北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。

NEW !
テーマ:

旭川の秋のイベントを代表する「食べマルシェ」。例年、3日間で80万人前後を動員する大変大きなイベントに成長しました。

しかし今年は9月16日~18日の3日間の予定だったものの、日本列島を縦断した台風18号のおかげで3日目の18日は中止、という結果に。

お天気には勝てませんね。

 

さて、その「食べマルシェ」、初日の16日(土)に午後から少しだけ行ってみました。

 

 

旭川駅構内にもたくさんお店が出店していました。

実は旭川駅構内と駅前広場の一部は厳密に言うと「駅マルシェ」となっており、主催組織は「食べマルシェ」とは異なるそうです。

 

 

旭川駅構内特設ステージで行われていた、UHB(北海道文化放送)の気象予報士・菅井貴子さん(写真中央)を中心としたトークショウ。テーマは「気候変動による食糧問題と地球温暖化対策」。

一般向けの内容なので国家・国際的政策ではなく、身近な話を中心にされていました。特に印象に残ったのは「地球温暖化対策としての地産地消」について。

例えば日本には美味しいミネラルウォーターがあるにもかかわらず、外国製のミネラルウォーターをついついコンビニで買ってしまう事がありますよね。外国製のものを日本で消費するという事は、日本まで運ぶ「エネルギー」がそこに使われている訳であり、当然その分多くCO2を排出している、という事になるのだそうです。なるほどな。

 

 

こちらは旭川市立永山南中学校マンドリン部の皆さん。本格的です。

 

 

旭川駅南口から外へ出た所の「北彩都ガーデン」の様子。

ススキですよ、ススキ。うわ~、秋が深まっていくなぁ。

 

 

駅前広場の方に改めて出てみます。

今まで「食べマルシェ」には何回か行ったけれど、梅之助の印象では一番の人出でした。


 

平和通り買物公園を北に進みます。6条付近に沖縄ゾーンというのがありました。

「沖縄そば」があったので食べてみます(500円)。あんまり食べる機会ないからね~。

 

 

和風だしのスープが美味しいです。麺は何だか太くて、うどんみたい。

「沖縄そば」は「そば」と表記はしますが、麺に使われるのは蕎麦粉ではなく小麦粉。製法的には中華麺と同じなのだそうです。

販売していたのは「琉球祭 古酒屋」というお店のブース。沖縄から来たのかな?と思いきや、旭川市内にある沖縄料理の居酒屋でした。

 

 

七条緑道のスイーツゾーンを抜けて、やって来たのは常磐公園会場。高知県や広島県からの出店もありましたよ。

四国・四万十川の天然アユの塩焼きもありましたが、一匹1000円だったので取りあえず見送り。清流の川の石に生える「川ゴケ」を主食とする天然アユは、「魚粉」で育つ養殖物とは全然味が違うらしいですね。やっぱり食っておけばよかったかな?

 

初日の「食べマルシェ」は、どの会場も盛況でした。

翌日の17日も天候に恵まれ、「ニコニコ町会議 in 北海道 食べマルシェ」というニコニコ動画のイベントもあったみたいです。それだけに3日目の台風による中止は、旭川市民としては少々残念でした。

 

 

【関連記事】

北の恵み 食べマルシェ 2013(2013/09/15)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

よく、言葉使いはその人格を表すって言いますけど、その通りだなぁってつくづく思います。

無論、表現が不器用で粗雑な言葉を使う人でも中には心根の優しい人はいるし、逆に普段は丁重な発言をする人でも心の冷酷な人はいます。

しかし「バカ」「アホ」位ならともかく、他人の身辺や財産を脅かすような発言(まあ、これは犯罪レベルなんでしょうが)をする人は、それがブラフであっても人格的にはイカレた者として完全にNGと認識する事は、一般常識としての共通事項でしょう。

またこれは個人に限らず、集団、国家であっても同様なはずです。

 

さて、6回目の核実験を行った北朝鮮に対して国連安全保障理事会は11日、全会一致の制裁決議を採択しました。これに対して、北朝鮮が日本に向けて出した声明がこれ。

 

