草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

恋愛総合商社『Department Romance』代表・草加大介です。

日本で初めてナンパを教える塾「ナンパ塾」、同じように日本で初めての婚活セミナー「結婚対策塾」(現在は「恋愛駆け引き、口説き塾」としてリニューアル)、そして「恋愛塾」(男女共通講座)で講師を務めています。

打倒、離婚塾!をスローガンとする日本初の「別れさせない屋」も開業し、悩める独身の男女や父母を愛する子供たちのために復縁業に取り組んでいます。

著書やDVDも発売され、テレビや雑誌でも紹介されています。

職業ナンパ師・生涯ナンパ師のそんな自分が男女に恋愛のアドバイスをしたいと思っています。

注意はしていますが、このブログや以下のホームページに誤字等があるかもしれません。間違いがもしあれば、多くの人に迷惑をかけたくないので、気軽に会社まで連絡ください。

「ナンパ塾」「恋愛塾」「恋愛駆け引き、口説き塾」「結婚対策塾」「別れさせない屋」「復縁塾」は『Department Romance』の登録商標です。

商標を侵害する悪質な個人や類似業者にご注意ください。



恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
「ナンパ塾」「恋愛駆け引き、口説き塾」HP
http://http://www.daisuke-souka.com/
「恋愛塾」(男女共通講座)HP
http://www.renai.be/
「復縁塾」(男女別教室)HP
http://www.renai.bz/
「再婚活塾」HP
http://www.d-kudoki.com//
「恋愛便利屋」HP
http://www.renaibenriya.com/
「別れさせない屋」HP
http://www.renai.asia/
「恋愛電話相談サービス」HP
http://www.renai.in/


 ー販売用自社製品ー
「自社制作販売DVD」HP
http://www.renai.jp.net/



過去のブログ(JUGEM)
http://daisuke-souka.jugem.jp/


「婚活現実論」デタントー女性スタッフ執筆
https://ameblo.jp/detente-souka-staff/


風評被害公式チャンネル
https://ameblo.jp/fuhyohigai-soukadaisuke/









1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ナンパ塾路上実戦講習の結果(その後)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のアニメオタク君は講義を終えると、以下のメールを俺に送ってきた。

 

日本人だと思い込んで話しかけたら、中国人だったのだろう。

 

中国人は韓国人のようにナンパに寛容ではなく、警戒心が強い。

 

 

よくやった!

 

 

 

 

 

こんばんは。

本日はお忙しい中ありがとうございました。

情けない姿をお見せして申し訳ありません。次こそはご期待に添えるよう精進いたします。

DVDとダウンジャケットをありがとうございました。講義の内容を身につけて次に活かします。

草加先生もお疲れでしょうから、今日はしっかりお休みになって、明日からのお仕事頑張って下さい。まだまだ寒いですので暖かくしてお過ごし下さい。

それでは、失礼いたします。

 

 

 

 

彼の人柄がにじみ出ている。

 

女のブログ読者はオタクの彼の文面にどのような印象を抱くだろうか?

 

彼はすべての講座を追加で申し込んでくれて、しかもこの日、1作目と2作目にくわえて、3作目のDVDを購入してくれた。

 

以下詳細。

 

「自社制作販売DVD」HP
http://www.renai.jp.net/

 

服をほとんど持っていないので、先月10万円近いバーニーズニューヨークのコートを5千円で売ってあげたのだが、DVD購入のお礼に俺の私物のコムデギャルソンのダウンジャケットをプレゼントした。

 

彼はこのブランドを知らなかったが、だいたいの値段を知って驚いていた。

 

その翌日以下のメールが来た。

 

 

 

 

 

