草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

恋愛総合商社『Department Romance』代表・草加大介です。

日本で初めてナンパを教える塾「ナンパ塾」、同じように日本で初めての婚活セミナー「結婚対策塾」(現在は「恋愛駆け引き、口説き塾」としてリニューアル)、そして「恋愛塾」(男女共通講座)で講師を務めています。

打倒、離婚塾!をスローガンとする日本初の「別れさせない屋」も開業し、悩める独身の男女や父母を愛する子供たちのために復縁業に取り組んでいます。

著書やDVDも発売され、テレビや雑誌でも紹介されています。

職業ナンパ師・生涯ナンパ師のそんな自分が男女に恋愛のアドバイスをしたいと思っています。

注意はしていますが、このブログや以下のホームページに誤字等があるかもしれません。間違いがもしあれば、多くの人に迷惑をかけたくないので、気軽に会社まで連絡ください。

「ナンパ塾」「恋愛塾」「恋愛駆け引き、口説き塾」「結婚対策塾」「別れさせない屋」「復縁塾」は『Department Romance』の登録商標です。

商標を侵害する悪質な個人や類似業者にご注意ください。



恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
「ナンパ塾」「恋愛駆け引き、口説き塾」HP
http://http://www.daisuke-souka.com/
「恋愛塾」(男女共通講座)HP
http://www.renai.be/
「復縁塾」(男女別教室)HP
http://www.renai.bz/
「再婚活塾」HP
http://www.d-kudoki.com//
「恋愛便利屋」HP
http://www.renaibenriya.com/
「別れさせない屋」HP
http://www.renai.asia/
「恋愛電話相談サービス」HP
http://www.renai.in/


 ー販売用自社製品ー
「自社制作販売DVD」HP
http://www.renai.jp.net/



過去のブログ(JUGEM)
http://daisuke-souka.jugem.jp/


「婚活現実論」デタントー女性スタッフ執筆
https://ameblo.jp/detente-souka-staff/


風評被害公式チャンネル
https://ameblo.jp/fuhyohigai-soukadaisuke/









1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

週刊大衆の取材を受けました。~掲載箇所を紹介します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紹介が遅くなりましたが、以下のとおり、週刊大衆の取材を受けました。

 

ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見開きページにネタが詰まっている。

 

ライターさんから「取材がやりやすい人だ」と何度かいわれたが、経験から自分は豊富なネタがあり、引き出しが多い。

 

大衆紙としては面白い記事だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、編集部の人は掲載誌をすぐに送付してくれたのですが、忙しくて届け先に取りに行けませんでした。

 

告知しながら、こんなに紹介が遅れたのは今回が初めてですが、やるべきことが山積みで遅くなったことを皆さんにお詫び申し上げます。

 

すみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業式を迎える童貞に送る言葉。

 

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログの更新が少々遅れた。

 

とにかく忙しいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

女子レベルの問題は書こうと思えば、あと100回以上続けられるが、恋愛で悩んでいる女もいるから、挽回のためのヒントは与えても、自信喪失になったら本末転倒である。

 

何かの機会に書くつもりだが、これで切り上げることにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女も問題を抱えているが、男も同様である。

 

今年に入ってから、30代後半の童貞の知り合いが、ソープランドで筆下ろしをしたいという。

 

健勝な心がけだと思ったので、付き合ってあげる約束をしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

筆おろしがブス、デブ、バアさんでは可哀想だ。

 

台東区吉原で『この店なら大丈夫だ!』というソープに連れて行ってあげたかったし、本人もそれを希望していた。

 

(俺も優しいだろ)

 

 

 

 

 

 

 

 

俺も忙しいから伸ばし伸ばしになっていたが、いよいよ具体的な日時を決める段階まで来た。

 

ところが、先方は電話にでなくなった。

 

(ひどい話だろ)

 

 

 

 

 

 

普通の男ならムカつくだろう。

 

が、俺は一切ムカつかなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

何年この仕事をやっていると思っている。

 

この展開はある程度予想できた。

 

何度、そしてどれだけ酷いことを今までされたと思う。

 

彼は40近くまで童貞だが、それを安易にソープで喪失したくないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

だけど、面白くないのは俺との付き合いも断ったことだ。

 

「やはりソープでは失いたくありません」

 

