小田原のお寺で学ぶ磁器上絵付けとポーセラーツ教室

小田原のお寺で学ぶ磁器上絵付けとポーセラーツ教室

城下町小田原。緑豊かなお寺の一室で、磁器上絵付け、ポーセラーツの教室を開いています。
少人数のサロン形式ですので、それぞれの方のペースに合わせて、丁寧にご指導いたします。



神奈川県小田原市 で磁器上絵付と
ポーセラーツの教室を開いています。

少人数のサロン形式で
基礎からじっくりレッスンしますので
自称・ぶきっちょさんものびのび
楽しく参加されています。

筆を初めて持つ方でも大丈夫です。



レッスンフィー
半日コース 2時間 3,000円
一日コース 4時間 5,000円
(ポーセラーツ、絵付けどちらも同じ料金です)




「ペインティングスタジオハーモニー」 原宿陶画舎湘南分室
小田原市城山2-27-12 小田原駅から徒歩15分 
お問合せ jigen-ji@nifty.com
090-2333-2725 山中まで

テーマ:
こんにちは。
ペインティングスタジオハーモニーの山中です。

今日は、ドームの会場当番の日で
至高の技のブースにおりました。

{4E43C25E-8739-430F-B614-636437B6CC85}

JPPAが発足30周年とあって
会場中央には「祝」がテーマのテーブル。
作品ばかりでなく
フラワーやテーブルのコーディネートにも
お客様の関心が集まっていました。


{7B4641B9-EC39-4979-897C-4B562A52719D}

会場入り口から見たところ。
上段は「My 食」ケーキセット
下段は「My 食」丸プレート


他に、「祝」30枚のプレート
「会食」折敷の展示がありますが、
お客様が入らないように
写真を撮る機会がありませんでしたので

私の制作過程の続きに
入りたいと思います。


{0EED3124-7776-4892-8027-45117FD59EFE}

前回は、ここまで。
背景の、下地処理、ラスター
模様部分の盛りが焼成終わりました。



では、第5焼成の準備です。

{6FA955A2-F220-4FA1-B5B0-2EA29A72D8FE}

この赤い部分に
七宝つなぎを金で入れるので
その前に、下地を作ります。


{DDE1AF38-15A0-4DA9-8B2B-A899646AFE05}

型紙は、こんなふうに作りました。
パソコンが得意だったら
こんなアナログなことをしなくてもいいのに〜。

この型紙を、コピー機でひたすら縮小して
金の霞の大きさに合わせて使います。


{E1FFE1D8-B36E-4855-BA5B-1DF72E9B8556}

これは、白磁に下書きを写した線を
マッキーで強調したところ。

細かい作業がキツイお年頃なので
マッキーは、ほんとにありがたいです。


{9288D52C-63AB-4E22-915F-EC2BABFD949B}

こんなふうに、
マッキー下書きの上から
マットアンダーレイをパディングして
線のとおりにワイプアウトします。

{BF11879E-17FF-4DB9-BD95-2097A8F3A128}

お重の本体にも
ゴールドが入ります。



{19F2B16F-03EC-412B-9DFD-01D72AC541C8}

焼成前。
几帳の布にも、
すべて色が入りました。
・マットアンダーレイ
・ゴムピック細
・マイセンレッド
・ロイヤルヴァイオレット 
・パープルNo,1


{B455A3B5-1FD7-48E7-8851-F24880E1ADFE}

焼成後。
マットアンダーレイは、焼成すると
ホワイトになるので
写真ではわかりにくいかもしれません。


{7D8DA42A-944C-4EF5-A6E8-F1B4B614F32D}

写真上部がマットアンダーレイです。
布の色も、はんなりな感じに焼き上がり
ちょっと安心しました。


長くなりますが
最終焼成もご紹介します。


{4ADFE06A-110B-4E74-8FDB-46A2E584B9A0}

金彩。
ラインはマット金で
アンダーレイを使った霞は
ブライト金を使います。


{3D27952C-AD34-46E3-914A-4BA1EAAC3942}

黒いラインは、金色になる予定。

{8852C16D-1247-48BD-B44C-D5B0474DEEBC}

焼成前。
・高音赤金11%
・ペンワーク用マット金25%



そして、いよいよ焼成後…



{99464262-DD60-4D79-B0BA-D255CF942983}

なんとか、金色にはなってくれましたが


反省点は、次回へ続きます。



テーマ:

こんにちは。
ペインティングスタジオハーモニーの山中です。

現在、東京ドームで展示中の
作品制作過程を、写真とともに振り返る。

今日は、3回目ですが
その前に、前回までをささっとおさらい
します。
お尋ねがありましたので、使用材料を
書き添えます。(ほとんど陶画舎)


第1焼成は、ペン書き。
これは、お写真がありません。

線描きに使用したもの。
・MX54
・ラベンダーオイル
・ライラックNo,2
・オリーブグリーン(キルンアート)





