NHKの朝の連続テレビドラマでは、

沖縄を舞台とした「ちむどんどん」が放映されています。

 

これまで連続テレビドラマを見ることはほとんどなかったのですが、

昨年10月から放映された「カムカムエブリバディ」にはまってしまい、

その続きでこの「ちむどんどん」も見続けている状態です。

 

「ちむどんどん」は、料理人を目指す沖縄出身の18歳の女性が主人公で、

番組内でも沖縄料理が登場しています。

毎日番組を見ていたので、沖縄料理が好きな私にとって、

もはやテレビを見るだけでは我慢できない状況となってしまいました。

 

早速沖縄料理探しをし、見つけた先は島根県松江市にある「島球」さん。

宍道湖と中海を結ぶ大橋川のたもとにあるお店です。

予約した18時に到着。

 

お店は建物の二階にあるようです。

 

階段を昇り・・・

 

ドアを開けると、

中は開放的な雰囲気のお店が広がっていました。

 

予約を入れていたからでしょうか、

窓際の見晴らしの良い席を用意してくれていました。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)と関係のある松江大橋が見えます。

 

宍道湖側の眺望です。

もうすぐ夕焼けが見えるでしょう。

 

メニューにはたくさんの料理が紹介されています。

おつまみから、腹にたまる料理まで、

よりどりみどりです。

 

写真付きのメニューもありました。

食欲をそそります。

 

人気メニューのページにもありました。

そこにある料理で、

前から目を付けていた「もずくの天ぷら」にロックオン!

(あっ、オリオンビールもある・・・。けど高いな・・・)

 

飲み物については、まずは角ハイボール。

突き出しにはジーマミー豆腐みたいなものでした。

 

注文料理の一品目は「島豆腐のクリームコロッケ」。

 

そして、海ぶどう入りのサラダです。

久しぶりに海ぶどうを食べましたが、

食感が良く美味しかったです。

 

そして・・・

「もずくの天ぷら」。

以前、沖縄旅行に行ったときに、

食べることができなかった料理です。

はじめて食べましたが、こちらも美味しかったですね。

 

角ハイボールを飲み干したので、

次は「泡盛入りのハイボール」を注文。

泡盛の味も感じられる飲み物で、しかも飲みやすかったです。

 

こちらは、沖縄産うこんと10種類のハーブとスパイスを使った鶏の唐揚げ。

特に代わり映えしない味でした。

 

さてさて、時間も経ち

盛り上がってきました!

 

このお店、泡盛のメニューが多く、

どれを選んだら良いのか迷うところですが、

古酒に挑戦です。

まずは「菊之露VIPゴールド」。
度数は30度です。
 
以前、沖縄旅行へ行った際に飲んだ泡盛で、
古酒でありながら澄んだ味の、飲みやすいお酒で、
好きになった古酒です。
飲み方はロックにしました。

 

泡盛は琉球グラスに注がれてやってきました。

沖縄らしさを感じさせる演出がGoodですね~。

 

そして、

泡盛と言えば「豆腐よう」。

豆腐という漢字が付いていながら、

味はまるでチーズ。

爪楊枝で小さく切りながら食べる上品な料理です。

宮廷料理だったのかな・・・

 

泡盛にぴったりと合う料理です。

 

変わり種の料理も注文しました。

「ターンム(田芋)の素揚げ」です。

 

ターンムとは、水を張った田んぼで栽培されている芋の品種で、

水芋とも呼ばれているそうです。

初めて食べましたが、甘い味がしました。

おやつで食べる料理かもしれません。

 

「菊之露VIPゴールド」を飲み終え、続いて「瑞穂」を注文。

同じく古酒で3年もの。度数は35度です。

飲み方は、もちろんロック!

