真の医療者をめざして
★★ Twitterを始めました! ★★
https://twitter.com/MikiNagaoka
  • 09Jun
    • 絶望と希望は表裏一体

      絶望を感じる時はどんな時だろう、、、整理したくなりました。未来を断たれた時関係性を断たれた時自律を断たれた時このいずれか、またはすべてが断たれた時、絶望の淵に追いやられる気がします。なぜなら人間は、時間軸の上で、自分の体を使って、人との関係性を築きながら生活している存在だからです。ということは、存在の危機に直面するからこそ、そこに絶望を見るのかもしれません。そしてこの絶望から逃れられる人間は、存在している以上誰一人いないのではないでしょうか。人間は絶望と向き合わされる運命を担った「悲しい運命共同体」のように感じます。人間は様々なポーズを取って生きています。勝ち組負け組、楽観悲観、幸不幸、強気弱気、富者貧者、老若男女、支配非支配、、、それらは断片であり、すべては絶望という闇に飲み込まれていく一瞬のパフォーマンス。一切皆苦とは、まさにズバリです。悲しい運命を担ってる者同士が、生という間に相対比較やちょっとした観点の違いによって争うことは、まるで宇宙の塵のようにちっぽけなように感じます。いつか誰もが未来を断たれ、関係性を断たれ、自律を断たれて、この世を去ります。その絶望をしっかりと見つめることができたなら、今ここの大切さが見えてくると思います。私は人生の中で、一時的な自分の決めつけによって、何度も関係性を断ってきました。愛したいと願いながらも愛することができない、愛されているのに愛を受け取ることができない。すべては自分の決めつけが先行している出来事でした。3つの絶望のうち関係性だけは、自分の観点を手放すということによって、自らの意思でコントロールできる力を備えてもらっているのにも関わらず、です。哲学者のショーペンハウアー は絶望から逃れるためには、芸術に浸るか、他者への同情、仏教的な諦念であると言いました。どれも頷けます。しかしその中で、諦念だけが根治療法であると思います。なぜならすべてを手放した時、存在の消えゆく悲しみから解放されるのですから。その時、究極の絶望は希望へと昇華する。希望は、究極の絶望から生まれる。いや、究極の絶望からしか希望は生まれない。この世はなんと美しい芸術作品なのでしょう。。。What kind of time do you feel despair? I wanted to sort it out.When the future is cut offWhen the relationship is brokenWhen autonomy is cut offWhen either or all of this is cut off, I feel like I'm driven to the edge of despair. This is because human beings live on the time axis, using their bodies and building relationships with others.So, you may see despair there because you face the crisis of existence. And there is no one who can escape from this despair as long as it exists.Humans feel like a "sad fate community" destined to face despair.Humans live in various poses. Winners and losers, optimism, pessimism, happiness, bearishness, rich and poor, men and women of all ages, non-dominance, ... they are fragments, all of which are momentary performances swallowed by the darkness of despair.All suffering is just right.It feels like dust in the universe when people with sad destiny compete with each other for relative comparisons and slight differences in perspective during their lives.Someday everyone will die, with their future cut off, their relationships cut off, their autonomy cut off. If you can look at that despair firmly, I think you can see the importance of this place now.In my life, I have cut off relationships many times due to my temporary prejudice. I want to love but I can't love, I can't receive love even though I'm loved. Everything was an event preceded by my own branding.Of the three despairs, only the relationship is by letting go of my point of view.Even though they have the power to control themselves.Schopenhauer, a philosopher, said that in order to escape despair, one must immerse himself in art, sympathize with others, or give up Buddhism. All can nod.However, I think that resignation is the only radical cure. Because when you let go of everything, you are freed from the disappearing sadness of existence.At that time, the ultimate despair sublimates into hope. Hope comes from the ultimate despair. No, hope comes only from the ultimate despair.What a beautiful work of art this world is! .. ..

  • 02Jun
    • 人は変われる!必ず

      人は変われる!必ず。21日間チャレンジ!クリティカル ブレークスルー テクノロジー(CBT)の伴走者をやりました。魂が震えるほどの感動の21日間でした。CBTとは、nTechという認識技術を使って、自分のパターンから来る考え 感情 言葉 行動 関係性を変えていくものです。人が変わるのは本当に難しい。たとえ命がかかったとしても、人は自分の作ったパターンからは抜けられず、同じパターンを繰り返していきます。パターンは無意識に組み込まれている為に分かっても止められないのです。ニーチェはこれを永劫回帰と言い、仏教ではカルマと言います。意識無意識をすべてAll Zero化し、「1」だけしかない世界から認識を出発させるnTech。あらゆる宇宙の仕組みがワンパターンの繰り返しであるように、人間の意識の立ち上がりも例外ではありません。なぜ、人は変われないのでしょう?・・・それは単純なこと、Zero化ができないからです。今回のチャレンジャーは堂本文さん、彼女の「変わりたい!」という強烈な意思と「変化させたい!」という伴奏者五人の意思が結実し、認識道具nTechを使っての21日間プログラム。朝と晩、1日も欠かすことなく、彼女の苦しむ認識に向き合い続けました。私はある時から、文さんは私そのものであると感じ始めました。私が今生でクリアしなければならなかったすべて、その投影が彼女を通して現れていると、はっきり分かりました。何度も何度も自分のパターンに捕まり、感情に乗っ取られ、傷つき、苦しみ、その度にZeroまで解き、また立て直す。この繰り返しの日々。しかし体に縛り付けられた鎖を、自ら身をよじって解き、自由になった瞬間、、、彼女の目には涙が溢れ、彼女の心には「ごめんなさい。そしてありがとう」の感謝で溢れていました。私も彼女と共にずっと泣きました。私のカルマが目の前に解かれたような、永劫回帰の回転が止まったような、、、心にはただただ「ごめんなさい」という言葉が涙とともに溢れていました。All Zero化のパワー、仕組みを行使するパワー、、、それを使えば、人は変われる!またパターンに捕まる時もあるかもしれない。しかしもう安心して捕まればいい、だってもう大自由の空気に触れたのだから。その人はいつでもAll Zero化し、新しい宇宙を仕組み通りに立ち上げればいいのですから。人間は宇宙の創造主なのです。CBT、強烈なテクノロジーです。People can change! you have to.21 days challenge! I was a companion to Critical Breakthrough Technology (CBT). It was a moving 21 days that shook my soul.CBT uses a cognitive technology called nTech to change the thoughts, emotions, words, behaviors, and relationships that come from one's own patterns.It's really hard for people to change.Even if it takes a life, people cannot get out of the pattern they made and repeat the same pattern. Since the pattern is unknowingly incorporated, it cannot be stopped even if it is understood.Nietzsche calls this eternal return, and in Buddhism it is called karma.NTech that makes all consciousness and unconsciousness all zero and starts recognition from the world where there is only "1".Just as every mechanism of the universe is a one-pattern repetition, the rise of human consciousness is no exception.Why can't people change? ... It's simple, because it can't be converted to Zero.This challenger is a 21-day program using the recognition tool nTech, which is the fruit of Mr. Dodge's strong intention of "I want to change!" And the intentions of the five accompaniments "I want to change!". Morning and evening, I continued to face her suffering perceptions without fail for a day.At some point I began to feel that Mr. Bun was me. It was clear that all that I had to clear in my life was revealing her projection through her.I get caught up in my pattern over and over again, my emotions take over, I get hurt, I suffer, and every time I solve Zero, I rebuild. These repeated days.But the moment she twisted herself to untie the chains tied to her body and became free ... her eyes were full of tears and her heart was full of gratitude, "I'm sorry. And thank you." Was there.I cried with her all the time. It was like my karma was unraveled in front of me, the rotation of eternal return stopped, and my heart was just filled with the words "I'm sorry" with tears.The power of All Zero, the power of exercising the mechanism ... If you use it, people will change! There may also be times when you get caught in a pattern. But you can catch it with confidence, because you have already touched the air of great freedom. That person can always make it All Zero and launch a new universe according to the mechanism.Humans are the creators of the universe. CBT, an intense technology.

