深い深い海の底

 

冷たい水の中、しずかで、真っ暗な海の底に

 

大きな卵が横たわっていました

 

その大きな卵に耳をあてると・・かすかにドクンドクンと鼓動が聴こえてきます

 

その卵は生きていました。

 

卵はいいます

「ここは暗くて、寒くて、凍えそうだ・・誰もボクのところにきてくれない。

ずっとずっと気が遠くなるほど長い年月・・ここにいた。

だからここから連れ出してほしい。温かくて孤独じゃないところに連れて行ってほしい」

 

そこで、私は人魚たちやクジラやイルカたちを呼び、一緒にその卵を持ち上げて

南の島目指して進みました

 

ようやく南の暖かい海の流れを感じはじめ

小さな小島の砂浜に卵を置くことができました

 

そこはとても温かく、穏やかな風がゆったりと流れる気持ちのいい場所でした。

ホッと安心したのもつかの間、卵はいいます

 

「まだだよ!こんな砂浜に置き去りにしないでよ。

さみしいよ。風があたって寒いし、怖いよ!!」

 

どうしたものか、、と思っていると、ウミガメが集まってきました。

ウミガメはいいます

「砂の中はとてもあたたかいわよ。わたしたちはここで自分の卵を産むの。

そして砂の中であたためられて、子供たちはやがて

卵の殻を破ってでてくるのよ^^」

 

そこで私はウミガメさんたちにお願いして一緒に巨大な穴を掘り

そこに卵を埋めました。卵はとても喜びました。

安心で安全で穏やかでいられる場所になったようです。

 

それからずっと長い月日・・

私は埋められた卵の側にいました。

さみしくならないよう常に話しかけ

雨の日や太陽の光が照り付ける日はパラソルをかかげ

寝る時もずっとそばにいました。

 

ずっとずっと待っていましたが、卵は殻を破って

砂からでることはありませんでした。

 

私は悲しくなって泣き出しました。

「どうしてでてこないの?こんなに一生懸命しているのに。

どうしてでてきてくれないの??寂しいよ!悲しいよ!!」

子供のようにワンワン泣きました・・・

 

泣いて泣いて泣き疲れたころ、ようやく卵が話してくれました

「これまで色々ありがとう。

自分も出てきたいと思う。殻から出て、

温かい砂から飛び出していきたいと思う。

だけど、また温かさが足りないんだ・・勇気もまだ足りない・・

だから、キミがボクの代わりに外の世界をいっぱい見てきてよ!

ボクがでてくるのをこの小さな島でずっと一人で待ってるんじゃなっくて

ここからいろんな世界を見に行ってほしい。

キミが体験したすべてがボクの勇気になり、暖かさになる!

ボクたちはつながっているんだ。だから一人じゃない。

キミが感じたことすべて、ボクにも感じることができる。

ふりかえってごらん?

ちょうど迎えがやってきた!」

 

 

涙を拭いて振り返ると、空は青く晴れ渡っていた

そして遠くに船がとまっているのがみえた。

 

思わず「お~~~い!!」と手を振ると

船にいる人達も「おお~~い!!」と手を振り返してくれた

 

「いってくる!!勇気を出していってくる!!」

 

そういって私は走り出した。船に向かって。

新しい世界に向かって。

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*++*

 

 

人生の節目は色々なことが起こります。

時に長いトンネルのように感じることもあります。

 

でも、そのトンネルの先には新しい世界が広がっています。

 

そのトンネルの長さを人と比べて、自分はどうして乗り越えられないんだ・・と

責める必要はありません。

その人その人によって、魂も違う、感受性も違う、歩む道も違うのです。

どちらがいいとか、どちらが優れているとかないのです。

 

今、私たちは、順調に自分の歩みを進めているのです。

 

2024年始まりましたね(1月も終わりを迎えてブログを書いています)

 

今年に入ってから急にソウルプランリーディングのお申込みの方が

立て続けにきております。

やはり新しい年、自分の今後のことを改めて考えたい、自身に立ち戻って

視野を広げてみてみたいという気持ちが湧いてくるのでしょう・・

 

まだ寒い日が続いています。木々も秋冬で葉を落とし、ある種によっては

まるで枯れてしまったかのような状態になっています。

でも、土の中ではしっかりと生命が息づいているのです。

 

