真の医療者をめざして
★★ Twitterを始めました! ★★
https://twitter.com/MikiNagaoka
  • 12Jul
    • ポストコロナon line会議 スペシャルトークライブの画像

      ポストコロナon line会議 スペシャルトークライブ

      ポストコロナon line会議 スペシャルトークライブ〜 笑顔共和国の福田純子大統領と令和哲学者Noh Jesu氏 〜いや〜感動でした。二人は「1」なるものでお互いがつながっていることを認識している。そんな心感覚が開かれた者同士。このような二人が出会うと、こんなにも美しいharmonyが奏でられるのか・・・と、ため息が出るほどだった。純子大統領は笑顔共和国、意識で繋がるミロクの世をその目に映し、Noh氏は精神cellが作り出す共同体主義、人と人とが尊厳で繋がる美学の世を映し出す。お二人の共通は「腹の据わり」。時代が彼らに追いついていない時、彼らは胡散臭がられたり、変人と揶揄されたことが多々あっただろう。。。しかし、彼らの目には存在を見るよりも、ハッキリと未来の文明の姿が観えていた。長い年月、彼らは一貫している。そこに1mmのブレもない。このような人たちが新しい文明を築いていくのだ。世に合わせるのではなく、世が彼らの意思に合っていく。。。なんてかっこよく、なんて柔らかな、なんて優しいお二人なのだろう。Noh氏が言っていた。「本当の人間は美しいんだよ。」それを体現された二人・・・すばらしいトークライブでした。You Tubeでも観れますので、是非ご覧ください。ポストコロナon line会議 スペシャルトークライブ動画はこちらからご覧ください。https://youtu.be/mk5lcesS3mAPost-Corona on line Conference Special Talk Live〜 President Junko Fukuda of the Republic of Smiles and Reiwa Philosopher Jesu Noh 〜I was impressed.The two are aware that they are connected to each other by a “1”.Those who have such an open mind. When these two people met, I sighed, wondering if such a beautiful harmony could be played.President Junko reflected in the Republic of smiles, the world of Miroku connected by consciousness,Mr.Jesu Noh projects the world of communityism created by the spiritual cell, aesthetics where people are connected with dignity.The common thing for both of them is “preparation”.When the times weren’t catching up with them, They were likely to be tinkled or ridiculed as weirdos.,,But in their eyes, they could see the civilization of the future clearly rather than seeing its existence.Over the years, they have been consistent.There is no blur of 1mm there.Such people build a new civilization. The world adapts to their will, not the world.How cool, how soft and gentle they are!Mr. Jesu Noh says “ A real human is beautiful.” Two people who embody it.It was a wonderful talk live.You can also watch it on You Tube, so please take a look.~~~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 11Jul
    • 『人間は美しい・・・NEXT 北海道からのメッセージ』の画像

      『人間は美しい・・・NEXT 北海道からのメッセージ』

      『人間は美しい・・・NEXT 北海道からのメッセージ』生きるのに悩む暇などない生きる神秘を楽しむこと苦痛の歴史を終わらせること「1」が分かって、「1」で生きる人は美しい。何のために生きるのか・・・時代のミッションに沿う為にどのように生きるのか・・・神秘神聖の無限の歓喜悦楽で人間が五感覚ではなく、それを生み出した心感覚を開いた時、人間は美しい存在となるのでしょう。空に瞬く星に憧れる暇はなく、地上に瞬く星となれ!そんな呼びかけを聞いた。涙の感動でした。ありがとう!NEXT 北海道!I have no time to worry about living.Enjoy the mystery of living.Ending the history of distress.People who know “1” and live by “1” are beautiful.What do you live for… To meet the mission of the timesHow to live... with mysterious sacred infinite pleasure and delightWhen humans open the sense of mind that created the five senses, they will become beautiful beings.There’s no time to admire the twinkling stars in the sky, and become yourself a star on the ground that twinkles!I heard such a call. I was so moved that I could cry.Thank you! Next Hokkaido!~~~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

    • 『7/11、2匹の女龍との出会い』の画像

      『7/11、2匹の女龍との出会い』

      『7/11、2匹の女龍との出会い』今の時代、狂気が必要だ。一人の狂気が伝染し、一人また一人・・・と世界に狂気が広がり、今ある常識が非常識になっていく。そして、その狂気はこう叫んでいる。「恒久世界平和の実現は可能だ!」「その立役者は唯一、日本だ!」狂気の発信源は”Noh Jesu”私は彼と出会い、日本の真の姿と出会った。そしてこの国の真の願いを聞いた。そんな彼の伝染力は、日本列島の龍の頭にも感染し、北海道の女の龍「星澤幸子先生」、九州の女の龍「福田純子先生」が共に声を上げていく。星澤先生は、北海道では知らない人がいない料理研究家。北海道の「道」はただの道ではない!と大和撫子そのものの熱い方。福田先生は、笑顔共和国大統領。笑顔で世界を変えていく。そんな柔らかい女性性をもった憧れの大和撫子。7/11、日本列島の女龍二人が大きな渦を作り、Japan Missionを背負ったNoh Jesuを渦のど真ん中に立たせる。「7/11・・・この二人の女龍とNohさんとの同日の出会い、それは偶然にしては出来過ぎだ」と、私は一人呟いた。今、大きな時代の流れが押し寄せてきている。日本、大和魂が完全に目覚める時がきている。どうぞ午後と夜、参加して狂気に酔いしれてください。We need madness in this era.One person’s madness becomes contagious, and one person goes one by one, and madness spreads throughout the world, and the common sense now becomes insane.The madness cries out.#Realization of world permanent peace is possible!”“The only influential player is Japan!”The source of madness is Mr.Jesu Noh.I met him and met the true image of Japan. And I heard the true wish of this country.His contagiousness also infects the dragon head of the Japanese archipelago, and the female dragon in Hokkaido “Professor Sachiko Hoshizawa” and the female dragon in Kyushu “ Professor Junko Fukuda” speak out together.Professor Hoshizawa is a cooking researcher, and in Hokkaido, no one knows her.She said that the” road” in Hokkaido is not just a road! To speak Its appearance is Yamato Nadeshiko itself.Professor Fukuda is the President of the Republic of Smiles. She is also Yamato Nadeshiko who has such a soft feminity.On7/11, two female dragons in the Japanese archipelago make a big whirlpool.And the whirlpool they made makes Mr.Jesu Noh, who carried the Japan Mission, stand in the middle of the whirlpool.“7/11,,, these two dragons and Mr.Jesu Noh met on the same day, and it’s just coincidental,” I murmured.Now, the flow of a big era is rushing, It is time for Japan, Yamato soul to completely wake up.Please join us in the afternoon and evening and get drunk with madness.~~~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 10Jul
    • 『考えの材料をなくす』の画像

