こんにちは、培養部門です。

近年、細菌を調べる技術の急速な発達により今まで分からなかった体と細菌の関係が明らかになりつつあります人の体は細菌との共生( 協力すること )により活動しています。よって、体の中の細菌の種類や量が異常をきたすと体調が悪くなることがあります。メディア等で腸内フローラという言葉をよく聞くと思います。腸内フローラを整えることは身体全体を健康に保つために重要であり、不妊治療分野では妊娠率の向上や出産率の向上に関わっています。細菌叢は腸内だけでなく、口腔内や皮膚、子宮など様々な臓器に存在しています。

子宮内の乳酸菌は妊娠・出産に重要です

 

精液中にも細菌叢 精液フローラ )が確認されており、精液中の細菌叢のバランスが崩れると精子運動率の低下や妊娠率の低下につながると考えられています。

精液フローラは腸内フローラとも関係があり、高脂質な食事( 牛豚肉や乳製品 )を中心に生活している男性は腸内フローラが乱れ、それが影響し精子濃度と精子の運動性が低下したことが報告されています。



実際に意図的にオスマウスの腸内フローラを乱れさせ、メスマウスと性交を行うと生まれた子マウスに悪影響が及ぼされることが報告されました。

父親の良好な腸内フローラは妊娠や健康な児の発育に重要な可能性があります

 

健康的な生活が精液の質上昇することは明らかです。

無理のない範囲で健康に目を向けた生活を送ることを推奨いたします。

 

参考:Filipe T et al. Effect of environmental factors on seminal microbiome and impact on sperm quality. Front Endocrinol (Lausanne). 2024


お知らせ

 

当院の初診について

当院の不妊外来を初めて受診される際にお電話での予約が必要な理由

 

当院は不妊治療に関わる先進医療を行なっております。

当院の不妊治療に関わる先進医療の種類と効果

 

大垣市在住のご夫婦を対象として、自費診療でAMH( 抗ミュラー管ホルモン )検査、精液検査を実施した場合に大垣市から助成金を受け取ることができる制度が開始されました。

当院で行うことができます。お電話にてご予約をお願い致します。

大垣市在住のご夫婦を対象に妊活検診費( AMH検査・精液検査 )が助成されます

 

当院はPGT-A実施施設として日本産科婦人科学会に承認されています。

PGT-Aを行うことによって、複数回の妊娠不成立や流産を繰り返す方に妊娠率の向上と流産率の低下が期待できます。

↓詳しくはこちらをご覧いただければ幸いです。

PGT-A( 染色体異数性検査 )の要件が変わりました

 

※PGT-A対象者の方で当院に胚盤胞を凍結保存している場合、採卵を行わずに保存してある胚盤胞を用いてPGT-Aをすることができます。

 

当院でPRP療法を行うことができます。

PRP療法とは再生医療の一つです。

様々な医療分野でPRP治療は行われており、不妊治療分野ではPRP療法を行うと子宮内膜が厚くなるという報告が専門の学会から報告されています。

子宮内膜が厚くなると、移植した胚の妊娠率、出産率が向上します。

 

先進医療、PGT-A、PRP療法をご希望の方、ご興味がある方は当院の不妊外来診察を受診ください。

 

文責:培養部門

 〔生殖医療専門医〕古井憲司

乳児健診(正式には乳児健康診査)は、赤ちゃんが順調に健康に育っているか、成長や発達の上での心配事や病気はないかなどをチェックし、専門家からそれぞれの赤ちゃんに合ったアドバイスをもらったり、悩み事や不安を相談したりする場ですクローバー

 

法律により「1歳6カ月」と「3歳」の健診は義務となっていますが、4か月健診を行っている自治体も多数あります。

 

乳児健診では、お子様の成長確認はもちろん、保護者の方の育児相談の場としても活用できるので受診することをおすすめしますにっこり

 

image

クリニックママでは大垣市の令和6年度子宮がん検診を行っております。

 

子宮頸がんは、子宮の入り口にできるがんです。

女性であれば誰でもかかる可能性があり、とくに20歳代から30歳代の若い方に急増しています。

がん検診によって早期発見すれば治癒することも多く、子宮を失わずに治療することも可能です。

 

定期的に検診を受けましょうニコニコ

 

対象者  :20歳以上の女性

検診内容:子宮頸部細胞診検査(出血等があり医師が必要とみとめた場合は子宮体部細胞診検査も実施)

受診料  :800円

お申込 :診療時間内に、受付窓口もしくはお電話にてご予約をお願いいたします。
 
※生理中は受診できません。
※受診の際は健康保険証をご持参ください。

 

 

クローバー当院では、毎週木曜日の午前中(9時30分~12時)に「市の子宮がん検診専門外来」を行っております。

少ない待ち時間で受診が可能ですので、ぜひご利用ください。

 

 

 

 

 

 

こんにちは、培養部門です。

当院はPGT-A実施施設であるため、多くの方のPGT-Aを行っています。

PGT-Aを行う患者様から「 PGT-A後に正常胚と判定された胚を移植する場合も年齢によっては妊娠率が低下することがあるのでしょうか 」とご質問をいただいたことがありますので論文を用いて詳しく説明してきます。

 

一般的に考えると年齢が上昇するにつれて妊娠率が低下します。それは採取される卵子の染色体が正常である割合が低下することが原因であると考えられています。よって、年齢が上昇するにつれて多くの卵子が必要になります。妊娠不成立や流産の原因の約7割が受精卵の染色体異常が原因であると言われています。

PGT-Aとは?