こんばんは。

夜分遅くに申し訳ありません。日々のお仕事にお疲れが出ていませんでしょうか。

本日初めてナンパが成功いたしました。中国から来た25,6歳のスレンダーな方です。お茶に誘ったあとバーで少し飲んでお話しました。

それも草加先生のご指導のおかげです。本当にありがとうございました。なんと言っていいか、感謝の言葉もありません。

明日以降さらに寒くなるそうですので、お体に気をつけてお過ごし下さい。本当にありがとうございました。それでは、失礼いたします。

 

 

 

 

月曜日の仕事の終わりにナンパをしてみると語っていたが、細かい説明は不要だろう。

 

一緒にバーに行った女はさぞかし楽しかったと思われる。

 

女のブログ読者ならよく解るだろう。

 

ナンパとはそういうものだし、そうやらなければ上手くなれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
 

ナンパ塾路上実戦講習の結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログを見ている人が昨日のナンパ塾路上実戦講習の結果だと思います。

 

結果から申し上げると、3人中2名成功でした。

 

 

 

A君=前々回の「遊びの勉強会」に参加した、アニメの話をして保母さんのナンパを失敗させた男

 

B君=一部上場の商社勤務、43歳

 

C君=一部上場のメーカー勤務、51歳

 

 

 

 

 

 

25年もこの仕事をやっているけど、自分的には「空白期間」と呼んでいますが、新規の申し込みが絶対に無い時期があります。

 

年始の仕事始めから約1週間がそれです。

 

今回11月頃から申し込み、参加してくれた3名には感謝を申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

簡潔に書きますが、A、B君はまったくダメでした。

 

代わりにC君が二度成功します。

 

このブログを長く読んでいる人にはありふれたことと思うかもしれませんが、不思議なものですよね。

 

若いA君がダメだったのに年配のC君が2度も成功するなんて。

 

これについてはいずれ詳しく説明したいと思います。

 

というのは、最近の若い男女には現実を踏まえてもっと深刻に危機感を抱いて欲しいからです。

 

共通テストがありましたが、学校や入社した会社でゆとりある人生が送れるわけではありません。

 

もっとそれ以前に大切な何かを皆で忘れている気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、40代前半と思われるゼネコンの受付の女と喫茶店に行きました。

 

「40代前半で受け付け?」と俺が聞くと、「自分も首をかしげました」とC君は回答する。

 

毎日テレビでCMが流れている一部上場のゼネコンだそうだが、今どき受け付けに高い年収は払えないだろうから派遣社員かもしれない。

 

完全に結婚をこじらせているのだろうと思った。

 

連絡先を聞いて喫茶店を出ると、ロシア近辺の聞いたことがないような国の女と喫茶店に行く。

 

その後、焼き肉屋で酒を飲んだそうだ。

 

どちらも連絡先を交換している。

 

 

 

 


 

 

 

 

毎回驚くような話がナンパ塾ではあるのだが、正直これだけ平凡に終わった日は記憶にない。

 

それ自体が俺にとってとてつもない驚きだった。

 

あるいは新設した「遊びの勉強会」が当事者の俺にとっても衝撃的すぎるから気持ちが不感症になったのかもしれない。

 

 

何にせよ、まあこんな日もあるさ。という非常に珍しい一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

12月28日「遊びの勉強会」詳細4

http://www.renai.be

 

 

 

 

 

 

 

 

この日、もっとも精神的にキツかったのが、こじらせのたまり場になっている某繁華街に向かったときである。

 

仕事納めのこの日は普段とまったく違っていた。

 

何度もナンパや買い物でこの街には来ているが、こんな状況ははじめてである。

 

早い時間から店は5.6人前後の客でどこも満席だった。

 

女二人がどこをさがしてもいないのだ。

 

女だけで5,6人で歩いたり、飲んでいるはあった。

 

それ以外は仕事納めで待ち合わせをして祝杯をあげるカップルばかりである。

 

このときばかりは値切り男を恨んだ。

 

値切り男は30日から冬休みだという。

 

それなら30日にしてもらいたかった。

 

