私の生きる道、生きてきた道。

私の生きる道、生きてきた道。

自分の特性を、どうすれば「自分の持ち味として活かせるのか?」を考えながら日々を過ごしています。
読み応えのある記事を不定期に更新しています。

今度は2日で帰って来られるみたいです…だって、歯を抜くためだけに入院ですもの。

 

しかも、今度は4本いっぺんとかじゃなくて「1本だけ」です。

 

そして、16年前に入院した時と同じ病院に。

 

久しぶりに行ったのですが、なんだか昔と雰囲気が変わったような…昔の印象は「全体的に洗練されててオサレな感じ」だったのが、今はあちこちにベタベタ貼り紙(しかも”いらすとや”多用)で、壁が掲示板状態。

 

「トイレの転倒注意」なんて貼り紙は初めて見た、どうやら安全管理に過剰になると貼り紙だらけになるようだ。

 

でも、そこまで安全管理に過剰になるのに「ノロウイルス対策」の貼り紙がないのはまだシーズンでは無いからなのだろうか。

 

一番感じたのは「こんなに狭かったっけ?」と思うような圧迫感…昔に比べて人が増えたからなのか?それとも本当に私の体が大きくなったのだろうか?

 

抜歯が決まったのは先週の土曜日、差し歯の入っていたところの根っこがついにダメになってしまい入院を宣告された…今回も都心に行くことは阻止され16年前と同じ病院に送られることになった。

 

前と違うのは抜く本数…今回は本当に1本だけ、紹介状には「前回と同じ(つまり全身麻酔)でお願いします」と書かれていたが、手術自体は5分程度で終わるとのことですが…局所麻酔で出来るようになった訳がない!!ということで「静脈麻酔」という方法を提案された。

 

静脈から麻酔薬を入れる方法で、この方法だと私が手術よりも嫌だった「鼻チューブ」をされずに済むそうだ。

 

でも、2日間の入院は必要とのこと。

 

おもわず私は「静脈鎮静って日帰りでやってる病院ありますよ」なんてこぼしたら「うちは安全管理に重点を置いてるから…」とのこと、ちなみにこの日帰りの病院は16年前に私の親知らずを抜いた先生の出身校の附属病院である(こちらは全身麻酔も日帰りで行っているそう、入院は希望制)。

 

犬の去勢・避妊手術(当然全身麻酔)も日帰りで出来るところもあるのに…「方針の違い」なのだろうか?

 

ということで、初診の日に入院の手続きをしてきた。

 

やっぱり前に比べたら手続きが複雑になっている、書類を何枚も書いたりスライドを見せられたり…このスライドもやたらイラストを多用していて内容よりも「イラストしか頭に残らない」という完成度の低いスライドの典型を見せられてしまった(もちろんここにも”いらすとや”である)。

 

1部屋の最大収容人数は4人だが、今回は「一人で過ごしたい」と思い思い切って個室を希望した。

 

1日15000円が高いか安いかは個人差があると思うが、静かな空間と第1希望が通れば眺望と日当たりの良さを得ることができるのだ。

 

2日と言えども入院は暇なので、入院中はパソコンでも持ち込んで動画でも観ようと目論んでいたら…なんと「パソコンの持ち込みがダメ」な上に有線LANの接続はもちろん無理、Wi-Fiすら飛んでいないという現実を突きつけられる。

 

なんだか、2000年代前半に取り残されているのか…?とちょっと心配になってしまった。

 

しかし、ここで救いの手が現れた…なんと、知人が入院中にWi-Fiルーターを貸してくれる事になった。

 

パートナーは入院した時に「ホットのブラックコーヒーが飲みたい」という理由で、ティファールの電気ケトルを持ち込み入院期間中一度もバレることなく使い通した逸話があるが、快適な環境は自分で作り出すものであると強く実感。

 

1週間~など、長期になる場合は動画配信サイトに加入しておくと、退屈知らずで過ごせるそうです。

 

DSC_0921.JPG

入院案内パンフにもいらすとやを使用している。

 

