今日は銀座にあります、BVLGARIさんへお邪魔して来ました!



何故に君がそんなとこへ?と思う方も多いでしょう。


実はですね、


BVLGARIさんが年に一度開催している子供達を招待して、遊んだりランチを楽しむパーティーがありましてそのパーティーで踊らせて頂いたのです。


それもこれも子供地球基金の鳥居晴美さんの紹介で参加させていただきました。


その空間はまるで夢の様な空間。子供達の楽しむ姿、それを見守るお母様方の優しい眼差し、全てがハッピーと愛に溢れたものでした。


そんな空間でハッピーとパッションを届けるべく踊らさせて頂き最後には参加した子供達とみんなでダンスを共有してきました。


とても良い経験が出来ました。こういう一つ一つの活動が幸せを世の中には広めていくんだなと思いました。


パッションを届けるつもりが逆にパッションを頂いて帰ってきてしまいました(笑)


そしてランチがお洒落で美味しかった!!


まるでアート♫


“食事は目でも楽しむ”


とは良く言ったもので、まさにでした♫


本当に最高で贅沢な経験がまた一つ出来ました!

晴美さんを始め、BVLGARIの皆様、参加された皆様ありがとうございました。


今回は以前からご縁のあるお方のお陰で福岡の蔦屋書店さんにて講演会を開かせて頂きました!


お陰様で立見が出るほどの多くの肩に参加して頂きました!ありがとうございます!

今回のテーマは、

「脳の若返りの秘訣♫」

物凄いテーマですよね(笑)

ではこのダンスしかしていない私が何を話したかというと...

年齢を重ねると共に衰える脳機能...

そして、そこで起こる障害...

「物忘れ」

つまり「記憶力」

この「物忘れ&記憶力」にフォーカスし、そのシステムを知り物忘れを予防しようという話でした!

しかも予防方法が私の角度から切り込ませて頂きました!

脳には記憶するのに欠かせない「海馬」という部分があり、その場所で「短期記憶」と「長期記憶」に別けられます。

短期記憶は、数分で忘れてしまうもの!

長期記憶は、ずっと残るもの!

その別けられるポイントが...

「命に関わるかどうか!?」

なんですね!

だから例えば

蕎麦アレルギーのある人は、蕎麦を食べたら危険!ヤバイ!だから食べられない!

ってなるので長期記憶に行きます♫

そして小学校の時の絡んだことのないあの同級生の名前...

思い出せない...

はい、短期記憶に行ってしまいましたね♫

って事になるんです。

そして物忘れは、ほとんどのものが短期記憶行きになってしまっているんです。

ん?お財布どこにしまったっけ?

メガネ、メガネ...

洗濯物取り込んだっけ?

あれ?今鍵閉めたっけ?

など。

ただ〜し!

ある条件を満たすことで命に関わる事でなくても長期記憶に押し込むことが出来るんです!!

それは...

感情移入をする
繰り返し行う
空腹時に行う
低温の状況で行う
歩くなどの振動を起こしながら行う
などです!

つまり...

ものそっごい好きになってシャレにならないくらい思いっきりフラれた相手の名前は覚えるんです♫

お財布をバックの外ポケットに入れま〜す!を10回以上言っていれば覚えるんです♫

お腹がすいた状態でメガネを外せば覚えるんです♫

真冬の極寒の中、タンクトップで洗濯物取り込めば覚えるんです♫

ボックスステップをしながら鍵を閉めれば覚えるんです♫

つ エンド ま エンド り♫

何らかの方法で脳に刺激を与えることで脳を活性化させられれば衰えを防げる!物忘れを防げる!!

そう、この「脳への刺激」がポイント!!

そこで私が導き出したモノが「新たな試み♫身体を使って音楽で遊ぶ事で脳に刺激を与えよう♫」です!

しかし!

ただやるのではなくて大切なのは...

「パッションを乗せて楽しみながら行う事」

パッションさ♫

これでダンスと普段触れる機会がない方には刺激となるんです!

なので今回は音楽に合わせて手を叩いてもらいました!!

音楽のリズムで叩く♫

ビートに乗せて叩く♫

歌声に乗せて叩く♫

などなど

音楽をいろいろな角度で捉えて、それを手拍子で表現する遊びをやりました!

しかもそれを僕が踊る時に意識して聞いて表現している部分などもやりました!

皆さんも普段捉えたことのない音楽を感じ、その音楽と一体になる事にチャレンジしてくれました!

しかも笑顔で楽しんで♫

この瞬間、参加してくださった皆さんの脳には多くの刺激が届いていました!

そして、その後には質問コーナーでも皆様と触れ合い、最後にはパフォーマンスもさせて頂き最高であっという間の1時間を過ごすことが出来ました!

きっと講演会から皆さんが帰る時には脳はピチピチになっていたことでしょう♫

脳の若返りの秘訣...

コレは「脳へ刺激を与え活性化させること!」

を私は皆様にお伝えしたかったのでした♫

参加してくださった皆様、そして支えて頂いた関係者の皆様、本当にありがとうございました!

そして、私はこれからもこの様な新たな切り口で多くの方にダンスを知って頂き、自分が経験して培って来たもので皆様に共有できるものを提供していけたらなと思っています。

新たな挑戦は始まったばかり、毎回毎回が勉強です。

これからもどんどん行きます!!

皆さん今後とも応援の程よろしくお願いしますm(_ _)m




目を開けた僕は病院のベットに寝ていた...