そういえばいいだろう。

 

(俺も可哀想だろ)

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、俺と付き合いがあれば本人も『いつかはソープに連れていかれる』という不安は消えないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺としてはそれまで良くしてあげて裏切られたわけだが、皆さんはどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女は最低の男だと思うだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

童貞は彼に共感できるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は何とも思っていない。

 

モテない男なんてそんなものだ。

 

モテない男をモテるようにするって大変なんだよ。

 

そんな俺がナンパ師だからか、世間からイメージが多少悪いのは何ともやるせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業式を迎えながらも、卒業しなかった彼に送る言葉は特にないが、同じ教師業でも金八先生は本当にうらやましいと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
 

女子レベルの問題8~フリフリの服=レベル高い

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ読者の男は「フリフリの服」ってどんな服なのか解るだろうか。

 

男同士の日常会話でフリフリの服なんて言葉はでないから、具体的にどんな服かを知らない男が多いだろう。

 

(これは女にとっては意外かもしれない。)

 

女と服の買い物に何度も付き合えば相手の女がフリフリの服を手に取りながら、「これは(年齢的に)着られないなあ」といずれは脇で独白されるだろう。

 

そんな経験を繰り返しながら、俺もフリフリの服がどんな服なのかを理解できるようになったが、このフリフリの服は女の踏み絵になっていることに徐々に気が付いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女にとって老いは地獄である。

 

おばさんになるのは耐えがたい。

 

クソババァという言葉を向けられるようになったら、墓場の中で地獄を過ごすようなものだ。

 

つまり、年齢によって男から受け入れられるかどうかを彼女たちはよく知っている。

 

そんな女心を森高千里は公の前で口にしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリフリの服を着ている女や着られる女なら、デートでの失態の大半は帳消しになる。

 

男もほとんどが怒ることはない。

 

若さとはそれだけで有利なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駆け出しの俳優はカメラの前で若さ以外は必要ない。

 

子役からやっている俳優は演技もできるが、客は若さ以外にそれほど関心はない。

 

ところが、30を過ぎて芝居が出来なかったら、視聴者はどう思うだろうか?

 

それと同じようなものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリフリの服が着られなくなった女が、このような格好でデートで失態をしたら男はどんな感情になるだろうか?

 

 

 

 

フリフリの服が着られる女のレベルが高いのは明らかだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの女を眺めれば、審美眼が鋭くなる。

 

審美眼が鋭い古物商は絵画に値段をしっかり付けられるが、俺も女のレベルをしっかり見抜いている。

 

というよりも、イヤイヤ目の前で晒されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵画も、その価値が解らない客には買われたくはないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審美眼がなっていない男女は結局、程度が低い客しか買い手がいないということだ。

 

ところが、女心はそれで納得できるわけがない。

 

これがこじらせる原因である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、相手に対してシビアではなく、優しい性格だと思い込んでいる、バカな男は多いが、これも女からすれば本当にタチが悪い。

 

どっちもどっちである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自社制作販売DVD」HP
http://www.renai.jp.net/

草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

女子レベルの問題7~森高千里・太田裕美

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強い勘違いをしながら生きるのが女だと前回述べた。

 

ところで、女は歳を取っても愛され続けなければならない。

 

歳を取って男にポイされたら、死活問題である。

 

まあ今は男女平等で雇用機会も均等だから、昔と違って男も気軽にポイと捨てられれる時代である。

 

ただ、タバコの吸い殻と違って拾う男はまずいないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

以下のA軍とB軍、男はどちらが気軽にポイ捨てできるだろうか?

 

 

 

答えは明白だろう。

 

このような男心が解らないなら、こじらせて当たり前である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、男は気軽に捨てられるような女と一緒に過ごしたいと思わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルに森高千里と太田裕美をだした。

 

森高はおばさんになっても捨てないでくれ!と人前で何度も口にしている。

 

そんな言葉を何度も口にしたら、自分自身が洗脳されてしまう。

 

捨てられるような女になりたくないし、「ならないように頑張ります!」と考えるだろう。

 

そのような認識が彼女の場合、おばさんになっても明らかに外見に出ている。

 

(女に限らず、たとえば矢沢永吉だって元と違ってどんどんロックな外見と内面になるだろう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太田裕美もハンカチーフと口にしながら、捨てられたくない気持ちを何度も口にしている。

 

だから、おばさんになっても男の気持ちを前のめりにさせるオーラがあるのだ。

 

日本酒や焼酎のロックを飲みながら、タバコを口にする女たちとは大違いである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森高や太田がA軍のようなファッションをしたがるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ。

 

解っていない女はつくづく惨めだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土居くんや撮影している彼だって俺と考えは同じである。

 

というより、女に何の期待もしていない俺よりも、彼らの方がこだわりは強いと思う。

 

 

Q!~tahnk you very much

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

my great cow boys!

