さて、MASTERグレープ第24話の感想を。
------------------------------------------------------------------------------------------
MASTERグレープ第24話:本性と本能

□さて、今回は主将と白山の戦いの続きから。
 主将、飛車角落ちの戦い方ってかなり無理してる感が…。
 劣勢を感じた白山は戦法を変える。
 一呼吸で四段攻撃って…。
 
□有効を取られる主将。
 白山の発言が相変わらずドSだなw
 再び劣勢になる主将。
 白山は今まで猫をかぶった戦い方をしてたのか、なるほどなあ。
 
□場面は白山の回想シーンに。
 戦い方の問題でレギュラーから外される白山。
 相手を殺す気で戦ってるって昔っからドSだったんだなw
 一人で叫び倒す白山が怖いw
 いや、白山の信念は分かるんだけどあくまで殺し合いではなくて
 ルールが定められた競技だし…。
 そこへ現れる若本規夫マサリさん。
 ってかマサリさん怖いwww
 どっから現われてるんだw
 白山を懐柔しながら筋肉自慢をするなw
 教師に発見されて窓から逃げていくマサリさん。逃げ方も怖いw
 
□再び試合の場面に。再び四段攻撃!!
 しかし白山もなかなか一本が取れず苦戦してる模様。
 再び武器を弾き飛ばされて有効を取られる白山。
 技を食らう覚悟で踏み込んだ主将。肉を切らせて骨を断つ!!
 身体に打ち込めない以上、本気を出すには武器を弾き飛ばすしかないわな…。
 そしていよいよクライマックス。
 四段攻撃で胴に打ち込まれる主将。一本!!!
 勝者白山!!!
 
□そして第二試合へ。虎ノ尾大厳vsウメ。
 次回へ続く!!

今回は主将と白山の戦いが迫力があって良かったですね。
四段攻撃をしのぐ主将とか凄かったです。
にしても白山の基本的な性格がドSなのがなんか笑えるw


それではまた次回ー。
さて、マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第5話(133話)の感想を。
------------------------------------------------------------------------------------------------

マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第5話:神獣伍式隊と裏切り者

□場面はアクアがシューミアに自分達の事を話すところから。
 まあ今まで聞いた通りの話ですね。
 しかしアクアの魔法の威力がまだ花火程度ってのが見ててシュールw

□アクア達の襲撃にうろたえる神獣伍式隊の隊士達。
 ヤズマの話を聞いてる限りアクア達の行動は一応筋は通ってるみたいだなw
 何も考えずに襲撃しただけかと思ってたw
 隊士達が剣を隠し持っていたのに気付いていたバレット。
 剣士だったお前達に何かがあり別の力を求めたと。
 やっぱりブライクブロイドと舞響大天を倒すためなんだろうな…。
 
□モチャvsガルモッチャ&イルチの戦いに。
 魔法を使おうとするガルモッチャ達だがモチャが持っていた律甲石で封じられる。
 ゾンジを倒した際にちゃっかり奪ってたとか機転が利くなモチャ…。
 そしてイルチがやられる。剣で戦うモチャとガルモッチャ。
 この辺りの手の内の読み合いが面白いな…。
 アクアの援護で何とか勝つも、手傷を負うモチャ。
 
□場面は変わってイーモ村に。ヤズマ怖え…。
 でもそこまで言うってことは神獣伍式隊側も
 相応の犠牲を覚悟しなきゃならないよなあ…。
 目が見えない&ダメージを受けてふらついているガルモッチャ。
 そこへ誰かが現れる。ガルモッチャは助けを求めるも…
 後ろから刺される。
 絶命するガルモッチャ。
 メモリアの秘宝って何が欲しいのかな…。
 支魂の術なんかな。

□場面はアクア達が休んでいるところへ。
 そりゃアレを見た後に飴をもらっても
 シューミアは爆発しないか警戒しますわなw

 飴をもらうのを拒絶する拘束されたイルチ。
 ってかチョロ!!!(笑)
 ちょっとおだてられただけで秘密をベラベラしゃべるとかwww
 あと可愛いとも思ったりwww
 かなり秘密を話しちゃったんじゃないのかwww
 イルチから陣術の基礎を教わるアクア。どこが極秘なんだw
 教わった陣術からスパーシードロップマーブルとか
 ブラックブラックジャベリンズとかを編み出すんだろうな…。

