Let'sふ~ふ~!

Let'sふ~ふ~!

風船、浮き輪やビーチボールなど(いわゆる空ビもの)を口で吹いて膨らますことが好きな人々のためのブログ


テーマ:

こちらからの続き。

 間もなくゲートオープン、プールへと向かった。

 プールに入ろうとしたとき、このグループに、女の子たちとお母さんが追い付き、合流した。

 「お待たせ!みんな、浮き輪パンパンにふくらましてあるね。すごい…」

 「あのポンプ壊れちゃったけれど、ここにいる人(私のことです)が、みんなのを大きくかたくふくらましてくれたの。」

 「それじゃ、これもふくらましてもらおうかしら・・・」

 というわけで、彼女たちの浮き輪

 も、ふ~ふ~でふくらましてあげた。

 後からやって来たお母さんは、自分の浮き輪と帽子を忘れてしまった。先に来ていたお母さんたちのうちひとりが予備の帽子を持っていたのでそれを借りた。

 「良かったらこれ使いますか?」

 浮き輪は私のを貸してあげた。一番上のお姉ちゃんが、

 「ふくらましてくれてありがとう!わたしの浮き輪に一緒に入って!」

 私は、このお姉ちゃんと一緒に、ストロベリー100cmの浮き輪に入ることに。

 流水プールに入った。隅の方に来ると、彼女が私に抱きつき、足を絡ませて密着してきた。

 「ほら、恥ずかしがってないで・・・」

ちゅううぅぅぅ~~~~っ!

 彼女は私に思い切りキスしてくれて、舌をねじ込んできた。

 休憩時間も彼女がぴったりくっついてきた。

 休憩後も、彼女とふたりでひとつの浮き輪の中で、昼の部クローズまで密着状態で漂流し続けた。

 「さっきよりも、もっとふくらましてあげるね。」

 おませで積極的な彼女は、もっと濃厚なキスをしてくれた。

 プールでの遊泳を楽しんだ後、程近いショッピングモールに行ってみると、先程のいちご組の彼女たちとお母さんがいた。

 館内のあるところに、

 「ご自由にお取りください。一度取り出した風船は箱に戻さないでね。」(実物にはルビあり)

 と書かれた箱があり、その中にふくらましてない風船がいっぱい入っているのを、小さなお姉ちゃんが目ざとく見つけて、ピンクや赤を大量ゲット!

 「そんなに取ってきて、全部自分でふーふーってふくらませられるの?」

 「・・・・・・」

 小さな彼女が、取ってきた風船のひとつを口にくわえてふーふー…全然ふくらまなかった。

 Dプールで100cmストロベリー浮き輪に一緒に入ったお姉ちゃんがその風船をふーふー…ちょっとだけぷくっとなったところでギブアップ。

 「ふくらませてほしい?」

 「うん、さっきの浮き輪みたいに大きくかたくしてね。ふくらますとき、わたしと腕組みしよ!」

 風船はピンクと赤が7つずつあった。そこで、ピンク風船の中に赤い風船を入れ、大きな浮き輪のような2重構造にした。

 100cmストロベリー浮き輪の彼女に腕組みしてもらって、この2重風船を全部ふ~ふ~ふくらましてあげた。

 彼女は、人目に付きにくいところで残ったピンクと赤の風船を私の服の胸ポケットに入れて、

ちゅっちゅ

 してくれた。


テーマ:

こちらからの続き。

 大きな浮き輪を持って来た子たちは、自分で頑張ってふ~ふ~していたが、ほとんど大きくならず、

ふくらまして~~!!

 お母さんたちはそれどころではなかった。

 そのひとりがバッテリーポンプを持って来たが、途中でプスン。電池切れか、それともポンプそのものの故障か?