 

tahnk you very much

 

 

 

(写真は若き日のトランプとJFケネディの息子)

 

横になっていますが、アメブロは写真が回転できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~この動画は評価されてもいいような気がする。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またかよ。

 

CNNはいつもフェイクだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな方か詳しく知りませんが、ブロガーの金沢京子さん、ジュディノートの翻訳をよく拝見させていただきました。

 

 

 

参考になりました。

 

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全面安!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかを伝えるのは一部の人を除いて無理なので省きますが、近日中に皆さんよくご理解いただけます。

 

もう少しお待ちください。

 

女子レベルの書き込みもお待ちください。

 

それよりも、10日分の水を確保してください。

 

皆さん、とにかくめでたいです。

 

コロナ騒動もリセットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近々暴露されますが、JFケネディを射殺したのは隣に乗車していた奥さんです。

 

男も女も、悪い相手には気をつけましょう~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

連絡事項~新作DVDと授業料について2

 

 

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日熱海が凄かった。

 

皆さんもご存じだろうが、現地の人が以下の動画をあげてくれた。

 

海外でもけっこう報道されている。

 

都内も先週末から凄い雨で昨日のナパ塾・路上実戦講習は中止を余儀なくされた。

 

https://mobile.twitter.com/kazuking_wh/status/1411176277520785409

 

 

https://mobile.twitter.com/enjou_kakusan/status/1411178774134083585

 

 

https://mobile.twitter.com/lrt_kyuu/status/1411169899334934532?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1411169899334934532%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fsn-jp.com%2Farchives%2F44533

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どう考えても人災だろうが、小泉進次郎がこういった。

 

 

 

自分たち家族で太陽光の逮捕された業者と関わっていたが、その捜査過程で小池百合子が違法に関与していた疑いがあり、病気入院ではなく、検察の取り調べを受けていたと推測する人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、以下のブログが不評である。

 

土曜日に期日を最初の告知通りに延長して欲しいと問い合わせがきた。

 

 

 

悪いことに関しては意地を張らずに即座に訂正し、謝罪したいと思う。

 

迷惑する人はいないだろうから、この告知通りにします。

 

 

 

 

 

 

 

未熟な経営者で申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
 

週刊大衆の取材を受けました

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週月曜日発売の週刊大衆の取材を受けました。

 

掲載原稿は自分もまだみていません。

 

ご報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急な話で申し訳ないが、以下の締め切りを今週金曜日までの入金で締め切ります。

 

DVDも締め切ります。

 

今週になって予想外に申込者が多かったため、これ以上受け付けると、収拾がつかなくなってしまうからです。

 

 

 

 

なお、新料金は今月中に書き換えたかったのですが、HPを更新する技術者が多忙のためもう少し先になります。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご理解ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

女子レベルの問題6~写真解説2

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ引っ張ったので、いよいよ語ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の身なりについてものを言おうとする男はなかなかいない。

 

それ以前に審美眼の問題で恋愛における女の身なり(化粧、アクセサリー、香水、その他諸々も含める)について○か×かが解らない男が多い。

 

彼らも何となくは解っていても、理性に基づく感性の欠如から、どのような女が愛されやすいのか解らないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は中韓よりも、日本の女に多い気がするが、「自立」や「働く女」の印象がその下の写真画像よりも明らかに出ている。

 

 

 

A軍

 

 

B軍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、もし俺に娘がいたとしたら、クラッシックバレエやピアノは習わせても、女の競技者も多いソフトボールやバレーボールなんて絶対にやらせない。

 

どうしてか?