{759D9AB0-70F8-47AF-A91D-13F75EEC9485}

第2焼成前。
使用したもの
・水溶性マスキングリキッド
・マットアンダーレイ
・ゴールドレリーフパウダーイエローゴールド
・水溶性メディウム速乾性 




{48334A18-8590-465B-B540-3CFD9FDE5059}

第2焼成後。





{4A4254A7-0706-4AA8-8155-6B70FA434715}

第3焼成前。
・マッキー赤
・水溶性マスキングリキッド
・真珠ラスター Heraeus/Mother Of Pearl
・MX54
・ラベンダーオイル
・ピンクオパール
・オリーブグリーン

{95BF3499-EBDD-4234-B533-483319CCF56A}

第3焼成後。


さて、第4焼成の準備です。
いよいよ、ジュエル絵の具です。

ジュエル絵の具は、陶画舎のオリジナルで
(宣伝している訳じゃないです〜(o^^o)
どんなに盛り上げても剥がれない、
透明感のある焼き上がりが特徴の
盛り用絵の具です。

水溶性メディウムで溶いたものに
さらに水を少し足して
表面張力を利用するような感じで
置いていきます。


{67996541-89F5-425D-B8E0-1B2FA5C70B8F}

途中経過。藤。
ちょっとゴツゴツしているように見えますが
焼き上がりは、ぷっくりします。




{11FA9A2C-DFEE-4AE7-BC50-596FC3E620D9}

藤使用色。
・グレープアメジスト
・ラベンダージェイド
・もえぎ
枝垂れ桜
・ピンクオパール
・若緑

{369E075D-A7CD-4C56-9AE3-D9C9F8357BE7}

松、梅バージョン
・びいどろ 
・若緑
・ブルーオパール
・ピンククオーツ
・ゴールドレリーフパウダーイエローゴールド



{53DDDFEC-CCC0-494C-BC7F-457F7A491FC6}

第4焼成前。
上記の絵の具のほかに、
几帳の棒を
・黒豆で盛っています。
*黒豆は、和絵の具なので、
剥がれやすい黒を盛り上げたいときに便利。
焼き上がりはツヤが出るので
今回は、漆の感じを出すために使用。


{9FC3E5A8-A6F3-4A65-9CF7-C719844D26FF}

第4焼成後。
ジュエル絵の具は、
焼成前と後で、色が変わるものがあります。


{AC2C33D2-AC67-4813-9838-8741347FF06A}

藤。
色が濃くなりました。
中央に引っ張られるので、
盛り上がった分、アウトラインが薄くなります。


{FAB249EF-BC58-4011-B51B-0E4C2E0A6455}

松、梅。

*使用絵の具(特に、和絵の具)は、以前買ったものを使っているので、現在は、名前が変わったり、廃版になったものがあるかもしれません。

和絵の具とは、本物の和絵の具ではなくて
陶画舎で販売している
メインカラー和のことです。



では、


第5焼成は、次回へ続きます。


テーマ:

東京ドーム出品中の、お重2個セット。
制作過程を写真と共に振り返る
2回目です。


{82A4F9C6-92F6-40DC-A173-F04047BFBB61}

前回、第2焼成の焼き上がり。
アンダーレイを施したところが
真っ白、マットになっています。

{29C12A7E-55A2-41CA-BE15-18E4589C2CDA}

注:前回書き忘れました。
藤バージョンの几帳。布の色を金色の絵の具で入れてあります。


そして、第3焼成準備。
マットアンダーレイと、ラスターと二つセットで
綸子のような感じが出るので

第2焼成でマットをパディングしたところに
今度はラスターをかけます。



{45BC9606-657B-4A54-B27E-CD580C45967B}

まずはマスキング。



{DFBFE8FA-0598-4290-9C59-BC480C48B155}

真珠ラスター塗布して
マスキングを剥がしました。
黄色く見えるのが真珠ラスター。 
赤いのは、マスキングリキッドでなく
マッキーです。
(マットが真っ白に焼き上がるので
境い目をわかりやすいように
マスキングをかける前に書いた
ガイドラインです。)


{50FCE213-378E-41BC-AFC4-274E667536B2}

参考:これがマッキーペン。
必ず、と言い切ることは出来ませんが
私はこれまで
焼け残って困ったことはありません。^_^





{AC20B20F-FEBA-4FC1-9B20-43D16518946F}

そして第3焼成焼き上がり。



{BE628A51-E579-4021-A212-555BAC989872}

市松のほうが、ラスターわかりやすいです。


{93E5F27A-3290-4634-945B-2D5A9A1CCDEB}

水紋も同じことをしていますが
線で引っ掻くので 
ラスターが見える面積が少なく、
虹色があまり目立ちません…。


全然、大したことをやってないのですが
ブログが長くなってしまうので
次回に続きます。


テーマ:
テーブルウェアフェスティバル始まりましたね。
昨日は、搬入に行ってきました。

{C1819DD9-90F3-4011-84FB-C53A90E6F22E}

私にとってのTWFのイメージは、
搬入日のこんな風景です。

{D996BCED-3452-49D4-B3AA-E36FF5933700}

いつもは、野球をするところを
トラックが走る。
バンも走る。
もちろん人間も走ってざわざわしています。


( ^ω^ )