不妊治療における40歳上の方の出産にいたる割合は?

女性の年齢と染色体の正常な卵子の割合

 

年齢の上昇による妊娠率・出産率の低下はPGT-A後に正常胚と判定された胚を移植することで防ぐことができるのか、海外のチームが調べた論文があります。

39歳~46歳の患者様を対象とし、ドナー卵子由来の正常胚( 年齢が若い卵子由来 )と自己卵子由来の正常胚を移植して妊娠率、出産率に差があるか比較しました。

妊娠率はドナー卵子由来の正常胚で57.91%、自己卵子由来の正常胚で57.19%同等の結果でした。出産率もドナー卵子由来の正常胚で41.01%、自己卵子由来の正常胚で42.45%と同等でした。妊娠期間、または乳児出生体重に統計的に有意な差は確認されませんでした。

これらの結果は20歳~30歳の結果と同等です。

質問の回答としては「 正常胚を移植する場合は年齢によって妊娠率が低下しない 」と答えることができます。

 

年齢の上昇による妊娠率出産率の低下のほとんどが卵子胚の染色体異常と考えられています。現状では年齢の上昇による卵子や胚の染色体異常を抑える治療法はありません。よって、染色体異常が原因でなかなか出産に至らない場合はPGT-Aはとてもよい治療方法であることが言えます。

もちろん、各クリニックにおける培養技術や胚移植技術などの技術面で妊娠率や出産率が影響することもあります。不妊治療を行うクリニックによって治療成績が異なる

お悩みの場合は一度当院にご相談ください。

 

参考:Mauro C et al. IVF and perinatal outcomes of advanced maternal age patients after single frozen euploid embryo transfer: a propensity-matched analysis of autologous and donor cycles. Fertil Steril. 2024

 

お知らせ

 

当院の初診について

当院の不妊外来を初めて受診される際にお電話での予約が必要な理由

 

当院は不妊治療に関わる先進医療を行なっております。

当院の不妊治療に関わる先進医療の種類と効果

 

大垣市在住のご夫婦を対象として、自費診療でAMH( 抗ミュラー管ホルモン )検査、精液検査を実施した場合に大垣市から助成金を受け取ることができる制度が開始されました。

当院で行うことができます。お電話にてご予約をお願い致します。

大垣市在住のご夫婦を対象に妊活検診費( AMH検査・精液検査 )が助成されます

 

当院はPGT-A実施施設として日本産科婦人科学会に承認されています。

PGT-Aを行うことによって、複数回の妊娠不成立や流産を繰り返す方に妊娠率の向上と流産率の低下が期待できます。

↓詳しくはこちらをご覧いただければ幸いです。

PGT-A( 染色体異数性検査 )の要件が変わりました

 

※PGT-A対象者の方で当院に胚盤胞を凍結保存している場合、採卵を行わずに保存してある胚盤胞を用いてPGT-Aをすることができます。

 

当院でPRP療法を行うことができます。

PRP療法とは再生医療の一つです。

様々な医療分野でPRP治療は行われており、不妊治療分野ではPRP療法を行うと子宮内膜が厚くなるという報告が専門の学会から報告されています。

子宮内膜が厚くなると、移植した胚の妊娠率、出産率が向上します。

 

先進医療、PGT-A、PRP療法をご希望の方、ご興味がある方は当院の不妊外来診察を受診ください。

 

文責:培養部門

 

 〔生殖医療専門医〕古井憲司

 

2024年6月、ファイザー社製RSウイルスワクチン「アブリスボ○R筋注用」が販売開始されました予防接種

 ウイルスの感染力をなくした不活化ワクチンで、主成分はRSウイルスが感染する過程で 重要な役割を果たすタンパク質です。

母体内でRSウイルスへの抗体を増やし、胎児に 移行しますにっこり


 日本や米国など18カ国で約7,400人を対象にした臨床試験では、ワクチンを接種した妊婦さんが出産した赤ちゃんと、偽薬を接種した妊婦さんが出産赤ちゃんについて、肺炎などの下気道感染症の発症頻度を比較した結果、ワクチン接種した妊婦さんの生後90日までの赤ちゃんは、偽薬の場合に比べ、重い下気道疾患の発症率が82%減り、生後180日までの場合でも69%減りました。

 


RSウイルスワクチンの接種には予約が必要です。
ご希望の方は、診察時に医師にお伝えください。