それだけ繁華街が俺の想定外だったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

A、B君も繁華街の雰囲気に険しい顔をしていたが、最終的には紹介した結果に終わって俺は安堵感と疲れを一気に感じた。

 

それでも俺は清々しかった。

 

起業して25年目が迎えられる。

 

終電間近の電車で帰宅して床につきながら、感無量だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年目や20年目で何かしても良いと思った。

 

出版記念もやる作家は周囲にゴロゴロいる。

 

だけど、いつも思う。

 

単に通過点だから気持ちを引き締めるために何もやらないことにしよう。

 

目標はまだある。

 

小さな会社で長年やってはいるが、ベストセラー作家でもない俺が節目でそんなことをするのはみっともない。

 

他にも諸々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも年の終わりに「遊びの勉強会」という講座を形作ることができた。

 

怒濤のように進撃して辛かったことばかり思い出した。

 

自宅で横になりながら、簡単なことならやってもいいかなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年始に授業料を割り引こう。

 

それなら、講義日程も変更した方が良い。

 

(セットで多数の講座を申し込む場合、「恋愛塾」か「恋愛駆け引き、口説き塾」からの受講ができれば望ましいからである。)

 

以下がセット受講

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の中がまとまると、あの繁華街で飲み会に誘われなかったり、本当は異性と過ごしたかった男女もそれなりにいるんだろうと思った。

 

もうすぐ年始だが、値切り男と寝た女も気になった。

 

彼氏もいないのだろう。

 

寒さが厳しいが、年が越せて食べられるのだろうか。

 

身体を売るのも年齢からそろそろ厳しい。

 

彼女ももっと若かった頃に思い描いた人生と今の現実は大幅に違っただろう。

 

旦那がいて、子供がいて、住宅ローンを組んで、週末は買い物の荷物を旦那が持って車で運んで・・・・・

 

以上を踏まえると、この仕事をやって出会いを作らせることは悪くはないと思った。

 

間違いなく割に合わないのだが、頭が悪いことにそれを25年もやっている。


好きでやっているボクシングのジム通いはそれ以上の年数である。

 

 






なお、本日急展開の話があり、課外授業としてA.B君と三人で近々合コンをやるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4

 

塾生から評価が一番高い「恋愛塾講義ノート」は絶版になってからも数千円したが、最近はだいぶ安くなったらしいので購入を勧めます。電子書籍で定価でも読めますが。

12月28日「遊びの勉強会」詳細3

http://http://www.daisuke-souka.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回紹介した以外にA君は40代の女と知り合ってラインのやり取りをしている。

 

数日前にA君に連絡をしたら、そろそろ再会したいといっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の「遊びの勉強会」で異様な幸運に恵まれたB君はこの日もそうだった。

 

彼にとって唯一つの趣味が競馬だが、競馬マニアの40代の女と知り合った。

 

某競馬場の近所に住む女である。

 

二人で競馬の話で大盛り上がりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月の28日を終えてから、彼とは何度か連絡を取っているが、主目的は前回の勉強会で彼が知り合った25歳のベトナム女と結婚させるためだ。

 

その彼女が元旦が誕生日で会ってそれを祝った。

 

勿論それ以前に何度かお互いに会っている。

 

前日には電話で細かい指示を本人に出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後にベトナム料理を食べに行ったのだが、ここでプロポーズをするように事前に伝えた。

 

出会って約1ヶ月後である。

 

近年の日本の男女は結婚までとてつもなく時間をかける。

 

これは世界的に普通ではない。

 

相手が美人だからB君もその気になっているが、俺は時期的に3月に入籍するように勧めている。

 

ところが、俺が伝えたようにプロポーズをしていなかったのだ。

 

俺はがっくりきたし、本人も俺に指摘されて失敗したと後悔している。

 

だが、まだ二人の関係は良好である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

競馬の女からはレースが近づくと、何を買うのか詳しく聞いてくるらしい。

 