      『考えの材料をなくす』

      『考えの材料をなくす』「考えの材料がなくなることだよ。」とその人は答えた。誰かの質問だった・・・「浮かんでくる考えに苦しめられます。どうしたらいいでしょうか?」考えとは、摘み取っても摘み取っても生えてくる雑草のようなもの。その考えに人は苦しめられている。外来をやっていても患者さんが言う。「考えが止まりません。」と。人間は、自分の生み出した考えに捕らわれて雁字搦めになって苦しむ・・・自分が生み出したものによって苦しむなど、滑稽の極みだと分かっていても。ポコポコと生まれてくる考えは一体、どこから来るのだろう?考えを生み出す源とは何だろう?   布の材料は繊維であり、繊維なくして布はできないように、考えの材料がなければ、考えは生まれない。「考えの材料とは何か?」・・・その人からの秀逸なる問い。私はヴィパッサナー瞑想をしていた時を思い出していた。不思議な体験がある。瞑想を始めて4日目の朝、いつものように座布団の上に座った。前日までは、止め処のない考えがひたすら続き、あまりの酷さに自分の精神を疑ったほどだ。しかしその日の朝は、座った瞬間から考えが何一つ浮かんでこない。何一つ・・・。「あれ?」っという感覚。その代わり、凄まじいほどの集中力と、内面の世界がドーンと開けたような。。。この耳は、100km先に落ちた針の音も拾うだろうと薄っすらと思ったことを思い出す。あの体験、、、あれが考えの材料がなくなった瞬間だったのだろう。考えという布が、材料枯渇のため織られてこないとでも表現しようか。「考えの材料をなくすことだよ。」と、そして「そこから人間の本当の考えは始まる。」と、、、「だから、未だ人間は始まってないのだ。」とその人はあっさりと言う。人類の教育はすべて、知を増やすことに走っている。知の量で、人間の価値を測るかのように。しかしその人は言う。「無知こそ、価値だよ。」「知で人類は争う、自己否定する。知など、、、点より小さな瓶の中の寝言に過ぎない。」と。人類の教育革命!知を教える戦争人間量産ではなく、無知の知を教える和を築ける人間量産へ、今それが急がれていると思う。“It’s about wiping out material of thought”, he replied.It was someone’s question,,,”I’m struggling with the thought that come to me. What should I do?” Thoughts are like weeds that grow repeatedly even when picked. People are suffering from thoughts. The patient says in an outpatient setting. “I can’t stop thinking.”Human beings are caught in the thoughts they produce,,,Even if you know that it’s humorous that you suffer from what you produce.Where does the uninterrupted thought come from? What is the source of thought?The material of thought is a fiber, and the thought cannot be born without the material of the thought like the cloth cannot be made without the fiber.“What is the source of the thoughts?”,,, excellent question from him.I remember when I was in Vipassana meditation.I have a mysterious experience. On the morning of the 4th day after starting meditation, I sat on the cushion as usual. Until the day before, I couldn’t stop thinking, and I doubted my spirit in such a terrible way.However, on that morning, no thought came to me from the moment I sat down. The feeling of “that?”Instead, it's a tremendous amount of concentration and the inner world seems to open up… I remember thinking that my ears would also pick up the sound of needles that fell 100 km away.That experience… I think it was the moment when the material of thought disappears.Let's say that the cloth of ideas is not woven due to the exhaustion of materials."It's about getting rid of the material of thought," and "there is the real thought of human beings," and "that's why humans haven't started yet.”Humankind's education is all about increasing knowledge. As if to measure human value with the amount of knowledge.But the person says. "Ignorance is value.”"With knowledge, humankind fights, self-denies. Knowledge, etc... is nothing more than a sleep story in a bottle smaller than a dot.”Educational revolution of humanity! I think that there is an urgent need for mass production of human beings who can build harmony that teaches ignorance, rather than mass production of humans who teach war.~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 08Jul
    • 『考えや感情から自由』の画像

      『考えや感情から自由』

      『考えや感情から自由』凄まじいことを知った。考えや感情は、雑草のように生えてくるものだと思っていた。考えたくなくても考えが浮かび、感情の嵐に勝手に飲み込まれていく・・・。しかしその人は言っていた。「考えたい時に考える。自分が感じたい感情を自分が設計するんだ。」と。そして「それが主体的に生きるということだ。」と。昨日の令和哲学カフェ、一人の質問者から始まった気づきの連鎖・・・あまりにも凄まじい夜だった。その気づきを記しておきたい。。。すべてにおいて機械的条件反射が働いている。自分のアイデンティティという決まったお皿に合う料理しか載せないのだ。人生とは、決められたお皿に載る料理だけを食べるようなもの。お皿が汚れていれば、そこにどんな料理が載っても不味くなる。ピカピカに磨かれた綺麗なお皿ならば、たとえレタス1枚であっても見た目も味も美味しくなると言うように。・・・そんなことは当たり前だと思うだろう。しかし、今の話はお皿が「有る」が大前提。お皿が汚れていようが綺麗であろうが、お皿によって料理のコンディションは決められてしまう。考えも感情もお皿次第ということだ。更に言うなれば、お皿に載った料理を食べるという機械的条件反射をしているにすぎない。真の主体となるためには、機械的条件反射から完全に外れ、自らがお皿を作ることから始めなければならない。そうでなければ、汚かろうが綺麗だろうが既成のお皿を使っているにすぎないからだ。そして1からお皿を創造する人間になった時、自分の感じたい感情を設計しそれを感じ、考えたいことを考えたい時に考えるという効率のよい脳の使い方ができるようになる。脳は心の道具なのだ。なんだ!!人間は完全に自由だったではないか!!考えや感情は、道具に過ぎなかったのだ。本当の人間は、解析の主体!歓喜悦楽!I learned something terrible.I thought that my thought and feeling would grow like weeds. Thought I don’t want to think about it, my thoughts come to my mind and I am swallowed by the storm of emotions.But he says.” Think when you want to think. You design the emotions you want to feel.” And” it means to live independently.”Yesterday’s Reiwa Philosophy Cafe, a chain of awareness that began with one questioner. It was a terrible night.I would like to make a note of this,,,Yhe mechanical conditioned reflex is working in all. We put the dishes on a plate of our identity. Life is like eating only the dishes on a set plate.If the dishes are dirty, no matter what dishes are on it, it will be unpleasant. You can say that a beautiful dish with a shiny finish will look and taste delicious even with a single lettuce…You would take it for granted.However, the main premise of this story is that there is a plate. Whether the plate is dirty or clean, the plate determines the condition of the dish. It means that both thoughts and feelings depend on the plate. Furthermore, it is just a mechanical reflection of eating dishes on a plate.In order to become a true subject, one has to be completely out of the mechanical conditioned reflex and make the plate himself. If not, the plates may be dirty or clean, but they just use ready-made plates.When you become a person who creates dishes from scratch, you will be able to use the brain efficiently, designing the emotions you want to feel. And thinking when you want to think.The brain is a tool of the mind.What!! Humans were completely free!! Thoughts and emotions were nothing more than tools.Real humans are the subjects of analysis! Delight and pleasure!~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 07Jul
    • 『自分の尊厳は自分で守れ』の画像