そっか、診察してもらってたんだっけ...

痛いんだったよなぁ...

ん?

何かが込み上げてくる...

「痛みに挑む!!!!」

そうだ僕はコレを乗り越えるために...

よし、今日だって!

そう、ここは練馬にある病院。

ヒョンな事から病院に通うようになった僕。(前編参照)

そこで思い出した「病は気から」という言葉。

痛みを伴う診察をマイナスなものではなくプラス...いや挑むモノとして考え通院していた。

今日は2日目だった。

やる気は満々。

「かかってこんかいっ!」

と言わんばかりの気迫でベットに横たわった。

診察が始まる...

さーかかって来な!せ...


思考が停止した...

初日と明らかに違う...

状況が...

初日は麻酔をした。

今回は麻酔をしなかった!

皮膚から伝わるピンセットのとんがり感...

いやもうそれは、とんがりコーンのレベルだ...

そして聞こえる我が細胞をかき回すサウンド...

まるでゾンビ映画か何かのワンシーンの様な...

痛みで背中の筋肉がつっている...

ももの裏までつっている...

さながら爪先は、ポイントだ...

体操選手並みのポイントだ。

変な汗まで出てくる始末...

先生「あーコレは酷いねぇ...」

痛い...

先生「あーこりゃダメかなぁ...」

イタッ...

先生「ハサミ...」

痛いって...

助手の方「はい...」

...

ハサミ!?

今確かにそう言った...

あの、パーに買ってグーに負けるやつだよね?

いやいや...

何に使うんでしょーか?

まさかねぇ...

「サクッ」


...

...

...

ギャーーーーーーーーーッ


「わしゃ出産の時の妊婦さんかっ!!」

とツッコミたかったけども!

そこは挑みに来てますから!!

そりゃ痛かったですが挑みに来てますから!!!

だから...

すっごい痛いじゃん...

って納めましたよ...

その後も

もー...

ひゅー...

って。

「はい、終わり♫」

先生が言った。

でも僕は...

疲れきっていた。


でも終えたんだ...

先生「それではまた明日♫」

僕「...はい」

そして

お会計を済まし

靴を履き

ドアを開け

外に出た

その時...


俺はレベルが上がった。

こうして日々試練の診察を受けている。

でもその病院を出るたび僕は成長しているのだ。

回復した時どうなっているか...

今から楽しみである。

病も痛みも捉え方次第で自分の糧になる。


恐れず常に前を向いていこう♫


でも痛いものは痛いよ(笑)


皆さん多くの応援メッセージありがとうございます。

こうして僕は毎日を楽しんでおります!

すぐ回復しますので少し待っていて下さい♫

頑張ります!!!!!!








“病は気から”

テーマ:
その少年は、野球人だった。

常にレギュラー争いの中に置かれ1つの油断が命取りになるそんな環境にいた。

怪我を認めた瞬間その争いから離脱してしまう。そんな過酷な世界。

なので頭の中は、、、

突き指=クシャミ。

捻挫=鼻水が出る。

打撲=ニキビが出来た。

こういった具合に軽い症状に変換されていたのである。

そしてコレを人は

「いやいや、やり過ぎだわ(笑)」という。

実際当の本人だった僕も今はそう思う(笑)

でもその頃は思えなかった(笑)

そして、その変換術は今でも残っている。

ここ最近の僕の出来事である。

いくつもの海外の仕事を連続してこなし間髪入れずに地方に赴き大会に参加するという日々を過ごしていた。

その海外遠征の最中身体に違和感があった。

がしかし気にも止めていなかった。

「どうせすぐ治る」

こう考えて...

そして海外から帰宅し大会のため間髪入れずに大阪へ移動した。

大会付近の僕は、やる気しかなく仲間といるのもあって違和感のことなんか気にも止めていなかった!

しかしふとした瞬間に...

ピリッ...

電気が走ることがたまにあった。

でもモーマンタイだった。なぜなら大会に向け気合が入っていたから。

そしてその大会で惜しくも敗退し、気を緩めたその日の夜からヤツが頻繁に現れるようになった。
その名は、「イタミノ・ペイン」

目が覚めて起きる時

ビリッ!

座ろうとしたその瞬間
ビリリリッ!

クシャミが出そうなその瞬間...

へ...

へぇー


ヘーック...


ビーーーーーンッ

と、こんな具合である。

どうもおかしい...

身体からのサインなのか何なのか...

そして嫁にも相談し、流石に痛いので病院で診てもらう事に決めた。

迎えた診察初日...

様々な質疑応答があり、ベットに横になった。

原因であろう所へ数本の局部麻酔を打ち、皮膚を切り穴を開け、その中をグリグリ...

それまでのヤツとは違った...
イタミ・ノ・ペイン。こんな可愛いヤツじゃなかった...

上には上がいた...

その名も「ギダビド・ベイン」

スケールが違った...

僕はベットで声を失った...

この状況を「悶絶」と言うんだと思う。

もしくは「チーン。」と言うんだ。

まさに地獄の数十分。痛みのあまり色んな筋肉がツッタ、ツーツタツン、ツッタ、ツーツタッ♫

そして帰り際先生がこう言った。

「明日から毎日来て下さい。」

そして僕は答えた。

「...はい」

その声は蚊の羽音よりも弱かった。

だって痛いんだ。

見たでしょ上の写真。

コレだもん!

ヤバいですって...

