対症療法ではない、本質的な癒しと変容のために。

対症療法ではない、本質的な癒しと変容のために。

自分の心と深く向き合って行く癒しというのは、それなりに時間も労力もかかります。
けれどもそれは、深く自分自身を理解し、自分への温かさや愛を育んで行く道であり、本質的な癒しに繋がる道です。
対症療法ではなく、根本から楽になって行きたい。
そう思われる方へ。

【東京 北区の心理セラピールーム Coming Home】

心理カウンセラー・セラピストの徳山なおこです。

潜在意識を紐解くカウンセリングと、
セラピーの先進国・イギリス発の最先端のセラピーで、
あなたの悩みや苦しみ、生きづらさを解消して行きます。


✤どんなセッションをご提供しているかについては、こちらのブログをご覧ください。

「頭では分かるのに、変えられない。どうにもならない…」と苦しんでいませんか? ~潜在意識のお話~

自分の中に「戻る場所」ができていく。

セッションを何回受ければ楽になれるの??


✤「ネガティブ・ナルシズム」(通称「ネガナル」)については、こちらの記事からどうぞ。

「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~


✤「ネガティブ・ナルシズム」チェックテストを作成しました。

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテスト【ダウンロード申込み】


✤ホームページは こちら

心理セラピールーム ComingHomeの徳山なおこです。

 

 

ひとつ前の記事↓↓↓

こちらの訂正&補足ですにひひあせる

 

https://ameblo.jp/cominghome193/entry-12628732678.html

 

 

 

 

 

 

その記事の中でこんな風に書きました。

 

 

 

(「思考の観察」の難しさについて)

 

「”自分”が自分の思考を観ている状態」

 

つまり、

 

「エゴがエゴを観ている状態」になっていることが多い

 

ということ。

 

 

 

 

この部分について、信頼する友人から

 

「エゴがエゴを観ている状態から外れることは無いからね~」

 

というメッセージをもらいました。

(〇ちゃんありがとー✨✨)

 

 

おお、確かにそりゃそうだな!と思った次第 Σ(゚Д゚)

 

 

私の感覚のみで書いた結果、あのような表現になってしまったのですがあせる

その辺りを詳しく書いてみようと思います。

 

こういうことにご興味のあるオタク(笑)の方は読んでいただければチュー

 

 

 

私は幼い頃から、自分のエゴっぽさを

強烈に目の前に見せつけられているような状態でした。

 

自分さえ良ければいいという狡さ。

自分は特別な人間という感じがあり、人を見下す。

罪悪感を持たせて人をコントロールしようとする。

 

などなど・・・

 

自分のそういう部分が、ものすごくはっきりと見えていました。

 

 

そして、そういう自分のことを「世界で一番、心の醜い人間」だと

心の底からそう思っていました。

 

 

そして、どうにか変えよう、変わろうとするのに、

どうしても変えられない、変わらない・・・

 

それが私にとって、ものすごい苦しみでした。

 

 

 

そのためか、私の中では

 

その自分の醜い部分を常に見張り、

そしてただひたすらに責め、劣等感に苛まれる”自分”。

 

そういう”自分”のエネルギーが強烈になって行きました。

 

 

 

自分を癒すことに取り組み、思考の観察を始めてしばらく経って、

 

自分の思考や内面を見る時に、

 

常にこの「自分を常に見張り、そして責める”自分”」の視点になっていて、

どうしてもそれが被って来てしまう・・・

 

それに気付きました。

 

 

 

思考の観察というのは、

 

思考に対して何のジャッジもせず、

 

単純に、

ただ生じている思考を見つめること、思考に気付いていること です。

 

 

けれども、どうしてもそれができないのです。

 

 

 

自分を見張り、

ダメな部分を見つけては責めることしかしない自分

 

また、癒しを学んだことで、
責めるだけではなく
更に「どうしたら変わるのか、どうすればいいのか」というのも加わって。

 

 

思考を観察しようとした時に、

常に、その”自分”の目を通してしか見ることができない・・・

 

「ジャッジせずにただ気づいていること」ができない。

 

 

 

けれどもそれに気付いても、

 

その自分のエネルギーが強烈で、

更に、その自分と深く同化しているために、

(同化を簡単に言うと「それこそが自分自身だと感じている状態」です。)

 

その”自分”の視点から外れることができない・・・

 

 

 

私は、その”自分”と深く同化し、

それが「私そのもの」、私の「本体」のように感じていました。

 

 

その「本体」が、

 

自分を見張り、責めて、

 

そして、どうしたら変わるんだろう、何をすればいいんだろうと

自分を変えるために様々なアプローチを試み、

どうにか自分を変えようとする。

 

色々なことを考え、

「正解」を求め、

 

必死で自分の人生の舵取りをしている。

 

 

 

 

私は本当に見るべきは、

その「本体」とも言える自分なのだと、

 

そのことにも気づき始めますが、

 

 

ずっとその「本体」の視点で、強烈に自分の内面にフォーカスしてきて、

あまりにも深く「本体」と同化しているために、

 

その「本体」を見るというのは、

 

例えれば、「鏡を使わずに自分自身を見ようとするような奇妙な感覚」で、

 

まったく面白いくらいにできなくて、

どうすれば見られるようになるのかも、さっぱり分からなかったのでした。

 

 

 

これが、私が先の記事で

 

「”自分”が自分の思考を観ている状態」

「エゴがエゴを観ている状態」

 

と表現したことです。

 

 

 

 

 

 

 

「本体」をこそ見たいのに、

どうしても見ることができない。

 

そのジレンマの中で、かなり長い時間を過ごしました。

 

 

 

余談ですが、

いわゆるヴィパッサナー系の瞑想も、私には非常に難しいです。

 

「本体」の

 

良い瞑想をしよう!

ちゃんと呼吸や思考に気付いていなければ!

 

という、

 

ものすごく「何かをしよう」「しなきゃ」というエネルギーが強烈で、

めちゃくちゃ疲れてしまうのですよ・・・チーン

 

 

そのため、日常の中で取り組むのは非常に困難で、

恐らく一週間とか10日とかの合宿参加が必要と思われます・・・笑い泣き

日本ヴィパッサナー協会の合宿に、人生で一度は参加してみたいと思っているのですがチュー

 

 

 

話を戻してにひひあせる

 

その「本体」との同化が緩むこと、

「本体」を少しずつ見られるようになること、

 

その上で私にとって役に立ったのが、

 

先のブログで書いた↓↓↓です。

 

 

「思考を観察しようとしている”自分”」

何かを「しよう」としている”自分”

 

その”自分”を含め、

 

 

”自分”が、つまり、思考(エゴ)が

 

何をしようとしているのか?

