メディカルパークベイフロント横浜のブログ

メディカルパークベイフロント横浜のブログ

横浜駅東口より徒歩2分、婦人科・不妊治療のクリニック「メディカルパークベイフロント横浜」のスタッフブログです。

 

卵子活性化/カルシウムイオノフォアとは

今回は人為的卵子活性化(AOA)の一つ、カルシウムイオノフォアについて説明したいと思います。

 

最初に、卵子活性化について説明させていただきます。

 

1.卵子活性化

卵子活性化は受精するために必要不可欠な過程です。メカニズムは以下の様になります。

①    精子の頭部が卵子の細胞膜と融合します

②    精子の頭部の中からPLCζという物質が卵子の中に入ります

③    PLCζはIP3を生産し、IP3にて小胞体の中に蓄積したCa²⁺が放出されます

④    Ca²⁺濃度の上昇により卵子活性化が起こります

 

卵子活性化が起こらない事は受精障害の原因の一つになります。

 

受精障害には大きく二つのパターンがあります。

①    精子が卵子に入らない

②    精子が卵子の中に入ったけど、受精しない

顕微授精は必ず精子が卵子の中に入りますので、卵子活性化が必要と考えられるのは②のパターンになります。

(※顕微授精とは精子を卵子の細胞質の中に直接注入する方法です。上のメカニズムとは違って細胞膜融合は省略されますが、本来卵子活性化は起こります)

 

顕微授精をしても受精出来なかった場合や受精率が低い場合、人為的に卵子活性化をする事で改善が期待できます。

 

次に当院で行っている人為的卵子活性化について説明します。人為的卵子活性化の種類は色々ありますが、一番スタンダードな方法と考えられているカルシウムイオノフォアを使った方法です。

 

.カルシウムイオノフォア

カルシウムはヒトに必要な物質として体内の骨、歯、神経伝達、等で使われます。

また、受精時の卵子活性化にも必要不可欠な因子であります。

カルシウムイオノフォアとは細胞膜のカルシウムイオンの透過性を増加させる薬剤です。

顕微授精した卵子をこの薬剤に浸して卵子内のCa²⁺濃度を上げて卵子活性化を促す事が出来ます。

 

上は14の研究をメタ分析した結果のグラフです。

 

カルシウムイオノフォア使用群の受精率がカルシウムイオノフォア使用無し群より有意に高いことがわかります。(カルシウムイオノフォア群:59.2%、n=4901 & なし群:47.4%、n=4679)

論文では「特にICSIによる受精率が低い夫婦にカルシウムイオノフォアが心強く有望なものである」と結論されています。【 Fertil Steril. 2017 Sep;108(3):468-482.e3.より引用】

 

顕微授精を行って、期待される受精率より大きく下回った場合カルシウムイオノフォアによる活性化を考慮します。保険が適応され費用は約3.000円となります。

 

昨年の治療実績の更新となります

 新しい年がスタートしました。昨年までの治療実績が集計できましたので、こちらでご報告致します。治療中の方や、転院等検討される方の参考となれば幸いです。

 

 

 今回は日本産科婦人科学会が公表している体外受精(ART)データの方も合わせてご説明させていただきます。2021年のものにはなりますが、日本の体外受精の状況を少しご理解頂ければ幸いです。

 

 

 

  2021年の総出生数は約81万人なので11.6人に1人が体外受精で出産された計算になります。それくらい私たちの身近な医療行為であると言えるでしょう。体外受精が保険適用となり今後公表される数は変化する事が予想されますが、年齢と妊娠成績の関係や、体外受精出生児の現状についてはしっかりと理解する必要があると考えます。こちらのブログが何かの参考となれば幸いです。

 

