初めての妊娠初めてで何もかもが初めて体験することだらけ驚き

未だかつて味わったことのないカラダの重だるさ・・・、そして寝ても寝ても眠気が襲ってくる眠い

つわりも出てきて常にスッキリしないもやもや

 

 

個人差はあるけれど安定期に入れば少しずつ落ち着いててれ

膨らんでくるお腹にベビちゃんの存在を感じつつもママいつもとは違った感情の揺れを感じたりゆれるゆれる楽しめたりハート

そんな時間を過ごして、劇的な出産を体験しますoh!

 

 

生まれて来たベビちゃん赤ちゃん、これまで丁寧に育んで来た宝物大事ですが、、、

とても頼りなげで体もグニャリとしていてぐにゃ、正直どう扱っていいか分からないどうしよう

それでも入院中はけっこう時間に追われて過ごしているので、そんなにベビちゃんにかかりきりにはならずに過ごしています。

 

 

ところが、退院してからはベビちゃんのことはママが全部しなければならないべび⑥y’sオムツ

ママはまだまだ自分の体力も落ち着かない時期に、ベビちゃんをまるごと見なければならないのです。

そして何度もブログに書いているように、この時期のママの体はタイヘンですヨロヨロ

これまでママの体調について書いている記事はコチラ

    下へ

 

ママの体調、、、その1

ママの体調、、、その2

産後のホルモン

待ってくれない「ママ」スタート

伝えられていないと思うこと

 

 

こんな時期にベビちゃんと二人だけで過ごす時間は、じつはキツいと思いますしくしく

何だかしょっちゅう泣くベビちゃんべび⑥

おっぱいも上手に飲めているのかいないのか〜心配

オムツ替えもベビちゃん暴れるのでラクではありませんアワワ

ベビちゃんの体がぐにゃぐにゃしているので抱っこするだけでもタイヘン汗

ゲップを出すなんて云っても、大暴れするものだから、それこそママは疲れ切りますorz

 

 

おそらく何日すぎたか分からないぐらいの感覚ぼーっ。

だってそうですよねぇ〜〜  

昼間だけじゃなく、むしろ夜になってベビちゃんぐずついて泣いたり、授乳したらウンチが出たりで

昼夜の区別なくのベビちゃん対応なんですから疲れもやもや

 

 

しかし夢中で過ごしてひと月ぐらいになると、ベビちゃんはふっくらと太ってきて赤ちゃん、、、

そうしたら今度はこれまで以上にベビちゃんが苦しそうに泣き出したりしますなき

 

 

泣き出す原因はいろいろあるかもしれませんが、あんがい胃やお腹にガスが溜まっているのかもしれません

授乳でおっぱいやミルクと同量の空気を飲み込むので、飲みが良くなって来ているこの時期は驚くほどの空気が胃やお腹に溜まっているかもしれません。

 

 

先日、ブログからの訪問依頼で訪問させていただいたベビちゃんも1ヶ月ちょっとのベビちゃんでした。

ゲップが上手く出ないこと、力加減が分からずその不安がベビちゃんにも伝わってしまっているようだ、とのことでした。

 

 

抱っこの仕方やゲップの出し方などは当ブログでも紹介させていただいていますが、たとえ写真を載せていても分かりにくいかもしれません反省

やはりちょっとした技術、というかポイントがあるかもしれない。

充分に伝えようと苦心しているのですが、やはり活字では限界があるかもしれない。

その辺をできるだけ意識して今日は書いていこうと思います。

 

 

ベビちゃん、ちょうど1時間ほど前に授乳したということですがゲップが出ずにご機嫌斜めのところでした・・・

ここでゲップ出しをします。

 

先ず肩まで引き上げ抱っこですが、、、

✔︎抱っこするときにベビちゃんの両脇の下にママの手をしっかり挟み込みます。(親指が胸側、残り4指がしっかり背中側です)

そしてママの4本の指をベビちゃんの肩から頭にかけてホールドすると首の座っていないベビちゃんも安定します

     矢印

ここがポイントですポイント

そして、この様子の画像はコレです。矢印矢印 新生児ちゃんのゲップ出しの写真

 

