ELEMENTS OF STYLE
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

STILE LATINO 2020 春夏

 

先日ミラノの展示会まわりで最も重要なスティレ  ラティーノのオーダーに行ってきました。


彼らにとっては今回からショールームも変わり、心機一転という感じでしょうか。


エントランスのメインディスプレイはブラウンのワイドストライプのスーツ。




ワインレッドのロンドンストライプのシャツにビンテージ風のプリントタイというコーディネートもいいですね。


今シーズンBRILLAのオリジナルで展開していた某イタリアブランドの生地に似ていますが、こちらは英国のFOX BROTHERSで作らせた彼らのエクスクルーシブの生地。


少しかすれたブラウンのトーンが絶妙です。










ジャケットで最も目に付いたのは、この大柄のギンガムチェック。




かなりザックリとしたリネン混の風合いも良かったです。


柄の大きさも絶妙。


こんな生地、他のブランドではなかなか見られません。











これも大柄のギンガムチェックですが、イエローのウィンドウペンが入っています。




これも素晴らしい。


ベースカラーが生成りでイエローはマスタードのような落ち着いたトーンなので、柄の馴染みが良く悪目立ちしない絶妙なチェック。


このふたつのギンガムチェックは個人的にも来年の春夏着たい柄です。











PITTIでも多く見られたアメリカっぽいマドラス風の柄、スティレラティーノでも展開していました。




これもいいですね。


ナポリのブランドが提案する柄とは思えないほど絶妙なマドラス風のチェックです。


ダブルブレストにのせているのもスティレラティーノらしい提案です。











ここ数年スティレラティーノの定番とも言える大柄のウィンドウペンも引き続き展開しています。






来春夏は色が出てきているので、スティレ ラティーノもカラフルなカラーのウィンドウペンを打ち出しています。


他のブランドには無いスティレラティーノらしい生地ですが、上の画像のサーモンピンクも下の画像のオレンジのウィンドウペンもちょっと難易度が高いかなと...













ジャケットに使うようなワイドストライプの生地のダブルブレストのスーツ。




これもスティレラティーノらしいスーツですね。


個人的には手前に写っているリネンのパンツとセットアップで着たい感じです。


それにしても今回のサンプルはダブルブレストが多かったです。











PITTIでも多く見られたカバーオールタイプのジャケットも展開しています。




襟に特徴があり、明らかに他のブランドのモノとの違いがわかります。


アメリカンテイストと言うよりは、古いイタリアのワークジャケット風という感じしょうか。


スティレ ラティーノらしさが良く出ているジャケットですが、値段を考えるとバイイングは難しいかなと言うのが正直な印象です。











スティレ ラティーノは最近パンツにも力を入れています。








上の画像のリネンのストライプはサックスブルーがポイントカラーになっていて、とても綺麗なストライプ。


PITTIでも多く見られたストライプのパンツですが、こんな綺麗なストライプはなかなかありません。


その他にもドローコードのパンツやカーゴパンツもしっかり提案しています。











PITTIでも見られたネオンカラーはスカーフで提案していました。






このあたりは無理にアイテムに落とし込まないで小物でアクセントとして取り入れて正解だと思います。











スティレ ラティーノは実はネクタイのコレクションも素晴らしい。






バリエーションは少ないのですが、ネクタイブランドには無いようなエクスクルーシブの柄が毎シーズンあります。


今回も英国製の生地を使ったビンテージ調のプリントやジャガードの柄がとても良かったです。










今回も素晴らしいコレクションでした。


2ボタンのワイドラペルや4ボタンのダブルブレストなど新しいモデルも出ていましたが、それらを無理に取り入れる必要がないと感じるのは、生地のコレクションが他のブランドより優れているので、それだけで充分新しさを出せるからです。


ヴィンチェンツォはモデリストとしては一流ですが、生地の選びやデザインに関しても一流です。


それがスティレ ラティーノの強みだと改めて感じさせるコレクションでした。










今回の出張で多くのジャケットやスーツブランドを見ましたが、ラルディーニとスティレ ラティーノのコレクションがとても良かったです。


どちらも無理な事はせずに自分達のテイストをしっかり守りながらも新しを感じさせる提案がありました。


そういうブランドって意外と少ないものです。


午前2:30を過ぎました。


そろそろ限界です。


いまロンドンにいます。


おやすみなさい。








PITTI UOMO 96 3日目 、最終日


PITTI  UOMO が終わりました。


最近は4日間あっというま間に過ぎる感じです。


今回も混雑したのが2日目だけで、なんとなく人が少なかったなという印象です。


スナップ撮られたい奇抜な服を着た正体不明?な人達も随分減り、スナップを撮るカメラマンも減っているのは間違いありません。


色々な意味でPITTI  UOMOも今後の方向性を考えなければならない時代に来たのかなと個人的には思っています。


最終日も昼過ぎまで会場をチェックしました。


4日間フルで会場に来るバイヤーは少ないですが、我々BEAMSチームは毎回皆勤賞です。(笑)



今回はPITTI  UOMOの3日目と最終日のレポートです。









GRENFELL








グレンフェルはアメリカっぽいメインディスプレイが目を引きました。


特に上の画像のマドラスチェック風のGOLFERが存在感がありました。


英国ブランドだと春夏は基本的に色目が変わらず生地が薄くなる程度の変化しかつけられないですが、グレンフェルのこのような提案はいいですね。


ブレザーにラグビージャージの組み合わせはどこかで見たような感じですが、最近英国ブランドもアメリカのテイストを取り入れる傾向にあるので、ドレイクスもそうですが、それが新しい世代の英国でもあるように感じます。










