浜松市整理収納アドバイザーの松崎陽子です。

 

 

片付けのハードルが高い最大の理由といえば、自分の感情に負けてしまうことです。

 

どんなことかと言えば、それは「もったいない、まだ使える、損をしている」という負の感情がとても多いからです。

 

「好きなモノを堂々と残しましょう」という言葉がありますが、実はこれもハードルを上げる要因のひとつ。

 

なぜ、感情と向き合い決断したのにうまくいかなくなるのでしょうか。

 

そこに潜む落とし穴を検証します。

 

 

 

好きなモノを好きなだけ持つこと。

 

一見間違ってはいない言葉。でも、ある基準が抜けています。

 

それは、「どれだけ持つか」という最大量という数値が抜けていること。

 

いくら好きでも、所有するモノ(言い換えれば、普段の暮らしで管理できるモノ)には必ず限界があります。

 

その限界を意識せずに、好きだからと全て持つことは確実に片付けのハードルを上げる要因となります。

 

 

 

収納スペースに対して7割を意識する。

 

それでも維持管理が大変なら5割、6割でも良いのです。明確な基準を持って、好きなアイテムから優先して選ぶようにしましょう。

 

スペースには必ず限りがあります。その限界値を超えないことが大切です。

 

 

もったいないという感情に潜む価値観

 

 

まだ使えるモノを手放すことに躊躇すること。誰しも経験のあることですが、ここにも落とし穴があります。

 

それは、今の自分や暮らしにとって価値があるかという視点が抜けていること。

 

どんなに高価のあるモノでも、暮らしの中で使うことがなければ価値は低いのです。

 

 

 

限られた居住空間には、今優先すべきモノだけにするべきです。

 

使わないけど、大切にしたいモノはほとんどが「思い出の品」に該当します。


その場合は、普段管理しているアイテムとは別保管をお勧めします。

 

 

例えば、クローゼットの枕棚や押し入れの奥などです。

 

収納スペースに対して理想的な物量は7割。そのうち思い出の品は、どれぐらいが理想でしょうか?

 

これは、その方により基準が違ってきますが、概ね1割程度が理想です。

 

 

 

今使っているアイテムが収まらず、思い出の品だらけでは本末転倒だからです。

 

現場で拝見する代表的なアイテムに、子どものベビーグッズ、作品、独身時代お気に入りだった衣類、装飾品、書籍などです。

 

本当にもったいないのは、いつまでも片付かず、精神的なストレスや家事の非効率化、探し物による精神的・経済的な損失。

 

どこに価値を感じるかで、選ぶ基準は変わります。

 

 

まだ使えるは、いつまで使うつもり?

 
 

少し厳しい言葉になりますが、まだ使える、でも今は別の新しいアイテムを購入した。というケースが意外と多いです。

 

その代表が掃除機。

 

使い勝手が悪く新しく購入したものの、まだ使えるのでそのまま取って置いているというケースです。

 

お皿が割れた時用にと保管されていた方もいました。

 

 

 

お気持ちはわかるのですが、すでに数か月と使用していないなら、新しいアイテムでも十分対応はできるはず。保管スペースを開けて、本来しまいたいものをしまう方がスペースの価値を十分使えます。

 

 

捨てること=損することと捉えがちな思考

 
 

捨てることは損をするという考え方は、少し見方を変えてみてください。

 

それは、本当に損することに繋がりますか?

 

モノの価値は総合的に判断された方がよいです。

 

 

 

例えば、モノを保管する為に必要なものは、そのスペースです。つまり、家の価値そのものを比較してみて欲しいのです。

 

そのスペースを住宅ローンや家賃に換算してみてください。

 

もう使わない家電、空き箱、来客用寝具、子どもの作品や卒業後の学用品。

 

住宅スペースの価値とモノの価値を比較した時、どちらが本来価値のあるものなのかを今一度比べてみて欲しいのです。

 

現場でもそのようなアドバイスは多くさせていただきました。

 

 

 

客観的な意見は自分が想像もしないようなことがあるものです。でも、その想像もしない意見を冷静に判断する為の一つとして聞いていただけるかどうかは生徒さん次第です。


このように、家の片付けは、厳選の判断をつい感情と共に判断しがちですが、明確な基準をプラスすることで、実は冷静な判断

を促してくれることがあります。

 

人は感情の生き物。でも、その感情を感情のままに判断しても良い時と冷静沈着な判断が求められることも多々あることをぜひ知っていただきたいと思います。

 

片付けを行う際の明確な基準と共に厳選に取り組んでください。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

何度も繰り返す片づけのリバウンド。

 

片づけの理想と現実のギャップに悩んではいませんか?