帰り際、痛みは消えていなかったのでゆっくり歩いてる僕の横を子供達が遊んで駆けっこをしていた。

そして言ったのである。

「はい、お前の負けー!」

...

お前の負けー...

...

この言葉が頭の中に響いた。

そして僕の中で何かが目を覚ました...



そうだった...

忘れていたよ...

あーこの痛みよ

コレは確かに痛いかもしれない

でも踊っている時のアクシデントの際に伴う痛み

今の痛みより上は無いんじゃないか?

そう思うといいトレーニングじゃないか!?

痛みのタフネス

それを乗り越えた時のサクセス

その境地に立った僕の喜びは隠せず

よーし...

明日からは痛みを受けに行くんじゃない...

痛みに挑戦をしに行くのだ...

その先の姿のために...

そう考えを変えたのである!

そして、迎えた診察2日目...

僕はベットにやる気満々で横たわった...

先生が作業を始める...

...っ!?


僕はまた声を失った...


次回に続く。

「HHI WORLD HIP HOP DANCE CAHMPIONSHIP」という自分がパネルジャッジの1人でもある、毎年夏に開催される世界から役50カ国からの参加者があるアメリカでの世界最大の規模のダンスの大会があります。

今回はその予選の審査員として参加してきました!

以前もあげましたが、この審査方法にはこの大会独自の規定がありそれに従い審査をします。

そのため審査員になるにはライセンスのようなものが必要でそれに向けたワークショップを受けます。

そしてテストがありそれを通ったモノのみがジャッジが出来ると言うことです。

簡単に言うとオリンピックの審査員のようなものです!

各審査員には見るポイントが決まっていてそれを全チーム通して審査します。

つまりダンスのパフォーマンスを楽しんでる場合じゃないんです(笑)

ものすごく頭を使う審査なんです。

自分が経験した審査の中でも1番ハードなモノです!

それをフィリピンとタイの2カ国へ行き行ってきました!
これがフィリピン

これがタイ


どちらも気候は夏です!

余裕の30度超え!

毛穴オープン度MAXです!

でも会場内は冷房MAXです(笑)

その温度差には毎回苦労します。

通常2日間で行うのですが、1日目の予選がまー大変!!

参加者が多いので10:00に集まって終わるのが23:00!

休憩も入れ12時間ほど審査します。

その日の夜は頭がボーッとします(笑)

そして決勝は予選を勝ち上がったチームによる戦い。

レベルも拮抗しているため審査するのに、もの凄く集中力が必要です。

瞬きできないほど(笑)

どちらの国もレベルは高く、皆色々作戦を考え作り込んで来ます。

見にきている人は本当に楽しいと思います。

でも審査員の僕らは全く楽しめません(笑)

そして、この大会で勝ち上がった上位3チームがアメリカのファイナルの地に立つんです。

この大会は僕の普段いるPOPのシーンとは全く世界が違います。

正直僕らのシーンの人からは僕が関わっていると知ると驚かれます(笑)

僕らはバトルが中心ですがこの大会はチームパフォーマンスなんです。

じゃーなぜ関わっているのか?

それは今後の日本のダンスシーンに必要なものがそこにはあると思ったからです。

この大会の規模の維持、運営、各国との連携など外からでは見えない事が関わりメンバーの1人になる事でその多くのモノが見えて知る事が出来るんです。

まーそれはそれはとんでもないですよ!この規模ですからね関わっている人からその数の多さ意識の高さなど。

目から鱗です。でも少し怖い部分もありますが(笑)

そして何よりも英語の勉強になるんです。

だって日本人いませんから(笑)

全て英語の環境です。

そして何よりダンスの事についての専門的な用語も学べるんです。

前にも言いましたが1番ハードなのは審査する事だけじゃないんです!
ステージ裏で行われる審査におけるお互いの意見を言い合うディスカッション、大会後に行われる志望者に対するフィードバック、つまりダメ出しみたいなもの。
常に英語で話し合い意見を伝えなきゃ行けないんです。
これは用意されたものではないのでその場で考え意見を言う。つまりアドリブ英語!しかも専門的な!

これがまー大変なのです!!!

頭のサイズ大きくなりますよ(笑)

でも嫌なことばかりじゃないんです♫

自分が一番好きなのが一体感です。この審査員のメンバーの結団力というかファミリー感が好きですね。
一気にインターナショナルな家族が増えた感じです。

皆ワークショップからテストを乗り越えて来たメンバーで審査員という大役を任されるのですから。

そりゃー仲良くなりますよね(笑)

だから大会に関係なくても普段から連絡を取り合っています!

気が付けば世界中に友人がいます♫

これは自分にとっては宝のようなもの。

ネットに上がっていないリアルな世界の情報が交換できるんです!

素晴らしいですよ♫

そんなこんなで今回もフィリピン&タイの旅を無事終えれました!

毎回学ぶことばかりです。

この経験と知識を今後活かせるといいなと、ここぞと言うタイミングで出せていけたらなと思っています♫

さ、帰ってお風呂に入ろう♫







ここ数日間は怒涛の数日間!


仕事や発表会のネタ作りに追われていました。


発表会のネタ作りでは問題が色々起きていた。


でも日数が無いため急ピッチでまとめなきゃいけない状況。


今までで1番過酷な状況だったかもしれません。身体的にも頭的にも。


そんな頭から煙が出てるほどの時のフォーマーでのお仕事。


それはまさにオアシス♫


カッピカピだった私の心が、ぷりっぷりの心に!