 

男もそのような性質を持ち合わせているが、女は明らかに勘違いしながら生きるものなのだ。

 

男の勘違いと女の勘違い、どちらも厄介だが、女の勘違いの方が矯正が難しい。

 

水商売を半年もやればどの女も勘違いするようになるが、あれを一番怒っているのは客の男ではなく、その店のママなのである。

 

このような立場の女とたくさん知り合ったが、具体性のある言葉にできない強烈な怒りを彼女たちは抱いている。

 

元々、嫉妬の塊である女同士はお互いに仲良くなれないから、その怒りは根深い。

 

(どうして言葉にできないかは拙著『「恋愛塾」講義ノート』か『強烈に惚れさせる方法』で説明したので興味がある方は手に取ってみてください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼少期にクラッシックバレエをやって東京都内の名門私立校に入学させたら、もう立派な勘違いで一生を通すことになる。

 

この勘違いは表情や服装、メイク、立ち居、振る舞いに必ずでる。

 

男の前で明らかに通用する武器が一生備わるのだ。

 

のみならず、飲み屋のママも好印象を抱く勘違いになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、東京在住でない女はダメかと言えばそうでもなくて、男は東で女は西がイケていると俺は経験から考えている。

 

北海道に行って男も女もデブが少ないことに驚いたが、女のスタイルは良くてもこれをすぐに痛感した。

 

東西に関してはまた別の機会に話そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男でもレザーのライダースを着たり、哀川翔のような服装をすれば内面や言動が微妙に変化する。

 

勘違いからそうなるのだが、A軍の見た目では一人で生き抜こうとする勘違いから、東大卒の独身の山口真由(よく頑張っているから、俺は嫌いではないが、たしか彼女も紀州のドンファンに毒を飲ませた女と同じ札幌出身だったような)のようになってしまうのは男なら誰でも想像がつく。

 

雰囲気やオーラがそうなって男を寄せ付けなくなってしまう。

 

その末に女子会でカクテルを飲まずに日本酒や焼酎のロックを頻繁に飲んでいたら、セックスピストルズの歌詞ではないが、ノーフューチャーである。

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、社会に出たばかりでお笑い芸人を数年目指したら、その枠から一生抜けられない。

 

幼少期にソフトボールや野球をやっていた男女も、他のスポーツにのめり込まない限り、そうなるものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女がボディビルをやって筋肉で武装したら、彼氏ができやすくなるかはトレーナーのAYAをみれば明らかだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

話は次回に続くが、助言したいのは異性の前で勘違いを味方につけろ!そして自分が有利になるようにしろ!ということだ。

 

勘違いのしやすさから、女はそれだけでかなりレベルアップする。

 

パワースポットよりも明らかに運に恵まれるだろう。

 

小学生の頃、男子にモテるのはクラシックバレエや恵まれた良い食事によって洗練された女子のケースが多いことをもう一度よく考えて欲しい。

 

顔だって可愛くなるに決まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都内でも、田園調布や世田谷で育った勘違いの女と町工場ばかりある街で育った勘違いの女では男はどちらが好きかは明らかだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「理性に基づく感性」と冒頭で述べたが、女の経験が多い男親はこのようなことをよく解っている。

 

だから、そのような父親に限って、ことさら娘にいろいろなことを押し付けるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
 

女子レベルの問題5~尻軽の東洋人の女が抱く幻想

http://http://www.daisuke-souka.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「主体と客体」のウィキペデイアにこう載っている。

 

引用しよう。

 

 

この枠組みを肯定し、主体と客体はいずれか一方を他方に解消することができないと考える哲学的な立場を主客二元論と呼ぶ。 これに対し、全ては物質的な存在やそれらが引き起こす出来事であるとする立場は唯物論と呼ばれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

唯物論と言えばマルクス思想だが、少し前からあの自由の国・アメリカで社会主義思想やマルクス思想が良い思想だと考える人が急増している。

 

この本の世界が良いと。

 

 

 

当然だろう。LGBTの法案が通るのだから。

 

そのアメリカでは童貞がどんどん増えている。

 

西洋人の男なら誰でも女を口説くなんて、尻軽の東洋人の女が抱く幻想である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは他人事ではない。

 

日本でもマルクス思想に嫌悪感があっても、学校、会社、男女、家族ではこの思想に基づく考えがベストと考えられている。

 

俺はそれによくケチをつけているが、それで道徳観が欠如していると思われている。

 

そう思っている奴らがバカなだけなのだが、金持ちケンカせずでそれに対しては何も言わずに女子レベルと男子レベルについて語ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

主客二元論を壊すのがマルクス思想だが、主客についてこのような熟語とその意味が異性の前でしっかり入っていればそれだけでそんなに苦労しないと思う。

 

少なくとも気持ちは楽だろう。

 

 

 

 

 


 

主客転倒

 

 

 

ブラックだ!パワハラだ!セクハラだ!って騒ぐ男女がどうしてモテないかこれを読めば解る人には解るだろう。

 

 

 

主客一如

 

https://gijutsuyamiyabiman.seesaa.net/article/a25994558.html

 

 

主客未分

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が普段教えていることだが、ナンパや恋愛の最終目標はどこか?

 

まず主客合一だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、主客一体だろう。

 

茶道には武士道が混在しているが、結局は俺の女の前での思想は武士道である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アホなセミナーでは、主宰者の頭が悪いから考えの土台がしっかりしていないために教わったことを実践すると本末転倒になる。

 

頭が悪い奴だけでなく、人間失格みたいな男女が偉そうに教えているからな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、通う人たちに言わせると、それが俺よりも道徳的なんだって。

 

これには腹を抱えて笑う以外ない。

 

そして、こんな気分にもなるよ。

 

ネバー マインド ザ ブルックス!

~勝手にしやがれ!

 

コミュニストコールを待っていると連呼していたピストルズと立場は正反対だけど、同じ気分である。

 

NEVER MIND THE BOLLOCKS

 

演奏を聴かせるつもりがまったくないピストルズの音楽は主客転倒である。

 

それはそれで音楽としては面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※次回は痛い女について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

女子レベルの問題4~写真解説

http://http://www.daisuke-souka.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社の恋愛塾に参加した生徒には申し訳ないが、塾のレッスンAで講義しているネタを解説のため若干公開する。

 

恋愛において男女は次のように明確にわかれている。

 

 

 

 

 

 

 

男=主体

 

女=客体

 

 

 

 

 

 

この主客の関係を壊すのがマルクス思想とそれに派生するフェミニズム思想である。

 

それにくわえて最悪なのはLGBT思想である。

 

このブログでこの3つの思想の悪口は何度も述べた。

 

 

 

 

 

 

 

男女に性の入れ替えはできない。

 

女心は自分から口説きたくはない。

 

これは漬物石のように心の中に固定されていて、気持ちが変わることはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、男から口説かなければ男女の関係は築けないのだ。

 

と同時に、口説かないのなら性の入れ替えは出来ないのだから、男は女の前で人間失格である。

 

このような男はブロイラーのように食事と排泄だけを繰り返しながら生きるしかない。

 

 

 

 

 

 

 

主体は目的物である客体に対して、主体的かつ目的的に口説かなければならない。

 

村上春樹『ノルウェイの森』や『女のいない男たち』にもさりげなく、これは明記されているが、こんな当たり前のことを古典作家はいちいち明記しない。

 

男として当たり前すぎるからだ。

 

主体には主体的に行動する上で口説き落とせるだけの理性(頭の良さ、ノウハウ)と経験による振る舞える能力が備わっていなければならない。

 

だから、解らない男や振る舞えない男に俺が教室で教えているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

主体的に行動する性の男はどんな相手でも口説きの対象になるだろうか?

 

勿論ならない。

 

客体には美と女らしさが必要になる。

 

そうでないと、性的欲求を刺激されることがないから、男は口説きたい衝動に駆られないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

6月14日のブログで紹介した写真をみてほしい。

 

スカートをしっかり履いているし、女らしさは明白だ。

 

 

 

 

 

 

 

ファッションやメイクはその時代を反映させるが、17日は主客の関係が壊れた今の時代を象徴している。

 

14日のファッションは30代になると、かなり厳しいだろうが、それがこじらせた女の悲劇である。

 

審美眼が鋭いナンパ仲間はみんな言う。

 

彼女たちからは悲壮感が漂っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、男も女も年齢にもよるが、今になってこんなことが解らないようではお先が真っ暗である。

 

終わっているとまでは決めつけられないが、暗黒である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※、続きは次回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>