□場面は変わって神獣伍式隊の隊士達がドラゴンと戦っているところへ。
 ってクロフト妙に図に乗ってるんじゃないのか。
 なんか死亡フラグみたいな事を言ってるが。
 そこへ伝令が飛んでくる。

□場面再び変わってガルモッチャが殺されているのを
 他の隊士達が発見するところへ。
 うーん、人の動きとか見てると裏切り者はクインベルっぽいんだが…。
 ガルモッチャを弔うヤズマ。
 そしてレオンの鼻でイルチの行方を負うヤズマ。
 
□場面は再びアクア達が休んでいるところへ。
 あー、アクア病気にかかっちゃったか…。
 アクアが一番免疫力が低いってのは新情報だなあ。
 不老不死の身体は汚れなき純粋な存在だってくだりを見てて
 何気に封神演義の竜吉公主を思い出したり。
 そしてそこへヤズマ&レオンが襲来。
 帰りたがってピョンピョンするイルチが可愛いんだがw
 そしてシュダンvsヤズマの戦いに。
 ハートオブメモリア出たーーー!!!
 想像以上に強力な魔導具っぽいな…。
 撃ち合いの末、シュダンは手傷を負う。
 ヤズマはやっぱり強いのか…。
 ってここで剣仙十二客の名前が出てくるとは……!!!
 シュダンは神獣伍式隊を通じて剣仙十二客に弟子入り…?
 どういう展開になるのかが今ひとつ想像しづらいな。
 
□場面は再びイーモ村へ。
 アクア達を探すアッシュペイン達。
 そこへ伝令が飛んだと聞いて現れる二二とクロフト。
 何やら話が食い違ってるぞ…?
 次回へ続く!!!
 
今回は剣仙十二客の話が出てきたのが衝撃的でしたね。
まさかここでそのキーワードが出てくるとは……!!!
あと陣術の話も印象的でした。
ここでアクア様の魔法パワーアップフラグが立ったよなあ。


それではまた次回ー。
さて、MASTERグレープ第23話の感想を。
------------------------------------------------------------------------------------------
MASTERグレープ第23話:主将と女の子

□さて、場面はいよいよ彗龍旗決勝から。
 天狼会の3人は仲良し三人組てw
 ってか天狼会、何もかも謎に包まれてるんだな…。
 元舞高校は1勝すれば優勝って何かのフラグとしか思えないんですが…。
 白檀先生、優勝したらみんなに焼き肉をおごるつもりなのかw
 ってか金が足りなかった時にシタン先生に頼るつもりってなにかセコいwww
 相変わらずマサリの事は伏せる方向で。

□何かの気配を察したようにあらぬ方向を見る白檀先生だが、誰も居ない。
 ってマサリさん、武道会場の天井に腕一本でぶら下がってるよ!!!
 恐ろしいほどの怪力だな…。
 ぶら下がってる裏側から見られて子供にツッコまれてる
 マサリさんが何か笑えるw
 
□というわけで決勝戦開始。第一戦は主将vs白山。
 って主将、女の子に弱いのかw
 ああ、そういや何か顔に表れてるしな…。
 ってカエデが女の子扱いされてないって酷いw
 
□そして試合開始。
 全力が出せそうもない主将と全力出すつもりの白山って
 最悪の状況じゃねえのか。

 案の定防戦一方の主将。
 相手の裏の裏をかこうとしてる白山。
 って白山ドSな気がするんだがw
 ようやく攻めだす主将。しかしやっぱり本気が出せない。
 って見てるモモ諦めだすかw
 
□有効を取られる主将。そこで武器を弾く事を思いつく。
 女の子の体に撃ち込むのは無理だが武器になら撃ち込めると。
 武器を弾いても有効になるのか…。
 本気を出す白山。凄まじい殺気を放ちだす。
 これもマサリさんが教えたのか…。
 次回へ続く。

今回は主将の弱点が分かったのが面白かったですね。女の子に弱いのか…。
まあ確かに顔に表れてる感はあるんですが。
あとマサリさんの怪力が凄え。バトル漫画ならではだな…。


それではまた次回ー。
さて、マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第4話(132話)の感想を。
---------------------------------------------------------------------------------------------

マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第4話:メイドリーダーと魔導兵団団長

□さて、場面はバレット王が捕らえられたところから。巨星墜つってwww
 こっからどうなるのかが想像つきにくい場面でもありますな。
 バレット王も色々考えてるけどどうしていいか分からない様子。

□続いて神獣伍式隊の要求が。"支魂の術""廻転の術"て…。
 まだゼロクロで出てきた重要キーワードがサラッと出てきてますな。
 支魂の術でメモリア王家の魔法の力が受け継がれてるんだろうか…。
 廻天の術はビスカあたりが何かしら関係してそうですな。
 
□続いて王を助けるための救援部隊が馬を走らせてる場面に。
 ってモチャさん!?
 ハガレンのピナコさん並に昔と今で外見違いますやん…。
 メルルシアの悪い予感だけで救援に向かうって何気に凄いな…。
 これと言った理屈ってのがないのに行動してしまうと言いますか。
 って馬がバテたら自分が走って向かうってw
 モチャさんもマテリアル使いなんだろうなあ。
 
□続いてアクアとシューミアが今後の相談をしてる場面に。
 と思いきやいきなりモチャさんが現れてアクア達を見張ってた斥候を倒す。
 このあたりの唐突な場面の切り替えは土塚先生らしいなあ。
 
□続いて魔導兵団の面々とアクア達の会話に。
 アクアほとんど何もしてなかったあたりがw
 まあスパイシードロップは信号弾代わりにはなったけどw
 って神獣伍式隊のパイルの話してる場合じゃないだろw
 ってシュダンーーーッ!!?えらく若くてイケメンだな…。
 まあ過去話だから出てきてもおかしくないんだが。
 アクアの話を聞いてたら作戦らしい作戦が何もないw
 
□場面は変わってイーモ村に。
 …ああ、上手く村人を一ヶ所に集められたね。偶然だけど。
 神獣伍式隊の部下の面々もイモしかないのを嘆いてるw
 
□場面は再び変わって神獣伍式隊の部下の面々が竜を狩るところに。
 って何かケンタウロスっぽい女の人が
 いるんですけどーーーッ!!?
 ってその女の人がクインベルーーーッ!!!??

 現代編に通じる重要伏線が何気に!!!??
 「誰も血を流さず…」云々って何気にそういうのを気にしてるんだな。
 もっと血も涙もない集団かと思ってた。
 クインベルさん美人ですなあ。
 しかし過去編で出てきたって事は現代編では婆さんなのかな…。
 って監視役付けてるってとっくにモチャに倒されてるよ!!www
 
□また場面が変わって二二とクロフトが二人っきりでいるところに。
 ってこの二人兄妹なのか…。
 って二人の故郷はブライクブロイドと舞響大天に滅ぼされたのか…。
 過去編当時の状況からしてどう考えても気まぐれで滅ぼされたあたりが……。
 
□場面は神獣伍式隊のメンバーが話してるところに。
 いきなり裏切り者か…。しかも隊長クラスの裏切り者が。
 結構きな臭い話になってるな…。ヤズマのキレっぷりが怖い。
 魔道具(?)の水晶を使おうとして使えないアッシュペインが
 間抜けな感じがして笑えるなw

□そして場面はバレット王が尋問されてるところに。
 バレット王相手に自分の国の秘密をベラベラ喋ってしまう
 イルチがなんか可愛いw 女の子みたいだし。

 ラセン国ってのはネーミングからして廻天の術に関係してそうって
 思うのは自分だけか…。

□続いて場面はバレット王の件が知らされたメモリア王国に。
 ジンダさんめちゃくちゃ焦ってるな…。モチャーって擬音が笑えるw
 ハガレンの若ピナコさんみたく若モチャさんも激しい性格みたいで…。
 
□場面は再び変わって神獣伍式隊の酒盛りのところに。
 って飴玉をこっそり差し入れるとかアクア策士だな…w
 食べようとして口の中に入れた瞬間に
 スパイシードロップ発動!!!

 なかなかにえげつない口内花火がwwwww

 そして隙を付いて魔導兵団の面々が襲撃!!!
 ってかゾンジのコインは魔法の吸収&開放まで出来るのか…。
 ゾンジをあっさり倒してしまうあたりが若モチャ強いなあと。
 豪胆な作戦を取るあたり、若バレット&仲間の面々の性格が表われてるな…。
 次回へ続く!!!

今回は神獣伍式隊の面々の内情とかが色々分かったのが面白かったですね。
ブライクさん&舞響さんも当時から暴れてたんだな…。
あと重要キーワードがサラッとで出来たりいきなりクインベルが出てきたりと
色々と驚かされた話でもありました。
次回も楽しみだ!!!!!!!!!!


それではまた次回ー。
さて、MASTERグレープ第22話の感想を。
------------------------------------------------------------------------------------------
MASTERグレープ第22話:意地とプライド

□さて、場面は赤四手と竜胆の試合から。
 どちらも譲らない押し合い…!!
 
□本気でやるという竜胆。いきなり動かなくなる。
 分銅で何かを仕掛ける気か…!!
 凄まじい速さで飛んでくる分銅で有効を取られる赤四手。
 さらに畳み掛ける竜胆。赤四手の動きを読んでるよ…。
 しかし相変わらず凄まじい攻防だな…。
 今度は赤四手の反撃開始。怪我をしてても強いな…。
 
□場面は変わってマサリさんと弟子達のエピソードに。
 マサリさん見てたらCV:若本規夫が思い浮かぶw
 弟弟子を倒したら一人前と認めてもらえるかあ。
 バトルもののお約束みたいだな。

□場面は再び試合に。相変わらず凄まじい攻防が続く。
 って分銅の跳弾で攻撃を仕掛けるとか…。有効は取られなかったが。
 再び動きが止まる。
 って赤四手もう体力が限界近いから動けないのか…。
 と、思いきや最後の力を振り絞る形で分銅をかわして動く。
 槍の両手持ちで攻撃!!
 が、腕の怪我が響いて相手に届かず。
 竜胆も避けようとしてバランスを崩して倒れる。
 ここで試合終了。引き分け!!
 どっちが勝つかとハラハラしてたら引き分けで終わるとは…。
 って竜胆の言ってることが妙に子供っぽいw
 
□征隆が負けたことに驚く元舞高校の面々。
 ってカエデだけ場違いな空気をw
 そして天狼会の面々との対峙。
 ウメがいきなりボケを放ってるよw
 天狼会がマサリさんの教え子と聞いて必ず勝つと決意するウメ。
 そして決勝戦へ!!

今回も赤四手vs竜胆の描写が凄かったですね…。
しかし引き分けで終わるとは思わなかったな…。
次回はいよいよ決勝戦なので楽しみです。


それではまた次回ー。
さて、マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第3話(131話)の感想を。
------------------------------------------------------------------------------------------

マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第3話:キャンディーと少女

□場面は現在から8年前から。
 国政とかバレットがいなくてもほとんどやれるのなw
 にしてもメモリアってどう見ても現実世界のアメリカ並みの
 国力を持ってそうだよな…。
 王の血統が魔法っていう具体的な力を持ってるのは国を治める上で
 大きなアドバンテージだよな。国民も付いていきやすいし。
 ジンダさんって多分ジンナさんの身内だろうなw
 ジンナさんの父親か何かか?
 って言い争ってる間にバレット王城を抜け出してるよw
 
□不老不死の人間の噂を聞くバレット王。会ってみたいと。
 って目撃談聞いてたら凄いな…。
 まあああいう体質だとああなるんだろうが。
 捕らえられてバレット王に献上されるティトォ達。
 ってバレット王めっちゃ怒ってるwww
 普通の人間相手に魔法使ってるとかwww

 
□罪人のような扱いをしてしまったことをティトォ達に謝るバレット王。
 内情を打ち明けるティトォ達。
 この辺りのティトォを見てたら何となく封神の王奕を思い出すんだが。
 
□そしてまた現在へ。
 ティトォは死に、アクアへと存在変換する。
 そして魔法(マテリアル・パズル) スパイシードロップ!!
 ってショッボ!!!(笑)
 花火打ち上げられるだけかい!!!(笑)

 …でも人相手に使ったらそれなりの威力がある気もするんだが…。
 まあ結局は目眩ましにしかなってないようだがw
 
□隙を襲われるバレット王。
 シューミアとアクアを守りつつ戦う。
 名前を呼ばれて(カマをかけられて)うっかりバラしてしまうって
 バレット王結構間抜けな気がw
 しかし「アホなのかバレット王」「うんアホっぽい」って
 神獣伍式隊も結構酷いなwww

 
□再び攻撃を仕掛けられるバレット王。
 バレット王でも知らない魔法を使ってくるって
 神獣伍式隊も結構やり手っぽいな…。
 「俺の魔法は無敵だ!」って言ってるけど
 バレット王、息が上がってるよ。
 
□さらに攻撃を仕掛けられるバレット王。
 どうやらだけは三千大千世界でも防ぎづらいらしい。
 あまり効きはしなかったみたいだが弱点を晒してしまったな…。
 魂魄花札"狼"と七曜のコイン"雷"の"併せ(パイル)"による
 "金狼召喚"がバレット王を襲う…!!!

 神獣伍式隊のパイルってのは後のマジックパイルの元ネタになったのかな。
 苦戦するバレット王。
 ゼロクロであった重力の星3つで潰すってのは流石に対人戦では
 やばすぎて使えないのかな…。
 さらに"パイル"を仕掛けてくる神獣伍式隊。人と魔法が合体とか…。
 しかし戦闘シーン迫力があるな。
 足手まといを守りつつ戦うとかBASTARD!!の対ウリエル戦を
 思い出すんだが。
 集中砲火を喰らいつつも立って戦うバレット王。
 あまりの強さに呆気にとられる神獣伍式隊の面々。
 獣人を2体に増やし攻撃を仕掛けてくる神獣伍式隊。
 総力戦の様相を呈してきたな…。

□場面は一旦変わって祈りを捧げる村人のところに。
 戦いの地鳴りをオイーモゴッデスの降臨が近いのと
 勘違いするとかw
 しかしパン神様の件もあるし本当に出てきそうだなw

□場面は再び戦闘シーンに。
 疲れ果てたところを力を封じられるバレット。
 そして捕らえられる。
 バレット王が大したことないというよりは
 神獣伍式隊が想像以上のやり手だったんだろな…。
 バレット王ですら知らない魔法を盗み出してたくらいだし。
 次回に続く!!

今回はバレット王の強さが際立ってた話でしたな…。
神獣伍式隊の隊員5人相手に搦め手まで使われてるのに
互角に戦ってたくらいですから。
アクア様はある程度予想してましたねw
それでも花火を敵に撃ってたら結構ダメージを与えられてた気はしますがw
次はプリセラが出てくるのかなあ…。
マテパ1~3章の話でも五本の指レベルの強さだったから
神獣伍式隊でも倒せそうな気がするし。
どういう漫画かの紹介の意味でも出てきそうな気がします。
オイーモゴッデスはパン神様の件があるから普通に出てきそうかとw
どういう役回りかは分かりませんがw


それではまた次回ー。
さて、MASTERグレープ第21話の感想を。
------------------------------------------------------------------------------------------
MASTERグレープ第21話:マサリと竜胆兵太

□さて、場面は竜胆兵太の子供時代の回想から。
 子供時代からどこか人とは違ってたんだなあ…。
 って、マサリさん兵太のところへ来るなりいきなり服を脱いで
 筋肉自慢とか変態かよwww

 兵太を強くするために修行にスカウトするマサリ。
 割とお約束っぽい。
 
□場面は現在に戻って征隆vs天狼会の試合に。
 どうしても試合をしたいと言う赤四手。
 そして短い片手槍で試合に望む。
 
□そして試合開始。
 右手を怪我してるにも関わらず互角に戦う赤四手。
 ってか兵太が赤四手をナメて本気を出さないっぽい。
 しかしいつもの如く描写が凄いな…。
 ひたすら赤四手を挑発してる兵太がw
 ナメてるからやられそうになるんじゃw
 兵太から有効を取る赤四手。次回に続く!

今回は赤四手vs兵太が凄かったですね。
相変わらず試合描写が凄いな…。
あとマサリさんは変態じゃないのかとwww


それではまた次回ー。
さて、マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第2話(130話)の感想を。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第2話:バレットと黒い星

□場面はいきなりオイーモゴッデスの紹介から。
 って思いっきりパン神同様ギャグキャラじゃねえかwww
 第1話の1ページ目と比べてみよう!!って何だよwww

□そして場面はバレットが戦うところから。
 相手の実力をはかるために先に手下達に戦わせるゾンジ。
 しかしバレットは素手で応戦。
 手下程度だと魔法を使うまでもないってことだな。
 手下達がやられたところでゾンジが応戦。
 相手の魔導具を見たところでヤバいと感じるバレット。
 コインが木に当たって…爆発した!?
 その名も七曜のコイン。名前も粋な魔導具だな…。
 ってイマリ国の魔導具なのか…。しかも国宝。
 イマリ国よく襲われるなあ。
 神獣伍式隊は今度はメモリア王国を狙ってる模様。
 相手の魔導具が飛び道具と見て接近戦に持ち込もうとするバレット。
 しかし既に2発目を放っており…
 魔導具の効果で凍りそうになるバレット。
 バレットにも気付かれずに2発目を撃ってたとか何気に凄いな。
 そしてそれを合図に襲ってくる手下達。
 しかしバレットはビビらず…
 マテリアル・パズル!!!
三千大千世界!!!

 ってええーーーッ!!!!!???
 これはビビりました…。開いた口が塞がらなかったですね。
 まさかゼロクロのフィーアが使ってた魔法をバレットが使えるとは…。
 ネットの考察とか色々聞いてたらエル・ボーイが使えるんじゃないか?
 とか言われてたんで自分も思考がそっちに誘導されてましたね。
 メモリアの血統の中に封印されてた魔法っぽいですな。
 意外性もあったしファンサービスも旺盛な感じがしました。

□そして三千大千世界で盗賊達を攻撃するバレット。
 使いこなしてるなあ。
 しかし盗賊達が浮遊してるところとか結構シュールな感じが。
 それを見てゾンジは魔導具の活動を停止させる律甲石を発動。
 しかし全く意味がない。本物の魔法使いだしな。
 そして一気に手下達を叩き落とすバレット。
 あっさりと勝利!!
 驚くザンジは七曜のコインを連発。しかし全く効果なし。
 「服すら燃えてない」って幽白の飛影の台詞を思い出すんですが。
 ってついでに手下を助けとくってまめな上に余裕だな。
 「化物…か…!?」と驚くザンジ。
 本物の魔法使いを目の当たりにしてビビってるな…。
 ザンジを追い詰めるも神獣伍式隊の本体到着。
 乗ってる獣がデスレオンっぽいな。
 見てたら何となく清杉の本宮下高校を思い出すんですがw

□自分の限界が近づきつつあるのに増援が来て少したじろぐバレット。
 そこへシューミアを襲う手下が!!
 しかしバレットが事前に防御魔法を張ってたおかげで助かる。
 1話の「服を脱げ」ってこういう伏線だったんですな。
 何気にシューミアの裸を描いてるのがw
 しかし効果が一度な上に再び襲われるシューミア。
 そこをティトォがかばう…!!!
 そして存在変換が始まる……!!!!!
 ドーマローラでの話の解説が入るあたりがご新規向けだなあと。
 そしてアクアに変換!!!
 シューミア、「ティトォ様が女の子になっちゃった!!」てw

今回はとにかくバレットの魔法に驚かされましたね。
まさかの三千大千世界……!!!!!
しかもかなり使いこなせてるっぽいですし。
そして存在変換したアクア様の活躍も気になりますな。
やっぱりティトォ同様未熟な魔法なんだろうか…。
オイーモゴッデスもどう絡んでくるかが気になりますなw


それではまた次回ー。
さて、マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第1話(通し129話)の感想を。
ツイッターの感想用アカウントにも投稿してるので以下何行か伏せ字で。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

マテリアル・パズル ~神無き世界の魔法使い~ 第1話:ティトォとバレット

□話は魔法(マテリアル・パズル)の紹介から。
 カラー綺麗になったなあ……。
 絵も上手くなった!!!

□続いて見開きの扉ページに。
 やはり新章もTAPvs三大神器の戦いになるのか……!!?
 そしてやっぱりカラーページ綺麗。
 
□続いてTAP勢の面々のお披露目のページに。
 この面々が新章で活躍する面々なのかな…。
 ビスカの表情がちょっと妖しいw
 
□そして舞台は本編へ。
 
 第1説:魔法の国の獣共

 第1話:ティトォとバレット

 舞台はA.D.1619年 アクロア大陸 辺境の地ヤシマリ イーモ村から。
 イーモ村はどうやら盗賊に襲われている様子。
 500万グラスとか毎日食糧と酒を用意しろとか結構えげつない
 要求をしてくるあたりがザ・族って感じだな…。
 マスチョとかいう村一番の暴れ者が追い払おうとするも
 魔法器具であっさり返り討ちに。
 なんかコインっぽいアイテムを投げつけるとか粋な魔法器具だな。

