文系エンジニアの生活
  • 18Jul
    • 佐倉城址公園のネコたち

      こんにちは曇り空ですが、お出かけしました座敷ネコ君元気かな?佐倉城址公園の遊歩道わきで会ったネコ君お初です哀愁ただよう後ろ姿目つきが鋭いお馴染み座敷ネコ君!珍しく縁の下喉をゴロゴロ鳴らして歓迎してくれますよく見たら敷物が一枚無くなってます!!!あの名入りのやつ 盗られちゃったのか? 洗濯中なのか?戻ってくるといいけど・・・・公園は緑が深まっていますこの子もお初ですこの子もお初です ずいぶん汚れてる毛艶は悪くありません、つい最近ノラになった?夕焼けが恋しいそろそろ梅雨明けしてほしいご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 16Jul
    • 山種美術館「生誕125年記念 速水御舟」展と國學院大學博物館「浮世絵ガールズコレクション」

      こんにちは広尾の山種美術館「生誕125年記念 速水御舟」展に行ってきました代表作が上の『炎舞』(重文)です蛾は苦手ですが、絵は見てみたいとおもいまして展示は御舟17歳の作品から順に並べてあり、『炎舞』は31歳の時の傑作、背景の闇は本人も二度と描けないと言ったとか途中写真OKの作品がありましたので掲載します屏風一双ですネコ君アップアジサイアップアジサイの花弁にひび割れのような模様が見えますが、特殊な技法を用いたようで御舟は弟子にも家族にも詳細を明かしませんでした会期は8/4(日)までです続いて少し歩いて國學院大學博物館へ「浮世絵ガールズコレクション」を見てきました江戸時代末期から明治にかけて浮世絵特に美人画を通して社会習俗の変化がよくわかります浮世絵は、基本分業による版画作品ですので絵師だけでなく版元や彫師などの名前も表示されています鉢植の価格交渉をしているところ女性の場合、髪型で身分、職業、未婚、既婚がわかります美人を商品のイメージキャラクターに起用するのは江戸時代からあったようです出雲の蜂蜜の宣伝と暦を見て吉日を物色している女性 旅行を計画しているのかも下総の葛西海苔の宣伝と正月の獅子舞を羽子板でよける少女明治になると女性の衣装も洋装が、髪型も束髪が登場し既婚女性のお歯黒はなくなります身なりだけでなく色使いも格段にきれいです名所絵と美人画のコラボもあります幻燈写心競(げんとうしゃしんくらべ)シリーズ心に浮かぶあこがれの地を幻燈のように写すのがモチーフ左から『洋行』『温泉』『海水浴』『川開き』がテーマ今も昔も行きたいところは同じですね本日のデザート菓人KICHISEさんベロアババ・オ・フリュイ抹茶マロンキャラメル ショコラご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 14Jul
    • 憲政記念館から日比谷公園へ

      こんにちはここは皇居のお堀です船で藻を刈り取っているところのようです「憲政記念館」にやってきました「憲政記念館」は国会議事堂の向かいに立っています『憲政の神様』 尾崎行雄銅像「やあ! いらっしゃい」と言っているように見えます受付をして二階の展示室からまわります展示室は明治以降の政治家の肖像画が壁面にずらっと飾られ床の上には棚が何列か並び政治・社会上の重大事件に関する写真や文献が時系列に並べられています一階に降りて「尾崎メモリアルホール」へ「憲政記念館」は1960年に建てられた「尾崎記念会館」が前身です尾崎行雄は明治から昭和にかけて憲政擁護運動を貫いた政治家第二次大戦時下も命がけで軍人政治や戦争に反対し続けました最近の政治家で簡単に『命がけ』と口にする人がいたら嘘つきだと思って間違いありません、大国に迎合したり、官僚や大企業など長いものに巻かれる政治に『命がけ』は不要だからです『命がけ』は『国の歳費削減のため事務官僚や外郭団体7割削減に命がけで取り組みます』とか『かんぽの宿など無駄な建設や維持につぎ込んだ税金、 はたまた金融運用と称して発生させた年金積立金の損失など について当時の責任者全員に弁償させる法案を命がけで通します』という使い方ならまちがっていませんそもそも年金は未だに信託会社などに運用委託していること自体無責任としかいいようがありません(信託会社は手数料をカッチリ取りますが賠償責任は負いません)「尾崎記念会館」建設と同時期に建てられた「時計塔」形は三角柱になっていて三面が立法・司法・行政の三権分立を表すそうです南側の憲政記念公園です少し歩いて日比谷公園に来ました第二花壇にてバラは夏バラでしょうか?第一花壇にてアガパンサスの中でも「水車」という品種いい青紫ですねいい目の保養になりましたご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 12Jul
    • 夢の島熱帯植物館初訪問 2

