“あなた”という宝石が

キラキラと輝き始めるきっかけをお届けします。

セレンディピティ・ラボ☆とよかわまきこ

http://serelabo.com/


無料メールセミナー・メルマガ登録はこちら です。
メルマガでは、最新情報をお届けしています。

ありのままの自分で、しあわせを感じられる。
ありのままの自分で、夢を実現できる。
そんな人生をおくってみませんか?

テーマ:

「非暴力コミュニケーション」という言葉を聞いたことがありますか?

 

こんばんは。豊川真規子です。

 

三宅洋平さんが店主を務める「三宅商店」のお知らせで、この本の存在を知りました。

 

どうして戦争するの?どうしてひとを痛めつける行動をとるの?ひとを思いやる気持ちがなくなってしまうの?

 

素朴な疑問として「その心理構造を理解したい、できれば暴力とは違う形で解決する方法はないのか」と思っていたので、早速購入し読み進めています。

 

まだ上手く言葉になりませんが、この記事がどなたかのヒントになるかもしれないし、自分の整理にもつながると思って書いています。よかったらお付き合いください。

 

非暴力コミュニケーションについての理論は最初の方に書かれているので、半分読んだだけでも「怒りが暴力に変わらずに、その奥にあるものが分かち合える方法」がわかりました。

 

同時に、これまでの自分のコミュニケーションを振り返り「私は何を聞いて、何を伝えていたんだろう」と愕然としました。

 

仕事柄、「話をきく・気持ちを伝える、ということには意識的でいる」と思っていたのに、本書に書かれている非暴力コミュニケーションとは的が外れていました。正直、かなりショックでした。

 

読みながら気付いたことは、この社会における「関係性」は「コントロール・支配の意識」が根深い。

 

「支配ベース・コントロールベース」のコミュニケーションが当たり前になっていて、それ以外のコミュニケーション方法がよくわからないのだ、ということ。

 

ひとは支配の力に屈する時、屈辱を感じ、怒りや悲しみを感じるでしょう。少なくとも、私はそうです。

 

私の子供時代も屈辱感を感じることがありました。親は子供を痛めつけようとは思っていません。私の親も「子供のための躾だ、愛情表現だ」と思っていたことでしょう。

 

自分の子育てだってそう。私もあまりに疲れている時、子供が言うことを聞かないと支配的で威圧的な態度で子供を無意識にコントロールしようとします。

 

それ以外の方法がよくわからない。

 

私は、本当は「信頼しあい、尊重しあう」コミュニケーションをしたいのに、方法がわからなかった。支配やコントロールではなく、お互いの人格を尊重し合えるコミュニケーション方法があるのなら、私はそれを選択・実践していきたい。

 

コントロール・支配やジャッジメントから外れて、人間として、心と心が触れ合えるような、心の分かち合いが出来るような、コミュニケーション方法がこの本には書かれています。

 

非暴力コミュニケーションの4つの要素

 

1.観察

2.感情

3.必要としていること

4.要求

 

字面ではシンプルですが、実際のコミュニケーションで意識するのはかなりのトレーニングが必要でしょう。でも、私は平和的な解決方法を望んでいるのでチャレンジしています。

 

パートナーシップや子供との関わりにもヒントになると思います。「平和的解決法」「思いやりのコミュニケーション」が知りたい方におすすめです。

 

私は読み始めて涙がとまりませんでした。知らぬ間に心に積もっていた理不尽な思いが本書で溶かされていったのかもしれません。

 

人間に与えられた「感情」や「思考」というギフトを、私はもっと賢く使っていきたい。それが人間としてのプライドなんじゃないかな、と思っています。

 

ひとをひととして捉えて、関わっていきたいです^^

 

つたない文章を最後までお読み頂き、感謝します。

もし、私に興味をもたれた方はこちらもどうぞ。

 

引き続き、素敵な夜をお過ごしください。

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「どうしたらいいんだろう…」「早く解決したいのに…」 

 

そんな時、あなたはどうしていますか?