□続いて族達が話してる場面に。
 コイン自体は消耗品らしく、おいそれとは使えない様子。
 ってか話してる内容がいかにも下衆だよなあ。
 
□場面は再びイーモ村に。
 村を捨てるかどうか話し合ってる様子。
 ってか村長自虐的過ぎだろwwwww
 もうこの村は終わりだ…と村の面々が思っているところに
 ティトォ登場。
 って切羽詰まってるとはいえ話も聞かずに追い払うなw
 村長は王都に嘆願書を出した模様。
 ってバレット王、村娘の間でえらく盛った想像されてるなw
 って肝心の嘆願書の文面がどう見てもラブレターじゃねえかwww
 隅っこに追記でおまけみたいに一番の用件を書くなよwww
 
□そこへ再びティトォ登場。しかしやはり追い払われるw
 ティトォ達はどうやら観光客と思われてる模様。
 本当の目的は…?
 3人組ってことはティトォとバレット以外にも
 もう一人来てるのか。誰だろ…。

□場面は変わってティトォとバレットが話してるところに。
 どうやらティトォ達はバターが欲しかった模様。
 イモを食わされてるっぽいなw

□場面は再び変わってメモリア城に。
 ってバレットもティトォもこっそり抜け出したのかwww
 えらいてんやわんやになっている模様w
 何気にアダさんっぽいしゃべり方をする奴がいるなw
 しかしメルルシアはいつもの事と落ち着いている様子。
 ってかグリンが生まれる前なのか…。
 メルルシアの部屋にちゃんと結界らしき文字が書いてあるな。
 "護"だからかなり強い結界なんだろうな。

□場面は再びティトォとバレットが話しているところに。
 イモを食ってるのにバターや塩等の調味料がもらえないのに
 不満がある様子。
 「素材の味だけで勝負してますってか!!」てwww
 まあイモ自体は美味しいらしいが。
 そりゃメモリア王国の王って分からなきゃそんな扱いだわなw
 そして3人目が登場。
 シューミアって名前のメモリア王国のメイドさんらしい。可愛い!!
 立場的にもマルチーノ達の先輩の先輩くらいなんだろうな。
 って脱走する所を見られたから拉致されてきたって酷いなwww
 イーモ村に来た盗賊に関して話してるティトォとバレット。
 どうやら神獣伍式隊という名前らしい。
 魔道具をほうぼうの国々から強奪してるのか…。
 かなり強そうだな。
 そして盗賊団を倒すよう言われるティトォ。
 ティトォの存在の謎っぷりをいぶかるシューミア。
 バレットにティトォについての事を聞くと友達で弟子だと。
 魔法の弟子ってことだあね。
 シューミアに服を脱げと言うバレット。
 いきなりのエロ展開…?(ぉ
 ティトォは炎の魔法の修行をしている様子。
 しかし使いこなせずお尻に火が付いてるあたりが
 まだまだ未熟っぽいな。

□場面は変わって神獣伍式隊が村へ向かうところへ。
 話してることがやっぱり下衆だな…。
 吊り橋を渡っているところ…
 崩れて転落する神獣伍式隊の面々。
 ってティトォ、それを計算で出来るところが凄いな…。
 ティトォがお前達を倒すと言ったバレットだが逃げるティトォ。
 ってこうしてやり取り聞いてるとホントに喧嘩弱そうな優男に思えてくるな…w

□バレットに色々言われて戦うことにするティトォ。
 とりあえず剣の腕前は酷いティトォ。
 バレットとシューミアも襲おうとする盗賊達だが逃げられる。
 バレットは高みの見物を決め込んでて戦う気なしだな…。
 「頭を使うだけで勝つことだって出来るんだよ」とティトォ。
 ティトォが何やら石を投げてみると…
 ピタゴラスイッチ的に連鎖的に周りの環境に反応が起こり…
 敵に石が向かっていく!!!これぞ仙里算総眼図!!!
 と思いきやティトォ自身に石が当たるとはwww
 仙里算総眼図も未熟な頃だったんだなあ。
 