      こんにちは外構を一巡りします実はここに来た理由の半分がこのトケイソウですトケイソウは東京近郊で見られるところが少なくしかも一日花なのでタイミングよく行かないときれいに開花した姿を見ることができませんこの日はまだつぼみでした、後どのぐらいだろう?「ヒネム」「ミニトマト」はこんな風に鈴なりに成るんですね植物館の裏手(北側)西側にも「アーティチョーク」が咲いていました「ルリマツリ」 白に少し青が入って透き通る感じです名前わかりませんでした「トケイソウ」は入口両サイドにグリーンカーテンとして植えられていますが、右側のつたの上の方に一輪咲いていました でもこの角度ではよく分かりません種類も多いし熱帯の派手目の花も多いので見ごたえあります帰り道の途中見かけた「ハイビスカス」本日の昼食ブーランジェリークーさんご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 10Jul
    • 夢の島熱帯植物館初訪問

      こんばんは『夢の島熱帯植物館』は1988年江東区の南沖合の埋立地を整備して建設されました最寄り駅は新木場駅(JR京葉線または東京メトロ有楽町線)植物館までは『夢の島公園』を15分くらい歩きます到着ですまずは温室から「フウリンブッソウゲ」 入るとすぐ目の前につり下がっていて目を引きます温室内は湿度が多少高いですが、カメラは防塵防湿でなくても大丈夫そうですしかし、レンズ交換はしない方がよさそうです「ハイビスカス」最初に見た滝の裏側が通れるようになっています喫茶室の窓から温室内が覗けます食虫植物はまとめて別室に展示されていますご存知「ウツボカズラ」 おぞましい姿温室はここまで次回は外構の植物を掲載しますご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 07Jul
    • 吉原弁財天から飛不動、鷲神社へ

      こんにちは台東区千束にある吉原弁財天本宮にやってきましたこのあたりは江戸時代吉原遊郭があった場所です関東大震災慰霊碑観音様パグ君観音様の下につながれていましたそんな顔しないで!本宮壁面に描かれた華麗な天女様ご祭神 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと) 宗像三女神の三女本宮の前に小さな池があり錦鯉が泳いでいました吉原弁財天本宮から少し行くと吉原神社があります吉原にあった五つの稲荷神社を吉原神社に合祀しています吉原大門跡 柱が道路両側に立っています当時遊郭は周囲が堀で囲まれていて出入口はここ一ヶ所しかなく大きな木戸門が建っていました大門跡からぐるっと北に回って飛不動尊にやってきました正式には龍光山正宝院という修験系天台宗の単立寺院ですどんな遠方でもご本尊が空を飛んで助けに来てくださることから旅行特に空の旅には頼りになるお不動様とされています飛不動から少し南のところ鷲神社に来ましたご祭神は天日鷲命と日本武尊、酉の市で有名な神社です7月でしたが茅の輪が残っていました社殿の扉はなぜか閉まっていました今年の酉の市は11月8日と20日です本日のデザートパティスリーラパージュさん苺のショートケーキ、利休、カフェカフェ、ニノンご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 05Jul
    • 向島百花園から浅草まで

      こんにちは7月の花を求めて「向島百花園」に行ってみました「キキョウ」は万葉集で秋の七草のひとつに歌われています山上憶良「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」この歌の最後の「朝貌」は「アサガオ」と読みますが、これが現代の桔梗のことだそうです「ハマナデシコ」?「ギボウシ」?「オミナエシ」?何の実? 膝の高さのところに成っていました??????「向島百花園」を出て浅草の方へ向かいます途中「榎本武揚旧居跡」という看板を見かけますが、ご覧の通りマンションと化しています「榎本武揚」は戊辰戦争の終末期函館の五稜郭に立てこもって明治政府に徹底抗戦した人物ですもう少し行くと「牛嶋神社」があります現在修復中のようでした ネットで調べると昨年の台風24号により鳥居が倒壊したのをはじめいろいろ被害を受けたようです鳥居はご覧の通り復旧済みのようですがそのほか社殿はまだ工事中でした鳥居が三ツ鳥居という格式高そうな形です東側の鳥居からスカイツリーが見えます言問橋は渡らずもう少し南に進みます「アサヒビールタワー」金色の壁面と屋上の白いギザギザで泡のあふれるビールジョッキをイメージしているとか・・・見る人を不安にさせるビールタワー右側のオブジェですが、聖火台をイメージし金色の炎はアサヒの燃える心を象徴しているそうです東京五輪が決まるずっと以前1989年に建設したものです吾妻橋を渡り浅草寺境内へ浅草寺影向堂脇の川梅雨の季節をうたった歌ってあるのでしょうか?歌になりにくいのかな?・・・・ご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 03Jul
    • 龍角寺古墳群と風土記の丘資料館

