心に少し余裕が出来た週末に、

近い将来のことも考えながら「断捨離」を実行してみました。

 

多趣味な上に、使えそうな物は何でも取っておいてしまう癖がある私。

家中のあちこちに私の物がいっぱい隠されていて、

クローゼットの中やベッド下、廊下にある棚や子ども部屋にも収納。

アトリエを始めてからは、さらに物が増え、増え続け・・・

テーブル下や部屋の隅っこに置かないといけないくらいにまでに。

 

でも、決して、ゴミ屋敷ではないニヤニヤ<絶妙な収納術w

 

そんな私の家(居間?(兼)作業部屋)

このままでもいいのだけれども、でももっと使いやすくしたい!

アトリエのお手伝いをしてくれる人達と出会い、

その人達と、時々家で一緒にアトリエの準備をしていくうちに、

「この部屋は使いづらいな」

「もっとみんなが自由に道具を使えるようにしたいな」

と思うようになり、

理想は、「自宅教室」のような?「自宅カフェ」のような?部屋かなと。

 

それで、金曜日の朝から部屋の大規模な模様替えを実行!

 

棚や机の配置を変え、子ども部屋にあった棚も移動。

家具を移動するとなると、家具の中にある物を全部出さないといけないですが、

ゴミ屋敷ではなかった我が家が一瞬のうちにゴミ屋敷状態に!

写真に撮ろかと思ったけれどもあまりにひどすぎて(恥ずかしくて)辞めました。

 

家具も重くて重くて、立ちくらみも何度かチーン。<フラフラ。気持ち悪い。

 

模様替えをする前に、配置図を紙に書いて確認していたのだけれど、

やっぱり実際に配置してみると・・・う~ん、これでいいのか?と

模様替えが失敗したんじゃないかと不安になっていまってあせる

でも、一度動かした家具を元に戻すなんてもう無理。

 

とにかく、イメージした通りの配置で最後までやるしかないアップ

 

金曜日~日曜日まで頑張りましたが、まだ終わっていません。

細かい物がまだ床に散らばっています。

段ボールも結構捨てたけれども、まだあります。

 

頑張って掃除をしている横で子ども達は

紙類でお手紙づくり照れ手紙「これみて~ラブラブキャッキャ」

 

滝汗<せっかく綺麗に片付けているのに、

道具やら紙類を床に広げて散らかしてるし・・・。

 

この部屋の他に、もう一つの部屋も掃除・家具の配置を変更し、

子ども部屋も掃除したけれども(本棚が一つ無くなった分、収納に困ってる)、

来週はできればキッチンの断捨離をしたい。

 

今回の断捨離で出たゴミは、

ゴミ袋10袋に、大量のカタログやファイリングしていた紙類。

 

断捨離のプロだったら、「これも捨てなさい!」と言うのでしょうが、

パリに住み始めてからたくさんの方々に頂いた手紙とか、

仕事関係で出会った人・動物の情報ファイルは捨てられませんでした笑い泣き

古いぬいぐるみとか自分で作ったマスコットとかも無理。

何かのおまけについてきたコレクション的玩具も捨てられない。

今後こどもアトリエで使うであろう集めた紙箱類も捨てられない。

 

私の思いを知っている主人は、

今回の私の思い切った行動をとても褒めてくれてぱちぱち

手紙とかは無理して捨てなくても良いよおねがいと言ってくれました。

ぱっと見は、断捨離前とはあまり変わっていないような気がするけれども、

人には見えてないところ(隠していた部分)の量はかなり減ったと思います。

 

何かを捨てたら、新しい何かを手に入れることができる!と思いながら、

少しずつ部屋の中を身軽に、綺麗に、使いやすくしていきたいです。

AD

「だまし絵」が好きな私。

一つ見たら、あれもこれも見だしてしまって止まらないニヒヒ

 

ある夜、娘たちに(4問だけ)やらせてみたら、

「わー見えた!」とか「こっちが大きい!?測ってみよう!」と

面白がってやってくれて、嬉しい私(母)。ニヤニヤ

 

他にもやらせたかったけれど、寝る時間はもうとっくに過ぎていたし、

ちょっとだけ(だまし絵の紙に)お絵かきをさせて終わらせるつもりが真顔

↑ これと ↓ これは りりちゃんの絵。

7歳のりりちゃんに絵のテーマになるような一言を言ったら

「雪だるま」には→「雪だるまを作る人」を付け足し、

「ビル」には→「火事」「消防車」「スーパーマン」を付け足し、

「手」には→「何かが隠れてます」それは「星で~す」を書きました。

 

↓一方、4歳のゆゆちゃんは・・・まだイメージする力がないので

「雪だるま」の隣に→「棒1本」を付け足しただけでしたが、

「ビル」を→「蝶々」に変身させ

「手」からは→「血」を吹き出させ(^_^;)ました。笑

ビルを蝶々に変身させたのは、

きっと幼稚園で作る工作の影響だろうと思います。

 

そこで私が試しに

「トイレットペーパの芯で作ったみたいじゃない?」と言ったら、

 

それを聞いていたお姉ちゃんのりりちゃんは

「あ! いいこと思いついた!」

と、トイレットペーパーの芯を持ってきて、

ゆゆちゃんの絵とそっくりの蝶々を作り始めましたウインク

ゆゆちゃんがうまくハサミが使えないで困っていたので、

りりちゃんはゆゆちゃんの分も作ってあげていました。

 

「ちょうちょのかんせ~い。」 

 

でもね、ママはそれだけでは終わらないよ。笑

 

トイレットペーパーの芯とLEDライトがぴったりとサイズが合うことを思い出し、

二人にトイレットペーパーの芯でランプシェードを作れることを教えたら、

二人は大喜びしながら「これ、パパに見せよう!」と

サプライズ演出をしたそうに、部屋の中をあっちへ行ったりこっちへ行ったり。

 

パパが帰って来たら、

ドタバタ、ニヤニヤと怪しいテンションでお出迎えし、

「パパ~目をつぶって。絶対に開けちゃダメだよ。」と

パパの手をひっぱって寝室へ連れて行きました。

 

「まだだよ、まだだよ・・・はい、目を開けていいよ~♪」

手をゆ~らゆ~らさせ、ニコニコの二人照れラブラブ

大成功って感じ。

 

だまし絵から、トイレットペーパー製ランプシェードにまで展開するとはね。笑

 

楽しかったけれど・・・・・・・・・・・・時間はもう22時!

大変~! 早く寝ましょ~~~。おやすみなさい。

AD