9月14日 ANNニュース より

 

引用記事は→こちら

 

普通の国なら相手国を非難する場合でも、その内なる決意と手段はともかく、公式声明としてはもっと抽象的な表現を使いますよね。ブラフと分かっていても、ここが具体的及び先鋭的な表現をする北朝鮮の異質なところです。

 

そしてこれは北朝鮮ばかりではなく、韓国にも実は同様の傾向が見られます。

さすがに韓国政府の公式声明ではありませんが、少し前に韓国メディアが「日本は領土を中韓に割譲するべき(注:竹島の事ではなく、具体的には九州。2013年 朝鮮日報)」「日本への原爆投下は『神の懲罰』(2013年 中央日報)」などと書いた事がありました。威嚇・脅迫とは少し趣が異なりますが、他者の生命・財産を根底から侮辱する主張である事には変わりなく、こういう主張が韓国大手新聞に平気で掲載されてしまう事に、「北」同様、もはや民族としての資質の異様さを感じざるを得ません。

梅之助にとって、一般個々人の韓国・朝鮮人はともかく、民族としての彼らの現状はハッキリ言って受け入れがたいものがあります。

勿論、「朝鮮人を殺せ」「叩き出せ」という表現を使用する連中も、支持する事は決してありませんけど。同根ですから。

 

ええっと、北朝鮮関連に話を戻します。

「日本列島を核で海に沈めなければならない」と威嚇した翌日、再び列島越え弾道ミサイルを発射しましたね。

 

9月15日 朝日新聞デジタル より

 

こういった東アジア情勢の中、9月13日に全国で5つ起こされた「朝鮮学校の無償化」を巡る裁判の東京地裁判決が下りました。

 

引用記事は→こちら

 

当たり前すぎる判決です。

「北朝鮮本国 - 朝鮮総連 - 朝鮮学校」という密接なラインで繋がる朝鮮学校に、日本の税金投入などあってはなりません。現段階で北が日本を攻撃するなど殆ど考えられませんが、ブラフであっても「日本人の生命と財産」を具体的に脅迫してきた国家の強い影響下にある学校を無償化から除外するのは、人間の自然な感情として当たり前の「常識」であり、安全保障上も国の判断は合理的です。

 

上の記事にある写真の原告弁護側の2人、どこの国の人間だか知りませんが梅之助には全く理解不能な人達です。どういう法律の拡大解釈で「朝鮮学校無償化」を主張しているのか詳しくは知りませんけれど、解釈に血眼になって日本国家・国民の公益を損なうような事をしていては、それこそ恥知らずの非常識の誹りは免れません。

 

そもそも論として、在日朝鮮人が日本にいる理由はその一世が選択した結果ですし(参照記事→「8・15だから考えて欲しい、在日の欺瞞歴史」(2016/08/15))、在日の高等教育の進学先が朝鮮学校のみに制限されているのならいざ知らず、日本の公教育も広く開放されているのです。おまけに各地の朝鮮学校は、その殆どが各地方自治体から補助金を受けているはず。

そんな立ち位置にある彼らが、これ以上日本国に対して何を望む?

海外にある日本人学校が、当地国の税金で無償化されたなんて話、聞いた事ありません。

いい加減にしなさい、と言いたいですね。

 

それにしても以前から思う事なのですが、朝鮮学校の生徒さんたち、北朝鮮の事を本当はどう思っているのでしょうかねぇ。本国民と違って、情報なら自由に手に入れる事の出来る日本にいるのだから。

梅之助の在住地には朝鮮学校がないのですごく興味深いです。

もう色々と考えられるお年頃でしょ?