  • 01Jun
    • 真の女性性

      女性性・・・このテーマは、私の人生の一つの問いでした。自分の中にマグマの様な熱く激しいエネルギーを感じており、これが女性性なのだろうとうっすらと気付いていましたが、それを確かめる術はなくただただその炎を見つめていました。強烈な受容の欲求、そしてそれに抗おうとする意思の働き。おそらく、その欲求こそが女性性なのでしょう。しかし、それを恐れるエゴの抗いが私の前に立ちはだかる。「このままだと、海の藻屑となり消えゆくぞ。」と脅すかのように。令和哲学カフェ5日目、私がナビゲーターをやらせていただく回も後半に入りました。深く濃い内容で語られる哲学討論の場、人は知のパワーにより恐怖を手放せるだと分かります。昨日の令和哲学カフェでは「男性も妊娠できる女性性とは?」のテーマで語り合いました。妊娠出産とは、新しい宇宙の創造と定義すれば、男性も妊娠出産は可能です。相対世界のカラクリは、2の出会いによって出現するということ。そして2の中には互いに違う性質があり、一つは引っ張り融かす性質、一つは分離し突撃する性質。卵子と精子の性質を見ればよくわかります。そして前者を女性性、後者を男性性と言う。この2性質が出会って、創造は起こる。自分の中にあるマグマの正体は、卵子の性質そのものだったということでしょう。自分の中の一点に引っ張って、自分と相手の境界線も消えていくまで抱きしめ融かしてしまいたいという・・・。分離しようとする男性性であるエゴが抵抗するのも無理はないな、と思います。なぜなら女性性の発揮は、すべてを溶かしてzero化してしまうのですから。しかしzero化こそが新しい創造の母体であることを知れば、気持ちよく女性性に包まれてしまってもいいのかなと思うのです。女性は男性を抱きしめ、男性は女性に包み込まれ、、、女性も男性もなくなってしまう。ここに至ってこそ、真の人間が始められるのかもしれません。Femininity ... This theme was one of the questions in my life.I felt a magma-like hot and intense energy in myself, and I was slightly aware that this was femininity, but there was no way to confirm it, and I was just staring at the flame.A strong desire for acceptance, and the willingness to resist it. Perhaps that desire is femininity. However, the ego's resistance, which fears it, stands in front of me. As if threatening, "At this rate, it will become seaweed and disappear."On the 5th day of the Reiwa Philosophy Cafe, the second half of my time as a navigator. In a deep and deep philosophical debate, one can see that the power of knowledge can let go of fear.At the Reiwa Philosophy Cafe yesterday, we talked about the theme of "What is femininity that men can get pregnant?"If we define pregnancy and childbirth as the creation of a new universe, men can also have a pregnancy and childbirth.The karakuri of the relative world appears by the encounter of 2.And there are different properties in 2, one is the property of pulling and melting, and the other is the property of separating and assaulting. You can tell by looking at the properties of the egg and sperm.The former is called femininity and the latter is called masculine. Creation occurs when these two qualities meet.It seems that the true identity of the magma inside me was the very nature of the egg. I want to pull it to one point in myself and hug and melt it until the boundary between myself and the other party disappears.I think it's no wonder that the ego, the masculine man who tries to separate, resists. Because the manifestation of femininity melts everything and makes it zero. However, if I know that zeroization is the mother of new creation, I think it's okay to be comfortably wrapped in femininity.

  • 31May
    • 人間というコンピューター

      フロイトは言いました。「人間はノイローゼとして生まれる。」これをもっと繊細に見ていくと、「人間はノイローゼになっていく。」と言い変えた方が良いように思います。人間とはコンピュータのようなもので、初期は先天的なプログラミングだけが動いている状態から、体験経験・教育が積まれていくうちに様々なものがインストールされていきます。そしてインストールされたものだけを使うように生きていくようになるのです。人間は歳を取れば取るほどに頑固になっていくのは、使い慣れたプログラムしか使わずに、また自分のコンピューター画面だけが「絶対」だと勘違いしていくからです。他の人は、違うコンピューターを使っているとは夢にも思わないからです。フロイトはこういう状態になった人間を「ノイローゼ」と呼んだのでしょう。情熱的な人は、他のプログラムをどんどんインストールしていこうとします。柔らかい人は、アンインストールの術を知っています。そして魅力的な人は、アンインストールしながらインストールをします。人間はコンピューターのようなもの。脳のアルゴリズム通りに考えや感情を走らせ、行動し関係性を構築する。今、目の前に広がる見ている世界は、アルゴリズムの結果態すなわち脳というコンピューター画面なのです。人間がノイローゼにならないためには、アンインストールの術を知ることです。目を開けただけで色んなものをインストールしてしまう性能の良い脳、そこに一番最初にインストールしなければならないアプリは「アンインストール」だったのです。アンインストールのアプリがないために、人は苦しむ。人は憎む。人は争う。人は愛になれないのですから。アンインストールのアプリすなわちAll Zero化アプリ、それがnTechなのです。Freud said."Human beings are born as neuroses."Looking at this more delicately, I think it would be better to rephrase it as "human beings become neuroses."Human beings are like computers, and from the initial state where only innate programming is working, various things are installed as experience and education are accumulated. And you will live to use only the installed ones.The older we get, the more stubborn we become because we only use the programs we are used to and misunderstand that only our computer screen is "absolute." Others don't even dream of using a different computer.Freud probably called a human being in such a state "neurose".Passionate people try to install more and more other programs.Soft people know how to uninstall.And attractive people install while uninstalling.Humans are like computers.Run thoughts and emotions according to the algorithm of the brain, act and build relationships. The world we are seeing in front of us is the result of the algorithm, that is, the computer screen of the brain.To prevent humans from becoming neurotic, it is necessary to know how to uninstall.A high-performance brain that installs various things just by opening its eyes, and the first application that must be installed there was "uninstall".People suffer because there are no apps to uninstall. People hate. People fight. Because people can't be in love.The uninstall app, that is, the All Zero app, is nTech.

  • 30May
    • 世界の限界は学問の限界

      令和哲学。哲学の歴史を追っていくと、世の中を変えていくのは概念であることがよく分かります。西洋哲学者の歴史をプラトン、デカルト、カント、ニーチェ、フッサール、ハイデカー、ドゥルーズを追い、その素晴らしさと弱点を令和哲学者ノジェス氏解析してくれます。これが「なるほど〜〜」の解析。今あるあらゆる学問や専門職のベースにあるのは西洋哲学です。ハーバード大学やスタンフォード大学など、世界の頭脳たちが集まる大学で教えているのも西洋哲学から生まれた学問です。現代医学も例外ではありません。しかしその学問が人間に真の答えを与えているのでしょうか?人間を幸せに、誰もが成功するように導いているのでしょうか?・・・答えはNoです。どれだけ科学が進歩しようと、小さなウイルス一つも統制することができてない。世界は右往左往、パンデミックにまでなっている。現代医学を生み出したワクチンを頼りにしていますが、それは根本解決ではなく一時的な対症療法です。人類が本当に解決しなければならないこと何でしょう?私は現代医療の中で対症療法ばかりをやってきました。どんどん細かい世界に入り込み、、、結果、そもそもが分からなくなる始末です。そもそも人間とは何か?生きるとは何か?死ぬとはなにか?病とは何か?私の中の尊厳が叫んでいました。「人間は真の答えを知らずに生きる小っぽけな存在ではないはずだ。」答えはあります。だから哲学者たちは考えたのです。答えに近づこうと、人生をかけたのです。しかし西洋哲学では真の答えは導き出せていません。これから日本から新しい哲学「令和哲学」が西洋哲学の足りなかったところを補っていきます。数学物理学も矛盾なく説明し切る、そんな令和哲学。哲学が世界を引っ張っていくのが世の常です。次の時代のプレートを作り出すのは令和哲学が生まれた東洋になるでしょう。面白きこともなき世を 面白くReiwa philosophy.If you follow the history of philosophy, you can see that it is a concept that changes the world.It follows Plato, Descartes, Kant, Nietzsche, Husserl, Heidegger, and Deleuze in the history of Western philosophers, and analyzes their wonders and weaknesses by Reiwa philosopher Noges. This is the analysis of "I see."Western philosophy is at the base of all scholarship and profession today. It is also a study born from Western philosophy that teaches at universities such as Harvard University and Stanford University where the brains of the world gather. Modern medicine is no exception.But does that scholarship give humans the true answer? Is it leading humans to be happy and everyone to succeed? ... the answer is no.No matter how much science advances, even a small virus cannot be controlled. The world has become a pandemic. We rely on the vaccine that created modern medicine, but it is a temporary symptomatic treatment rather than a radical solution.What does humanity really have to solve?I have been doing only symptomatic treatment in modern medicine. It's a mess that goes into a finer world, and as a result, it's hard to understand in the first place.What is a human being in the first place? What is life? What is dying? What is a disease?The dignity in me was screaming."Human beings should not be small beings who live without knowing the true answer."There is an answer. That's why the philosophers thought. I spent my life trying to get closer to the answer. However, Western philosophy cannot come up with a true answer.From now on, the new philosophy "Reiwa Philosophy" from Japan will make up for the lack of Western philosophy. Reiwa philosophy that explains mathematical physics without contradiction.Philosophy is the norm in the world. It will be the Orient where the Reiwa philosophy was born that will create the plate of the next era.Make the world without fun interesting

