下川路さやかのブログ

下川路さやかのブログ

アロマ、セラピストスキル、アスリートケア等について日々発信しています。


こんにちは。
キャラアロマテラピースクール講師の下川路さやかです。

本日はアロマの日!!
AEAJのアロマフェスタで、ワークショップを開催しました♪
なんと!57名もの方にご参加いただき、ありがとうございますラブラブ
タイトルは、 【スポーツアロマ体験 『スポーツで大切なふくらはぎの筋肉のケアを学ぶ』】でした♪ 
ワークショップでは腓腹筋とヒラメ筋のコンディショニングマッサージ動画を紹介しました!

私のアスリートケアの経験も交え、お伝えさせて頂きましたが、受講して頂いた方、いかがでしたか~?
感想お待ちしております照れ

少しでも皆様の学びに繋がっていると嬉しいです。
短時間だったため、もっとお伝えしたい!ということで、
/
【AEAJアロマフェスタ参加者限定企画】
11月30日までに応募いただいた方全員に
セミナーで紹介した実技動画をプレゼント!
\

なんと実技動画は2022年2月3日まで何度でも繰り返し視聴可能です!
動画視聴プレゼントが欲しいあなたは
コチラからお申し込みくださいね合格



腓腹筋もヒラメ筋もスポーツをする人をケアするために重要となる部位ですので、是非何回も観ながら練習してみてくださいね(#^^#)

45分の講座内では語りつくせない、まだまだお伝えしたいことが沢山あります。

また、皆さんとお会いできることを楽しみにしていますラブ

本日はアスリートアロマトレーナーの

メンバー向けの、実技(動画)復習会。

前回の講座後のオンライン飲み会の様子。

沖縄で大活躍の、1期生比嘉美樹さん。

『orangetree』主催。

 

 

せっかくなので、+αの知識もお伝え中。

 

本日は上背部・胸部・上肢の応用編と

いうことで、肩甲骨について。

 

肩甲骨と骨盤は連動して動くので

あらゆるスポーツに役立つことは

間違いなしメラメラ

 

肩甲骨につく18個の筋肉に

1つづつ丁寧にアプローチしていけば

よいのだけれど、緩めた方が良い場合

活性させた方がよい場合などもあり、

難しいこともある。

 

治療ではなく、コンディショニングという立場を

大切にしたいからこそのケアの順番。

『肩周り(僧帽筋上部線維あたり。

でも筋肉ではない)が硬い』 という質問が

出て、よき症例検討ができましたアップ

→おそらく、ファシアの肥厚などが考えられる。

という前提で。

~仰臥位からスタート~

①下肢(むくみが強い場合は、静脈還流促進)

②前腕から上腕へ(特に上腕二頭筋短頭→上腕三頭筋)

③大胸筋、小胸筋

~伏臥位~

④背中→ニーディング(とくに僧帽筋上部線維は

絶対に押さずに、滑走性を高める)

⑤肩甲骨そのものを動かす

⑥棘上筋、棘下筋へのアプローチ

⑦下肢

 

という、流れを解説。

 

そして、そして大切なのは、精油ですキラキラ

ぜひぜひ、短縮筋のケアにエステル類の

精油を使うことをおすすめしました。

 

 

アスリートアロマトレーナー講座へご興味がある方へ

まずは体験してみませんか?▼

 

もう4年前!!

 

2011年より、アスリートのアロマケアを

初めてから、全国に呼ばれることになり

(愛媛、広島、仙台、札幌、福岡、上海など)

そんなこんなで「ご縁」があり、

まさか、沖縄に何度も行くことになるとは・・・

 

沖縄は、大切な人たちがいる場所です。

 

「懐かしい」というよりも

 

「感謝」の気持ちでいっぱいです照れ

「全ての人に受けてもらいたい!」

「アロマの学びで、モヤモヤしたものが

解消される」

「知りたかったことが全て詰まってた!」

と言われ、何だかシンプルに嬉しくなったデレデレ

 

本日、夜コースの6回目が終了!

 

ブレンド例から→「何のためのブレンド?」を

考えて、その解説(成分・作用・歴史・臨床例)を

していくという工程は、

わたし自身が精油の理解を深めていった工程

でもあるので、エピソードも熱弁しながら

すすめました。

 

ときどき「私、しゃべりすぎてるね」と

生徒さんに確認しながら・・・

ものすごく、しゃべりました。

 

「イランイラン・ジャスミン・ジンジャー」

「ベルガモット・プチグレン」

などのブレンドの素晴らしさクラッカー

 

講座開催は、来年以降になりそうなので

ここで丁寧に、解説していく予定です。

 

キャラアロマテラピースクール

先日、あるアスリートの依頼を受けて

キャラ東京校にてアロマケアを

おこないました。

 

改めて大切だと思ったこと。

 

その1

『カウンセリングをして精油を選んでいく過程』

話しを聞くだけではなく、

精油という植物から抽出される

エッセンスを介在させることで、

本音が聞けたり、

違う課題がみつかったり、

未来への提案ができたり、

そのカウンセリングの時間をそのものが

セラピーとなる。

心のケアとしての大切な時間。

 

 

その2

『アスリートの身体に触れるという責任感』

以前担当したアスリートにも

言われた言葉。

「大切な脚は、誰にでも触らせる

わけではない」

と。

多くの時間と思いをかけてきた、

アスリートの身体。

その身体に触れるという重責。

「人間性と技術、知識に信頼を置ける

人でないと触らせたくないんです」

と、言われた後に触らせてもらう

緊張感を、改めて感じた。

 

アスリートアロマトレーナーの

クラスで伝えるのは知識・技術

だけでなく、ヒューマンスキルも

身に付けるようにしていきます。

すごく大切だから。

 

明日から大阪22期がスタートします。

私自身にとっても、毎回

学びと成長の時間です。

 

キャラアロマテラピースクール

HPがリニューアルしています合格