I can・・・ はちやまのヒーロー塾☆

I can・・・ はちやまのヒーロー塾☆

「やってみるから始まる」
次世代を担う子どもたちを育てる。
新しいことに挑戦し続ける塾長のブログ。
好き勝手に書く!


オンラインで自宅からでもはちやまの授業が受けられる。

基本的にひとりで勉強できるし、塾に通うのもめんどくさい。

いちいち授業をうけるために塾に行く必要もない。質問もLINEで聞けばOK!

厳しくて楽しい「I can・・・はちやま塾」の授業がオンラインで受けられる。

泉丘、小松、七尾、二水、桜丘、高専を狙うキミ!

オンラインで超効率勉強を身につけてみないか。



【I can勉強ギルドHP】



https://www.studyguild.online/


あよん☆

 

VRボクシング「The Thrill of the Fight」をガチでやりすぎて、

 

「せめて3分×3Rを戦えるスタミナをつけるために走り込みをしようかなぁ」と考えているはちやま改め、アウトドア系ゲーマーです。

 

 

足の裏の皮が破れました。

 

痛ひ。

 

 

 

 

 

 

 

勉強するときの様子をみていると、大きく分けて2通りの動きをしている気がする。

 

 

勉強時間を増やそうとしている子と、

 

できるだけ勉強時間を減らそうとしている子

 

 

 

 

ボクは後者がいいと思う。

 

 

 

 

よく「もっと勉強しましょう」と言われるから、素直に勉強時間を増やしてしまう。

 

でも、勉強時間を増やしても、勉強量が増えているわけじゃない。

 

 

むしろ、勉強量を増やしたかったら、今やっている勉強を短時間でするべきだ。

 

 

例えば、

 

1ページするのに30分かかるAくんと、15分でするBくんがいる。

 

Aくんは2時間の勉強で4ページBくんは8ページできることになる。

 

勉強時間を基準にしてみれば同じ2時間だけど、勉強量は2倍となる。

 

 

だから、勉強は速ければ速い方がいい。

 

もちろん速くても適当にやっているというのは問題外だ。

 

 

 

 

ということを伝えても、勉強の仕方を変えない子が多い。

 

 

 

明らかに効率が悪いのに変えない。

 

 

 

もしかしたら、前提が違っているのかもしれない。

 

 

 

 

例えば、

 

1日8時間のアルバイトとボクの仕事を比べてみる。

 

 

アルバイトは時間に対して、お給料(時給)が支払われていて、その時間を働けば、時間に対するお金がもらえる。

 

だから、8時間全力で働いても、働かなくてもお給料は同じ。

 

ぶっちゃけ、サボっていても時間が経過すればお金がもらえる。

 

 

ボクの仕事は違う。

 

ボクは誰からもお給料をもらっていないから、とにかく自分でお金を稼がないといけない。

 

ダラダラと仕事をしていては、それだけできることが少なくなる。

 

できることが少なくなる=結果が出にくくなる。

 

ということだ。

 

 

だから、できるだけ効率よく少ない時間でクオリティの高い仕事をして、次の仕事に取り掛かる。

 

 

つまり、同じ8時間でも

 

「8時間仕事をすればOKでしょ?」という前提の前者と、

 

「8時間のうちにどれだけの量をできるか?」という前提の後者で行動が変わってくる。

 

 

 

前者は「時間を待てばいいから工夫も何もない」

 

いわれたことをやればいい。(だから、ダメなんだよって話ね)

 

 

 

後者は「できるだけ多くのことをやりたいから、常に工夫をする」

 

もっと効率的にこなす方法はないか模索する。

 

 

 

 

 

多くの子は受験前になると、気がつく。

 

「時間がない」ということに。

 

 

 

だから、勉強の質も上がってくるんだけど・・・。

 

それまでどうやって伝えればいいんだろうか?