 

度数30度以上の古酒を限りなく飲み続け、

へべれけ状態に近づいてきました。

ふと窓の外を見ると、

夕焼けの時間はとうに過ぎていました。

 

すでに夜へと移る時間です。

宍道湖も夕闇の色に染まってきました。

 

ある程度飲んだので、

次はお腹の補充です。

 

頼んだのは「ソーメンチャンプル」

あっさりとした味付けで飲んだ後のお腹にも入ります。

でも・・・

 

やせの大食い、大食漢の私には、まだまだお腹の補充が必要です。

頼んだのは沖縄の象徴「沖縄そば」です。

NHKの連ドラ「ちむどんどん」では、

主人公が一番得意な料理として紹介されていました。

 

この沖縄そばに、

「島とうがらし」を入れて食べると最高のお味になります。

 

「島とうがらし」は泡盛にとうがらしをつけ込んで作ったもので、

ピリッと辛いお味の調味料です。

私は自家製で作っており、

沖縄そばだけでなく、パスタにも使用しています。

タバスコより合うと思います。

 

沖縄そばを食べ終えたのち、

帰路へとつきます。

 

お店の階段を降りたところには、

観葉植物とおしゃれなランタンの照明が置かれていました。

お月様を思わせるようなレイアウトです。

 

外に出ると、

すっかりと夜の闇が広がっていました。

先ほどのお店の照明ではなく、本物のお月様が煌々と照っています。

 

久しぶりの沖縄料理。

雰囲気も手伝って、心地よく料理を食べることができました。

最高に「ちむどんどんする」(沖縄語で「胸がどきどきする」の意)夜を過ごすことができました。

また沖縄に行きたいな~。。。

 

 

【送料無料】生沖縄そば味付け3枚肉付きセット1人前×10個

 

 

 

 

 


島根県ランキング

 


国内ランキング
 

 

令和4年5月の連休明けの月曜日。
最近はまった蕎麦を食べる小旅行をしました。

しかし、

ゴールデンウィーク明けということで、

休店しているお店もあり、

開いているお店は限られていました。

 

こうした状況のなかで選んだお店は「山県そば」さん。

山陽からも多くのお客が訪れる人気店です。

 

お店に着いたのは、午前11時半。

月曜日と平日とあって待ち時間なしで入店できました。

土日や祝日ですと、すでに入店待ちの行列ができ、

店前に置かれた予約表へ記入して待たねばなりません。

 

店内に入ると、

すでに3組のお客さんがいらっしゃっていました。

image

 

テーブル席もありますが、

我々は座敷を選びました。

image

 

お品書きにあるように、

こちらの蕎麦屋さんの開店時間は午前10時半。

他のお店よりも早い時間に開店するのですが、

それに合わせてお客も多く来るので、

早い時間に訪れるほうが良いです。

 

このお店、

蕎麦打ち体験もできます。

電話による予約制となり手続きがいりますが、

5人前の蕎麦が3,500円分いただけるのでお得かもしれません。

 

さて、肝心の蕎麦のメニューです。

島根県出雲名物の「割子そば」のほか、ざるそばや山かけそばもあります。

 

その他、

「釜揚げそば」といった出雲地方独特の蕎麦もあります。

 

ちなみに、私は定食を注文しました。

定食は、割子そばにご飯、味噌汁、おひたし、そばがきが付いてきます。

 

こちらは定食についている出雲名物の割子そば。

割子そばである出雲蕎麦は信州蕎麦のように白色ではなく、

灰色となっています。

これはそば殻を入れたまま挽いているため、

そば殻の色が付いているため、

こうした灰色になっています。

 

薬味は、

ネギ、鰹節、刻み海苔。そして辛み大根となっています。

image

 

お味噌汁には、

しめじも入れてあり、美味しいお味でした。

 

そして名物のもう一つ。

「そばふりかけ」です。

 

このふりかけをご飯にかけて食べます。

直接的な蕎麦の味はしませんが、

美味しいですよ。

 

ちなみにツレは、

「おろちそば」を注文していました。

蕎麦の真ん中に載っているのは古代米です。

 

「山県そば」さん、

名店だけあって、いつも変わらぬ安定した美味しい蕎麦でした。

また来訪したいと思います。

 