競馬女は競馬歴が3年程度だが、値切り男のB君は学生時代からである。

 

全講座を申し込んでいるのでこれからB君へはいろいろな指示が出せる。

 

前回の勉強会ではセコい値切りをやって相手の女に不愉快な思いをさせそうになったが、現時点では明らかにツキがある。

 

競馬の損失の穴埋めをぜひしてもらいたいと考えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日だけで俺の疲労感は半端じゃなく、その後何日も横になるだけで疲れで動けなくなってしまった。

 

A、B君はどちらも「あの指導は疲れますよ」と俺に言葉をかけた。

 

年末年始は疲れが抜けず、ほとんど何もできなかった。

 

冬期休暇ではないキツい日程で開催したが、終わってからの安堵感が半端じゃなかった。・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

~土日はナンパ塾の開催日である。明日や当日でも申し込みは受け付けます。気軽に申し込みください。

値切り男でもこれだけできるのだから!彼はもっと早く入塾しなかったことを今とても後悔している。

12月28日「遊びの勉強会」詳細2

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前に俺は一か八かの勝負を考えていた。

 

平日に不倫願望がある人妻と生徒が関係を持つことである。

 

「ナンパ塾」では出会った相手とそのまま付き合わせたり、あわよくば結婚させることを考えて指導している。

 

だから、相手の女は嫁にするにはふさわしいような女と出会える場所を考えて生徒にナンパをさせている。

 

「遊びの勉強会」ではそれにこだわる必要もない。

 

むしろこだわるのは相手と男女の関係になれるかだ。

 

今回のA君は前回述べたが、すでにすべての講座を受講した卒業生である。

 

 

 

 

 

 

 

 

長年ナンパをやっている自分はどんな場所に行けばどんな女と出会えるかを熟知している。

 

多くの男が出会いは相手の女が近寄ってくるようなものだと考える。

 

この発送がある限り、目当てとする女とは出会えない。

 

たとえば、女医や官僚の女と知り合いたければどこへいけばいいのか?

 

風俗やAVの女と知り合いたければどこへ行けばいいのか?

 

大学生の女と知り合うにはどうすればいいのか?

 

このような疑問を試行錯誤すれば原則的に出会えない女なんてなかなかいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B君の拙著未読と28日は大半の企業の冬期休暇の前日で、厳しい結果もあり得ると思っていたが、結果は大当たりだった。

 

A君が40代の女とホテルに行った。

 

路上で話し込んでいる二人を2メートル手前まで迫って観たが、女は30代半ばにしか俺には見えなかった。

 

薄い水色のウールのコートを着て長い髪は後ろで結んでいる。

 

身長は160センチぐらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A君は相手の年齢をなぜか聞かなかったようだが、中学校1年と2年の子供がいる人妻のようだ。

 

旦那は銀行員で世田谷区内に住んでいる。

 

近所には有名な芸能人も住んでいると語っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の女は不倫する人妻の典型的なタイプだった。

 

仕事に追われているわけでもない、ゆとりがある生活で、旦那と最後にエッチをしたのが何と7年前である。

 

この人妻を誰が責められるだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強会の翌日の昼、A君に電話をした。

 

当日にラインをするように俺はいったのだが、「ラインの返信が無い」と彼は応えた。

 

「大丈夫だよ。あの女は絶対に返信する。それよりその女と今後のことを考えろ」

 

単身赴任中のA君は冬期休暇で妻子の住む自宅に帰宅のため、新幹線の車中だった。

 

A君も夫婦関係はない。・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の立場でものを考えないモテない男女は著名人の不倫に厳しい。

 

感情的になって単純に怒りを露わにする。

 

しかし、男女には当事者同士、あるいは本人しか知らない事情があるのである。

 

今の時代に「我慢しろ!」といっても難しいと俺は思うけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
 

新春・創業25年!授業料割り引きのお知らせ

http://www.renai.be/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共同企画デタントの25年目と株式会社radicakの5年目を記念して授業料を割り引きます。