何をしているのか。

 

 

そういう目線で、ただじっと、

 

その思考の動き、思考がやっていること、エネルギー

そういったものを観察する、ということです。

 

 

 

 

「本体」を少しずつ見ることができるようになってきたと言っても、

 

その見ているのも、また思考(エゴ)です。

 

あくまでも、「本体」を対象として見ることができる、ということであって、

「エゴから出た視点」「エゴでは無い視点」という訳ではありません。

 

 

この部分が、誤解を招くというか

正確ではない表現でした。

 

ごめんなさいm(__)m

 

 

 

そして今度は「本体」を対象として見ることができる視点、と言ってしまうと、

 

じゃあその「本体を見ている自分を、更に見ている自分がいて・・・」

「それを更に見ている自分がいて・・・」「←をまた見る自分」「←をまた見る自分」

 

どこまでも終わらないじゃないか!!!笑い泣き

 

というように、

 

エゴの視点の「マトリョーシカ現象」(と、私が勝手に呼んでいる。笑)

を起こして混乱されてしまう方もいらっしゃるかと思いますにひひあせる

 

 

 

ということで、もうひとつ大切なポイントを書き忘れていることに気付きました。

(ほんとごめんなさい笑い泣き

 

それは

 

なるべく「ただ気付いている意識」

それに寄り添って行うこと

 

です。

 

 

「ただ気付いている意識」は、

 

何のジャッジも、コメント(思考)も、感情も無く、

ただ「気付いているだけ」。

 

 

私たち人間のベースには、

必ずそれが存在しています。

 

 

 

私なりの言葉で表現すると、

 

見ようと頑張らなくても、見えている

聞こうとしなくても、音は聞こえている。

感覚(暑さとか痒みとか…)を感じようと努力しなくても、感じている。

 

 

もちろん、「見よう」とすれば、その対象にフォーカスが当たって、

「自分が見ている」という感覚が生まれるかもしれません。

 

けれども「見よう」としなくても、

目に周囲のモノは映っています。

 

 

その、何の努力も必要無く、

「見よう」「聞こう」としなくても、

 

既に、目に見えるものや音、感覚・・・すべてに気付いている意識。

常に、目に見えるものや音、感覚・・・すべてに気付いている意識。

 

 

この、「ただ気付いている意識」

それになるべく寄り添う。

 

この時間を日常の中に取り入れることで、

思考の観察がしやすくなっていきます。

 

 

(頑張って書いてみたけど、全然上手く言葉にできていない感アリアリですし、

厳密に言うと違う部分もあるかもですが、これ以上は無理・・・ご容赦を笑い泣き

「それ違うよ」ってことがあればお知らせください!!!)

 

 

 

 

まあ色々と複雑にお伝えしちゃいましたが笑い泣きあせる

 

要は、

 

「ただシンプルに思考に気付いている」

 

それができれば、それでOK!

それこそOK!!!

 

です!!!

 

 

 

ただ、

 

それが難しい・・・

 

そう感じている方にとって、

何かもし、少しでも参考になることがあれば、

 

そこで苦しんだ身としては、笑

とても嬉しいです笑顔虹

 

 

 

 

▼自分でできる「自分の中に安心感や温かさを育んであげる」ワーク、

その誘導音声をYouTubeにアップしています。

 

取り組んでみたい方は、ぜひ聴きながらやってみてくださいね!

 

①~③が4月に開催したワークショップの音声、

④~⑦が6月に開催したワークショップの音声です。

①~③と④~⑦をセットで聴いてみていただくと、

「心のセルフケア」について、より理解していただけると思います笑顔

 

【自分でできる♪心のセルフケアのための簡単ワーク】

 

 

 

 

セッションのお申込み

心を紐解くカウンセリングで、潜在意識にある根本の原因を探り、

最先端のセラピーでそれらを解放して行きます。


ご自身でも気付いていなかった潜在意識の思いや感情を知ることで、

自然と自分への深い理解や愛が生まれ、心が楽になって行く。

そのプロセスを大切にしています。

 

自身の経験から、自己否定や生きづらさ、親子関係・家族関係の悩み、

複雑性トラウマ(愛着障害、アダルトチルドレン)、不安障害、トラウマなど・・・

根本的な変化・変容に繋がるセッションを、対面とオンラインにて行っています。

 

✦HPは こちら

✦お申込み・お問い合わせは こちら

 

 

 

 

どんなセッションかを知りたい方はこちらの記事をどうぞ♪

 

 

 

メルマガ「こころのおはなし」ご登録フォーム

 

不定期にメルマガをお送りしております。
内容は、心の仕組みや、あなたがほっと楽になるためのヒント・・・
ご希望の方は以下の登録フォームよりお申込みくださいませ。
 

メルマガ登録フォームは こちら
 

※ご登録後、すぐに自動返信メールが届きます。 

届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

 

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテスト  ダウンロード

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテストのダウンロードは、

以下のブログ内の「お申込みフォーム」からお申込みください。

 

ダウンロードのお申込みは、こちら のブログから。https://ameblo.jp/cominghome193/entry-12378589454.html

 

 

✤「ネガティブ・ナルシズム」(通称「ネガナル」)とは ↓↓
「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~


 

 

よく読まれているブログ記事
「頭では分かるのに、変えられない。どうにもならない…」と苦しんでいませんか? ~潜在意識のお話~

「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~

「自己肯定感を高める、自己愛を高める」って、どうすればいいの?

「自分で自分を愛する」なんて、私には絶対に無理だと思っていました。

「自己愛」ってどういうこと?~自分の中の深い愛に気付く~

自分の中に「戻る場所」ができていく。

自分が何を感じているのか?自分の気持ちに意識を向けることについて。

苦しみを「誰かに何とかしてもらいたい」と思っている間は...

他者を攻撃するよりも、自分の内に愛を向けてみる。

「潜在意識なんてうんざり」「潜在意識なんて変わらない」そう思っていますか?
 

 

 

 

セッションのご感想

 


 

じわじわと、あなたの中で自然に、

自分への愛や優しさが増えて行く。

そして、楽になって行く。

 

そんなセッションをご提供しています。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング


 

 

 

 

心理セラピールーム ComingHomeの徳山なおこです。

 

 

「宇宙存在によるヒーリングやってます」という怪しいカミングアウトの後に・・・

 

https://ameblo.jp/cominghome193/entry-12625087735.html

 

 

 

 

 

今回は、めっちゃ現実的な?お話をにひひ

 

(そして既に思考の観察に取り組んでいるなどの、一部の方にしか意味が分からない話かもしれません…ご容赦くださいあせる

 

 

 

「思考の観察」というのは、

癒しにおいて、非常に大切なことだと思います。

 

 

「自分の思考に気づいている」「思考を観察する」という

これ以上は言えないほどシンプルなことなのですが、

 

これが難しい・・・ゲロー

 

 

 

ポイントは、

 

「思考は自分そのものではない」

 

その視点で観察することです。

 

(この辺りは詳しく説明すると非常に長くなるのでまたの機会に・・・)

 

 

 

思考に気付いていること自体は、

最初は難しくても慣れればできるようになって行きます。

 

 

 

じゃあ何が難しいか?というと・・・

 

 

「”自分”が自分の思考を観ている状態」

 

つまり、

 

「エゴがエゴを観ている状態」になっていることが多い

 

ということ。

 

 

当時、ロンドンのHolistic Healing Collegeで行われていた

溝口あゆかさんのセラピスト養成講座。

それに参加して私の心の学びが始まったわけですが。

 

その講座においては、

何は無くとも「思考の観察」ということが、まず何より大切な課題として伝えられます。

 

 

自分の思考をセッションにおいて投影しないこと、

そのために常に自分の思考に気付いていること。

 

それがOADセラピストとして必須のスキルだからです。

 

(批判ではなく・・・カウンセラー・セラピストでも、こうしたことを学んでいない場合もそれなりに多くあります。)

 

 

 

そしてまた、自身の癒しを進めるうえでも、

 

自分の思考に気付いていること、

思考から距離を取って観察できるようになることは、

 

非常に大切な要素になるからです。

 

 

 

私は思考の観察というものを始めてからもずっと

この「”自分”が自分の思考を観ている状態」でした。

 

 

そして、そのことに気付きながらも、

思考との同化がめちゃくちゃ激しい私は、

そこから抜けられず、それをどうすることもできなかった・・・。

 

 

 

けれども、「”自分”が自分の思考を観ている状態」であっても、

自分の思考に気付いていることは、

 

自分の思考と少し距離を取ることができて、

それに巻き込まれないでいられること。

 

思考を、流れる雲のように流せること。

 

そういったことには繋がり、

 

それだけでも、苦しみから楽になっていくうえで、

ずいぶん助けになりました。

 

 

(ですので、苦しみの中にある方には、

思考の観察はおススメです!!!!!ニコニコ

 

 

 

けれども、「思考=自分」という感覚は相変わらず強く、

思考のエネルギーの中にどっぷりで、そこから抜けられてはいませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

今の私が、思考のエネルギーの外に出られているかは定かでは無いですがにひひあせる

 

けれども、以前よりも自分の中で、

 

「エゴがエゴを観ている状態」から変化してきたかも・・・?

