☆INFINITY☆’S DIVING REPORT

☆INFINITY☆’S DIVING REPORT

ダイビングの記録用ブログです。 

このブログは,各地へダイビングに行ったときのレポートを書くためのものです。

もともと西海には観光船の施設があって、そこに来たお客さんにダイビングもできるようにはなっていたみたいです。

DIVE愛南はその施設を借りて営業しているようです。

いずれは自前の施設を持ちたいとガイドさんは言っていたので、頑張ってもらいたいと思っています。

 

前にも書いたように、荒らされていない海でサンゴも豊かなので様々な生物が生息しているようです。

自分は興味ありませんが、外洋に近いポイントではサメも見られるらしいです。

 

自分が潜ったときも、大量のイサキとそれを狙っているヒラマサなどがグルグル泳いでいました。

魅力的な海なので、なんとか今年中にもい一回いけないかなとは思っています。

 

さて、そろそろこのシリーズも終わりです。

まずは、何個体かいた

ニシキフウライウオ。

まだ若い個体ですね。単独でしたし、背びれが長いので。

 

アオサハギ?

ガラスハゼ。

 

ハナハゼ。

いっぱいいました。ダテハゼなどの穴に同居していることが多いです。

 

ツキチョウチョウウオ。

「レアなんです!!」

ってガイドさんが何回も言うので、普段は撮らないんですけど撮りました。

顔の模様が逆Lになっているのが特徴だそうです。

 

ハコフグの幼魚。

 

昨日載せ忘れたウミウシ。

 

うまく日程調整出来てどこかに行けたらまた書きます。

行けなかったら次回は年末年始のアンボン(インドネシア)です。

西海にはまだまだ未開発のポイントがあるようで、日々新しい生き物が見つかっているみたいです。

 

水深18mにピグミーがいるのは見せてもらいましたが、数日前にあらたに水深22mにもいるのが見つかったみたいです。

自分が潜ったときは分からなかったけど、ヤシャハゼもいるようです。

また行かなくっちゃ(#^.^#)

 

さて、今日載せるのはウミウシです。

この子はシンデレラウミウシ。

フォトジェニックです。

何気に産卵中。

 

この子はよく似てるけど

カグヤヒメウミウシ。

ほぼ一緒でしょ?

見分け方は、体の周りの白いところに○があるかどうかなんだそうです。

 

名前知らない極小ウミウシ。

2ミリぐらい。

 

この子も極小。

いるのはわかるけど体の向きが見えてないレベル(;^ω^)

 

「大人の目」なので…。

昨日カニを書いたので、今日はエビです。

 

雰囲気的にはフィコカリス・シムランスも絶対いると思いますが、巡りあえず。

というより、見つけられず(;^ω^)

 

これはレアですよね。

サガミツノメエビ。

しかもペア!

どこが頭なんだかよく分からないので、自力で見つけるのは無理かも…。

 

テズルモズルエビ。

テズルモズルもけっこうたくさんいました。

 

オルトマンワラエビ。

ウミタケが鮮やかな色なので、ついとってしまいます。

 

“悪魔の実”とイソギンチャクエビ。

なんかすごい能力がありそう?

 

最後はただのサラサエビ。

ウミタケがきれいだったので撮りました。

 

 

 

DIVE愛南は、今年の4月にオープンした新しい店ですが、もともとあった西海観光船の施設を使って営業をしているので、結構施設は充実しています。

 

桟橋もちゃんとあって船に乗るのも簡単でした。

 

さて、今日はカニ特集です。

 

最初は

オキナガニ。

「オキナ」はおじいさんという意味ですよね。おじいさんの雰囲気出てるでしょ?

 

続いて

ゼブラガニ。

タマゴ抱いています。

カニ自体が1センチぐらいなので、タマゴはすごく小さいです。

 

アカゲカイカムリ。

カニじゃないか(;^ω^)

カニに似てるってことで…。

 

最後は

アシビロサンゴヤドリガニ。

うまい具合に入り込んでますよねえ。

 

じゃあまた。

 

 

西海で二日間・5本潜りました。

最初の日は台風の影響で遠くに行けなかったので、近場で潜りました。

ポイント名は

すぐそこ1丁目 と すぐそこ2丁目 なんだそうです。

 

すぐそこなんですけど、こんなものがいました。

コクテンベンケイハゼ

岩の下の隙間にいます。

 

テグリの仲間。

岩場によくいる魚です。

 

ヨゴレヘビギンポ。

かわいそうな名前を付けられている魚ですね。

これはきっと婚姻色です。

 

これはすぐそこではなかったのですが、ガイドさんが

「西海の…」

とボードに紹介してくれたので撮った

ハタタテハゼ。

グラデーションがきれいなので好きです。

 

すぐそこでも侮れないポイントでした。