 

詳細

 

※10~30万円未満の授業料は2割り引き

 

※30万円以上の受領料は3割り引き

 

(千円以下は切りあげ)

 

選ぶ内容によっては授業料の金額の上下が逆転しますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セット受講の申し込みがお勧めです。

 

なお、以下に明記されたナンパ塾マンツーマン指導は割り引き対象外とさせてください。

 

 

その他、各講座の授業料は以下のリンクからみてください。

 

 

 

 

 

 

この割り引きは状況を踏まえて予告なく終了します。

 

お早めの申し込みを勧めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25年の間、本当にいろいろな人に世話になりました。

 

長く経営できたのは自分に能力があるからと一度も勘違いすることなく、周囲の皆さまのおかげとずっと正しく認識していたからだと思います。

 

謙虚な考えとかではなく、ぶれずに正しく考えていたからだと感じています。

 

いかがわしい名前の講座を紹介してくれたマスコミとそれを受け入れていただいた世間の皆さま、そしてブログを拝読していただいている方々、挙げればきりがありませんが、本当に感謝しています。

 

生徒も含めていろいろな方の顔が思い浮かびます。

 

周囲の皆さまに愛され、力添えをしていただいたことに深く感謝しています。

 

男女関係と同じで世間とは持ちつ持たれつです。

 

申し込みやすい授業料によってこの機会に少しでも多くの方の役に立ちたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期の会社経営と聞くと勘違いする人が多いかもしれませんが、これまで華々しさとは無縁で泥臭く、実直に仕事を継続していました。

 

辛かったことばかりです。

 

これからも大変な思いをするつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

~新しい年を迎えて新たな志を抱いたと思われますが、お互いにその志を貫徹しましょう!

12月28日「遊びの勉強会」詳細1

http://www.renai.be/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月26日の「ナンパ塾」路上実戦講習と28日の「遊びの勉強会」の詳細について知りたい方が多いと思います。

更新が遅くなって申し訳ありません。

まず26日なのですが、生徒からの同意の末、前日のトライアルの日に今月16日に変更になりました。

年始からスケジュールを変更したかったからです。

以下のように今月15日にトライアルも予定しているので、やる気がある方はぜひ参加して欲しいです。

 

 

 

 

 

 









28日の勉強会について簡潔に紹介します。

参加した生徒は以下の2二人です。

これまでに全講座を受講してこの勉強会にトライする元受講生:A君(49歳、会社員)

~初めて俺の講義に参加したのは約5年前

前回の勉強会にも参加した2千円の値切り男:B君(49歳、会社員)










まず28日の開催日についてだが、これは不適切だったと反省している。

仕事の開始は皆さんはそれぞれでしょうが、28日で年末年始休暇になっている会社はほとんどないようである。

この日時は土日が休日ではないB君の希望で開催したが、それはB君は土日が休日だと思っていたからでもある。

A君は会社を午前中で切り上げて参加している。









その問題のB君が前日に拙著『新「ナンパ塾」完全極秘マニュアル』を未読だと発覚する。

11月の無料体験講座に参加しているのに未読であることに俺は驚いた。

俺の講義に参加経験があるブログ読者もこれには驚くだろう。

当日、都内の某ホテルのロビーで二人で早めに待ち合わせたのだが、持参した拙著をすぐに読ませた。

遅れて来た元受講生のA君も未読であることに驚いていた。













前回の勉強会での値切りもそうだが、どうして異性に関することでたかが千円や二千円をケチるのだろうか???