      こんにちは「龍角寺古墳群」を訪れました「龍角寺古墳群」は千葉県北部印旛郡と成田市の境界付近に位置しています未発掘のものもありますが、現在古墳と確認されているのは114基あります「千葉県立房総のむら」の一部として保護されており保存状態は良好です古墳は支道の両側に立ち並んでいますが立入禁止なので草木が生い茂っています看板が古墳の形状を表しています 上の30・37号墳は前方後円墳下の40号墳は円墳です古墳群の東の外れに「岩屋古墳」があります一辺78m、高さ13.2m古墳時代終末期に建造された方墳としては最大規模とのこと7世紀中ごろ天智・天武天皇の時代です石室内部はがらんどうです「岩屋古墳」と道路を挟んで反対側に「旧学習院初等科正堂」(重文)が建っています唐突な感じですが、もともと明治時代都内四谷に小学校の講堂として建っていたものを地元の小学校の講堂として移築したものですベースは伝統的木造建築ですが西洋建築も取り入れたモダンなつくりです前の座席の背もたれにテーブルが付いていて時代を感じさせます講堂の南側を西に抜けると101号墳があります埴輪は復元模型ですが当時の様子を再現しています実物は「風土記の丘資料館」に展示されています右側から左側から裏側から最後にこの地区最大の「浅間山古墳」に向かいます途中アジサイが群生していました「浅間山古墳」はこの道路を渡った先にありますが、ここで道路を渡らず、左カーブしている暗い道を進みますめちゃ怖いトンネルをくぐります運動靴ではなく軽登山靴の方がよかったこの坂の先です唯一古墳の上に登る階段がついています一応登ってお参りしてきました北側から山の頂上は木々に覆われていて形はよくわかりませんが、前方後円墳とのこと「風土記の丘資料館」のご紹介です「風土記の丘資料館」は先ほどの古墳群を通る支道の途中にあります101号墳埴輪の実物です先ほど登った「浅間山古墳」の平面図です「浅間山古墳」から出土した副葬品から当時の装束を再現したもの地域ネコ発見! かなり痩せてるご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 01Jul
    • 船橋市運動公園のアジサイと長津川緑地

      こんにちは梅雨の晴れ間船橋市運動公園の花木園に来ました規模は大きくありませんが、いろいろな種類の草木が植えられているので年中何かしら咲いていますアジサイは花木園の周囲を取り囲むように植えられています夏ですね外側にパッと開いているのはガクで内側に咲いている小さい集まりが本当の花なんですよね運動公園の南1kmのところ「長津川緑地」に初訪問です「長津川緑地」は「長津川調整池」の周辺の野原を公園として整備したもので通称「長津川親水公園」と呼ばれています公園に入ると赤紫色の花穂をつけた草が生えていました背は2mぐらいあります図鑑で調べても“これ!”というのが見つかりませんでした『ベロニカ』『ルリトラノオ』が一番近いかな?「アガパンサス」がひっそりと咲いていました調整池は窪地の中心部分にあり周辺は堤防が築かれています大雨の時周辺の高台からの雨水を一手に引き受けて宅地を洪水・浸水から守ります公園内に建てられた鉄塔が入道雲をバックに印象的でした本日のデザートパティシエ・ヨコヤマさんチョコ生ショート、赤肉メロンのクレームブリュレ、フレジエ特選ブルーベリータルトご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 29Jun
    • 北総花の丘公園のアジサイ