やっぱり相方って凄いなって思いました。


俺の状況を分かってるんじゃないかってくらい俺を楽しませて癒してくれる!


そしてショーでは目の前でいい踊りをカマし俺を書き立ててくれる!


本当に熱く強く優しい男だなマドカは!!!!


だから「オレの相方マドカなら!」っていう思いをこの時期にぴったりな


「一年生になった〜ら♫一年生になった〜ら♫友達100人でっきるっかな?♫」


に乗せて綴ってみようと思う。


さん、はい♫


僕が殺されそうになった〜ら♫


殺されそうになった〜ら♫


その犯人、殺しそうになるんだろうな♫


きっとマドカは僕の無念を晴らしてくれると思います。そんな彼が僕の相方マドカです♫


続いて...


僕が電車で痴漢にあった〜ら♫


電車で痴漢にあった〜ら♫


その犯人に痴漢をするんだろ〜な♫


やられたらやり返すそれが彼です!

そんな男の中の男、僕の相方マドカです。


こんな相方と会うたびに思うことはやっぱコイツしかいないんだと思う。


最高な相方だと...


何があろうがマドカはオレの相方です!


例え見てくれていたイベントのお客さんと写真を撮るときにチャックが全開でも...


彼は僕の相方です。


フォーマーアクション万歳♫

{C479C218-3988-4C70-BDDA-C67B96550BB3}


そして潤った僕はもうすぐ目の前と迫った発表会に向けて頑張れたんです!


正直色々と問題が起きていた。


投げ出したくなるほどに...


でもここで投げ出したらダサい。


このスタジオでは自分が1番上の世代になりつつあって他の先生は皆歳下だった。皆が俺に気を使うのも凄く感じていた。でも何を思われようが正直良かった。


それでも期待に応えるべく頑張らなきゃ行けなかった。責任感ってやつです。


でもイントラみんなも頑張ってくれた。


そのお陰もあり何とかなりそうなとこまで来ていた。


忙しい中でみんな集まり、練習の日々。


それに毎回眠いだろうに次の日仕事で大変だろうに差し入れと笑顔を届けてくれたスタジオのオーナーでもあるマユ姉。


みんながみんなを支え合っていた。


共通していたのは「愛」でした。


スタジオへの愛。


その発表会への愛。


自分たち生徒への愛。


それを見にきてくれる人達の愛に返す愛。


自分の好きなダンスへの愛。


全ては「愛」があって成し得たこと。


正直今回のイントラナンバーのネタは本番をやってみなけりゃどうなるか分からなかった。


でもリーダーとして弱音は吐けないし失敗もできない。


ただ覚悟していたのは失敗した時、全ての責任をオレが背負うこと。


そのつもりで1番目立つキーマン的所に自分を置かせてもらった。嫌でも目立つ位置に。


そして、まだキーマンがいた...


うちのクルーのメンバー...


一人目はMC USKさん。


そしてHIROKI、ZOOM、CHUN、ユウマだった。


なぜか?


それは今回のネタは


「ミュージックステーションのダンスバージョンでのカバー。」


だったからだ。


きっとダンスは問題ない!皆プロだから!


だが、どれだけその世界感を作れるか、どれだけ空気を動かせるかだった。未知数だった。


そこで思った、彼らしかいないと。


HIROKI、ZOOM、CHUN、ユウマ...


このメンバーは度胸が凄い。そして何でも僕の気持ちを汲んでやってくれる!期待を超える結果を見せてくれるのだ。どんな状況でも何が起きても対応できるメンバーだった。絶大の信頼を俺は持っていた。


だから声をかけた...


即答でOKをくれた...


マジLOVEだわ♫


そして次はMC USKさんに無理を承知でお願いをした。


すると...


この人も即答でOKをくれた。


本当に心強い先輩&後輩だ。


マジLOVEだわ♫


そう、つまり司会役のMC USKさんと俺の絡み...


ひろき、ZOOM、CHUN、ユウマが作り出す空気、世界観。


そこにかかっていた。


ここでの僕とMC USKさんの話しの流れは...


「全てアドリブ」


やるしかなかった。


でもMC USKさんとはいつも話してて凄く楽なのだ。なぜなら全てコントロールしてくれるからだ。


俺はその瞬間瞬間で思いついた事をただ言えばいい、そうすりゃ彼が捌いてくれるのだ。


まるでルパンの登場人物


「五右衛門だ」


切って欲しいものを全て綺麗に切り落とす。


つまりMC 五右衛門だ。


120%の信頼があった!

{895D2951-7228-4E6E-B118-4FBD74E142A7}


ただし色々リスクもあった...


そして本番...


やってみた。


何とかなった!


USKさんのリードは素晴らしかった。


HIROKI、ZOOM、CHUN、ユウマのアクティングも素晴らしかった!


ただUSKさんのタモさんのモノマネは似てなかったが全てが完璧だった!本当にモノマネは似てなかったが。


流石過ぎるレベル、空気もダレる事がなく最後まで突っ走れた。


そしてオンタイムで終わった!!


全てはMC 五右衛門、イントラの皆んな、ひろき、ZOOM、CHUN、ユウマ、手つだってくれたパパさん達のお陰だった!


しかし改めて五右衛門さんの経験とその技術に脱帽だった。


でもタモさんのモノマネには着帽だった。


そんなこんなで先生達も皆本当に頑張ってくれて無事終えられたイントラナンバー!