そのくせ彼は毎週、万単位で馬券を買っている。

(俺の生徒でギャンブルをやる生徒は少ないというエピソードを紹介したことがあるが、25年もこの仕事をやっていてギャンブラーは彼が初めてではないだろうか?真面目といえば真面目だが、どちらかといえばギャンブルで金を失うのが嫌なタイプが多い。)

ブログ読者の女の方々はこの年齢まで彼が独身の理由を金銭面以外でも見抜いているのではないだろうか。

ぎゃくの立場になって欲しい。

 

女心は財布のヒモがどうしても固い。

 

それはやむを得ないのだが、それでも女学生ならともかく、ネイルや化粧品や美容室で千円や二千円をケチる女と男はデートしたいだろうか?

 

安物の下着の女と男は寝たいだろうか?

 

奨学金を抱えているとかそんなのは理由にならない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

育ちの問題も大きいのだが、前回の勉強会にもいたけど、俺の塾には2ヶ月や3ヶ月も髪を切らないケチな男がたくさん来る。

 

このような男を怒ることがパワハラだろうか!?

 

(怒られた男はそう思い込んでいる)

 

このような男を女は受け入れられるだろうか!?

 

金銭の問題ではなく、読書していないことからこの日は先が思いやられると俺は心配になっていた。

しかし、何とかしないと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
~25周年として何かしたいですね。

ご挨拶・講義開催日程の更新

http://http://www.daisuke-souka.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

 

おかげさまで今年で共同企画デタントは25年目を迎えることができました。

 

株式会社radicalhaは5年目です。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

28日に「遊びの勉強会」を終えて翌日から休みを戴いていました。

 

ここ2ヶ月、本当に忙しかったので、とりわけ先月はブログの更新が停滞しました。

 

ご迷惑をおかけします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、ゴールデンウィーク直前まで講義開催日程を更新しました。

 

1~3月に変更もあります。

 

詳細は以下の通りです。

 

 

 

 

通学中の生徒に今週末にナンパ塾を開催すると申し上げましたが、事情により、来週開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

先日の「遊びの勉強会」の詳細6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



終電が迫っていたので少し急ぎながら、俺とA、C君は駅に向かった。

その最中、客引きのキレイな中国の女が目に入った。

と同時に、その雰囲気から風俗嬢だと確信した。

A、B、C君のモテるためのお手伝いばかりだったし、二人に見本を示すために俺は二人を離しながら、女に話しかけた。

後日食事の約束をして通話アプリではなく、携帯番号を教えてもらった。

いとも簡単に連絡先を教えてもらって、二人は驚いている。

しかし、一日一緒に過ごしてあのようにやれば自分でも必ずできると確信したようだ。

現在、A、C君は全講座を申し込んで通学中で野心を燃やしている。







何度もお互いに連絡をやり取りしているが、相手はやはり風俗嬢だった。

そんな仕事を長くやりたいわけがない。

飲み屋の女や風俗の女は口説き方次第で簡単なのだ。

上手くいっいていない点ではこじらせと同じだが、こじらせと違って男と接点はある。

客とは恋愛はしたくないが、何と言っても男相手の仕事なんてやりたくはない。

それがまともな女心である。
 

何にせよ、上手なアレが楽しみである。












一度の明確な失敗はあったが、この日は保母さん(これはA君がブチ壊したが)と中国料理屋に一緒に行った女(この女とも連絡をやり取りしている)とこの女で4度のナンパで3回の成果があった。

これはとりわけ凄いわけでもなく、日常的なことである。

この日参加した生徒もこのブログを読む男の方々も、自分の頑張り次第で何とかなるのだ。

女を相手にしているようでいて、そうではない。

自分自身に勝てるかどうかが明暗のわかれ道なのである。

自分に負けないように!