難しいなぁ。

 

 

 

とりあえず、小学生のうちから「〇〇分勉強しよう」って時間で区切るのをやめにして欲しい。

 

 

時間はあくまで指標で、それが基準にならないことを子どもたちに伝えることをしてほしい。

 

 

塾では伝えるようにしてるんだけど、一度かかった「勉強時間を増やそう」っていう考え方はなかなか抜け出せない。

 

たとえ、その思考で「精神と時の部屋」に入っても成果が出ないのに・・・。

 

 

 

 

というわけで、今日も「勉強の考え方」をみんなに根気よく伝えて行こうと思う。

 

 

ボクはやりたいことがあるから、それを実現するために週8日12時間の労働時間の中で生きている(笑)

 

I have a nice workin' days☆

 

じゃ、ばいやい☆

 

【自己紹介】
石川県上位校狙いのオンライン塾『I can はちやま塾 勉強ギルド』の塾長。
金髪。民族衣装。ガジェットマン。

そして、日本唯一のトゥクトゥク×ソロキャンパー。
旅する塾長。
10月にオンライン授業をしながらトゥクトゥクでソロキャンプで富士山まで行ってきた。

自分に自信を持てずに漠然と過ごした少年時代からなぜか超絶アグレッシブ野郎になる。
当時勤めていた会社を退社して『本当の自分の人生を見つける』を子どもたちに伝えるため、2010年に『I can・・・はちやま塾』を作った。その後、オンライン塾『勉強ギルド』を立ち上げる。
今は新しい時代を生きる子どもたちに新しい学びと経験を提供して、子どもたちが主役になる世界をつくろうとしている。
とにかく行動を起こす「やってみるからはじまる」

勉強は自分の可能性を広げるためにある。自分のやりたいことを実現するために知識をつけて、行動を起こそう。ボクも挑戦し続けている。

次の目標は「石川県No.1のオンライン塾を作ること」
そして「アジア進出」。


【はちやまの塾とは別の挑戦が見れるYoutube】
https://www.youtube.com/channel/UCquTGUzdm9__ZUlnGZCHMBw?view_as=subscriber
【はちやまのリアルタイムの考えがわかるTwitter】
https://twitter.com/hachiyamacamplo

オンラインで自宅からでもはちやまの授業が受けられる。
基本的にひとりで勉強できるけど、塾に通うのもめんどくさい。
提出するためのムダな課題もない。
送迎もいらない。質問もLINEで聞けばOK!


厳しくて楽しい「I canはちやま塾」の授業がオンラインで受けられる。
泉丘、小松、七尾、二水、桜丘、高専を狙うキミ!
オンラインで超効率勉強を身につけてみないか。

【I can勉強ギルドHP】
  
https://www.studyguild.online/

あよん☆

 

普段から「ボクの体調不良の8割は二日酔いだ」と豪語しているのに情けない話ですが、残り2割部分に「VR酔い」も追加されてしまったはちやま改め、いろんな意味でドランカーです。

 

 

 

 

 

昨日は千葉から村上先生がきてくれた。

 

 

教育に対する熱意がすごく溢れていて、真面目な先生だ。

 

ボクなんぞの塾を訪ねてきてくれて、熱心に話を聞いていかれた。

 

ボクの塾なんか参考にならないよ。

 

金髪で、民族衣装着て、トゥクトゥク乗って(笑)

 

 

 

 

(ここから先ははちやまの独断と偏見パラダイスです)

(でも、誰かのことを批判したり、傷つけるつもりはまったくないです)

(「みんな違ってみんないい」金子みすゞの精神でやっています)

 

 

ただ、塾は人だと思うんだよ。

 

どんなにシステムを整えても、結局は「先生」つまり「人」じゃない?

 

 

とりあえず教科書だけ読み上げて、黒板に書き写していくだけの先生から授業を受ける必要ある?

 

大学生の講師に「わからないことがあったら質問してね」って塾に子どもを預けておくだけでいいのか?