DRUMOHR
















本館に移って見やすくなったドルモアのブースは全面的に色を打ち出していました。


他のブランドがパステル調にトーンを振っているなか、ドルモアは少し濃いめのトーンでカラーを表現していました。


壁面のディスプレイはここ数年シーズンと同じパターン オン パターン。


チェックのダブルポケットのシャツジャケットも少しアメリカ的な要素を取り入れたミックスコーディネートです。










LUIGI BORELLI








エントランス正面のディスプレイはスエードのGジャン。


インナーに着たニットもブランドロゴの入ったTシャツ風ニットですからボレッリ風のアメリカンテイストですね。


以前のボレッリなら考えられなかったコーディネートです。


ジャケットコーディネートも随分若々しくなりました。


ほとんどのディスプレイでネッカチーフを使っていましたが、これも今までには無かったコーディネートです。


ボレッリのような名のあるクラシックブランドの若返りというのも昨今の流れだと思います。










BELVEST






ベルベストも今回はドローコードのパンツを合わせたセットアップコーディネートを打ち出していました。


ベルベストのようなブランドでもドローコードのパンツのセットアップを打ち出すのを見ても、この流れがいかに強いかがわかります。


バンダナ柄のジャケットやセットアップのディスプレイが色々な意味で目を引きましたが、自分的には微妙な感じでした。


ベルベスト的なアメリカのテイストを取り入れた提案だったのではないかと思いますが、もう少し違う提案の仕方があるのではなないかと正直思いました。


もちろんプレゼンテーション的な意味合いもあったのは理解していますが...










4日間を通して、今回はやはり色が積極的に提案されていたなという印象です。


セットアップの提案が多く、ドレスのカジュアルはリラックス感が重要なポイントとなりそうです。


アメリカ的なテイストも多く見られました。
イタリアや英国とのミックスや直球のアメリカンテイストまで、どのように取り入れていくかが重要なポイントだと思います。


素材は麻が圧倒的に多いです。機能素材が既に一般的になった今、夏の定番素材の麻の風合いやシワが見直されてきているように感じます。


クラシックなスーツの新たな提案はほとんどありませんが、これに関してはここ数年のクラシック回帰の流れが定着したことによると思います。


細かい流れはもっとあるので、また続報としてレポートします。








週末は仕事で南仏のニースに行ってきました。
Facebookでご覧になった方も多いと思いますが、仕事の後サント マルグリット島でランチをしてカンヌの街もリサーチ出来て南仏のライフスタイルが感じられた良い週末でした。


明日からミラノでのショールームまわりが始まります。


またレポートします。





PITTI UOMO 96 2日目



先月までは今年のフィレンツェは涼しいと聞いていましたが、予想は外れ毎日30度越え。


今年は湿度も高いので東京の夏より少しマシくらいという感じです。


心なしか来場者のスタイルが軽くなっているように感じるのは天候のせいなのか傾向なのか、そんな事も考えながら会場のブースをまわり流れを見ています。


前回に続きPITTI  UOMOの2日目のレポートです。









TAGLIATORE












今回のタリアトーレのブースはガラッとイメージが変わっていました。


これまでの派手な演出のディスプレイは無く、上の画像のようなドローコードのパンツを使ったセットアップのコーディネートをメインに打ち出していました。


ジレを使ったコーディネートが一体もなく、ほとんどがニットを使ったコーディネートというのも今の流れを物語っています。


ニットの下にポロシャツを着て襟を出さない着方は、日本でも70年代から80年代に流行っていたので私は違和感ないですが、これは当時を知る人と知らない人で感じ方が違うでしょう。


いずれにしてもこれまでは押しの強い雰囲気がタリアトーレのイメージでしたが、年々ソフィスケートされたイメージにシフトして来ているように感じます。


艶があり過ぎるイタリア血中度が高いスタイルが現地でも古臭く感じられるようになっている象徴的な例のひとつだと思います。










GIANETTO PORTOFINO










流行とは関係なく以前から明るい色柄を得意としているブランドなので、今回もプリント柄を中心に明るい色柄中心の打ち出しでした。


新しいところでは上の画像にあるようなネオンカラー言われる蛍光色。


これはイタリアの有名生地メーカーが打ち出していることもあり、他のシャツブランドでも見られた流れです。


難易度の高いカラーというのが正直な印象ですが、他のアイテムでも見られたカラーなので、取り入れるか取り入れないかは別として注意深く流れを見て行こうと思います。












DRAKE’S












日本ではまだまだネクタイブランドのイメージが強いドレイクスですが、現地ではトータルブランドとしての認知度がかなり高くなっています。


今回も上の画像のようにかなりアメリカのテイストを意識したアイテムが増えていました。


ドレス系のカジュアルスタイルはアイビーやプレッピーの流れが再び来ているように感じます。


アメリカンテイストといっても英国人とイタリア人では表現の仕方が少し違うという印象です。


私にとってはクレージーストライプのように80年代にBEAMSのスタッフの間で流行したアイテムもあるので、なんだかとても懐かしい感じのコレクションでもあります。


午前2:30を過ぎました。


そろそろ限界です。


またレポートします。


おやすみなさい。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>