そして自分自身に潜む可能性を信じることである。








しかし、男に生まれて本当に良かった。

 








なお、前回書き忘れたが、来年は株式会社radicalについては5年目を迎える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、以下サイトはメインテナンス中です。明日の昼までには通常通り、閲覧できます。

 

「復縁塾」(男女別教室)HP
http://www.renai.bz/

先日の「遊びの勉強会」の詳細5

http://www.renai.be/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


保母さんと前回の女のナンパをみて、A、C君はとても驚いていたが、どうやればいいかも解ったという顔をしていた。

それでも、A君は保母さんとの出会いをぶち壊しにしたため、落ち込んでいた。

店を出ると、A君が好きそうな女が来店するアニメカラオケバーに直行した。

いろいろあったので、終電まで2時間もない。









途中、ファッションヘルスの裏側を通ったら、仕事を終えた30代後半と思われる風俗嬢がさっぱりした顔をして店から出てきて目の前に現れた。

驚いたことに髪が湿っている。

店でドライヤーで乾かさなかったのだろうか。

バツが悪そうな顔をして女は足早に駅方向に小走りで去って行った。

C君が寝た女もこの女も地味である。

「女は誰が何をやっているか解らないな。やっていることは秘密にしているから、周囲の女にも解らないよ。男は余計に解らない」と二人に俺は諭した。










数十メートル歩いて店の扉を俺が開けたら、「満席です」と店員の男に冷たくいわれた。

その顔には「ウチはコスプレとかのオタク専門店なんですが!興味本位で来ないでくれませんか!」と書かれたいた。

中途半端な時間で予定が狂ったので、その場で三人で困惑していると、白のロングのワンピースを着たベトナムの女が「良かったら、ウチに来ませんか?」と話しかけてきた。

身体のラインがしっかり見える。

 

スタイルが抜群である。

奥に別の女が二人いた。

どれも美人である。

三人で顔を見合わせた。

一度は断って別の店に向かった。

しかし、意見交換の末、「あの女たちなら」という話に収まり、話しかけた女に予算を伝えてOKの返事をもらって店に入った。










店は音楽でうるさくて、向かいのテーブルに座ったC君と話しかけた女がどんな会話が交わされているか完全に把握できないが、かなり意気投合しているのはよく解った。

イケメンでもないのに何でこんなに気に入られたのだろうか?と考えていたが、女と話すのになれていない謙虚さが良い印象になったのと、要所で俺が上手くフォローしたからである。

俺はラインを交換するように促した。

(いわなければやらなかっただろう)

初対面でこれだけ意気投合できるのは彼の人生で二度とないはずだ。









無神経なC君が保母さんとの話をぶち壊しにしたことにより、ツキがC君に廻ってきた。

恋愛にしても仕事にしても何にしてもツキなんてそんなものである。

俺は仕事で彼らとこの店に来ているのだから、当然上機嫌だった。

1時間経っただろうか。

会計を済ませて俺たちは店を出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



二人にとっても先に帰宅したB君にとっても非常に濃厚な1日だった。

現在、C君と25歳のこのベトナムの女は親しい。

年の差は24歳である。

こんな話はC君には二度とないはずだから、結婚するように勧めたのはお伝えしたが、やはり彼もモテない男である。

2千円の値切りもそうだが、この女にやる気が伝わっているのか疑問である。












奥さんの実家がベトナムなんて悪い話ではない。

ベトナムの首都の土地の値段は東京に追いついているのだ。

仕事にしても何にしても日本よりずっと可能性を秘めている。

現在、すべての授業に申し込んで通学中で、彼に何度も早く結婚を促しているが、49歳で頭も薄くなっているのにもかからず、強気の値切と同様、身の丈に合わない対応を続けている。

この俺の苦労がご理解いただけるだろうか?

勢いに任せて見知らぬ国の外国人と一緒になる日本の女を見習って欲しいが、ブログを読む女の皆さんはこの1日の出来事をどうお考えだろうか?・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の勉強会は今月の28日である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※生保レディの枕営業のあるなしよりも、こんなブスで性格が悪いババアと誰が寝たがるのだろうか?

 

性被害を受けたと世間に声高く訴えることができる女の神経なんてこんなものである。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/b126247e935bd8e3cc9392b066f599b0031ff043

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>