 

 

 

点数を取ることは大事なことだし、受験合格も大事なことだ。

 

ぼくも生徒たちの偏差値を上げることに必死になっている。

 

 

ただ、そこには「これをしておくだけでOK」ってことはない。

(点数を上げるポイントは伝えているけど)

 

 

 

 

 

「なんで勉強しなきゃいけないのか」を教えてあげたり、

 

「悩んでいること」を聞いたり、「できるよ」って背中を押してあげたり。

 

言葉じゃ伝えづらいけど、そこには「ひと」と「ひと」の繋がりがあるんだ。

 

 

特にボクが今やっていることは新しい時代の学びのかたちを探っている。

 

理解されにくいかもしれないけど、ボクはそれをやると決めた。

 

 

 

「こういう時代が来るよ〜」って言ってても、やっていることが、今までと同じ人間のセリフになんの重みもない。

 

だから、ボクは行動している。

 

 

 

ボクが正しいとか、優れているというつもりはない。

 

ただ、子どもたちに「こんな時代になる」ってボクが信じたことを伝えているからには、そこにボクの人生をかけて挑む価値はある。

 

「言葉だけで伝えるんじゃなくて実践する」

 

ただそれだけだ。

 

 

 

ボクが失敗してもいい。

 

失敗したらしたで、伝えられることもある。

 

 

 

 

例えば、ボクはクラウドファンディングをしたことがある。

 

その結果、全力全開で爆死!

 

 

 

 

でも、その爆死の原因を語れる塾の先生が日本に何人いる?

 

 

いまだ日本の多くの人が「よくわからない」と思っているクラファン。

 

「楽してお金が集められる」と思っているんじゃないだろうか?

 

 

ボクはクラファンについて、体験をもって話すことができる。

 

 


 

 

 

 

こないだも「大学に行く意味がわからない」という高校生とじっくり話し合った。

 

ビジネスや海外についても真剣に話し合った。

 

 

 

 

 

その前は、「彼氏にひどい仕打ちを受けた」という子の悩みを聞いた。

 

直接、何もしてあげられないけど、ボクは絶対に自分の子どもたちの味方になる。

 

 

 

 

人間関係がうまくいかないという子と話を聴きながら、焼肉を食べに行くし、ボクと「ソロキャンプをしてみたい」という子とキャンプにだって行く。

 

 

 

 

ボクにはボクしかできないことがある。

 

だから、ボクの授業はボクしかできない。

 

 

「はちやま」に合う、合わないはもちろんある。

 

だから、合わないと感じたら他にいけばいいと思う。

 

でも、ボクから学びたいと思ってくれるなら、ボクはその子が幸せになるために全力を尽くそう。

 

 

 

 

やっぱり「人」が重要だと思う。

 

そして、これからますます「人」の時代になる。

 

 

 

 

 

そんな気がする。

 

今日も忙しすぎるので、命がけで生きよう。

 


 

 

 

 

最後に宣伝もしておく。

 

とりあえず、今度の金曜日と日曜日に「オンライン授業体験会」をするから

 

石川県トップクラスのヘンテコ人間の授業に興味があったら、ぜひアクセスしてほしい。

 

 

 

詳細はここから調べてね☆

 

https://www.studyguild.online/

 

 

 

今からもっと面白いことをしていく予定。

 

 

じゃ、ばいやい☆

 

【自己紹介】
石川県上位校狙いのオンライン塾『I can はちやま塾 勉強ギルド』の塾長。
金髪。民族衣装。ガジェットマン。

そして、日本唯一のトゥクトゥク×ソロキャンパー。
旅する塾長。
オンライン授業をしながらトゥクトゥクでソロキャンプで富士山まで行ってきた。

自分に自信を持てずに漠然と過ごした少年時代からなぜか超絶アグレッシブ野郎になる。
当時勤めていた会社を退社して『本当の自分の人生を見つける』を子どもたちに伝えるため、2010年に『I can・・・はちやま塾』を作った。その後、オンライン塾『勉強ギルド』を立ち上げる。
今は新しい時代を生きる子どもたちに新しい学びと経験を提供して、子どもたちが主役になる世界をつくろうとしている。
とにかく行動を起こす「やってみるからはじまる」

勉強は自分の可能性を広げるためにある。自分のやりたいことを実現するために知識をつけて、行動を起こそう。ボクも挑戦し続けている。

次の目標は「石川県No.1のオンライン塾を作ること」
そして「アジア進出」。


【はちやまの塾とは別の挑戦が見れるYoutube】
https://www.youtube.com/channel/UCquTGUzdm9__ZUlnGZCHMBw?view_as=subscriber
【はちやまのリアルタイムの考えがわかるTwitter】
https://twitter.com/hachiyamacamplo

オンラインで自宅からでもはちやまの授業が受けられる。
基本的にひとりで勉強できるけど、塾に通うのもめんどくさい。
提出するためのムダな課題もない。
送迎もいらない。質問もLINEで聞けばOK!


