レポ「母にとっていい娘である自分をやめたい」他 | 加藤なほ "毒親育ち" からの人生改革 毒親育ち・アダルトチルドレンから”わたし”を生きる方法

加藤なほ "毒親育ち" からの人生改革 毒親育ち・アダルトチルドレンから”わたし”を生きる方法

毒親育ち、アダルトチルドレン(AC)、生きづらさ、機能不全家庭、母への殺意、絶縁、恋愛依存(DV)、自分嫌い… 様々な体験から人生を変えた実体験を元に、自分の人生を生きる方法をお伝えしています☺︎

 

HahaCoLabo(ハハコラボ)

母娘関係研究所 

加藤なほ です。

《プロフィールはこちら》 

 

 

・・・お知らせ・・・

11月東京開催 親子関係・生きづらさについて語るおはなし会は、明日 10月16日(火)〆切 となります。

・11月3日(土) 17:30〜20:30 

・11月5日(月) 12:30〜15:30

《お申し込みはこちらから》

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

先日神戸で開催した 《親子関係・生きづらさについて語るおはなし会》にご参加くださった方が

「ブログに書いてあるワーク、やってみました」

とノートに書き出したワークの内容をシェアしてくださったんです。

 

 

ワークをやってみたら

(母親にとっての)"いい娘" をもうやめられたと思っていたのに、まだしている

ということに気づかれたそう。

 

 

 

ワークの掲載、好評いただいているので、1つ前の《こちらの記事「幸せになるのが怖いから、自分を苦しくさせている…?」》でもまた書いてみました。

 

 

お時間ある方はやってみてくださいね

 

 

 

おはなし会をしていて、

 

「親子関係について、何をきっかけに見つめ直しましたか?」

 

「毒親という言葉をいつどんなタイミングで知りましたか?」

 

と聞くと、結婚、妊娠、出産、子育てといった女性ならではの人生の大きな節目 という方が多くみられます。

 

わたし自身は、自分のこれまでの恋愛がうまくいかないのはどうしてなのかを紐解こうと心理学を勉強し始めたときに知りました。
 
 
女性というのは、体のつくりも関係あるかもしれませんが、"受け身" とか "包む" 性だなとわたしはとらえています。
 
狩に行くのは男性で、女性たちはみなで集まって子ども(家庭)たちを守っていたといいます。
 
 
結婚や妊娠、出産、子育てといったライフスタイルの変化もあり、男性と比べたら大きな変化、節目というのは多いと言えるかもしれません。
 

 

読者のみなさんは何がきっかけでしたか?

  

 

 

 

 

さて今日は久しぶりに、おはなし会レポート(あるある)を書いていきますね。

 

 

読者のみなさんが

「わたしも同じだ」

「似てる」

と思うものはあるでしょうか。

 

 

2018年第 95・96回  @神戸
 

 

【トピック】(一部)

 

・母にとっていい娘である自分をやめたい

 

・母がわたしに頼ることを諦めてくれない

 

・境界を越えて侵入してくる親が嫌

 

・「ほら、お母さんのいう通りになるでしょ?」と言われてきた

 

・母親に会いに行きたくないけど、行かないと何か言われて面倒だから、聞きたくないけど話を聞きに行く

 

・親本人は過干渉って気づいていない

 

・継父に暴力を受けて育ったせいか、今だに大きい音に反応してしまう

 

・「親なんて関係ないじゃん」といわれても、関係あると思っちゃうから困っている

 

・親にいまだに縛り付けられているように感じる

盲目的に信じすぎて生きてきた

 

・「わたしのせいで、子どもからおじいちゃんおばあちゃんを取りあげちゃいけない…」と悩んでしまう

 

・「傷ついています」と母親に話しても、「よくしてあげたでしょ?」といわれる

 

・旅行に行くなど母に報告することを、友人に「変だよ」っていわれた

 

・いつも母親の声が頭の中で鳴っていて辛い、消したい

 

・親と関わるとものすごい拒否反応が出てしまう

 

・親と同じことを自分の子どもにしたくない

 

・親に感謝の気持ちがないわけじゃないけど、でも認めて欲しい気持ちもある

 

・親に対して「死ね」って正直思ったことがある

 

・納得いく形で謝れ!と思う

 

・人と意見が違うと不安になる

 

・やりたいことができない

親の意見が頭の中でなって、できなくなってしまう

行動に対して母の存在が影である

 

・周囲の目を気にして自分の意見を言えない、伝えられない

 

・ママ友と会って帰ってくると疲れる。

「あれ言ってよかったのかな…」って反省してしまう

 

・親への怒りが出てこない。

スッキリすることがあるのかな と思ってしまう

 

・自分軸をつくりたい

 

・子どもに八つ当たりをしてしまう

 

・「楽しそうだね」といわれるけれど、本当のわたしはダークだと思っている

 

・パートナーに相談できない

 

・周りの人は幸せそうでうらやましい

わたしにはできない と思ってしまう など

image

<参考記事>「あるある!わかる!!」”毒親育ちあるある” はこちら

 

 

さて、

「わたしも同じだ」

「似てる」

というものはありましたか?

 

 

 

右こちらの記事に続きます

 

 

 

 

・・・お知らせ・・・

11月東京開催 親子関係・生きづらさについて語るおはなし会は、明日 10月16日(火)〆切 となります。

・11月3日(土) 17:30〜20:30 

・11月5日(月) 12:30〜15:30

《お申し込みはこちらから》

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

▼無料60分プライベートセッション付!

「毒親・親子関係の悩みについてわかってほしい」

「同じ悩みを抱えている方に出会いたい」

自分の気持ちを出すことから自分を生きることを始めよう

《【名古屋・東京・神戸】

女性限定 少人数 親子関係・生きづらさについて語るおはなし会》

image

 

 

 

▼現在満席 

<10月9日〜エントリー受付中!>

もう親が望む "わたし" を生きなくていい!

「本気で自分を変えたい」

「世代間連鎖を止めたい」

「自信をしっかりつけていきたい」

自分の人生を取り戻し自分で人生を切り開く力を身につけたい方へ

《本当の自分を取り戻す 6ヶ月 マンツーマンコンサル》

image

 

 

 

HahaCo Labo 

(ハハコラボ)

母娘関係研究所

代表 加藤なほ