    • 嘘も方便について

      令和哲学カフェ4日目。哲学者プラトン、デカルト、カント、ニーチェ、フッサール、ハイデガー、ドゥルーズの流れを抑えれば、西洋哲学の流れがよく見えます。そしてそれだけではなく、哲学の流れを追うと、時代の流れがみえてきます。すべての歴史は、人間の脳の中で起こっていることを知ると当然なのですが。今回の令和哲学カフェ4日目では、令和哲学者のノジェス氏が西洋哲学者それぞれの偉大な発見と弱点を解析しましたが、Final Answer「1」の規定から観たら、よく見えるのでしょう。納得でした。そしてディスカッションTimeです。「嘘も方便はあっていいか良くないかを、それぞれの哲学者になって答えましょう」ニーチェだったら、あってもいい。カントだったら、絶対ダメ。デカルトだったら、絶対ダメ。プラトンだったら、あってもいい。それぞれ意見は出ましたが、令和哲学者ノジェス氏は言いました。「刀の刃の上に立つ、選択不可能の道を行くのが絶対性の魂、大和魂だよ。」迷いなく生きる、生き切る。こんな気持ちのいい人生はない。心を刃の上に置き、1mmの迷いなく生きたいと思いました。Reiwa Philosophy Cafe Day 4.If you suppress the flow of philosophers Plato, Descartes, Kant, Nietzsche, Hussar, Heidegger, and Deleuze, you can see the flow of Western philosophy better.And not only that, if you follow the flow of philosophy, you can see the flow of the times. It's only natural to know that all history is happening in the human brain.On the 4th day of this Reiwa Philosophy Cafe, Reiwa philosopher Noges analyzed the great discoveries and weaknesses of each Western philosopher, but if you look at the provisions of Final Answer "1", it will look good. .. I was convinced.And discussion time."Let's become each philosopher and answer whether lies and expedients are good or bad."If it's Nietzsche, it's okay.If it's Kant, it's definitely not good.If it's Descartes, it's definitely not good.If it's Plato, it's okay.Each had their own opinions, but Reiwa philosopher Noges said."It is the soul of absoluteness, the soul of Yamato, who stands on the blade of the sword and goes on an unselectable path."Live without hesitation, survive. There is no such a pleasant life. I wanted to put my heart on the blade and live without hesitation of 1mm

  • 27May
    • 未来産業、その名を英雄産業という

      令和哲学カフェ3日目。集中するということが、こんなにも気持ちのいいことなのかを感じる日々です。脳ストレスを取るためにはボーとするのも良いかもしれませんが、我を忘れるくらい集中もとても効果的です。昨日は「英雄産業」をやりました。女性性が花開いた時代、産業のあり方も大きく変わってくるでしょう。男性性は垂直文化であり、トップダウン・支配非支配の関係性です。それに比し、女性性は水平文化、役割ポジションがあるだけですべてが流動的な関係です。第四次産業革命が起こった後、ミクロの世界を通過し、人類はどこへ出ていくのか。。。それをナビゲートするのが「令和哲学」です。昨日のディスカッションテーマは「釈迦は亡くなる時、自分の人生に対してどう思ったか?成功だったと思ったか、はたまた失敗だと思ったか?」なんとも大胆な問いでしたが、私は「半分成功 半分失敗に感じているのではないか」と答えました。正解は人それぞれでいいと思いますが、最後に令和哲学者Noh Jesu氏のまとめがとても興味深かったです。「法灯明を悟った人は、それを伝達したくなるのは当然のこと。釈迦もそれをやり、沢山の弟子を作り、その中には法灯明の会得に至った人たちもいました。しかしそれでも彼が没して2500年経った現代社会が、幸せに満ちているのかを見たらそうではない。自分の悟りを産業化できなかったことに対しては残念に思っているかもしれませんね。」と。その2500年後の今、第5次産業革命を起こし、釈迦が実現したかった世界を世界中に広げていきます。「心」を原材料とした英雄産業によって、誰もが消費者生産者になる格差を作らない産業。奇想天外な産業が日本から生まれます!令和哲学カフェ、本日はお休みです。明日の21時にオンラインでお会いできたら嬉しいです。いつもありがとうございます。Reiwa Philosophy Cafe Day 3.Every day I feel that it feels so good to concentrate.It may be good to use Bo to relieve brain stress, but concentration is also very effective so that you forget about yourself.Yesterday I did "Hero Industry".In an era when femininity flourished, the way industry should be will change dramatically.Masculinity is a vertical culture, a top-down, non-dominant relationship. In comparison, femininity is a fluid relationship, with only horizontal culture and role positions.After the Fourth Industrial Revolution, where will humanity go through the micro world? .. .. It is "Reiwa Philosophy" to navigate it.The theme of yesterday's discussion was "What did Buddha think about his life when he died? Did he think it was a success or a failure?"It was a bold question, but I answered, "I think I feel half successful and half unsuccessful."I think the correct answer is different for each person, but at the end, the summary by Reiwa philosopher Noh Jesu was very interesting."It is natural that those who realize the Holy Torch will want to convey it. Buddha also did it and made many disciples, some of whom came to know the Holy Torch. ..But still, if you look at the happiness of modern society, 2500 years after he died, that's not the case. You may be disappointed that you couldn't industrialize your enlightenment. "When.Now, 2500 years later, we will start the 5th Industrial Revolution and expand the world that Buddha wanted to realize all over the world. An industry that does not create a gap in which everyone becomes a consumer producer by the hero industry that uses the "heart" as a raw material. A strange industry is born from Japan!Reiwa Philosophy Cafe is closed today.I hope to see you online at 21:00 tomorrow. I am always grateful for your help.