厳しくて楽しい「I canはちやま塾」の授業がオンラインで受けられる。
泉丘、小松、七尾、二水、桜丘、高専を狙うキミ!
オンラインで超効率勉強を身につけてみないか。

【I can勉強ギルドHP】
  
https://www.studyguild.online/

あよん☆

 

これからはガチで忙しすぎて、

 

生きることに全力を尽くすことを決めたはちやま改め、

 

殺意の波動に目覚めた仕事の鬼です。

 

 

 

 

 

 

 

先日、こんなブログを書いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、

ガチで来た!

 

 

ボクの大嫌いなラフロイグ☆

 

 

 

 

おおおおおぉぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉぉぉおおおおおぉぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉぉぉ

 

 

こんなの飲んだら本当に死んじゃうんだよっ!

 

だって、アルコール度数が48%もあるんだからっ!

 

 

 

 

 

 

こんなもの送りつけてくるなんて、まったくひどいよねっ!!!

 

瓶を箱から出し、栓を開ける。

 

 

トゥットゥットゥットゥッ・・・

 

瓶から琥珀の液体が流れ出てくる。

 

 

 

・・・これを飲まないといけないのか。

 

 

こわいなぁ。。。

 

 

なんか独特な匂いがする。

 

病院のような

 

 

 

 

こわいなぁ。。。。。

 

 

ぐび・・・

 

 

 

ふー、口に含むと口いっぱいに香りが広がる。

 

 

 

この独特の鼻に抜けるピート臭。

 

 

いい香・・・いやっ、苦しい・・・

 

苦しすぎるっ!!!

 


でも、飲まねば・・・

 

 

グビグビ・・・

 

 

いやー☆苦しい!苦しいなぁー☆

 

 

 

喉も焼けそうになるし、

 

体がフラフラするし・・・

 

なんだか視界も定まらない。

 

 

 

しかも、何?

 

もういっぱい飲みたくなる。

 

もしかして依存性とかあるわけ?

 

 

 

ぐびぐびぐびぐび・・・

 

止まらないね。

 

ナッツも一緒に食べて解毒しておこう。

 

 

 

ああ、いけない。

 

おもわずもう一杯注いでしまった。

 

なんか、自分の意思がコントロールできない。

 

 

 

あれれ?

 

おかしい?

 

さっき飲み干したグラスにまたウイスキーが入っている。

 

 

え、なに?

 

怖いんですけど・・・

 

 

でも、まあ、飲むしかないよね☆

 

 

 

 

 

はぁ、もうなんだか目が霞む・・・

 

 

 

 

 

パトラッシュ・・・ボク、もう眠いんだ・・・

 

 

 

そろそろお迎え・・・か・・・

 

 

 

 

 

 

ばたん・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうことが先日あったんだよーーーー!

 

 

 

本当にウイスキー怖いよねー。

 

 

 

というわけで、

 

次は生ハムとカマンベールチーズが怖い。

 

 

 

 

誰かまた、ボクにムカついたら送ってくれ!

 

 

じゃ、ばいやい☆

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのラフロイグを贈ってくれた方は

 

志学塾のkadoya先生だ。

 

 

 

本当にありがとうございました☆

 

 

美味しく飲ませていただきました。

(もうちょっとしかないので、よければまたよろしく)

 

 

 

あくまでブログ上のジョークで、

 

kadoya先生とは普段から仲良くさせてもらっている。

 

 

 

 

本当にムカついているわけじゃない・・・と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ムカついてる?(笑)

 

 

 

だったら、確認のためにもう一本プリーズ(笑)

 

 

じゃ、ばいやい☆

 

