慈雨 ~ほぼ信義~

ドラマで描かれていないシーンを妄想しながら二次のお話を書いています。

  FC2ブログ 慈雨 ~ほぼ信義~別館 →パスワード付の記事を更新中


<ご注意>

FC2ブログで書いている記事の中にパスワードを設けているものがあります。

(アメンバー申請とは関係ありません)


パスワードは小説「信義」の1巻と2巻をお持ちになっている方にのみ

発行させて頂きます。
パスワードを
希望される方は、お手数ですがメッセージをお願い致します。

(タイトル:パスワード申請)


後ほどパスワード発行前の確認メールを送らせて頂きます。

(確認方法として、小説の文中の語句を回答して頂くことにしています)



テーマ:

チフは、ソルソンがケギョンにいる経緯を聞いて言葉を失くした。

マンボは、毎年カンファドへ渡り、妹ソルソンの消息を知らせてくれていた。
数日前、一年振りにマンボがカンファドへ行くと、ソルソンの姿がなかった。急いで周辺に聞き込んだマン
ボは、ソルソンがケギョンに行ったことを突き止めると、すぐに碧瀾渡(ピョンナンド)行きの船に乗り込
んで、渡って来たばかりの海を再び取って返した。船が港に着くと今度は一目散にケギョンを目指し、訪ねた先でようやくソルソンを探し当てた。

昨年の秋、ソルソンの夫サンホが落雷により非業の死を遂げた。衝撃を受けた姑は次第に心を病んでいった。雷が落ちた場所には、サンホ以外にも何人か立っていたが、皆身体の痺れや軽い火傷などで済んでおり、サンホだけが命を落とすこととなった。
なぜサンホだけが死んだのか。姑は、その理由を追い求め、執着した。
そんな折、姑は一人の女と出会う。姑が「先生」と呼んだその女は、貰い子のソルソンを娶ったが故にサンホは天誅(てんちゅう)を下されたのだと告げた。喪失の淵に共に立ち、苦しみを分かち合っているソルソンこそが根源だったと知った姑は激昂し、ソルソンとその両親であるタンジたちを一方的に責めたてて、騒ぎを起こした。
曰(いわ)くつきの女。
ソルソンを貶める噂は一気に広まり、耐えかねたソルソンはカンファドを離れ、知己を頼ってケギョンへと
出てきた。

話を聞き終えたチフはその場を後にした。
狭い路地を何度か曲がりながら歩を進める。その歩みは常よりも大きな歩幅で、身の内から荒ぶる気が、考えるよりも先に、脚を前へと運ばせる。路地がもう少し広ければ、チフはとっくに走り出していただろう。
が、あと数歩で大通りへ出るという地点で、勢いに乗ったはずのチフの足が唐突に止まった。
そして、打って変わってゆっくりとした足取りで大通りまで出ると、左右に分かれた通りのうち、右手の通
りへと目をやった。その道を行けば、ソルソンが身を寄せているというカヤグムの指導者イェリムの家があった。
チフは俯いたまま、沓の先を左の方向に向けると、ようやっと一歩踏み出した。そうして歩き始めると、歩
幅を大きめに取りながら足を運ぶ。
だが、辻をいくらも行かぬうちに、その歩みは鈍くなった。

ソルソンのことを思わずにはいられなかった。夫との夫婦仲は大層睦まじいと聞いていただけに、その喪失の大きさは、想像するに難(かた)くない。慣れぬ地で暮らすことになった経緯もまた憂うべきもので、此の地で暮らすソルソンのことが気がかりだった。

だが・・・
「あの娘の幸せを願うなら、会わぬことだ」
亡き父のその言葉は、チフの脳裏に強く焼き付いていた。

父と己は、捨てられた妹を見つけた。
けれど、連れて帰ることはしなかった。
己もまた、父の言葉が正しいのだと、そのときに悟った。

その言葉は、長らくチフの重い足枷となり、カンファドへ足が向くことはなかった。
だが、今日だけはその足枷が、無いに等しい程軽く思えた。

「ヒョン」
マンボが呼ぶ声がすぐ傍で聞こえ、チフは物思いから覚める。師弟のほうに視線を向けると、気遣わしげな目とぶつかる。
「どうした?」
一定の距離を保ちながらマンボ兄妹がついて来ていることはわかっていた。チフの問いかけに、マンボは声を潜めてあごをしゃくる。
「ソルソンが、こっちへ歩いてくる」
反射的に前を見る。通りを歩いている女は数人。子供連れが一人、もう一人の若い女は夫婦だった。チフが目を走らせたその先に、ソルソンと思しき若い女が歩いていた。
チフは身体が凍りついたように動けなくなった。
目が逸らせない。
すらりとした首筋、整った顔立ちに母の面影を探してみたが、妹と母がうまく重ならない。

ソルソンは凝視するチフに一瞥もくれることなく、その傍を通り過ぎた。

チフは振り返り、妹の後ろ姿を見つめた。
その姿が、雑踏の中に消えていくまで。

ソルソン。
チフと同じ日に生を受けた妹との、十数年振りの再会だった。

<つづく>

二か月以上ぶりに更新(-_-;)
設定忘れすぎて、思い出すのに四苦八苦。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます♪

 

いろいろありましたが、ひと段落しましたので元の生活リズムに戻りました。

元に戻ったとはいえ、自分の自由時間が以前よりは少し減ってしまった。

でも、自分の時間が減ったことを嘆いていると前には進めない。

それはもうわかっていることなので、手元に残った自分時間を大切にして楽しむことにします。

 

更新が止まっている間も当ブログをお訪ねくださった方々に感謝です。

離れている間の不安な気持ちを、随分と支えて頂きました。

ありがとうございました。

 

「開京想曲」。

ケギョンの通りに放り出してきたチフを回収しにいかねばと思い、続きをあーでもないこーでもないと

書いているのですが全く進まず(^_^;)

私は書くときによく迷い、時間を使い込んでいるなぁと実感。

ここをどうにかせねば(笑)

 

ひとまず、「戻ってきました♪」のお知らせでしたっ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

いつも「いいね」や「ぺた」を下さり、ありがとうございます。

 

長いと思った8月も今日で終わり。

気づけば蝉の鳴き声も何だかトーンダウンしてますね。

 

8月。

いろいろありまして、PCの前に座る時間がほとんどなくなってしまいました。

隊長のこと、家族のこと、仕事のこと。

これらがいっぺんに状況変化してしまい(或いは変化の兆しあり)、

今は、シンイにあまり触れることもなく日々を過ごしています。

 

しばらく更新ができそうにないので、取り急ぎそのことを連絡させて頂きます。

落ち着いたら戻ってきますね。

二次の話が途中になってしまい、申し訳ありません。

気長にお待ち頂けると嬉しいです。

 

ガラケーで、いつも伺っているサイトを時折覗いています。

動画は動かないし、サイトによっては一部しか表示されないこともあり、

ろくな環境ではありませんが、それでもシンイに触れることで気持ちがホッと

するのです。

いつまでも触れていたい。

私にとってのシンイはそんな存在なのだと改めて思いました。

 

それでは、皆様今日もよい一日を

 

おりーぶ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは♪

 

西の地は蒸し暑い日が続いております。

先日、庭の草むしりを一時間だけやりました。(午後一時から、一時間だけ)

水分補給しながら、作業後にシャワーして、お茶をガブガブ飲んで、

エアコンをガンガンに効かせて。

それでも一時間ほどは、身体の熱が引かず、汗が止まりませんでした。

ちょっとやばかったのかもしれません。

 

ちなみに草むしりをしたのは理由がありまして・・・(言い訳)

 ・その前日に、大人の拳ほどの大きさをした蜂の巣(キイロスズメバチ)を発見。

  (車庫と隣家の倉庫の隙間30センチほどのところにコッソリと巣を作っていた。

   旦那が車を車庫に入れた際に、ガラス窓越しに蜂の巣があるのを発見)

 

 ・がんばって蜂の巣を駆除した。(大人の拳ほどの大きさでした)

  ちなみに、我が家では虫退治は私のお役目(-"-)

 

 ・隙間だけに、草むしりの手が入らず、そういう手つかずのところに蜂が巣を

  作るのだと思い、周辺を重点的に草むしりしていたというわけです。

 

ということで、炎天下の草むしりはやめておきましょう。(たとえ一時間でも危ない)

 

話は変わりまして・・・

一昨日は幽霊の日だったそうですね。

(幽霊話が嫌いな方はここからは読み飛ばして下さいナ♪)⇒明るい雰囲気を演出

 

幽霊を見たわけではないですが、ちょっとした怖いかもしれない話を一つ。

 

「薬缶(やかん)」

これは義母(ダンナの母、つまり姑)から聞いた話です。

今週の火曜日、丑の日ということでウナギを買ってきて、隣家の義母の家で食べていました。

(義父はとうになくなり、義母は一人暮らしをしています)

リビングには長方形のコタツテーブルがあり、その卓の上に麦茶を沸かしたステンレスの

薬缶(2.0Lサイズ)を置いていたのですが・・・

ご飯を食べ終わって、みんなでテレビを見ていたとき、義母がポツリと言いました。

「その薬缶、そこに置いていたら、ベストを着た男の人が映るねん」と。

義母曰く、薬缶の側面にベストを着た男の人が映りこむとのこと。

薬缶はテレビと義母が座っている位置の間にあり、テレビの画像が映りこむというわけではないようです。

いつも同じ男の人が見えるようで、そのとき見える位置に座っていたのは私と義母。

そのときの私はステンレスの側面に映るものを見る勇気がありませんでした。

すっくと立ち上がって、薬缶を下げると

「じゃあこれ、台所に置いておくね」

と明るく言って、そちらに薬缶を移動させました。

「あ~良かった」

と義母は言いました。

足腰が弱くなり、自分では台所にもっていくのが億劫だったようです。

それでも、その場所に薬缶があるのはどうにも心地が悪かったらしいです。

 

あなたなら、薬缶に映るものを見ますか?(なーんてね)

 

 

蒸し暑い夜。

少しは涼しくなったでしょうか。

 

ではでは(*^_^*)

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(画像お借りしました)

 

おはようございます。

 

庭の百日紅(濃いピンク色)が元気です。

ガクアジサイが咲いている隣で、フライング気味に咲き始めたときは驚きました。

「早いってば」

 

白い花を咲かせる百日紅はまだ咲いていません。

木の位置が日陰にあるからでしょうか。

夏の終わりごろにわんさかと花を咲かせてくれますが、今はまだということで

画像をお借りしました。

 

ギラギラと照りつける太陽に向かって枝を伸ばして咲く様はまさに夏の花。

青い空と白い花、もしくは濃いピンクの花の対比がきれいです。

 

以前ほどの熱量ではなくなったかもしれませんが、私の頭の中にはシンイがあります。

時間を忘れて楽しむことができる。(時間が足りないと嘆くほうが多いかも)

ありがたいことです。

 

貴方に、この感謝の気持ちが届きますように・・・

 

 

キム・ジョンハク氏の命日に寄せて

いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。