 

こんばんは。豊川真規子です。

 

問題を早く解決したい時、自分ひとりで何とかしようとしていると解決するのに時間がかかる可能性が高いです。

 

早く解決したい時は、ひとの力を借りましょう。解決スピードが上がります^^

 

「では、ひとの力を借りるにはどうすればいいの?」という方は今夜配信のメルマガを読んでみて下さいね。

 

【あなたの心のモヤが晴れるアドバイスを上手にもらう方法】をお伝えします。

 

  • 誰にアドバイスを貰ったらいいかわからない
  • アドバイスをもらう相手はいつも同じ
  • アドバイスを貰っても理解できず試せない

メルマガでは上記のケース別にお悩みにお答えしています。メルマガを読むのも「ひとの力を借りる方法」のひとつですね。ぜひご活用下さい^^

 

メルマガ未登録のかたは、こちらから簡単に登録できます。

 

どうぞ、お楽しみに♪

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アインソフジャーニーのヴィーガンパンケーキ。罪悪感の湧かないスィーツですラブ

 

こんばんは。豊川真規子です。

先日、エモーショナルアーティスト・堀越美奈子さんとランチしてきました。


美奈ちゃんは、内側から沸き立つエネルギーを絵や歌や踊りで表現しています。私は美奈ちゃんのエネルギーからグラグラ沸騰して噴き上がってきたマグマのような力強さを感じます。

約1年前にヒューマンデザインリーディングさせて頂いたのですが、その力強さは、デザインチャートにも表れていました。

 

美奈ちゃんは「個性的な表現をする才能」と「生まれつきの聞き手」という才能を持っています。(ヒューマンデザイン情報による)

偶然にも、その2つの才能を私も持っています。さて、ここで質問です。

「表現が個性的、聞くのが上手」これらの才能を持った2人が会うとどうなると思いますか?

面白おかしく話す→最後まで聞く、をお互いやって繰り返すので、おしゃべりがエンドレス!気づいたら、ランチタイムからディナータイムまで延々5時間話しておりました(笑)

話題は「欲望のままに」「自分のど真ん中を生きる」

「欲望のままに、自分のど真ん中を生きていきたい」と思いながらも、いろいろと思い悩む局面があります。

思い悩んでいる状態は「頭で考えている」状態。頭の中で「これでいいのかな?」「この方がいいのかな?」と呟いているはずです。

そんな風に呟いているうちは、すごく揺れている。ブレている。全然ど真ん中じゃない(笑)

では、なにを選べばいいか、どんな行動をすればいいのか、自分の中にある「答え」を表してくれている“身体の部位”があるのです。(ヒューマンデザイン情報による)

それは自分でも体感できますが、他人がみた方が分かりやすい場合もあります。

悩みを語る美奈ちゃんの口から出る言葉は「どうしたらいいかなぁ…」なのですが
美奈ちゃんの中にある答えはビンビンと身体に現れていて、私にはそれが見えました。

 

本人は気づいてないくても、私にはバレバレでした(笑)

それをフィードバックしたら「やっぱり~!そうだよね~!」と活き活きし始めて、本来のエネルギー感が戻ってきたようでした。

自分の軸にそって、自分にふさわしい選択をすると、ほっておいても本来のエネルギーが流れだします。エネルギーが流れ出すと、無理やりにでなく自然に行動し始めます。

特に嬉しかったのは、美奈ちゃんご自身が、「自分が本当に望んでいること・選択したいこと」の判別を体感できていたこと。これからは、その体感を使って、ご自身でよりスムーズに取捨選択していけるでしょう。

美奈ちゃんのエネルギーが本来の姿に戻ると私まで元気が出てきました。ふたりの間に心地よい循環が生まれました。

氣とかエネルギーって目には見えないけど、なんとなく感じているもの。相手が心地よい状態だと、こちらも心地よくなってきます。

 

本来の、自然な流れは心地よい。

私も自分の中からエネルギーが湧き出るままに、流れのままに、生きているということをさらに楽しんでいこう。

そんな風に思いながら、美奈ちゃんとの楽しい時間を終えました。

美奈ちゃん、どうもありがとうございました。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

私のメルマガでは、個性や才能を開花させて人生を更に楽しむヒントをお伝えしています。よかったらこちらからご登録ください。

 

引き続き、すてきな夜を☆

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「あぁ、この人に聞かなきゃよかった」
「余計に悩み出しちゃったよ」


こんばんは。豊川真規子です。

自分一人で解決出来そうにないから、ひとにアドバイスを求めたのに

アドバイスを貰ったら、余計に迷いが生じたり、気持ちがモヤモヤしたことはありませんか?

『このひとに聞かなきゃよかった…』と思わないですむ!心がスッキリしてエネルギーが湧いてくる!

 

そんなアドバイスをもらうためのポイントが3つあります。

●アドバイスを貰う相手の選び方(だれに聞くか)
●どのタイミングで貰うか(いつ聞くか)
●アドバイスの貰いかた(どう聞くか)

今週配信予定のメルマガでは、最初にあげたポイントであるアドバイスを貰う相手の選び方(だれに聞くか)についてお伝えします。

  • 誰にアドバイスを貰ったらいいかわからない
  • アドバイスをもらう相手はいつも同じ
  • アドバイスを貰っても理解できず試せない

そんなひとは是非メルマガを読んでみて下さいね。

 

自分にとってふさわしい、本来のエネルギーが湧いてくるようなアドバイスをしてくれるひとからアドバイスを貰いましょう。

どうぞ、お楽しみに(^^)

 

メルマガ未登録の方は、こちらから簡単に登録できます。

 

引き続き、素敵な夜をお過ごしください☆

 

いつもありがとうございます◎
豊川真規子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 
「疲れてるんだけど、やらなきゃ…」
「どうして元気になれないんだろう…」
 
考えが頭の中をグルグル回るばかりで、疲れている感覚を無視している時はありませんか?
 
こんちには。豊川真規子です。
 
今日の横浜は小雨が降ったり止んだり。
すっかり秋の空気に変わっています。
 
「疲れを感じるとき」
 
それは、少し立ち止まるための
ベストなタイミング
 
エネルギー(やる気)を補給する
ベストなタイミング
 
私は、そう解釈しています。以前は冒頭のセリフのように思考が止まらず、結局リラックスや休養を取れずに疲労を蓄積させていました。
 
以前の私は『休むこと』への恐怖や無価値感・罪悪感が根強くあったのです。
 
それが、様々な強制終了(倒れる・歩けなくなる・リストラ等)を経験し、結局、疲れてる時は休んだ方がその後エネルギーが湧いていて効率が良くなるし、周りにも迷惑をかけない、という結論に至りました(笑)
 
もし、あなたが疲れを感じていて、同時に、休むことに抵抗感も感じているなら、こう呟いてみて下さい。
 
疲れを感じる時は、やる気を補給するためのベストなタイミング
 
疲れを感じることは、決して悪いことではありません。むしろ、今後も元気に人生を歩いていくための大事なサインだと、私は捉えています。
 
具体例をあげますと…
 
今朝、私は疲れを感じていました。時間が決まったアポはなかったので、取り急ぎ、心身を休めることを最優先に過ごしました。
 
そして、ちゃんと休むことが出来たのでしょうね。この記事を書くエネルギーが自然に湧いてきて、こうして書き出しています(笑)
 
「やらなくちゃ…」という義務感でもなく、枯渇しているエネルギーを振り絞る形でもなく、自然なやる気が生まれて、行動できています。
 
必要な分をきちんと休めば、自然とエネルギーが湧いてきます。身体はそういう作りになっています。
 
「身体」を信頼し大切に扱うことは、「自分」を信頼し大切に扱うことにつながります。
 
私はモノじゃない。私は人間です。
あなたはモノじゃない。あなたは人間です。
 
疲れを感じた時は、深呼吸して、
自分を大切に扱うことをしてみましょう。
 
緑を見に行く、ストレッチをする、横になり身体を休める、好きな音楽を聴く、身体をなでる、美味しいものを食べる、自分に「ありがとう」を言う、など。
 
私たちはモノじゃない。私たちは人間です。
お互い、大事にして生きましょうね(^-^)
 
写真は、いつもは喧嘩が多いのに、電車でなぜかベッタリだった子供たち(笑)
 
よき午後をお過ごし下さい。
 
私は自分への言葉がけや、「言葉の持つ力」も大切にしています。
もし興味をもたれた方はこちらもどうぞ!
 
いつもありがとうございます◎
豊川真規子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「やる気って、いつの間にか無くなっている・・・」

「いったい、どこに行ってしまうのだろう?!」

 

こんばんは。豊川真規子です。

 

やる気が思い通りに維持できたら、どんなにいいだろうか。

仕事もはかどるし、自分が望んでいることも早く実現する気がする。

 

でも、気が付くと、あなたのやる気はどこかに姿を消していませんか?

 

そして、やる気が続かない自分を「ダメだ」と責めてしまう。

 

実は、このスパイラルから抜け出すコツがあるんです。

 

やる気の維持・「意志力」の継続には、持って生まれた特性も関係があり、意志の力が「安定しているひと」と「不安定なひと」がいます。

 

私は、意志の力が不安定極まりないタイプなのですが、コツを見つけて、やる気を維持しやすくなりました。

 

今日のメルマガでは、意志の力が弱い人でもやる気を維持しやすくなるコツをお伝えします。

 

ヒントは、「やる気をアップする」だけではダメなのです。

 

意志の力は弱いけど、自分を責めずにやる気を維持していきたい方は、今夜のメルマガを楽しみにしていて下さいね。

 

メルマガ未登録のかたは、こちらから簡単にできます。

 

素敵な夜をお過ごしください☆

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供を産んだら、命の重みが大きすぎて、産んだことを後悔しました。

私には無理だ…って。

でも自分が望んで妊娠して無事に生まれた赤ちゃんを目の前にして、産んだことを後悔しているなんて絶対思っちゃダメだと思っていました。


こんばんは。豊川真規子です。

今日はちょっと告白めいたことを書きます。

 

初めてこのブログをご覧頂いている方には、ちょっとプライベート過ぎる内容かもしれませんが、もし、自分の事を「母親失格」なんて思った経験がある人には、是非、読んでもらえたら嬉しいです。

 

■ 悪夢ばかり見ていた産後

そういえば、産後は悪夢ばかり見ていました。

ベビーカーに乗せた赤ちゃんを忘れてきた!と気づいて戻ってもベビーカーはない!とか。 (笑)

授乳で寝不足なのに、やっと寝れたと思ったら、みるのは悪夢。

高齢出産だったのもあり、産後の体力の落ちっぷりは相当でした。

疲れすぎて『この子さえいなければ私は眠れるのに』『いなくなればいい』と気持ちが湧いてきて、そんな気持ちをもってしまう自分を『恐ろしい』と感じました。

 

■ 母として、こうあるべき

習ったわけでもないのに、なぜか自分の無意識に刷り込んだ『あるべき母親像』のプレッシャーが大きくて、生まれたわが子を『かわいい』と感じる余裕はありませんでした。

しんどかった。

実母のもつ『母親像』
日本社会のもつ『母親像』

目には見えない巨大な化け物にいつも見張られ、それに合わせないといけないんだと、無意識に思っていました。

そして、理想像から外れてしまう自分をダメな母親だと感じて苦しんでいました。

元々、自分中心で生きる性格で、自由を失うなら結婚も子供も結構です!と思って、38才まで好きに暮らしていたものですから、本当に選択を間違った…と思いつつも、口が裂けてもそんな事を言ってはダメだと思ってました。

あの頃の私が恐れていたものって、なんだったのかなぁ。

息苦しい育児がしばらく続き、二人目を産んだあと、私の心と身体は破綻しました。

子宮が落ちて子宮口が外部に飛び出す『子宮脱』という状態になり、心は、赤ちゃん返りした娘と生まれたばかりで人の手を借りないと生きられない赤ちゃん(息子)の間で、どちらの要求にも満足に応えられず、私の心は引き裂かれそうになり、育児ノイローゼになりました。

 

■ 自分を大切にして生きるという選択

夫は昼間は勤めで不在。娘は保育園。息子をおいたまま、どこかにいってしまいたい。すべてを放棄して一人になりたい。

何度そう思ったかわかりませんが、私の人生はギリギリのところで必ずサポートが入るのです。

そこから、再び『自分を大切にして生きる』『自分を生きる』人生にシフトし始めました。

『私は母親なのに、本当にこんな風に生きていいの?』という戸惑いや不安が押し寄せる度に、メンターや先輩ママたちが『ママが笑顔でいることが子供の幸せなんだよ。だから、大丈夫だよ』と力づけてくれました。

自分の子供時代を振り返っても、確かに母親が泣いたり苦しむ姿をみるのが辛かった。母が笑顔で楽しそうに暮らしていたらどんなによかったか、と思っていました。

だから、その時は『確かにそうだ!だから、私が楽しいと感じることに罪悪感を感じる必要はない。私は私を生きるんだ!』と迷いを断ち切り、現在に至ります。

その時は本当に背中を押してくれた言葉ですが、不思議と今は違う気持ちになっています。

 

■ それぞれの幸せ

母親が幸せだということが、子供の幸せ?

いや、違うだろ。

母親の幸せ、と、子供の幸せは、別のもの。

変に関連づけると、かえって母子同一化の枠から抜けられなくなるんじゃないかな、と思いました。

子供が何を幸せと感じているか、は、聞いてみないとわからないんじゃないかな。

子供にとっての幸せが何なのか。

テレビを好きなだけ見れることかもしれないし、アイスを好きなだけ食べられることかもしれないし、学校や保育園に行かずに済むことかもしれない。

ママとベッタリが幸せなのか、公園で遊びまくるのが幸せなのか、私にはよくわからないので(笑)

子供たちが、安心していられる場を作ってあげること。子供たちが、自分でいられる場を作ってあげる。

子供たちが自分で自分の幸せを選択していける力をサポートする、邪魔しない。

今はそんなことを意識しています。

私の幸せは私のもの。
子供の幸せは子供のもの。

 あなたの幸せはあなたのもの。


それが今の私には心地よいです。

 

■ 命にありがとう。

「自分を生きる」と決めてから命のいとおしさを深く感じるようになりました。

私の命
子供たちの命

あなたの命

今日もありがとうね(^^)

最後までおつきあいくださりありがとうございます。

もし、私に興味をもたれた方はこちらもどうぞ!

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「やるの?やらないの?どっちなの?!」
「どうして、すぐに返事ができないの?」


なかなか決められないわが子に、イライラする時はありませんか?

こんばんは。豊川真規子です。

子供の迷う態度にイライラするお母さんは、おそらく、決断が早いタイプです。

そして、お子さんは、おそらく、決めることに時間がかかるタイプ。

今日は、このケースのイライラの解消方法をお伝えします。

※本当はお母さんも決めることに時間がかかるタイプだけど、それでは生きていけない」と無理やり自分を変えたケースもあります。が、このケースはまた改めてにします。

最初のポイントは

迷う子供を見てイライラする原因は、子供の優柔不断さにあるのではなく「お母さん自身の中にある不安感が原因」だということ。

ここに気づけると、イライラがどんどん大きくなってきても、ハッと我にかえることが出来ます。

自分に「子供の優柔不断さに、私はどんな不安を感じているの?」と問いかけてみましょう。

我が家のパターンを例にして、解説しますね。

私は即決タイプ、娘は優柔不断タイプです。
(ここで言うタイプは、ヒューマンデザインでわかります)

娘の優柔不断な態度で、小学校への登校時間が遅くなることが多々あります^^;

娘ひとりのことなら、特にイライラしないのですが、待ち合わせして登校しているお友達がいます。

娘が学校に行くだの行かないだのグズグズしている間、お友達を待たせてしまうかもしれない、という不安が私に生じるのです。

ここからが重要ポイントです。

不安が生じているのは私。娘は即決できないタイプ。


即決出来ないタイプに、私が脅しをかけて早く決めさせても、
その決断は本来の姿ではなくなってしまいます。

そして、娘は、「早く決めなさい」がプレッシャーになり、余計に迷ってしまうタイプ(あぁ、ややこしい・笑)

娘の特性をヒューマンデザインで解っている私としては
娘が自分で満足いくまで悩める環境を作ってあげることが最善策なのです。

対策としては「一緒に登校しているお友達との取り決めを見直す」こと。

私も「お友達を待たせてしまうんじゃないか」という不安を持たずにいられて、娘も、お友達を一緒に行きたい時は一緒に、悩んで遅くなる時は1人で柔軟に対応できる。

そんな待ち合わせの取り決めをすれば、娘の優柔不断さへの朝のイライラは解決するでしょう。

 

まとめると・・・

決められず迷っている子どもにイライラしている自分への3つの対処法

  1. イライラしてきたら「何が不安なの?」と自分に問いかけてみる。
     
  2. 子供を変えるのではなく、自分の不安が解消できるような解決策を探す
    (解決策が自分1人で見つからない時は、子供に尋ねる、信頼できる大人に尋ねる等)
     
  3. 自分と子供のタイプを知り、「自分とは違う人間なのだ」ということを心に置いておく。

お子さんの迷う態度にイライラし始めたら、試してみて下さいね。

私は、娘の登校の取り決め、どんな形がいいのか、再考してみます!

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

私のメルマガでは、このようなケーススタディーに沿った解決策やエピソードも紹介しています。

 

よかったらこちらからご登録ください。

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。豊川真規子です。

上の写真は実家の裏から見える海です。

実は、私はこの夏の帰省で母と怒鳴り合いをして、この海にむかってブツブツ言いながら涙を流しました。
(かなり怪しい人ですね・笑)

私の持って生まれた特性(ヒューマンデザイン)は、相手の感情の波の影響を本人(相手)以上に食らってしまう特性を持っています。

感情をぶちまけタイプの母と、道理(論理性)を大事にする娘(私)は、時々衝突します。

私のようなタイプは、感情の津波に揉まれている人からは離れた方がいいのです。物理的に距離を取ることが大事なんです。
 

さて、あなたは誰か大切な人と口論になった時、自分が一番理解してもらいたい相手とそうなった時、どんな行動をとりますか?

  • 相手の性格や事情の方をくみ取って、自分の主張は出さずに我慢してしまう。
  • 我慢に限界が来ると距離をとったり人間関係を切ったりしてしまう。

もし、上の2つのパターンのどちらか、もしくは両方だったら、私と同じタイプかもしれませんね。

しかし、そんなタイプでも、生まれ持った特質を変えることは出来ませんが、行動パターンを変える事はできます。

実は、今回、小1の娘のこの言葉によって、とても大事なことに気づかされました。

「ママ、嫌なことは嫌だって言わなきゃだめだよ。おばあちゃんに、もう言わないで、って伝えなきゃダメだよ」

その娘の言葉でハッと気づかされたキーワードって、何だと思いますか?

 

特質は変えられなくても、行動パターンを変えられる。

 

そんなキーワードを、今夜配信のメルマガ(セレラボ通信)でシェアしますね!

キーワードのヒントは、
「あなたは、誰に、自分のことを一番わかってほしいですか?」です。

できれば大切な人とは、言い争いをしたくない。
だからと言って、我慢もしたくない。

そんな人はメルマガを楽しみにしていてくださいね。

メルマガ未登録の方は、こちらから簡単に登録できます。

 

素敵な夜をお過ごしください☆

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 受付中のイベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「“安いからとりあえず…”という買い方をしなくなりました!」

お金の制限から解放されて、豊かな循環の中にいる自分を体感できる

【100兆円お茶会】

https://100trillionyenparty.serelabo.com/press/20170817/

 

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

自分の「欲しい」「これがしたい」を抑え込んでいませんか?

こんばんは。豊川真規子です。

昨日、嬉しいことがありました。

昨年末から、「認めてもらおう」とか、「仕事に活かそう」とか、そんな目論見はなく、ただ純粋に「そうやって生きたい」と感じていたことがあって、身体(仙骨)の導きのままに、ただそうしたいからやってきたことがありました。

 

昨日、そのことについて、肯定的で、背中を押してくれるような助言がありました。ずっと1人で信じてやってきたことを共有してもらえたような感覚でした。

点と点が結びついて線になり、そこに「物語」が生まれ始めたように感じて、これからが益々楽しみになり、胸が高鳴っています。
 

・お金がもらえるから(もらえたらそれはそれで嬉しいけれど)

・仕事に活かせるから(活かせたらそれはそれで嬉しいけれど)

・認めてもらえるから(認めてもらえたらそれはそれで嬉しいけれど)

・貢献できるから(貢献できたらそれはそれで嬉しいけれど)

そんな理由はなくて

 

ただただ、純粋にそれを体験したい。追い求めたい。そして、私はその欲求から逃れられない。そんな生き方しかできないんだなって、最近、自分に白旗をあげました(笑)

あるバーのマスターが「(血液型が) B型のひとは、人生、採算度外視ですよね」と仰っていました。私もB型、その表現がしっくりきます^^
※そうじゃないB型の方もいらっしゃると思いますが(笑)

一瞬一瞬を悔いなく、味わって生きる。

私は「正解探し」を始めたら、エネルギーがしぼんでいくのがわかります。ヒューマンデザインで見ても、私は自分の欲望から逃れられないデザインです(笑)

欲求に純粋に、生きていくのが気持ちいい。

そんな自分を受け入れたら、エネルギーがどんどん湧いてくるので
がまんするより、欲求に素直に生きるほうが生産的だとわかりました。

そして、これまでの人生を振り返ると、「どんな生き方をしたいか」は、身体が教えてくれる気がします。

私は今まで生死を分けるような大病はしたことはないのですが、20代から、摂食障害・抑うつ・重度の花粉症・皮膚のアレルギー・原因不明で膝の軟骨が減りびっこになる、等、日常生活が難しくなるような身体の不調が何度もありました。

不調のたびに、学校を辞めたり勤めを辞めたりしているのですが
不思議と、それが「人生の好転のきっかけ」になっているのです。

一番驚いたことは、原因不明で膝の軟骨が減ってまともに歩けなくなり、2年ほど整形外科に通院していたのに、勤めを辞めたら3ヶ月で治りました(笑)

そこから、不思議なご縁が広がっていき、自分で目指していたわけでもないのに、セミナーを開催するハメ流れになりました(笑)

セミナー講師を経て、現在のようなメンタルサポート業に至ります。

これまでの人生を眺めてみると、結局、「自分の欲求に純粋に生きていると道が開けるタイプ」なんですね(笑)

そして、自分の欲求から外れると身体が壊れる。

 

私が本来の道・本当に望む道からズレていることを「身体」が教えてくれています。あぁ、わかりやすい!(笑)

念のためにお伝えしておくと、損得勘定をして、得を取っていった方がいい、という生き方が合っている方もいるので、人生採算度外視を推奨しているわけではありませんので、悪しからず。

ただ、持って生まれた自分の特性を知るというのは、迷ったときの「道しるべ」の1つになると思います。

「人生に失敗はなく、そこには体験と学びがあるだけだ」という言葉を聞いたことがあります。本当にそうだなぁと思います。

私は、死ぬときに「あぁ、よく生きたね~、まきちゃん^^」と自分に言って死にたいです。

自分の欲求に純粋に生きる。自分の中の道しるべをしっかりと感じながら、身体と共に体験を楽しんでまいります。

 

あなたの人生の「道しるべ」は何ですか?

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

素敵な夕べをお過ごしください☆

いつもありがとうございます◎

豊川真規子

セレンディピティ・ラボ
 

「“安いからとりあえず…”という買い方をしなくなりました!」

お金の制限から解放されて豊かな循環を体験できる

【100兆円お茶会】ただ今参加受付中!詳細はこちらです↓

https://100trillionyenparty.serelabo.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。