【自己紹介】
石川県上位校狙いのオンライン塾『I can はちやま塾 勉強ギルド』の塾長。
金髪。民族衣装。ガジェットマン。

そして、日本唯一のトゥクトゥク×ソロキャンパー。
旅する塾長。
オンライン授業をしながらトゥクトゥクでソロキャンプで富士山まで行ってきた。

自分に自信を持てずに漠然と過ごした少年時代からなぜか超絶アグレッシブ野郎になる。
当時勤めていた会社を退社して『本当の自分の人生を見つける』を子どもたちに伝えるため、2010年に『I can・・・はちやま塾』を作った。その後、オンライン塾『勉強ギルド』を立ち上げる。
今は新しい時代を生きる子どもたちに新しい学びと経験を提供して、子どもたちが主役になる世界をつくろうとしている。
とにかく行動を起こす「やってみるからはじまる」

勉強は自分の可能性を広げるためにある。自分のやりたいことを実現するために知識をつけて、行動を起こそう。ボクも挑戦し続けている。

次の目標は「石川県No.1のオンライン塾を作ること」
そして「アジア進出」。


【はちやまの塾とは別の挑戦が見れるYoutube】
https://www.youtube.com/channel/UCquTGUzdm9__ZUlnGZCHMBw?view_as=subscriber
【はちやまのリアルタイムの考えがわかるTwitter】
https://twitter.com/hachiyamacamplo

オンラインで自宅からでもはちやまの授業が受けられる。
基本的にひとりで勉強できるけど、塾に通うのもめんどくさい。
提出するためのムダな課題もない。
送迎もいらない。質問もLINEで聞けばOK!


厳しくて楽しい「I canはちやま塾」の授業がオンラインで受けられる。
泉丘、小松、七尾、二水、桜丘、高専を狙うキミ!
オンラインで超効率勉強を身につけてみないか。

【I can勉強ギルドHP】
  
https://www.studyguild.online/

あよん☆

 

たぶん、津幡町一番忙しいこのボクに正月の世話役代表をぶっ込んでくる近所のおじさんの無茶ぶりに、全身全霊で応えようとするはちやま改め、やけくそ気味の仕事がデキる男です。

 

マジでボクに仕事を持ってくるんじゃないよ。

 

 

 

 

今日はすごく忙しい。

 

だから、ブログも書いている時間があまりない。

 

 

 

 

 

ボクはオンライン化を進めているけど、オンライン授業はあくまで道具だ。

 

 

 

オンライン化したところで、勉強しなきゃいけないのは変わらないし、そのために一生懸命にならないといけない。

 

 

ただ、通塾とか質問などの負担は劇的に減る。

 

 

 

がんばることは大事だ。

 

 

 

でも、がんばる方向を間違えちゃいけない。

 

とにかく苦しい思いをすれば、成績が上がるわけじゃない。

 

 

 

ボクの場合、

 

今、望む結果が得られていないなら、何かが間違っている可能性が高いと考える。

 

 

そのときに真っ先に考えるのは「やり方」だ。

 

自分のやり方を疑う。

 

 

そして、怪しいと思うところ変える。

 

 

変えて、また様子を見る。

 

 

 

 

次に疑うのは「量」だ。

 

純粋に「量が足りていないんじゃないか」と疑う。

 

 

 

例えば、運動でもどんなに正しいやり方をしても、

 

腕立て1回じゃムキムキにはならない。

 

 

それと同じで量が足りてないかもを疑う。

 

 

 

 

 

 

ボクは自分の能力を疑うことは絶対にしない。

 

能力がないならないで、どうするかを考える。

 

 

「自分はバカだから」という子がいるけど、そんな悲しいことはない。

 

どうせなら

 

「自分はバカだけど、体力なら絶対に負けない」とか

 

「自分はバカだけど、世界中どこに行っても暮らしていけるスキルがある」とか

 

「自分はバカだけど、6カ国語しゃべれる」とか

 

 

何か一つでもいいから自分に自信を持って欲しい。

 

 

 

 

自分の能力を疑ってもどうしようもない。

 

何も変えられない。

 

変えられないことを悩んでも合理的じゃない。

 

 

 

 

 

大事なのは「これからどうやって幸せになるか」だ。

 

 

 

だから、ボクは今まで何点とっているかとか、興味はない。

 

ここから始めて、どこに行きたいのか。

 

そのためにどれだけのことをがんばるのか。

 

 

 

 

 

昨日もある生徒がボクのところに来た。

 

高校卒業後のプランをはなしてくれた。

 

 

