動物が旅立つ時のあるある | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

動物との旅たちは辛くて悲しい

ですが、

 

 

動物の気持ちを尊重してあげる

のもいいね。

 


 

動物が旅立つ時に飼主さんが

寝てる間に旅立っちゃうこと

よくあるよね。

 

 

飼主さんからよく聞く

あるあるだね。

 

 

寝てる間に動物が旅立つと

飼主さんは罪悪感でいっぱい

になる人多いね。

 

 

「なんで寝ちゃったんだろう」

「寝ちゃってごめんね」

「一人で逝かせてごめんね」

「気づかなくてごめんね」

 

 

って思う方が多い。

 

 

飼主さんからすると寝てる間に

一人で旅立たせてしまって

申し訳ない気持ちでいっぱい

になると思うけど、

 

 

動物からするとそうじゃない

かもしれないよ。

 

 

飼主さんからすると死に目を

みたいだろうし、

 

 

みんなに看取られて旅立つ方が

いいと思うかもしれないけど、

 

 

それは人間の気持ちであったり

欲であったりして、

 

 

動物の気持ちではないよね。

 

 

もしかすると動物の気持ちは

違うかもしれない。

 

 

飼主さんが寝ないで介護してる

と動物は飼主さんが寝るまで

待ってて

 

 

飼主さんが寝たのを確認して

「やっと寝てくれたこれで自分も

眠りにつける」と思って旅立ってる

かもしれないし、

 

 

動物が亡くなるときは飼主さんは

悲しい顔するし、

辛い顔するし、

不安な顔するから

 

 

動物はそんな顔は最期は見たくなくて、

最後は飼主さんの笑ってる顔だったり

安らかな顔をみたいんだけど

 

 

どうやら飼主さんにはそんな余裕が

なさそうだなーと思ったら

 

 

寝てる間に旅立った方がいいなと

思って寝てる間に旅立ったり

 

 

プライドが高くて死ぬ姿を見せたく

なくて飼主さんが寝てる間に

旅立ったりするかもしれないよ。

 

 

特に猫はプライドが高い子が多くて

最期まで猫としての気品をもって

旅立つ子もいる。

 

 

前に飼ってた猫はそうだったんよ。

 

 

 

そういう動物の想いを尊重して

あげてもいいんじゃないかなー

って思うんだ。

 

 

飼主さんとしては

死に目を見れなかった。

一人で旅立って行った。

 

 

悔いが残ったり

後悔したり、

寂しい想いをしたり

ムカついたり

憎んだり

するけど

 

 

「○○ちゃんは私のことを想って

一人で旅立ったんだ」

 

 

「○○ちゃんはプライド高かったから

死ぬところを見られたくなかったんだ」

 

 

「もう私に楽になっていいよって

寝てる間に旅立ったんだ」

 

 

という考えもあっていいんじゃ

ないかなー。

 

 

もちろんどっぷりと

悔してもいいし、

悔やんでもいいし、

懺悔してもいいし、

怒ってもいいし、

憎んでもいいし、

 

 

どっちでもいいね。

 

 

旅立った動物の気持ちを考えたら

どっちがいいのかってこと。

 

 

飼主さんが

後悔して、

悔やんで、

悲しんで

憎んで

怒って

懺悔してる姿を

動物がみたいのか?

 

 

 

それとも

安らかに

ほほえんで

感謝してる姿を

動物がみたいのか?

 

 

一緒に生活を共にした動物は

どっちをみたいんだろうね。

 

 

オレが死んだときには

家族には笑って

「あいつ死んだよ」

「はい、終わり」

「次ねー」

 

 

って自分が死んだ後も家族は

生きていかなきゃいけないん

だから

 

 

日々の生活にすぐ戻って

笑って楽しく生きてもらいたい

って思うね。

 

 

人それぞれ考え方が違うから

どっちがいいとか悪いとか

じゃなくて

 

 

動物は旅立つ時にそういう考えを

してることも知ってもらえるといいな。

 

 

 

オレは動物と話せないから

知らんけどね。

 

 

真相を知りたい人は

アニマルコミュニケーターの

横尾美香さんに聞いてみて。

 

 

 

 

今日もありがとう
人間より動物好き獣医

シワ神シワ男

 

 

一緒に読んでほしい記事

ペットロス”0”プロジェクト

獣医として痛感させられる話

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、猫の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。
LINE@、コメント欄にご連絡ください。

 

 

レ点毎日更新していきますので、是非フォローをお願いします

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数