  • 26May
    • 真の女性性

      令和哲学カフェ2日目。平日2週間連続21時〜22時半、ファシリテーターNoh Jesu氏と共にナビゲーターとして参加させていただいています。「西洋の学問は詐欺である。」と、人類が築き上げてきた文明を一刀両断し進めていく令和哲学カフェ。私たちには、それを言うだけの根拠と覚悟はあってこそ。文明の流れにノーを突きつけていきます。初日は、「99.999・・%の整合性を持つ学問」と「100%の整合性である学問」の違いを語りました。西洋の学問は前者であり、それ故に人類は路頭に迷っているのです。それに対し、令和哲学は完全学問と言い切ります。何故か?・・・それは令和哲学カフェを観てください。2日目は、女性性令和哲学を語りました。真の女性性とは何か?・・・ここを明確に定義しないと単なるフェミニズム運動に陥ってしまいます。歴史が証明しているように、部分否定でいく運動は主権が交代するだけで根本的な解決にはなりません。否定は全否定、すなわちAll Noでいかなければならないのです。令和哲学は全否定です。男も女もない。いや、、、そんなものではなく、存在も時間も空間もエネルギーもない、All Noの境地から「真の女性性」を語ります。あらゆる森羅万象が溶けるところ、一切の分離の境界線を許さない、そこまで受容的であり、そこまで献身的である。それが真の女性性です。人類は未だかつて、真の女性性を使ったことはありません。なぜなら、その概念を本当には知らなかったから、使えなかったというのが妥当でしょう。今、人類にAll Zeroの概念が生まれました。それが令和哲学です。「哲学とは実践だ」とカントが言ったように、令和哲学は概念だけではなく、All Zero化感覚にまで体感させていき、宇宙のロゴスを体得させていく実践哲学。令和哲学カフェでは、All zeroの境地からの解析がどんなものかをお見せします。ここでしか聞けない話が満載です!是非、お気軽にオンラインに遊びにいらしてください。Reiwa Philosophy Cafe Day 2.I am participating as a navigator with facilitator Noh Jesu from 21:00 to 22:30 for two consecutive weeks on weekdays."Western scholarship is a fraud," says the Reiwa Philosophy Cafe, which cuts through the civilization that humankind has built up.We must have the grounds and determination to say that. I will point no to the flow of civilization.On the first day, he talked about the difference between "99.999% consistent learning" and "100% consistent learning". Western scholarship is the former, and therefore humanity is lost on the road. On the other hand, Reiwa philosophy is a complete scholarship.Why? ... Please see the Reiwa Philosophy Cafe.On the second day, he talked about the philosophy of femininity and reiwa.What is true femininity? ... If you don't define it clearly, you'll fall into a mere feminist movement. As history has shown, the partial denial movement is not a fundamental solution, only a change of sovereignty. Negation must be all denial, that is, All No.Reiwa philosophy is a complete denial. There are no men or women. No, it's not like that, and he talks about "true femininity" from the point of all No, where there is no existence, time, space, or energy.Where every universe melts, it is so receptive and so devoted that it does not allow any boundaries of separation. That is true femininity.Mankind has never used true femininity. It's reasonable that I couldn't use it because I didn't really know the concept.Now, the concept of All Zero is born to humankind. That is the Reiwa philosophy.As Kant said, "Philosophy is practice," Reiwa philosophy is a practical philosophy that lets you experience not only the concept but also the sense of becoming All Zero, and acquire the logos of the universe.At the Reiwa Philosophy Cafe, we will show you what the analysis from the boundary of All zero is like. Full of stories that can only be heard here!Please feel free to come and visit us online.

  • 25May
    • 西洋の学問は詐欺

      昨日から令和哲学カフェ第3期がスタートしました。私はナビゲーターというポジションで参加しています。このカフェが始まってから哲学はもとより、時代ごとに変わる人間の思考の根っこに興味がわきました。人間は集団的無意識に根付いた思考方式によって、モノを見、聞き、話すということです。そしてその思考方式から逃れられる人は極々僅かであり、その人たちを哲学者と呼ぶ。彼らは哲学を通し、新しい思考方式を人類に提示するのです。プラトンがイデアの概念を、デカルトは縦横高さの概念を、フッサールは現象学的還元を、ドュルーズは差異と反復を、、、彼らが概念を提示し、その概念が世の当たり前になった時に人類の認識世界は拡張を起こす。人間の思考方式を変えてしまう、、、 強烈なパワーです。昨日は99.999‥%と100%の違いに基づき、数学を用いて哲学の難題である「自由意志」と「決定論」をやりました。令和哲学者のNoh Jesu氏は「西洋の学問は詐欺である。」と言います。なんとも大胆な宣戦布告だと思いましたが、昨日のカフェの話を聞いていて「なるほど!」と合点がいきました。学問の王者である数学がマクロ世界の整合性でしか計算できず、ミクロ世界の微小なる差異を計算することができない。そんな曖昧な数学をベースにして、あらゆる学問を生み出す西洋の学問に人類は騙され続けていました。例えば、曖昧な数学をベースにした物理学が生み出した原爆、経済学が生み出した貧富の格差、社会学が生み出した鬱自殺殺人の蔓延する社会です。いかがでしょう?西洋哲学にFinal Answerを出さなければなりません。そうしなければ科学の暴走は止まらずに、人類を滅ぼしていくでしょう。令和哲学は西洋哲学の根っこにFinal Answerの楔を打ちます。そして「今まで」と「今から」を明確に分け、人類の思考方式を変化させる技術を提供していきます。本日21時〜22時半、ここでしか聞けないすごい話が飛び出ます。是非、聞きにいらしてください。本日は「女性性令和哲学」をお話しします。The 3rd term of Reiwa Philosophy Cafe started yesterday.I participate in the position of navigator. Since the opening of this cafe, I have been interested not only in philosophy but also in the roots of human thinking that change with the times.Human beings see, hear, and speak things through a way of thinking that is rooted in the collective unconscious. And very few people can escape from that way of thinking, and they are called philosophers. Through philosophy, they present a new way of thinking to humankind.Plato presents the concept of ideas, Descartes the concept of height and height, Hussar the phenomenological reduction, Druze presents the concept of difference and repetition, and when they present the concept and that concept becomes commonplace. The cognitive world of mankind causes expansion.It is a powerful power that changes the way humans think.Yesterday, based on the difference between 99.999% and 100%, I used mathematics to do the philosophical challenges of "free will" and "determinism.""Western scholarship is a fraud," says Reiwa philosopher Noh Jesu. I thought it was a bold declaration of war, but when I heard about the cafe yesterday, I got the point, "I see!".Mathematics, the king of scholarship, can only be calculated with the consistency of the macro world, and cannot calculate the minute differences in the micro world. Mankind continued to be deceived by Western scholarship, which produces all kinds of scholarship based on such ambiguous mathematics.For example, the atomic bomb created by physics based on ambiguous mathematics, the gap between rich and poor created by economics, and the prevalent society of depression, suicide and murder created by sociology. How about?We have to give a Final Answer to Western philosophy. Otherwise, the runaway of science will not stop and will destroy humanity.Reiwa philosophy puts the wedge of Final Answer at the root of Western philosophy. And we will clearly separate "until now" and "from now" and provide technology that changes the way of thinking of humankind.From 21:00 to 22:30 today, a great story that can only be heard here pops out. Please come and listen.Today, We would like to talk about "Femininity Reiwa Philosophy".