      『自分の尊厳は自分で守れ』

      『自分の尊厳は自分で守れ』「自分の尊厳は自分で守れ。」と、その人は言う。人の言葉や環境によって、舞い上がったり凹んだり、、、人の心は忙しい。「心をどこに置くのか?依存するな。」と、その目は弱々しい脆弱な人間の心を射抜いてくる。「人生をエキストラではなく、主人公として生きることだ。」と淡々と説くその姿は、尊厳とは何かを背中で語る。尊厳とは、荒れ狂う大海原であっても船のオールを決して手放していない姿。その姿はふらふらと浮かでいるだけのように見え、ボロボロになりながら進んでいるようにも映る。人はその姿を哀れんだり、蔑んだりするが、本人の手中にはオールはしっかりと握られている。世界を自らが設計した感情で見つめることだ。世界を自らの哲学を持って見つめることだ。人生を自らが生み出した壮大な大絵巻物として完成させることだ。それが尊厳で生きるということ。自分の人生は自分で守れ。“Protect your dignity yourself”, he says.Depending on the words of others and the environment outside, people are soaring or denting, and their hearts are busy.“Where do you put your mind? Don’t depend on it.” The eyes penetrate the weak and fragile human heart.“You should live your life as a protagonist, not an extra,” he plainly explains. The form of existence says, “ What is dignity?”Dignity is the appearance of never letting go of ship’s oars even in the raging ocean. It looks like it’s just fluttering, and it also seems to be moving in tatters. People pity and despise their appearance, but the oar is firmly held in his hands.Stare at the world with emotions designed by you.Stare at the world with your own philosophy.Complete life as a magnificent picture scroll created by himself.That is to live in dignity,,,Protect your life yourself.~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 06Jul
    • 『世界基軸教育について語る』の画像

      『世界基軸教育について語る』

      『世界基軸教育について語る』人類の進化とは何か?一言で答えれば「概念の拡張」である。人間とは、漠然とした「体」ではない。人間とは、認識の結果態である。人類史を顧みても分かるように、認識の変化による概念の拡張によって、人類は進化を辿っている。”天動説から地動説””存在(認識)から時空間(認識)”と概念が拡張してきた。そして今、人類はまた一つの大きな認識のクレバスを渡ろうとしている。今まで人類500万年間し続けてきた「五感覚認識」を超えて、「心感覚認識」を獲得するという偉業を成し遂げる。”なぜ存在の本質が見えない?”それは五感覚認識(体の目)だから。このことが分かりさえすれば、私たちは宇宙など点の中に入れてしまうことができる。Big Bangは宇宙の膨張ではなく、点の中で起こるバブルの破裂にすぎず、人間とはBig Bangを1秒間に10の500乗回起こしている主体そのものであることを認識できる。人類は小さき瓶から自由になり、やっと人間が始められるのだ。私は、昨日までのnTech World View 3 daysで「人間の概念の拡張はここまで起こるのか!」と唸りっぱなし。What is human evolution?In a word, it is “expansion of concept”.Humans are not vague “body”.Human is a result of recognition.As can be seen from the history of humankind, human beings are evolving due to the expansion of concepts through changes in recognition.From the Ptolemaic theory to the Copernican theory,From recognition of existence to recognition of space-time.And now mankind is about to cross one big recognition crevasse.Humankind achieves the feat of acquiring “heart sense perception”.Beyond the “five sense perception” that humankind has been doing for 5 million years.Why can’t you see the essence of existence?because it is the five senses(the eyes of the body).If we understand this, we can put it in a point such as the universe.Big Bang is not the expansion of the universe, it is just the bursting of bubbles in a dot, and we can recognize that human beings are the subjects who are causing Big Bang 10 500 times a second.Humankind is free from a small bottle….At last humans can start.During the 3days of nTech World View until yesterday, I groaned “Is the expansion of the human concept so fa?!”If this became a world-centered education, humans would graduate from the bottle of subjectivity and deepen my conviction that we would not fight in the bottle.~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 05Jul
    • 『考えとは』の画像

      『考えとは』

      『考えとは』考える方法には、2つがある。①経験論②合理論とその前に・・・考えとは雑草のようにポコポコと生まれる統制不可能なものではなく、明確な問いに対する明確な答えを得ようとする能動的なものを「考え」と定義する。人間は人生で様々な問いを持つ。その問いの中で、宿命的課題とも言える問いは「自分とは何者なのか?」である。その命題に対し、あらゆる学問、宗教、倫理道徳が走っていると言える。経験論はどんなに頑張ってみたところで、一人の人間のたかだか100年くらいの経験範囲で知り得た情報を材料にするにすぎない。地球や太陽系の軌道をピタリと当てる数学物理学は合理論の権化であるが、それも知り得て宇宙空間の中に止どまる。脱線だが・・・「俺の疑問は、宇宙の外はどこにあるのか?」と、ずっと昔に先輩医師が飲み会の席で言っていたことを思い出す。経験論でも合理論でも、人類は命題に対する答えを得ることはできない。そしてこれを鋭く射抜いたのが哲学者カントである。彼の言う純粋理性批判である。子供の頃、よく大人に言われた。「よく考えろ!」と。今ならそんな大人に聞きたい。「何をどのように考えればいいのですか?」そんなことを聞けば、かわいくない子供かもしれないが(笑)・・・本当は「私たちは何も正しく知っていることなどない。」ということが考えの出発にならなければ、人類の争いは決して止むことはない。There are two ways to think.①rationalism②empiricismBefore saying that,,,Thoughts are not uncontrollable as weeds, but we define “thoughts” as trying to get clear answer to a clear question.Humans have various questions in their lives. Among those questions, the question that can be said to be fatal task is “who is I?”It can be said that all scholarship, religion, and ethics and morals are running for that proposition.No matter how hard I try, the empiricism is only based on the information that one person has gained within a 100-year experience.Mathematical physics, which exactly hits the orbits of the earth and the solar system, is an incarnation of rationalism, but what we can know is that it is only a concept in outer space.It’s an excursion, but…”My question is, where is the outside of the universe?” I remember what a senior doctor used to say at a drinking party a long time ago.Neither empiricism nor rationalism ca give the answer to the proposition.And it is the philosopher Kant who has sharply projected this. It is his criticism of pure reason.When I was a kid, I was often told by adults. “Think carefully!” Now I want to ask such an adult “What and how should I think?”A child who says such a thing is not cute…The truth is that human races will never cease unless “Thought” that “we do not know anything right” is the starting point.~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 04Jul
    • 『2日連続、感染者数100人越え』の画像