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

W不倫騒動で転落した山尾志桜里議員。

「私はいいけれど、他人はダメ」という呆れた思考回路を持つ人間の、まさに末路と言っていいでしょう。

なんだか以下のような事実も明らかになってきているようです。

 

 

ふ~、言葉もありません。

彼女のW不倫問題に関心がある人は、元官僚で評論家・八幡和郎氏の「山尾志桜里、宮崎謙介、今井絵理子の誰が悪質か」(←リンク先記事に飛びます)という記事もあるので、よかったら読まれるといいですよ。

 

さて、今回はツイッターで時事ニュースや国会、報道TV番組の政治ネタについて、考察を加えながら的確に実況して下さる「500円」氏(ツイッターアカウント @_500yen )のツイを以下にも引用しながら、山尾不倫騒動で無責任かつ身勝手なダブルスタンダードのコメントを垂れ流す連中を指摘しておきたいと思います。

 

 

上の文章の中川邦子は中川郁子議員の事ですね。

小林よしのり・・・・彼が多くの人に影響を与える事は、もうないでしょうね。最早イカレたとしか思えません。

 

 

ふ~ん、まだ擁護するんだね。もしかして元々グル?

 

 

日本の国益を害する一番国会議員であってはならない人物だと思っています。

 

 

TVメディアに起用される事が最も不可解な一人。こんな頭の悪いコメンテーター、TV局も使うな!

 

 

この手の人物が長年TV界にのさばっている事に絶望感を覚えます。

 

 

結局、この連中は自身の確固たる価値観や信念からコメントしているのではなく、その時々の利害関係や思慮の浅い好悪感情、そしてTV局側への忖度感情から適当な事を言っているのに過ぎないのがよく分かります。TVでよく見る顔もありますが、何の説得力もない連中ですからマトモにその言葉を聞くだけ時間の無駄。見かけたら早々にチャンネルを変えるのをお勧めします。

 

それにしても500円様、よくお調べになりました。恐れ入りました。

 

 

【関連記事】

「山尾志桜里まつり」が絶賛開催中(2017/09/07)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

評論家の石平氏と米山隆一・新潟県知事のツイッターでのやり取りが話題のようですね。

石平氏による東京新聞・望月衣塑子記者への批判が発端のようです。

 

 

これだけなら思想信条の異なる評論家と新聞記者のありふれたバトルに過ぎませんでした(実際には石平氏と望月記者の間には、これ以上のバトルは展開されていない模様)。よくある光景です。

ところが、ここに全く関係のない第三者が乱入。しかも新潟県の県知事だという。

 

 

売られた喧嘩でもないのに、いきなり県知事という公人が評論家とはいえ私人に過ぎない石平氏に「吐き気を催すほど醜悪」とは、これ完全に暴言レベルでしょう。

さすがに「帰化した石平氏に対する差別的憎悪発言だ」と、批判の声が殺到しました(参照記事→ 「東京新聞女性記者非難で反響呼んだ石平氏に「醜悪」と噛み付いた米山新潟県知事が大量の批判浴びる」BuzzNews.JP)。

 

その後の石平氏の反論、及び一般の批判を受けて、米山知事のツイは微妙な変化を見せます。

 

石平太郎 7:05 - 2017年9月10日

新潟県米山知事は下記のツイートで、「望月記者は自国政府と対峙している」と言うが、帰化人の私にとっても日本政府は自国の政府だ。しかし米山氏は望月記者に関してだけ「自国の政府」の表現を使うが、私を中国政府と結びつける。それは明らかに、帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ!

 

米山隆一 10:49 - 2017年9月10日

石平氏の普段の発言は、ほぼ中国政府を批判するものですのでそのように申し上げました。石平氏が日本政府と対峙なさるならそれはそれで結構かと思います。その場合、日本は民主主義国家ですので、石平氏も望月記者と同じ様に、何のリスクも無い状況で言論で対峙することになろうかと思います。

 

米山隆一 12:25 - 2017年9月10日

要するに私の申し上げているのは、どこかの独裁国家ならいざ知らず、石平氏の母国である民主主義国家の日本では、「権力と戦う」のに何のリスクも無い状況で言論によって対峙するのは当たり前なのであって、それを「吐き気を催すほどの自惚れだ!」などとする氏の指摘は全く当たらないという事です。

 

何か、誤魔化しているって感じ。

差別的な意図があったかどうかは別として、元々は「闘わない石平氏」をメインにして腐していただろっ!