 本年も引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

 今回はAH(Assisted hatching)という技術についてご紹介させていただきます。AHは孵化補助法とも呼ばれます。

胚は透明帯と呼ばれる糖タンパク質でできた殻に包まれています。胚は着床する直前に、この透明帯から胚自身が飛び出す「孵化」と呼ばれる現象が起きます。この孵化が起こった胚が子宮内膜に着床することで妊娠が成立いたします。しかし、透明帯が厚い場合や、加齢や胚凍結の影響で硬化してしまった場合、孵化が妨げられて着床することができないことが考えられます。

 

 そこで、移植当日に融解した胚に対してAHを行うことにより、着床しやすい胚の状態にすることを目的として行います。

胚はグレード(G)3以上で凍結を行い、以下のように成長していきます。G5は孵化が起こり、胚自身が透明帯から脱出し始めた状態で、G6は透明帯から完全に脱出して子宮内膜に着床する状態です。

 

 

 

AHには主に3つの方法があります。

Ⅰ.レーザーAH

・胚と透明帯の隙間にレーザーを当てることで、透明帯の1/3-1/4を開口する

・レーザーが胚に当たるリスクが低く、手技が簡便で短時間での処理が可能

・現在主流の方法

Ⅱ.PZD(Partial zona dissection)

・胚盤胞を保持するホールディングピペットと透明帯を穿刺するニードルピペットを用いる

・右図のように2つのピペットを擦りつけることで透明帯にT字切開をつくる

・難易度が高く技術習得に熟練を要する

Ⅲ.酸性タイロード

・透明帯を酸性溶液や蛋白分解酵素で溶解して薄くする

・薬剤による胚へのダメージがあるため、現在はほとんど行われない

(当院では行っておりません)

 

 

 当院では、短時間でより安全に行うことができるレーザーAHを第一選択として行っています。融解後、胚と透明帯の間にレーザーを当てる隙間がなかった場合に限り、PZDを行っています。着床率は、レーザーAHは65.4%、PZDは64.5%でした(対象:昨年の284例)胚の状態によりレーザーAH又はPZDを選択していますが、着床への影響はなく最も主流で安全なレーザーAHと同水準のAHを提供しています。

現在、生殖医療ガイドラインでは推奨レベルに応じてA-Cに分類されていますが、AHは推奨度B(実施を推奨する)に当たります。

 

 AHのリスクとして一卵性双生児の発生が挙げられますが、発生は稀です。また、先天性疾患のリスクはありません。

AH施行により、妊娠率が向上することは多くのデータにより示されていますが、現在もどのような年齢や胚盤胞のグレードに有効であるのか等、様々な検討がされています。当院培養士もそれらの情報を得て常に技術の研鑽に努めることで、患者さまの力になれるよう励んで参ります。

 

原田院長の誕生日でした

 本日出勤スタッフでの一コマ、みんないい笑顔です。お誕生日おめでとうございます!

 

 

タイムラプスインキュベーターに関するフォーラムへ参加しました

 都内で行われたタイムラプスインキュベーターに関するフォーラムに参加してきました。フォーラムという言葉は集会・公開討論の様な意味で使用されます。今回は当院で使用しているインキュベーターに関する情報のアップデートを目的としました。

 

 当院での診察にて、タイムラプスという言葉を聞いた方もいらっしゃると思います。保険診療に組み合わせることができる技術に「タイムラプス培養」というものがあります。お預かりした受精卵をカメラ撮影しながら培養する事ができる技術です。当院ではエンブリオスコープ(ES)と呼ばれる最新の培養器を導入しており、この技術に対応する事ができます。

 

 このカメラ撮影ですが、10分間隔で行われております。時代も進化し、そこから得られる膨大な情報を元にAIによるスコアリングを行う事が可能となってきました。AIによるスコアリングとは「胚(受精卵)評価ツール」を指します。

 