  • 24May
    • 人間は機械

      人間は機械です。幼き頃に自分のアイデンティティを決め、それによってどのように考え、どんな感情を持つかが決定されています。刺激は環境状況によって姿形を変えて多種多様ですが、起こる反応は同じということです。「そんなことはない!自分は心を持った人間だ!」と反論したくなりますが、残念ながら未だに心の機能を使えていないのが人間の現在地です。もし心の機能が使えていたらとしたら、世の中は今のようになっていないことでしょう。では心を使わずに何を使っているのか?・・・それは脳機能です。脳機能とは因果アルゴリズムで動く機械なのです。その機械は、記憶に基づき因果を重ね、神経ネットワークを作り出して電気刺激で動きます。一度作ったネットワーク以外の回路は通ることができず、同じ回路をぐるぐると回っているにすぎません。ということは、「人間は脳を使っている限り、機械である。」ということになります。そして悪いことに、ポストコロナの時代は「人間が機械である」が致命的になっていきます。なぜなら機械ならば、AIが代替可能だからです。感情によってアップダウンしてしまう柔な人間機械よりも、性能の良いAIの方が遥かに重宝されるようになっていくからです。コロナ禍という人類にとってのブラックボックス、、、このボックスの中をいかに過ごすかによって、コロナ禍が明けたポストコロナ時代は大きく変わります。今、人間が取り組まなければならないのは、心の感覚を開くこと。本質を観る眼、すなわち心眼を開くことです。心眼を開いた人間はもう、機械ではありません。なぜなら因果から自由になっているからです。その人は自由意志を手に入れた新人類と呼ばれるでしょう。そしてそれを人類規模で達成させようとしているのがノジェスです。3000年先の人類の未来を想定し、今なにをやるべきなのかのリテラシーを世に提示する。彼は言う。「心を使うのが一番得意とする民族、それが次の時代を牽引する。それは紛れもなく、日本です。」と。本日21時〜22時半 オンラインにて令和哲学カフェ第3期 start!「女性性哲学」について語ります。ファシリテーター:令和哲学者Noh Jesuナビゲーター:長岡美妃コメンテーター:森貴司、黒瀧京子、安田真理子、黒田麻衣子申し込みは以下より令和哲学カフェ | 意識をアップデートする意識をアップデートするreiwaphilosophy.comHumans are machines.He decides his identity at an early age, which determines how he thinks and what emotions he has.The stimuli change their appearance depending on the environmental conditions and are diverse, but the reactions that occur are the same.It's tempting to argue, "That's not the case! I'm a human being with a heart!"If the function of the mind could be used, the world would not be as it is now.So what are you using without using your mind? ... it is a brain function.Brain function is a machine that operates with a causal algorithm. The machine builds a neural network based on memory and works with electrical stimulation. Circuits other than the network once created cannot pass through, and they just go around the same circuit.That means, "Human beings are machines as long as they use the brain."And worse, in the post-corona era, "human beings are machines" becomes fatal.Because if it is a machine, AI can replace it. This is because high-performance AI will be far more useful than soft human machines that move up and down depending on emotions.The black box for humankind called the corona wreck ... The post-corona era after the corona wreck will change greatly depending on how you spend your time in this box.Now, what humans have to work on is to open up the senses of the mind. It is to open the eye to see the essence, that is, the mind's eye.

  • 23May
    • 無明の時代の曙

      この世界に変化なきものはなにもない。森羅万象は変化し続けている。それなのに人間の目は固定で見えてしまう、、、鏡に映った姿は刻一刻と変化しているのに、まるで同じ姿が映り続けていると勘違いを起こす。明らかに20代の私と今の私は、肌のハリも輝きも異なる。それこそが変化の証し。さみしいことですが。笑私の肌の話はさておき、変化する世界に絶対や完璧を求めるのは滑稽です。それなのに人類は絶対を求め、絶対を認め、絶対を主張し合い争う。時に殺し合いにまで至るのです。宗教紛争は無知ゆえの愚行です。世界はまだまだ無明の闇を彷徨っています。「真理なき時代がこんなにも悲惨であったのか」と、未来の人々が言う姿が見えるようです。では何をどうなれば、世界に光が射すのか、、、これは人間の脳の外に出るほかに道はありません。なぜなら世界とは、人間の脳に閉ざされた光の射さない錯覚空間だからです。人類はそれを直感したからこそ、即身仏や過酷な修行を繰り返したのでしょう。目を開ければオートで動いてしまう脳機能の止め方が分からなかった為、五感覚を鎮める行為を繰り返したのです。今この日本に、直観教育nTechが生まれています。「脳機能を止める=悟り」は、論理とイメージで「脳が鎮まった世界=心そのもの」を観てしまうことにより到達させる教育です。脳を使って脳を超える、すなわち毒を以て毒を制するやり方です。今、世界に必要なものは不確実な変化の商品ではありません。人間が本来持つ心の作用を開拓する教育です。世界から紛争をなくし、目に見えないウイルスの恐怖から解放するには、心の時代へのパラダイムシフトが必要です。そのためには人間自体を脳中心から心中心へと変えることなのです。5月24〜6月4日、令和哲学カフェを開催します。令和哲学者Noh Jesu氏がファシリテーター、私がナビゲーターをつとめ、心の時代を切り開くための新しい哲学を精一杯語らせていただきます。どうぞ応援よろしくお願いいたします!https://reiwaphilosophy.comAside from my skin story, it's ridiculous to seek absoluteness and perfection in a changing world. Nevertheless, humankind seeks absoluteness, admits absoluteness, insists on absoluteness, and competes. Sometimes they even kill each other. Religious conflict is folly because of ignorance.The world is still wandering in the darkness of unclearness. It seems that people in the future will say, "Is the era without truth so miserable?"So what and how the light shines on the world ... this is the only way out of the human brain. Because the world is an illusion space that is closed to the human brain and does not emit light.Because human beings instinctively did that, they probably repeated Sokushinbutsu and harsh training. I didn't know how to stop the brain function, which moves automatically when I open my eyes, so I repeated the act of calming the five senses.Intuition education nTech is born in Japan now. "Stopping brain function = enlightenment" is an education that can be reached by seeing "the world where the brain is calm = the mind itself" with logic and image. It is a method of using the brain to overcome the brain, that is, to control the poison with poison.What the world needs now is not a product of uncertain change.It is an education that cultivates the original action of the human mind.A paradigm shift into the age of the mind is needed to eliminate conflict from the world and free the fear of invisible viruses. To do this, we need to change the human being from the center of the brain to the center of the mind.The Reiwa Philosophy Cafe will be held from May 24th to June 4th.Reiwa philosopher Noh Jesu will be the facilitator and I will be the navigator, and I will do my best to talk about new philosophies to open up the era of the heart. Thank you for your support!

  • 22May
    • 99%の真理もどき

      厳密に言えば、共有共感を期待することは不可能です。それを分からずにコミュニケーションを取ると、どこかの段階で大きな挫折を感じるようになるか、あるいは薄っぺらい関係性に甘んじ続けなければならなくなります。ハイデガーの存在論にもあるように、一人一人が意識空間を有しており、志向性と共に存在者があるのです。そのことを知らずに、自分が感じる世界への共有共感を求めることは時に暴力になりえます。。。反省至極です。しかしそれを受け入れると、どうしたら良いのか分からなくなります。ゴルギアスの極端的懐疑主義が顔を出し、にっちもさっちもいかなくなるのです。なぜなら人間は、宇宙の中でポツンと孤独な存在であることを認めることになるからです。そのように、99%の真理もどきは懐疑主義にハマっていきます。そして人類700万年間、残りの1%なき暗黒の人類史を刻んだのです。いがみ合い、奪い合い、殺し合い、大量殺戮、相対比較や嫉妬で苦しみ、孤独の闇に己を閉し、真の友情など奇跡の一滴でしかなかった人類の現在地。たったの1%のために。人類ももう2021年になりました。そろそろファイナルアンサーを出しましょう。私は1%に出会いました。だから分かります。30年先の地球は「無」が当たり前になっています。それを現代の日本に伝えに来てくれたノジェス氏は、、、恐らく3000年先の未来人。笑冗談でなく、彼の伝えるメッセージはヤバいです。Strictly speaking, it is impossible to expect shared empathy.If you communicate without knowing it, you will either feel a big setback at some stage, or you will have to continue to settle for a flimsy relationship.As in Heidegger's ontology, each person has a space of consciousness, and there is a person with intentionality.Without knowing that, seeking shared empathy for the world you feel can sometimes be violent. .. .. It is the ultimate reflection.But if you accept it, you don't know what to do. Gorgias's extreme skepticism comes to the fore, and it doesn't go either way. Because humans will admit that they are lonely in the universe.As such, 99% of truth-like addictions are skeptical.And for 7 million years of humankind, it carved the dark human history without the remaining 1%.The present location of mankind, suffering from quarreling, scramble, killing, mass murder, relative comparison and jealousy, closing himself in the darkness of loneliness, and being a miracle of true friendship. For only 1%.Mankind is already in 2021. Let's issue the final answer soon.I met 1%.So I understand. "Nothing" is the norm for the earth 30 years from now.Mr. Noges, who came to convey it to modern Japan, is probably a future person 3000 years from now. LolNot a joke, his message is ridiculous.