{880ACDD9-FA34-45C4-B251-5A42D3C854B7}
※MC USKさんはお仕事中だったのでイントラで撮影



そして僕のナンバーの可愛い可愛い生徒達も間違えはしたものの(笑)楽しんでアピールして踊ってくれていたので最高だった!!

{4D851655-C6BF-410B-9003-E0DAF6AB6F23}


今思えばどれもやりきれた事が奇跡だとも言える。


でも前を向き諦めず、一緒に根気強く進めるメンバーがいると奇跡が起こるのかもしれない...


そう思わせてくれる発表会でした。


本当にいいスタジオです。


そしてそれはそのオーナーの人柄が創り出している。


その娘もそのチームメイトもその友人のダンサー達もその生徒達も。


愛に溢れている。


これって凄く良いよね♫


今の時代に大切なのは「愛」だなって思う!!!

どうも、今日は教えてるスタジオの発表会なのに目がパンのパンのパンのKITEです。


だって先日の「めちゃイケ」で泣いたんだもん。


自分の青春でもあるあの番組が最終回を迎えるという事で嫁と一緒に見ましたよ。


もうね、大号泣...


アレは我慢出来ませんでした。


本当に...



創り上げスタートしたものはいつか終わりを迎える。



でもどれだけの人に届けられたか。



それによって受け取った人の中で何十年も何百年も生き続ける。


そんな事を見ていて感じました。


そして今...


僕は...


わずかながらでもそのメンバーのお一人「岡村さん」と繋がれている。


以前の収録や会食の際、岡村さんとの会話の中で


めちゃイケに挑んできた事、それに対する気持ちやプレッシャーなどの事をお話頂いた事がありました。


その表情と言葉からどれだけ岡村さんを筆頭にメンバーの方々が番組の1つ1つの収録に対して真正面から体当たりで勝負していたのか、期待されてる場でプロとしての心構えやそこへ向けての姿勢を知り、背筋に電気が走るような感覚と鳥肌が収まらなかったのを今でも鮮明に覚えています。


その中でも心に残っているのが


「答えって無いんですよ。それでも良いものを創るため観てる人に届けるため直向きにやるだけなんです。」


という言葉でした。


この時の言葉と岡村さんの表情は僕の胸に脳に突き刺さりました。



今回で終焉を迎えた事は、めちゃイケメンバーの方達にとってまた新たな一歩なんだと思います。


今の自分の状況になって色々と感じる所がありました。


メンバーの皆さんの前を向いた面持ちと言葉に勇気を貰いました。


人生って何があるか分からない。


きっと直向きに進んでいればいい事も付いてくるんだと思う。


僕はまだ自分に対して満足が出来ていないのですが、


岡村さんと少し近づけて色々触れられた事で


世界のバトルで優勝した事よりも


「僕も少し頑張れてるのかも。」


と思えた夜でした。


改めまして


関わらせていただいた岡村さん!矢部さん!


ずーっと楽しませて頂いためちゃイケメンバーの皆さん、裏で支えていたスタッフ関係者の皆さん。


そして僕はあの収録の時しかお会い出来ていませんが、その一度の接触で何て凄い人なんだと肌で感じた「アスカさん」。


本当にお疲れ様でした。


そして僕らの青春に笑いと感動をありがとうございました!

{87483255-F4DF-4FD6-A74B-1420D4325DCE}


コツ、コツ、コツ、、、

参加者の待つそのステージに僕は向かって歩いていた...


コレは、先日行われたKITEの講演会での事を準備段階まで遡り、どんな状況だったのかと言うことをグダグダとパッションのみで書いているブログである。

「前回までのあらすじ」

東京での準備を終え、北海道へ入り、ホテルに宿泊し準備をするナイト。

そこで本番で話す事を完璧にまとめようとするKITE。

しかし彼の脳は正直もう情報が入らないと。

キャパオーバーである...仕方がないと。

目が閉じ気付けばドリームサイド。

強制的にグットナイト...

そして目を開ければ決戦当日、天気は快晴そこはブライト♫

はい。うるさいですね。

支度をし会場に向かう。

会場に着きリハを済ませる。

着々と時間が迫る。

控え室で待機するKITEに連絡が

予想を上回るお客さんの入り!

高ぶるKITE!!

そして今待ちわびるお客の前に彼が立つ...

「ふ〜ぅ...」

ゆっくりと息を吐く。

細く長く...

ヘソの奥へ落とし込むイメージで...

{CC826E88-9BD7-4233-85FE-E09038FEF146}

{F939AF79-1744-4859-BA4D-6E309F7249AF}



{0CE3AC2F-B9D9-468C-9DD4-1C2E1B1E1840}

{D74BC66C-3E5C-4A19-8002-2B814EADF56F}

...

...

...。

そして顔を上げ会場を見る。

会場にいっぱいのお客さん...
{BBCF63F6-C02B-410D-A131-7485CF228B64}
※個人的見解ですのでやや盛っている事があります。

でもこの時、僕の目にはこう見えている。
{2A1AACCD-65F5-4577-AE02-4B586BF46B4F}

お客様はジャガイモ様...

これは僕が緊張しないためのポイントの1つである。


ただその全体空気は重く、そして大きな威圧感...

コレは...

コレはまるで...

{2645AC33-925C-4D10-B1C9-E43B6105BAF1}

くっ...

でもここまでやって来たんだ...

負けられない...

「会場の空気 VS KITE」

レディー、ゴーッ!

