京都に行ってきました。

 

『にんげんクラブ』4月号の取材で、

 

医療を「醫」で考えて

中医学を取り入れた診療をしている

先生からとっても面白くて

貴重なお話を聴いてきました。

 

終わってから

お能の先生や

みなさんと合流して

ごはん食べてすぐ帰りましたから

資料用以外の写真は

これ1枚。

 

 

古いお店の外観。

何屋さんかわかりません。

 

でもこれ見るだけでも、

感じる。

京都ってやっぱりいいなぁって。

 

日本の古いものに魅かれるのは

どうしてでしょう。

 

新しいものももちろん

すてきなもの、

おしゃれなデザイン

たくさんあるけれど

古いものには

その家やものと一緒に生きてきた

人を感じる。

 

反対は無機質なもの。

暮らすことではない、

別の

ある意図を持って

つくられたもの。

それはそれで

かっこよさみたいなものも

あるけれど

人の営みは感じません。

 

このお店かおうちを

 

建てた人は

 

ていねいに

 

こつこつ生きてきた。

 

そんな感じが伝わって来る。

 

 

 

自分がどんなふうに生きたいか。

 

言葉にしたらどうなるんだろうって

 

ずっと、考えていたけれど

 

もしかしたら

 

この「こつこつ生きる」って

 

言い方が合ってるかもしれない。

 

 

そう思えるようになりました。

 

 

「こつこつ生きる」って響きを聴いて

 

何を感じますか?

 

 

「サクサク」でも

 

「のそのそ」でも

 

「ゆるゆる」でも

 

「わさわさ」でも

 

なく。

 

もちろん

 

「ガツガツ」では決してなく、

 

「こつこつ」なんです。

 

 

「こつこつ」って

 

周りのものも出来事も

 

出逢う人も何もかも。

 

OKだよって認めることじゃないかって。

 

 

好きとか嫌いとか

 

いいとか悪いとかはなくて

 

執着しない。

 

 

ただ、

 

あなたはOK。

 

私もOK。

 

自分にできる事をていねいにする。

 

 

 

小さな事でも

 

ひとつ一つが大切な事として

 

取り組んで行く。

 

 

それをしたからと言って

 

自分が優位になるとか

 

名誉でもお金でも

 

人からの評価でもないもの。

 

 

取り立てて何かがすぐには起きない。

 

すべてが静かに

 

自然に

 

まわっていく。

 

 

それが

 

「こつこつ生きる」。

 

 

もう、週の半ば。

 

暮らしを楽しみましょう。

 

 

AD

 

今朝の日の出も美しい。

 

この光に勝る明るさはないです。

 

 

 

人の写真をあまり撮らなくなって

 

モノの写真も

 

以前はおしゃれに撮るのが好きでしたが、

 

あえて演出しなくても

 

自然のままの空に心魅かれています。

 

 

*********************

 

先日、天の声のように

 

直前にお誘いいただいて

 

昨日江ノ島までお出かけしてきました。

 

 

海の見えるマンションの上の方に

素敵に活躍されているきれいな女性が

集まりました。

 

最初はこんな素敵なインド料理をいただきました。

カードリーダーの先生が作ってくれます。

 

実際はもっと、テーブルにぎゅうぎゅう、

つくりたてのお料理が並びました。

オールベジです。

とっても美味しい。

 

カードで読んでもらって

 

ハイヤーセルフの声をそれぞれが聴きます。

 

ハイヤーセルフは

 

宇宙でもあり、

 

神様でもあり、

 

守護神でもあり、

 

天でもあると

 

私は想います。

 

 

いろいろ使うけれど同じと思ってください。

 

 

そこで、

 

カードから

 

実に面白い問いをいただきました。

 

 

 

「politics」(政治、策略、駆け引き)

というカードがあります。

 

絵もちょっと怖い。

 

カードで「政治」って何?