✔︎ベビちゃんの両手がママの背中側にだらりとなるぐらいに引き上げますポイント

これが手前だとベビちゃんは不安定で暴れます。

そうしたら載せている肩と同じ手でベビちゃんのお尻あたりをホールドすると、ベビちゃんの体の重心がやや前に行くので逆に重さは軽く感じます。そこでもう一方の手で背中をナデナデ(このナデナデはすでにベビーマッサージとおもってください。リラックスさせてあげましょう。リラックスすることで蠕動が促され空気が動くと思われます)

 

この段階でゲップが出ることは少ない、と考えましょうまだまだ

空気は上に上がろうとしてはいるけれど出るには至らない、と考えたほうがいいかなぁ〜 ただし出始めるとこの段階でも出ます。

、、、なので、次にいきますGO!!

 

腹ばいす。

肩まで引き上げ抱っこしていたベビちゃんを仰向けに寝かせます。この時は背中をナデナデしていた手でベビちゃんの首の後ろから頭を支え、もう片方でお尻をホールドして寝かせます。

✔︎向かって左側に転がすときには向かって右側のベビちゃんの足(つまり左足を持って寝返りの要領でベビちゃんの下半身を捻り、ママの両手をベビちゃんの脇の下に挟み込んで(捻っている足側の脇の下にママの左手、下になっている脇の下の背中側からママの右手を差し込んでポイント)腹ばいにします。

✔︎その時にベビちゃんの両手がしっかり前に来るようにしてあげますポイント

 

この画像も先ほどの新生児ちゃんのゲップ出しの写真に載せていますが、ママの手の差し込みは出ていませんねぇ土下座

 

この腹ばいでベビちゃんの背面のベビーマッサージです。

頭(後頭部)、背中、お尻アンヨの裏がわをナデナデします。背中では上から下に両手を使ってナデナデ、中央から外側へとナデナデ。

肩まで引き上げ抱っこでも腹ばいでも、とにかくナデナデ、マッサージしてあげましょう。

 

この腹ばい状態だと胃の形は横になっているので仰向けと同じじゃないか〜と思われるかもしれませんが、おっぱいやミルクを飲んでたっぷりの胃は重たくなって下に下り食道が上がった状態になるので軽い空気は上に上がって来るアップようです。

また便秘していたりお腹にガスが溜まっている時にはこの腹ばいは程よく圧迫されるので気持ちがイイ安心ようです。

 

そうして、また縦(立て)抱っこ

 

腹ばいのベビちゃんの背中側から両脇にママの両手を差し込んでそのまま前向き縦(立て)抱っこ。

この時にはママの親指はベビちゃんの背中側で4指はベビちゃんの胸側、抱き上げる時にママの親指がベビちゃんの首筋の後ろに来るとグラグラしませんポイント

こうすると、首の座っていないベビちゃんにも縦(立て)抱っこができます大丈夫の神様

これはママが座った状態での縦(立て)抱っこですが、ママが立ち上がっての前向き縦抱っこは

     矢印矢印

 

新生児ちゃんのリラックス抱っこ写真 にあるように、ママの片手をベビちゃんの脇の下を通し胸側からもう一方の脇の下でホールドします。そうしてママのもう一方の手でベビちゃんのお股をホールドポイント

このホールドの手は前からでもお尻からでも、ご自分のやり易い方でいいでしょう。

 

 

リラックス抱っこを見ていただくと分かるように、腹ばい抱っこも木の上のトラ抱っこもベビちゃんにとってはゲップが出易いポジションですので、あれこれしていただいているうちにベビちゃんは気持ちイイ表情になるのが分かると思います。

寝てしまうこともあります。

 

 

つまりベビちゃんのストンとしたボトル状の胃(私たちの胃胃はこんな形なので横になっても胃の中の空気は上に上がってきます)

を縦にしたり横にしたり(腹ばい状態)することで空気が動き出すんです。

そうすると、すぐに出る場合もあれば、時間をおいて出ることもあります。次の授乳の前にゲップが出やすくなっているのは時間をおいて出て来るわけです。

 

 

その他の大きなポイントとしては授乳ポジショニングもあります。つまり授乳中から軽い空気が上に上がるポジションです。

関連記事(ゲップに関しての記事をまとめて✔︎)をお読みください。

   

 

ガス抜きのポーズや便秘体操等については次回に続く