□そして「レッスン①剣術の実践終わり!レッスン②だ!!」
 とティトォに魔導具を渡すバレット。
 魔導具で相手を殴ったら火が出た!?
 どうやらメモリア王国魔導兵団御用達のアイテムらしい。
 その名もソウルオブメモリア
 そして部隊の長らしいゾンジと戦うことになるティトォ。
 いくら撃ち込んでも臆さないあたりが魔法慣れしてるなあと。
 劣勢のティトォ。
 それでも手を貸さないバレット。
 「(ティトォ達には)王である俺よりも大きくて重い宿命があるんだよ。
 (だから強くならなきゃならない)」って
 グリ・ムリ・アを倒して世界を救うことだろうな…。
 ティトォとバレットの間柄に感心するシューミア。
 ティトォの決意に違和感を感じるゾンジ。
 目標は盗賊団を倒す事なんかより遥か先にあるからな…。
 「魔法使いになるんだ」と言うティトォに対して
 「無理ですよ魔法なんて!!」とゾンジ。
 ティトォ達の事をよく知らないからな…。
 ティトォ達の体質なら魔法使いにもなれるからな。
 そしてあっさりと致命傷を負うティトォ。
 ってバレットの反応軽ッ!!!www
 まあティトォ達の事を知ってたらそんなもんなんだろうがwww
 シューミアがさっきの考えを覆してビビってるよwww
 そしてバレットが戦うことになる。
 
□場面はイーモ村に。
 「村の守り神の眠りを覚ますしかない」と村長。
 その名もオイーモゴッデス…!!!
 って名前からして女神なのか?
 ってかパン神を思い出すネーミングだな…。

祝!!!!!!!!!!!!
マテパ再開!!!!!!!!

というわけで、十分に期待に応える内容になってました。
ティトォの未熟っぷりが印象的な内容でしたな。
バレットもまだまだ青い若者って感じがしました。
あと神獣伍式隊の下衆っぷりとかイーモ村のイモっぽさとか。
あとシューミア可愛い!!
今後の展開も大期待!!!!
!!!!!!!!!!!!!



それではまた次回ー。
さて、MASTERグレープ第20話の感想を。

MASTERグレープ第20話:斧槍と大太刀

□さて、場面はウメが縁田を破るところから。梅崎武道覚醒…!!!
 やっと活躍できたな…w
 「ずっと長い時間押さえられ眠っていた力がついに解放されたのだ」
 って確かに中2満載の台詞にしか思えないw

 しかしカエデはまだ全部は解放されてないと。
 まだまだ強くなる余地があるのか…。
 ってかモモの台詞がw強がってるなww
 3試合目が残ってるのに去ろうとする牛輪道場の面々がw
 
□場面は変わって征隆学園vs天狼会の続きに。
 クヌギvs虎ノ尾大厳。
 強いっぽいのに車酔いのせいでほとんど活躍できない
 ってギャグキャラじゃねえかクヌギw
 ってか出勤します!ってなんだw
 
□クヌギの武器は斧槍(ハルバード)。大厳の武器は背負い太刀。
 力対力!!
 ってかこの試合見てて幽白の武威を思い出したんだが。
 高校生に見合わぬ殺気って聞いて
 バンブーBの天応中の面々も思い出したな。

□そして試合開始。
 開始からの猛撃で大厳を圧倒するクヌギ。
 この辺りの攻防は迫力があるな…。
 背負い太刀を普通の剣同様に扱えるってやっぱり武威みたいだ大厳…。
 攻防の末互いに有効を取る。ってかクヌギ確かに暑苦しいw
 
□続いてクヌギの回想シーンに。
 入部早々赤四手と何度も手合わせをしたがるクヌギ。執念だな…。 
 技術を捨てて力で押しまくる方向に鍛えられたのか…。
 
□再び試合の場面に。ってか青木をディスるなクヌギw
 クヌギに対して本気を出すと大厳。
 70%しか実力を出してないとかなら俺は50%しか出してないとか
 変なところで競うなw
 ってか話をややこしくして面倒な計算をさすな大厳w
 ってか計算するかクヌギw

 そしてクヌギ最大の技が決まる。穿岩突!!有効!!
 さらに撃ち込むクヌギ。しかし一歩及ばず逆に撃ち込まれる。一本!!
 先に2勝した天狼会の勝利!!

今回はクヌギvs大厳の戦いが迫力がありましたね。
息をつかせない試合でした。
あとウメの実力が垣間見えてきたのもワクワクしたなあ。


それではまた次回ー。