  • 19May
    • 日本の世界戦略

      今、『哲学の誕生〜男性性と女性性の心理学』を読んでいます。歴史を追っていくと、文明の栄枯盛衰が潮の満ち引きように見えてくるのが面白い。分裂し隙を作った時、どんなに栄えた文明も滅びていく。振り返ると「あの時が転機だった。」というのがよく見えてきます。しかしその渦中にいる人には、潮が満ちているのか引いているのか分かりづらいのかもしれません。いつの時代も同じ。。。アメリカの日本潰し中国育ての戦略ふは今、大変なことになりつつあります。アメリカの舵取りはどこで間違ったのかは歴史が見せてくれることでしょう。ではアメリカはさておき、我が国日本はどうなのか?…ロックダウンも出来ずにワクチン頼り、膨大なお金を投資したオリンピックもできない状況に陥りつつあり、また少子高齢化の歯止めも効かない、、、貧乏な弱小国に成り下がっていく。そんな滅びの階段を一歩一歩降りて行っている感じがします。世界戦略を持たずにフラフラと大海を彷徨っていては、時代の波に飲み込まれて消えていく。そんな危機すら感じます。軍事においても核を持てない日本、経済面でもIT後進国にされた日本、、、日本に残されている強みは一体どこにあるのでしょう。それは教育です。今までのようは知識を教える教育ではなく、無知の知を教える。絶対的和を教える。世界は相対的和の限界で苦しんでいます。しかし日本は、絶対的和を教えることができる唯一無二の国。世界に無刀の心である絶対的和を教える、、、軍事でもなく、経済でもなく、教育で世界を和していく。これこそが日本の打ち出すべき世界戦略であると思います。I'm reading "The Birth of Philosophy-Psychology of Masculine and Feminine".It is interesting that the rise and fall of civilization seems to be the ebb and flow of the tide as we follow the history.No matter how prosperous a civilization is, it will perish when it divides and creates a gap. Looking back, I can clearly see that "that time was a turning point." However, it may be difficult for those in the whirlpool to know whether the tide is full or low.It's the same in every age. .. ..The strategy of crushing Japan in the United States and raising China is now becoming difficult. History will show you where America's steering was wrong.So what about Japan, aside from the United States? ... We are falling into a situation where we cannot lock down, rely on vaccines, and cannot even invest a huge amount of money in the Olympics, and we cannot stop the declining birthrate and aging population. I feel like I'm going down the stairs of destruction step by step.If you wander around the ocean without having a global strategy, you will be swallowed by the waves of the times and disappear. I even feel such a crisis.Japan, which has no nuclear weapons in the military, Japan, which has become an IT underdeveloped country in terms of economy, ... What are the remaining strengths of Japan?It's education. It is not an education that teaches knowledge as it used to be, but an education that teaches ignorant knowledge. Teach absolute harmony.The world is suffering from the limits of relative harmony. However, Japan is the one and only country that can teach absolute harmony. Teaching the world the absolute harmony that is a swordless heart ... We will reconcile the world with education, not military or economic. I think this is Japan's global strategy.

    • 多様性の楽しみ方

      多様性の楽しみ方を考えた。あらゆるものには差異があり、差異は楽しむ為にあるのだと知りながら、、、それでもその差異に感情が触れる時がある。まるで機械仕掛けのロボットのように、ボタンを押されれば感情のアルゴリズムが走っていく。「ちょっと待て」と声をかけるもう一人の自分を振り切って、感情のアルゴリズムは無情にも走り去る。「やれやれ」とため息をつくもう一人の自分が傍で苦笑している。これをどう解析するか。。。歴史上の聖人に思いを馳せてみる。彼らはまるで激しい感情がないかのように描かれ、興奮したり怒ったりせずにいつも穏やかである。あれは本当なんだろうか?、、、「嘘くさいな。」私の脳は弾き出す。では、好きな坂本龍馬に思いを馳せる。本当の彼自身は知らないが、描かれた彼の関係性の作り方はとても素敵に感じる私がいる。勝海舟を斬りに行くも、彼の観点に感銘を受けその場で弟子入りしてしまう柔らかさ。龍馬の行動の随所に、その柔からさをみる。・・・ここで見えてくるものがある。ボールは前から飛んでくるとは限らない、四方八方を開いておく。後ろからかもしれない、上からかもしれない、もしかしたら重力に逆らって下からかもしれない。どこから飛んでくるか分からないのだと、心に準備をさせておくこと。差異を楽しめる人の特徴は、まずボールがあらゆる角度から飛んでくることを知っており、そのボールを受け取ることを楽しんでいる。龍馬の剣術はオープンだったらしい。四方八方が空いているから、どこが隙だか分からないという。。。隙を作らないのではなく、すべてを隙にしてしまう。なんとも大胆で、なんとも清々しい。心の時代とはそんなものかもしれません。I thought about how to enjoy diversity.Everything has a difference, and while knowing that the difference is for fun, there are times when emotions come into contact with the difference.Just like a mechanical robot, the emotional algorithm runs when a button is pressed. The emotional algorithm runs away mercilessly, shaking off the other self who says "wait a minute". Another self, who sighs, "Do it!" Is laughing beside him.How to analyze this. .. ..Think of historical saints. They are portrayed as if they were free of intense emotions and are always calm without being agitated or angry. Is that true? ,,, "It's a lie." My brain pops out.Then, I think of my favorite Ryoma Sakamoto.I don't know who he really is, but I find him very nice in how he creates his relationships.Even though he goes to slash Katsu Kaishu, he is impressed by his point of view and becomes a disciple on the spot. You can see its softness everywhere in Ryoma's actions.... There is something you can see here.The ball does not always fly from the front, keep it open in all directions. It may be from behind, it may be from above, or it may be from below against gravity. Be prepared in your heart if you don't know where it will come from.One of the characteristics of those who enjoy the difference is that they first know that the ball will fly from all angles and enjoy receiving it.Ryoma's swordsmanship seems to have been open. He says he doesn't know where the gap is because he has vacant spaces on all sides. .. .. Instead of making a gap, it makes everything a gap. What a bold and refreshing.That may be the age of the heart.