この子は大学受験も散々迷ったけど、今後のためを考えて決定したらしい。

 

 

 

迷いを振り切ったような覚悟を宿した目をしていた。

 

 

 

悩むことは大いにすればいい。

 

でも、どうしようもないことで悩むならとにかく努力をして欲しい。

 

 

自分で行動するしか、自分の人生を変えられないから。

 

 

 

 

そろそろリビング金沢に広告が出るはず。

 

ボクの授業に興味を持ってくれたら、ぜひ体験会に参加して欲しい。

 

 

多分、オンラインだからって何かが変わるわけじゃないってことがわかるから。

 

そして、ボクの熱意が画面をぶち抜けて届くと思うから。

 

 

 

 

 

現時点でまだ体験会の準備を一ミクロンもしていない。

 

これは問題だ(笑)

 

じゃ、ばいやい☆

 

【自己紹介】
石川県上位校狙いのオンライン塾『I can はちやま塾 勉強ギルド』の塾長。
金髪。民族衣装。ガジェットマン。

そして、日本唯一のトゥクトゥク×ソロキャンパー。
旅する塾長。
オンライン授業をしながらトゥクトゥクでソロキャンプで富士山まで行ってきた。

自分に自信を持てずに漠然と過ごした少年時代からなぜか超絶アグレッシブ野郎になる。
当時勤めていた会社を退社して『本当の自分の人生を見つける』を子どもたちに伝えるため、2010年に『I can・・・はちやま塾』を作った。その後、オンライン塾『勉強ギルド』を立ち上げる。
今は新しい時代を生きる子どもたちに新しい学びと経験を提供して、子どもたちが主役になる世界をつくろうとしている。
とにかく行動を起こす「やってみるからはじまる」

勉強は自分の可能性を広げるためにある。自分のやりたいことを実現するために知識をつけて、行動を起こそう。ボクも挑戦し続けている。

次の目標は「石川県No.1のオンライン塾を作ること」
そして「アジア進出」。


【はちやまの塾とは別の挑戦が見れるYoutube】
https://www.youtube.com/channel/UCquTGUzdm9__ZUlnGZCHMBw?view_as=subscriber
【はちやまのリアルタイムの考えがわかるTwitter】
https://twitter.com/hachiyamacamplo

オンラインで自宅からでもはちやまの授業が受けられる。
基本的にひとりで勉強できるけど、塾に通うのもめんどくさい。
提出するためのムダな課題もない。
送迎もいらない。質問もLINEで聞けばOK!


厳しくて楽しい「I canはちやま塾」の授業がオンラインで受けられる。
泉丘、小松、七尾、二水、桜丘、高専を狙うキミ!
オンラインで超効率勉強を身につけてみないか。

【I can勉強ギルドHP】
  
https://www.studyguild.online/

あよん☆

 

とにかく忙しいので、指先がマッハを超えたはちやまです。

 

指先からソニックブームが出てる。

 

 

 

でも、必ずやり切ると心に決めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいかわらずVRを貪りつくしている日々だけど、そろそろ慣れてきた。

 

そろそろ観光客気分の操作はやめて、ガチで活用していこうと思う。

 

 

 

こうやっていろいろ試していると、「スキル」っていうのは頭で覚えているものだけじゃないんだなと改めて思う。

 

ボクの場合はあらゆるガジェットを触ってきているから、本格的な知識がなくてもなんとかなる。

 

ボクは専門用語とかよく知らない。

 

ネット関係のこともそこまで詳しくない。

 

 

 

 

「知識」が「知識」としてなっていない。

 

「情報」なんだけど、「経験」として身についている。

 

 

 

 

 

どういうことかというと、

 

例えば、「パソコンとタブレットの接続の仕方を教えてくれ」と言われたら困る。

 

ボクの中でも明確な情報の整理ができていないから。

 

 

 

 

でも、

 

「こんな画面が出たんだけど、どうすればいい?」と聞かれたら、

 

「たぶん、それは〇〇ってことだから、××すればいいんだけど・・・こんなんやってみて。できた? え?できない? じゃあ、これはできる? あ、よかったできた?」

 

 

 

 

 

そんな感じで、その場でできることを片っ端からやっている感じ。

 

 

 

喩えるなら、

 

