加藤隆佑 ameba blog

加藤隆佑 ameba blog

がんのなぜ?どうして?どうしたらよいの?を始め、とにかく分かりやすく紹介し、不安を解消し、がんと闘う気持ちをますます強めて頂きくメッセージを送りたいと思います。同時に、家族がどのように支えていったらよいかを考え、共に考え、応援していくブログです。

●痛み止めと〇〇を一緒に飲むと、腎障害のリスクが跳ね上がる

こんにちは。加藤隆佑です。

がん治療において、痛みが出た時に、痛み止めを処方されることがあります。

そのことに関連する話をいたします。

ある痛み止めと、ある胃薬を併用すると、急性腎障害のリスクが、かなり高くなることが、判明しました。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)という痛み止めと、プロトンポンプ阻害薬という胃薬の組み合わせが問題になります。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の製品名は、ロキソニン、ボルタレンといった薬剤が挙げられます。

プロトンポンプ阻害薬の製品名は、ランソプラゾールやタケキャブといった薬剤が挙げられます。

ちなみに、急性腎障害の症状は、尿量が減る、浮腫の出現といった症状です。

この報告に、私は、驚きました。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を飲むと、胃があれて胃潰瘍になることがあるから、プロトンポンプ阻害薬も一緒に処方することは、比較的定番の処方です。

実際のところ、プロトンポンプ阻害薬によって、潰瘍はかなり回避できます。

その一方で、腎障害になるリスクを、あげていたのです。

ただし、腎障害の発症リスクを上げるのは、プロトンポンプ阻害薬を新規に処方してから30日の間です。その期間を過ぎれば、そのリスクは下がるようです。

したがって、新規に処方してもらった1ヶ月の間は、最低1回は、採血で腎臓の機能をチェックした方が安全です。

万が一、腎障害を発症しても、早期発見して、薬剤をやめれば大丈夫です。

頻度は500人から1000人に一人くらいと推測されます。

余談ですが、そのニュースを読んだ翌日に、私の外来に、非ステロイド性抗炎症薬とプロトンポンプ阻害薬を併用したことがきっかけで、腎障害になった方がいらしたのには、びっくりしました。

今日のまとめです。

がんの治療中は、痛み止めと胃薬をセットで飲む機会があると思いますので、その際には、腎臓への負担のことも、心の片隅に置いて欲しいです。

西洋の薬を複数のむと、相互作用で予期もしない副作用が出ることもありますので、薬を最低限にすることも意識してください。

さて、明日木曜日の20時のメールマガジンで、2月下旬に承認された抗がん剤をご紹介します。

メールマガジンの登録はこちらです。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。
こんにちは。加藤隆佑です。

先日、私のブログを確認してみましたら、数人の方がリブログをしてくださっていました。

寄り道ダイアリーのわかぽんさん

「パワーブロガー養成講座」を運営されている田渕隆茂さん

そして、膵臓がんカフェを運営されているハマリョウさんが、ブログをご紹介してくださいました。

ありがとうございます!

引き続き、がん治療を受ける際のお役に立てるようなブログを書いていきたいと思います。

そして本日20時に、コロナのワクチンを打つべきか?に関するメールマガジンを発行いたします。

残念ながら、メディアから、ワクチンを打つべきかを判断するのに必要な情報を、しっかり伝えられていないです。

がん治療を受けている方は、ワクチンを打つべきか?打つとしたら、どんなことに気をつけるべきかを、本日のメールマガジンで解説いたしますね。

メールマガジンの登録はこちらです。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。






●1月下旬に発表されたがん治療に関連する新薬は?

こんにちは。加藤隆佑です。

コロナが、なかなか収束しませんね。

私の勤務している地域では、コロナのために地域医療が大変なことになってしまいました。1日も早くコロナが収束して欲しいと思います。

ちなみに、1ヶ月後のコロナは、こんな感じになっています。

まだまだ収束に時間がかかりそうです。

さて、1月下旬に新しい薬剤が承認されました。その中に1つ、インパクトのある薬剤がありました。

その情報を、2月12日20時のメールマガジンでお伝えしますね。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。
●新しいホームページを立ち上げました。

こんにちは。加藤隆佑です。

本日は、1つお知らせがあります。

新しいホームページを立ち上げました。

がんの治療を受けている方、そのご家族にとって本当に必要な情報を届け、がん治療に伴う悩み解決の一助になるように心がけて作ったホームページです。

私が、信頼している医師による監修記事も少しずつ増やしていく予定です。

新しいホームページはこちらです。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート
やごう
がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。
●免疫療法の治療で、忘れてはいけない副作用あり!

こんにちは。加藤隆佑です。

札幌は、例年に比べて寒いです。手にあかぎれが出来てしまいました。早く暖かくなって欲しいです。

さて、本日の本題です。

免疫チェックポイント阻害薬は、忘れた頃に副作用が出ることがあります。

免疫チェックポイント阻害薬の最終投与から、1年くらいしてから、副作用が出ることもあるのです。

ちなみに、免疫チェックポイント阻害薬は、オプジーボ、キートルーダ、テセントリクなどのことを指します。

もし、体調が悪くて、病院を受診する際には、免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けたことがある事を伝える必要があります。

例えば、「全身倦怠感、発熱、強い嘔気が生じ、食事摂取不能」という症状で、自分のかかっている病院ではない外来を受診されたとします。

免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けていることがわかっていたら、副腎不全という病気を視野に入れることができます。

そして適切な治療をすることができます。

しかし、免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けていることを知らなかったとします。その場合は、副腎不全という診断に至らない可能性が、それなりにあります。

私も、診断できる自信がありません。その結果、命の危険にさらされます。

頻度の高い話ではないのですが、免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けた方は、時間が経過してから、副作用が出ることがあります。1年過ぎてからということもあります。

体調が悪いときには、そのことを思い出す必要があるのです。

さて、がんの治療においては、知っておかないといけないことがたくさんあります。

こちらの内容も、ぜひ知っておいて欲しいです。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。
こんにちは。加藤隆佑です。

最近になり、オンラインでセカンドオピニオンを行う病院が増えてきました。

国立がんセンターでもオンラインでセカンドオピニオンを行うようになってきています。

現在は呼吸器科と消化器外科だけですが、ゆくゆくは他の科も、するのかなと期待しています。

日本中からガンの患者さんが集まる病院でオンラインセカンドオピニオンをするようになったことは、インパクトのあることです。

ただ、開催時間を見て見ますと、一部の枠が18時という時間帯になっています(2020年1月の段階)。

普段の激務の診療を終えて、本来であれば帰宅する時間に、オンラインでのセカンドオピニオンをやられるのかもしれません。そう考えると頭がさがる思いになります。

今後は、いろんな病院で、オンラインのセカンドオピニオンが増えれば良いなと感じます。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。
●新しく認可された抗がん剤を定期的にお知らせします!

こんにちは。加藤隆佑です。

私は、今日は仕事始めでした。

はじめは落ち着いた外来かなと思っていたら、途中から少しドタバタした感じになり、そのあとは無事終わりました。

ちょうど今は、ホッと一息をつきながらブログを書いています。

さて、最近、がんに対して承認される薬剤が増えてきています。

しかし、コロナ のために、学会が定期的に開かれなくなったり、製薬メーカーの方との面談もしにくくりました。

そのため、医師に、新しい情報が届きにくい環境になっているという印象を持っています。

その結果、新しい薬剤が、自分の患者さんに使えるようになったとしても、主治医がそのことに気づかないということも起こりうるのではと懸念しています。

ちなみに、新しい薬といえば11月にはBRAF遺伝子に変異のある大腸がんに対して新しい薬が認可されています。

これ以上治療方法がないと言われていた大腸がんの一部の方には、この治療法が適応となったはずです。

今後は、定期的に新しく認可された抗がん剤を定期的にメール講座でもお知らせしたいと思います。

1月8日の20時のメール講座で、最近認可された抗がん剤をお知らせしますね。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。
●あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。加藤隆佑です。

さて、私は1月1日は日当直業務でしたが、幸いにも患者さんは少なく、落ち着いた元旦を病院内で過ごすことができました。

今年こそは、コロナが収束してほしいと強く願っています。

私の病院は、高齢化率が非常に高い地域です。一人住まいのご高齢の方もたくさんいらっしゃいます。

コロナ のために外にでず、家の中でじっとして生活されている方も、たくさんいます。

人との交流を絶たれてしまい、生きる意欲を失う方もいらっしゃいました。

1日も早く、以前と同じように、人との交流ができ、毎日の生活に楽しみがもてるようになればと思います。

そのようになるために、医療面からできることをやっていきたいです。

本年もよろしくお願いいたします。



治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。




●入院しているご両親に、ずっと面会できなくて、不安な方に知って欲しいこと

こんにちは。加藤隆佑です。

先日、漢方を併用した癌治療の論文が、無事採択されました。

このことを契機に、がん治療に漢方を併用する医師が、もっと増えれば良いなと感じました。

さて、コロナが流行した結果、面会ができなくなってしまった病院が、ほとんどです。

その結果、

大切な方が、がんのために入院して、長期間、会うことができない。

そして、病院から久しぶりに電話が来たら、体調悪化したから、すぐに来て欲しいという知らせだった。

そのような体験をされる方もいらっしゃいます。

コロナのためとはいえ、入院している方が、家族の顔を見るのが難しくなるのは、よくないことです。

そのための対策として、以下の方法を試みると良いです。

1、入院されている方が、スマホに慣れていれば、スマートフォンのビデオ通話を、こまめに行う。

2、入院された方が、スマートフォンを持っていないこともあります。

その場合は、すぐに使える状態にした「ポケットWifi +ipadといったタブレット」をプレゼントするのも良いかもしれません。

そして、ビデオ通話をすると良いでしょう。

注意点として、病院内で、ポケットwifiが許可されているかは、事前に確認してください。

家族の顔を見るだけで、元気が出る方はたくさんいらっしゃいます。

そのような当たり前のことができるように、コロナが1日も早く落ち着くと良いですね。

そして、がんの家族のために、あなたにして欲しいことは、他にもありますよ。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。
●肝臓がんの治療において、新しい抗がん剤が承認されました。

こんにちは。加藤隆佑です。

アメブロの投稿が滞ってしまいまして、久しぶりの投稿となります。

最近の出来事として、痛みをとる新しい治療法を学ぶために、島根県の隠岐にある西之島で研修をしてきました。

新しい治療法のパイオニアのドクターがいらっしゃるからです。がんによる痛みに対する治療としても役立ちます。

そして、漢方でがんを制御するために、具体的にどうしたらよいかという論文の投稿もしていました。

論文が採択されればよいなと思います。

さて、そのような間に、新しい治療法が保険診療で用いられるようになっていました。

特に肝臓がんの治療においては、免疫チェックポイント阻害薬と血管新生阻害薬の併用療法が承認されました。

これは、肝臓がんの治療において、とても大きな進歩です。

そして、免疫チェックポイントがよりよい効果がでるために、知っておかないといけないこともあります。

その秘訣は、こちらで解説しています。


治療歴18年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がんを克服するための無料メール講座

抗がん剤治療を受けるときに読む本


手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。