☆INFINITY☆’S DIVING REPORT

☆INFINITY☆’S DIVING REPORT

ダイビングの記録用ブログです。 

このブログは,各地へダイビングに行ったときのレポートを書くためのものです。

愛南で6本潜ったのですが、そろそろネタが切れてきたのでおわりにします。

次に書くのはきっと来年の夏です(;^ω^)

 

さいごは

コナユキツバメガイ。

たぶんウミウシの仲間です。

水の中にはいろんな生き物がいて飽きないです。

 

DIVE愛南は、現在、西海の船着き場を間借りしている形ですが、近々新しい店をオープンするそうです。

今の場所より、車で5分ぐらい岬の方へ走ったところにできるみたいですよ。

 

来シーズンは、新しい店で潜れるのを楽しみにしています。

 

さて、今日はハコフグ。

ミナミハコフグの幼魚です。

小さいときはかわいいけど、大きくなるとそうでもなくなるのは、魚も人間も同じかな?

自宅から愛南まで車で4時間ぐらいなので、前泊することにしています。

疲労は減圧症(ダイビングすることによって引き起こされる疾病)の要因になるらしいので。

 

今年は高知県が交通費を補助してくれるキャンペーンをしているので、前泊は高知県の宿毛市に泊まりました。

(宿毛から愛南まで30分ぐらいなので)

 

宿毛にはレストランのジョイフルがあるので、朝そこに行ってモーニングを食べようと思っていってみたら、

なんと8時から営業。

うちの近くは24時間営業なので、てっきり7時前でもあいてると思ったのが失敗でした。

というわけで、朝食はコンビニのパンにレベルダウンしてしまいました((+_+))

 

今日は、極小の生き物を載せます。

どれも数ミリの世界です。

ウミウシ。

名前は分かんない。(というか調べてない)

 

これもウミウシ。

 

さらにウミウシ。

 

最後はヨコエビ。

ヨコエビのことを知らないと指さされても何を指してるのか分からないレベル。

もうほとんどプランクトン。

愛南はいろんなポイントがあって、その時々で違った表情が見られます。

もちろん砂地のポイントもあって、定番のハゼも見られます。

 

というわけで今日はハゼ。

最初は

ネジリンボウ。

4センチぐらいでした。

別の子。

3~4㎝。

 

これはなにかなあ?

ホタテ系??

 

オニハゼ系?

 

別個体。

 

これもオニハゼ系ですか?

 

オトメハゼ

オグロクロユリハゼ。

 

ついねばってしまっておいて行かれそうになります(*‘ω‘ *)

マクロ(小さな生き物を探すのがメインのダイビング)なので、エビはお得意様です。

愛南でも、ちょっと珍しいエビがいてくれます。

イソギンチャクモドキカクレエビだったような。(ちがうかも)

右の灰色の棒はガイドさんの水中スレート用ペンです。(ふつうのボールペンぐらいの大きさ)

これを見つけるガイドさんはすごいです。

 

この子はホヤカクレエビ。

一生ホヤの中にいるエビです。

 

そしてこれは

おいしそうなイセエビ。

料亭だと数千円ですかね?