 私の浮き輪を見て、

 「その浮き輪、ペッチャンコな状態から口でふ~ふ~ってしたんですよね?」

 「これ?そうですよ。」

 私の浮き輪をぷにぷにっと押しながら、

 「すごい、こんなにパンパン!できればこの子たちのもふくらましてもらえませんか?」

 というわけで、私の浮き輪も入れると大小合わせて12個をふ~ふ~でふくらました。

 「ありがとうございます、助かりました・・・」

 「そういえばあの子たち、遅いね…」

 続きはこちら


テーマ:

こちらからの続き。



 続きはこちら


テーマ:

こちらからの続き。

 そのお母さんたちが、小さな子たちの浮き輪

 をふ~ふ~していたが、全然ふくらまなかった。

 ちょっと大きな子たちは、自分で自分の浮き輪

 続きはこちら


テーマ:

こちらからの続き。

 帽子

 をかぶっていた。

 お母さんたちも、子どもたちに負けじと泳ぐ気満々のようで、水着

 に着替えてタオルを羽織り、帽子をかぶっていた。

 続きはこちら


テーマ:

 Dプールに行ってみた。

 着いたときには昼の部オープンまで1時間近くあった。

 いつものように持ってきた浮き輪

 ダブルリングブルー100cmをふ~ふ~でほぼパンパンにふくらました。

 後ろがとてもにぎやかになった。大人数の親子連れというか、小規模な子供会のような感じで、小さな子、大きな子、付き添いのお母さんたちが集まっていた。

 子どもたちは服の下に水着

 に着替えてタオルか体操服を羽織り・・・

 続きはこちら


テーマ:

こちらからの続き。

 SayAlohaピンク90cm2個と、

 ファンタ90cm1個、ちょっと大き目の浮き輪3個をふ~ふ~でふくらました。

 「お待たせ!」

 そこへ女の子が1人合流した。

 「おばちゃん、あのポンプ貸してもらえるかな?」

 「ごめん、それが壊れちゃって…でも、前にいる人が浮き輪全部ふくらましてくれたの。」

 「じゃ、これもふくらましてほしいな…」

 彼女の浮き輪はスイマー最後のストロベリー柄だった。

 その浮き輪をふ~ふ~でふくらまし、しっかり栓をしてあげた。

 間もなくゲートオープン。

 流水プールに入ると、ストロベリー浮き輪がお似合いの彼女がやって来て、私の浮き輪にするっと入り込み、

 「さっきは浮き輪ふくらましてくれてありがとう。恥ずかしがってないで、一緒にくっついて泳ご!」

 突然ちゅっちゅしてきた。

 途中、ストロベリー浮き輪の空気栓がすっぽ抜け、空気が少し抜けていた。すぐに追加ふ~ふ~してあげた。栓が変形していて、押し込んでも抜けやすくなっていた。抜けてしまったら、その都度ふ~ふ~してあげた。

 休憩時間には、先程のファンタ浮き輪のお母さんから、アクエリアスをもらった。

 こうして密着したまま流され続けた。

 帰り際には、ストロベリー浮き輪の彼女が

 「また一緒にくっついて泳ごうね!そのときには浮き輪ふくらまして!」

ちゅうぅ~~っ!

 濃厚なキスをしてくれた。


テーマ:

こちらからの続き。

 を手にしていた。中にはパッケージから取り出したばかりの、おNEWのものもあった。小さな子たちは、お母さんに

うきわ
ふくらまして~~!


 大きな子たちは自分でふ~ふ~に挑戦したが、ふくらますことができず、

うきわ
ふくらまして~~!


 お母さんたちのうちの1人がポンプを持っていたが、どこからか空気が漏れているのか、使い物にならないようだった。

 小さな男の子が、

 「ぼく見てた!前にいる人がお化けみたいな浮き輪をぷーぷーってふくらましてた!」

 隣にいた女の子も、

 「わたしも見てた!」

 「ほんと?」

 「このお化け浮き輪?確かにそうですよ。」

 ふ~ふ~を見ていたふたりとお母さんが、私の浮き輪をぷにぷにしながら、

 「・・・すごいっ、こんなに大きくてかたい!この子たちのもしてもらえますか?」

 というわけで、子どもたちの浮き輪を全部ふ~ふ~でふくらましてあげた。

 「ありがとうございます、助かりました。できればこれも…」

 隠し球ならぬ浮き輪もあった。

 続きはこちら


テーマ:

こちらからの続き。
 

 お母さんたちも、子どもたちに負けじと泳ぐ気満々のようで、水着

 

 

 に着替えてタオルを羽織り、帽子をかぶっていた。
 

 子どもたちは、ぺっちゃんこ浮き輪

 

 

 続きはこちら
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス