こんにちは。武内美紀です。

 

健康管理、健康づくりのスキルアップをして

お薬の量や病院通いを減らしませんか?

 

ご家庭でのケアスキルが上がると

ケガや病気になりにくい体づくりができます。

 

そこでご家庭での健康づくりを学べる講座を企画!

東京から講師をお招きしてセミナーを開催します。

 

 

今回の高宮健康セミナーでは

家庭での健康づくりスキルアップを目指して

「子どもの心と体のケア」

「体に優しい在宅介護」

をテーマにセミナーを開催します。

 

 

講師はNPO日本メディカルアロマテラピー協会の吉田会長。

医療機関にて植物療法メディカルアロマテラピーを実施。

アロマを使った「ご家庭でできるセルフケア」を提唱中。

 

 

 

内容

  • 薬を飲む前に、病院に行く前に家でできること
  • 病院のかかり方
  • お薬を使うタイミング
  • 病院に行くタイミング
  • 植物療法メディカルアロマでできること、できないこと
    etc

知っておきたいセルフケアの知識と対策を

分かりやすく教えていただけます。

ぜひ、この機会、お見逃しなく!

 

 

【参加方法は3つ】

●会場参加

●Zoom

●録画配信(都合のつかない方向け)

ご都合に合わせてどうぞ。

 

 

【アロマ作成体験付】

子育てや介護でよく使われる

人気アロマアイテムを作って

お持ち帰りいただけます。

 

 

開催要項

 

■共催

高宮商店街振興組合

メディカルアロマMBCスクール(NPO日本メディカルアロマテラピー協会福岡支部)

 

 

■日時

  • 4月16日(火)13時
    子どもの心と体のケア
    ラベンダー水100ml&やわらかラベンダークリーム10g作成体験
  • 4月17日(水)14時
    体に優しい在宅介護
    ラベンダージェル20ml、固めラベンダークリーム10g作成体験

 

■会場(両日)

福岡市男女共同参画推進センター・アミカス

2階視聴覚室

 

 

■参加費

各日のみ 2500円

両日   4500円

※どちらも(税込、アロマ作成体験付)

※事前入金、返金不可

※但し、録画配信の方は、録画不成立の場合のみ返金(振込手数料を引いた金額)

 

 

■特典

特別価格注文書(期間限定)

当日参加者 当日の講座動画データ(1か月限定配信)

 

 

■参加方法

会場参加

Zoom

録画配信

 

 

 

 

■お問合せ先

メディカルアロマMBCスクール(NPO日本メディカルアロマテラピー協会福岡支部)

お問合せフォーム

 

 

 

 

講師紹介


ヨーロッパを中心に研究・治療が行なわれてきたメディカルアロマテラピーをベルギーの薬学博士ドミニック・ボドゥー氏と共に日本に普及。

自らの健康管理及び治療に役立てていくことを目的として1988年NPO日本メディカルアロマテラピー協会を設立。

植物療法として医療機関と提携し、これからの代替医療の1つとして社会貢献に努める。

特に医療機関と連携しアレルギー病理学の研究を重ねる。

医療機関にてメディカルアロマテラピー療法を実践。1万人以上の臨床を行なってきた豊富な臨床経験を持つ。

「医師と対等に会話が出来る知識を持つ」セラピストの育成を行ないながら、大学・専門学校関連機関、病院など各地で講演活動を行なう。


イギリス式の香りによる「癒し」アロマセラピーとは異なる、フランス・ベルギーで医療として認められているメディカルアロマテラピーの普及・啓もう活動や講演も精力的に行なう。


2006年、獣医師とともに設立した「臨床部会」のドッグ・メディカル アロマテラピーによる治療の研究成果で、獣医師学会の学会賞を受賞

人間に限らずペットへの有効性の臨床も。
医療としてのアロマの第一人者でありマスコミ、セミナーなど多方面でも活躍中。

幅広い視点で健康と美のための新基材の開発も手掛けている。

 

 

※当スクールのメディカルアロマテラピーはNPO日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)のやり方を遵守しています。 安全性を最重視し、レシピのエビデンスもラボで臨床。 自分と家族の健康管理のためのアロマテラピーです。 そして、当スクールは上記協会の福岡支部役員校(理事権所有)として、皆さまの健康づくりのための体験講座、資格取得・認定講座をしています。
【メディカルアロマでできること】
●市販薬代わり、市販の化粧品代わりのアイテムを精油で自作できる
●病院通いが減る・お薬の量が減る
●メディカルアロマを使うことで、マッサージやトレーニングの質・効果のアップ、お客様の満足度アップ、コスパアップ。サロンやスタジオ・ジムの運営サポートに
●ペットの健康管理に使える
●治療の前段階のケアのアイテムを自作できる
●家庭での手当てのレベルが格段に上がる

足の指、意識したことありますか?
特に小指!