ポップ体×いらすとや…そこはかとなく漂う「役所感」はなんだろうか?昔はもっとアカデミックな印象があったような記憶があるのだが。

 

せめてフリー素材でもいらすとやではなく、イラストACあたりだと「お、センス良いな」と感じるのだけど。

 

こういうのは一体誰が作成しているのだろうか…おそらく中の人なんだろうけど。

台湾の食べ物と言えば、主流は台湾系の中華料理ですが…中国本土に比べて「肉類」の比率が高いような気がしました。

 

朝食には「中華粥」や「豆乳」を食べるのが伝統的なスタイルですが写真撮り忘れました、ホテルの朝食もバイキング形式でしたが台湾式の朝食とパンや洋風の朝食の2種類が用意されていて、私は日にちごとやその日のお腹の調子と相談して食べるものを決めていました(台湾の朝は早く、朝食も早めの時間になっていました)。

 

洋風の朝食もパンケーキやドーナツなど「甘いもの」に部類される物が置いてあるグアムとは違って、パンは甘くないものが多く、ドラゴンフルーツ入りのマカロニサラダなど全体的にヘルシーな感じのものが多かったです。

 

あえて朝食なしにして、朝食を出すレストランに行く人やコンビニで購入して安く済ませるなんて人たちも居ます(台北市内は日本以上にセブンイレブンとファミリーマートに遭遇する)。

 

私が滞在中に食べた昼食とか夕食とかタピオカなど…一部を紹介します。

 

DSC_0799.JPG    

台湾では王道のミルクティーが多い

 

DSC_0853.JPG

紙コップなので中身は見えない

 

DSC_0879.JPG

松山空港でも売っていた…ちょっと高いがタピオカ多め

 

1枚目はディーホアジエ(漢字が出せなかった)の一角にあるカフェのタピオカ、台湾はカフェが多く大体の店舗でタピオカドリンクも置いてあります、価格は55元。

 

問屋街の多いエリアなので朝早い時間から空いている店が多いです、昔ながらの台湾の雰囲気が感じられる場所でした(回った場所については別記事で)。

 

2枚目は今年日本に進出した「迷客夏(ミルクシャー)」のタピオカミルクティー、この店は生乳の質の良さが売りの一つ。

紙コップなので中身は見えませんが、黒ではなく白いタピオカが使われています。

価格はここも55元でした、日本だと現地価格の3倍くらいする。

 

3枚目は松山空港で売られていたタピオカミルクティー、台湾のカフェでは持ち帰り用ドリンクはビニール袋ではなく写真のような「ドリンクホルダー」を付けてくれる事が多いそう(雑貨店では布製のドリンクホルダーもたくさん売られていました)。

 

価格は台湾ではちょっと高めの80元、ICカード決済も可能なので帰りに余ったチャージを使い切れるスポットの一つ。

 

DSC_0808.JPG

外観は怪しい店のとても美味しい牛肉麺

 

日本で独自の進化を遂げ、中国では「日式ラーメン」という言葉もできたご存知ラーメン…台湾でも独特で「刀削麺」や「牛肉麺」はとても有名、特に牛肉麺はかなりポピュラーであちこちで食べられます。

 

画像は「桃源街正宗山東牛肉麺」というお店のもの、特にここに行こうとは決めていなかったのですが店の外の看板でやたら「無添加」的なニュアンスのアピールがすごく、とても怪しい雰囲気を醸し出していましたが、それが非常に気になって…思い切って入ってみました。

 

店内はそこまで広くなく、昼時だったためか?にぎやかでちょっと小汚い(褒め言葉)台湾らしい雰囲気の店でした。

何を頼もうかとメニューを見ると…中国語メニューしかない事に気づいてかなり焦りましたが、店員さんがテーブルまで来てメニューを指差し「辛い・辛くない」と教えてくれたので、辛くない方を注文。

 

運ばれてきのがこれ、あっさりスープは無化調なのか?私でも全て飲み干せました。

牛肉も多めに入っていてとても柔らかく、麺も日本で食べるラーメンの麺とは違う歯ざわりでした。

ちなみにこの店「手打ち麺のチャンピオン」に輝いた店なんだとか?