 

そういう実感を感じて行った「コツ」のようなものがあります。

 

 

 

それは、

 

「思考を観察しようとしている”自分”」

何かを「しよう」としている”自分”

 

その”自分”を含め、

 

 

”自分”が、つまり、思考(エゴ)が

 

何をしようとしているのか?

何をしているのか。

 

 

そういう目線で、ただじっと、

 

その思考の動き、思考がやっていること、エネルギー

そういったものを観察する、ということです。

 

 

 

思考(エゴ)がしていること、しようとしていること。

 

それは、

 

外や他者と自分を分け、区別し、

切り離し、

 

そして「自分」というものを際立たせること。

「自分感」を感じること。

 

そこに帰着します。

 

(もちろん具体的にはそれだけではないのですが。)

 

 

 

それは「良い」とか「悪い」とかいうものでなく、

 

思考とは、エゴとは、そういうものだ。

 

ということです。

 

 

 

思考(エゴ)というものの性質、

それがどういうものかを学び、

 

自分の心の中で、

いったいどういうことが起きているのか?をよく観察して、

 

思考(エゴ)というものを知って行くこと。

 

そして、

 

「人類の共通プログラム」とも言えるエゴ、

それは「真の自分」では無いこと。

 

それを見抜いて、見破って行くこと。

 

 

それは、この混乱した世界の中で、

いま一番必要とされていることではないかと思います虹

 

 

 

ちょっとマニアック?な「思考の観察」について

私なりのコツを書いてみました。

もしどなたかのご参考になれば幸いです笑顔

 

 

 

 

先のセラピスト養成講座で必読図書とされているこちらの本は

「エゴの教科書」とも言われるほど、

「エゴとはどういうものか」について非常に分かりやすく書かれています。

 

本質的な癒しを求めている方に、ぜひおススメの一冊です。

 

ニュー・アース 

エックハルト・トール(著)

 

 

 

 

【追記です】
▼この記事の訂正&補足を書きました。こちらもぜひ虹
「思考の観察」ー「エゴがエゴを観ている」ということについて。

 

 

 

 

▼自分でできる「自分の中に安心感や温かさを育んであげる」ワーク、

その誘導音声をYouTubeにアップしています。

 

取り組んでみたい方は、ぜひ聴きながらやってみてくださいね!

 

①~③が4月に開催したワークショップの音声、

④~⑦が6月に開催したワークショップの音声です。

①~③と④~⑦をセットで聴いてみていただくと、

「心のセルフケア」について、より理解していただけると思います笑顔

 

【自分でできる♪心のセルフケアのための簡単ワーク】

 

 

 

 

セッションのお申込み

心を紐解くカウンセリングで、潜在意識にある根本の原因を探り、

最先端のセラピーでそれらを解放して行きます。


ご自身でも気付いていなかった潜在意識の思いや感情を知ることで、

自然と自分への深い理解や愛が生まれ、心が楽になって行く。

そのプロセスを大切にしています。

 

自身の経験から、自己否定や生きづらさ、親子関係・家族関係の悩み、

複雑性トラウマ(愛着障害、アダルトチルドレン)、不安障害、トラウマなど・・・

根本的な変化・変容に繋がるセッションを、対面とオンラインにて行っています。

 

✦HPは こちら

✦お申込み・お問い合わせは こちら

 

 

 

 

どんなセッションかを知りたい方はこちらの記事をどうぞ♪

 

 

 

メルマガ「こころのおはなし」ご登録フォーム

 

不定期にメルマガをお送りしております。
内容は、心の仕組みや、あなたがほっと楽になるためのヒント・・・
ご希望の方は以下の登録フォームよりお申込みくださいませ。
 

メルマガ登録フォームは こちら
 

※ご登録後、すぐに自動返信メールが届きます。 

届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

 

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテスト  ダウンロード

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテストのダウンロードは、

以下のブログ内の「お申込みフォーム」からお申込みください。

 

ダウンロードのお申込みは、こちら のブログから。https://ameblo.jp/cominghome193/entry-12378589454.html

 

 

✤「ネガティブ・ナルシズム」(通称「ネガナル」)とは ↓↓
「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~


 

 

よく読まれているブログ記事
「頭では分かるのに、変えられない。どうにもならない…」と苦しんでいませんか? ~潜在意識のお話~

「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~

「自己肯定感を高める、自己愛を高める」って、どうすればいいの?

「自分で自分を愛する」なんて、私には絶対に無理だと思っていました。

「自己愛」ってどういうこと?~自分の中の深い愛に気付く~

自分の中に「戻る場所」ができていく。

自分が何を感じているのか?自分の気持ちに意識を向けることについて。

苦しみを「誰かに何とかしてもらいたい」と思っている間は...

他者を攻撃するよりも、自分の内に愛を向けてみる。

「潜在意識なんてうんざり」「潜在意識なんて変わらない」そう思っていますか?
 

 

 

 

セッションのご感想

 


 

じわじわと、あなたの中で自然に、

自分への愛や優しさが増えて行く。

そして、楽になって行く。

 

そんなセッションをご提供しています。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング


 

 

 

 

心理セラピールーム ComingHomeの徳山なおこです。

 

 

えーーーー・・・実は、

 

宇宙存在によるヒーリング、

 

アルクトゥルス・クォンタムヒーリング

 

というものをやっています。

 

 

というカミングアウトですにひひあせる

 

 

 

アルクトゥルス・クォンタムヒーリングって何ぞや?と申しますと・・・

 

 

アルクトゥルス星は、うしかい座で最も明るい恒星で、地球から約37光年離れたところにある星です。

 

アルクトゥルス人は5次元~12次元という、人間の目では見ることができない次元の周波数に存在しています。

地球の存在する銀河系の中でも、もっとも高い知性を持ち、地球人のスピリチュアル的な進化や目覚め、愛や平和への目覚めを目的として地球と関わっていると言われています。

 

アルクトゥルス・クォンタムヒーリング(Arcturus Quantum Healing)は、施術者(ヒーラー)専属のアルクトゥルスのヒーリングチームとともに共同で行う、とてもパワフルなヒーリングです。

 

 

 

 

要は、宇宙存在と共同で行うヒーリングなのですが・・・

 

怪しい・・・ですよねー笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

(もっと怪しい・・・かもですがあせる

このヒーリングは私が行うのではなく、

私を媒介のようにして、アルクトゥルスの存在たちがヒーリングを行ってくれます。

私は意図を放ち、起こることをじっと微細に観察して伝わってくるものをキャッチする・・・そんな感覚です。)

 

 

 

 

私自身が、宇宙とか宇宙人、ヒーリングについて、

 

そんなの怪しすぎる!

 

とか、

 

そういうものもあるかもしれないけれど、

私には見えないし感じないし、縁のないものだ。

 

そう思っていた人間なので、

 

こうして今、こういうヒーリングをご提供していることに

自分自身がびっくりな訳ですが笑い泣き

 

 

 

私は目に見えないものをまるっきり信じていなかったし、

また、エネルギーなどを感じたりする人間でもなかったので、

生まれてからずっと、そういう世界に縁も興味もありませんでした。

 

それなのに何故か、色々な経緯を経て、

このヒーリングを行っています。

 

 

まるっきりエネルギーなんて感じなかった私が、

 

中井代替医療研究所の中井先生と出会い、

先生の愛としか言えないエネルギーに触れて、

「この人から学んでみたい!」と強く思ったことをきっかけに

 

ERTというエネルギー療法を1年かけて学び、

エネルギーというものが、私の人生に登場しました。

 

 

その後、ERTのモニターセッションをさせていただく中で

エナジーコンパッションセラピーが生まれ、

 

そんな流れの中で

アルクトゥルス・クウォンタムヒーリングを学びました。

 

 

 

今も人にこのヒーリングを説明する時には

「怪しいですよね笑い泣きあせる」と言ったりもしますが、

 

でも私の中では、

宇宙とか宇宙人とかヒーリングとか、

そういったものは

 

既に「怪しい・・・真顔」というものではなくなっています。

 

 

(ただ、スピリチュアル系のそういった情報は玉石混交だと感じるので、

鵜呑みにしたり盲目的になったりするのではなく、

そういった面での注意深さや、自分でしっかり見極めることは、非常に大切だと思っています。)

 

 

 

 

ただやっぱり、心理セラピストとしては、

 

「宇宙存在によるヒーリングやってます」というのは、

ちょっとどうだろう・・・滝汗

 

と、躊躇う自分がいました。

 

 

 

そのため、ヒーリングについては、

別のHPとブログを開設して行っていたわけですが。

 

 

 

こう言うと身も蓋も無いのですがあせる

最近もう、

「なんでもいいじゃん」という気持ちになってきてて笑い泣き 笑

 

 

そして、ヒーリングを受けてくださった方が

変化や効果を感じてくださっているということ。

 

それがすべてかなと。

 

 

 

宇宙存在によるヒーリングというと、もしかして、

なんだかすごそう…という印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

ヒーリングは、もちろん「魔法」ではありません。

 

 

ヒーリングを受けさえすれば何でも解決するとか楽になるとか、

そういうわけではないと、私は思っています。

(あくまでも私の個人的な見解です。)

 

 

自分で気づくこと、向き合うこと、取り組むこと、

それが必要なテーマもあると感じています。

 

 

ただ

 

自分で気づくこと、向き合うこと、取り組むこと、

 

それですべて解決するわけでもないと、

自分の体験からそうも思っていて。

 

 

そういう時に、

 

こうしたヒーリングが助けになったりサポートしたりしてくれる。

 

これも自分の体験からそう感じているので、

このヒーリングをご提供しています。

 

 

 

そして最近、

 

結果オーライというか、

役に立つもの、良いものなら、

 

躊躇わずやって行けばいいんじゃないか。

 

そんな心境の変化がありまして・・・

 

 

今回のカミングアウトとなりましたにひひあせる

 

(カミングアウトって大袈裟ですが、

でもそれくらい私にとってはちょっとした勇気の要ることでした・・・笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは、宇宙や宇宙の存在というものが、

 

空想上のものではなく、

リアルに私たちの生活に入ってくる。

 

そんな時代になって行くかもしれないと思います虹

 

 

そうなると、恐らく今よりももっと

エネルギー的な視点で解明できること、対処できることが増えて行くでしょう。

 

 

 

けれども同時に、

人間の心の仕組みや神経系の仕組み、トラウマの仕組み・・・

それに基づいた現実的なアプローチ。

 

それらも、とても大切だと思うのです。

 

 

 

ヒーリングをするうえでも、

これまで学んできた心の仕組み、人の心身に関することというのは

とても役に立っています。

 

 

ヒーリングをしている中でも、

 

その土台があるからこそ、見えるものがあるのかも・・・

そんな風に感じるからです。

 

 

 

そして、たまにびっくりされるのですが、

ヒーリング前に、その方のお話を詳しく伺って掘り下げる場合があります。

(心理セラピーのセッションほど深くではないですが・・・)

 

そのカウンセリングの部分だけでも

スッキリしたとか、自分ではまったく気付いていなかったものが見えたとか、

そういうお声をいただきます。

 

 

 

けれども、このヒーリングを提供している他のヒーラーさんは、

優れたサイキック能力を持っておられる方が多く、

そういう方は、宇宙存在や宇宙船を実際に見たり感じたりされているようなのですが、

 

私にはそこまでの能力は無くあせる

そのため「こんな私がこのヒーリングをご提供して良いのだろうか…」という迷いが私の中にありました。

 

 

でもやっぱり、

ヒーリングを受けて効果や変化を感じてくださる方がいらっしゃって。

 

心理セラピストとして心や身体の仕組みを学んできた私だからこそ、

もしかしたら、できることがあるのかもしれない。

 

そういう気持ちも芽生えてきました。

 

(と同時に、それらがある種の枠・制限にならないようにということに注意もしています。)

 

 

 

そんな風に色々と考えていたところで、

タイムウェーバーという、

多次元にアプローチできるエネルギー分析&調整デバイスのセッションを受ける機会があり、

 

(タイムウェーバーも、開発されたドイツでは医療の現場などで使われており、様々な効果を出している、とても不思議な機械です✨)

 

 

そこで私がアルクトゥルス・クォンタムヒーリングを行うことについて質問したところ、

なんと、かなり良いという結果も出てポーン

 

それにも背中を押してもらいました。

 

 

▼タイムウェーバーについてはこちら

https://timewaver.co.jp/

 

 

 

 

 

人間の心の仕組みや神経系の仕組み、トラウマの仕組み・・・

それに基づいた現実的なアプローチ。

 

それを土台・ベースに、

 

でも、様々な可能性に目を向けて、

 

自分ができること、興味を惹かれることをやって行きたい、

ご提供していきたい

 

そう思っています笑顔

 

 

 

ヒーリングの方のブログには、

受けてくださった方のご感想を掲載しています。

 

ご興味を持ってくださった方は、まずはこちらをご覧いただければと思います。

 

 

▼アルクトゥルス・クウォンタムヒーリングのブログ

 

https://ameblo.jp/arcturushealing-yuu

 

 



▼アルクトゥルス・クウォンタムヒーリングのHP
 

https://peraichi.com/landing_pages/view/arcturushealing

 

 

 

 

 

実はこちらのブログにも一部のご感想を掲載しています。

(ブログ内のクォンタム・ヒーリングは、アルクトゥルス・クウォンタムヒーリングのことです。)

 

 

▼アルクトゥルス・クウォンタムヒーリングのご感想

 

クォンタム・ヒーリングの記事一覧

 

 

 

 

 

▼自分でできる「自分の中に安心感や温かさを育んであげる」ワーク、

その誘導音声をYouTubeにアップしています。

 

取り組んでみたい方は、ぜひ聴きながらやってみてくださいね!