よっしゃっ!!!!
{444DD2ED-12DB-415F-AA75-1245CF7055D6}

まずは挨拶から始まりーの、リラックスしながら世間トークッ♫

ザッ!

空気が揺らいだらすかさず自己紹介♫

ザシュッ!

どうだ!?
{C97FDC12-71AA-494B-9BBE-653326071BE3}

あっ!効いたっ!?

...。
{FF40BD7E-7244-4A56-8AE3-744F1C80C149}

効いてないっ!!!!!!!

もういっちょ行くぞ!

私を知ってもらってからの私のダンス紹介!

POPってこんなんです♫
ザッ!

軽く歴史背景もどうぞ♫
ザシュッ!

そして踊る上での基礎の大切さ♫
バーンッ!!

でもそれだけじゃダメなんですよねトークッ♫
ドガーンッ!!!

{1001D8E0-B2EE-4DA5-B51D-746EF8F27ED5}

よしっ!手応えあり!!!

...

...

{368A505C-134C-4B3F-B882-AF3333C44620}

あーそこまで効いてないっ!!!!!!

まだまだ行くぞーっ!

このまま経歴からの海外の経験トークッ!
ドガッ!

そこからのコミュニケーション力についてトークッ!
ドーーーーン!

どうだ?

...

ん?効いてるっ!効いてるぞ!

よし!お客さんから反応あり♫

空気が揺らいだっ!!

ここだっ!ここをガッチリ掴むんだ!!

よーし...

!?

ハッ...

いかん...
{70AE4291-3F07-4DD0-B681-A76CACE4029A}


今回の参加者は親子さん...

つまりキッズがいる...

大人が理解できても子供には難しい...

凄く頑張って聞こうとしてくれてる...

でも分からない話...

でも頑張る...

でも眠気が...

結果こうなる...
{45DBBE2A-C6F0-4EAA-97DD-2A68E084B921}

んー...

よーし!

ここは少し空気を軽くするんだ!

海外での勘違い&失敗トークッ!!

はい、キッズがウェイクアップ♫

エーンド、会場も軽い空気に!

このまま動きも交え、皆の目線を動かす作戦!

時折、冗談も混ぜミックス♫

と思ったら確信つーく♫

僕の持論もお伝えしーの♫

経験から得た学びも添えて♫

伝えたい事伝えまーす!♫

気付けば残りが後すこーし!

焦らず止まらず慎重に♫

最後は結びのキメワードッ...

はぁ...

はぁ...

はぁ...

パチッパチッ

パチパチパチパチパチッ!

皆さんが拍手をくれた(T ^ T)

ちゃんと話せていただろうか...

思いは伝わっただろうか...

不安だった。

講演後多くの方々が握手をしてくれた。

写真を撮りに来てくれた。

その中の親子さんが...

「頑張ろうと思いました!ありがとうございました!」

って...

泣きそうになります...。

本当にありがとうございました...。

その後も皆で踊って、サプライズで誕生日を祝ってくれたり、もう本当に最高に楽しかったです♫
{9E45CD41-DD91-4A52-98BF-C1AB13B19E57}

でもまだまだイメージ通りにはいかない...

やって見てわかる奥深さ、自分の未熟さ...

まだまだ精進しなければいけない。

もっともっと経験をして失敗を重ねなくては。

本当にいい機会をいただきました。

北海道での今回の講演会&POP体験会に参加してくれた皆様そして会場の「夢創館」様、関わってくれた皆様、サポートしてくれた北川さん、TANIくん、そして奥様、本当にありがとうございました!!!!

まだまだ頑張ります!

これからも応援よろしくお願いします。
今日は、先日行われた「講演会」において僕はどういう状況だったのかを振り返ってみようと思います。

これは僕の復習にもなるので♫
そしてコレを見てくれた人がここをこうしたらいいのにとかアドバイスがもらえるんじゃないかという期待も含めて(笑)

さて、まずこの「講演会」は初の試みであること。

この「講演会」はテーマがありそれに沿って話して行く。しかも時間内にまとめなきゃいけない。

難しい...

しかし実はこれ、ダンスのバトルやパフォーマンスと一緒なんです。

制限時間内に観てる人を引きつけ感動させ、心を打つ!メッセージを伝える!

その為にはあらゆる作戦を使う、「起承転結」「衣装や点滅(証明)」など。

ただ違うのはその方法が言葉ということだ。

でも僕は普段から話すのが好き。人前に立って教えることもしている。

じゃーイケるじゃんって思うでしょ?

それがね...

それではあの時の僕に戻ってみよう...

カッチ、カッチ、カッチ...

その僕は東京にいた。

机に向かい何か書き書きしている。

受験...

しまった時間を戻り過ぎた!!!

...!?

いや!ちょっと老けてるな。学生の頃の僕じゃない。
{5B2815DF-EF22-4FB9-A1D4-A856D6B99EBE}


{ECB3BA4B-359D-4F96-994C-5F19FE2D1863}

あ!これはチョコレートプラネットの長田さんだ!

{A353B8CC-6D3A-4DE1-8096-59EE89307800}

はい、こっちこっち!

そんな僕が書き書きしているのだが...

そう、これは講演に向けて自分の経験や考えをまとめているのだ。

こうして書き出すと色々見えてくる。この作業は自分を見直す作業でもありました。

そして時間は進み...

ギューーーン!

ん?ホテルの一室...