「このフグはこういう生態でこういう仕組みで毒を持っているから、その毒袋を取り出せばいいよ」

 

っていう感じじゃなくて、

 

「とりあえず、ここに毒があるっぽいフグだから、試しにここを捌いてちょっと舐めてみよう。あ、やっぱりここに毒があるっぽいから、ここを避けて食べてみよう。あ、大丈夫だった」

 

 

そういった試行錯誤の末の知識って感じ。

(まあ、フグだったらそんなことしないけどな)

 

 

 

 

 

これを体系化しろと言われたら超絶難しい。

 

根拠を理解してしているわけじゃないから。

 

 

 

 

多分、専門家の人はできるんだと思う。

 

 

 

じゃあ、「専門家のレベルまで究めていけばいいのか」というとそうじゃないと思う。

 

 

 

 

なぜなら時代の変化がとんでもなく早いから。

 

学ぶ量が多すぎて、絶対に間に合わなくなる。

 

 

 

形にして、マニュアルになってからじゃないと動けないならば、その時点ではもうその情報は過去のものになっている可能性がある。

 

ようするに「オワコン」ってやつだ。

 

実際にオワコンじゃなくても、アップデートされて使い方が変わるってことは日々起こっている。

 

 

 

 

本当にその道で食っていくなら、より知識を深めていけばいいけど、ボクの場合はガジェットを究めたいわけじゃなくて、使いこなしたいだけ。

 

だから、より便利に使いこなせるようになればOKってことだ。

 

 

ボクが持っている「知識」は知識として形になっていないけど、スキルとして、確実に蓄積されている。

 

これでいい。

 

 

 

 

 

 

たぶん、これからはこういった「知識」にならない「スキル」が必要になってくると思うんだよね。

 

 

 

 

人や本から学ぶ情報としての「体系化された知識」と

 

経験や見聞から体得したスキルとしての「断片的な知識」。

 

 

時代の動きが早くなればなるほど、後者が必要になってくると思うなぁ。

 

 

というわけで日々実験。

 

 

こういう小技がめっちゃ役に立っているけど、手当たり次第やっているから、「知識」とは言えないなぁ。

 

 

やっぱり「スキル」っていうのがふさわしい。

 

 

 

 

じゃ、ばいやい☆

 

【自己紹介】
石川県上位校狙いのオンライン塾『I can はちやま塾 勉強ギルド』の塾長。
金髪。民族衣装。ガジェットマン。

そして、日本唯一のトゥクトゥク×ソロキャンパー。
旅する塾長。
オンライン授業をしながらトゥクトゥクでソロキャンプで富士山まで行ってきた。

自分に自信を持てずに漠然と過ごした少年時代からなぜか超絶アグレッシブ野郎になる。
当時勤めていた会社を退社して『本当の自分の人生を見つける』を子どもたちに伝えるため、2010年に『I can・・・はちやま塾』を作った。その後、オンライン塾『勉強ギルド』を立ち上げる。
今は新しい時代を生きる子どもたちに新しい学びと経験を提供して、子どもたちが主役になる世界をつくろうとしている。
とにかく行動を起こす「やってみるからはじまる」

勉強は自分の可能性を広げるためにある。自分のやりたいことを実現するために知識をつけて、行動を起こそう。ボクも挑戦し続けている。

次の目標は「石川県No.1のオンライン塾を作ること」
そして「アジア進出」。


【はちやまの塾とは別の挑戦が見れるYoutube】
https://www.youtube.com/channel/UCquTGUzdm9__ZUlnGZCHMBw?view_as=subscriber
【はちやまのリアルタイムの考えがわかるTwitter】
https://twitter.com/hachiyamacamplo

オンラインで自宅からでもはちやまの授業が受けられる。
基本的にひとりで勉強できるけど、塾に通うのもめんどくさい。
提出するためのムダな課題もない。
送迎もいらない。質問もLINEで聞けばOK!


厳しくて楽しい「I canはちやま塾」の授業がオンラインで受けられる。
泉丘、小松、七尾、二水、桜丘、高専を狙うキミ!
オンラインで超効率勉強を身につけてみないか。

【I can勉強ギルドHP】
  
https://www.studyguild.online/