  • 17May
    • みんな違って、みんないい。。。の嘘

      「みんな違って、それでいい。違いを認め合っていけばいい。」情報化社会の多様性の時代、様々な観点が生まれる中で上がる声です。私はそこに嘘臭さを感じます。なぜなら違いを認め合うと簡単に言うけれど、これほど難しいものはないのですから。人の数ほどある観点をどのようにまとめるのか、、、それが時代のリーダーたちの悩みでした。時に神という概念を使い、時に暴力を使い、時に財力を使ってまとめて来ましたが、今やスマホの普及によりお金の力でもまとめられないほどに個人の力が強まっています。複雑さが極地に達し、エントロピーが無限大まで膨れあがっています。もう綺麗事では済まされない時代なのでしょう。己の信念に触れない程度の表面的には相手に合わせることはできます。しかしいざ信念に触れるような出来事が起こった時、人は感情的になります。感情的になった人間は、、、そんな歴史を人類は繰り返しているのです。そのように、「認め合おう」的な相対的和は通用しない時代です。ではこのエントロピーはどうすればいいのでしょう?友達の女医は言いました。「地球が一旦、滅びるしかないのよ。」…う〜ん、元も子もないだろって。笑そうではなく、アインシュタインが言っているように、解決策は次元の違うところからやってくるのです。多様性を認める為には、バラバラの「存在」から見たらアウトです。物質のエネルギーは戦いのエネルギーなのですから。そうではなく存在を生み出す根源、すなわち「無想」から観る。人間機能である心感覚を開くのです。サムライたちが心感覚を鍛え、無刀の境地に達したように。誰もが到達可能な境地「無想」、そこから観る差異は美そのもの神秘でしかありません。エントロピー無限大まで達した人類は、その限界を境地で超えていくでしょう。"Everyone is different, that's fine. You just have to recognize the difference."It is a voice that rises as various perspectives are born in the age of diversity in the information-oriented society. I feel a lie there. It's easy to say that we recognize the differences, but nothing is more difficult.How to put together as many perspectives as there are people was a problem for leaders of the times. Sometimes I used the concept of God, sometimes I used violence, and sometimes I used financial power to put together, but now with the spread of smartphones, the power of individuals has become so strong that even the power of money can not be put together. Complexity has reached the poles and entropy has risen to infinity.It's an era when things aren't done cleanly anymore.On the surface, you can adapt to the other person without touching your beliefs. But when something happens that touches your beliefs, you become emotional. Human beings who have become emotional ... Human beings are repeating such a history.In this way, the relative sum of "let's recognize each other" does not work. So what should we do with this entropy?My friend's female doctor said. She said, "The earth has no choice but to perish." LolInstead, as Einstein says, the solution comes from a different dimension.In order to recognize diversity, it is out of view from the disjointed "existence". The energy of matter is the energy of battle.Instead, we look at it from the root that creates existence, that is, "unimaginable." It opens the human sense of mind. Like the samurai trained their minds and reached the point of being swordless.The boundary "unimaginable" that anyone can reach, and the difference seen from there is the mystery of beauty itself.Mankind, who has reached infinity of entropy, will exceed that limit at the border.

  • 13May
    • 日本式ロックダウン

      コロナが一向に収束に向かわない。それどころかかなり酷い状況に転じている。東京オリンピックも出来ない方向に流れている、、、この先の日本はどうなっていくのか。オリンピックをやるな!やるな!と言う人たちに、どれだけの先を見越した覚悟あっての発言なのかを伺いたくなる。ロックダウンの決断もせず、ワクチンの普及速度も遅く、だらだらとした緊急事態宣言を続ける。国民の体も経済も心も、足の着かない空中にずっと浮かされ続けている感覚である。世界一我慢強い国民性を持ってしても、これが続くならば我慢の限界がすぐそこでしょう。日本にはリーダーシップがないのです。責任を取るリーダーがいないのです。なんの為の政治家なのか…くだらない議論を繰り返し、国民を向かわせる方向性も提示せず、日本の世界戦略も語られない。骨抜き日本が露呈しています。明確な答えが必要な時代です。明確な答えとは、すべての問題に繋がる答えです。私たちは2020年3月に「日本式ロックダウン」の提案をしました。日本医師会や何人かの政治家にお会いして、その必要性を語り回りました。しかし2021年5月時点の結果は現状です。世界、特に日本は覚悟しなければならないのです。今回のコロナは中途半端では許されません。対症療法で乗り切れる代物ではなく、根治治療に入らなければならないのです。ロックダウンとは何かを明確にし、ウイルスとは何かを明確にし、文明の膿を作り出す脳のウイルスにメスを入れること。日本は次の時代を牽引する責任を持たされている国です。オールリセットする覚悟しなければならないのです。Corona does not go to convergence at all.On the contrary, the situation has turned into a rather terrible situation.The Tokyo Olympics are moving in a direction that cannot be done ... What will happen to Japan in the future?Don't play the Olympics! Don't do it! I would like to ask those who say how proactively they are.He did not make a lockdown decision, the vaccine spread slowly, and he continued to declare a sloppy state of emergency. It is a feeling that the body, economy, and mind of the people are kept floating in the air where they cannot reach their feet. Even if you have the most patient national character in the world, if this continues, the limit of patience will be just around the corner.There is no leadership in Japan. There is no leader to take responsibility. What is the politician for? ... Repeated silly discussions, did not show the direction to direct the people, and could not talk about Japan's global strategy. Watered Japan is exposed.It is an era when a clear answer is needed. A clear answer is an answer that leads to all problems.We proposed "Japanese style lockdown" in March 2020. I met with the Japan Medical Association and some politicians and talked about the need. However, the results as of May 2021 are the current situation.The world, especially Japan, must be prepared. This corona is not allowed halfway. It is not a substitute for symptomatic treatment, but a curative treatment.Clarify what lockdown is, what virus is, and put a scalpel into the virus in the brain that produces the pus of civilization. sootJapan is a country that has the responsibility to lead the next era. You have to be prepared to reset everything.

  • 11May
    • 日本のコロナ対応

      コロナが一向に収束に向かわない。それどころかかなり酷い状況に転じている。東京オリンピックも出来ない方向に流れている、、、この先の日本はどうなっていくのか。オリンピックをやるな!やるな!と言う人たちに、どれだけの先を見越した覚悟あっての発言なのかを伺いたくなる。ロックダウンの決断もせず、ワクチンの普及速度も遅く、だらだらとした緊急事態宣言を続ける。国民の体も経済も心も、足の着かない空中にずっと浮かされ続けている感覚である。世界一我慢強い国民性を持ってしても、これが続くならば我慢の限界がすぐそこでしょう。日本にはリーダーシップがないのです。責任を取るリーダーがいないのです。なんの為の政治家なのか…くだらない議論を繰り返し、国民を向かわせる方向性も提示せず、日本の世界戦略も語られない。骨抜き日本が露呈しています。明確な答えが必要な時代です。明確な答えとは、すべての問題に繋がる答えです。私たちは2020年3月に「日本式ロックダウン」の提案をしました。日本医師会や何人かの政治家にお会いして、その必要性を語り回りました。しかし2021年5月時点の結果は現状です。世界、特に日本は覚悟しなければならないのです。今回のコロナは中途半端では許されません。対症療法で乗り切れる代物ではなく、根治治療に入らなければならないのです。ロックダウンとは何かを明確にし、ウイルスとは何かを明確にし、文明の膿を作り出す脳のウイルスにメスを入れること。日本は次の時代を牽引する責任を持たされている国です。オールリセットする覚悟しなければならないのです。日本式ロックダウンと海外のロックダウンの違いperaichi.com一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.comCorona does not go to convergence at all.On the contrary, the situation has turned into a rather terrible situation.The Tokyo Olympics are moving in a direction that cannot be done ... What will happen to Japan in the future?Don't play the Olympics! Don't do it! I would like to ask those who say how proactively they are.He did not make a lockdown decision, the vaccine spread slowly, and he continued to declare a sloppy state of emergency. It is a feeling that the body, economy, and mind of the people are kept floating in the air where they cannot reach their feet. Even if you have the most patient national character in the world, if this continues, the limit of patience will be just around the corner.There is no leadership in Japan. There is no leader to take responsibility. What is the politician for? ... Repeated silly discussions, did not show the direction to direct the people, and could not talk about Japan's global strategy. Watered Japan is exposed.It is an era when a clear answer is needed. A clear answer is an answer that leads to all problems.We proposed "Japanese style lockdown" in March 2020. I met with the Japan Medical Association and some politicians and talked about the need. However, the results as of May 2021 are the current situation.The world, especially Japan, must be prepared. This corona is not allowed halfway. It is not a substitute for symptomatic treatment, but a curative treatment.Clarify what lockdown is, what virus is, and put a scalpel into the virus in the brain that produces the pus of civilization. sootJapan is a country that has the responsibility to lead the next era. You have to be prepared to reset everything.