 

ぶつけた時に

思い出すくらいでしょうか?

 

こんにちは。武内美紀です。

 

ボディワークのクラスで

よくいただくご相談は

肩こり、腰痛のお悩み。

 

原因は人それぞれです。


なので

体の使い方をチェックして

その方独自の原因を探り出して

根本解決を目指しています。

 

その中で

ほとんどの方が気づいていない

気づけない原因があります。


それは足指。

 

足指、特に

「小指」が使えていない方

が多いです。

 

そこで

「足指」の

ボディポテンシャルメソッドでは

足指を

きちんと動かせるようにも

していきます。

 

すると、あら不思議!


立ち方が

すごく安定していくのですよね。

 

 

立ち方はとても大事で

ほとんどの方が

まっすぐ立てていません。

 

まっすぐ立てない理由の1つが

足の小指を使えていないこと。

 

小指を使えるようになると

足裏に安定して立てるようになるので

立ち方が変わっていきます。

 

あるお客様は

 

●「レッスンで足指の体操を教えてもらってからお風呂上りには必ずするようにしました。
3カ月くらいしたら、肩こりが軽くなっていってました。
立ち姿も変わったみたいで、お友達から『すっきりしてきたね!』って言われました。

(50代、女性)

 

足の指、特に小指なんて

存在忘れがち。


ちょっと丁寧に

体操でケアしてあげると

姿勢も変わってきますよ。

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は

ぜひ、足指、特に小指の使い方を

見直してみてくださいねウインク

 

下矢印関連動画をご紹介。

足の甲をほぐしてきれいな立ち方に

 

もっと効果的な姿勢改善を目指すなら
ボディワークがおすすめです。

ご興味ある方はこちらのページからどうぞ!

 

外部レッスン先は
・十字屋カルチャー木の葉モール橋本店 「やわらかアロマリンパ体操」

 

クローバークローバークローバークローバークローバー

お申込受付中 高宮健康セミナー、自己管理力、健康管理力がアップ!
自分と家族、大事な人のために
お薬を減らし、病院通いを減らす


右矢印 お申込・詳細はこちらのページからどうぞ!

 

 

※当スクールのメディカルアロマテラピーはNPO日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)のやり方を遵守しています。 安全性を最重視し、レシピのエビデンスもラボで臨床。 自分と家族の健康管理のためのアロマテラピーです。 そして、当スクールは上記協会の福岡支部役員校(理事権所有)として、皆さまの健康づくりのための体験講座、資格取得・認定講座をしています。
【メディカルアロマでできること】
●市販薬代わり、市販の化粧品代わりのアイテムを精油で自作できる
●病院通いが減る・お薬の量が減る
●メディカルアロマを使うことで、マッサージやトレーニングの質・効果のアップ、お客様の満足度アップ、コスパアップ。サロンやスタジオ・ジムの運営サポートに
●ペットの健康管理に使える
●治療の前段階のケアのアイテムを自作できる
●家庭での手当てのレベルが格段に上がる

油断すると食べ過ぎてる自分がいます。

 

こんにちは。武内美紀です。

 

 

忙しい

ストレスがある

 

こんな時はついつい食べ物に手が伸びている。

 

時々、意識してプチ断食してます。

夜は18時以降は、食べない(水分はしっかり摂ります)。

 

さらに効果を上げるためにしてることがあります。

まとめてみました。

 

 

新月・満月の時に断食

胃を休めて、水分をしっかり摂り、排泄力を上げる…。
日ごろ食べ過ぎ傾向の今の時代、たまにこういうのもいいのでは?と思います。

 

定期的に断食しているお客様からこんなお話を伺いました。

 

「断食中に、メディカルアロマのリンパケアジェルを併用したら、排泄力がアップしました~。
トイレに行くとスッキリなんです」

 