 

公式サイトはありませんが、フェイスブックページがあるようなので興味のある方はフォローしてみてはいかがでしょうか?

価格は220元、注文時にテーブルで支払うシステムです…現金のみ。

 

DSC_0815.JPG

魯肉飯は少し小さめが主流みたい

 

DSC_0816.JPG

有名店だと、一人では入りづらい

 

士林夜市の地下で食べた魯肉飯と小籠包、写真は撮りませんでしたがクランベリージュースも飲みました…小籠包は上海が発祥らしいです、台湾でも有名でお店などが多いのですが、こちらのレストラン一部店舗では「最低消費元」という「注文金額に下限を設けている」店も少なくないので一人だとちょっと利用しづらいのです。

 

夜市の食堂エリアはドリンクの持ち込みOKな場合が多いので、屋台でフルーツジュースを購入して食事だけを頼むことも可能です。

 

士林夜市は観光客も多いのでメニューは中国語以外に英語、日本語もありました。

 

牡蠣のオムレツが有名ですが、牡蠣は食べられないのとこの日は昼食に麺類を食べたので米が食べたいと思い、この2品を注文…お店のオバちゃんにやたら「野菜炒め」も勧められたけど、一皿の量が多そうだったので丁重にお断りしました。

 

魯肉飯は小ぶりのお茶碗サイズで、少し小さめでした…小籠包100元、魯肉飯は50元しなかったような記憶。

 

DSC_0825.JPG

日本の飲食店が結構進出しています

 

街中を歩けば結構な確率で「日本の飲食店」に遭遇します…次は台湾のモスバーガーです。

 

これを食べた日はちょうど写真撮影の日ですぐに食べられるものが良かったのです、そこで見つけたのがモスバーガー…日本では「待たせるファストフード」として有名ですが、台湾でもそこそこ待ちました。

 

メニューは日本のモスバーガーとは微妙に違います、モス発祥と言われる「テリヤキバーガー」がなかったり、モスライスバーガーの米が「台湾産米100%」だったり、台湾ならではの「素食(ベジタリアン)メニュー」があったり。

 

私が頼んだものは「モスチーズバーガー」のセット、こちらのセットメニューはフレンチフライやオニポテではなく「チキンナゲット」が付いてきます。

 

ソースは台湾独自性の中華風ソース、ドリンクはみかんジュース、日本と同じくレジで注文する形式ですが出来上がったものは自分で取りに行く形式だったような…現地でも人気があるらしく、昼時だと座席が埋まっていて取りにくいことがあります。

 

日本のモスと違うのは「写真通りの物が出てこない」事でしょうか?私が頼んだモスチーズバーガーも薄切りトマトが2枚挟まれていました。

 

日本語メニューあります、私がレジに行ったら店員さんが出してくれました。

 

ここまで来て、気づいた方もいると思います…「ほぼ、肉しか食べてない」事に、滞在中の夜無性に「野菜が食べたい」という衝動に駆られました。

 

しかし、そういう衝動にも台湾は答えてくれるのでした…実は人口の10%がベジタリアンと言われている台湾では「素食(すしょく)」と呼ばれるベジタリアン料理ジャンルが確立していて、この素食を専門に扱うレストランもあるのです。

 

というわけで、この日訪れたのは「長春素食(チャンチュンスーシー)」というレストラン。

 

人気が高く、休日は混み合うらしいが幸い平日だったので行ってみることに…泊まっていたホテルからほぼ直線で歩いて20分くらいだったので徒歩で行きました。

 