感情が先走ってしまう情けない知事だなぁ。

 

また、そもそも論として以下の写真のような事をしても、弾圧の「だ」の字もない日本政府と中国共産党を並べて論じるのも、あまりにも不見識です。

 

 

こんな事をやっても「一切許される」状況が、「闘っている」事になるんでしょうかねぇ。梅之助にはメディア報道で歪曲される事の多い保守系言論人の方が、よっぽど闘っているように思えるけど。そこはまあ、個人の判断に任せます。

 

それにとんでもない彼の誤認を一つ指摘しておきます。

それは米山知事に「闘わない石平氏」と決めつける確固たる論拠などあるのか?という事。

Wikipediaによると、石平氏は幼い頃、文化大革命で教師だった両親が大学から追放されて農場へ「下放」される経験をしています。更に近所で「勉強頑張ってね」と声をかけてくれていた老婆が、たまたまゴミ捨て場から拾って大根を包んでいた新聞紙に毛沢東の顔写真が印刷されていたという理由で処刑される、という出来事にも遭遇しています。北京大学在学中から中国民主化運動にも加わり、日本では2002年頃から中共批判の論説も行ってきた石平氏は、少なくとも日本国籍を取得する2007年までは中国人である以上、日本に在住していても身辺の安全という意味では非常に不安定な立場であったはずです。

 

以上の石平氏の生い立ち・経歴を知るならば、望月記者と比較して「闘わない石平氏」などと言えるはずがありません。

 

 

新潟県知事も政治家である以上、特定の思想信条もあるでしょう。しかし公人ならば、ひと言あってもそれに相応しい言葉があると思います。

正直、この知事に公人としての器はないね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の9日夕方、旭川市21世紀の森(旭川市東旭川町瑞穂)にある無料簡易入浴施設「森の湯」へ行ってみました。

昔から知ってはいたけれど、行った事はなかったんですよね。

 

 

行ったら貸し切り状態だろう、なんて思っていたら、結構先客がいましたね。

管理人さんらしき人もいて、到着した入浴客に「貴重品は車の中へ」と注意していました。梅之助がスマホを手にしているのを見て、「それも車の中の方がいいよ」とおっしゃるので素直に従います。内部の写真撮影は諦めましょう。どのみちこの人数では無理だったろうから。

 

 

入浴施設の右隣には休憩用の東屋もあり、更にその隣にはかつての露天風呂(?)らしきものがありました。現在お湯は引かれていません。

さて、ここは簡易入浴施設なので男女別の内湯がそれぞれ一つしかなく、シャンプー・石鹸類の使用は禁止です。水質の浄化設備を持たず、排水(湯)をそのまま外に流しているからなんでしょうね。

お湯はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉、アルカリ性低張性高温泉という泉質です。脱衣場に成分分析表が貼ってありましたが、pH値の記載があったかどうかはあまり覚えていません。

 

1994年に源泉かけ流しとしてオープンした「森の湯」ですが、2002年の検査で基準値を上回るレジオネラ菌が検出された為に、塩素殺菌が行われるようになりました。実際、よくここの口コミで「塩素臭が・・・」という感想をネットでも見かけます。

しかし元来が薬品臭にあまり抵抗のない梅之助には、さほど気になるものではありませんでしたね。施設周辺のトイレの臭いの方がむしろ気になりましたけど・・・

 

     旭川市21世紀の森 HP より

 

内風呂が一つ、石鹸・シャンプーが使えないというのだから、30分も過ごせば十分です。

「森の湯」を出て向かったのは下画像の場所。

 

 

上南部水神宮(旭川市東旭川町瑞穂)です。

明治の頃から湧き出ている水で、「病に臥せっていた先人がこの水を飲んで治った」という言い伝えがあるのだとか。

 

 

水量は多くありませんが、思った以上に冷たい水です。

他に人はいなかったので、持参したペットボトル4ℓ用2本と2ℓ用1本にゆっくりと汲ませて頂きました。

最後に心ばかりのお賽銭を入れて、水神宮を後にしました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。