 

リンパの役目

リンパの役目は2つあります。
それは排泄と免疫

 

リンパが流れて通常機能を果たしていると老廃物はスムーズに排泄されます。
アロマでちょっと後押ししてあげると、体もすっきりしやすくなりますね。

 

リンパケアに使うジェルの精油。
・サイプレス
・ジュニパー
・パチュリー
・シダー
※NPO日本メディカルアロマテラピー協会のレシピ

 

モノテルペン炭化水素、セスキテルペン炭化水素を上手に組み合わせたレシピ構成。
体に作用する時間差を計算して、リンパケアが持続するように。

 

当スクールのメディカルアロマは、香りとして「使わない」ので、どの成分がリンパと関係しているのか?
をしっかり研究しています。


α-ピネン、α-セドレン、β-セドレン、α-ブルネッセン、パチュロール…
どの精油に何パーセント含まれているか?も検証しています。

 

 

むくみ体質

私はむくみやすい体質なので、疲れるとむくんで「嫌だなぁ」と思うことは多々。

 

・食事内容の振り返り(栄養過多だとリンパは流れにくくなります)
・軽体操(筋肉が動くとリンパは流れる)

 

をしてアロマサポートをすると、すっきりします。


※アロマジェルをアキレス腱付近に小豆1粒大塗っておくだけ
もう一押しされる感じ。

アロマを取り入れると、よりスムーズに健康管理が出来ます。

 

季節の変わり目は体のお掃除デトックス。

これを意識して体調、整えています。

 

【予告】高宮健康セミナー

 

 

※当スクールのメディカルアロマテラピーはNPO日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)のやり方を遵守しています。 安全性を最重視し、レシピのエビデンスもラボで臨床。 自分と家族の健康管理のためのアロマテラピーです。 そして、当スクールは上記協会の福岡支部役員校(理事権所有)として、皆さまの健康づくりのための体験講座、資格取得・認定講座をしています。
【メディカルアロマでできること】
●市販薬代わり、市販の化粧品代わりのアイテムを精油で自作できる
●病院通いが減る・お薬の量が減る
●メディカルアロマを使うことで、マッサージやトレーニングの質・効果のアップ、お客様の満足度アップ、コスパアップ。サロンやスタジオ・ジムの運営サポートに
●ペットの健康管理に使える
●治療の前段階のケアのアイテムを自作できる
●家庭での手当てのレベルが格段に上がる

こんにちは。武内美紀です。

 

花粉症。

今のところ、私は花粉症発症はしてませんが、いつなってもおかしくない世の中ですので、いろいろと注意しています。

実際、食後、鼻水が出たりすることがあり、これって「花粉症」の始まりの合図だったりします。

 

しょっちゅうではないので、風邪でもないのに、鼻水が出るときはメディカルアロマの「ノーズケアジェル」を使っています。

 

▼ティッシュに付けて鼻の中に塗ります。す~っとして気持ち良いのです。

 

そのほかにも、特に気を付けているのが肌荒れ。

 

花粉症も実は肌からの侵入が原因の1つであることも分かってきてるんですよね。

 

荒れた肌の乱れたキメの隙間から、時間をかけて少しずつ入り込んていく花粉(アレルゲン)。
皮膚炎を引き起こしたり。

 

そして2年くらいそれが続いたある日、「くしゃみ・鼻水」という、花粉症の症状が表に出始める。

 

なので毎晩、お風呂上りにしっかり保湿しています。

使うのはラベンダークリーム。

クリームのラッピング効果と、精油「ラベンダーアングスティフォリア」の鎮痛・鎮静作用で、自然に肌のキメが整ってきます。

 

しっとり潤って、べたつきも少なく、当然、香りも優しい。

30代の頃よりも、肌の状態はいい感じです。
(言いたくないけれど、アラカンです)

 

花粉症のお薬、良いのがありますが、私のように「花粉症予防したい」人間にとっては、お薬はちょっと先でいいかなと。

では、代わりに何を使ったらいいの?となると、無いですよねぇ…。

 

メディカルアロマって、こんな風に

  • まだ、症状は出てないけれど気になる
と言う時に便利です。
 
花粉症の予防だけでなく、お肌の状態もすこぶる良くなっているので、せっせとアロマのスキンケア、続けていきます~。
 
ご興味のある方は下記の記事も良かったらどうぞ!

 

【予告】高宮健康セミナー、会場:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス2階「視聴覚室」

 

 

※当スクールのメディカルアロマテラピーはNPO日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)のやり方を遵守しています。 安全性を最重視し、レシピのエビデンスもラボで臨床。 自分と家族の健康管理のためのアロマテラピーです。 そして、当スクールは上記協会の福岡支部役員校(理事権所有)として、皆さまの健康づくりのための体験講座、資格取得・認定講座をしています。
【メディカルアロマでできること】
●市販薬代わり、市販の化粧品代わりのアイテムを精油で自作できる
●病院通いが減る・お薬の量が減る
●メディカルアロマを使うことで、マッサージやトレーニングの質・効果のアップ、お客様の満足度アップ、コスパアップ。サロンやスタジオ・ジムの運営サポートに
●ペットの健康管理に使える
●治療の前段階のケアのアイテムを自作できる
●家庭での手当てのレベルが格段に上がる

感染症…流行りまくってますねぇ。。。

インフル、コロナ、ノロ…

 

マスクは完ぺきではないけれど、予防のサポートにはなってくれるので、心配な時はやはりしておいた方が良いですね。

 

 

 

こんにちは。武内美紀です。

 

マスクをしているとやはり気になるマスク臭。

主な原因は雑菌の繁殖。

 

マスクの内側は湿気が多くなるので、雑菌がはびこりやすくなります。

そして、この雑菌が嫌なニオイを出してくるのです。

 

 

雑菌が犯人となると、「抗菌」が気になるのですが。

 

さてアロマで「効果的な抗菌」効果のある精油となると、実はそんなに多くはありません。

 

よく、アロマには抗菌力がある、と言われてて

どの精油も同じように「抗菌力」があるのでは無い、のです。

 

↑ 意外と知らない方が多い。

 

アロマの中で抗菌力があるの次の4つ。

強い順に

  1. オレガノ(肌刺激がすごく強いので気を付けて)
  2. クローブ(歯医者さんでおなじみの香り。)
  3. シナモンカッシア(もろに八つ橋!)
  4. パルマローザ(フローラル系!)
この中でマスクにおすすめは「4」のパルマローザ。
 
他は、クセのある香りなので、口元には厳しいと思います。
 
このパルマローザでスプレーを作成。
 
材料は
  • ケンソーバスオイル
  • 精油パルマローザ
  • 水道水
の3つ。
 
メディカルアロマでは
  • エタノール
  • 精製水
は使いません。
 
エタノールは精油成分を変えてしまうのでNG。
 ※パルマローザの抗菌作用が鎮静鎮静作用に変質
精製水は腐りやすいのでNG
 
なのです。
 
 
よくペパーミントの精油を使う方も見ますが…。
 
すっきり清涼感を求めるなら、イイのですが、抗菌力は期待できないので、ご了承を。
 
また、ペパーミントには肌刺激成分が含まれているので、もし肌に付いたらピリつき感のリスクもあるのでご注意くださいね。
 
 
身近で使えるアロマ。
ちょっと知識を持って使ってあげると、効果を損なわずにちゃんと使えるので
とっても助かりますよ。
 
体に安全な材料と完全無農薬で
植物療法生活
ナチュラルで心地よいです。ウインク

 

 

【予告】高宮健康セミナー

 

 

※当スクールのメディカルアロマテラピーはNPO日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)のやり方を遵守しています。 安全性を最重視し、レシピのエビデンスもラボで臨床。 自分と家族の健康管理のためのアロマテラピーです。 そして、当スクールは上記協会の福岡支部役員校(理事権所有)として、皆さまの健康づくりのための体験講座、資格取得・認定講座をしています。
【メディカルアロマでできること】
●市販薬代わり、市販の化粧品代わりのアイテムを精油で自作できる
●病院通いが減る・お薬の量が減る
●メディカルアロマを使うことで、マッサージやトレーニングの質・効果のアップ、お客様の満足度アップ、コスパアップ。サロンやスタジオ・ジムの運営サポートに
●ペットの健康管理に使える
●治療の前段階のケアのアイテムを自作できる
●家庭での手当てのレベルが格段に上がる