私たちの内側にある、本来ならそれを目覚めさせれば信じられないほどの

膨大なエネルギー量を放出することが可能な、その光(源)は

まだ私たちの中で春の目覚めを待つかのように眠っているのかもしれません。

 

私たちの内側に眠るエネルギーは、まるで一粒の種のようです。

その種には膨大なすさまじいエネルギーが凝縮しています。

 

私たちは光です。私たちは光そのものです。

 

誘導瞑想で使う中でよく使われるこの言葉は、その種の中にあるエネルギー

を活性化させてくれます。

 

私たちはみんなそれぞれ素晴らしい個性を持っています。

すばらしい個性、特性、才能、魅力を持っています。

それはあなただけのものです。そしてそれは天命に向かって進むための

ツールであり道しるべであり方位磁石でもあります。

 

私たちはそれを使って天命に向かってそれぞれの道を今現在歩いているのです。

 

 

私も大きな決断を致しました。

 

実は昨年からあることを学ぶために学校に入学しておりました。

それは4年制のため仕事と勉強の両立がなかなか難しい時期もあり

それでもなんとか睡眠時間を削りながらやっておりました。

 

しかし、去年の秋に父が他界し、ふと自分の足元をみたとき

なにに対しても全力でやろうとする自分の気質上、両方を同じようなエネルギー

を注いでやることはとても難しいのだと悟りました。

なにより、20代30代のころのような体力がないと実感しました^^;

やる氣だけはすごくあるんですけど、身体がついていかないのです

 

それに

50歳を過ぎたらもっとゆっくりともっと楽しんで生きていきたいという

私もモットーに反する生き方を昨年は特にしていたなぁ。。と反省しました。

 

 

ですので、今年はまずは自分の学びに重きを置いていきたいと

考えております。

 

サロンは少し規模を縮小してゆっくりペースで行う予定です。

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

次回のブログでは私が今学んでいることについて話させていただこうと

思っています^^

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

フラワーエッセンスに出会ってもう20年以上経ちます。

 

植物のエネルギーを水に転写させたフラワーエッセンスは

一見怪しく、効果を感じにくいと思われがちですが

自己探求をされて深く自分を見つめることが好きな方々には

相性のいいツールです。

 

フラワーエッセンスの解説を読むと、二つのパートに分かれて

説明がされています。

 

1つは、「調和されているときの状態」

もう一つは「調和が乱れたときの状態」

 

私たちの目はつい「調和されている状態」の方を注視し

その状態になることを願いながらそのエッセンスを選択します。

 

しかし、私たちは常に両極性の中で生きています。

私たちは陰と陽どちらも持っています。

そして、ネガティブな感情も、ポジティブな感情も持っています。

どちらか一方しか持っていないものなどありません。

そして両極のものを同時にまるごと見ることはできません。

 

私たちがそうであるように、植物たちや動物たち、鉱物たち・・

この自然のすべての中に陰と陽、両極性があります。

 

私は長い間、フラワーエッセンスはよりポジティブな性質を自分に

取り入れることによって、自分自身の中にある同じポジティブな質が

活性化していくと理解していました。

 

でも、フラワーエッセンスの中にも両極性があり、陰と陽があります。

しかし、植物たちは私たちよりずっとずっと自然と調和して

生きているので、彼らはよりその両極を統合している、つまり単一性

になっているのではないかと私は考えます。

 

その完全たるもの、自然を丸ごと私たちがフラワーエッセンスとして

受け取っていく・・と考えると

 

更に、私たちは大いなるもの、すばらしい自然、美しい完全体を

フラワーエッセンスとして取り込んでいくということになります。

 

そうするとどうなるでしょう・・

 

私たちは、元々、自然の一部であり、自然そのものであり、完全体である

 

しかし、それを忘れてしまった。手放してしまった。

アダムがリンゴを齧った瞬間から、私たちは両極性の住人になってしまった。

 

しかし、分離が究極まで進んていくと、今度はそれが統合されていきます

 

私たちは大いなる存在、素晴らしい自然、美しい完全体であるという

ことに気づいていきます。

 

そのためのツールの一つとしてフラワーエッセンスがあるのだな。。と

思っています。

 