      『2日連続、感染者数100人越え』

      『2日連続、感染者数100人越え』新型コロナウイルスは、人間のecologyパターンが戻ってくるのをじっと待っていたようだ。一昨日、昨日の2日連続で感染者数100人越えをし、第二波の懸念もされている。彼らの動態を見れば、接触感染、飛沫感染の経路を取るのだから、人間の社会生活が通常に戻れば活発化するのは道理である。パンデミックを起こした彼ら、、、予想通り、簡単には人類をリリースはしてくれない。彼らが人間の生活空間に入り込んできた原因を突き止め、そこに対峙することなく対症療法的なやり方では火は燃え広がっていく。第二波は第一波よりも手強くなることは、100年前のスペイン風邪をみれば容易に想像がつくからだ。人類の進化は起こっていない・・・それはウイルス感染症に対する対応の仕方をみれば一目瞭然である。科学技術を進化させ、宇宙空間は計算可能だと言わんばかりに闊歩した科学万能主義の時代だったが、一枚皮を剥げば、なんら人類は進歩していないことが白日の下に晒された。ハッキリ言うと・・・科学の追求では、ウイルスの本質は突き止められない。存在の本質を突き止めるためには哲学が必要不可欠。。。。新型コロナウイルスは、人類が彼らの正体を見抜いてくることを待ちわびている。そう彼らの正体とは・・・灯台下暗し、分かってしまったらGame over。The new coronavirus seems to have been waiting for the human ecology pattern to return.The day before yesterday, the number of infected people exceeded 100 on two consecutive days, and there is concern about the second wave.Looking at their dynamics, they take the route of contact infections and droplet infections, soIt is reasonable that they become active once the human social life returns to normal.Those who caused the pandemic… As expected, they don’t release humanity easily.We have to find out why they have entered the human living space. And in a symptomatic approach that does not confront the cause, the fire will spread. The reason why the second wave is stronger than the first wave is because it is easy to imagine Spanish cold 100 years ago.The evolution of humankind has not happened…it is obvious from the way of dealing with viral infection. Mankind has evolved science and technology. And it was the era of universal science that the space became computable, but if you peel off one skin, it is exposed to the daylight that humankind has not made any progress.To be clear,,,In the pursuit of science, the essence of viruses cannot be determined. Philosophy is indispensable for determining the essence of existence.The new coronavirus awaits humanity to identify their identity.So what they are… If you know that, the game is over .“It is often difficult to see what’s right in front of your eyes” humanity will mutter.~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 03Jul
    • 『自由の扉』の画像

      『自由の扉』

      『自由の扉』自由。。。自由は生まれ持った権利ではあるが、自然に与えられるものではない。人間はありのままでは不自由なのだと気づくのに、どれだけ遠回りをしたことだろう。親の無意識の監視から、学校の規則から、社会の常識から、人間の基本的ルールから逃れることができたなら、そこには自由があると思っていた。だから自分を縛る敵を作り出し、その敵から逃れるかまたは敵を倒さばいいと勘違いしていた。若かりし頃の大人への反発、権力への対抗、常識への抵抗・・・色々と試みるがそこには自由への扉はなかった。それは所詮、自らが生み出した架空の敵であり、泡のように実体はなかった。この世界はN極とS極、昼と夜、男と女、上と下・・・二元論である。この法則に反するものは存在しえない世界である。そして精神の世界までも、その法則はしっかりと敷かれているようだ。究極の自由。それを認識したいならば、この世が最悪の地獄であることから目を背けてはならない。もし今 君が、孤独の闇の中でただ一人ポツンと置き去りにされていると感じていたとしても、絶望してはならない。なぜなら、この世が地獄であることを認識できた君は、自由への扉の前に立っているのだから。Hit the bottom!Freedom…Freedom is natural right, but not a natural one.How much a roundabout way to realize that humans are crippled as they are!If I could escape the unconscious monitoring of parents, the rules of school, the common sense of society, and the basic rules of man, I thought there was freedom.Rebellion against young adults, opposition to power, resistance to common sense… Various attempts, but there was no door to freedom.After all, it was a fictitious enemy created by themselves, and there was no substance like bobbles.It is a world in which nothing violates this law.This world is a N-pole and S-pole, day and night, man and woman, upper and lower..dualism.And even in the spiritual world, the law seems to be firmly laid.Ultimate freedom. If you want to be aware of it, don’t turn away from this world as the worst hell.If you now feel that you are left alone in the darkness of loneliness, do not despair.Because you are aware that the world is hell, you are standing in front of the door to freedom.~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 02Jul
    • 「それでも地球は回っている。」の画像