 体外受精の原則として、妊娠の可能性が高い胚を選び移植するというものがあります。そこで大切なのが「妊娠の可能性を評価する」という点です。通常は、胚評価を培養士の目で行います。培養士が顕微鏡で見て、良い悪いを判断します。「グレード」や「ABCランク」といった事を聞いた方もいらっしゃるかもしれません。培養士の目で判断しますから、当然主観が入りますし、施設によって判断基準もばらけてしまいます。

 

 AIスコアリングではビッグデータを元に、妊娠の可能性に対し客観性の高い評価ができます。当院では、移植される胚の選択基準として「培養士の目による評価+AIスコアリング評価」を組み合わせております。

 

 この様に、我々の臨床の場に利用されるようになってきたAIですが、当院も年末にヴァージョンアップする事になりました。より精度があがるとの事で、臨床成績に繋がる事を期待しています。今回のフォーラムで得た情報を参考に、AIスコアリング評価を活用していきたいと思います。

 

今回は先進医療の1つであるSEET(シート)法についてご紹介します。

 SEETとはstimulation of endometrium embryotransfer:子宮内膜刺激胚移植の略称になります。

 

 子宮内で起こる着床という現象の裏側では、受精卵と子宮内膜の間で“クロストーク”というものが起こっています。クロストークとは細胞間の相互作用の事で、細胞と細胞が様々な物質を介して生物学的な現象を引き起こすことを意味します。具体的には子宮内膜の分化誘導により受精卵が着床し易い状態になると考えられています。

 自然妊娠の場合、着床前に受精卵が子宮内を漂っており、その間にクロストークが起こっていると考えられています。しかし、通常の胚移植では子宮内を漂う時間が短いためクロストークが不十分ではないか?というのが本法の考え方になります。

 

 SEET法では胚の培養に使用した培養液を用います。5-6日間、胚の培養に使った培養液には胚自身から産生された成長因子が含まれています。この因子含有培養液を凍結し、移植の前に子宮内に注入する事でクロストークを誘導させます。その後、追いかける様に移植を行います。

 

 実はこの方法自体は昔からよく知られておりました。生殖医療ガイドラインでは「SEET法が臨床的妊娠率を改善するかは不明だが、改善を認めた報告も散見されるためオプションの1つとして考慮される」と記載されております。また、「2007年の臨床研究で着床率改善のための方法として示唆された」とされたことから、2022年より先進医療として観察研究が開始され、現在エビデンス構築が行われております。

 

 ご希望の患者様は、採卵決定までに診察にてご相談ください。原則、胚盤胞が凍結できた周期のみ保存可能で、保存期間は1年となります。

 

無事二台目の培養器が納品されました

 当院で採用しているタイムラプスインキュベーターの二台目が無事納品されました。合わせて現行の培養器もメンテナンスが終わり、引き続き安全に使用する事ができそうです。

 

 お陰様で、患者様が増えてきております。それに伴い治療件数も増え続けているため培養器増設の計画を立てていましたが、納期にある程度時間がかかってしまったため、漸く納品日を迎える事となりました。

 

 

 増設の計画については、当院の担当培養士がしっかり調整・準備をしてくれたのでスムーズに進めることができました。慣れない英語の資料を和訳してもらったり、聞きなれない「ワット」や「ボルト」なども考慮し設置を決めたりと、頑張ってくれました。

 

 今年も残すところあと僅かとなりました。残りの診療も増設した機器を以て、より安定した環境で卵に向き合っていきたいと思います。引き続き宜しくお願い致します。

 

2022年11月から開院1年の治療実績です

 開院より一年となりましたので、こちらで治療実績をご報告致します。通院される患者様におきましては1つの参考値としていただければと思います。

 40歳以上の方の成績が上昇致しました。要因は色々考えられますが、1つに新規導入となった培養液の効果もあったと感じております。年明けには改めて2023年分実績として更新できればと思っております。引き続き宜しくお願い致します。

 

学会に参加してきました

 当院培養士が先日学会に参加して参りました。日本生殖医学会と呼ばれるこの学会は不妊治療・生殖医療に関して国内で最も大きな学会と言えます。今回は金沢で行われましたが無事に終了し、多くの知見を持ち帰る事ができたと思います。 引き続き今後のARTに活かしていきたいと思います。

 

 

受精方法の1つICSIのお話

 

前回のブログではIVFとは何か、IVFの受精方法の1つである一般体外受精について説明しました。

今回は体外受精のもう一つの受精方法である顕微授精について説明します。

 

顕微授精とは

顕微授精とは顕微鏡を覗きながら形態、運動性共に良好な精子を選択し極細のガラス管内に取り込み、それを直接卵子の中に注入し受精を手助けする方法です。顕微授精は卵子1個に対して精子が1個あれば行うことができ精子の数が少ない等で一般体外受精では受精が困難だった場合でも受精卵を得ることができます。正式には卵細胞質内精子注入法と呼ばれ、英語のIntracytoplasmic Sperm Injectionを省略してICSI(イクシー)と呼ばれていることが多いです。

 

 

顕微授精の適応

日本受精着床学会によると、精子数が少ない場合(乏精子症)、精子の運動が弱い場合(精子無力症)などの男性不妊、また、一般体外受精で受精しなかった、もしくは受精率が低かったなどの受精障害が疑われる場合などに適応されます。精液所見が良好な場合、最初は一般体外受精から始めることが多いですが最近では、採卵した卵子の個数や年齢を考慮して初めから顕微授精を選択することもあります。

 

顕微授精に関する様々な技術

Conventional ICSI(コンベンショナル イクシー)

最も一般的な方法。先端の尖ったガラス管を使用して精子を卵子に注入します。透明帯を穿孔する際に針を卵子に押し付ける必要があり、また、細胞膜を破膜する時に卵子の中身を一度吸引する必要があるため、卵子へのストレスが懸念されます。

 

Piezo ICSI(ピエゾ イクシー)

従来のconventional ICSIとは異なり特殊な機械で振動を先端の平らなガラス管に伝え透明帯と呼ばれる膜をくり抜き、細胞質の吸引を最小限にして破ることができます。従来のように卵子に針を押し付け卵子の形を変形させることもないためconventional ICSIと比較して卵子へのストレスが少ないです。

 

PICSI(Physiologic intracytoplasmic sperm injection:ピクシー)

DNAの損傷が少ないと言われる成熟度の高い精子を選別する方法です。

ヒアルロン酸が塗布されたディッシュや高濃度に含んだ溶液を使用して成熟度の高い精子を選別します。

 

 

顕微授精は1個の卵子に対して1個の精子を注入するため、精液所見が不良でも受精卵を得ることができます。また、一般体外受精に発生する多精子受精や受精障害を防ぐことができ、受精率は一般体外受精と比較すると高くなります。

また、顕微鏡下で精子を観察して形態、運動性が良好な精子を選択することができます。

一方、細いとはいえ卵子に穴をあけて精子を注入するので、もともと膜の脆弱な卵子だと変性してしまう可能性があります。また、特殊な道具を使用するため費用は一般体外受精と比較すると高額になります。また、精子の選択が人為的に行われることに抵抗を感じる方もいます。

 

顕微授精の安全性について

Y染色体に起因する男性不妊については顕微授精で生まれてきた子供(男児)に遺伝する可能性があると考えられています。奇形や先天性異常の可能性については、一般体外受精と比較しても変わらないとされています。一部では顕微授精を行う事で奇形や先天性異常の確率が増加するとの報告もありますが、顕微授精を行うに至った夫婦の背景(年齢など)に原因があると考えられていますが今後も検討していく必要があります。

 

まとめ

生殖補助医療で行われる体外受精の2種類の受精方法を前回と合わせて説明しました。

どちらの方法もそれぞれ、メリットとデメリットが存在しており、どちらか選択するのは難しいと思いますが、悩まれた際は今回のブログを参考にしてみてください。