 

 

フラワーエッセンスを通して

私たちは、両極性から単一性に向かって旅を続けていく・・・

 

それはもう「悟りへの旅」です。

 

改めて、フラワーエッセンスって素敵だな・・と感じています^^

 

昨日のクリスタルボウルのセッションのお話

 

Kさんはここ数年は大きな変化の波が起こり、心身ともに大変な長い時期を

超えて、今とても大きく成長されて今回セッションに来てくださいました。

(以下の出来事はKさんの了承を得てシェアさせていただきます)

 

最初にお会いした時から、Kさんはとても愛の人だと感じています。

一言で愛の人といっても人それぞれでしょう・・

それぞれの世界観で愛とはどういうものなのか・・感じたり気づいたり

実感することで愛に対してイメージを膨らませます。

もちろん私もその一人です。

いろんな愛を表現する人がいます。

Kさんはその中でも人を色眼鏡で見ない常にフラットに見れる愛の人でした。

 

そのことを今回改めて強く知る出来事が今回のセッションでありました。

 

セッション半ばになり、クリスタルボウルに加えて惑星の音叉を使い

特に地球の音叉を長く響かせました。

 

地球の音叉の波動が今回のセッションの中で一番Kさんと響き合いました。

私たちの内側にも宇宙があり、それぞれの惑星や星々があり、影響を受けて

いますが、特にその日は宇宙の中にある地球のエネルギーと

Kさんの内側にある地球という惑星のエネルギーが共鳴しあい溶け合っていく・・

そんな不思議な感覚になりました。

そしてその美しく優しく・・でも力強い響きはどんどん広がっていきました・・・

 

しばらくすると、彼女の周り一面が森になりました。

見たこともないような植物たちがいます。原始の植物たちなのでしょうか?

オーストラリアのケアンズで見た森と少し似ていました。

植物たちに囲まれた空間は静かですが、しっかりとKさんとつながっていました。

植物の香りがどこからともなくただよってきます。

まるでKさん自身も植物になっているかのようで

私にはわからないコミュニケーションをとっているようでした・・

 

それが一段落したころ・・植物の間からピョコッと小さな生き物が顔を出しました。

一角獣の赤ちゃんのような姿です。羊のようなぽわぽわした毛でかわいい姿ですが

瞳が真っ黒でとても不思議な輝きを持っていました。

またKさんが横になっているベッドの側にはいつの間にか人魚がいて、Kさんの手を

ぺちぺち叩いて、起きて起きて~と言っているようでした。

そのほかにもたくさん伝説の?想像上の生き物というのでしょうか・・

そんな存在たちがKさんの周りを取り囲み、中には興奮のあまり飛び跳ねているもの

もいました。

彼らはこの世とあの世の狭間にいる存在のようです。

 愛らしい姿のものもいれば、一見、妖怪!?と思えるようなものもいました。

 

彼らはどこかの次元または世界で、姿形の違うKさんと何度も

交流をしていたようです。

 

彼らはいいます。

 

「あの時もいつの時でも君はいつも変わらず偏見のない目で接してくれて

いたね!」

 

「そして今のこの地球でも、まったく変わらずフラットな目で僕たちを

愛の目で見てくれている・・それが本当にうれしい!」

 

彼らはこんな風にまたしっかりと繋がりあえたことを心から喜んでいて

感謝と喜びを何度も伝えて・・ゆっくりと消えていきました。

 

Kさんは介護士として常にフラットな目で、愛の目で、老人や認知症を

患っている老人の方々をケアしています。

 

一角獣や人魚、想像上と言われているあの世とこの世の狭間の世界の住人

彼らは言います。

この世界でいう認知症の人達は僕たち自身なのだと。

 

だから、彼女が今この世界で生きて、そしてこの世界では姿は違っても

自分たちとまた触れ合ってくれていることに心から喜びを感じていました。

 

Kさんの偏見のないまなざしには真実の愛があり、それがまっすぐに

彼らに注がれている・・・それを彼らは喜んでいるのです。

 

Kさんと彼らにだけわかる絆というのでしょうか・・

そういうエネルギーがこの場を満たしていき、なんともいえない感動に

包まれた気持ちがしました・・

そしてあの地球の本質、核のような深いエネルギー・・それにも触れ合え

感じられたことがとても幸せです。

 