      「それでも地球は回っている。」

      「それでも地球は回っている。」1633年 異端尋問の際、天文学者ガリレオ・ガリレイは呟いた。世はカトリック教会を中心に回っていた時代、彼の唱える地動説は神への冒涜も甚だしい。受け入れ難き斬新さを秘めていた。地動説を受け入れることは、神を疑い、信じてきた信条を疑うこと・・・群衆は彼を非難した。しかし世を覆っている無知のベールを剥がした者だけが知る世界がある。どんなに非難されても、侮蔑されても、時代の針を逆戻りさせることはできない。分かってしまった者は前には戻れない。ガリレオの姿が目に浮かぶ・・・世の権力によって誓絶文に署名を迫られた時の心情が。そして今、私たちがやろうとしていることが時として被る。存在から考えるから矛盾とぶつかり、何一つ解決できない。存在は実在しないという「観点の地動説」の提唱。人類の無意識がそれに抵抗しているのが分かる。なぜならそれを受け入れるということは、egoとの決別だから。しかしどんなに異端の視線に晒されようとも・・・「それでも存在は実在しない。」だから、啓蒙をするしかないのだ。一昨日、ポストコロナon-line会議の開催だった。Zoomから様々な質問を受けた。「こんなコロナの時期になぜ、あなたたちは集まって発信しているのか?矛盾している。」と。それに対し、答えた。「命よりも大切にしなければならないものを持つのが、精神体です。本当に怖いのはコロナではありません。コロナを生み出した人間の考え感情という『脳のウイルス』です。今は人類にとって本当に大切な分岐点、メッセージの発信がとても重要なのです。」・・・それでも存在は実在しない。"And yet it moves."At the time of the interrogation in 1633, the astronomer Galileo Galilei murmured.In the days when the world revolved around the Catholic church, the Copernican theory advocated by him was blasphemous to God. It had an unacceptable novelty.Accepting the Copernican doubts God, doubts the beliefs he has believed in...The crowd has accused him.But there is a world only known to those who have striped the ignorant veil covering the world. No matter how criticized or despised, the needle of the times cannot be reversed. Those who know it cannot return before.The image of Galileo comes to my mind...his feelings when the power of the world forced him to sign an oath.And now, what we are trying to do overlaps with Galileo’s implicit intellectual rebellion.Because I think from the existence, I run into contradiction and cannot solve anything. Proposal of “Copernican theory of viewpoint” that existence does not exist.It can be seen that human unconsciousness resists it. Because accepting it is a break from ego.However, no matter how exposed to the heresy, “The existence does not really exist.”Therefore, we have no choice but to enlighten.Post Corona on-line conference was held the day before yesterday. We received various questions from ZOOM.“Why are you gathering and sending during this epidemic of coronaviruses? It’s a contradiction.”We answered.“It is the mental body that has more importance than life. It is not the corona virus that is really scared. It is the “brain virus” that is the thought and emotion of the human who created the corona.Now it is really important turning point for humanity. Sending a message is very important.”…And yet the existence does not really exist.~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時第16回 8月1日(土)19~21時第17回 8月15日(土)19〜21時第18回 8月23日(日)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中!http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

    • 『思惟する時間』の画像

      『思惟する時間』

      『思惟する時間』「なぜ生きるのか?」 「生きる目的はなにか?」と問われた時、あなたはどう答えるか?昨日の令和哲学カフェ、第一声に投げ掛けられた問いであった。日常に流されていると目先のことしか見えなくなる。1日に90分間だけでも深く思惟することは、人生に厚みを持たせてくれる。前回までの令和哲学カフェでは「究極の思考」とは「知っていることは何一つない」ことにたどり着くことだと教わった。それはカントの言う純粋理性批判に通じるものであり、人間は宇宙という瓶の中にいる鳥のようなものである。”一人一人はそれぞれの瓶の中で生きている”故に、絶対的な真実などない。すなわち正しく知ることは不可能である。どんなに科学が地球の軌道も、太陽系の軌道もピタリと当て、科学万能だと言ったとしても所詮、瓶の中の出来事を語っているに過ぎない。「傲慢になるな!」と哲学は釘をさす。哲学とは、人間を瓶の外に誘い、「瓶から自由に解き放たれよ!」と人間を鼓舞する学問である。人類が生み出した天才哲学者、King of kingsであるカントでさえ、”瓶鳥”である人間を完全な自由へ導いてはいない。それは今の時代を見れば、火を見るよりも明らかであろう。令和哲学はカント哲学を全て包み超えていく、お世辞ではなく、カントの限界のエッジが見えてくる。令和哲学者Noh Jesuは言う。「瓶鳥に騙されてはいけない。なぜ生きるのかを問うことに意味はない。もしあなたが知っていることが何一つないことを分かった者ならばどう生きるべきかを問うべく思考を向かわせることだ。」人類は、この宇宙をコンピューター画面として捉えるのが当然となる時代はすぐそこまで来ていることは間違いない。平日21時〜22時半、令和哲学カフェは本当にオススメです。”意識の拡張は起こるものではなく起こすもの”How do you answer when asked “ Why do I live?” and “What is the purpose of living?”It was a question posed the first voice of the Reiwa Philosophy Cafe yesterday.If you are swept away in your daily life, you will only see what is near you. Thinking deeply for only 90 minutes a day gives life a depth.At the Reiwa Philosophy Cafe until the last time, I was taught that “ultimate thinking” is to reach “ nothing you know”.It is based on Kant’s criticism of pure reason, and human beings are like birds in a bottle called the universe. Each one lives in its own bottle. Therefore, there is no absolute truth. That is, it is impossible to know correctly.No matter how science hits the earth’s orbit and the solar system orbit, saying that it is a science all-purpose, after all, it is only talking about the event in the bottle. The philosophy is, “ Don’t be arrogant!”Philosophy is a study that invites humans out of the bottle and inspires them to “freely release from the bottle!”Although Kant is the King of kings, a genius philosopher created by mankind, he has not let the human being a bottle bird to complete freedom. It will be clearer than seeing fire in the present times.It is not a flattery, but Reiwa Philosophy goes beyond Kant’s philosophy.I can see the edge of Kant’s limit.Reiwa philosopher Noh Jesu says.“Don’t be fooled by bottle birds. It doesn’t make sense to ask why yo live. If you know that you have nothing you know, ask how you should live. It’s about thinking.”There is no doubt that humanity has reached the point where it is natural to think of this universe as a computer screen.Reiwa Philosophy Cafe every night from 21:00 to 22:30. I really recommend it.Expansion of consciousness does not happen, It does.~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 30Jun
    • 『ポストコロナon-line会議〜本日、開催Zoom& YouTube』の画像

      『ポストコロナon-line会議〜本日、開催Zoom& YouTube』

      『ポストコロナon-line会議〜本日、開催Zoom& YouTube』新型コロナウィルス への警戒は、一時よりは確実に薄れている。人間の心はそんな長い時間、緊張感を保つことは難しい。そして生物の特性として「慣れ」というものも働き、社会は「with コロナ」という言葉を作りながら、新しい環境に徐々に適応しようとしているようだ。しかし、もし人類が次のステージに移行したいなら、パンデミックを起こすほどのウィルスが人間の認識世界に出現してきた“本当の意味”を解読することが必要不可欠である。その意味も込めて10日に1回ペースで『ポストコロナon line会議』でメッセージを伝たい。“喉元過ぎれば熱さ忘れる”そのような前向き思考で、人類にとってのBig chanceを逃さない為に。本日6/30(火)19:00〜21:00ZZoom&YouTube配信します。是非、ご覧ください。テーマは『心の慢性炎症を治す英雄産業』です。The vigilance for the new coronavirus is definitely weaker than it was at one time.It is difficult for the human mind to maintain tension for such a long time. Then,”habituation” as a characteristic of living things also works, and society seems to be gradually adapting to new forms while forming the word ”with coronavirus”.But if mankind is about to move to the next stage, I think it is essential to decipher the true meaning of a pandemic virus in the human cognitive world.In that sense, the “Post-Corona on line conference” is held once every 10 days.Forget the heat when you’re past your throat. With such a positive thinking, you should not miss the big chance for humanity.It will be delivered to you today on June 30th at 19:00 on zoom or You Tube. Please take a look.The title is “Heroic industry that cures chronic inflammation of the heart”.~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第13回 6月30日(火)19〜21時第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ

    • 意識無意識、、、分かるということの画像

      意識無意識、、、分かるということ

      「意識無意識、、、分かるということ」不思議なことが起こる。寝ている時に見る夢とは違う・・・自分が寝ているのか?寝ていないのか?ハッキリしない意識状態。何者かが私の意識の領域に滑り込んできた。その意識と私の意識が混ざっていくのが分かる。まるで自分の意識のポットの中に、もう一つの意識が流し込まれるように、相手の意識を受け取っていったようだ。今、その伝えられたものを言葉にしようと努力してみるが難しい。ただ、私は何かが明確に「分かった」ことが分かる・・・そこで目が覚めた。心が固く閉じていた。ニーチェの言うところの深淵なる闇に落ちてしまったのではないかと感じていた。しかしそれもすべて、私の意識に滑り込んできた意識が仕組んだこと。最も効果的な時間と空間を見計らって放たれた爆弾は、私のegoの瓶を木っ端微塵に吹っ飛ばしていった。そして脆弱な人間の私が「道」をしっかりと歩めるように、踏むべき布石を置いておくという粋な計らい。人生はAll Yes!のゲームなのだ。今、書きながらふと分かった。。。滑り込んできた意識の正体が。~~~~~~~~~~~Strange things happen.It’s different from the dream I have when I am sleeping. Am I sleeping? Am I not sleeping? ・・・An unconscious state. Someone has slipped into the realm of my consciousness.I can see that the consciousness of somebody and my consciousness are mixed together. Therefore, I received the attempt to covey that consciousness as if the two consciousnesses were fused together. So as if I was pouring someone’s consciousness into my pot of consciousness, I received that consciousness.Now, even if I try to put the message into words, it is difficult. But I see something clearly “ I knew”...I woke up then.My heart was tightly closed. I seemed to have fallen into the deep darkness that Nietzsche says.But it’s clear to me that it’s all planned by someone’s consciousness that slipped into my consciousness.The bombs, fired at the most effective time and space, blasted my bottle of ego into dust. And there was a neat trick of keeping a stone to step on so that I, a vulnerable person, could walk the “road” firmly.Life is an All Yes! game.Now, while writing, I suddenly realized. .. .. The identity of consciousness that slipped in.~~~~~~~~~~~【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第13回 6月30日(火)19〜21時第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 28Jun
    • 令和哲学カフェ・・・すごいの画像

      令和哲学カフェ・・・すごい

      『令和哲学カフェ・・・すごい』On line『令和哲学カフェ』、私は毎日視聴する。哲学なき時代、それは人間が機械化された尊厳破壊の時代と言える。カント然り、ニーチェ然り、シュタイナー然り、、、世の偉人たちは、人間が言語によって自動機械化されていく様を嫌悪し、そこからの人類解放を希求した。彼らは知ってしまったのだ。「人間が瓶に閉じ込められた鳥であること。」を。だからこそ、思考という武器を使って、瓶の外に出ようとした。カントは、その武器を「認識形式」と呼んだ。ニーチェは、「超人へ向かえ!」と鼓舞した。シュタイナーは、人間が習得し得る「高次感覚」に曙光を見出した。しかし科学文明の時代、すなわち物質文明の時代に哲学は地に堕ち、ただただ小難しい空論を繰り返す嗜好学問になってしまった。哲学なき科学が、哲学なき医学が、哲学なき政治が、哲学なき経済が、人間の尊厳を破壊する世の中にしたのだ。今、人類は究極の分岐点に立っている。毎晩On lineで行われる『令和哲学カフェ』は、現代の哲学者Noh Jesu氏が「人類は、今という時を逃してはならない。」という思いから立ち上げたもの。25年前に得た「瓶の外にでる」技術=nTechを、渾身の力を振り絞りながら語り尽くす90分。日常生活では決して持つことのない問いを投げかけられる。一昨日は「考えの出発点とは何か?」。考えが今を作り、日常を作り、人生を作る。すなわち、考えの出発が変われば、人間が変わる。ならば「何を考えの出発にすべきなのか?」・・・まるで現代版の禅問答のような90分。。。もし全人類がこの禅問答に参加したならば、この星の知的水準はすぐに跳ね上がるだろう。すなわち、この星が変わるだろう。I watch online Reiwa philosophy cafe everyday.This era without philosophy it can be said that it is an era of mechanized human destruction on dignity.Kant,Nietzsche,Steiner,,,The great people of the world hated how humans were automatically mechanized by language and sought human liberation from them.They knew that humans are birds trapped in bottles.That’s why they tried to get out of the bottle with the weapon of thought.Kant called the weapon a recognition form.Nietzsche inspired,”A superhuman is coming.”Steiner found the dawn of higher sensations that humans can master.However, in the era of scientific civilization, that is, in the era of material civilization,philosphy fell to the earth and became a taste scholarship in which small difficult theory of empty theory was repeated.Science without philosophy, medicine without philosophy, politics without philosophy, economy without philosophy made the world destroy human dignity.Now humanity is at the ultimate turning point.“Reiwa Philosophy Cafe”, which is held on-line every night, was launched by contemporary philosopher Noh Jesu with the idea that “humanity should not miss the time.”For 90 minutes, he squeezes the power of the whole body and talks about the technology “out of the bottle” that he got 25 years ago: nTech.He asks us questions that he never has in everyday life. Yesterday’s question was what was the starting point to thought.Thoughts make the present, make everyday, make life.Then what should be the starting point for our thoughts.It’s 90 minutes like a modern version on Zen questions.If all mankind participated in this question and answer, the intellectual level of this star would jump immediately. I mean this star will change.【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第13回 6月30日(火)19〜21時第14回 7月11日(土)19~21時第15回 7月25日(土)19〜21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 27Jun
    • 深淵から覗き返す目の画像