 

ちなみに大食漢のわれわれは、

蕎麦だけでは足りないので「奥出雲バーガー」を買って帰りました。

奥出雲町のご当地バーガーです。

販売しているのは、

奥出雲町にある「PICCOPICCO」(ピコピコ)さん。

こちらも県外から訪れる有名店ですが、

いつか機会があれば紹介したいと思います。

 

最近よく行く奥出雲町。

二週間後には再びこの地を訪れ、

温泉旅館へ宿泊する予定ですので、

また紹介したいと思います。

 

ギフト 出雲そば 10人前【奥出雲八割本生そば】つゆ付き 二八そば 八割そば 本生そば ご挨拶 内祝 送料無料 お取り寄せ グルメ ざる 風味豊か 贈答用 お祝い 贈り物 セット 敬老 長寿祝い 日本三大そば 島根 蕎麦 soba 奥出雲 伝統の味

 


島根県ランキング
 
令和4年4月23日。
4カ月ぶりの高知旅行も最終日です。

ホテルから見た、朝の追手筋の風景です。

平日月曜日ですが、あまり車は通っておらず、

曇りの天候と重なって、静かな雰囲気を醸し出していました。

 

朝8時過ぎにホテルをチェックアウト。

まずは朝食を取るために喫茶店を目指します。

ところが・・・

お目当ての喫茶店が見つかりません。

訪れたのは、

高知県立ふくし交流プラザ内にある「アクア」というレストランだったのですが、

なんと閉店したとのこと。

ホテルから30分近くかけて来たのですが、

時間の無駄に終わりました。

 

仕方なく訪れたのは、

来た道筋とは全く反対の方角にある「パスタカフェ八乃森

高知市では美味しくてボリュームのあるモーニングが食べられるお店として人気です。

この日も9時半に入店した際は満員で、席に着くまで待たされました。

それでも美味しかったので満足です。

 

さて、モーニングを食べ終えると、

いよいよ帰郷の途につき、高知ともお別れです。

 

高知市を出て国道194号線を通り、

愛媛県を目指します。

仁淀川沿いの道を進んでいき、

いの町の町中を抜けると一軒のお店が見えてきました。

 

お店の名前は「ごはん処山屋紅」。

実はこのお店、お弁当屋さんで美味しいと評判のお店です。

高知から帰郷するときは、

国道194号線を通ることが多いのですが、

その際は必ずこのお店に寄って弁当を買って帰るのです。

 

手作り弁当で、

注文してから作られるので少し待たされます(約10~15分くらいかな)。

 

町中にあるお店でなく、

廻りに何もない国道沿いにぽつんとあるお店なのですが、

お昼時になると、

工事作業員の方をはじめお弁当を買い求めに来るお客さんでいっぱいになります。

高知県は外食費が高い県として有名なのですが、

それを証明するかのようにお弁当屋さんの数も多いです。

しかも、「山屋紅」さんのように手作りの弁当屋さんも多いので、

どのお店にするか選ぶのに苦労するほどです。

 

「山屋紅」さんで弁当を購入し、

再び愛媛県を目指して国道194号線を走ります。

愛媛県へは、高い山を越えなければならず、

カーブの多い道となっています。

 

高知市を出てから約2時間弱すると、

愛媛県西条市へと着きました。

普段でしたらこのまま通過して「しまなみ海道」を目指すのですが、

この日は一軒のお店に立ち寄りました。

目指すお店はコンクリート造りの建物の1階にあります。

 

 

 

お店の名前は「お食事処かどや食堂」

古さの目立つお店です。

 

店内も年季を感じさせる内装や調度品でいっぱいでした。

 

テーブル席だけでなく小上がりの畳敷きもありました。

おそらく夜は飲みに来るお客さんが利用されるのでしょう。

 

カウンターの先にある厨房も、

古さを感じさせます。

調理をされているのは年配の女性。

カウンターから出てくることもなく、

厨房内から注文を取っていました。

 