 

①~③が4月に開催したワークショップの音声、

④~⑦が6月に開催したワークショップの音声です。

①~③と④~⑦をセットで聴いてみていただくと、

「心のセルフケア」について、より理解していただけると思います笑顔

 

【自分でできる♪心のセルフケアのための簡単ワーク】

 

 

 

 

セッションのお申込み

心を紐解くカウンセリングで、潜在意識にある根本の原因を探り、

最先端のセラピーでそれらを解放して行きます。


ご自身でも気付いていなかった潜在意識の思いや感情を知ることで、

自然と自分への深い理解や愛が生まれ、心が楽になって行く。

そのプロセスを大切にしています。

 

自身の経験から、自己否定や生きづらさ、親子関係・家族関係の悩み、

複雑性トラウマ(愛着障害、アダルトチルドレン)、不安障害、トラウマなど・・・

根本的な変化・変容に繋がるセッションを、対面とオンラインにて行っています。

 

✦HPは こちら

✦お申込み・お問い合わせは こちら

 

 

 

 

どんなセッションかを知りたい方はこちらの記事をどうぞ♪

 

 

 

メルマガ「こころのおはなし」ご登録フォーム

 

不定期にメルマガをお送りしております。
内容は、心の仕組みや、あなたがほっと楽になるためのヒント・・・
ご希望の方は以下の登録フォームよりお申込みくださいませ。
 

メルマガ登録フォームは こちら
 

※ご登録後、すぐに自動返信メールが届きます。 

届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

 

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテスト  ダウンロード

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテストのダウンロードは、

以下のブログ内の「お申込みフォーム」からお申込みください。

 

ダウンロードのお申込みは、こちら のブログから。https://ameblo.jp/cominghome193/entry-12378589454.html

 

 

✤「ネガティブ・ナルシズム」(通称「ネガナル」)とは ↓↓
「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~


 

 

よく読まれているブログ記事
「頭では分かるのに、変えられない。どうにもならない…」と苦しんでいませんか? ~潜在意識のお話~

「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~

「自己肯定感を高める、自己愛を高める」って、どうすればいいの?

「自分で自分を愛する」なんて、私には絶対に無理だと思っていました。

「自己愛」ってどういうこと?~自分の中の深い愛に気付く~

自分の中に「戻る場所」ができていく。

自分が何を感じているのか?自分の気持ちに意識を向けることについて。

苦しみを「誰かに何とかしてもらいたい」と思っている間は...

他者を攻撃するよりも、自分の内に愛を向けてみる。

「潜在意識なんてうんざり」「潜在意識なんて変わらない」そう思っていますか?
 

 

 

 

セッションのご感想

 


 

じわじわと、あなたの中で自然に、

自分への愛や優しさが増えて行く。

そして、楽になって行く。

 

そんなセッションをご提供しています。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング


 

 

 

 

心理セラピールーム ComingHomeの徳山なおこです。

 

 

こちらの記事の続き、

【実践編】になります。

 

▼まずはこちらをどうぞ♪

【HSP・トラウマ】自律神経を整える、安心・安全を感じることで緩んで行く♪①

 

 

 

副交感神経の働きを促すには、

 

安心感や安全を感じることが鍵

 

とお伝えしました。

 

 

副交感神経は、リラックス・休息の神経です。

 

安心感や安全を感じ、

リラックスすることで、

 

副交感神経の働きを促すことができるのです。

 

 

 

日常の中で安心・安全を感じる時間を持つこと、

リラックスすること、

 

それがとても大切になります。

 

 

 

 

まずは、

 

自分がどうしたら、ほっとリラックスできるか、

身体が緩むか、身体の力が抜けるか、

呼吸が深くなるか、

 

自分なりの方法を探ってみること。

 

そして、それを生活の中に取り入れて、

繰り返し行っていくこと。

 

 

それにより、副交感神経の働きが促されて、

神経系の働きがアンバランスな場合、

適切な、バランスが整った状態になって行きます。

 

 

 

そして、安心感や安全を感じる、リラックスする、

 

そのために私が一番大切だと思うこと、

 

それは、

 

安心感や安全、リラックス・・・

 

それを感じようと「頑張る」「努力する」のではなくて、

 

それを感じるのを自分に許す

 

ということです笑顔

 

 

 

私たちは、「これが良いよー」という情報を得ると、

 

つい、それをやろうと頑張ったり、

「そうしなければ!」というモードに入ってしまったりしませんか?

 

(私はついそうなっちゃいます笑い泣き 笑)

 

 

 

この「頑張り」や「そうしなければ!」は、
安心やリラックスの状態というよりも、
力んでいる感じ、しますよねにひひあせる

 

交感神経が優位な状態で、

安心・安全やリラックスの状態では無い

 

のです。

 

 

 

長く交感神経が優位な状態が続いている人は、

それくらい、

 

いつもどこか緊張状態で、

「頑張りモード」だったり

何かを「する」モードで、

 

ただ安心したりリラックスしたり、

 

そういう状態に慣れていない。

それがどういう状態かが分からない・・・。

 

そういう傾向があったりします。

 

 

 

だから、まずは、

 

ふーっと息を吐いて、

ゆっくりと身体の力を抜いて、

 

安心感や安全を感じること、

リラックスすること、

 

それをご自分に許してあげて欲しいのですニコニコ

 

 

 

リラックスしようとすると、

力を抜こうとすると、

 

「そんなことしたって何の意味も無い」

「時間の無駄だ!」

「それよりももっとやることがある」

 

そんな声が出て来ることさえあるかもしれません。

(私はそうでした。)

 

 

 

その声は、

 

これまでずっと頑張って来た、走り続けて来た、

交感神経が優位な緊張状態にあった、

 

その自分の声です。

 

 

 

その声と戦ったり、押しやろうとするのではなく、

 

そうだよね、リラックスなんて無駄だと思うよね。

そうやってずっと頑張ってきたんだよね。

 

でも今、ほんの少しの間だけ、

一緒に休んでリラックスしてみない?

 

そんな風に、

その声と自分に対して言ってみてあげて欲しいのです笑顔

 

 

 

 

 

 

 

私の場合、クライアントさんにこういったお話やワークをお伝えする時は、

安心・安全を感じようとする、というよりも、

 

「身体に」安心・安全を感じさせてあげるように・・・

とお伝えしています。

 

 

もちろん、心と身体は繋がっているので、

心が安心感や安全を感じれば、

身体もそれに伴って緩んだりリラックスするのですが、

 

 

自分の経験から

心で安心感・安全を感じようとするよりも、

 

「身体に」安心感や安全を感じさせてあげる

 

そういう意識の方が分かりやすい・やりやすいように感じるのですにひひ

 

 

 

ちなみに、以下の記事で書いたように、

神経系のシステムには、
生きて行くために必要なリラックス・安心を感じる柱が「2つ」あります。

 

「仲間と触れ合う・繋がるリラックス」と、

「ひとりのリラックス」です。

 

神経状態がアンバランスな人の多くにとって、まず必要となるのが

「ひとりのリラックス」です。

 

【過去記事】

「ひとりの時間が欲しい」は「ワガママ」ではない!!!

 

 

 

 

 

では、具体的に、

安心感や安全、リラックスを感じられる簡単なワークをご紹介していきますね。

 

 

・・・が。笑

 

 

大切なのは、

 

自分に合った方法を見つけて、

それを続けて行くことです。

 

 

神経系は、

1度や2度ワークをしたからと言って整うものではありません。

(残念ですが・・・笑い泣き

 

 

以前にも書いた通り、筋トレと同じです筋肉

 

短い時間であっても

日常の中で取り組んで行くことで、
ゆっくりでも確実に、神経系が整って行きます。


実はこれが、
地味なようで、とっても大切なことなのです。

 

 

私も自律神経の筋トレ、取り組み中ですにひひ

一緒にぼちぼちやっていきましょう♪

 

 

 

それでは、ワークをご紹介していきますね!

