(この記事は3分で読めます。)

こんにちは。

虚空楽(こくうらく)です。

久しぶりの更新となりました。


突然ですが、
アメブロにくる皆さんは何を求めてブログを読んでますか?

息抜き?

有益な情報?

誰かとのつながり?


面白いブログを読んで、

「よし、私もブログを書こう!」

と思われた方も多いんじゃないでしょうか。


しかし…


いざ意気込んだはいいが、
何を書いたらいいか分からず手をつけていない方や、頑張って書いていたけど手が止まってしまった…という方、結構いるのではないでしょうか?

何を隠そう、最近のオイラがまさにそれでした(笑)。数ヵ月もの間、このブログの更新はストップしたままでしたからねぇ…(遠い目)



真顔



それでお詫びというわけではないんですが、

今回は、オイラがライターの先生に教えてもらった、初心者がブログを毎日つづけられるコツを1つシェアしようと思います。


では、いきます!



初心者🔰がブログを毎日書けるようになるコツ。

それは…


今日書くか書かないか(やる・やらない)で悩むのではなく、

今日はどれだけ書くか(分量)を前提にする!


…ということです!



真顔・・?



まだピンとこないですかね。
今から解説していきます。


まず、初心者でコンスタントに書けない方は

①「何を書いたらいいか分からない」

②「やる気が出ない」

という理由で悩むことが多いようなのですが…

これ、"ブロガーあるある"なんです。


どういうことかと言うと

実は、勝手知ったるプロのライターやブロガーさんでも筆が進まないことはしょっちゅう…

初心者なら、なおさら書けなくて悩むのは当然なのです。

つまり、

①「何を書いたらいいか分からない」

②「やる気が出ない」

というのは、ブログを書く人ならばいつ誰にでも起こりうる悩みだと言えます。

で、

書くことに慣れている猛者はそんなときの対処法をいくつも持っているでしょうが、初心者はそうはいきません。

そんな無防備な初心者がブログを書くときにやってしまいがちなのが、


"今日やるかやらないか"


から考え始めてしまうということ。
これには②の「やる気が出ない」が大きく関係しています。

だって、やる気が出ないからそもそも

「書くか書かないか」

という入り口の入り口で行ったり来たりしてしまうわけですよ…

やる気に満ち溢れている人が
やるか・やらないかで延々悩んだりしませんよね?

別の言い方をすると、

やる気が出ないばかりにブログを書くか書かないかの初歩の段階で延々と悩みエネルギーを浪費し、それがまたやる気を奪い悪循環になってしまう…ということ。


過去の自分を振り返ってみてください。


ブログに限らず、さまざまなことに対してやるかやらないかで延々と悩んでいた(迷っていた)ことが多いのでは?

それも無意識・無自覚に…

そんな方は、
エネルギーを無駄なところに注いでしまう良くないクセが自分にある、ということを自覚したほうがいいでしょう。


で!

そんなとき有効なのが、
自分のなかの


「前提を変える」


というプロセス。


ブログでいうと、いったん、
①の「何を書くか」は置いておいて、
(日記でもお役立ち記事でもなんでもいい)
"ブログを毎日書くことを不動の決定事項"
にしてしまうのです。


「今日はどれくらいの分量を書こうかなぁ~」


…という所からまずスタートしてみる。
これなら、忙しいときややる気が出ないときでも分量を少なめに設定すればいいわけですから、無理なくつづけられますよね。

やる気を高いまま一定にキープするのは簡単なことではありません。
無理矢理やる気をしぼり出すよりも、やる気に左右されずに淡々と毎日書く、ということを意識しましょう。

だって…


ブログを毎日書くこと
(=こまめなアウトプット)
こそが、ブログの上達にもっとも大切なことなのですから。


PS:
この「前提を変える」というアイデア
(やる気→分量、それ以外でも)
は応用が効くので、色々な場面で意識・活用してみてください。
人生がより軽やかに、楽しくなりますよ。

ではまた!

日本語むずかしい~(笑)。