      こんにちは今年1月に訪れた「千葉県立北総花の丘公園」に再訪です入口の花壇に鮮やかな花壇が見えます 「サンパチェンス」かな?青と白の「サルビア」、オレンジと黄色の「マリーゴールド」の対比がきれいです ボランティアで管理されています広場の奥に白いアジサイが目立ってましたとりあえず園内を一通りめぐります穂先がふわふわブラシみたいなの最初名前が分からなかったので『うさぎのしっぽ 植物』でググったらすぐに画像が出てきました 学名「ラグラス」『野兎の尻尾』の意、英語名も「バニーテール」和名も「ウサギノオ」で世界共通のようですお尻失礼します黄色い花との取り合わせが面白かったので撮ってみました先ほどの白アジサイが咲いていたところの奥にいっぱい咲いていました 気が付いてよかったちょっと珍しい色 妖艶な感じ本日の昼食&デザートパティスリーラパージュさんクロワッサンシトロン、クロワッサンザマンドメイプル苺のショートケーキ、イニャス、宇治、ベイクドチーズご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 27Jun
    • 千葉公園の大賀ハスを見てきました

      こんにちは千葉公園の開花情報では頃合いのようなので出かけてきました 着いたのは午前8時過ぎです完全に開いているのもありましたこのぐらいがちょうどいいかな?コリウス ハス近くの歩道脇で異彩を放っていました池の対岸より蓮池方向を撮りました公園南端の菖蒲田周辺ではアジサイがきれいに咲いています荒木山から蓮池全景大賀ハスは今から二千年以上も前の種ですが、現代のハスとの見た目大きな違いはわかりませんでしたしかし、二千年前と現代で気候や大気組成が大きく違わないという生き証人でもあり少しほっとしますご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 25Jun
    • 神社ネコたち

      こんにちはいつもの神社いつかの新ネコ君 まだ耳カット免れてるブチ君 相変わらず用心深いふと振り返るとお嬢がいました 久しぶりです左上の黒いしみはアブか何かです お嬢の耳を狙っていますタッチされてしまいましたブルー君?かと思ったら違いました ブルー君ではありません新顔にしては耳カット入ってる息が合ってるブチ君 用心深いですが大分慣れてきたかな? この距離まで寄れたのは初めてこの日、白君とブルー君は姿を現しませんでした遠征に行っているのかな?・・・本日の昼食ブーランジェリークーさんさつま芋と紫芋、カスタードのデニッシュご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 23Jun
    • 上野恩賜公園と白山神社のアジサイいろいろ

      こんにちは特に狙って来たわけではありません上野恩賜公園でアジサイを探していたら上野東照宮の前で見つけました鳥居前の通路向こう側の植え込みに何気なく咲いていますが一つ一つに名札が立ててあり大切に栽培されているようですアジサイの種類がこんなにあるとは知りませんでした「こんぺいとう」可愛らしい「ダンスパーティー」の感じが出ています通路沿いに歩いていると崖側にもあります公園ネコ発見! 初めて見ましたおっとりしていてモデルになってくれそうでしたが、少女に追い回されて行ってしまいました場所変えて文京区の白山神社にやってきました「文京あじさいまつり」の最中でした一つの株からいろいろな色の花を咲かせています吸い上げている水の成分は同じはずなのに不思議です白いアジサイは色素成分を持たないよう品種改良?されたものだそうです白山神社の裏手の浅間神社は小山になっていて参道もアジサイでにぎやかです拝殿正面からご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 21Jun
    • 東京国立博物館で珍しいイベントに遭遇

      こんにちは上野 東京国立博物館は現在ひとつ前の特別展が終了し次の特別展の準備中、比較的空いているので訪問しました本館前から表慶館を撮影本館を入ると何やら人だかりが・・・・・何かのマスコミ発表のようです係りの女性に尋ねたところ三越伊勢丹と国立博物館(東京・京都・奈良・九州)の2019年夏のコラボレーションギフトのお披露目とのことでしたいろんな美術品の図柄が採用されています三越サイト:https://mitsukoshi.mistore.jp/chugen/bimibijyutu/index.html?rid=b319f2136b424c59913945489f6d40be伊勢丹サイト:https://isetan.mistore.jp/chugen/onlymi/museum.html2019年アサヒビールイメージガール鈴木望さんちなみに「アサヒビール」さんは「東博」所蔵の「葛飾北斎」『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』と『山下白雨』を採用しています常設展のピックアップ『八幡神坐像』(鎌倉時代作) 超古代の帝なのにこの時代の武士のようないでたちが印象的です『蔵王権現立像』(鎌倉時代) 歌舞伎の見えを切っているようなポーズ『十一面観音菩薩立像』(中国・清時代)観音様ですが、結構厳しい顔をされていますしゅう雨の中行き交う人の姿と水しぶきが印象的「根付 高円宮コレクション室」から人型の『鵺』 化け物なのに何となくユーモラス『福雀』「東洋館」にて夢占い見た夢👇結果「ぎっくり腰」早く完治してほしいご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 19Jun
    • DIC川村記念美術館を訪問しました

