草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾 -3ページ目

福山里帆、準強姦父親逮捕、顔出し会見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下の二つのブログの続きを書きたかったのだが、本日とんどもないニュースを観たのでそれについて書きたいと思います。

 

二つのブログは悩んでいる男女に少し解決策を与えるような話なのですが、ボクシング観戦を挟んだりして続編が止まっています。

 

もう少しお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、以下の報道をご存じのブログ読者は多いと思う。

 

 

 

 

俺はリンク先の映像を観て絶句した。

 

性被害に遭った女が顔出し会見をするのは「me too」という狂ったムーブメントもあり、「またか」ぐらいにしか思わなかった。

 

それと、皆さんは知らないと思うが、実の父親に性関係を迫られて関係を持つ娘はとても多いのである。

 

どう考えてもモテないオヤジがやりそうなことだ。

 

相手に困らない男なら娘を相手にするなんて絶対にない。

 

 

 

 

 

 

実際にあったかは解らないが、俺が中学や高校の頃は母親が息子に手を出すケースが噂された。

 

父親が娘なんて都市伝説にもならないほど有り得なかった。

 

 

 

 

 

その俺が何を驚いたかといえば被害に遭った女の隣に座る旦那である。

 

映像では何と出合った日に性被害に遭ったとこの旦那は聞いている。

 

悪い言い方をすれば物凄くいわくつきで訳ありの女である。

 

他にも、たくさんの女がいるのにどうしてこの女と付き合って、しかも結婚するのだろうか?

 

アプリでたくさん知り合って他でダメだったからか!?

 

 

 

 

 

くわえて、顔出し会見は横に座る夫も許容したのだろう。

 

というより、促したと考えるのが自然である。

 

横に座って会見をする夫の神経も考えられないが、そもそもこの会見が被害者にとって何のメリットがあるのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

父親はすでに逮捕されて取り調べを受けているわけで、わざわざ全国に向けて公表する意味が解らない。

 

こんなことをして、社会的制裁を受けているからという理由で罪が軽くなったりもするだろう。

 

 

 

 

 

 

芸能人とかの著名人は名前と顔出しをして「me too」という以外ないが、一般の女がそれをやって何をどうしたいのだ?

 

田舎者や承認欲求が強い女が海外の著名人やセレブに憧れて真似をしているとしか思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

都会でもそうなるだろうが、石川県のような田舎ではとりわけ何10年も先までいわくつきの女と陰口をたたかれ続けるのは目に見えている。

 

末代までの恥をわざわざ好んでかく必要があるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

考えられるのは年が離れた自分の女房に自分よりも先に手を出した娘の父親に対する嫉妬と復讐欲だろう。

 

悪いのは父親だが、これだけ話を大きくして娘の父親の親族からはこの旦那とこの旦那の親族に対する怒りは凄いだろう。

 

娘の母親の心情はどうだろうか?

 

この旦那のみならず、娘にも怒りがあるだろう。

 

誰も得をすることがなく、こうなることが解っているのに復讐欲を優先させたこの旦那は完全にどうかしている。

 

やはりモテないヤツは、恋愛に関することになるとやることが狂っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎者の夫婦が揃って会見をして、世間からは勇敢だと賛美されている。

 

モテない、結婚も出来ない男女ばかりのこの国の歪みを象徴する報道だと俺は思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中恋愛に関してはこんな変な話ばかりである。

 

そう考えると、恋愛に関する悩み事はやはり早急に解決するべきだと思う。

 

だって、こんな旦那みたいになりたくないだろう。・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

なお、この内容が誹謗中傷というのなら名誉毀損でも何でもご自由に。

 

公的利益とこの夫婦のために俺は本当のことをいっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の後楽園ホール、竹原慎二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日も後楽園ホールにボクシング観戦に出かけました。

 

数日前に以下の俺の会社でボクシングのノウハウDVDの製作販売を予定していると書きましたが、その件でです。

 

 

 

セコンドに周囲よりも、頭が一つ以上大きな竹原慎二がいました。

 

 


 

 

 

 

 

 