さて、今回の出品作の制作過程を
シェアしたいと思います。

今日は、第1、第2焼成までです。

{3F2A36B3-B0D4-47F8-A2CA-2970F8F4A2BB}

今回、私が参加させて頂いたのは
黒マットの上に、一人用の食事セット。
何かしら、蓋物を使うこと。
という部門でしたので

お弁当箱のような重箱2個
と決めて、デザインしました。

和のイメージで
それぞれ、几帳を配して、そこに柄を入れ
王朝絵巻風に。


{B9FCE71D-BDE2-4275-9157-34B6C2369FEF}

2個セットのうちの一つ。
藤バージョンのデザイン画。




{7CEFEA8F-C95C-4669-B90C-CEC7F52252E1}

一つずつ、やることは単純ですが
特殊効果を多用するので、
手順ごとにカードを作って
焼成計画を立てました。


第1焼成はペン書きだけです。
お写真撮り忘れました…。 




{10154FF1-A7FD-4614-A7C0-B7659A6B7E4E}

これは、第2焼成準備。
ゴールドアンダーレイと、ラスターとで
着物の綸子のような効果を出すために
第2焼成は、その下地作りです。


{FBDA17A3-5A5A-4EE6-A96C-E3349A8EF50E}

こちらは、藤バージョン。
几帳の背景に、アンダーレイを
スポンジングしたら


{D65E4A33-784E-43E7-B4F2-B2E349567482}


枝垂れ桜の上のマスキングを剥がして
水紋の模様を引っ掻いて
第2焼成準備完了。


{507A159F-B2DD-43DE-958F-202D6680248F}

こちらは、松、梅バージョン。
枝垂れ桜の背景が市松模様になるように

{311100F1-F216-4D56-A80B-7D19C1EE7D3F}

こんな過程をとりました。
1センチ幅のマスキングテープを
使っています。

{4339987D-56CB-49C3-809F-DE07155F0947}

お窯に入れる前。


{DA0E6AE6-5BBA-4D8E-8D0E-7C46333B8D27}

第2焼成、窯出し後。

アンダーレイは
作業の目安のために、赤くなっているだけなので
焼成後は、真っ白のマットな状態になります。

この上に、金やラスターを塗ると
もとの白磁のままの部分だけ反応して
マットに仕上げたところは
あまり存在感が出ず
地模様のようになります。


長くなってしまいました。



第3焼成以降は
明日に続きます。















テーマ:
大変長らく、ご無沙汰しておりました。
ペインティングスタジオハーモニーの山中です。
フェイスブックは、ずっと投稿しておりましたが、
ブログのほうは、もう放置と言えるくらい、
いえそれ以上更新お休みしてしまいました。

まずは、その訳を、少し。(^ ^)

私の嫁いで来た先がお寺で、
境内地で喫茶店を営んでいたことは、
ご存知の方も多いと思います。

開店以来26年経ちます。

その、カフェ空が
昨年3月より、経営の形が変わり、
私が毎日お店に立つことになりました。

お給料を貰って、ちゃんと働いたことなど
ほとんどないオバちゃんなので
(オーナーが自分の夫で
いろいろ恵まれているとはいえ)
カフェの仕事は、初めてのことばかり。
毎日が、緊張と失敗の連続でした。

ペインティングスタジオハーモニーは、
特に宣伝もしていない、
小さな教室ですが
その数少ない生徒さんにも
レッスンの数を減らしたり
(具合が悪いので〜の、ドタキャンもありました。ごめんなさい🙏)
ご協力をお願いすることになりました。

前回ブログに書いた
銀座でお稽古の時には
その時だけ、お店から抜けて
とんぼ返りをしていました。

カフェの仕事は、スタッフに恵まれて
(お教室メンバーもですが
私は、ほんとに人に恵まれています!)
楽しいことも多いのですが
生活が一変したせいか、
体調を崩すことがちょこちょこありました。

また、夏には父を見送ることになり、
自分の人生についても 
考え直すきっかけとなりました。

人生後半での、転機となった一年でした。


…と、絵付けブログをお休みしっぱなしの言い訳はここまで〜( ̄▽ ̄)


(๑・̑◡・̑๑)


明日から始まる、東京ドーム
テーブルウェアフェスティバル
至高の技チャイナペインティングのブースに
JPPA会員として
今年も出品させて頂くことになりました。

一昨年、制作過程をご紹介した時は
参考にしました、とのお言葉を
いろいろな方からいただいたので
今回も、各過程ごとに
写真を撮ってみました。

特殊効果を多用して
あまり絵付け経験のない方にも
ヒントとなるような作り方です。

(というより、表現したいイメージが先にあって
それを表現しようとしたら
盛りや下地処理が必要でした。)

拙い、お恥ずかしい出来上がりですが
お読みになるかたの
ご参考になれば嬉しいです。

6回の焼成ごとの
お写真をシェアする予定です。

明日からアップして参ります。

私の失敗の過程が
お読みになる皆様の
転ばぬ先の杖となれば嬉しいです。


では、
どうぞよろしくお願いいたします。

山中