 

 

意味は

政治的にしたい。

力でやり通したい。

強引に。

権力を持って。

自我を通す。

そう言う意味

「politics」の正体は。

 

 

それはどういうことなんだろう。

 

これはまさに

エゴです。

自分の欲望。

 

宇宙からのメッセージは

 

「政治、策略、駆け引き」でやるな

 

ということ。

 

 

それは神様にはよく見えるし

 

それがあるうちは

 

ダメだぜ〜ってことです。

 

 

 

これを伝えてみんなに幸せになってもらいたい

→みんなは不幸なんですか?

 

あれを作ってみんなに使ってもらいたい

→ほんとにほしいのですか?

 

私の話を聴いてもらいたい

→私の話が役立つんですか?

 

手を差し伸べてあげたい

→その人は手を差し伸べてほしいと思ってるんですか?

 

引き上げてあげたい

→その人は下の方にいるんですか?

 

みんなたいがついています。

 

 

政治的に駆け引きして、

その先に求めるものは何でしょう。

 

 

駆け引きと言うのは

 

これをするからこうしてねという、

 

バーター条件を突きつける事。

 

こんなにしてあげたよ。

 

だから、

 

あの件よろしくね。

 

 

 

 

誰かのためにとか

 

人に影響を与えてなんとかとか、

 

それは

 

貢献に見えて

 

実はエゴだってことがあるんです。

 

 

何かをするというのは

 

そういう駆け引きがなく

 

ただ、夢中になる。

 

その先の思惑はなくて

 

自分がただ、今

 

魂が歓喜する事をする。

 

人にどうのこうのではない。

 

 

それだけのことです。

 

 

 

本当に間違いなく

 

魂が喜ぶ事はなんですか?

 

 

 

 

幸せになるには

 

それを見つけて

 

やる事意外にないんです。

 

 

 

自分です。

 

ある意味自分本位です。

 

人も自分でやるから

 

大きなお世話はいりません。

 

 

こう言う政治的な関わりは

 

親子関係で如実に表れます。

 

夫婦でも恋人でも

 

そうかもしれません。

 

 

人の幸せを願う事はいいけれど

 

そのために何かしてあげることは

 

いらないのです。

 

 

「幸せになってほしい」よりも

 

「幸せになってくれたらいいな」程度です。

 

 

まずは自分が幸せに。

 

それが先決。

 

優先事項。

 

 

神様が後押しできるのは

 

エゴがない状態です。

 

AD

 

食生活を見直して

 

口に入れるものを考えるようになって

 

断食したりして、

 

すこぶる調子が良くなって、

 

あれがいけないこれがいけないと

 

自分に制限をかける気持ちが

 

よくないと気づきました。

 

 

だから、

 

今は食べる回数も食べるもののとても自由。

 

身体の声を尊重しています。

 

 

お正月、何をどれだけ食べてもいいよ。

 

好きなものだけね。

 

と自分に言って、

 

ほんとに好きなものだけ

 

例えばおせちの錦卵とか 笑

 

白みそ雑煮とか (甘い系ばかり 汗)

 

たくさんいただいて、

 

少し自分を許しすぎたかしら…と

 

 

 

お腹周りを気にしながら

 

揚げたてのコロッケに

 

舌鼓を打つ山上晴美です。

 

キャー!

 

 

 

さあ、2018年も2週間が過ぎました。

 

今年はどんな年にしますか?

 

私は昨年から、

 

ブログのテーマを深めています。

 

 

「神様に後押ししてもらいながら

光を輝かせる小さな習慣」

 

 

神様の後押しと言うのは

 

本当にパワフルなんです。

 

やりたいことがどんどんできるように

 

後ろから「ほいっ」って押してくれるんです。

 

本当ですよ。

 

押されてる感じなんてしないわって

 

思うかもしれないけれど

 

誰でも押してもらう事はできるんです。

 

 

 

それにはちょっと知っておくことがあるのだけど。

 

その事に気づいたので、

 

皆さんにシェアしたり

 

一緒に考えていきたいと

 

思うのが

 

このブログの主旨です。

 