机に向かい書き書きする僕だ。

これは北海道の講演前日の夜のホテルの自分。

明日の本番に向けてまとめたものを確認していた。

そして、ここで優しい方は、

「偉い!しっかりまとめて頭に叩き込んで!さすが!」

って言って下さるだろう。

でもこれはダンスに置き換えると当たり前の作業だった。

フリの構成に始まり出来たものを確認、修正、踊り込みの復習、繰り返し。

ただ、普段脳ミソを筋肉として踊っている僕にはなかなか難しい作業でした(笑)

それでも新たな可能性を拡げるチャンス、新たな世界に向けてひたすら進むのみ。

すると...

ん?

部屋が煙い...

タバコ?

いや僕は吸わない。

火事か?

あ...

頭を使い過ぎて僕の頭から煙が出ていた。
{D5FDCF08-37B3-4BDA-948B-9808E7C32D7A}

本当にこうなった。

そして...

ん?

なんだ?

ぜっ?

ぜっ...と?

「Z」!?

{9B474F19-4EF3-4047-8084-B9AFD6FAEADC}

寝た。

完全に寝た...

チュン...

チュン.チュン...

ガバッ!!!!!
{36A10351-699B-4B88-B844-961BC49EFC9F}

しまった!!!!!

寝てしまったーーーーーっ!

あーもう終わりだーっ!

...。

ん?

なんか頭がスッキリしてる...

コレは?

そういや、聞いたことがある。

寝ている間に脳が情報を片付けてくれて、まとめてくれていると。

実際にダンスの振りも出来なかったものが寝て起きると出来ることがある!!

脳ってヤツはいいやつなのである♫

早起きした為、時間はたっぷりあった。

戦場に向かう準備をしっかりし、待ち合わせの場所へ。

そして車で会場へ向かった...

会場は「夢創館(むそうかん)」という元々味噌や醤油などを保管する倉庫だったところだそうで、そこを改造して作った場所だ。
{7A93C89F-465A-4899-889B-1955B1F5B9F6}

素晴らしい場所だった。

ここでやるのか...

テンションが上がった!!

そして音響をチェックし控え室にて待機。

衣装を着替え、資料を整え、気を鎮める。

本番前には、「あーどうしよう」とか「失敗したら」とかのネガティブな発想はダンスの時から一切しないように習慣付いていた。

会場に響く足音と話し声...

人が会場に入ってくるのがわかる...

今回は初めての試みの為大きな損失を防ぐために60人ほどの設定だった。

正直自分なんかの講演会に人が集まるのかと不安だった。

すると...

「KITEさん、60人超えてます!」

嬉しさと同時に高揚感を覚えた。

ただ気を鎮めなくてはいけない。

冷静に...

でも嬉しかった♫

頭の中で良いイメージを描く。

観客の笑顔、拍手喝采、飛んでくる座布団...

これは“お相撲”だ、違う違う。

拍手喝采、観客の歓声、

「いよ、政井家!!!!」

あ、こぅのオレェぐぁー...

これは歌舞伎である。

いかんいかん!

すると...

「KITEさん大変です!」

...!?
{8E73D197-BBB6-4953-9687-086D332662F2}

本番前に来る

“大変です”

は良くないことが多い、つまりトラブルやアクシデントだ。

ただ本番は目の前。

自慢じゃないが色々な経験は積んでいる。幾度とトラブルも乗り越えてきた!

ここで慌てても仕方がないのだ。

冷静に冷静に...

何を言われても動揺しないように構え、水を飲む...

そして彼は続けた...

「お客さん全部で120人ですっ!」

{FCF6C3DC-4387-4A13-AF5D-D0B51BF605DE}

完全に予想していなかった展開!

120人!?!?!?

沈めていて気持ちが一気に膨れ上がる!

まずい高ぶっちゃう♫

舞い上がっちゃう♫

落ち着けー...

はい。

よし、カッコいい靴を履いてるね♫

チャックはキュッと閉まってる♫

ベルトをギュッと締め直し♫

ジャケット、バサッと決めポーズ♫

耳を掴んでグニグニグニ♫

顔を叩いてパンパンパン♫

ちょっとジャンプだトントントン♫

よーし落ち着いてきた...

MC「それでは呼び込みましょう、KITEさんでーす♫」
{3D50B118-1C63-4ECF-AE47-8F718A98FA8E}


いよいよ、講演会本番だ。


つづく...

先日24日から2日間、北海道に行ってきました!

今回行った目的はいつも地方や海外に行った時に行うワークショップ!

そしてもう一個

「講演会」でした。

“新たな試み”です。

昼前の便で札幌入り

迎えの車で手稲区へ

ワークショップ前にお腹に何か入れようという事で

そうです!(*^^*)

「スープカレー」

地元のダンサー件今回のオーガナイザーTANIさんお勧めのお店「SAMAさん」♫



まー美味しかった!恐ろしいほどにね♫

テンション上がった後は

「ワークショップ」

手稲区にある「HOOD STA DANCE STUDIO」にてやらせて頂きました!

今回は2本立て!

まず1本目は「他のジャンルのダンサーのためのPOP」でした。

このクラスではPOPを主として踊ってるダンサーではなく他のダンスを主として踊っている人達へ向けたもの。

嬉しいことに30人超えの多くのダンサーが参加してくれました!

内容は「基礎中心」POPで大事な根っこの部分の技術面を中心に進めて行きました!

どうしても一歩が出にくいというPOPというジャンル、コレをどうにか気軽に触れられないかを考え、自分なりに色々表現を変え、伝え方を変えて共有しました!