広島の粗大ゴミ、ミドル級世界チャンピオン、金欠のフリーター、優雅なバラエティータレント、癌治療、癌を克服。

 

人生山あり谷ありとか七転び八起きとよくいわれますが、この人の右に出る人も少ないでしょう。

 

「自分に負けない」という言葉がありますが、これ以上に大変なことはありません。

 

竹原の乗り越えた壁を考えれば皆さんの恋愛の悩みなんて小さなものだと思います。

 

俺も彼を見習いたい。

 

 

 

 

 

 

 

誰もがミドル級のタイトルを取れるなんて思っていなかったけれど、チャンスをものにしたからね。

 

あれだけでも凄いよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

心と身体が受け入れられない苦悩2~ブームとは大衆に冷静さを失わせるものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだモテなかった20歳前後の頃、俺自身がどうしても自分の心を受け入れられなかった。

 

これは自分にとって早急に解決しなければならない問題だと考えていた。

 

受け入れなかった理由は一つだけではない。

 

ただ、その中でも女にモテない(=愛されない)自分がどうしても好きになれなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物だってそうだが、愛されて育った動物は表情が活き活きとしている。

 

その表情から不満を感じることはできない。

 

では、愛されずに育った動物はどうだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

植物でも人間が優しく話しかけると、活き活きと反応すると聞いたことがある。

 

本当かウソか解らないが、コップの水に暴言を吐いたりしてもその成分は醜く歪むと若い女から聞いたことがある。

 

アトピー性皮膚炎で見た目に悩むこの女は「だから、協力可愛いと言って欲しい」と打ち明けたので、俺はそうすることにしたが、確かに表情が活き活きとしていた。

 

 

 

 

 

 

 

男が女に愛されない自分を解決する方法は簡単である。

 

ナンパを覚えれば良いだけだ。

 

 

 

 

 

 

ただ極度に自信を失っている男は思うだろう。

 

『冴えない自分がナンパをしても成功するとは思えない。もっと簡単に何とかならないのか?』

 

宣伝するようで申し訳ないが、こう感じるのなら近刊『究極の恋愛論(前編)』を手に取ってみて欲しい。

 

というのは、心が前向きになれると思うからである。

 

 

 

 

 

 

スポーツジムに通って自分が受け入れられる肉体を手に入れても異性から愛されるとは限らない。

 

ブームとは大衆に冷静さを失わせるものである。

 

ジムに通ったところで、異性から愛されるとは限らず、彼らの多くが抱えている問題が解決できるかは疑問である。

 

この問題を抱えている人にとっては残念ながら不毛な筋トレだと思う。・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心と身体が受け入れられない苦悩1~彼らは他人が自身の満たされない心を攻撃すると無意識に考えている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前々回に「自分の心と体を受け入れられる目標を立てて欲しい」と語りました。

 

どんなに美人、イケメン、金持ちでも心と体を受け入れられない人はたくさんいます。

 

自分の心と体を愛せないと言い換えても問題ありません。

 

そのような人はけっして他人を愛することができないからです、

 

 

 

 

 

 

 

他人とは彼氏や彼女だけではなく、知人や周囲にいる人たちもです。

 

彼らは慢性的にストレスでその心は排他的かつ攻撃的です。

 

なぜならば、他人が自分の満たされない心を攻撃すると無意識に考えているからです。

 

女の人はこのような男が近寄ってきたら、被害を受ける前に避けることをお勧めします。

 

というのは、好きになってからでは簡単に相手から逃げられないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクシング日韓戦、後楽園ホールにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日付が変わったので昨日ですが、後楽園ホールのボクシングの日韓戦の会場に足を運びました。

 

数日後フジテレビで放送されます。

 

ただ関東限定かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は試合の観戦目的ではありません。

 

15年ぐらい前からの知人で国内外の試合のマッチメークをしていた方にご挨拶に行くためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水道橋近辺の居酒屋で二人で長時間いました。

 

以下の弊社radicalでは俺のナンパ恋愛関連の書籍とDVDのみを製作販売していましたが、1年以内にボクシングノウハウDVDか書籍を発売する予定です。

 

 

ボクシングはC級とかB級とか試合をやるレベルを分けています。

 

つまり相手に勝てるかは原則的には紙一重。

 

この紙一重強い相手を倒すノウハウを向上心ある選手に提供してあげたいと俺は考えています。

 

だから、少しレベルは高いでしょう。

 

そんなノウハウ商品は売ってませんしね。

 

値段も少し高くなると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

まずは自分の心と体を受け入れられるようにする目標を立てて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれが生きていく上で自分自身を受け入れるかはとても重要だと思うが、これを知らない人が意外に多い。

 

 

 

 

 

 

スポーツジムが乱立しているのは皆さんもご存じでしょうが、先ずは見た目の問題で自分の肉体を受け入れられるかは重要である。

 

太りすぎていたり、ぎゃくに貧弱な自分の肉体に嫌悪感を抱きながら生活するのは苦痛だろう。

 

顔面整形手術も盛況だが、俺自身はこれに大反対である。

 

ただ、自身の肉体の象徴である顔に嫌悪感を抱きながら生活するのはキツいと思う。

 

 

 

 

 

 

女が老化を遅らせようと必死になるのもやはり自分の肉体を受け入れたいからだと思う。

 

 

 

 

 

 

内面でも自分の内面が好きになれるかは重要である。

 

中学生の頃、好きな女になかなか告白できない自分が嫌で嫌でたまらなかった。

 

連日本当に苦しかった。

 

もう二度とあれと同じ日々を過ごしたくはない。

 

 

 

 

 

 

俺が生徒に厳しくも一生懸命にナンパを教えているのも、そのままの自分では永久に苦しいだろうと想像するからだ。

 

たったの数日間の指導である。

 

自分の一生がかかっているのだから、必死になって頑張らせたいのだ。

 

 

 

 

 

 

ボクシングに必死に取り組んだのも肉体を改善すると言うよりも、まずは内面を変えたかったからだ。

 

俺の母親は格闘技が大嫌いな人で幼稚園の頃から空手を習いたいと懇願したが、許してもらえなかった。

 

実家で母親と生活をする間、何度お願いしてもダメだった。

 

これについては今でも母親を俺はよく思っていない。

 

 

 

 

 

 

自分の心と体を受け入れられるか。

 

人が幸せに生きる上で何が重要かがよく語られているが、俺にとっては筋違いかつ勘違いとしか思えない話ばかりで、俺はこれが9割以上だと思っている。

 

金が幾らあっても自分の心と体を受け入れられるかのほうが重要だと思う。

 

日々俺はストレスなく生きている。

 

 

 

 

 

 

でも、それは簡単なことではない。

 

簡単なら誰でも幸せに生活できると思う。

 

まずは自分の心と体を受け入れられるようにする目標を立てて欲しい。

 

これを意識することからはじめて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体調不良により明日明後日のナンパ塾を中止します。

 

 

 

 

 

 

明日明後日はナンパ塾の開催日ですが、数日前から花粉症が劇的に酷く、治まらないので中止します。

 

コップ一杯の水を飲むと、それがそのまま鼻水になるほど酷く、咽も渇いて困っています。

 

これまでに経験が無いこのような体調をご理解下さいますようよろしくお願い申し上げます。

 

申し込み済みの生徒には連絡済みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
 

39℃ gauze

 

 

 

 

 

 

心が折れそうでも何かを頑張らなけれなばならない時があると思います。

 

そのとき、どうやって心を支えるかは人それぞれで異なると思います。

 

自分は高校生の時から日本のハードコアパンクを聞いていました。

 

音楽の中では前衛的で中でもこのバンドは最先端でした。

 

今ではジャパコアと言われています。

 

その当時から折れそうになるときの大半はgauzeというバンドの曲に耳を傾けました。

 

受け取り方は人それぞれですが、以下の曲はこのバンドがファンの人たちを苦境から救済するために作ったと思われます。

 

 

 

 

 

過激な音源なのでごく少数にしか好まれないでしょうが、参考までにご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログの本題とは関係ないボクシング動画をアップする理由について

 

 

 

 

 

 

先日以下の動画を公開してブログをアップしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その少し前はこの二つのブログを公開しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログの本題とは関係ないボクシング動画をアップする理由についてです。

 

毎回そうなるわけではありませんが、生徒の申し込みや著作物の売り上げが微妙に増えるからです。
 

当初は自分も不可解でしたが、よくよく考えたら男性心理としてはこの現象は当然だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日たまたま卒業生と電話で話しました。

 

先日公開したスパーリングの動画の感想をいただきました。

 

どうしても相手を倒そうという気合が両者から伝わってくると述べていました。

 

素人でもそれなりにレベルが高いと解るとも言ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうか。未経験でも解るのか」と何か安心した気持ちになりました。

 

正直目先の売り上げなんてどうでもいいのです。

 

仕事も人生もまだまだ先があります。

 

目先のやるべきことを頑張って取り組めば神様は簡単には裏切りません。

 

長い眼で見るという言葉がありますが、目の前のことをどれだけ頑張れるかで過去を振り返った時の感想が異なると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと、考えることも重要です。

 

勘違いをした無駄な努力をしている男女はたくさんいますからね。

 

どんなジャンルでも。

 

恋愛もです。・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勘違いしないためには先ずは本を手に取ることが重要だと思います。

 

それも片っ端からです。

 

自分はそうしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女から敬遠される男たち、女を引き離す男たち

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の塾にはいろいろな生徒が来ます。

 

特定の生徒にたまに質問します。

 

特定の生徒とは親の躾が甘かったと思われる生徒です。

 

「親は厳しかったのか?」

 

こう質問された生徒は漏れなく、こう回答します。

 

「ウチは甘かったですね」

 

こう応じる際の生徒の表情は必ずニヤけています。

 

どうしてニヤけるのか?

 

最近親ガチャという言葉がありますが、その中で俺は親が甘くて恵まれていたという優越感からなのです。

 

 

 

 

 

 

 

上述した質問をする時点で親は甘かっただろうとこちらは予想しているわけですが、1998年の開業以来この予想が外れたことは一度もありません。

 

 

 

 

 

 

 

ニヤけた表情に対して『コイツはバカだな』と感じながらも事なかれ主義で黙っている場合もありますが、余りにも勘違いが激しい生徒にはこう言います。

 

「オマエ、自分が結婚する相手は躾が甘かった女がいいのか、厳しかった女がいいのか?」

 

彼らはこう聞いて表情を変えます。

 

追い打ちをかけるように言います。

 

「オマエ、自分が会社を経営していて人を雇う場合、躾が甘かったタイプがいいのか?厳しかったタイプがいいのか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、女のブログ読者にどうすれば大谷翔平のような男と出会えるかという話をしました。

 

躾に関して古い考え方と感じた方もいたと思います。

 

そう感じたならばこう言葉を返したいです。

 

「では、自分の彼氏は躾が甘かった方がいいのか?厳しかった方いいのか?」

 

 

 

 

 

 

育ちや躾は過去を通してのものです。

 

残念ながら社会人になってから変えることは出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回こう書きました。

 

女の育ちには金をかければかけるほど洗練された品位が備わるからです。

 

これは原則的に男にも言えます。

 

品位も過去を通してのものですが、育ちや躾が土台にあり、これも成人してから変えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭で特定の生徒と書きましたが、ここまで読めば解るでしょう。

 

品位に欠ける生徒です。

 

 

 

 

 

 

 

髪を何か月も切らずに平気な生徒がいます。

 

彼らに限りませんが、このような生徒は決まって品位に欠けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品位に欠ける生徒は無意識的に女から敬遠される言動をし、女たちを引き離します。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前バツイチの女とデートしました。

 

中学生の一人娘がいる派手な服と髪の飲み屋の女です。

 

娘とは母親ではなく、友だちのような距離感を取るように心がけていると俺の前で語っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『この女、旦那に逃げられた理由がまったく解ってないな』と思いましたが、事なかれ主義的に笑顔を絶やさずに俺は聞いていました。

 

ただ娘は不憫で俺は同情しました。

 

モテるモテないも遺伝のようなもので、ある程度は親ガチャなのです。