 

 

全ての女性にお届けしたい片づけ克服ストーリー

 

 

 

 

↑こちらの画面をタップ(クリック)していただけると、ご登録画面へ移動します。

 

 

こちらからもご登録いただけます!

 

 
 
 
整理収納レッスン

image

住   所 浜松市東区有玉南町1867-1
電話番号 053-489-9137
営業時間 10時~16時
休   日 土日祝

◆ホームページ
 ビルームホームページ
◆各種ご案内はこちらから
初めての方へ
◆片付け・整理収納レッスンのご紹介
 サービス 一覧 
◆ご感想・ビフォーアフターのご紹介
お客様の声 一覧
 

浜松市整理収納アドバイザーの松崎陽子です。

 

 

片付け本や収納用品を購入するも、いざ実行しようとするとやる気を失ったことはありませんか?

 

私は、計画することはワクワクするものの、いざ実行しようとするとなぜか計画倒れになることが多々ありました。

 

今でも、時折あります。

 

なぜ人は、途中からやる気を失うのでしょうか?

 

 

 

 

 

やる気が続かない理由と、その対策を知ることで実は大きく改善できることがあります。

 

家の片付けは、収納の技術で決まるモノでもないし、間取りや広さなども実は関係ありません。

 

モノの維持管理が出来ていないことが最大の原因です。

 

 

 

片付かない→片付け本を買う→実行するもうまくいかない。

 

収納用品を買う→かえって床面積を奪う存在になり、さらにうまくいかない。

 

悩んで悩んで購入した収納用品が実は片づけのハードルを上げる要因の一つとなりうるとは信じられないですよね。

 

 

 

そのお悩みをこの度、公式ブログにまとめさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

ぜひこちらからご覧くださいね。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

何度も繰り返す片づけのリバウンド。

 

片づけの理想と現実のギャップに悩んではいませんか?

 

 

全ての女性にお届けしたい片づけ克服ストーリー

 

 

 

 

↑こちらの画面をタップ(クリック)していただけると、ご登録画面へ移動します。

 

 

こちらからもご登録いただけます!

 

 
 
 
整理収納レッスン

image

住   所 浜松市東区有玉南町1867-1
電話番号 053-489-9137
営業時間 10時~16時
休   日 土日祝

◆ホームページ
 ビルームホームページ
◆各種ご案内はこちらから
初めての方へ
◆片付け・整理収納レッスンのご紹介
 サービス 一覧 
◆ご感想・ビフォーアフターのご紹介
お客様の声 一覧
 

浜松市整理収納アドバイザーの松崎陽子です。

 

 

だるい夏の暑さが続く毎日でも、家事は待ってくれず淡々とこなす日々ですね。

 

少し前から地味な家事のひとつ「ゴミ袋を取り替える作業」があるアイテムで劇的に変化しました。

 

それは、無印良品の「ごみ袋」

 

 

 

通常、ゴミ袋と言えば、ビニールでパッケージされた状態で売られているのが普通ですが、無印は違う!

 

脱プラスチックをアピールするがごとく、紙で包まれただけのパッケージの簡素化を実現。

 

そして、ここからがこのゴミ袋のすごいところ。

 

 

 

ゴミ箱の底にセットしておけば、取り替え時がとても楽なのです。

 

 

くるくると回して切り離す仕組みです。

 

コンパクト化された形状なので、収納にも困らない!

 

 

 

しつこいですが、無印のゴミ袋は、ただの袋ではありません。

 

植物由来のバイオマスプラスチックを約50%配合。そして、自立しやすい丸底仕様なのです。

 

素晴らしい!

 

環境にも配慮したゴミ袋なのです。

 

 

 

似たようなアイテムは100円ショップにもありますが、素材にも注目し、環境配慮がなされている無印良品は、間接的にもエコを実践できる優れたアイテム。

 

商品展開は、20リットル、30リットル、45リットル、20と45は手持ち付きも販売されています。

 

 

 

無印に行かれた際には、ぜひキッチンコーナーまで足を運んでみてくださいね。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

何度も繰り返す片づけのリバウンド。

 

片づけの理想と現実のギャップに悩んではいませんか?

 

 

全ての女性にお届けしたい片づけ克服ストーリー

 

 

 

 

↑こちらの画面をタップ(クリック)していただけると、ご登録画面へ移動します。

 

 

こちらからもご登録いただけます!

 

 
 
 
整理収納レッスン

image

住   所 浜松市東区有玉南町1867-1
電話番号 053-489-9137
営業時間 10時~16時
休   日 土日祝

◆ホームページ
 ビルームホームページ
◆各種ご案内はこちらから
初めての方へ
◆片付け・整理収納レッスンのご紹介
 サービス 一覧 
◆ご感想・ビフォーアフターのご紹介
お客様の声 一覧
 
浜松市整理収納アドバイザー 松崎陽子です。
 
 
 

増え続けるアクセサリー収納にお困りではありませんか?

 

 

 

最近では、低価格でありながら凝ったデザインのものや完成度の高いアクセサリーを多く見かけます。

 

アクセサリーを上手に収納できたらもっとおしゃれの幅が広がりますね。

 

 

 

 

 

 

アクセサリーの収納にはいくつかありますが、断然おすすめするのは、「掛けるタイプの収納アイテム」です。

 

クローゼットに掛けるタイプには、様々な利点が生まれます。

 

 

 

ぜひ、公式ブログよりご覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

何度も繰り返す片づけのリバウンド。

 

片づけの理想と現実のギャップに悩んではいませんか?

 

 

全ての女性にお届けしたい片づけ克服ストーリー

 

 

 

 

↑こちらの画面をタップ(クリック)していただけると、ご登録画面へ移動します。

 

 

こちらからもご登録いただけます!

 

 
 

 

 
整理収納レッスン

image

住   所 浜松市東区有玉南町1867-1
電話番号 053-489-9137
営業時間 10時~16時
休   日 土日祝

◆ホームページ
 ビルームホームページ
◆各種ご案内はこちらから
初めての方へ
◆片付け・整理収納レッスンのご紹介
 サービス 一覧 
◆ご感想・ビフォーアフターのご紹介
お客様の声 一覧
 
浜松市整理収納アドバイザー 松崎陽子です。
 
 

年末に届いた嬉しいご感想をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

それは、昨年オンラインレッスンをご受講いただいたMさんからのメッセージでした。

 

Mさんは、1ヶ月のオンラインレッスンを終えて、家の空間も思考も激変されました。

 

それまで抱えていたお悩みを希望に変えていただいたおひとりです。

 

 

 

大切な言葉と共に、片づけを終えた前向きな思考も伝わってきます。

 

ぜひ、こちらからどうぞ!

 

 

 

ビルーム公式ブログ

↓  ↓      ↓

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

何度も繰り返す片づけのリバウンド。

 

片づけの理想と現実のギャップに悩んではいませんか?

 

 

全ての女性にお届けしたい片づけ克服ストーリー

 

 

 

 

↑こちらの画面をタップ(クリック)していただけると、ご登録画面へ移動します。

 

 

こちらからもご登録いただけます!

 

 
 

 

 
整理収納レッスン

image

住   所 浜松市東区有玉南町1867-1
電話番号 053-489-9137
営業時間 10時~16時
休   日 土日祝

◆ホームページ
 ビルームホームページ
◆各種ご案内はこちらから
初めての方へ
◆片付け・整理収納レッスンのご紹介
 サービス 一覧 
◆ご感想・ビフォーアフターのご紹介
お客様の声 一覧