注文したのは、ラーメン。

そしてそれを待つ間、

常時置かれているおでん鍋から

おでんをセルフで取って食べることにしました。

ダイコン、玉子ともに味が染みています。

 

メニューは壁にあるこれだけ。

私は中華そばを、ツレは焼きめしを注文しました。

 

こちらが中華そば、500円。

昔ながらのラーメンの味ですが、

背脂が浮いていましたので、尾道ラーメンに近い味だと思いました。

おそらくダシも魚介類だと思います。

 

ツレが注文した焼きめしです。

お味噌汁が付いていました。

焼きめしは油がきいており、

なぜか病みつきになるような味です。

 

中華そばも焼きめしも庶民と味を感じさせる食堂でした。

お客さんは現場作業員の方や営業マンという人が多かったですが、

若い女性も利用されていました。

地元の、多くの人に愛されている食堂なのでしょう。

値段も安く、気軽に利用しやすいお店だと思います。

 

今後、高知からの帰りには利用させてもらいます。

 

以上で、2泊3日の高知旅行は終了しました。

短い期間で、しかも雨ばかり旅行だったので、

消化不良を感じさせる旅行でした。

でも、4カ月ぶりの高知旅行は、

心を癒やしてくれたと思います。

仕事でイヤなことが多く、

ストレスの溜まった日々を過ごしていたので、

少しは解消することができました。

 

いつも思うのですが、

高知旅行では何もせずに過ごしていても、

心が癒やされます。

車で走っているだけでも、

そこにある緑の景色を眺めるだけで、

ストレスが解消されるのです。

 

旅行するとお金がかかり

生活が苦しくなるのですが、

今の仕事を続けるためには高知への旅行は止められません。

自分にとって高知旅行は、

精神安定剤のようなもので、

これが切れたら生きることができないと思います。

 

今回は天候が良くなかったので、

また近いうちに高知旅行を決行したいと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 四国旅行へ
にほんブログ村

 


四国ランキング

 

 

【明神水産】藁焼き鰹たたき2節セット【WT-1】

 

高知旅行二日目の朝。
この日も大雨の天気です。

 

 
 

 

 

朝食を食べ終え、

この日は高知市へと移動します。

しかしその前に・・・

四万十川を見てから出発することにしました。

 

 

といっても眺めるのは中村にある赤鉄橋から。

本来なら西土佐方面へ向かいながら四万十川を眺めたいのですが、

雨のため早めに高知市へ向かうため近場で済ませました。

 

 

思えば、四万十川を好きになって40年。

観光客が多くなり四万十市内の雰囲気もかなり変わりました。

 

また四万十川沿いの森林も、昔は原生林が多かったのですが、今は杉が多くなってきました。それに伴い、まだらの黄緑色から濃い緑色が多い人工的な風景へと変わってしまいました。

これから先、四万十川はどういうふうに変わっていくのでしょうか。

少し心配です。

 

この赤鉄橋からの風景も少し変わりましたが、40年前に初めて四万十川(当時は渡川でした)を見たときの風景を残しております。

ずっと見ていたい風景ですが、出発の時間です。

名残惜しいけど、四万十川とお別れする時間がきました。

 

 

四万十市を出発し、

一路東へ、高知市へ向けて車を走らせます。

 

 途中、お昼に土佐市にある千崎製麺さんに立ち寄り、昼食を取ることにしました。

麺類の製麺所ですが店内でも食べることができるお店です。

 

讃岐うどんのお店みたいですね。

 

 

店内も讃岐うどん店を思わせる、古さが漂っていました。

 

 

出されたラーメンは、

大盛りで350円! 普通サイズだと250円と激安です。

 

お味は昔ながらの中華そば風。

少々スープがしょっぱいですが、高知のラーメンではよくあることです。

南国で汗をかくため、塩分が多い味を好まれるのかもしれません。

 

 

千崎製麺さんのある土佐市を出てから約一時間弱。

目的地である高知市に着きました。

ちょうどこの日は日曜日ということで、

ホテルの前では日曜市が開催されていました。

 

ホテルのチェックイン前に散策してみました。

 

この日曜市も近年は観光化されたせいか、

以前よりも売られている野菜は値上がりしました。

安く購入できるから良かったのですが、

今では他より高いこともあり残念な気がします。

 

この日は雨のせいか、

出店数も少なく、また早めに店じまいされていました。

 

日曜市からホテルへと戻って休息したのち、

いよいよ夜の高知市へと繰り出します。

 

今回選んだ店は「呑」(どん)。

今回初めて行く店で、追手筋にある居酒屋さんです。

 

店内は広々としており、

騒がしくなく落ち着いて飲める雰囲気でした。

 

付きだしが和風だったので、

日本酒を注文しました。

いつもの土佐鶴です。

 

それに刺身の盛り合わせを追加。

かつお、ぶりなどの高知の地魚でした。

美味しかったと思います。

 

しかし、続いて頼んだ天ぷらはあまりよくありません。

油が悪いのでしょうか、カラっと揚がっておらず、

せっかくの日本酒に合わない出来でした。

 

結局、これでこのお店での飲みは終了しました。

 

料理の味だけではなく、

店内の従業員がこちらの会話を始終聞いていて、

頼みもしないのに会話に入り込んだりしたのです。

 

また料理人も絶えず私たちのほうをじっと見つづけており、

監視されているような居心地の悪さを感じたせいもあります。

 

お客の動向を見るのは当たり前かもしれませんが、

自然な振るまいで、お客に気づかせることなく

行っていただきたいです。

 

新しいお店で楽しみにしていたのですが、

残念な結果に終わってしまいました。

 

こうして高知旅行二日目は終了しました。

 

つづく。

令和4年4月23日。

午後に四万十市へ着き、ホテルへチェックインしたのち、

17時45分にホテルを出て、夜の町へと繰り出します。

  

 

 

 

この日向かう先は・・・

「お食事処ひがし」さん。

このところ良く利用しているお店です。

 

店内に入ると、

どうやら手違いがあったようで、

カウンター席からテーブル席へと変更になりました。

 

テーブル席へ着き、

とりあえず生ビールを注文します。

 

 

近所にある居酒屋、という感じです。

夏に、銭湯帰りに一杯飲んで帰るのが似合いそうなお店です。

 

 

メニューは手書きです。

 

 

その日の状況に応じたメニューが並びます。

 

 

 

まず注文したのは、

鶏の唐揚げタタキ風。

かつおのタタキは知っていますが、

鶏の唐揚げのタタキは聞いたことがありませんでした。

 

土佐のカツオのタタキ同様、

タマネギのスライスがたっぷり載っています。

初めて食べましたが、

唐揚げがあっさりとした感じとなり、

唐揚げが苦手な人でも胃もたれなく食べられるお味です。

 

続いては四万十川の特産品、

アオサノリの天ぷら。 

 

 

 

肴に合わせて日本酒に切り替えます。

高知の名酒、土佐鶴です。

土佐鶴って、値段が高くないうえに美味しい酒で好きです。

先日亡くなった芥川賞作家の西村賢太さんもこのお酒が好きでした。

 

だし巻き。

これで300円ですから驚きの値段です。

しかも美味しい。 

 

こちらは、

きゅうりの土佐酢和え。

ツンとした酢ではない微妙な酢加減は、

絶品です。 

 

 

 

お口直しに、

飲み物をぶ酎ハイにしました。

四万十で取れる柑橘のブッシュカン(仏手柑)で作った酎ハイです。 

近年、四万十市内の居酒屋でよく見るようになりました。

口味すっきりで、柑橘系の香を楽しめるドリンクです。

 

 ひがしさんで約2時間楽しんだのち、

ホテルへ帰りました。

午後から降りはじめた雨はまだ降り続いています。

 

明日は高知市へと向かいます。

つづく。