 

見せてくださった存在たちとKさんに心から感謝ですね^^

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

心がざわざわして落ち着かない日が続いた日のこと

 

ハートの内側に 何か塊がありました

 

それはトゲトゲしていて簡単に触れられないように

なっていました。

 

隙間からソッと覗くと

 

長いまっすぐな髪を一つにまとめ

真っ赤な袴をはいて

大きな長刀を抱えて胡坐をかいた女性と目が合いました。

 

彼女は四方八方に自分の意識を張り巡らし

自身の真後ろにも神経を尖らして、ピリピリしていて

少しでも自分のこの空間に入ってこようものなら

その大きな長刀で突き刺してやろう。。

そう思ってずっとずっと息を殺してここにいました。

 

それを見て

 

私は何もしませんでした

 

彼女が近づくな!というのなら近づくのはやめよう

 

そう思いました。

 

昔の私なら、ちょっと怖いけれど

「どうしたの?」と話しかけ

なんとか彼女の気持ちを緩ませて

この空間から出てきてもらおう・・

 

そう思ってがんばったかもしれません・・

 

 

でも今はただ

この中にそんな女性がいるんだな・・ということを受け取って

そして

私はそこから離れたハートの中で

寝そべってゴロゴロしながらくつろぎました・・・

 

 

空は綺麗に晴れていて、雲がゆっくりと通り過ぎていきます

 

 

 

ある雲を見ていると「期待して裏切られた悲しみ」の感情が

沸き上がってきました

 

そうか・・悲しかったんだね・・苦しかったんだね・・

 

そうして眺めていると、やがてその雲は流れ去っていきました・・

 

また次の雲がいいます「みんなが怖い」

 

そうか・・怖いんだね・・そうか、そうか・・

 

雲はやってきて・・そして去っていきます

 

それをただ、私はハートの中で寝っ転がって眺めていました。。

くつろいでいる私はただそうなんだ・・という思いだけで眺めています・・

 

「あの時は悔しかったなぁ・・誤解されて勝手に怒りをぶつけられて」

 

急に声がして左を見ると、先ほどまで籠城していた女性が

長刀を横に置いて、私と同じように両手を枕のように頭の下に置いて

膝をぶらぶらさせながら、誰に聞かせるわけでもなくつぶやいています

 

一瞬驚きましたが、私もまた同じように空を見上げてのんびりと

雲や空の青さや風の心地よさを感じていました・・

 

その後もずっと彼女は流れてくる雲を見ながら

いろんなことをつぶやいていました・・

 

私と彼女は

しばらくの間ずっとウトウトしながらそこに寝そべって

いました・・・

 

そこで大きな気づきがあったわけでも

大きな変化があったわけでもありません

 

何かを解決したわけでもありません

 

頭で考えていると、ついついこの状況を変えないと・・と思ったり

解決するためにはどうしたらいいのか・・という思考にはまります。

ネガティブな感情や出来事があれば、解決したいと思うし

改善の糸口を見つけないといけないと思ってしまいます。

 

でもハートは、どんな感情が来てもウェルカムなゲストハウス。

 

何も変える必要はないのです

 

私はずっと変えたいと思っていたとこがありました。

自分に厳しい分、周りにも厳しかったかもしれません・・・

 

でも今回は何もしませんでした。

長刀を持つ彼女は今も私のハートの中で寝っ転がっています^^

 

 

「どんな自分も愛せるか」

 

前回のブログで神は宇宙は私に事あるごとにそう問いかけていると

書きました。

 

まさにハートの内側の世界がそうなのです。

 

私たちの内側の世界は宇宙。宇宙なのです。

 

長刀を持った女性は、ハートの中で清々しい顔をして

大の字に寝転がって目を閉じています

 

心配性で緊張しいで超敏感な私自身が

やっとそれらを解き放ってくつろいでいる姿に

似ているな^^と思いました。

 

それでいいんだって心から思える

目を開けた時、穏やかな気持ち、安心感、清々しさ

これこそが、宇宙であるハートがもたらしてくれる恩恵

 

それこそが生きる喜びだな・・としみじみ味わっています