 

 

注意無理にリラックスしよう、力を抜こうとしないことが大切です。

それをすると、怖さが出て来る人も居ます。

 

私たちは、感じたくない感情を抑圧する時に、

身体に力を入れ、呼吸を浅くして感じないようにします。

 

そうやって自分を守って来たのです。

 

リラックスしよう、力を抜こうとした時に怖さが出て来るというのは、

「リラックスしたら・力を抜いたら危険」というシグナルであり、

必死で力を入れて自分を守っている状態だということです。

 

もし怖さが出てきたら、その時は、

「そうやって自分を守って来てくれたのだ」という気持ちを持って、

その怖さや力の入った状態を許してあげてみてくださいね。

 

 

 

 

◆深呼吸◆

 

呼吸は、自分でコントロールできない自律神経と、コントロール可能な体制神経の両方に支配されています。

呼吸は、唯一コントロールできて自律神経に影響を与えることが可能なものなのです。

 

呼吸を吸う時に交感神経が、

吐く時に副交感神経が刺激されます。

 

心身が緊張していること、力が入っていることに気付いたら、

 

吐く時に、ゆっくり丁寧に、

吸う息よりも長く、

 

それを意識しながら深呼吸をしてみましょう。

 

無理に深く吸ったり吐いたりする必要はありません。

自分にとって心地の良い深さとペースの呼吸をすることが大切です。

 

 

 

 

◆ゆったりと飲んだり食べたりする◆

 

食べたり飲んだりする時に、副交感神経が働きます。

 

ゆったりした気持ちと動きで飲んだり食べたりすることでも、

副交感神経の働きが促されます。

 

 

 

 

◆意識を広げるワーク◆

 

遠くから聞こえる音に、耳を澄ませてみます。

 

鳥の声、車の音、人の声など。

 

耳を澄ませながら、前後左右の空間の広がりを感じます。

 

考え事でぐるぐるしていたり、

視野が狭くなっていたことに気付くかもしれません。

自然に呼吸が少し深くなるかもしれません。

 

意識が広がって、

自分の中と、自分の外にスペース・空間が生まれていることを感じて、

その状態をしばらく味わいます。

 

 

 

 

 

◆身体の力を緩めるワーク◆

 

シンプルに、身体の力を抜いていくこともお勧めです。

 

身体を、頭からスタートして、上から下(足の裏)まで、

ゆっくりとスキャンするように感じて行きます。

 

緊張や硬さを感じる部分に気付いたら、

そっと優しく、そこに意識を向け続けます。

 

自然に少し力が緩んだり、呼吸が深くなったりするかもしれません。

 

※無理に力を抜こう・緩めようとする必要はありません。

 

できそうだったら、その緊張や硬さを感じる部分に、

呼吸とともに新鮮な酸素が入って行くイメージを感じたり、

温かい光が注いでいくイメージをしてみるのも良いでしょう。

 

(無意識にずっと力が入っているところは、それが当たり前になっていて、なかなか気づきにくかったりします。

何度かワークを繰り返しているうちに、硬さや緊張のある個所に気付きやすくなっていきます。)

 

 

 

 

 

◆心のセルフケアの音声◆

 

以下のワークは、リラックスや安心感・安全を感じることのできるワークです。

ぜひ音声を聴きながらやってみてください♪

 

宝石赤頭のぐるぐるを鎮める・自分の内側に意識を向けるワーク

 

 

宝石赤身体で心地良さを感じるワーク

 

 

宝石赤自分のスペースの中でくつろいでみよう!

 

 

宝石赤セルフタッチング~自分に優しく触れてみよう!

 

 

タッチケアは、特定の症状や身体のコリなどの改善を目的としたものではなく、

まさに「リラックスそのもの」が目的です。

おススメ虹

 

▼タッチケアについて詳しくはこちら

NPO法人 タッチケア支援センター

 


 

 

◆EFT(タッピング)◆

 

EFTをご存知の方は、

感情の解放ではなく、リラックスを促すためにも使うことができます。

 

自分にとって心地の良い、ゆったりとしたペースで、

深い呼吸をしながらタッピングを行います。

 

 

ベルEFTをご存知無い方は、以下に簡単なやり方の説明動画がありますので、

ご興味があれば観てみてくださいね^^

 

手のそれぞれの指の爪のキワを、

もう片方の人差し指と親指で1本1本つまむようにして、軽くトントンとタッピングする(刺激する)だけでも効果がありますよ!

 

ベーシックなEFTのやり方(JMET)

 

 

 

 

◆「今ここ」神経系エクササイズ◆

 

神経系のお話や、それを整えて行くことについて、

詳しく、そしてとても分かりやすく書かれている本です。

 

これを読むと、自分の神経系の状態と、

それに合わせたエクササイズについて学ぶことができます。

 

とてもお勧め!ぜひご一読を乙女のトキメキ

 

「今ここ」神経系エクササイズ

 

 

 

 

◆身体を動かすこと◆

 

交感神経が働くと、その後、自然に副交感神経が働くようになります。

 

ただし、交感神経を適度に刺激し、副交感神経の働きを引き出すには

強度の強い運動ではなく、軽い運動の方が効果的と言われます。

(ウォーキング・スロージョギング、ヨガなど。)

 

 

 

 

 

◆大いなる存在に委ねるワーク◆

 

身体の力を抜くワークの上級者編?ですにひひ

人間を超えた、大いなる存在がある・・・と感じる方にはお勧め。

 

ゆったりと座るか横になって、

大いなる存在に、自分のすべてを明け渡して行きます。

 

心をオープンにして、

身体の力もすべて緩めて行きます。

 

これは、自分の恐れや緊張や抵抗や、

そういったものをすべて手放して、

自分自身を大いなる存在に明け渡して行くことです。

 

その過程で出て来る恐れや抵抗や緊張を感じながら、

少しずつそれらをゆっくりと明け渡して行くのがコツです。

 

 


 

 

◆ボディワークや音、香りなどのワークを受ける◆

 

自分が信頼できる・安心できるセラピストさんから

ボディワークや音、香りのワークを受けることもお勧めです。

 

音?と思われるかもしれませんが、

音は周波数であり、私たちを深いリラックスに導いてくれます。

 

それらのワークには様々なものがありますが、

私が経験したものでお勧めなのはこちら。

 

・エサレン・マッサージ

・クラニオセイクラル

・チネイザン

・ロルフィング

・クリスタルボウル

・シンギングリン

・アロママッサージ

 

 

 

 

ここに挙げたのは、あくまでも一例です。

副交感神経の働きを促すために、色々な方法があります。
 

ご自分なりに、リラックスや安心感・安全を感じられるワークや時間を

ぜひ生活の中に取り入れてみてくださいね笑顔

 

 

 

 

▼自分でできる「自分の中に安心感や温かさを育んであげる」ワーク、

その誘導音声をYouTubeにアップしています。

 

取り組んでみたい方は、ぜひ聴きながらやってみてくださいね!

 

①~③が4月に開催したワークショップの音声、

④~⑦が6月に開催したワークショップの音声です。

①~③と④~⑦をセットで聴いてみていただくと、

「心のセルフケア」について、より理解していただけると思います笑顔

 

【自分でできる♪心のセルフケアのための簡単ワーク】

 

 

 

 

セッションのお申込み

心を紐解くカウンセリングで、潜在意識にある根本の原因を探り、

最先端のセラピーでそれらを解放して行きます。


ご自身でも気付いていなかった潜在意識の思いや感情を知ることで、

自然と自分への深い理解や愛が生まれ、心が楽になって行く。

そのプロセスを大切にしています。

 

自身の経験から、自己否定や生きづらさ、親子関係・家族関係の悩み、

複雑性トラウマ(愛着障害、アダルトチルドレン)、不安障害、トラウマなど・・・

根本的な変化・変容に繋がるセッションを、対面とオンラインにて行っています。

 

✦HPは こちら

✦お申込み・お問い合わせは こちら

 

 

 

 

どんなセッションかを知りたい方はこちらの記事をどうぞ♪

 

 

 

メルマガ「こころのおはなし」ご登録フォーム

 

不定期にメルマガをお送りしております。
内容は、心の仕組みや、あなたがほっと楽になるためのヒント・・・
ご希望の方は以下の登録フォームよりお申込みくださいませ。
 

メルマガ登録フォームは こちら
 

※ご登録後、すぐに自動返信メールが届きます。 

届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

 

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテスト  ダウンロード

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテストのダウンロードは、

以下のブログ内の「お申込みフォーム」からお申込みください。

 

ダウンロードのお申込みは、こちら のブログから。https://ameblo.jp/cominghome193/entry-12378589454.html

 

 

✤「ネガティブ・ナルシズム」(通称「ネガナル」)とは ↓↓
「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~


 

 

よく読まれているブログ記事
「頭では分かるのに、変えられない。どうにもならない…」と苦しんでいませんか? ~潜在意識のお話~

「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~

「自己肯定感を高める、自己愛を高める」って、どうすればいいの?