 

あのですね。

 

とても重要なのが言葉です。

 

言霊パワーとか言いますね。

 

わたしたち、

 

1日のうちに何回も言葉を発していますね。

 

声に出さない心の声もありますね。

 

人の声は聴こえるけれど

 

その人の心の声はわからない。

 

 

でも、

 

自分と神様には聴こえてる。

 

だからここでは

 

人に聴こえる聴こえないと区別しないで

 

「自分が宇宙に放った言葉」と考えます。

 

 

一つの例。

 

知り合いの30代の男性。

 

仕事でストレスを抱えています。

 

しょっちゅう、

 

「もう、最悪ですよ〜」って言ってる。

 

しょっちゅうです。

 

 

「最悪です」が周囲の人間にも(声出してる)宇宙にも

 

そしてもちろん自分にも届く。

 

 

神様は

 

「あ、最悪なのね」

「じゃあ最悪でいきましょう」。

 

もっと最悪に後押ししてくれます。

 

 

ただそれだけです。

 

とてもシンプル。

 

 

じゃあ、逆に

 

神様から後押ししてもらいたいような

 

言葉に換えたとしたら。

 

 

出来事と感情を混同しないで、

 

何々が起きてるね。と

 

冷静に客観的に。

 

 

仕事がたいへん、上手く回らない。

 

ストレスいっぱい。

 

なんとかしたい。

 

 

 

そして、これを

 

あなたはどうしたい?

 

 

もっとこうなったらいいな。

 

ああいうことできたらよくなるかな。

 

できるかな。

 

よく考えたら方法あるかもね。

 

 

よくしたいよね。

 

自分もみんなも良くなったら

 

気持ちよく仕事できるよね。

 

 

そしたらそちらの言葉を選ぶ。

 

聴いてもらってOKな言葉、

 

どんどん出してみましょう。

 

そんなの無理だって、自分でおさえないでね。

 

出て来るでしょう。

 

 

 

全部、聴かれていますからね。

 

もう一度言いますが

 

 

声に出しても出さなくても

 

宇宙に発した声は

 

全部届いています。

 

 

 

一回くらい

 

いい言葉発してもダメですよ。

 

神様は聞き逃してしまうから。

 

それを習慣にしてくださいね。

 

 

 

AD

 

明日は鏡開き。

 

鏡餅を切って焼いて

安倍川餅(きなこ)

砂糖醤油(砂糖と醤油)

磯辺餅(海苔と醤油)

からみ餅(大根おろしと醤油)

お汁粉(小豆)

などにして食べます。

 

いやあ、

書いてるだけでよだれが出そうだ〜

 

子どもの頃、

我が家では

お雑煮以外のお餅のレパートリーは

このくらいと思ってましたが。

 

意外とありました。

日本が誇る食べ物。

一緒に食べるものも

いい食材ばかり。

 

お餅は、パックのじゃなくて

昔ながらの、人が手でついた

お餅がおいしいですね。

 

*********

 

 

 

昨日は、神楽坂で打ち合わせがありました。

 

旅立ってしまったヒーラーさんの

 

フォトブックを創ることになったのです。

 

創造するとワクワクします。

 

 

 

神楽坂。

 

そう言えば前日に友人から聴いた、

 

占いの先生も神楽坂だったので

 

ダメ元で電話してみました。

 

今日の今日は無理でしょうと思って。

 

そうしたら、

 

ちょうど、

 

打ち合わせが終わった時間に予約してもらえました。

 

 

なんというタイミング!

 

その方のことを初めて聴いて

 

すごい感じがしたので

 

いつか行こうと思っていたら

 

翌日に行けることになったなんて。

 

 

準備は

氏名、生年月日、

生まれた場所の住所

出生時刻を控えておくこと。

母子手帳があるので時間も間違いありません。

 

 

私が聴きたかったのは

 

「場の選び方」

「神棚の位置」

両親の写真を置いた

「メモリアルコーナーの場所」です。

 

 

今は、自宅の一室を仕事部屋にしていますが、

 

それでいいのかちょっと考えていました。

 

住まいはくつろぐところ、

 

オフタイムをゆったりと過ごすところ。

 

そこで、複数の外部とつながり

 

いろいろ入って来るものを回して

 

無から有を創り、

 

お金も産み出して行く。

 

そんな創造する場をこのまま続けてよいのか。

 

 

ですが、先生は

 

先に私のこれまでのことをガーッと

 

話してくれました。

 

全部大当たりで、

 

職業も、何も言わないうちに言い当てられました。

 

さっきの基本情報以外何もですよ。

 

 

結論、

 

場を調えること。

 

仕事をするなら私的な部屋ではなくて

 

オフィスとして調えること。

 

キッチンに行ってお茶を入れてくるのではなくて

 

そこに最初から置いておく。

 

あたかも、

 

普通の会社の

 

ティーセットのように。

 

なーるほど。

 

 

それから、

 

もっと本質的なこと。

 

すごいことが出てきちゃいました。

 

30年くらい

 

胸の奥の方にしまっておいたこと。

 

指摘されました。

 

ビックリ!

 

おったまげ!

 

 

それでいけます。

 

さあ、今、それを出してください。

 

内容はこれこれ。

 

しぼって発信です。と。

 

 

実は、

 

占いはさほど夢中にならないタイプ。

 

自分自身が直感を感じるので。

 

 

そう、前日に

 

その占い師さんに会うべしという

 

直感があったからなんです。

 

 

そして、こうして信頼できる人から

 

別の方法で観てもらうって

 

とても有効でした。

 

 

その時その時で

 

テーマと、本人がいる位置で

 

しかるべきジャンルの人に話せばいいのです。

 

 

それはコーチでも

 

カウンセラーでも

 

占い師でも

 

一番ふさわしい人にね。

 

自分にとって信頼できる人ですよ。

 

誰に観てもらうか。

誰と組むかはとても大切だからね。

広い意味でのパートナーです。

 

 

こんなふうに

 

直感を感じたらすぐに行動する。

 

そうすると、

 

どんどんいい方向に行く。

 

思ってもみなかった展開が

 

自然と起きる。

 

そう、自然と起きてしまう。

 

今回のタイミングの良さもだけれど

 

例えばどこかで出会った人が

 

探し求めていた人だったとか。

 

 

あれがほしいなって

 

買いたいものをイメージしていたら

 

たまたまた行ったところで売っていたとか。

 

 

このこと、

 

もっと詳しく知りたいなと思っていたら

 

その専門家に会ってしまったとか。

 

 

そういえば

 

その占い師さんを教えてくれた友人は

 

今は別の仕事をしているのだけど

 

やりたいことがあって相談したそうです。

 

そうしたら、

 

これこれがいいとズバリ言われて、

 

でも、そんなの教えてる人いないし

 

聴いたこともないな〜って。

 

しかし!!

 

昨日の時点で(その話した2日後)

 

運命的にそれを教えてる人の情報が入ったのです。

 

 

友人に起きたこと、

 

私に起きたこと、

 

これを

 

 

神様からの後押しと考えずに

 

なにと思えるでしょう。

 

 

頭に思い描く

そのように行動する

できるだけがんばる

見た目もそんな雰囲気になる

神様が気づく

後押しが始まる。

 

2本道で迷っていたら

 

肩をひょいとつかんで

 

「ほいほい、こっちだよ」

って教えてくれる。

 

そんな感じです。

 

 

まあ、でもこれはまだ序の口。

 

スターラインでの出来事。

 

もう少し行くと

 

もっとすごい後押しが始まるのです。

 

 

しかーし、

 

思い描いてがんばっていても

 

基盤にこれがあると

 

神様には伝わりません。

 

 

前にも書きましたね。

 

 

・義理

・見栄

・金

↑ NG

 

略してGMK(giri,mie,kane)

 

さあ、みんなGMKを手放して行きましょうね。

 

 

赤城神社にお参りしてきました

そらがとてもきれいでした。

 

 

御祭神はイワツツオオノミコト

アカギヒメノミコト

 

 

神楽坂の町並みも大好き

 

合間にPAULでお茶しました。

ここのパン、おいしいけどほんとにお高いです💦

 

神様からの後押し、

もしかしたら

もう始まっているかもよ。

 

感じてみてください。

最近は、

お正月も、

着物姿の人がめっきり少なくなりました。

 

でも、

来る東京オリンピックの年には

素敵に着こなして

着物文化を

外国人に知ってほしいという

人たちもいます。

 

たいへん素敵なことです。

 

そんな私も

20代の頃に

かっこいい着物の着こなしに憧れて

付け下げなんぞを着てみました。

 

目指すは

銀座のクラブのママ風。

襟を抜いて

髪の後ろの方をぐーっと

ボリュウム出すあれにしたかった。

 

で、

美容院で

「銀座のママみたいにしてください」って

言ったらいいかなと

母に聴いたら、

「そうじゃなくて、

粋な感じにしてください」って

言いいなさいと。

 

銀座のママはちょっと…と

顔を曇らせておりました。

 

それで髪をやってもらって

意気揚々と帰ってきて

写真撮ってもらいました。

今と違うアナログね。

 

後日、上がってきた写真見ました。

 

 

しかーし、

 

 

どこから見ても

 

点を甘くしても

 

どうにもこうにも

 

そこにいたのは

 

銀座のママじゃなくて

 

 

地方の旅館の

 

仲居さんでした。

 

ガーン!

 

写真は見せません。

 

 

いやいや、

 

仲居さんがどうのではなくて

 

銀座のママとは方向性が

 

あまりに違うわ〜

 

 

それ以来、

 

着物を着る時は

 

慎重に慎重を重ねるようになった

 

山上晴美です。

 

 

 

ああ、

前置きが長い。

 

 

昨日、久しぶりに

 

お友達と落ち合って

 

お茶とスウィーツと

 

夕食ご一緒しました。

 

 

お正月に入れなかった

 

「カフェ蓮月」です。

 

昔のおそば屋さんを改装した

池上のカフェ。

 

 

お店の前には

配達用の昔の自転車が。

格子はそのまま。

とってもいい感じ。

 

前に、キョンキョンの映画の撮影にも

使われたんですよ。

 

 

写真は由美子さんから借りました

 

 

ここからは私撮影

 

 

蓮月はこちら→カフェ蓮月

 

 

 

久しぶりだったので

 

いろいろつもる話満載。

 

 

本音トークができる人いるといいわ。

 

普段自分が感じていること。

 

 

なんだか、

 

違和感感じることや

 

なんかちょっとへんよね。

 

気持ちよくないね。

 

って思うこと。

 

 

そんなふうに思うわたしって

 

マイナス思考?

 

意地悪?

 

へそ曲がり?

 

いじけ?

 

などなど、

 

思ってしまうこともなきにしもあらず。

 

 

 

なんですが、

 

話してみたら

 

「いやあ、やっぱり同じように感じてたわ。

あー、よかった!!」ってことが頻繁にあります。

 

 

うん、同性、近い年代の友人って

 

やっぱり感性近いことあるよね。

 

 

本音トークで

 

ああ、スッキリ〜!

 

 

蓮月も居心地よくて

 

都心のおしゃれエリアではないので

 

普段は混んでなくて

 

ゆったりと静かです。

 

静かな場が好きなんです。

 

 

お茶もごはんもおいしくて

 

すっかりごひいきに。

 

 

 

しばらくここでノマドさせてもらいましょう。

 

ちょっと、

 

催し物のアイデアも浮かんじゃいました。

 

 

ウソ偽りのない気持ちが出せる

 

心が休まる

 

居心地のいい場所って

 

ほんと大事。

 

 

そんなとっておきの「場」

 

確保しとくといいですよ。