土屋のりこブログ(平和と民主主義をともにつくる会・東京)

土屋のりこブログ(平和と民主主義をともにつくる会・東京)

こんにちは!足立区議会議員・無所属市民派、土屋のりこです。
日々の取り組みを発信します。ぜひみなさん、一緒に活動していきませんか?

「マジョリティ(多数派)と共に生きる、政治家でありたい」

"We are the 99%"

~国会前で戦争法廃止を求めるひとたち。沖縄で基地阻止の闘いを行う人たち。LGBTとして「マイノリティ」といわれながら社会の抑圧と闘う人たち。人間としての尊厳をかけて幅広いテーマで権力と闘う人たち。私たちはみな、この社会の「マジョリティ」本質的な多数派です


なぜ、議員報酬を供託するのか?よく聞かれます。

それは、今社会の本質的多数派の人たち―99%の民衆と共にありたいと考えるからです。


「世界一貧しい大統領」として有名な、元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏の言葉に共感を持ちました。

大統領官邸を維持する予算で学校一つを運営できる、と、特権を廃して民衆と共に生きる行き方を実践してこられました。「お金があまりに好きな人たちは、政治の世界から出て行ってもらう必要があります。彼らは政治の世界では危険です。」


多数派である、99%の側の人と同じように暮らし、生きながら、政治をおこなっていきたいと考えます。

足立区の平均年収は300万円ちょっと。なのに議員報酬は1000万円を超えています。

お金の視点からとらえる世界観でなく、区民の生活感に基づいた決定をおこなっていきたい。

自らの視点のよりどころを、社会のマジョリティにおくことが大切と考え、議員報酬半減を訴え、実現するまでの間東京法務局に供託をしています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス