さて、MASTERグレープ第14話の感想を。

MASTERグレープ第14話:カエデと二刀流

□場面は前回の続きから。いよいよ真打ちの主将が。
 って剣道の二刀流ってか。
 どうしてもバンブーの石橋先輩のイメージが…w
 シタン先生のおじいちゃんの白檀先生が認めたから
 使ってるらしい。
 
□そして試合開始。
 二刀流って左右で役割が違うのか。初めて知った。
 左手の小太刀の方は主に守りを担当してるらしい。
 カエデの攻撃をことごとく小太刀で弾く主将。
 
□小太刀でカエデの攻撃を止めつつ、懐に切り込む主将。
 危うく一本取られそうになるカエデ。
 
□ここで主将の回想が。
 全国区で活躍しつつ、伸び悩んでるとな。
 しかし本当にパワーファイターなんだなあ…。
 剛力を白檀先生に認められて二刀流を勧められる主将。
 白檀先生を信じるままに迷いを振り払って
 強くなりたい一心で二刀流を学び始める主将。
 えらく信念が強いんだな…。

□そして再び試合に戻って…。
 その二刀流でカエデを追い詰めつつある主将。
 それでも試合を楽しんでるあたりがバンブーの 
 カグヤを思い出すな。
 ってか武道部の面々、カエデに対して
 えらくストレス溜めてたんだなwww
 右足下が疎かになってたために有効を取られる主将。
 それでも向かっていく主将。
 このあたりの試合展開が迫力があるなあ。
 カエデ相手に有効を取り返す主将。
 カエデ相手に勝って欲しいと思うシタン先生。
 ってかやっぱシタン先生もデパ地下グルメ食べ歩き部設立を
 阻止したかったんかwww


□主将の本気を見てカエデも本気を出すと。
 カエデの本気、彼岸の見切り。
 全ての攻撃を紙一重でかわすカエデ。凄えな。
 主将相手にあっさり一本を取るカエデ。
 試合の結果はカエデの勝利。
 疲れでぶっ倒れるカエデ。
 まあ連戦続きだったからな…。
 シタン先生の話だと間合いの全てを完璧に計れると。
 ってミリ単位でかよ。凄えな…。

□で、結局部の存続の話は…
 サクラが戦ってないから武道部の勝利!www
 …と言いたいところだけど、納得しない主将とモモ。
 しかしみんなデパ地下グルメ食べ歩き部には入りたくない。
 で、結局取った方策は…
 武道部からデパ地下グルメ食べ歩き隊に名前を変えるのかよ!!www
 しかも名称の意味がほとんどねえ!!www
 武道の稽古がほとんどって実質武道部じゃねえかwww
 デパ地下へ繰り出すのは週一かよ!!www
 まんま名を捨て実を取るだけどwww


今回はカエデの圧倒的な強さに驚きましたね…。
部員数人がかりでかかっても敵わないとは…。
ってかオチが酷すぎるwww
これからずっと武道をやりながらデパ地下グルメ食べ歩き隊を
名乗り続けるんだろうかwww


それではまた次回ー。

AD
さて、まんなかのりっくん第38話の感想を。

まんなかのりっくん第38話:りっくんと最後の走り

□さて、マラソン大会もいよいよ終盤。
 1位は壱太郎、2位は速水くん、3位はりっくんという順位に。
 ってりっくんの表情がwww
 もうバテバテで足ももつれつつある状態w
 しかしお母さんが命懸けで自分達を産んでくれたことを
 思い出してラストスパートをかけるりっくん。
 そこでねこがりっくんの尻に噛み付いて…
 猛ダッシュかけた―――ッ!!!www
 一気に壱太郎と速水くんを抜き去るりっくんw
 しかし1位は…速水くん!!
 ラストで転んだ壱太郎を介抱して一緒に走るとか
 りっくん珍しくいい面を見せたな…。

 そしてマラソン大会終幕。

□りっくんの願いを叶えてくれるという神様。
 1位のコは赤ちゃん人形を背負ってなかったから…
 って結局何着でも良かったんじゃねえか。

今回はマラソンのラストスパートのあたりの話が良かったですね。
りっくんいいとこもあるやん…。
ってか願いを叶えるあたりのオチがwww


それではまた次回ー。

AD
さて、まんなかのりっくん第37話の感想を。

まんなかのりっくん第37話:りっくんと魂の走り

□場面はマラソン大会の続きから。
 バテて走るペースが一気に遅くなってしまったりっくん。
 一旦休むことを考えたら次の赤ちゃんも女の子という
 嫌な想像が沸き、また思いっきり走り出すりっくん。
 ってその執念の目を見てまた就活を頑張りだす
 嶋田歳夫(38)てwww仕事見つかって良かったなwww
 さらにそれを見てまたお見合いを頑張りだす
 高山亮一(34)てwww相手見つかってよかったなwww
 さらにそれを見てダイエットを頑張りだす
 滝沢和子(20)てwww痩せたら超美人じゃねえかwww
 さらにそれを見てハゲだした事なんか気にしなくなった
 斎藤義春(28)てwwwもはや何が何だかwww

 りっくんの走りは見る者に勇気を与えたって
 よっぽど凄まじい走りだったんだなwww

□そして1位の壱太郎が見えた…と思いきや…?
 なんとその後ろに転校生の速水くんが!?
 果たしてりっくんは1位になれるのか!?
 次回に続く!!
 ってしもべ達緊張感がないなw

今回は怒涛の五段オチに笑いましたねwww
清杉とかでもあったなあwww
最後にちょっと意外性を加えつつ次回に続くのも
上手いなあと。


それではまた次回ー。
 
AD
さて、まんなかのりっくん第36話の感想を。

まんなかのりっくん第36話:りっくんとマラソン大会

さて、いよいよマラソン大会開始!
 って先生が妙にはしゃいでるのがw
 そりゃ生徒からしたら嫌だわなあ。自分も嫌いだったし。
 ってりっくんの気の集中具合がwww
 頑張ったらファミコンとかゾイドとか買ってもらおうとか考えてる
 生徒達(りっくん含む)があるあるすぎるなw
 壱太郎が病欠…?かと思いきや普通にトイレ行ってただけな場面の
 りっくんのがっかり具合がw

□そして生徒全員スタート!
 何気にしもべ達が縁の下の力持ちだなあ。
 ってお母さんが応援に来たのか!
 そしてりっくんはそれを見て張り切った!
 …のは良かったけど張り切りすぎて中盤でバテた…。

今回はいよいよマラソン大会開始って事で
盛り上がってきましたな。
しもべ達も何気に活躍してますし。
さて、1位になれるのか…!?


それではまた次回ー。

さて、月刊モーニングツー2017年12月号に掲載された
まんなかのりっくん特別編の感想を。

まんなかのりっくん特別編:ぶちとサッカー

□舞台はりっくん達が活躍してる長野から。
 誰が話してるんだ…?
 と思いきや、山の神の使いのぶちねこかよ!
 なんか凄くのどかに暮らしてるっぽいなあ。
 まありっくんの行動に探りを入れてるらしいが。
 って、かけっこでぶちねこ速いんだなwww
 さり気にキン肉マンネタを入れるあたりがw

□ぶちねこに餌をあげるりっくん。
 って苦手で残してきた給食をあげるとかセコすぎるwww
 
□放課後にサッカーを始めるりっくん。
 場所取りで必死なのかあ。
 っていきなり誤ってボールをグラウンドの横の家の庭に
 蹴り入れるりっくん。この手の漫画あるあるですな。
 ってかりっくん一人で逃げようとするなwww
 鬼ゴリラじじいの家に蹴り入れるとかツイてないですな…。
 鬼ゴリラじじいの顔がマジでヤバい人だw
 「誤解されてるだけでホントは心が優しい人なんじゃないか?」
 と洋平に言い出すりっくん。
 とりあえず庭に行ってみると言うりっくん。
 ってその端から鬼ゴリラじじいヤバさ全開だよ!www
 やっぱり性格もヤバい人だよ!www

 ってか自分で言いだしたのになんで洋平に当たるんだよりっくん!www
 噂で言われてた竹刀どころか一段上の木刀を振り回すとか
 噂以上にアレな人だったんだな…。

 
□ボールを取り戻すために庭へ行くって感じで鳴くぶちねこ。
 作戦を練るりっくん達。
 って洋平に一番ヤバい役を回そうとするなwww
 まあここはりっくんが一番ヤバい役をやるのが普通だよな…。
 ってぶちねこ、鬼ゴリラじじいを引きつけといて
 りっくんの方へ方向転換するってのがwww
 ってぶちねこ、サッカーやってるつもりだったのかよwww
 

今回はぶちねこ視点での話が入ってたのが面白かったですな。
ってか鬼ゴリラじじい含めてサッカーやってたつもりだったってのがwww
ねこだから深く考えずに生きてるのかなあ…w


それではまた次回ー。

さて、まんなかのりっくん第35話の感想を。

まんなかのりっくん第35話:りっくんとパワー系弁当計画

□さて、場面はマラソン大会を明日に控えたりっくんの家から。
 重大な会議とは…!
 って弁当作るの忘れるなよお母さんwww
 どアップ可愛いけど!(関係ない)

□お母さんが作ろうとしてる弁当のおかずを聞いてて不満な様子のりっくん。
 作って欲しいおかずの内容を申し出るが…
 いくら精力つけたいからってやりすぎだよ!!www
 確かに子供が食べる弁当じゃねえよwww
 まあ普通に考えてそんな食材前日から揃えられんわな…。
 「スッポンの生き血飲みたいなあ…」って可愛い顔で言うなよwww
 「ニンニク弁当しか作れない」って言われて「それでいい」って
 本当にそれでいいのかwwwもはや執念だなwww

□結局スーパーへ食材を買いに行く事になったりっくんとお母さん。
 って本日定休日ってwww
 週一で休みって何気に懐かしいな…。
 今じゃ年中無休だからなあ。
 って食材手に入らないからって草むらでマムシ探すなwww
 しかもいきなり居たのかよ!www
 ってそれ青大将なのかよwww

 そりゃ蛇突き付けられたらお母さん怖いよwww

□というわけで母子でボロボロになりながら帰宅。
 青大将にも逃げられたか…。
 というわけでニンニク弁当を持って行くことになったりっくん。
 ってそういうオチ付けるのかよ!www
 午前の部で走るから昼の弁当は意味がないって酷すぎるよ!www

今回は食材探しのドタバタで笑えましたねwww
スッポンだのマムシだのりっくんどこから知識を仕入れてるんだwww
オチまでしっかり付けてるしwww


それではまた次回ー。
さて、まんなかのりっくん第34話の感想を。

まんなかのりっくん第34話:りっくんとマラソン特訓

□徐々に大きくなってきたお母さんのお腹。
 弟を得るためにマラソン大会で頑張る事を決意するりっくん。
 りっくんが1位になったら神様が願いを叶えてくれると。
 ってりっくんの顔が煩悩に溢れてるよw

□マラソン大会で1位になるために作戦を立てるりっくん。
 命を懸けて…と思いきやその作戦が買収なのかよ!!www
 しかしいつもマラソン1位の壱太郎は買収できず。
 話通じねえw

□仕方がないのでやっぱり走ることにするりっくん。
 って近道を探そうとするあたりがwww

今回はりっくんの曲がりまくった考え方に笑いましたねwww
その年で買収を考えるとか将来大丈夫かwww
実際に走るのでもズルすることばかり考えてるしwww


それではまた次回ー。

さて、MASTERグレープ第13話の感想を。

MASTERグレープ第13話:カエデと戦う男達

□今回は巻中カラー。
 タイトル通りカエデがクローズアップされるっぽいな。
 扉絵に載ってるのもカエデだし。
 
□さて、舞台は征隆学園との戦いが終わって稽古に励むシーンから。
 ってかカエデ何してるんだwww
 お菓子目当てで道場に来てるのかwww
 ウメの差し入れらしいけどカエデに全部食われて
 食えてない武道部員達があわれw
 ってか食えてないからって部長までがキレかけてるってのが
 大人げないw
 って、シタンの回想だとカエデはシタンの祖父の白檀までが
 べた褒めするほど薙刀使いとして天才なのか…。
 カエデが戦力として欲しいと思うシタン。

□場面は変わって学校の教室へ。
 ってウメ本当に勉強苦手なんだなw
 ってか、サクラが相当頭良さそうなんだよな…。
 先生の話を聞いてるだけで成績がいいとか。
 
□話は変わって武道大会のシステムの話に。
 プロ野球のクライマックスシリーズみたいだな…と。
 まあサクラはまだ実力はないよな。
 そこでカエデが必要って話に。
 ってかいきなり側にいてウメたちと同調するなw
 入部勧誘は…まあ断られるよな。
 初めにヒマって言いつつ後で忙しいって言うあたりがwww
 相変わらず自分の部を作るのに固執してるのかカエデ。
 カエデの誘いを断るサクラ。まあこれも普通だよな。

□いつの間にか側にいて話を聞いてたシタン先生。
 って色香を使うあたりが美人の先生らしいっていうかw
 とりあえず、カエデvs武道部の全員で試合って話に。
 ってそこまでしないと勝算がないのか…。
 カエデよっぽど強いんだなあ。
 その挑戦を受けるカエデ。
 
□そしていよいよ試合に。
 って勝手に試合を決めたことに怒るヒノキに対して
 シタン先生また色香使ってるよw

 まあシタン先生にお願いされたら仕方ない←
 同時に部員全員に対して戦うよう煽ってるなあシタン先生。

□というわけで試合開始。
 vsヒノキは勝負になってないあたりがw
 まあ噛ませっぽい設定のキャラなんで仕方がない。
 落ち込んでるヒノキに対する部長の言葉がひでえw
 
□続いてvsモモに。
 連戦でも押してるって凄えなカエデ。
 割とあっさりと勝利するカエデ。

□続いてvsウメに。
 試合中のカエデとの会話でカエデが
 「薙刀部を作るんじゃなくってデパ地下グルメ食べ歩き部を
 作りたいんだ!!!」
と。
 ってなんじゃそりゃ―――ッ!!!
 盛大にズッコケたわ!!!
 武道関連じゃないだろうな…とは薄々思ってたけど!!!
 ってかその事が分かったスキを突かれてあっさり負けるウメがw
 シタン先生今頃反省するなよwww

□そして今度は部長との対決に。
 "アレ"とは…?

今回はまさにカエデ回って感じでしたね。
カエデを中心に話が動いてるって感じでした。
ってかオチがwww
デパ地下グルメ食べ歩き部ってなんだよwww
食うことしか頭にないのかよwww


それではまた次回ー。

さて、まんなかのりっくん第33話の感想を。

まんなかのりっくん第33話:りっくんと図書室

□さて、場面はりっくんが起きるところから。
 なんでそんなにバッチリ決めてるんだw
 お母さんまでかっこいいって言ってるしw
 ってお母さん食べ物のせいにするって何気に酷いw

□図書室へ向かうりっくんとねこ。
 町の祭りについて調べるという。
 途中で壱太郎に会うりっくん。
 マラソン大会の練習って真面目だな…。
 自分はりっくんと同じでかったるいわー。
 
□図書室に着くりっくん。
 っていきなり怖いおっさんが―――ッ!!!
 不意打ちすぎて読んでるこっちまでビビったわ…。
 何だ、学校の先生か…。
 
□先生に聞いてみたところ、この町にも色んなお祭りがあるらしい。
 天ノ宮の御神事というお祭りが一番大きな祭りらしい。
 って500年続いてるって凄いな…。
 お祭りの意味が分かっても行動が変わらないのがりっくんらしいw
 
□そして本題の子宝・安産祈願のお祭りについて聞くりっくん。
 内容だけ聞いてるとなかなか規模が大きくて激しい祭りだったようだな…。
 しかし祭りの場所(学校)と塚の場所について聞くと何かにピンとくるりっくん。
 どうやら祭りは学校のマラソン大会に形を変えて残ってたらしい……!!!
 その発想はなかったですな…。

今回は学校の図書室の先生に思いっきりビビりましたなwww
ああいう不意打ちは土塚先生が多用するんだよな…www
あと安産祈願の祭りとマラソン大会の関係に関する発想には
感心しましたな…。


それではまた次回ー。

さて、まんなかのりっくん第32話の感想を。

まんなかのりっくん第32話:りっくんと想いの手紙

□さて、前回のあらすじから。
 って既にわけわかんねえwww
 色々省略しすぎだwww

□続いて華厳さんがうなから恋愛指南を受ける場面に。
 って混ぜちゃいけない洗剤を混ぜたような格好にするなよwww
 うなとりっくんの「始まるよ…?」「終わるよ」
 ってやり取りが好きすぎるwww
 ってか変なバットまで持たせるなうなwww

□りっくんに諭されて目覚める華厳さん。
 かと思いきや暴走してお寺の鐘に頭をぶつけたwww
 「俺はダメな人間だ」と言う華厳さんに「ダメなところにも惹かれるよ」
 と言って再び指南するうな。ってダメ人間にしすぎだwww

□「ダメすぎてもダメなのか?」と言う華厳さんに
 「当たり前じゃん!!」と言ったら再び暴走する華厳さん。
 ってお寺の金を砕くか―――ッ!!!www
 ってか華厳さん自己肯定感なさすぎるwww
 
□手紙を書いてみてはと華厳さんに言うりっくん。凄い達筆らしい。
 ってか般若心経を写しまくってた不良ってミスマッチすぎるwww
 
□「手紙を渡してくる」というりっくんに
 「これくらいは自分でやらせてくれ」と華厳さん。
 そして華厳さんの想い人に来てくれるよう言うりっくん。
 悪い人には見えなさそうと思う想い人だが…。

□そして手紙を渡そうと胸元を探す華厳さん。
 しかし手紙がない…と思ってたら…
 ヤギが食ってたwww
 ってか寺にヤギがいるって何気におかしい気がwww

□自分の口で想いを伝えると華厳さん。
 しかしそうこうしてるうちに
 ヤギが紙食ったせいで死にかけてたりwww
 もう大混乱だなwww

□そこへ来る想い人。
 「動物に優しい人なら…」と思ってたが…
 (ヤギから手紙を吐かせるために)
 めっちゃしばいてた―――ッ!!!www
 逃げる想い人。そりゃそうだな…。

今回は華厳さん&うなのキャラが面白すぎてwww
終始ツッコむような場面ばっかりやんけwww
声出して笑いましたwww


それではまた次回ー。