    • 大和魂の願い

      大和魂が動いています。その動きをキャッチする魂が増えているのが分かります。SNSの投稿には「日本はIT後進国だ。」「若者は日本から出るべきだ。」「日本は終わっている。」などと書かれている反面、作用があれば反作用・・・「日本から世界を変える!」「次の文明は日本から」などと言う人たちもいます。私は後者にポジションを取りますが、日本が民族主義に陥らないことを何よりも注意しなければなりません。後者のポジションを取る人たちの中には、必ずと言っていいくらい「縄文」という言葉を引っ張り出す人がいます。何かと言えば「縄文」と、、、ここに全ての答えがあるような、そこはまるで桃源郷だったと言わんばかりに。そういう人に出会うと、質問したくなります。「縄文という言葉で、傷ついた日本のプライドをシャドウに隠していませんか?」「縄文で世界77億人は納得するでしょうか?」「選民優越思想に浸っていないでしょうか?」「本気で、日本から世界を変える気はあるのですか?」世界を導く大望を持たず、自慰行為ならば分かります。しかしもし、その人の志が「文明のパラダイムを変える」と言うならば、宗教や神話やイデオロギーでは不可能であることを受け入れること。それらは百害あって一利なし、新たな争いの火種を生むだけです。文明を変える!、この大事業は自慰行為では起こせません。それには集団の大決断が必要不可欠です。では何を決め、何を断つのか?・・・日本は日本をzero化すること。今まで築き上げてきた日本文明のプライドをすべて、捨て去ることです。世界を大和(だいわ)に導くには、すべてをリセットするしか道はない。一点の存在も許さない!それほどの強烈なリセットです。自国の利益、自国の誇り、自国の歴史、自国の文明、自国の神話、、、それらが世界平和を邪魔しています。ならば、一掃するしかないでしょう。「その勇気はありますか?」と、大和魂は問うてます。Yamato soul is moving.I can see that the number of souls catching that movement is increasing.SNS posts say, "Japan is an IT underdeveloped country." "Young people should leave Japan." "Japan is over." On the other hand, if there is an action, it will react ... "Japan Some people say, "Change the world from Japan!" "The next civilization will be from Japan."I take the position of the latter, but I think we must be careful not to fall into nationalism above all else.Some of the people who take the latter position almost always pull out the word "Jomon". Speaking of something, "Jomon" ... There are all the answers here, just like saying that it was Taoyuan Township.When I meet such a person, I want to ask a question."Are you hiding your injured Japanese pride in the shadows with the word Jomon?""Will the 7.7 billion people in the world be convinced by the Jomon period?""Are you immersed in the idea of ​​superiority complex?""Are you really willing to change the world from Japan?"You can understand if you masturbate without having the ambition to lead the world. But if the person's aspirations say "change the paradigm of civilization," accept that religion, mythology, and ideology are not possible. They are harmful and have no advantage, they only create a new source of conflict.Change civilization! , This big business cannot be started by masturbating. A big decision of the group is indispensable for that.So what do you decide and what do you cut off? ... Japan should make Japan zero. It is to throw away all the pride of Japanese civilization that we have built up so far.The only way to lead the world to world peace is to reset everything. You do not allow the existence of one point! It's such a strong reset.Your interests, your pride, your history, your civilization, your myths ... they are interfering with world peace. Then there is no choice but to wipe it out."Do you have the courage to do that in Japan?" Asks Yamato-soul.

  • 10May
    • 未来からの教育、それは認識の変化を起こすもの

      4/29から始まったnTechリーダーシップ研修が本日で終わりました。今、とても不思議な感覚をまとっています。とてつもなく長く、とてつもなく遠くへの旅。。。13日間の旅を終えて帰ってきた所は、13日前にいた場所とはまったく異なる所のようです。目に映る模様形は必死に嘘をついており、流れる時間は物語を作りながら、私を必死に騙そうと涙ぐましい努力をしている。今、部屋の中をぐるりと見回し、私は言う。「みんな、ありがとう。でも、もう騙されないんだ。」私たちは物質の中に閉じ込められていた。まるで岩に閉じ込められたを魚のように。重力に縛られ、脳に縛られ、因果に縛られ、秩序に縛られ、言語に縛られ、、、気が遠くなるほどの不自由さの中に押し込められていた。あらゆる時空間存在が優しい嘘をつき、私が絶望を覚えるのを待っていた。そして体人間としてのFinal Question「この世界はなんなんだ!!」の叫びをあげた時、そのベールを剥ぐ用意をしてくれる。すべては心の変異体、心だけが実在する。あらゆるものは脳が作り出す錯覚。そのことが一分の隙もなく理解でき、感覚までも変化させてしまう13日間のnTechリーダーシップ研修。未来からのやってきた研修と言っていい。そしてその総指揮を執ってくれたNoh Jesu氏、彼は天地をひっくり返す以上のショックを人類の認識に与えるだろう。「いいかい、物質の宇宙など実在しないんだ。模様形、主語述語に騙されちゃだめだ。」人類は岩を外し、自由に泳ぎ回れる大海に戻ることができるnTech。これが世界の教育のスタンダードを塗り替えていくでしょう。The nTech Leadership Training, which began on April 29, has ended today.I'm wearing a very strange feeling now.A tremendously long, tremendously distant journey. .. ..The place where I came back after the 13-day trip seems to be a completely different place from where I was 13 days ago.The pattern in my eyes is desperately lying, and the flowing time is making a tearful effort to deceive me while making a story.Now look around the room, I say. "Thank you everyone, but I can't be fooled anymore."We were trapped in matter. Like a fish trapped in a rock. It was bound by gravity, bound by the brain, bound by causality, bound by order, bound by language, and squeezed into a daunting inconvenience.Every spatiotemporal being lied gently, waiting for me to feel despair. And when he shouts "What is this world ?!" as a final question as a human being, he prepares to unveil it.Everything is a mutant of the mind, only the mind is real. Everything is an illusion created by the brain.A 13-day nTech leadership training that allows you to understand that without a minute and even change your senses. It can be said that the training came from the future. And Noh Jesu, who took the overall command, will give humanity more shock than turning it upside down."Okay, the universe of matter doesn't really exist. Don't be fooled by patterns and subject predicates."NTech allows humans to remove rocks and return to the ocean where they can swim freely. This will set the standard for education in the world.

  • 23Nov
    • 『令和哲学カフェ〜ツァラトゥストラ』の画像

      『令和哲学カフェ〜ツァラトゥストラ』

      『令和哲学カフェ〜ツァラトゥストラ』論理など机上の空論である。いくら論理的な理想や美しい世界を語られようと、今ここの自分に繋がらなければ、私と何の関係があろうか。。。論理が人を行動に駆り立てるのではない。論理を知り己の思想に昇華した時はじめて、この世で使い物となる。論理は素材そのもの。それを加工しなければ無用の長物である。いや、それ以上にタチが悪いこともある。誰かの創造した論理を外から考察しているだけなら、なんの変容も起こらない。世界の哲学者たちの姿勢に学ぶこと多し。彼らは誰かの論理を決して鵜呑みにはしない。己の直観の中で昇華させ、更なる論理を構築し創造するのだ。ニーチェは言う。「血をもって書かれたもののみを愛する」自分の人生を生きるとは、自分の思想を生きるということだ。例えそれが孤独の道であったとしても…。『ツァラトゥストラ』テツドク、私がファシリテートします。是非、聴いてください!It is a desk theory such as logic.No matter how much you talk about your logical ideals and beautiful world, what would you have to do with me if you weren't connected to yourself right now? .. ..Logic does not drive people to action. Only when you know the logic and sublimate it into your own thoughts will it be useful in this world.Logic is the material itself. It is useless if it is not processed. No, sometimes it's worse than that.If you just consider the logic created by someone from the outside, no transformation will occur.I often learn from the attitudes of philosophers around the world. They never take someone's logic.Sublimate in your intuition and build and create more logic.Nietzsche says. "I love only what is written with blood"To live your life is to live your thoughts. Even if it's a lonely road ...~~~~~~~~~~~~~~~~【ポストコロナ on-line会議】#25 12月3日(木)19:00〜21:00「ポストコロナ時代の日本の観方 50代編」交流会21:10~22:10お申し込み・詳細https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/11月23日〜27日21:00〜22:30参加費無料You tubeまたはZOOM参加にて【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