初めは戸惑いがあった参加者のみんなも徐々に解れていき最後には楽しむ感覚でPOPの技術を取り入れ踊っていました♫

少しでも皆さんのダンスの発展に役に立てれば光栄です!
参加してくれた皆様ありがとうございましたm(_ _)m

そして休憩を入れもう一本!

こちらはガラリと内容を変え自分としても少し挑戦する内容にまりました!

「実戦で学ぶバトルの戦力の立て方」

コレは自分が今まで経験して来たこと勉強して学んで実行して来た経験からその事を中心にお送りしました。

「踊り」だけでなく「作戦」や「分析」、「メンタル面」「音楽に対してのアプローチ」など。

普段では教えきれない部分を細かく体感して貰うように常に動きながら考えながら踊ってもらいました!

ここまで細かく分類して教えた事は無かったのですが進めていくうちに見ていて明らかにわかる変化が現れ教えてるこちらも楽しくなるほどでした。

疲労もあるとは思いますがそれでも目がキラキラしていたのが嬉しかったです!

この僕の考えや感覚を受け、みんなが踊るときにもっと自然体で入れるようにワクワクしていけるようになってくれたら嬉しいです!

多くの子が2クラス受けてくれましたが本当にありがとうございました!

そのワークショップの後は北海道という事でお寿司屋さんへ!

そこの親方が居るのですが...

まーその親方が面白い方でお寿司はもちろんお話や動きも魅力的で気付けば吸い込まれていました。
{D7A2C0D8-3B09-4246-B228-2DD9704EB679}

{C67591DA-1ED0-440F-8A0F-6320AAACB60A}

{DFC0765D-E1E3-4F4D-BA66-7D38AE0C7309}


最高に美味しくてため息ばかり(笑)

北海道恐るべし!!!

プロとはこういう人を言うんだなと痛感。

そしてお腹がいっぱいになり、ホテルに戻り明日の「講演会」に向け就寝。

...。

パッと目を覚ますともう決戦の日。

「講演会の日」でした。

まずは戦の前の腹ごしらえという事でランチ焼肉♫

はい、充電はMAX!!!!

高ぶる気持ちを抑えながら会場へ

今回の会場は恵庭氏の島松にあります

「夢創館(むそうかん)」さん!!



{5C2F1763-50E1-4058-A080-A76AAC87D534}

もともとは倉庫だったそうで外観も内観もいい感じ♫

ますますテンションが上がります!

音出しチェックをし改めて内容を確認、頭に整理する。

そんなこんなで客入れの時間!

今回は初めての試みなので60名を想定。

すると80人行きそうです!との事。

嬉しい(T ^ T)

開始間近、、、

何と情報を聞きつけて急遽来てくださった方々がいて

何と参加者120人!!!!

会場がパンパンに!

ハッピー♫(嬉しい)を通り越しカッキーン(緊張へ)(笑)

そして講演がスタート。

今回は親子さんがターゲットで

「親子で学ぶ 世界に通用するために子供達に必要なこと」

でした。

コレは実際に僕の下積み時代の失敗や葛藤などの経験、その後の突破口になった事、海外に挑むことになった経緯や挑んで経験した壁、文化の違い、自分というもの、そこで得た大きなモノ。そして海外で仕事をするようになりワークショップや審査員の経験から感じた事などなど経験談を中心に話しました。

全てが実話。

経験から得たものを自分なりにテーマに沿ってまとめました。

話している時のお母様方やお子さんの反応に救われながら1時間ちょっと講演を何とか無事終えることが出来ました!
{0B6223D8-ECAD-4F32-8EBF-EA7546FC81E7}

この講演を受けて世界を視野に入れ、世界へ羽ばたく成長への何か少しでもヒントや後押しになって頂ければ幸いです。

受講してくださった皆様本当にありがとうございました。

そして私はダンサー!

話した後は、もう踊りたいのよ♫

という事で

「POP体験コーナー」!!!!

踊ったことがある人もない人もみんな巻き込んで

同じ曲で同じ動きをするハッピーな空間。

最高に楽しかったです♫

そう、POPって

ダンスって楽しんです♫
{17FC022D-E2C0-41AB-AFBF-52BFADE44EF0}

最後にはみんなでイェーイ♫と盛り上がり!

「ありがとーございましたーっ♫」

で終わると思ったら

電気が消え

...。

ケーキが登場!

そうです!

26日は僕の誕生日♫

皆が総出でお祝いをしてくれたのです(T ^ T)!!!!

あー感動。ハッピー過ぎました!!
{7EABF2FD-FFC9-4CA2-874E-FD6135FEC1EF}

ケーキが僕でした(笑)

人の暖かさに触れ、ダンスの良さに改めて気付かされ、講演会の奥深さを痛感し、それと同時に燃える何かを感じ新たな可能性を見出せました。

この年になってこんな経験ができる事は早々あることではありません。

それもこれも

“支えてくれる人”

がいて

“教えてくれる人”

がいて

“応援してくれる人”

がいるからなんですね。

本当に僕は恵まれているなとつくづく思います。

感謝です。

本当にありがとうございます。

今こうやって自分の事を思ってくれている方々の為にも多くの事を経験し成長して、より多くの人の助けになれるよう頑張ります!

これからも私、“KITE”をよろしくお願い致します。
{7EBBC5C6-EFA1-460E-B6FD-D4E486C5A509}