      こんにちは「DIC川村記念美術館」は世界最大の印刷インクメーカーDIC(株)さん経営の美術館で佐倉城址公園の南約10kmのところにありますレンブラントやモネ、ルノワール、ピカソ、シャガールなど所蔵品が有名ですそれと3万坪に及ぶ大きな庭園が魅力です以前は美術館の展示を見てから庭園に回っていましたが、今年2月より庭園が無料になりましたので、さっそく利用させていただきました「シナガチョウ」が二羽くつろいでいました野鳥ではなく、家禽(ペット)のようです近づいても全然平気ですアジサイが散策路沿いにずらっと咲いています名前不明「ユウスゲ」?コケです白鳥が二羽茂みの中で毛づくろいをしていました私は会えませんでしたが、最近白鳥に雛が生まれたそうですタイミング良ければ会えるかもしれません「スイレン」なんという名前なんでしょう?「大賀ハス」のようです 開花までもうちょっとですね「ヤマボウシ」 手裏剣のような形広大ですが散策路がうまくつけられていて一筆書きのようにめぐることができ飽きません次回は、企画展も併せて楽しみたいと思いますご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 17Jun
    • 岩名天神前遺跡はちょっと怖い

      こんにちは佐倉城址公園の北1.5kmのところに「岩名天神前遺跡」があります1963年に発見され発掘も行われ現在は整備されて「宮前中央公園」の一部となっています縄文時代から弥生時代中期の墓地遺跡で骨壺となる壺形土器が完全な姿で十数個出土し中には人骨が残っているものも発見されました関東で見られる弥生時代の「再葬墓」としては最古の例です「再葬墓」とは遺体を埋葬、白骨化した後再び掘り出して壺や甕に納めて別の場所に埋葬する風習です東日本で多く見られますが目的はよくわかっていません現代の葬儀でも火葬にした後遺灰を骨壺に納めて埋葬するのは再葬と言えなくもなくまた、地方によってはまだ土葬が残っていたりなのでいろいろあるということです共通の意識としては、死者は大地に返す、墓地が手狭になったらできるだけコンパクトにしたいということだと思いますすぐ隣に「麻賀多神社」があります遺跡名称の岩名天神はどこか今はよくわかりませんが一応別にあったようです***************************ところで最初の二枚の写真は普通に写ってますか?曇り空ですがそれ以上に薄暗く空気が重いような・・・有名な遺跡だということは知っていましたが行くまではどんな遺跡か調べていませんでしたしかし、公園入口に立つとすぐに「これはアカン」と思いました(あくまでも個人の感想です)市川の「堀之内貝塚」の時も似たような雰囲気はありましたが今回ほどではなかったです写真撮影も早々に切り上げて退散しました***************************この日の夜「ぎっくり腰」に襲われました突然『ビキッ!!』と腰に激痛が走り体は硬直・・・・・何とかいったん横になれたので、うつ伏せの体勢から挽回を図ります痛みを回避しながら少しずつ体を起こし、直立できればとりあえず成功で回復は早いですが、痛いからと言って寝たままだと長引きます(私の経験から)普通に腰掛けてPC操作していただけで無理な力とか不自然な姿勢はとってなかったのに・・・・久々の経験でした幸い軽症で済んで今は快方に向かっていますご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 15Jun
    • 佐倉城址公園のハナショウブとネコ

      こんにちは大雨の降った翌日佐倉城址公園に行ってみました姥が池のスイレンが咲き出しましたここの花は白色だけのようです菖蒲田はどうでしょう?いっぱい咲いていますつぼみもいっぱい残っているのでまだしばらく楽しめそうです座敷ネコ君の様子を見に不動の定位置!近づくとすぐ気が付いて喉をゴロゴロならして歓迎してくれましたいきなりあくびかい澄ましてますが、喉ゴロゴロさせてうるさいですまたあくび「遊んでくれい!!」と言っているのかな?「遊んでくれ!」か「餌くれ!」か?しばらく付近を散策ゴロゴロうるさいので頭をなでなでしてやりましたご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 13Jun
    • 講談社野間記念館へ

      こんにちは「肥後細川庭園」の崖を上っていくと「永青文庫」に通じます、が、この日は構内をスルーさせていただき「講談社野間記念館」に向かいます「講談社野間記念館」玄関前【近代日本の美人画】展です展示は撮影不可ですのでパンフレットでパンフ表の絵は山川秀峰の『蛍』  華やか~上村松園、鏑木清方、伊東深水、山口蓬春など132点が展示中です美人画でいつも感心するのは描く線がとても繊細なところです針の先に墨をつけて引いているのではないかと思えるほど精緻です結った髪の流れ、着物や帯の柄、女性の顔の輪郭など描き損じたら修正が利かないなと思いますところで「野間記念館」さんこの展覧会(~7/15)を以って一時休館に入るとのことです具体的な内容は不明ですが、構想としては全く新しい文化施設に生まれ変わるようです(工事期間も不明)現在の建物はもともと住居を美術館風に改装したものなので美術品の展示・保存設備や建物の耐震性などが十分でなかったのも理由の一つと説明されています今回見納めということもあり訪問いたしましたが、新しい施設ができたらまたお邪魔したいと思います帰りは「胸突坂」を下って早稲田へ抜けます「大隈庭園」「早稲田大学構内」「萬年山法輪寺」さん 1606年開創の日蓮宗のお寺さんです山門は趣があります「穴八幡宮」の向かい側ですがちょっと目立たない場所です急な坂の上にあり今まで気が付かなくて失礼しました山門をくぐって振り返ったところ本日のデザートパティスリーラパンさん『生チョコケーキ』『和栗のモンブラン』『苺のタルト』『オレンジのタルト』ご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 11Jun
    • 久しぶりの鳩山会館

      おはようございます鳩山会館はもともと故鳩山一郎氏、威一郎氏の邸宅で、関東大震災の翌年1924年完成しました由紀夫氏、邦夫氏もここで生活されていましたが威一郎氏が亡くなられたのを機に1995年改装し記念館としてオープンしました音羽通りに面した門から坂を上がっていきます坂の途中で見かけたアジサイ大きな車寄せ昔は黒塗りの車がよく停まっていたのを覚えています「第二応接室」ステンドグラスがきれいです「第二応接室」と「第一応接室」(奥)「食堂」二階へ上がります階段踊り場のステンドグラス 法隆寺五重塔がモチーフとなっています二階に上がるとすぐ見事な胡蝶蘭が目に留まりました「大広間」で「黒木国昭ガラス芸術展覧会」が開催中でした「浮き彫り」という技法による作品 鳥や花が立体的になっていますどれも高価な名品ぞろい皇室に納めたものもあるそうです蒔絵のような柄です、どうやって造るのでしょう?庭園に出てみました最盛期は過ぎていましたがきれいに咲いています現在放映中のテレビドラマNHK-BS「長閑(のどか)の庭」や先日放映されたテレビ朝日系「白い巨塔」のロケ地にもなっています鯉が涼しそうに泳いでいます本日もご訪問ありがとうございます明日も良い日でありますように

  • 09Jun
    • 肥後細川庭園の魅力

      おはようございます「肥後細川庭園」はこれまで何回も訪問してますが、どの季節のどの時間帯もそれぞれいい景色を見せてくれます肥後花菖蒲「駒繋」(こまつなぎ) とてもいいピンクです「松聲閣」(しょうせいかく) 旧熊本藩細川家 学問所平成28年1月にリニューアルオープンきれいな紙細工の灯籠です「山鹿灯籠まつり」に景行天皇の伝説がくっついているとは知りませんでした松川佳代さんのパステル画が無料で鑑賞できます「松聲閣」からの眺め「菩提樹」が中門をくぐったところに咲いていますがものすごい香りを放ってます最近、初めて菩提樹の蜂蜜を買いましたがこれと同じいい香りがするので気に入っています肥後花菖蒲「吉江紫」熊本花菖蒲「玉洞」 透き通るような白さ「ガクアジサイ」もくっきりさわやかに咲いています肥後花菖蒲「西行桜」?「キンシバイ」江戸花菖蒲「神代昔」滝の音色と水しぶきの光景にしばらく見入りましたとてもよく手入れされています肥後花菖蒲「宝船」「ユスラウメ」「神田川」 庭園のすぐ隣を流れています「肥後細川庭園」は東京メトロ早稲田駅、江戸川橋駅いずれからも徒歩15分はかかりますが、何度でも行きたい庭園です