一人で来ているのは私くらいだったな、店員さんに「日本から来たの?」と聞かれたと思った矢先、ものすごく日本語がペラペラの店員さんが来て店のシステムやどこにどのようなメニューが置いてあるのかなどを付きっきりで教えてくれたり、私が「こっち来てから肉しか食べてない」とこぼしたらバナナとドラゴンフルーツをお皿に取って持ってきてくれたり、ここでもやたら「野菜炒め」をしきりに勧めてきてわざわざ持ってきてくれたり…ちなみにここは「バイキング形式」の店である。

 

DSC_0856.JPG

子供料金は年齢ではなく、身長で決まる

 

DSC_0855.JPG

手前の葉っぱはさつまいものツルを茹でたもの

 

価格はドリンクバー付きで650元、台湾の飲食店ではちょっと高め。

 

この店員さん、店を出るときまで私に話しかけてくれて「今度夜来る時はタクシーでおいで」と言われました…徒歩で来たことは言ってないのだが察したのだろうか?

 

牛乳以外の動物性食品は一切使用していないのですが、料理によっては「肉を食べている」という錯覚を感じるほどでした、お客さんは現地の人や観光客の他に僧侶とおぼしき人達も多かったです。

 

DSC_0870.JPG

パンケーキ店も意外と多いのです

 

こちらは松山文化創區の近くにある「幸せのパンケーキ」のベリーのパンケーキ、日本発祥の店ですが海外店舗限定メニューもあるそうです(日本のは行ったことない)。

 

ベリーの集合体を構成しているのはベリーのシャーベット。

 

DSC_0869.JPG

飲み物もベリー系、混ぜると赤くなります…カエルの卵のようなものが沈殿

 

台湾の飲食店ではストローの提供が規制されているため、ストローではなくパフェを食べる時のような長いスプーンが付いてきます。

 

これを食べた帰りに個人経営のパン屋さんでフライドポテトとチーズを乗せて焼いたパンとハムロールを買って帰りましたが、このパンも美味しかったです。

 

松山駅近くの夜市では屋台メニューの定番「胡椒餅」を頂き、行列の無い屋台で買ったらおまけとしてミニチュア胡椒餅をサービスしてくれたり、ピーナッツの粉をまぶしたお餅を買って食べたり…基本的に台湾の飲食は適当に入っても美味しいものに当たる確率が高いと感じました。

 

DSC_0874.JPG

日本のとは何かが違うチーズローストチキン

 

サブウェイも進出していましたが、日本のサブウェイと違い…「肉がでかい」のでローストチキンは胸肉1枚スライスが挟まっています、野菜も微妙に違う(日本ではきゅうり入れない)。

 

奥のドーナツはセブンイレブンで売られていたミスタードーナツのポン・デ・ダブルショコラ、これ好きだったのに日本ではレギュラーメニューから外されたんですよね…味は日本のと同じでした。

 

滞在中はほぼ、肉と少しの野菜だけで過ごしていました。

 

帰国したら例によって体重が増えてましたが…グアムの時の5日滞在でプラス2Kgよりはマシな微増だったので良しとします。

私は今回、何をしにわざわざ1人台湾まで飛んだのか…?

 

それはずばり「変身写真」を撮ってもらうためです!!

 

もともと台湾では超ゴージャスな結婚写真を撮る習慣があるらしく、その流れで…お一人様でも超ゴージャスな写真を撮影してくれるスタジオが結構多いんです。

 

最近は日本でも撮っているスタジオが少なからず存在するようですが…やっぱり本場で撮りたい、というか日本だとお値段がなかなかお高いので。

 

実はホテル予約サイトのように写真スタジオを比較して予約できるサイトもあるんです…

 

台湾的写真館

https://www.tabitabi-taipei.com/studio/

 

日本人旅行者が多いのか?日本語が話せるスタッフが居るところが多いので、言葉の壁を感じる人は日本語OKのスタジオがおすすめです。

 

今回は着てみたいドレスがあったこちらのスタジオをチョイス

 

アルファ写真館

https://www.tabitabi-taipei.com/studio/list/studiores.php?sid=6

 

スタッフは中国語と簡単な英語しか話せませんが、オーナーが日本語ペラペラなので通訳してくれます。

 

コースは衣装2着のB1コース 個人撮影にしました、リンク先ではデータはCD-ROMですが実際にはUSBでもらえます。

 

実際に撮影してもらったのがこちら(加工、修正済みです)

 

こういうドレス、日本では着られないですよね…

 

撮影スタジオは地下にあるため、自然光は入りませんが地下空間をうまく利用したライティングと細部まで作り込まれた撮影セットはまさに「非日常空間」に迷い込んだ雰囲気を味わえます。

 

一坪くらいのスペースに様々なテイストの撮影セットがありますが、どのセットで撮影するかはカメラマンにお任せになりますので撮影までのお楽しみ…です。

 

衣装2着の場合、薄いメイク→濃いメイクの順で着替えと撮影をするらしいのでまずはこちらのドレスから。

 

爪は衣装に合わせてマニキュアを塗ってもらいました、髪はフルウィッグなので地毛をいじられることはありませんでした(スタジオによって違うかもしれません)。

 

細かいポージングや表情の付け方はカメラマンの人が指導してくれます、日本語は話せませんが英語とかジェスチャー交えて指導してくれるので心配しなくて大丈夫です。

 

緊張と袖付きのドレスだったせいか?15cmくらいあるピンヒールの靴を履いていたせいか?それともライトのせいか?撮影が終わった頃にはかなりの汗をかいていました。

 

メイクは

衣装と本人の雰囲気を考慮してメイクをする「プロにお任せ」

あまり印象を変えない「ナチュラル」

ビフォーアフター並に大改造をする「変身」

 

3パターンありましたが…今回は「プロにお任せ」を選びました。

 

どこまで変わるのか?と思っていましたが、ベースの塗り込みは普通の写真撮影と同じくらいでした…アイメイクから本格的な変身スタートです。

 

長~いつけまつげを2重に付けて(もっと付ける場合もあるそうです)、アイプチや二重テープで二重まぶたも作っていきます。

 

ウィッグは茶色と金髪と好きな方を選べたので、茶色をチョイスしたので眉毛も茶色で描いてもらっています。

 

一通り撮影が終わったら、衣装とメイクのチェンジ…ですが、ここでアクシデント発生。

 

2着目に着ようと思っていたドレスのサイズが合わないという事実が発覚したのです…サイズが大きい場合は後ろでクリップでつまむとか出来るのですが、今回はドレスの方が小さかった。

 

バスローブを借りて、急遽違う衣装を選ぶことに…実は今回の撮影ではデザインテイストが全く違う洋風ドレスを2着着ようと考えていたので、似たようなデザインのドレスを探していたのですがここでオーナからある提案が

 

「せっかく台湾まで来たんだから、チャイナドレス着ないともったいないよ」

 

ということで私が1着目にブルー系のドレスを選んだことから水色と紫を貴重としたチャイナ服を勧められました。

 

ブルー系はドレスで着たので今度は紫色を選び、着替えスタート…シャドーと眉毛、ウィッグだけを外して改めてメイクスタート。

 

そして、撮影してもらったのが…こちら

 

先ほどとは雰囲気がガラッと変わりました。

 

この衣装は古代中国の宮廷で位の高い人が着ていた服を再現したものだそうです…チャイナドレスは赤系のイメージが強かったのですが、寒色系もあるそうです。

 

最初に着たドレスと違い、フラットシューズにパンツスタイルだったので移動やポージングも楽でした。

 

実は2着目のドレス、ここで撮りたいという決め手になったドレスだったのですが、サイズが合っていたらこういう台湾ならではの衣装を着ることはなかったのかと思うと、このアクシデント悪くはなかったと思えました。

 

気になる価格ですが、衣装2着と上質紙加工のアルバム12ページとデータ付き自宅までの送料込みで総額は日本円で25000円くらいでした(カード払いの場合)。

 

所要時間は約3時間…衣装の数が増えると4~5時間くらいかかることもあるので、撮影してもらいたい場合は全日程フリープランのツアーか、個人手配で渡航することをオススメします。