      深淵から覗き返す目

      『深淵から覗き返す目』「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」〜ニーチェ苦しみと対峙する時、それは自らの深淵をのぞくことになる。覗き込んだ深淵の闇。。。目が闇に慣れてきた時、出くわすのだ。闇の向こうからこちらをじっと覗き込んでいる目に。その眼光の鋭さに逃げ出そうともがくが、射抜かれているため動きがとれない。。。否が応でも、その目を観察する羽目になる。ある瞬間、ハッとする。なぜならその目は己の目であり、その深い闇は己の心の闇であったからだ。自己憐憫、自己正当化、責任転嫁・・・闇から自己を守ろうとするエゴの瓶は、その形を保っていられなくなる。しかし不思議だ。心の中で渦巻いていたエゴの囁きがピタリと止んだ時、闇に光が射してくる。眩しくも、その光を目を細めてみていると、心の中で閃きが起こる。光の存在に気づかせるために闇がある。真の自分に気づかせるためにエゴの瓶がある。この世は光一元の世界であった。。。真に人を導くということは、敢えて愛する我が子に深淵を覗かせなければならないようなもの。なぜなら逆説を踏まなければ、人間は気づけないのだから。その深淵に我が子がもがくことを覚悟してでもやらなければならず、人間の中で最も心の痛みを負っているのがリーダーという存在なのかもしれない。“When you gaze into the abyss, the abyss gaze into you”When confronting suffering, it looks into its abyss.The darkness of the abyss looking into.I will come across when your eyes get used to the darkness.There is an eye staring at me from the other side of the darkness.The sharpness on his eyes is strong, and I struggle to escape.But I can’t move.・・・No matter what,I will observe the eye.AT one moment I’m received.Because the eye was my eye and the deep darkness was the darkness of my heart.Self-pity ,Self-justification,Responsibility Transfer,,,The bottle of Ego that try to protect themselves from the darkness can no longer maintain their shape.But strange.When the whisper of ego that swirled in my heart stopped for a moment, light came into the darkness.Even if it’s dazzling, if I squint at the light, I will have an inspiration in my heart.There is darkness to make I notice the existence on light.There is a bottle of ego to find out who I really am.This world is a world of light.To truly lead a person is like having my loved one look into the abyss. Because a body that humans cannot notice without the paradox.Even if the child is struggling in the abyss, it must be done and the leader may be the one who suffers the most heartache.【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第13回 6月30日(火)19〜21時第14回 7月11日(土)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 26Jun
    • 元特攻隊要員山崎さんのお話を聞いての画像

      元特攻隊要員山崎さんのお話を聞いて

      『元特攻隊要員山崎さんのお話を聞いて』この国がどんなに上書きされようとも、その鍍金の下にある日本精神は消えることはない。日本が今、こうして在れるのは必死で国を守り抜いてくれた先人がいたからに間違いはない。その意思が生きているからこそ、日本は日本であれる。昨日、93歳元特攻要員の山崎健作さんの生ライブ配信があった。山崎さんの言葉を部分だけで紹介することは控えたいが、彼の言葉から日本という国がどんな国なのかが見えてくる。それは反日教育を受けながらも、悟りの目から見た真の日本のエネルギーを語り続ける韓国人のノ ジェス (Noh Jesu)氏と一分の違いのない同じメッセージであった。日本という集団エネルギーは、人類史上類をみない団結のエネルギーある。時代背景によって、その団結の向かう一点は「戦争」というものであったが・・・一国が心を一つにし、存在意思というエゴを脱ぎ捨てた集団は他にはいない。20世紀は世界大戦の時代であった。その時のことを今の平和原理で語ることはできない。私たち一人一人は時代背景と共に生きているのだ、フェーズが違う。しかしいつの時代でも、襲いかかってくる運命に対し、命がけで立ち向かうインパクトは宇宙を取り巻く膜に振動(感動)を与える。そしてその振動は永遠に消えることはない。最後に視聴者からの質問に山崎さんが答えた言葉が印象に残る。「特攻で死ぬということは、それはアメリカに負けないためには止むを得ないという感じだったんですね。今のテロで亡くなる方は、宗教的に亡くなって天国で素晴らしい生活をするというようなことも言われますけども、昔はそういうような考えはなかったんです。日本の将来のために、日本の国と家族を守るためにやっぱり自分たちが効果的な攻撃方法をとらなければならないという考えだったんです。今の考えから言えば、色々な批判があるでしょうけれど、昔は全国民がそう思っていたんですね。」75年前から続き止むことのない振動は、今の時代の危機に一点に収束を起こし時代をひっくり返していくのではないだろうか。山崎さんのお話を聞きながら、そんな映像が脳裏に浮かんだ。You TubeのURLを貼っておくので、是非ご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=qD2PNkkwR_ANo matter how overwritten this country is, the Japanese spirit underneath that plating will not disappear.There is no doubt that Japan is in a state of peace now and there was an ancestor who protected the country.Yesterday,there was a live live broadcast of Kensaku Yamazaki,a 93 year-old former attacker.I would like to refrain from introducing Mr.Yamazaki's words only in part, but from his words I can see what kind of country Japan is.It was the same message as the Korean Mr, Jesu Now who continued to talk about the true energy of Japan as seen from the perspective of enlightenment despite receiving anti-Japanese education.Japan's collective energy is a united energy like no other in human history.Depending on the historical background, the direction of unity was war. There is no other group in which one country unites the heart and throws away the ego of will to exist.The 20th century was the era of World War. We cannot talk about that time with the present principles of peace.Each of us lives with the historical background. Different phase.However, the impact of confronting the destinies attacking at any time with a life impresses the film surrounding the universe.And that vibration never disappears forever.The words that Mr.Yamazaki answered to the questions from the viewers are impressive."To die in a special attack meant that it was unavoidable in order to not lose to the United States.People who die from the current terrorism are said to have died religiously and have a wonderful life in heaven, but in the past there was no such idea.The idea was that we had to take effective attack methods to protect Japan's country and family for the future of Japan.There are various criticisms from the point of view of the present, but in the past all the people thought that."It seems that the unstoppable vibration that has continued for 75 years will cause the crisis of the present era to converge and turn the era upside down.While listening to MR. Yamazaki, such an image came to my mind.I will post the You Tube URL so please check it out.【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第13回 6月30日(火)19〜21時第14回 7月11日(土)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 25Jun
    • 真心を伝える口の画像

