▼たかが珈琲、されど珈琲

 

私は、かれこれ30数年以上コーヒーと関わりを持つ仕事をしてきました。

とは言っても、主にコーヒーの焙煎や抽出という限られた仕事の中で体験して

きたことが全てで、コーヒー全般から見ればほんの一部の事を理解してきただけ

にすぎません。

 

なので、いまでも珈琲については解らない事のほうが山ほどあります。

"たかが珈琲"ではありますが、突き詰めていけば実に奥の深いものです。

だから、私にとっては"されど珈琲"という永遠のテーマなのです。

 

この章では、コーヒーの焙煎について書いていますが、それほどに奥の深い

コーヒーなので、私の方法だけが唯一正しいと言うことではありません。

 

『全く違う方法があっても不思議ではない』と言うそのことをご理解頂いた上で、

一つの方法論としてお読み頂ければ幸いです。

 

私の拙い経験談ではありますが、コーヒーの焙煎とはどのようなものかを、

できる限り判りやすく書いたつもりです。

 

コーヒーの琥珀色の液体の中に、どんなドラマが隠されているのかを少しでも

ご理解頂けましたら、毎日のコーヒータイムが、また一味違うものになるのでは

ないかと思っています。

 

 

 

▼焙煎とは、火力の魔術で創り出す味の芸術 ?!

 

珈琲の焙煎とは一言で言えば

『火力の魔術で創り出す味の芸術』ではないかと思っています。

 

おおよそ自家焙煎店でコーヒーの美味しさを売りにする店であれば、良質の生

選別して焙煎し鮮度の新しい豆を販売すると言うのは至極あたりまえの事だと思い

ます。

 

そして、丁寧な仕事をする店であれば、欠点豆があれば丹念にハンドピックして

取り除くという事も至極あたりまえの作業だと思います。

 

それでもお店によってコーヒーの味が違い、美味しさの程度も違うのは

なぜでしょう?

 

それは焙煎方法が違うからです。

 

それほどに焙煎と言うのは、コーヒーの味の良し悪しを左右する重要な

要素なのです。

 

 

次に続く

 

 

▼コーヒーの焙いて(no,)

 

▼コーヒーの焙煎について(no,2)

 

▼コーヒーの焙煎について(no,3)

 

▼コーヒーの焙煎について(no,4)

 

▼コーヒーの焙煎について(no,5)

 

 

   
●お届けしたいのは『こだわり』です●

自家焙煎の店 フクモト珈琲

大阪府東大阪市近江堂2丁目10-49

(TEL)06-6725-6172  (FAX)06-6736-3393

◇コーヒー豆価格一覧◇
(グーグル地図)

http://www.fukumotocoffee.com/

https://www.facebook.com/fukumotocoffee

https://ameblo.jp/gankooyaji-mame/

 

 

フクモト珈琲は
『HAC東大阪』の活動に参加しています!