がまだこの程度しか回復して無いので、テント泊は無理だから主人1人で行きます。

私は家で大掃除して、残ってる花粉を撤去したり、フローリングのワックスかけしたりして過ごそうと思ってます。ニコニコ

次の日曜は大型連休最終日。
どこへ行っても道路は渋滞してるだろうし、どうしようかなぁ?



















今日は、鷹ノ巣山への最短コースで奥集落からの浅間尾根コースで頂上を目指したんだけど、週末2日間の激務が響いたのか、避難小屋までしか行かれませんでした。

登山口の辺りは、舗装でもするのか綺麗に砂利が敷かれたり壁も綺麗になってました。

   

登りはじめは快調でした。
新緑も綺麗だったし。

   


登り始めて30分位してから視界がフワフワしだして段々意識がもうろうとしてきて、自分が何してるか良く判らない感じになっちゃいました。
でも、どこの山へ行っても標高1000mを超える頃や登りはじめの1時間くらいには良くあることなんです。
貧血したようになったり、手が真っ白に血の気が無くなったりね。

写真はもうろうとしてた頃ですね。
足がふらついてたので、主人が変に思ってた頃でしょう。

   

主人から「ストップ❗」が掛かって、少し休んだらフワフワ感が取れたので先へ進む事にしたんだけど、意識がハッキリしたのは少し歩いてから。

この辺りからかなぁ。

   

そして意識がハッキリしたら足の疲れを酷く感じて、主人と先へ進むか下山するかを話し合いました。
結果、頂上は無理だけど避難小屋までは頑張るって事になりました。
ここで敗退したら、トレーニングにもならないし気分的にも良く無い。
でもそれ以上歩いたら、下山の時に足がもたないって思ったからです。

広くて気持ち良い所に出ると、広範囲でシイタケ栽培をしてました。
モノレールみたいな、山の下から上に続く荷物運搬や作業する人が乗る物がありました。
レールはピッカピカだったので、まだ出来たばかりなんでしょうね。

   

11:40 2時間10分もかかってやっと避難小屋に到着。
もうろうとしたり、休んだりした割には早かったけど。
コースタイムは1時間40分くらいのところです。

   

人の顔が入っちゃうなぁ」って独り言のように言ったつもりだったんだけど、2人のお姉さんが顔を伏せてくれました。
すみません~。(^^;)


ご飯おにぎりを食べた後、主人は頂上へ行きましたが私は小屋の中で靴を脱いで横になり、ウトウトしてました。zzz

小屋の中は13℃位しか無くて涼しくて、床はヒンヤリしてとても気持ち良かったんだけど・・・・・
体が冷えちゃったのか、主人が戻って来て目覚めて動いた途端に太ももの内転筋が激攣り。ドンッ
直ぐに薬を飲んだので、少しすると落ち着きましたけどね。

少しでも眠ったからか、下山は元気でした。
足の疲れは酷かったけど、つまづいたり転んだりは無かったもの。

下山は休憩無しで早くて、1時間20分で降りちゃいました。はてなマークはてなマークはてなマークってことは、もしずっと元気だったとしても登りで1時間40分は無理ってことですねぇ。(^^;)
ここのコースタイムはキツめかなぁ。

頂上には行かれなかったけど、初めての山じゃないし遠い所でも無いので残念感は全くありません。
良いトレーニングが出来たと思います。チョキ


来週はもうゴールデンウィークですね。
私は、カレンダー通りの休みだけど。

それに今の私には、テント泊する体力は無いので、連休があっても主人1人で行ってもらって、私はお留守番ですね。


そうそう!
ついでに書いちゃいますが、ピロリ菌の退治に失敗しました。
今月に入って結果検査に行って、その結果を先日聞きにいったんだけど、「まだ残ってますね。2回目をやりますよ」だって。ガーン

前回やった時は、仕事を休むほどの酷い下痢に苦しんだのでその事をドクターに言ったら、今回は整腸剤にプラスして下痢止めの薬も1日3回分をくれました。
1日目はちょっと辛かったけど、その後はまったく下痢症状は無くてホッとしました。

そんな事もあって、今日は念のために山の中にトイレがある所を選んだんですよねぇ。( *´艸`)