      真心を伝える口

      『真心を伝える口』真心だけを語る口になりたい。自分の中に大切な思いがある。その思いだけを紡ぐ、、、そんな賢明な口になりたい。流れゆく日常、まるで条件反射する人形のように言葉が口を衝いて出る。それはまるで、感情の波騒に弄ばれる砂利のよう。その砂利が真心を覆い、誤解が誤解を呼び、ねじ曲がり、宇宙空間に形として出現する。その姿は、己の真心とはまったく別の形相をしていることに驚く。「それは私が生み出したものではない!」と訴えてみても、表出した姿形はあまりにもリアルで・・・その訴えは徒労に終わる。言葉が多すぎるのだ。言葉は装飾を纏い、さらに幾重の観点を通過してねじ曲がり、真心を伝えるどころではなくなる。もし真心と真心が出会うのならば、人の世界はどんなにか美しいものになるだろう。・・・そのためには、口を噤むことだ。日本のサムライのように、一刀両断の心で言葉を発する。そしてじっと観察する。無言の行、その行の宇宙はどんなに美しいだろう。きっと、人間の真心が星の瞬きのように散りばめられた宝石箱のようなものかもしれない。引き続き署名へのご理解、ご協力、拡散よろしくお願いします。日本、そして世界はこれからどうなっていくのでしょうか。今、何が一番必要なのでしょうか。ぜひ共に考えていきましょう。ご参加お待ちしています。【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第13回 6月30日(火)19〜21時第14回 7月11日(土)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンをperaichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 23Jun
    • ただ有るということの画像

      ただ有るということ

      『ただ有るということ』========花が咲いている精一杯咲いている私たちも精一杯生きよう========学生時代、鎌倉円覚寺で座禅をやっていた頃だった。この詩を聴いた。今朝、友人から送られてきた写真を見てふと思い出した。自然はただ有る。なんのジャッジも、なんの意味も持たず、ただそこに精一杯に有る。地球の声を聴き、宇宙森羅万象の声を聴き、ただ有る。もしかしたら…それだけでいいのかもしれない。引き続き署名へのご理解、ご協力、拡散よろしくお願いします。日本、そして世界はこれからどうなっていくのでしょうか。今、何が一番必要なのでしょうか。ぜひ共に考えていきましょう。ご参加お待ちしています。【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第13回 6月25日(木)19〜21時第14回 6月30日(火)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンを要求します!peraichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com

  • 22Jun
    • <うつくしいもの> 八木重吉の画像

      <うつくしいもの> 八木重吉

      <うつくしいもの> 八木重吉わたしみずからのなかでもいいわたしの外の せかいでもいいどこにか「ほんとうに 美しいもの」は ないのかそれが敵であっても かまわない及びがたくてもよいただ 在るということが 分かりさえすればああ ひさしくも これを追うに つかれたこころ「美しく生きたい。」と10代の純粋な心はそう願っていた。美しさとは何かも分からずに、ただただ美という一点を希求していた。友情の中に、恋する異性の中に、将来の夢の中に、学問の中に、宗教の中に、、、そのうち美とは何かが分からなくなっていった。そんな時期に出会った八木重吉さんの詩『うつくしいもの』。高校生の頃に暗唱した。最後に書かれている・・・ ひさしくも これを追うに つかれたこころ外に求めたら決して掘り当てることのないのが美だと、うっすらと分かった気がした。この世で何かを求めたら、それは徒労に終わる。と。「世界の中にありながら世界に属さない、、、そんな生き方をしたらいい。」と吉福伸逸さんが優しい笑顔で話してくれた言葉を思い出す。しかしそれは、「この世のものに何一つ、期待するな!」という厳しい真理だったのだと今更になって思い知る今日この頃。八木重吉ー1898年生まれ。日本の詩人、英語科教師。死去から約20年が経過した太平洋戦争後にクリスチャン詩人としての評価が高まった。吉福伸逸ー1943年生まれ。翻訳家、セラピスト。C+Fコミュニケーションズ、C+F研究所を創設。スピリチュアル、ホーリズム、トランスパーソナル心理学などを紹介し人気を博す。引き続き署名へのご理解、ご協力、拡散よろしくお願いします。日本、そして世界はこれからどうなっていくのでしょうか。今、何が一番必要なのでしょうか。ぜひ共に考えていきましょう。ご参加お待ちしています。【ピンチをチャンスに大反転 ポストコロナon-line会議】第13回 6月25日(木)19〜21時第14回 6月30日(火)19~21時●参加方法 ①視聴のみ ②ディスカッションへ参加●参加費 無料●参加資格 どなたでもご参加いただけます●お申し込み https://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19ポストコロナ on-line会議COVID-19の流行。ロックダウン。パーフェクトストーム。世界は先の見えない未来を目の当たりにし、まるで暗闇の大海原をさまよう船の如く、進むべき方向性を喪失しています。COVID-19 パンデミック拡大の嵐、リーマンショックを超えるであろう世界大恐慌の嵐が迫りくる中ピンチをチャンスに大反転させるために今私たちに必要なものとは何でしょうか。それは、強く輝き、進むべく方向性を指し示す“北極星”です。ポストコロナ時代をけん引する北極星とは何でしょうか?こんな時だからこそ、私たちはポストコロナ復興プロジェクトを立ち上げみんなで意見を出し合う場としてオンライン会議を開催します。北極星を発見し、ポストコロナ時代をリードしていく日本づくりの旅に共に出発しましょう!peraichi.com【令和哲学カフェ】平日毎日無料にて開催中! http://reiwaphilosophy.com/【日本式ロックダウン】 https://bit.ly/2yt2BgV【署名募集】一刻も早く日本式のロックダウンを要求します!医師の長岡です。この度、医療関係者を代表し一刻も早いロックダウン宣言を要求します。ロックダウンを行わなかったとき、どれほどの患者数が日本に溢れるのか。日本の惨劇は容易く想像することができます。医師たちは知っています。数々の臨床現場で、対応が後手に回った時の怖さを思い知らされています。後手に回った時の恐ろしい日本の姿を想像するとまるで制御できなくなった人間の体をみるようなそんな感覚に陥ります。10万、20万人と染者数が急激に増加しているアメリカの現状を見て戸惑う理由は何一つないと思います。日本の診断件数は1日200件。2万件を超えている他の国と比ると、現在の日本の感染者数が実際の数値とは程遠いことは明らかです。爆発的な感染拡大はもう始まっています。緊急事態時には思い切った舵取りが必要不可欠!今すぐ、ロックダウンを要求します!peraichi.com【クリーンジャパン戦略】 https://bit.ly/2WmN5LQ一回でウイルスゼロ!日本式ロックダウン私たちは今見えないウイルスと戦っています。peraichi.com