「自分で自分を愛する」なんて、私には絶対に無理だと思っていました。

「自己愛」ってどういうこと?~自分の中の深い愛に気付く~

自分の中に「戻る場所」ができていく。

自分が何を感じているのか?自分の気持ちに意識を向けることについて。

苦しみを「誰かに何とかしてもらいたい」と思っている間は...

他者を攻撃するよりも、自分の内に愛を向けてみる。

「潜在意識なんてうんざり」「潜在意識なんて変わらない」そう思っていますか?
 

 

 

 

セッションのご感想

 


 

じわじわと、あなたの中で自然に、

自分への愛や優しさが増えて行く。

そして、楽になって行く。

 

そんなセッションをご提供しています。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング


 

 

 

 

心理セラピールーム ComingHomeの徳山なおこです。

 

 

数年前にあるセッションを受けた時に、

3歳くらいの頃の自分の状態をはっきりと感じた経験がありました。

 

その3歳くらいの私は、

 

意識のベクトルは100%外側に向いていて、

 

自分の方にはまったく意識が向いておらず、

 

「何かが起こるのではないか」と、

外のどんな些細なことも見逃さないというように、

ピーンと意識が張り詰めているような状態。

 

 

その幼い自分の体感をはっきりと再体験して、

 

こんな状態じゃあ、自分が何を感じているかとか、

何がしたい、何が楽しいとか、

感じられるわけないよなあ・・・

 

そんな風に、自分のことをそれまでよりも少し理解できたのでした。

 

 

 

その時には、自分がHSPであるために、

(幼い頃は今よりもその傾向が高かったと思います。)

 

様々な刺激のある「外」に意識が向いてしまう・・・

どうしてもそういう状態になってしまうのだと認識していました。

 

 

HSPの人は、様々な刺激・エネルギーを敏感に感じます。

 

外の世界に怒りや不安、恐れ、悲しみなどのエネルギーが多くあれば、

それを深く感じてしまうために、

どうしても「外の世界は恐ろしいところだ」という認識になり、

身構えるようになってしまう・・・

 

それが生きづらさに繋がって行くケースも多くあります。

 

 

 

けれども、ここ1年ほど、自律神経について色々と学ぶ中で、

あの幼い頃の自分の状態について理解できたのは、

 

HSPという要素だけではなく、

 

自律神経の状態で言えば、

交感神経がものすごく優位になっている状態であり、

 

安心感や安全を感じたり

ゆったりと落ち着いた気持ちやリラックスを味わったり、

つまり、副交感神経の状態がほぼ無かった、ということでした。

 

 

 

注意ここから先、今の時点の私の自律神経についての理解の中でお話しますが、

私は、自律神経についての専門知識があるとは言えない状態です。

細かい部分や言い回しなどについて正確ではない部分もあるかもしれません。

そういう点がありましたらご容赦くださいm(__)m

 

お伝えしたいのは、詳細な専門的なお話ではなく

私の体験、理解からの「自律神経を整えるのって大事だよ!」ということですので、

ざっくり、その部分を受け取っていただけたら嬉しいですおねがい

 

 

 

 

ここで自律神経について簡単にご説明すると・・・

 

(難しいお話ではなく、ご自身の体験と照らして理解できるとっても面白い話ですし、

知っておくと役に立つのでぜひ読んでみてくださいね照れ

 

 

自律神経は、全身の内臓や血管など、内部環境の働きを調整する神経であり、

自分で(人間の意思で)コントロールのできない、自律して働く神経です。

 

自律神経には、

交感神経と副交感神経の2つがあることは、皆さんご存知ですよね。

 

 

その2つは、どちらかが優位に働いている時は、もう片方は控えめに働くというように、

シーソーのような働き方をします。

 

つまり交感神経が優位の時は副交感神経は控えめに、

副交感神経が優位の時は交感神経は控えめに働く、ということです。

 

そして、

 

緊張状態が続いたら(=交感神経が優位)

自然にリラックス・休息モードになる(=副交感神経が優位)

 

そんな風に、私たちの自律神経は

自動的に調整をしてくれています。

 

この2つの神経系が、

状況に応じてバランスよく調整をしてくれている状態、

「上がっても下がる」「下がっても上がる」という状態が、

適切な、バランスの取れた神経系の状態だと言えます。

 

 

 

では、交感神経と副交感神経について簡単に説明してみますね。

 

まずは交感神経について。

 

交感神経は、活動している時に優位に働く神経です。

「動き」と関係する、外界の状況に適応するための神経と言えます。

 

交感神経が働くと、興奮したり緊張したりします。

 

危機的な状況においては、

「逃げるか戦うか」といった選択を瞬時に行うために、

交感神経が働いて多大なエネルギーが動員されます。

 

交感神経が優位になると、身体の反応として以下のようなことが起こります。

 

 

 

・呼吸が早くなり、酸素を血中に取り入れようとする。

全身にその血液を送ろうとして心拍が早くなり、血管は収縮して血流が早くなる。

(そのため、長期にストレスがかかり交感神経が優位の状態が続くと、血管の疾患、高血圧、心疾患、脳疾患などに繋がる可能性もある。)

 

 

・状況を瞬時に判断して動くことができるように、脳と心臓、身体を動かす大きな筋肉に血液が多く行く。

そのため、消化器系や抹消部の血流は弱くなり、手足が冷たくなったりする。

(この状態が長く続くと、お腹の冷えや消化不良、過敏性腸症候群など消化器系の疾患に繋がる可能性もある。)

 

 

・対象、目標や、危機的な状況においては迫っている危機に集中して、それに焦点が合うように、瞳孔が狭くなり、視野が狭くなる。

「見られること」よりも「見る」(見定める)方に焦点が当たる状態。

自分が集中したもの、つまり外側にあるものに意識が向くために、

自分の内側の感覚は希薄になる。自分の内を感じにくくなる。

 

 

 

交感神経が優位の状態というのは、

自分が何を感じているか、求めているかを感じにくい状態なのです。

 

これが幼い私の状態だったと言えます。

 

 

 

 

次に副交感神経について。

 

副交感神経は、休息している時や食事の時、睡眠時など、

リラックスしている時に優位に働きます。

 

 

 

・呼吸はゆったりと深くなる。

 

・血管は拡張し、心拍はゆっくりになる。

抹消部に血液が行くので、手足が温かくなる。

お腹、消化器にも血液が行き、消化や栄養素の吸収が促される。

 

・瞳孔は閉じて視野が広がる。

 

 

 

 

先日受けた講座の中では、副交感神経について

更に以下の内容が説明されていて、とても興味深かったです。

 

 

副交感神経が優位の状態の時、

 

落ち着いてリラックスしており、

そういう状態を持つことでパフォーマンスが上がるだけではなく、

 

視野が広がっている状態は、

色々な可能性や豊かさが見えてくるということ。

 

 

また、副交感神経とは、

自分がアクションをするのではなく、

色々なものを受け取る神経系と言える。

 

 

情報や体験、感情なども、

それを消化するためには副交感神経が必要。

 

つまり、のんびりする時間を持つことで、

情報や体験を自分のものにすることができる。

 

また、感情を、

抑圧するのではなく、

自分の内で消化することにも繋がる。

 

 

 

 

そして、日本人は、健康な人であっても、

副交感神経がじゅうぶんに働いている状態とは言い難いというお話でした。

 

 

副交感神経は「動き」に関わる神経とお伝えしましたが、

 

身体が動いていなくても、例えば、

 

心配事で頭がいっぱい、

「どうしたら良いか」をぐるぐる考えている・・・

 

そういう状態は、身体は一種の緊張状態であり、

交感神経系が優位になっているのです。

 

現代人はこの状態の人が多いですよね。

 

 

 

副交感神経を働かせるって大事なんだなー!!!

 

っていう気持ちになりませんか??にひひ

(話を聞いていて、私はめちゃくちゃなりましたよ!!!笑)

 

 

 

 

 

 

さて。

 

先ほども書いたように、幼い頃の私の状態は、

交感神経バリバリメラメラの状態だったと言えます。

 

他の言い方をすると、

 

常に緊張状態であり、

危機に備えていて(防衛モード・戦闘モード)、

心身ともにピーンと張った状態とも言えます。

 

 

(背側迷走神経の凍り付きの状態もあるかと思いますが、話が複雑になるのでここではその点を詳しくは述べません。

この辺りの自律神経系の話についてご興味のある方は、こちらの本に読みやすく書かれていますのでぜひ →「今ここ」神経系エクササイズ

 

 

 

そして、私の神経系の状態を振り返ってみると、

 

幼い頃だけではなく

 

その後もずっと、

交感神経が優位の状態が続いていて、

副交感神経がじゅうぶんに働かない状態だった、ということなんです。

 

 

 

こうした神経状態のアンバランスですが、

HSP的な性質だけではなく、様々な要因でこの状態になります。

 

その要因のひとつにトラウマがあります。

 

トラウマというのは、
トラウマ時に動員された莫大なエネルギーが、解放されずに身体に残っている状態です。

つまり、危機に対応する神経状態が続いていたり(=交感神経が高止まりのような状態)、
戦うことも逃げることもできない時に起こる「凍り付き」という状態になっていたり、

 

そのように、自律神経の調整のバランスが取れていない状態でもあります。

 

 

 

自律神経の調整が取れていない状態だとどうなるか??

 

例えば、過去も含めた私の場合の一例ですが、、、

 

 

・ちょっとしたことですぐ不安になったり怒りを感じたりする。

自分の中でそれらの感情を持ちこたえることができない。

(交感神経が優位、つまり緊張状態が続いているので、少しの刺激でそれが振り切れるようなイメージ。刺激を自分の中でマイルドに受け止められない。)

 

 

・副交感神経系がじゅうぶんに働かないため、

緊張が続くと、ドーンと落ちたり、動けなくなったりしてしまう。

(リラックスではなく、凍り付きの副交感神経に行ってしまう状態。)

 

 

 

 

そして、

 

こういった反応が、

 

副交感神経の働きを促してあげることで、

自律神経の働きのバランスを整えて行くことで、

 

和らぐ可能性がある

 

ということ、

 

 

そして、

 

「こころの問題」と認識していたものについて、
実は神経系の状態から来ている部分がある、、、

 

その可能性がある

 

ということなのです。

 

 

 

ちなみに、これは決して

「交感神経系が優位の状態が続いている」などの、

神経系のバランスが取れていない状態が「悪い」という話ではありませんよー!!!

 

知っていただきたいのは、

これが決して「悪いこと」ではなく、

 

そういった形で「生き延びるために、身体が危機的な状況に対応してくれた」、

その結果だということです。

 

ただ、交感神経系が優位の状態が長く続いていたり、

副交感神経がじゅうぶんに働いていない・・・など、

神経系のバランスが崩れている、そういう傾向が高い方に、

 

副交感神経の働きを促してバランスを整えて行きましょう♪というご提案です。

 

 

 

副交感神経の働き、促したいぜ!!!

 

という気持ちになってきましたかねーチュー 笑

 

 

 

副交感神経の働きを促すには、

 

「安心・安全」

ということが鍵になります。

 

 

ではでは、副交感神経の働きを促すためにできること、

その具体的な方法は、

長くなりましたので次の記事でご紹介しますね!

 

 

 

▼副交感神経の働きを促すために、こちらのワークも役に立ちます♪

取り組んでみたい方は、ぜひ聴きながらやってみてくださいね!

 

①~③が4月に開催したワークショップの音声、

④~⑦が6月に開催したワークショップの音声です。

①~③と④~⑦をセットで聴いてみていただくと、

「心のセルフケア」について、より理解していただけると思います笑顔

 

【自分でできる♪心のセルフケアのための簡単ワーク】

 

 

 

 

セッションのお申込み

心を紐解くカウンセリングで、潜在意識にある根本の原因を探り、

最先端のセラピーでそれらを解放して行きます。


ご自身でも気付いていなかった潜在意識の思いや感情を知ることで、

自然と自分への深い理解や愛が生まれ、心が楽になって行く。

そのプロセスを大切にしています。

 

自身の経験から、自己否定や生きづらさ、親子関係・家族関係の悩み、

複雑性トラウマ(愛着障害、アダルトチルドレン)、不安障害、トラウマなど・・・

根本的な変化・変容に繋がるセッションを、対面とオンラインにて行っています。

 

✦HPは こちら

✦お申込み・お問い合わせは こちら

 

 

 

 

どんなセッションかを知りたい方はこちらの記事をどうぞ♪

 

 

 

メルマガ「こころのおはなし」ご登録フォーム

 

不定期にメルマガをお送りしております。
内容は、心の仕組みや、あなたがほっと楽になるためのヒント・・・
ご希望の方は以下の登録フォームよりお申込みくださいませ。
 

メルマガ登録フォームは こちら
 

※ご登録後、すぐに自動返信メールが届きます。 

届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

 

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテスト  ダウンロード

 

「ネガティブ・ナルシズム」チェックテストのダウンロードは、

以下のブログ内の「お申込みフォーム」からお申込みください。

 

ダウンロードのお申込みは、こちら のブログから。https://ameblo.jp/cominghome193/entry-12378589454.html

 

 

✤「ネガティブ・ナルシズム」(通称「ネガナル」)とは ↓↓
「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~


 

 

よく読まれているブログ記事
「頭では分かるのに、変えられない。どうにもならない…」と苦しんでいませんか? ~潜在意識のお話~

「ネガティブ・ナルシズム」とは…その① ~今まで何をやっても楽にならなかったあなたへ~

「自己肯定感を高める、自己愛を高める」って、どうすればいいの?

「自分で自分を愛する」なんて、私には絶対に無理だと思っていました。

「自己愛」ってどういうこと?~自分の中の深い愛に気付く~

自分の中に「戻る場所」ができていく。

自分が何を感じているのか?自分の気持ちに意識を向けることについて。

苦しみを「誰かに何とかしてもらいたい」と思っている間は...

他者を攻撃するよりも、自分の内に愛を向けてみる。

「潜在意識なんてうんざり」「潜在意識なんて変わらない」そう思っていますか?
 

 

 

 

セッションのご感想

 


 

じわじわと、あなたの中で自然に、

自分への愛や優しさが増えて行く。

そして、楽になって行く。

 

そんなセッションをご提供しています。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング